2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スポーツ理論でなく、体罰で指導するのは「おばかさん」なんだと思う
 体罰推進派の前東京都知事、石原慎太郎さんが東京オリンピック誘致に情熱を注いできたことは全日本国民が知っていること。だから、オリンピック選手への体罰騒動がある今、彼を引きづり出して糾弾してみたい衝動にお玉はかられてしまう…
 いえ、ご老人相手にそんなことはいたしません、でも、自分の落とし前は自分で付けて欲しい・・自らの体罰容認という考え方が、オリンピック招致の一番の足かせになるなんて、思っても見なかったでしょうねえ…

そんな石原さんと一緒に代表やってる橋下さん。という構図があるので、彼の言うことを素直に聞く気になれないのは当然だし、信じられないと思うのも理解できる…
・・・まあ、この辺りが左翼政党と違って、保守って、玉虫色な人達がより集まって出来てるんだなあとおもう。結局、憲法改正さえ出来れば、何でも良いのね。体罰容認の根っこは軍国主義につながると、左翼なお玉は思うのです。


 さて、やはり徐々に桜宮校校の実態が明らかになってきました…

毎日新聞より
<大阪・桜宮高>大半の運動部で体罰 外部監察チーム調査
大阪市立桜宮高校でバスケットボール部の男子生徒(当時17歳)が自殺した問題を受け、市の外部監察チームが同校の全生徒約840人にアンケートを行った結果、8%にあたる約70人が体罰を受けたことがある、と回答したことが分かった。体罰を受けた生徒が、大半の運動部に及んでいたことも判明。同校で部活動中の体罰がはびこっていた実態が浮き彫りになった。【津久井達】

 関係者によると、アンケートは先月18日、弁護士らでつくる外部監察チームが市教委の依頼で実施。部活動や授業中に体罰を受けたと回答した生徒は計約70人で、体育系2科(約360人)の約9%、普通科(約480人)の約7%だった。

 多くの生徒は部活動中に顧問の教諭から体罰を受けたと回答。活動していた12運動部の大半に及び、バスケ部、バレーボール部の順に多かった。同校が昨年12月、バスケ部員のみを対象にした調査では、21人が体罰を受けたことがある、と回答していた。

 アンケートでは、体罰に関する意見も自由記述で尋ねた。「たたかれたことはあるが、自分たちを成長させるためだと思っている」「先生は悪くない」など顧問らを擁護する声が大半を占めたという。

 外部監察チームは、体育系学科を設置している市立汎愛(はんあい)高校の全校生徒にもアンケートを実施。体罰を受けたことがあると回答した生徒は、桜宮高より大幅に少なかったという。

 桜宮高では現在、全運動部が活動停止している。市教委は近くアンケート結果を公表し、問題のない部から順次再開させる方針だ。



 お玉が問題だと思うのは、やはりここ・・
 
「「たたかれたことはあるが、自分たちを成長させるためだと思っている」「先生は悪くない」など顧問らを擁護する声が大半を占めた」

 これでも部活動や大会参加を認めるべきだと、在校生がかわいそうだと、みんな思ってるのかなあ…一部弁護士さんがOBや保護者や生徒達と会を立ち上げたけど、そこの自浄効果に期待したいと願っているけど、早期の部活動再開がやはり前面に出てるんだよね。…根っこの部分にマインドコントロールなもの感じてしまう…

 ひとつ、お玉の根底にあるのは体罰せずとも指導は出来る。頭の良い、科学的に考えられる指導者は体罰なんかしなくとも、選手は強くなれる…まあ、ナデシコジャパンがいい例ですよね。体罰を容認する風潮は、世界的なスポーツの流れからしても、「おかしいこと」だと言うことをきちんと私たちは認識しないといけないのと同時に、「体罰で成長できた」とする人びとの考え方を変えるのは、並大抵ではないということをきちんと理解した上で、いろんな人、例えば桑田さんや尾木さんのような有名人の手を借りてでも、桜宮を再生させて、ここをスポーツ科のお手本として、全国に知らしめることが、大切だと思う。
 大丈夫、きっと有名著名人はみんな桜宮の再生に力を貸してくれるでしょう。桜宮をモデル校に全国に体罰根絶の流れが本気で広がって行くとお玉は思う。

 理論的に説明できないからと、思わず「愛情で」手が出てしまう・・ような行為は指導ではないわけで・・・そういう人は、あえて言うけど、「おばかさん」なだけなんだと思う・・・・おばかさん達にそれ間違っているからと、教えるところから始めないと…そうでないと、生徒達は本気で体罰はダメだと気が付くことが永遠に出来ない…


・・なんですか、柔道は「武道」だから他のスポーツと違って、多少体罰があっても仕方ないかも・なんて言ってるスポーツライターさんも居ますが、本人も書いてらっしゃいますが、だったら 柔道はスポーツじゃないんだから、オリンピックに出しちゃダメだよね。

迷っています。スポーツではなく武道だった柔道にも、完全なるスポーツの論理を持ち込んでいいものなのか?





人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
 
昨日のとくダネ!!のこと
 昨日ツイッターにも書きましたが_・・
 息子ポッティーが学校のバスケ部(地方でそれなりに強いです)部員から聞いた話。「うちは・・・顧問に体罰以前の問題が。」「なんや?」
「顧問が、部員と仲良すぎて友達扱いされてて。ため口になってて。でも、スポーツ理論はすごくて、そんで、うちの部は強いんや。」いまだに、愛のある体罰容認の運動部部員も確かにいるらしいけど、こういうことを聞くと、やっぱり、早く体罰なくして、世界に誇れるスポーツ大国にならなきゃね。

 昨日のとくダネ! J-CASTニュースさんがうまくまとめて下さってるので、最後にご紹介。
キモは調査結果で出てきたこの部分を踏まえ、どう対処するのか?だと思います。

①すでに体罰指導が発覚したバスケやバレー部だけでなく、他のクラブにも同じような体罰事案があり、常態化している
②しかし、体罰指導については現在も在校生(体育科)や保護者の多くが『是』としている
③運動部指導に関する校長や教頭のガバナンス(統治)は全く効いておらず、体罰事案を『隠蔽』までしていた
④体罰指導を見ていながら教員の間に『これは間違っている』という認識がなかった

(追記)これに加え、スポーツ科生徒ははこれまで、スポーツ教育指導者やスポーツ教育理念に特化した教育を受けていた、だからこそ全面的に改正する必要があるんだよね。

 これらを踏まえて、体育科としての入試を中止の提案、今朝は、スポーツ部顧問の外部委託とか、体育科の授業内容にまで踏み込んだ案が大阪市教育委員会から出てきてますね。
 これ、もしも橋下市長が「暴れ」なければ、これほどにも早く決まってこなかったことは確実です。今日の新聞でやっと出てきた、大津の中学校いじめ自殺の実態を隠蔽し続けてきた事実からも分かると思います。

 机上の空論ではなくリアルに今すぐ、どうしたらいいのか?を考えての行動を、世論や自分のお仲間うちに気兼ねすることなく実行出来るという点で橋下さんの「良い面」が今回はあらわれていると思うんだけどね。

 橋下なんかに教育改革が出来るわけがない、利用されるだけだ。の論をやめない限り、左翼の教育論に未来はない・・


人気ブログランキングへ




桜宮高校、バスケ、バレー以外でも体罰は常態化 橋下市長が「小倉キャスターとのバトル」で明かす


J-CASTニュース1月29日(火)19時38分
大阪市立桜宮高校の体育系学科の入試中止をめぐり、意見が対立していた大阪市の橋下徹市長と「とくダネ!」(フジテレビ系)のメーンキャスター小倉智昭氏の「直接対決」が2013年1月29日、同番組内で行われた。

「バスケ、バレー部以外でも(体罰は)常態化」「在校生も保護者も現状を『是』としている」−−。入試中止に至った同校の問題点をこう指摘した上で再建への持論を展開する橋下氏に対し、小倉氏らは時折質問をはさむ程度で、両人の本格的なバトルを期待した視聴者にとって「肩透かし」の番組内容に終始した。

「体罰について在校生や保護者の多くが是としている」
橋下市長と小倉氏の直接対決のきっかけは、13年度の体育系学科の入試中止決定を巡って小倉氏が「在校生や受験生のことをまず考えてあげるのが一番必要」と番組内で異を唱えたのに対し、橋下市長はツイッターで「(小倉氏が)実態を知らずに受験生のことを考えるべきと主張するのは間違い」と反論したことからだ。

この日大阪のスタジオから出演した橋下市長は、午前8時25分から異例の長さとも言える45分間にわたって質問に答えた。

「入試中止は生徒のためになるのか?」。

小倉氏からのこの質問について市長は「絶対、プラスになります」と言明し、「私と小倉さんとの決定的な違いですが、私は入試について『体育系学科が新入生を受け入れる状況にあるのか』という1点を見ていたんです。私に(外部調査チームから)上がってくる情報を見た結果、市教委の最高責任者も『さすがにこれは受け入れられない』として中止を決めたんです」と述べた。

市長によると、集まった情報の内容は①すでに体罰指導が発覚したバスケやバレー部だけでなく、他のクラブにも同じような体罰事案があり、常態化している②しかし、体罰指導については現在も在校生(体育科)や保護者の多くが『是』としている③運動部指導に関する校長や教頭のガバナンス(統治)は全く効いておらず、体罰事案を『隠蔽』までしていた⑤体罰指導を見ていながら教員の間に『これは間違っている』という認識がなかった——などだ。

市長は「新しい桜宮に向かっていくんだというのを受験生にしっかり伝え、それでも学校立て直しのために頑張っていこうという生徒を迎え入れるためにも体育科という看板は1回中止にしなければいけません」と語った。

ネットユーザー「小倉氏はもっと理論武装を」
体育科志望だった新入生や体育科在校生への今後の教育方針については

「きょう(1月29日)市教委が決定しますが、新入生は1回普通科に入れますから従来の体育科のカリキュラムはやりません。今回の問題やスポーツ指導法のあり方を普通科でしっかり議論をして学校を建て直した後に、必要であれば再びスポーツ専門学科を創っていこうという方針になりました」

「(体育科の)在校生についてはカリキュラムを変えたり教員を変えたりしながら、今までのやり方や自分たちの意識のどこが間違っていたのか、保護者も含めてしっかり議論してもらいます。学校立て直しの当事者として頑張ってもらいたいと思うんです」と語った。

運動部の再開時期について橋下市長は「市教委による教員人事などの態勢づくりに加え、新たな学校方針やクラブ活動の方針が定まってから」と語った後、
「一番大事なのは在校生や保護者、教員の意識改革なんです。クラブ活動で自殺者まで出したのに、なぜ自殺したのか、何が間違って今後どうするのかを考えず、部活再開はいつか試合はいつできるのかっていうのはまだ認識が足りないのでは」と訴えた。

一方、小倉氏はコーナーの後半、「これから桜宮の体育科が出直そうというのなら、(入試を中止せず)新入生も一緒でよかったのでは。不可能とは思えない」と声を強めたものの、「体育科が看板の桜宮を立て直すためには1回ストップをかける必要がある」「(バスケ部などの)運動部は体育科そのもので、そこでの指導方法が間違っていたのだからカリキュラムも変える必要がある」とする市長との議論はかみ合わなかった。

ツイッターやネットの掲示板に寄せられた意見は「小倉氏はただ感情論だから、橋下氏が何度も同じ説明をしなければならなかった」「もっと理論武装しないと橋下氏とは戦えない」といった内容が多かった。



人気ブログランキングへ
 
2/3個のりんごを、1/4で割るということは・・・
5年以上前、お玉ブログで盛り上がったネタです・・アレンジして再登場です。

なんですか、二人に3このミカンをあげるときの式は 2×3=6だとバツになることがあるとか…なんかごちゃごちゃ説明してるけど、子どもの思考回路なんて、教育者の思い通りになっていないと思うお玉でした。


さて、昔観たアニメ「おもいでぽろぽろ」より

タエコ「分数を分数で割るってどういうこと?2/3個のりんごを、1/4で割るって言うのは、2/3個のりんごを4人で割るってことでしょ?」

ヤエコ「う〜ん。違う違う違う、それは掛け算!とにかく、りんごにこだわるからいけないのよ。割り算はひっくり返すって覚えればいいの!」


タエコはこの意味が分からず0点を取り、家族から知能指数を疑われます・・で、いま、私、ここに載せようと思って、計算したら、タエコと同じミスを犯していた・・答えは6分の1じゃあないのよね・・(^^;)りんごでは私も説明出来ないなあ・・

お玉にだれぞ説明してくれ・・・・
ただし、リンゴにこだわっているタエコにリンゴで教えてあげて下さい。




人気ブログランキングへ
 
理想だけでは体罰はなくならない。
一晩で、ネットではなんだかえらく騒がしい状況が一部続いています・・

クラブの元キャプテン達に記者会見をさせようなんて、一体誰が考えたのか・・生徒達の方から、自主的に「やりたい」と請われたとしても「今はダメだ」と止めるのが子どもを守ろうとする大人の態度の筈なのに・・

子どもの人権を取り違えている気がする。
未だ、生徒達のこの自主的な行為を褒め称えている人達は、この子達がネット上で、どんな危険にさらされるか、想像も出来てないんだろうなあ・・

出てくるべきは、各クラブの顧問であり、校長であり、教育委員会であり・・

橋下さんが表で騒げば騒ぐほど、橋下憎しの感情からか、誤解も大きくなることがよ〜〜く、わかったので、今後は水面下で教育委員会や学校ときっちり協議して欲しいんだけど。

理想だけで体罰はなくならない。体罰の根は本当に深い。
「あの先生はダメだったかもしれないけれど、うちの顧問は(叩くけど)、良い先生だよ」この言葉はあの高校の話ではないのです・・こういう全国の生徒や保護者やOBの考え方を変えさせるのは、並大抵の事ではないと思う。




人気ブログランキングへ












 
橋下批判は続けても、尾木ママや宮台さんの論については決して語らないのはなぜだろう?


尾木ママこと尾木直樹氏と宮台真司氏の大阪市立桜宮高校体罰事件についてのコメントが鋭い(音声・文字起こし)
http://www.kanshin.com/keyword/11753544


東の方が離れているからか、尾木ママや宮台さん呼ぶ余裕があるのかな?昨日の夕方の大阪ローカル局は何れも橋下批判と入試中止になることで受験生が可愛そう…それと在校生が可愛そう・・に終始して、本気で教育委員会や学校の態勢を批判している人がほとんどいなかった。

入試中止は結果的には回避・・やはり橋下さんはいつものやり方「落としどころ」をきちんと探っていたんだろうなあ・・・・・もう、一連の記事でいろいろ言ってるから、たくさん語らないつもりだけど、今回の事はお玉の心の中でいろいろ勉強になった・・橋下の論が一理あると思って、彼ではなくほかの知識人がちゃんとまっとうなことを言っているのに、なぜか、リベラル左翼論壇はそこは取り上げ無い。橋下批判のみに収支。何でだろう?あげく、橋下を庇うとは何事かと…・だいぶお玉も言われてた・・みたい。(直接でない批判は余り見ていないから。ようわからんけど、アクセスえらい伸びたわ。)
追記 尾木ママの書いてることご紹介♪

桜ノ宮高校 生徒の記者会見 誰が仕組んだのかしら?

・何か変過ぎ
・なぜ記者会見なの?・亡くなった生徒のつらさ、苦悩受け止めている姿?
・ご遺族の心情考えているの
・命の重みわかっているの

やらせるなら 生徒会 でしょう なぜ部活の部長? 出てくるべきは 学校 顧問 教師  でしょう!! 運動部長 出すとは しかも 教師に依存した姿 見せるとはー
教育課の大きさ  痛感! 橋下市長の言う通り 体育科そのもの
抜本的に見直した方が良さそうですね
従属関係 マインドコントロール 教育に危険、不要なんです







人気ブログランキングへ
 
思春期VS更年期
以前ラジオDJのレモンさんこと山本しゅうさんの講演会で、反抗期の子どもを一発で黙らせる、もしくは攻撃が少し収まる?「言葉」を教えて頂いたのですが…

息子の中学時代、我が家はこれ結構効きました…ちょっと説教したときなんぞに、「くそばば」とか「うっるせいなあ!!」とかこれに類似することをいって息子が怒鳴ってきたときに・・

「うん・・・分かるよ、思春期だもんね。ホルモンのバランス崩れてるもんねえ・・ホルモンバランス崩れると、イライラするからねえ・・・」

および

「分かる分かる、あんたは思春期だろうけど、母は更年期だもんねえ・・ホルモンバランス崩れると意味もなくいらいらして、つらいよねえ…・」

これらのことばで、きつい物言いがすこうし和らぎます。
コツはこちらがけんか腰になる前にこの言葉を言うこと。

なんせ思春期VS更年期の壮絶なたたかいですから・・
まともにぶつかったら、血を見るかもしれない(おい)。
出来れば、普段から、母も更年期だから・・を呟いておくと、
より効果的かも・・

ただいま、まだ素直な娘チェリーで実践中・・




人気ブログランキングへ



 
超左翼おじさんのお話「体罰をめぐるデジャヴュ(既視感)」
お玉がネットで暴れているということで、みかねた超左翼おじさんがまた記事を書いて下さいました。
 橋下バッシングの蔭で、教育委員会がホッと胸をなで下ろしている図・・がうかんでくる。もし、橋下市長の本当の狙いが、(有えんけど)そこだとしてら、見事に成功!・・ってかんじです。まあ、今回橋下さんやお玉や尾木さんの思うとおりにならなかったとしても、彼のいるかぎり「クラブでの顧問の体罰」について、調査や改革の手をゆるめられることはないと思う。教育委員会に負けず、がんばれと・・・・なんで、あたしゃ橋下さんの応援せにゃならんのよ〜〜〜! きっと、高校内部の生徒自身からも改革の声が上がってくる・・そう信じてる。

とにかく超左翼おじさんのお話、どうぞ!!



体罰をめぐるデジャヴュ(既視感)
 お玉さんに要望されたアベノミクスに関する記事は、まだ作成中。ちょっと待ってね。それより、体罰と橋下さんをめぐるお玉さんの記事に少しだけ共感するところがあったので、自分のブログに掲載予定の記事を、一足早くサービスでお届けします。自分のブログは、会社の都合で、休日は更新できないのでね。

 大阪の高校の体罰をめぐる問題が、いろいろ議論になっている。もちろん、これに関連したテーマの本は、これから出していく。

 最初に出るのは、2月。タイトルは『教育現場での柔道死を考える 「子どもが死ぬ」学校でいいのか!?』。体罰ではないが、部活や授業でやられる柔道で子どもが死ぬ問題をめぐって、全面的に深めた本だ。

 毎年、4人が亡くなっているそうだ。それなのに、文科省が乗り出して、その根絶のためにがんばっているという話は聞かない。学校で子どもが死ぬって、大変なことなのに、教育関係者には敏感さが足りないのではないか。その問題提起をする本である。

 著者は、山本徳郎先生。なんと日本体育学会の元会長だ。奈良女子大学の文学部長をつとめた経験をもつ。

 次は、5月かな。体罰問題を直接のテーマにしている。教師だけでなく、スポーツ関係者なども含め、包括的な角度から接近した本。

 そのなかでも出色なのは、体罰を受けた子ども自身が出てくること。中学の時、野球部で体罰を受け、みんなで連判状つくって校長のところにおしかけ、体罰をやめさせたという子どもが登場する。

 すごいね。橋下さんには、そういう感じで、子どもを励ます話をしてほしいなあ。

 というか、体罰と橋下さんをめぐる話って、どこかで見た話の再現のような気がする。そう、原発問題だ。

 原発をめぐって最大の責任をもつのは、それをつくって安全神話をふりまいた自民党の政治だった。もちろん、事故が起きて以降の民主党政権の対応も、大きな問題があった。

 ところが、それよりも橋下さんに対する批判を重視する人も少なくなかった。いまの体罰問題、それと似通った構図になりつつある。

 この問題で責任をとるべきは、誰よりも体罰をした先生。それを許容し続けてきた学校とか教育委員会。そして教育行政でしょ。

 ところが、そうやって責任をとるべき人たちは、あまり発言しない。まして、何の改革案も出さない。

 一方、いい改革案かどうかは別にして、橋下さんだけは改革案を出す。その改革案がおかしいということで、左翼の批判は橋下さんに集中する。

 結果として、責任のある人たち、改革案を出すべき人たちは、批判の外側にいる。文科大臣なんて、橋下さんのやり方を批判していて、いまや安倍政権は、橋下さんの横暴から子どもを守る防波堤みたいなポジションを確保しようとしている。

 その結果、安倍さんのつくった教育再生実行本部が何をやっても、橋下さんにまかすよりはいいということになりかねない。それって、変でしょ。



人気ブログランキングへ








 
どうしても、どうしても、あかんとおもう・・・
ある方へのメールの返信として書いたものを一部変えて投稿しますね。

教育としては新入生や在校生が一緒になって新しい学校づくりに取り組む、
これが良いんだと、私も思います。あ、尾木さんもそう仰ってましたね・・

私がどうしても納得できなくて、嫌な感じを受けるのは、
体罰をした先生を嘆願署名しようとする動き
(本当には、まだしてはいないと思いたいですが)を
セカンドレイプではないかと非難するような話はいっさいなく、
橋下には独裁だ、やり過ぎだとその部分ばかり突出して非難している人達の心理がどうにも分からないからです。

実際にはたぶん入試もするでしょうし、 職員総入れ替えも出来ないだろうと思います。
教育委員会はそのくらい権限あるのですから。

でも、自殺してまだ一ヶ月しか経っていない、問題が表に出たのはつい最近にもかかわらず、
ここのスポーツ科を入試を受けれない生徒の気持ち・を先ず全面に考えるのは、ちょっと違う気がする。
スポーツ科の伝統?って体罰してでも全国制覇して結果を出して
それを保護者も生徒も感謝している・・そういう構造だから。
間違った教育をやっていた場所になんの対策もまだ考えられていない今、受け入れるって、それこそ入学生徒に対して良くない…そう思うんだけど。

橋下サイドの発言でなく、もしも教育委員会の中に尾木さんのような人がいて、
教育内部から「入試は中止したい」と声が出ていたら、
全く違う受け止め方をした人も多かったんではないかと思えるのです。

尾木さんは橋下に惑わされないで欲しいと言ってますが、
私も同じ気持ちです。

子供たち自身が改革して、新しい学校を作っていって欲しい。
でもそれは体罰の伝統深い、現行体制では、非常に難しいのが現実だろうと思います。
職員の一新・・ある意味間違いだとはいえないと思うのです。

本当にそうするかどうかではなく、そのくらいのことを
柔軟に考えられる事が教育関係者に出来れば、
全国の体罰容認の学校は代われるかもしれないと。

私はそう思っているんです

 この期に及んで、文部科学省までが橋下批判に転じて、入試を受けられない生徒の不利益にのみ言及してますが、そもそも教育委員会って、かたくなで変革できない、不祥事があってもなかなか認めようとはしない組織だって、リベラルのみんなが痛いほどよく知っているはずなのに…・・

追記 たしかにね、署名の動きがあるとテレビで聞いたのです。あ、みつけた。この程度のソース(http://sankei.jp.msn.com/life/news/130112/edc13011217350003-n1.htm) でもそれがどこまで本当に語られていたのかというソースをお玉は出せません。だから、本当は「語ってはいけない」のかもしれないとは思っています。でも、生徒や保護者のインタビューでは体罰がいけないという雰囲気が伝わらないという事はありましたね。事実が分からない今、入試を中止するのはいかがなものかという意見があります・・でも事実が少しも分からないからこそ、入試を強行して良いのか?と、お玉はそちらの立場でものを言っていると思います。

追伸・・明日は超左翼おじさんの記事を載せますね…おたのしみに




人気ブログランキングへ





 
菊池誠さんとつぶやく・・
 え〜息子ポッティーから、「かあちゃん、そんなリベラル全体と違うこと書いて、炎上しないの?」と心配してもらいましたが・・ただただ人の上っ面を人格攻撃したりすることではなく、どうすれば良い方向に向かえるのかを議論するのは、たとえコメントが数百付こうともそれは炎上ではないのだと教えております・・まあ、いまどき、ブログではそこまで盛り上がりませんけど・・うちのコメンターの方々はそこら辺、皆様良く熟知されてて、いつも愛のある本気コメントばかりで。本当に感謝。

 江川昭子さんがリツイートした想田和弘さんのつぶやき 「 募集してみるか。「入試を中止すると体罰問題の解決になる」と信じる人は、その理由を説明してください。あと、「教師全員を他の学校に異動させると体罰問題の解決になる」と信じる人は、その理由も説明してください。僕には全く分かりません。」に対し
お玉は「 論理が変。解決になるかどうかではなく、体罰も必要というムードの漂う学校への何も解決方針が出ていない今、今年の入試を何故やれるのか、がわからない。」
「橋下憎しは別にして。体罰を経験した人やその親の思いは、クラブ内の体罰は時には必要だと思っているムード漂うこの学校の、徹底的な問題意識の改革、それを長時間かけて行う事だと思う。その足がかりすらまだ何も出来ていないのに、何で、来月入試をやれるのか?」
と返信したりして、昨日は1人「暴れまくって」いましたが・・


見かねた菊池誠さんが夕方お玉のお相手をして下さいました。

きくまこ「このまま試験をすることと試験をやめることのどちらも受験生への影響があるわけですよね」

お玉「私は一貫して、今年に限っては入試するのは意味が分からないと言ってるのですが・・だれもそこには触れようとしないから。橋下批判ばかりで。」
きくまこ「僕は橋下さんがどうでも関係ないです。やってもやらなくても受験生には影響します。やらないと途方に暮れる受験生はいる。試験をするかどうかは早く決めなくてはならないけど、来年度の体制は4月までに決めればいい」

きくまこ「試験をするかしないかのほうが、問題としては先に来るんですよ。来年度の体制は4月までに変えられるかもしれないし、変えられないかもしれない。途方に暮れる受験生は途方に暮れさせるのがいいのか、試験はやってしまうほうがいいのか 」

きくまこ「公立高校の定員が突然減るのは、それはそれで問題ではない? 定員はどこかで吸収するんでしたっけ?」

お玉「一応スポーツ科のある他校がまだあるのですが、途方にくれるのは確かだと思います。」

きくまこ「このまま試験をすることと試験をやめることのどちらも受験生への影響があるわけですよね」
「試験をするかしないかのほうが、問題としては先に来るんですよ。来年度の体制は4月までに変えられるかもしれないし、変えられないかもしれない。途方に暮れる受験生は途方に暮れさせるのがいいのか、試験はやってしまうほうがいいのか 」

お玉「生徒を入学させた後の展望が何もないのに、入試をするというのがどうしても、理解できないのです。」

きくまこ「スポーツ科のある他校がその分の定員を引き受けるのでないかぎり、志望する生徒の機会を奪うことは間違いないですよね。「それに見合うだけのメリットか」というのが判断基準のはずです」「 それが理解できなくても、そのことと「スポーツ科に入りたい生徒の機会を奪うこと」との比較であることは確かでしょう? 後者はどのように理解できたんですか? 理解できないもの同士の比較? 」「「機会を失う生徒がいること」と「現時点で展望が見えないこと」との比較をしなくては意味ないですよ 」「展望に関しては、どのみち在校生はいるわけで、新入生を迎えなければ問題は解決かというと、問題が2/3くらいに減るだけですよね」

お玉「展望が見えない中で入試をすることは、スポーツ科全体の体罰容認ムードを肯定することになると思えるのです。違うのかなあ」

きくまこ「容認になるというのがわからないな。つまり、在校生もそろってダメだといいたいの?」「在校生のことはどう考えてる? それはひとつの肝だと思う。「在校生も悪い」なのか「在校生は悪くない」なのか」「入試を単に「体罰容認ムードを肯定」の象徴と捉えるだけでは、受験生がかわいそうだと思うけどな。展望が問題なら、在校生をどう考えるかも議論になるはず」「展望がないなら、在校生も放り出したほうがいい? 」

お玉「そうではなく、在校生も含め「いかなる場合もクラブでの体罰はだめだ」ということを考えていくのでは?」

きくまこ「はい、それだったら新入生がはいってきてもいいんじゃない?」
「入試を単に「体罰容認ムードを肯定」の象徴と捉えるだけでは、受験生がかわいそうだと思うけどな。展望が問題なら、在校生をどう考えるかも議論になるはず」

お玉「象徴ではなく事実かと思うのですが。体罰と本気で向き合って、それでも入試を使用という話を来年なら出来るでしょうが、今は無理だと。」

きくまこ「じゃあ、在校生は「ダメな状態に置いておくのもしかたない」ということだよね 」

きくまこ「まあ、ちょっと意地悪を言っただけです。僕は受験生のことも考えたほうがいいと思いますが、確固とした結論はありません」

お玉「いえいえ、こういう発言聞きたかったんです。リベラル有名人、誰もそこに触れないんだもん(涙)」

お玉「子どもの自殺から僅かに一ヵ月、事実が表面化したのはつい最近・・体罰した先生を庇う発言や署名活動しようという動きなどまである中で、いま入試かと・・納得できなくて。 」

きくまこ「それはつまり、「在校生や現在の父兄もダメな連中だ」と言っているわけだよね」

お玉「すみません、あの学校の体罰容認を未だに言う父兄や生徒に対して、そう言ってるかも知れません」

きくまこ「ありていに言うと、そう言ってるよね。「在校生もどうしようもないから、そこに新入生を入れるのはよくない」と。人はなかなか完全なリベラルにはなれないっすよ 」

お玉「いじめも体罰も、ましてそれで自殺をしてしまうなんて・・絶対に許せないのです。」

きくまこ「ああいう暴力は洗脳の道具ですから、そりゃみんな洗脳されるわねえ。リーダーだけを殴るなんてのは、洗脳そのものですよ」

お玉「ほんとうに。仰るとおりで。」

きくまこ「体罰ってか、「罰」ですらないもの。暴力による支配の問題ですから」

・・・このあと、池田香代子さんが「父兄」に反応して、お話は別方面へとスライドしていったんですが、それはまた別のお話として・・

橋下市長の態度や言動に惑わされて、本当に大事なことが語れていない気がしているのは私だけでなく、今朝の尾木ママのブログにもそのことが呟かれていました。

尾木ママのブログ
">より
「市長発言に振り回されないでね」
大阪市長の 発言に 
その都度 
振り回され 
発言のみ批判したり
生徒が犠牲者と言いながら 
自殺した生徒と遺族の悲しみ 我が胸に受け止めない大人
多すぎないでしょうか!! がっかりですよね」



夜にまた投稿します。



人気ブログランキングへ




 
入試中止反対に対して、素朴な疑問
今朝のツイッターにも書いたんですけどね。
橋下さんも一刀両断的な物言いでは誤解生むばかりで真意は伝わらんと、誰か言ってあげて欲しい…大事な問題なんだから、1人暴走気味な発言は控え、冷静に穏やかに物言え…って、こんなところでぶつぶついってもしゃあないか・・
<大阪・高2自殺>橋下市長、入試実施なら「予算執行せず」

 また、逆に入試中止を反対する人達にも、ききたいなあ・・この状況で入学した子供たちがなんの不利益も被らないと思っているのかなあ・・教育方針を変換させるにも 入学する学校の校長も含め、スポーツ科の先生が何人も処分うけるかもしれない、そんな状況下の入試って、本当に良いの? 子どもへの影響が大きいって、それは入試を受けられないことの不利益だけをさしている人ばかりで、入学後の子供たちがきちんと教育を受けられるのか?具体的にそれはどんな教育方針で?あと一ヵ月で本当にそこまで改善策を打ち出せる?という部分を語ってる人はいない。

何が大事は子どもの未来・・・なのに、リベラルな人びとは、橋下が過激な言い方してるからダメと言ってる気がしてならない。なんか、ずれてる・・・もちろん橋下さんのやり方(ものの言い方)が良いなんて、おもっちゃいない、でもなあ・・・・そう思う、お玉の方ががおかしいのかなあ・・・・

追伸 あ、四面楚歌かと思ったら、今テレビで尾木ママが私と同じ事(今回は橋下支持って)言ってた・・かなり嬉しかったりする!!!





人気ブログランキングへ



 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。