2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
内田樹先生たちと・・居酒屋へ♪
昨日は神戸女学院での「知への好奇心」最終講義でした。
内田樹先生石川康宏先生、高橋先生、大橋先生・・・秋からの講座講師陣が全員集まり、女子大生達になぜ哲学を専攻したのか、自分の専門分野を極めたのかを語って頂きました。「何となく選び取る人生の大事さ」・・みたいなお話をつらつらと・・その後、就職や人生に悩む学生達からの質問を受けて、答えていたり、あっという間の90分でした。
神戸女学院の生徒さん達は1,2年生が中心でしたが、皆さんとても熱心で・・素晴らしかったです。

その後場所を変え居酒屋談義へ…
いろいろ・いろいろ・教育、政治、憲法など、いろんなお話をお聞きでき・・・・女学生達がツイッターで呟いていた、「ナマ内田」先生の酔って、なお鋭いお話・・あの少人数ではもったいない!!
いや〜〜〜
なんか、すごく贅沢な経験をしてしまいました・・

編集長の冒険
「神戸女学院で学ぶ哲学」




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
 
都健全育成条例改案・・まっとないかがわしさは大事だよ。石原都知事さん
ほんとに今時こんなこと言ったのね・・・石原都知事。

毎日新聞より
都青少年健全育成条例改正案:PTA団体など、都に成立求め要望書 /東京

◇反対派も会見
都内のPTA団体などが3日、都青少年健全育成条例改正案の成立を求める要望書を都に提出した。石原慎太郎知事は「子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。使命感を持ってやります」と応じた。

要望したのは、都小学校PTA協議会(都小P、加盟248校)▽都私立中学校高等学校父母の会中央連合会(同246校)など5団体。都小Pの新谷珠恵会長が「児童を性的対象にすることが野放し状態。子供を健やかに育てるため、社会の力を借りないと環境整備できない」と説明した。

一方、学者や評論家らは改正案への反対を訴えて都庁で記者会見した。藤本由香里明治大准教授は「時代物やSF漫画のキャラクターにも現代日本の刑罰を適用するのか。現実とフィクションを区別しない危険な発想だ」と強調した。児童文学者の山中恒さんは「日本の官僚は拡大解釈にたけている」と危惧した。【真野森作】




テレビなんかにも同性愛者が平気で出ている・・・

ほかの議員が言ったら絶対にうれしそうに問題視しそうなこの表現をマスコミがスルーする理由がよくわからん。

それと、いっくら漫画に規制かけたってさ、今時子供らはパソコンと携帯ででいろんな情報を入手できるんだよね。PCの扱いは小学生の子供の方が母親よりも長けている場合が圧倒的だから、表面的なものにいくら規制してもいたちごっこのような気がする・・・・

確かに、目を覆いたくなるような書きようの漫画や小説って、あるでしょうけど、それ、昔からだし、そこにばかり、ず~~~っと、目を向け続けられるような子供って、(この場合高校生くらいまでが対象なのかな??)少ないと思うなあ。まあ、有名どころは「風と木の詩」てなものもあったよね、あれなんか、今風に言えば、児童虐待と同性愛表現満載で・・お玉ら世代はあれを思春期で読んでそだってるもんねえ・・・・

風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)
(1995/03)
竹宮 惠子

商品詳細を見る

お玉はどちらかというと、「まっとうな、いかがわしさ」は大事にしたいと思う・・でもなにが「まっとう」かなんて、官僚やPTAに決められるはずないじゃん。全部まっとうじゃないんだろうから・・・・

ちょっとググっていて、あれれ?
性的表現の厳しい国ほど性犯罪率が高いのはどうしてなんだろう??




内田樹の研究所 「非実在有害図書」


↑よんでみて


人気ブログランキングへ  ←記事を書く励みななります・・
↑ぽちっとお願いします~~
 
本の紹介だけ。
スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書) スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)
(2006/11)
香山 リカ

商品詳細を見る
 
きのう本屋さんで見つけたの。
ホメオパシーにしろ、ヒーリングにしろ、教祖的な人とともに、新興宗教の域まで行ってしまうから社会問題になっちゃうのであって、人様に迷惑をかけず、個人的に密やかにやる分にはま、ええんじゃないかとお玉は思ってるんだよね。


信じぬ者は救われる 信じぬ者は救われる
(2008/03)
香山 リカ菊池 誠

商品詳細を見る



この本が出た時はちょうど、江原さんが北海道の看護学生に講義をするかもしれないということで、それはあかんやろう、と記事にしたっけなあ・・・

お玉過去記事「スピリチュアル・ケア」

信じぬ者 

この帯は使わなかったそうだけど、なかなか強烈・・



人気ブログランキングへ  ←ぽちっとお願いします~~
 
いいから黙って読みなさい
今日立ち寄った本屋さん・・
レジの前の平済みは内田樹さんの特集してました・・
なので、そろそろ発売されたであろう、あの本を探したんだけど・・ない!・・・
関西はまだかなあ??と思いつつ、レジの女の子に「すみませ~ん、いつ入荷しますか?」と聞いたのだけど、わからず、「店長、そんな情報ご存知でしたか?」(おい)
ということで、この本屋さんで予約しました。

あの・・今後買う予定のある方、すぐには手に入らないけど、大手じゃなくて、小さな書店で予約して買ってあげて・・・・こうすると、注文した本だけでなくもうちょっと多めに入荷するから店頭に並ぶんだよね・・・

発売5日にして、もうアマゾンのランキングでベスト100に入ってました。(現在99位)

若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)
(2010/06/18)
内田 樹石川 康宏

商品詳細を見る

人気ブログランキングへ  ←ぽちっとお願いします~~
 
抑止力の本

超左翼おじさんが緊急出版するんだって。
抑止力をきちんと扱った本って、今までなかったそうで・・
う~~ん売れるかも?!



抑止 



人気ブログランキングへ   ←ぽちっとお願いします~~ 

 
書評をありがとうございました。
 ブログはたかがブログなんだって、ずっと言い続けながら、でもきっと何かできるはず・・そう感じながらもう、5年近くもブログをやってきました。「たかが」「所詮」ブログのはずが、お玉はここで、いろんなことをみんなから教わり、いろんな出会いがあり、それがリアルな生活にも関わりのあるようになり・・・・・しょせん、たかが、ではないことをお玉自身が身をもって証明している・・かもしれません。

 
平和活動のためのパーツ(武器ともいう)としてのブログの可能性をずっと考えつつ、活動の主軸はリアルな場にあるべしと考えていたお玉は、
伊勢崎賢治さんの新刊をブログ上でどのように紹介したらいいかをずっと考えていました。


伊勢崎賢治著 アフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせる


 コメント欄で護憲派にもいろいろいるんだよって話が出てましたけれど、この本で話しだせば、かなりな議論になるかもしれません。難しい問題です。 日本は今のアフガニスタンには関わるな、的な発想は、実はお玉が憲法や立憲主義を学ばせてもらった小林節さんと伊藤真さんの対談の中にも出てきます。


 お玉が、伊勢崎さんにほれ込み、応援している理由は彼がリアルな実践派平和主義者だから。頭の中だけで平和や憲法を考えている人ではない。危険地域へ自ら出向いて、プロの武装集団と渡り歩いたうえで、「9条は変えてはならない」と言い続けている彼の応援をお玉はしていきたい。・・・・・・その彼の本を、どうしたらより多くの護憲派の人たちに読んでもらえるのか、どうしたら伊勢崎さんの思いが正しく伝わるのか・・

で・・お玉んちを読んでいない人に紹介するには、お玉のところとは違う読者がいて、アクセス数の多い政治ブロガーに本を読んでいただいて、書評をいただくことかなあ・・って考えた。

 快く書評を引き受けてくださったkojitakenさま、喜八さま、村野瀬怜奈さま、ありがとうございます。及び、昨年、コメンターからブロガーに華麗な転身?を遂げたLooperさん、キンピーさんもありがとう・。(まだアップされていない方もいらっしゃいますが、近日公開予定ということで、リンクさせていただく予定です)

  
      kojitakenの日記 

 
    喜八ログ
   


   村野瀬怜奈の秘書課

  
   Looper‘log

 
   ひとりでデケタ

  

人気ブログランキングへ   ←ぽちっとお願いします~~

 
伊勢崎本の表紙・どれがいい?

表紙のデザインができてきました・・

どれがいいと思う?

お玉の意見はもう伝えてあるのですが、みんなにも聞いてみようっと・・・

本屋さんで平積みにされたとき、

どのデザインなら買いたくなるかなあ…

一冊1200円です・・



A案(よく似たデザインをもう一個提示されてますが、とりあえずこちらを紹介)

a 

 

B案

i 

 

C案

o 

 

どれがいいかご意見お待ちしてます~~

人気ブログランキングへ   ←ぽちっとお願いします~~

 
司馬遼太郎さん

人気ブログランキングへ   ←ぽちっとお願いします~~

お、松竹さんち、坂の上の雲取り上げてる・・

超左翼おじさんの挑戦・・・

坂の上の雲』批判の角度・上

今は亡きとほほさんは司馬遼太郎の愛読者で、彼のことは「護憲派」だととらえていました・・お玉もなんでかな、そう思えてた・・右派でも左派でも根強いファンが存在するそういう小説を書くひとだったと思う。

以下に転記した2006年1月2日の記事ですが、この時始めてきてくださった華氏451度さんととほほさんとお玉・・その後何度面白いお話をしたことでしょう・・ああ、今はとってもとっても、懐かしい・・

 

お玉ブログ2006.1.2より。。

司馬遼太郎という人

政治ブロガーの方々は司馬先生についての思いが人一倍強い方が多いようです。・・・・・・お玉は恥ずかしいほど司馬遼太郎さんの本を知らなくて、今年の目標の一つに彼の本をとにかく読もう!!!というのもがあります。今取り組み中なのは「項羽と劉邦」常連の皆様方、お勧めの本がございましたら是非お教えくださいませ。<(_ _)>

で、昨日から彼の担当を長年続けていた編集者が書いた本を読んでます。(出典紹介はまたいずれ・・・)

司馬さんは、単純な自慢話には聞き上手で、適当にからかったりして笑っている。が、その埒を超えて、オレは人より優れている、オレが教えてやらないと何も出来ないバカばかりだ、といった類の匂いが少しでも混じると、とたんに興味を失った顔になり、鼻白んだまま口を噤んでしまう

人が威張るとか、偉そうにものを言うという行為に大してたいそう敏感な方だったのですね。

同じ温度でもふつうの人の摂氏ではなく、司馬さんは華氏の目盛りで計っているように見えた。

すごい人です。私生活はご夫婦ともに大変謙虚で偉そうにもの申す人が極端なほどにお嫌いだったそうです。あれほど、様々な著名人に影響を与えた方が、こういう精神で、生き抜かれたことにお玉は感動しております。・・

この時のコメントの一部です

  1.  1. 華氏451度 January 02, 2006 21:14
    はじめまして。TB送らせていただきましたところ、さっそくTB入れていただきありがとうございました。
  2. 司馬遼太郎……私は嫌いです。作品は短編・エッセイ含めてほぼ全部読んだと思うのですが、読めば読むほど嫌いになったというか。
    佐高信は司馬遼太郎嫌いを宣言してる人で、『司馬遼太郎と藤沢周平――歴史をどう読むか』という本の中でもその理由を詳しく書いていました。
  3. 彼のような専門文筆家が書いたものの方がすっきりわかるかも知れませんけれど、私の場合は要するに「英雄豪傑が颯爽と登場して世の中を動かす」という構図が好きじゃないんです。サッソーと登場したカリスマ的英雄がいて、それに魅了される人達が一生懸命ついていって、みたいな構図が。

  4. 2. 華氏451度 January 02, 2006 21:17
    続きをちょびっと。
    歴史を動かすのは、弱くて、たいして優秀でも何でもなくて、迷ったり間違えたりする(私のような)庶民だと思っているのです。というか、そうでありたいと願望しているのですね。
  5. それはともかくとして。これからよろしくお願いします!

  6. 4. お玉おばさん January 02, 2006 21:44
    華氏451度さま、はじめまして。
    嫌いとおっしゃりながらも読破されているあたり、やはり政治ブロガーの司馬遼太郎への思いの強さ(アンチも含めて)を感じます。
    >サッソーと登場したカリスマ的英雄がいて、それに魅了される人達が一生懸命ついていって、みたいな構図が。
  7. だからTV化されるんでしょうね。B層にわかりやすい(^^;)「街道を行く」なんぞはどうでしたか?あれは司馬さんの思想や宗教観などを知れる教材とお聞きしてますが・・
    ともあれ、こちらこそどうかよろしくお願いします。<(_ _)>
  8. わけわからんと、司馬遼太郎を取り上げてしまいましたが、「思いの強い方」のコメントお待ちしてます。
  9. 5. mylawyer January 03, 2006 00:59
    う~ーん、人それぞれですね。司馬氏の本でしたら、「坂の上の雲」を先ずお勧めです。もちろん、なんでもいいのですよね。海音寺潮五郎との対談集でも、ドナルド・キーン氏との対談集でもいいでしょう。もともと司馬遷から名前を取ったのですから、英雄が登場してもおかしくないですよね。ただし、その英雄は、別名「庶民」ですが。ということで、「世に棲む日々」もいいですし、まあ、汲めども尽きぬ叡智の美酒は、美味しいですよ。では、では。スイマセン、僕も酔っていますので、この辺で。
  10. 6. 華氏451度 January 03, 2006 02:12
    > 嫌いとおっしゃりながら読破されているあたり
  11. そっか!そうだったのか、と改めて思いました。自分のことがわかってないですねー。もっとも私は活字中毒で、夏目漱石も大江健三郎も三島由紀夫も橋和巳も宮部みゆきも藤沢周平も、ついでにレイ・ブレッドベリも(変な組み合わせですね)……エトセトラ、ちょっと気になる作家の本は「ほとんど読んだ」人間なのです。読んだだけ、ですけど(笑)。
    でもやっぱり、ほんと、気にならなければワーッとまとめて読みませんよね。いったい何がひっかかってるのだろう、とちょっと考え込みました。

  12. 9. お玉おばさん January 03, 2006 11:19
    mylawyerさん、こんにちは。
    ブログを見せて頂いて、文章の書き方にお玉は大変共感しました。ああいう路線で書かれた批判的なご意見は大好きです。(^^)
    今日もお酒飲んでらっしゃる?
    あらら・・コメントとは関係なお返事になっちゃったわん。本の紹介ありがとうございます。<(_ _)>
  13. 11. お玉おばさん January 03, 2006 11:33
    華氏451度さん、
    すごい!!真の読書好きね。大江さんも三島も宮部も読んではいるけど、かじった程度です。こりゃ、いろいろ教えてもらわねば・・・またそのうち三島取り上げますんで、そのときは是非是非コメントください。<(_ _)>
    とくらさん同様このごろは時間がなくて、5冊の本を抱えて、毎日数ページ乱読するのがやっと・・護憲ブログやってるくせに護憲関連の本をほとんど読んでいなかったお玉(どっちかというと改憲派の本は結構読んでる)いま帳尻あわせに必死・・本当は司馬遼太郎どころではないんだけど・・知らないのもシャクだなあと思って・・・
  14. 12. とほほ January 03, 2006 17:16
    司馬遼太郎は自由主義史観の連中が持ち上げており、司馬遼ファンを自称するとアホウヨ扱いされる傾向があります(笑)
    しかし、司馬遼太郎の史観と言うものは自由主義史観の連中が言うようなうすっぺらいものではないと思っています。
  15. 小説もよいのですが、対談本やコラム当を読むと彼の人権感覚と言うのかな理屈ではない人間くささに根ざした人への愛や思いやりを感じ取ることができると私は思ってます。
  16. 13. お玉おばさん January 03, 2006 20:48
    お玉ねえ、おもうんです、とほほさん。司馬さん大好きで威勢のいいこと書いたり、言ったりしている方々、ちょこっと知ってるんですけど、私がここ数日、ほんの少しだけ垣間見ている司馬さんが、お嫌いになるような人ばっかりなんですよう。おかしいですね。対談やコラム・・是非読んでみましょう。「21世紀に生きる君たちへ・・」お玉は気に入ってます。
  17. 14. 華氏451度 January 04, 2006 00:34
    また来てしまいました(笑)。
  18. > 自由主義史観の連中が持ち上げており
  19. あは、そうなんですよねー(笑)。『プレジデント』みたいな雑誌も、司馬小説だーい好きですし。
  20. でも、とほほさんが言われる通り、
    > 連中が言うようなうすっぺらいものではない
    というのは確かでしょうね。彼ら(自由主義主観の連中)は、司馬遼太郎の一面しか見ていませんね。ちょっとした一面だけ見て、「信長が好き」だの「高杉晋作が好き」だのと言ってる(そういえば小泉純一郎は例のベストセラー『信長の棺』が……)。
    ただ、ほんの一面、かも知れないけれど「連中の琴線に触れるもの」を司馬小説は持っているような気もします。(それは作家・司馬遼太郎の責任ではないかも知れないけれど、『司馬小説』の責任ではあると私は思います)
    いかん。仕事しなければ。
  21. 松竹さんの記事は明日も続くらしい・・なので、お玉も過去記事から明日もう一度司馬遼太郎を取り上げましょう・・

     

 
アフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせる

人気ブログランキングへ   ←ぽちっとお願いします~~

久々に出てきたと思ったら・・なんかすごいタイトルでびっくりでしょう?

一応この題名でOKを伊勢崎さんに頂けたので・・

まだまだ中身は手を入れている最中ですが、皆さんにはいち早くご報告。

 折しも1日に、オバマ大統領は3万人の増派を決めて、そのうえで、アフガンからの早期撤退を示唆しています・・これって、伊勢崎さんに語ってもらえばその行動の深い意味がわかるんだけど・・・一般には増派した不安とか、それでアフガンに平和が来るのか?という疑問ばかりが浮かぶように思えます・・(あす以降の松竹さんの記事に期待!)

 伊勢崎さんとお話していて、またその時の内容を読み返していて感じるのは、お玉にはなかなか伊勢崎さんが各国で頑張ってきたことと、いつも簡単にしか報道されないアフガンをめぐる、各国の動きが、なかなか自分のなかで結び付けられないもどかしさ、でした。

 いろんなアフガン報道をずっと見てきて、それがすべて点と点で存在していて、なかなか線には結べない・・・・きっとみんなそうじゃないかな?

 まだ表で話せないお話もたくさんあるから、余計にそうなるんですが、伊勢崎構想の真意をどうしたら本にして、伝えていけるのか・・・・むずかしい・・

 武装解除や自衛隊の国際貢献は憲法9条で・・を読んだ時のような、ある種護憲派としてのマニアックな感動だけではなく、今回は伊勢崎構想を広く右や左を取っ払ったところで、どれだけ分かってもらえるのかが一番大事で、そのために本を作ってるんだと思う。・・・・・・とにかく頑張るしかないんだよな・・・・

ちゅうことで~~書店向けのチラシができました。限定即席版だそうで・・、ちゃんとしたものは新年には上がりますので期待しててね。

isezaki 

自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論
(2008/03)
伊勢崎 賢治

商品詳細を見る

 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。