2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
国旗は自由に掲げたい。
ツイッターつぶやきの続き・・

日の丸掲げて脱原発訴える方に対していちゃモン付けてる人を見ると、悲しい・・
逆に私も日の丸掲げて応援しちゃルぞ!と言いたくなる・・
国歌は自由に歌いたい。国旗は自由に掲げたい・・

脱原発運動と国旗のお話は別次元でしょう…
日本の国民のためだけの運動じゃないという思いは大事だけど、
だったらさ、韓国やアメリカやフランスなど在日外国人の方々にも
それぞれの国の旗上げてもらうとか、どうでしょう?
その時にイデオロギー的に日本の国旗だけはだめって
やっぱ言わないんじゃない?

国旗は、掲げたいと思う人が掲げたい国のものを上げれば
それでいいんじゃないかなあ・・

お玉がやめてもらいたいとしたら、
反日のデモの国旗・・アレは日本の恥です・・

どうでしょう?


人気ブログランキングへ









スポンサーサイト
 
廃炉にしても失業者や誘致地域が困らないビジョンがほしい
アスペルガーとか、発達障がいという言葉がメジャーになって、教育現場は劇的に変わった・・とおもう。(思いたい)
昔は「変わった子」みんなと「ちょっと違う子」先生のいうことが「聞けない子」というレッテルを貼られてただただ厳しく指導され、保護者の育て方のせいだとまで言われることもあった、そんな現状は学者や教育者の研究によって、劇的に減ってきた・・(そう思いたい)
ただ、未だに、育て方の性だとか、厳しくすれば直るとか、非科学的な事を本気で信じている政治家や、勉強不足の一部先生がいるらしいのは悲しい限りで・・そういう無知な人たちを逐一懇切丁寧に説明して回る努力が、発達障がいの子供たちの個性を伸ばし、素晴らしい可能性を伸ばす事につながると、お玉は思う。

この話が原発と活断層の話にも似ている気がする・・
昔の基準や研究では活断層と思われていなかったものが、ここ数年で劇的に変わった。だから原発の下に今の基準では活断層と言われるものがどんどん見つかりだしてきた。
これを非科学的な政治家や勉強不足、認めたくない経済界や原発関連の人たちが認めようとしない・・
活断層を疑われ所はとにかく動かせない・・この一線だけは譲歩の余地を感じられない。

その上で、なあ、再稼働反対を訴えているみんな、廃炉になったあとでる失業者は一体何人くらいになるんでしょうか?誘致地域の損害は総額でいくらくらい?その解決のために、経済界と話し合う余地はどうしたら出てくるんだろう??次の政権は自民であればこういった問題が怖くて廃炉を先送りするようにおもえるから、廃炉にしても怖くないビジョンを示せる政党をみんなで育てていかないとイケナイとお玉は思う…




人気ブログランキングへ







 
密やかに更新・・
自分さえ良かったら、自分だけが儲かったら、後はどうなっても良い・・と考える人ばかりになると国はつぶれてしまうと、こないだ習った・・今の日本ってそんな人多いなあとここに来て、活断層見つかっても原発止めるの渋ってる様子を見て、この先を憂う・・
ただし、解雇される作業員や地元への支援を先ず語らないと。すぐに困るであろう弱者への支援を語れる人になれないと、やはりそれは自分さえ良かったら、自分の思想、運動さえ通ったらって考える人ばかりになれば、それはそれで、国はつぶれる。解雇される人たちへの就職斡旋と、地元の財源確保の道を!


人気ブログランキングへ





 
放射線で傷ついた遺伝子は子孫には伝えられません
「放射線によって傷ついた遺伝子は、子孫に伝えられていきます。」
と・・クロワッサン7月10日の表紙に出てました・
http://magazineworld.jp/croissant/808/read/

被曝はいつから遺伝することになったのでしょうか・・
長崎や広島でこういう風に言われて傷ついた人がたくさんいたはずなのに
どうしてそこへ思いが至らないんでしょうか・・

この表紙を見た福島の人たちのことを思うと、
こんな台詞は書けないと思うんだけれど・・


追記です
(昨日あれから別所MLに書いた投稿部分をここに掲載しておきます)


クロワッサン速攻で買いました・・

柳澤さんが言ったのは

表面にはあらわれないDNAの傷が、子孫に伝えられていきます。長い間にDNAの損傷が人類の遺伝子のプールに蓄積され、何万年か後に突然変異は頻発するかも知れません。どのような変異か予想もつきません・・(以下略)


表紙だけを見た人にはこういうニュアンスは伝わらないから・・
週刊ポストや現代が書くのはまだしも、
あのクロワッサンが
「放射線によって傷ついた遺伝子は子孫に伝えられていきます」は
書きすぎだなあとおもいました。

近藤誠さんが次のページで遺伝子変異は人間のデーターとしては検出できないくらいごくわずかだと書いているのにね・・

このあと、小出先生、今中先生、鎌田實さんといいお話しが続くだけに、この表紙とっても残念です。

放射線によって傷ついた遺伝子は子孫に伝えられていきます

という文言を見て、
「おい、それはいいすぎだろう?」と反応出来る反原発派であって欲しいなと思って、
投稿しました。

それは

放射線で傷ついた遺伝子は子孫には伝えられません

という私の書いた題名を見て反応するのと同じように・・

柳澤桂子さんがそんな言い方するわけないよなって私は思った。
だから余計にマガジンハウスの編集に(クロワッサンですけど)腹が立った。

クロワッサンという雑誌を読む読者層、読まずともクロワッサンが書くならと一定の評価をしている女性が多いことを考えれば、やはりあの題名はいただけないとおもったの。

ただそれだけ。
遺伝するかどうかは今後の研究で明らかになるでしょう。
そこを問題にしているんじゃないので・・


 
汚染の中で生きる覚悟を
今日の朝日新聞に載ってます。大事だと思ったのであえて全文起こしてみました。これ、今中さんの発言だから、きっとみんな読んでくれるかなと思った。とくに後半部分、私自身こう思っていても、バッシングが怖くて、はっきり言えなかった・・・・
リスクコミュニケーションを語るのは、やはりこういう方が適しているのだと思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汚染の中で生きる覚悟を  今中哲二

旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の影響について、長年にわたって現地の調査を続けてきた。その過程で、放射性物質に汚染された地域での被曝線量をソ連がかなり綿密に調べていることを知った。村毎に外部被曝による線量や、食品や牛乳などから体内に取り込まれる放射線物質を計算し、基準値と照らし合わせ、居住可能かどうかを判断していた。
 福島第一原発事故の被災地でもこのような作業が必要だ。放射性物質の分布は濃淡が激しく、同じ集落でも、場所が違うと線量も異なる。だから、住宅一軒ずつの線量を計測しないと、被曝量も出せない。その土地で摂取されるあらゆる食品の放射能も、住民の内部被曝の度合いも測るべきだ。そして、住民に「あなたがここに住み続けると受ける線量はこのくらいですよ」と示す必要がある。

 線量をはかりにくいストロンチウムやプルトニウムがまき散らされたチェルノブイリに比べ福島の被災地に残るのはほとんどが放射性セシウムで、計測に大きな困難はない。自治体が責任を持ってその作業を進めるのが望ましい。そのうえでとどまるかどうかは、住民自身が決めることだ。
 よく基準値以上なら危険で以下なら大丈夫、と考える人がいる。年間1ミリシーベルトとか、20ミリシーベルトとか、さまざまな基準値が議論されている。しかしこうした数値は、科学的根拠に基づいて導かれたものではない。がんになるリスクのある放射線にどの数値まで我慢するかは、社会的条件との兼ね合いで決まる。
 たとえば、1ミリシーベルト以下でも我慢できず、安全な場所に引っ越そうとする人もいるだろう。しかし、引っ越しにはそれなりの経済的、精神的負担が伴う。人によっては「20ミリシーベルトを越えてもまだ故郷に残りたい」「農業を続けたい」という判断もあるに違いない。
 放射能をどこまで我慢するのか。この難しい判断を市民一人ひとりが迫られている。
それは福島県だけのことではない。東京もそれなりに放射能に汚染されている。少なくとも一時は、外出を控えた方がいいレベルだった。だとすれば、汚染の低いところへ避難すべきだったのか。そこでも、個人の判断が必要になる。
 私たちはもはや、放射能汚染ゼロの世界で暮らすことが不可能になった。これからは、放射能汚染の中で生きていかなければならない。その事実を受け入れた上で対策を考えなければならない。

 
故郷を捨てさせない
出来るんだったら、「オーストラリア」に行って、家族みんなで暮らしたい。でもそうはできない、いろんな事情で・・怖くても、癌になるリスクがあがったかも知れなくても、「日本」に住み続けていく私 。
海外に行った時に「日本人」であることを他の国の人に知られるのが嫌・・哀れみやましてや風評被害的な差別を受けるかも知れないから素直にそういえない私がいる・・かもしれない。
国際結婚の時とか、いわれのない差別を受けたらどうしよう・・そんなバカみたいなことを考える 。放射能は人に移ったりしない、被曝しても子供に遺伝したりしない。 そんな当たり前のことが、海外で分かってもらえないかも知れないと心配で私は「日本人」であることがいえない。戦後広島や長崎の人が被曝と同様に思った苦悩はこんな感じではなかったか・・

同じ思いを福島の人にはさせたくない。
福島に故郷(ふるさと)を捨てさせない
 
浜岡原発停止を要請
 民主党になってからせっかく自民党から変わったのに、なにもかわんない・・よくならない・・そんな思いがいっぱいだったんですが・・・・
菅さんになった時もちょこっと期待したのに、やっぱりなんだか居心地悪い政権で、ふつふつしている中、震災。震災対応についていろいろ言われてたし自民党と変わらないじゃん!!って言う気持ちがいつもついて回っていたんだけど・・・


浜岡原発止めただけで、もうなんか私的には全部チャラにして良い(とは言っても沖縄基地問題はやっぱりあかん)くらいに菅さんよくいった!と今日は言いたい。
自民党の原発推進派の動きが気になっていただけに、余計にそう思います。

もしも自民党政権でも首相がこう言えたかどうか?と思うと同時に、世論として、そして脱原発派として、この菅さんの決断を支える姿勢を持たなきゃね。


追記

一応言っておくと、浜岡原発を止めることに関しては市民運動で今までがんばってきた方々の大きな力のおかげだとも思ってます。

震災直後。福島で頭がいっぱいなのに、なぜ今、浜岡止める話しをすぐするんだろう?と思っていた私は反省しています


 
故郷を捨てさせない ジャズ・ヒケシ
伊勢崎賢治さんより送られてきましたので、
ここでご紹介しておきます

5月7日(土)
新宿ネイキッドロフト
ジャズ・ヒケシ
「故郷を捨てさせない」
開場18時 開演19時

↓画像をポチっとすると、大きくなります


hikesi
 
伊勢崎賢治さん、篠田英朗さんトークイベント
 低線量被曝のおはなしの肝は乳児と妊婦は特に影響を受けやすいからなるべくならば、線量の低いところで過ごしましょう・・だと思う。左巻さんのブログにもあるのですが、放射線の感受性は人によって差が大きいから、自分が放射能に強いか弱いか分からないから出来るだけ余分な被曝は避けた方がいいということですね。

 このお話を踏まえると、国際的に見て、日本は全土がアブナイ地域なので、なるべく放射線を受けないために近付かない方がよいことになるわけで、外国の人がこう思うのと同じく、西に住んでいる人たちは九州なら西日本、西日本なら東日本方面には近付かない方がよい・・と感覚的なところでそう思っている人が多いのもなるほどと思えます。
 さて、ここから・・
  移動できる人、仕事やお金に何の支障のない人はいいとして・・・そうではない、簡単に故郷から離れられないほとんどの人にとって、これから危険だけど、逃げられない放射能とどうお付き合いをしていかないと駄目なのか・・ものすごく難しい現実を突きつけられているんだと思います。

  昨日、ジュンク堂でのトークイベントはすごく良かった。福島に残らねばならない人たちのことをどう支えていくのか、強制避難は放射能難民を作りだしてしまう・・そして紛争が終息したら戻ることの出来る他の難民とは違い、いったん故郷を離れると、戻ることが難しいということをきちんと理解して、なるべくそういう人たちを作らない努力をしよう・・放射能差別の問題、反原発ではなく、脱原発を目指すための運動の考え方、今回の大震災はたくさんの悲惨な場面がネットを通じて流れたことで、たとえば911テロなどと比べ映像的に人々に印象づけられる象徴的な場面がなく、国際的にながく世界中の人の心に残すためにはなにか象徴的にモニュメントのようなものが必要にも思えるが、それが「何か」が浮かばない。せいぜい国際的に思い浮かぶのが、震災全体ではなく、原発「福島」の構造物であることも問題。

(一部イベントあとの飲み屋の会話も混じってます~・)
    
・ちっちゃなイベントとしてやるには、あまりにも!!もったいない内容で~~~~これは各地でいろいろイベント組んで伊勢崎さん篠田さんをお呼びするのがいいなあと思っています。伊勢崎さん、ジャズ火消しイベントをやりたいといってくださってますので、神戸でなんぞ、考えましょうか・・

しばらく小出しで昨日の話を記事にしていきたいと思ってます
 
母乳から検出された放射能のこと
 最近読売やら産経やら週刊現代やらの書きように、いままで敵視していたはずの方々が賞賛の声を送り、応援しようなどといっているのを(一部です、もちろん)見るにつけ、「こんなんで、うちら大丈夫なんかなあ?」と不安になる・・週刊新潮や週刊ポストは東電の回し者で、広告費をもらっているから批判できず、「あんな」記事をかいているそうです・・いえ、お玉はそれは違うと思うんですけど・・ただただ、ベクトルが真逆に煽り具合は同じかと、そう感じてます。

反原発運動してる人たちが信じている(お玉も割と信頼している)小出先生が再臨界の可能性が無くなったと言ってくださり、ちょっとホッとしているけど、先週あたり他の先生たちがいくらそういっても、聞く耳を持ってくれてなかった「そこのあなた」、もうちょっといろんな意見を取り入れるようになった方が、左翼じゃない人からも興味を持って話を聞いてもらえるようになる、そう思いませんか?

・・・・・と、つれづれに書きつつ、今日は市民団体が調べて分かった母乳に放射能が混じっていた件について、市民社会フォーラム投稿くださったDさんの投稿を許可をいただいた上で、転記させていただきます。

煽るような検査データーの出し方、そろそろやめないと・・

ではでは、どぞ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


うちにも4ヶ月の乳児がいるので、これは他人事ではない。
 政府や東電の発表など信用できないという人も、「原子力資料情報室」の言うことなら信用してくれるだろう。
 ここは一貫して反原発の立場で頑張ってきた団体だから。

 母乳に含まれていたという、最高値36.3ベクレルのヨウ素131は、どの程度に危険なのだろう。
 じつは、自然な白米にもカリウムという放射性物質が微量だが含まれている。
 白米の放射線濃度は、「1kgあたり33ベクレル」なのだそうだ。
 鶏のむね肉やかつおだったら、その4倍も含まれているという。

>白米、大根、ほうれん草、りんご、鶏むね肉およびかつお1kgに含まれるカリウムの重量は、それぞれ1.1、2.4、7.4、1.1、1.9および4.4gである(白米1kg中の放射能強度は33ベクレルに相当する)。
原子力資料情報室「放射能ミニ知識」より
http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/4.html

 てことは、母乳に含まれていたヨウ素131と変わりがない。
 それどころか、ベクレル当たりの放射線エネルギーはヨウ素131よりカリウム40の方が高いのだ。

 ヨウ素131が出す最大エネルギーは606キロ電子ボルト。
 カリウム40が出す最大エネルギーは1311キロ電子ボルト。
 
 ヨウ素131は甲状腺に集中するから危険だというが、カリウム40だって体中のどこかで放射線を出し続けるのだから、同じことだ。
 こうは言えないだろうか、
 危険部位があらかじめ分かっていて監視しやすいのがヨウ素131、
 どこが危険にさらされているのかすら分からないから対処しにくいのがカリウム40と。
 しかも、ヨウ素131の半減期は8日程度なんだが、カリウム40の半減期は12億年

 だったらカリウムの方が危ないじゃん。
 なんでカリウムのことを騒がない?

 まあ広瀬隆とちがって、私は人を驚かすだけのデマは書きたくない。
 正直に言っておこう。
 カリウム40の生物学的半減期は30日とされている。
 つまり、1ヶ月もすれば、○ンコと一緒に排泄されてしまうのだ。
 (ヨウ素131も同じで、もっと速く排泄されてしまう)
 原発事故がなくても、体の中には常に自然界から取り込んだ放射性物質が存在しており、1秒間に6000回ぐらい崩壊して放射線を出している。
 私たちはいつでもずっと、6000ベクレル程度の内部被ばくを続けているのだ。
 36.3ベクレルぐらい、なんてことはない、自然のレベルなのだ。

 この発表を読んだとき、不自然さを感じた。

>3月24日と30日に1人約120~130ccずつ採取した母乳を民間の放射線測定会社で分析。
>茨城県守谷市の女性から31・8ベクレルを検出した。
>守谷市の女性は2回目の検査で8・5ベクレルに低下したという。
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042001001060.html

 こんなに前に検査していたのだ。
 そして、一人は一週間後に三分の一の値に減っているのだ。
 なんで今頃発表するのだろう。
 そして、「安全性について判断はまだできない」って、なんて言いぐさだろう。
 こんなに活動的な人々が放射線について調べなかったはずがないじゃないか。

 思うのだが、母乳を調べた結果、自分たちが望むような、センセーショナルな数値が表れなかったのではないか。
 発表の遅れは、それで生じたためらいを表しているのではなかろうか。
 思わせぶりなコメントにも、そのためらいがかいま見られる。

 3月24日といえば、水道水からヨウ素が検出されたと騒がれた頃だ。
 あの時に違って、現在の数値は平常に戻っている。
 いま母乳を検査しても、まったく安全な数値しか出ないに違いない。
 何でもない数値なのに、なんだか意味ありげに語ることで、ただでさえ不安な母親をもっと不安に陥れるなんて、この人たちは一体なにがしたいのだろうか。
 反原発の主張は正しいと思う。
 だが、正しいことを言うなら、正しい方法でやってほしい。
 デマゴギーで人を操ろうというなら、それは東電や自民党政府がこれまでやってきたのと変わらないではないか。
 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。