2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
民主主義を否定する殺人をどう考える?

拍手の数は足りないけどさ・・気になって眠れないじゃんか~~

やりちゃんの宿題はむずかしい・・・・・

伊藤市長射殺事件の衝撃の大きさ、悲しみ・・あの日なんとか助かってほしいと祈っていた多くのブロガー仲間のことを思い出しました。

そのうえで今回の減刑判決をどのように書けばいいのか・・・お玉分かんないし~いつも、書きたいことだけ書いてるから~ごめん、書けないよ~~と逃げる算段(おい)をしていた時・・

キンピーさんのコメントにもっと考えなきゃと思わされた。

昨日の雑談で出てきた言葉 
「これやったら総理大臣殺っても死刑にならんちゅうこっちゃ」 

市長殺害は単なる殺人事件ではなく民主主義の否定という面もあります。 
また民主主義の否定ではなく、私たちの社会を否定するような殺人事件もあります。 
個人的な問題で殺人に至ったのであれば、生きて悔い改めるという方法もあるでしょう。 
しかし社会に影響のある殺人の場合はそれだけでは足りないように思います。
 

死刑に頼らない制度を考える時、何を持って私たちの社会を担保するかが議論になりますが、この答えはリベラルよりもむしろ真っ当な保守が持っているのではないでしょうか。
  • [2009/09/30 10:16] 
  • URL | 
  • キンピー
  •  
  •  
  •  

キンピーさんはたしか死刑廃止論を肯定していたと思うのね・・・その立場からこういう意見を書き込んでもらえるとき、この4年間お玉ブログ続けて、よかったなって思えるの。民主主義や社会を否定するような殺人事件。たしかに市長殺害はそういう種類の殺人だとお玉も思います。

死刑を廃止したフランスなんか、このあたりをどう考えてるのかかなり興味あるけど・・・・・よくわかんなかった・・村野瀬さん、また教えてください~~・死刑廃止論を何度も書いてきたけど、その中の議論でもこういう話は出てきたことなかったように思います。

たとえば罪にならない殺人として「戦争の中での殺しあい」があると思うのです。民主主義を否定する殺人とは、なにかしら、このま逆に位置するようにも感じました。

お玉の思う真っ当な保守の中には死刑廃止論を強く望まれている方もいます。お玉もキンピーさん同様、ほんとはそういう方にお話をうかがってみたい。そんなお題になりましたね。

言うまでもないと思いつつも・・釘ささせてもらいますけど・・いわゆる少年犯罪や凶悪犯罪の話はしていない・・それは別所で何度もしている。混ぜないで議論してほしいな。

ちゅうことで、やりちゃん、論じたい部分があればあと、よろしく・・(結局丸投げかい!!の突っ込みが聞こえる・・)

次の記事は気がむけば書きます~~~^^

スポンサーサイト
 
何度も死刑廃止の話を書く意味。

 死刑廃止論を取り上げれば、何度も何度も同じ場所に立ち返って、議論をしなければなりません・・・・それってすごく大変なんだよね。でもこの問題はネット上に何度も出すべきことだお玉は思ってます・・・・・きっと、だからこそ、村野瀬玲奈ちゃんは死刑制度FAQを周期的にトップ記事に挙げているのよね・・

ネッドさん。

> 冤罪は終身刑でも起こりえます。
> これは運用上の問題であり、制度はあんまり関係ないんですよね。
> 終身刑の途中で死にました。実は冤罪でした。という事も起こりえるわけです。

だから冤罪で死刑になってもいいということでは、もちろんないですよね?
冤罪をなくすための話はまた別記事で書きたいです。

麻原をどうするのか?ということは、もちろんそれだけではなく、残虐な殺人犯のいた多くの国(はっきり言えば、ヨーロッパ諸国や韓国、アメリカの一部地域も含め)がなぜ死刑廃止に動いているか・ということにも絡んできますよね。
全員一致で廃止になんてなるわけは勿論ないよね・・・・・・

長いから読んでくださいなんて言える筋のものではないけれど・・・・ギロチンで公開処刑をしていたフランスがなんで廃止できたのか・・・

喜八ログより・・

バダンテール 死刑廃止演説

シンペイさん AWさん

コストを問題に語るのではまずいですよ。

意外でしょうけど、死刑は終身刑よりもコストがかさむのよ・・・・そんな・・税金かさむから死刑に・・なんて・・そもそも論点に持っていくのはとってもおかしいし・・・・

村野瀬玲奈の秘書課広報室より・・・

死刑制度のコスト

 かといって、AWさんの書かれている後半部分は記事に関係ない、死刑制度と結びつける筋が見えません。ちなみに・・・死刑制度存続している主な国ってあなたがお書きの「シナと北朝鮮」・・まあ、アメリカも一応そうですよね・・・・州によって違うみたいですけど・・あなたのお嫌いな国ばかりではないですか。

で、これもまた何度も書いてるかな?あなた方、死刑制度存続派は国民の8割もの方々に賛同を得ているのです。お玉もすぐに廃止になるなんて思ってない。

でも。だからこそ、死刑にすることですべてが解決するような印象を持たされて、実は再犯防止や被害者家族救済にメスを入れられることのないという部分にも、光を当ててみてほしいです。 

人気ブログランキングへ

 

 ↑↓ ぽちっとよろしくお願いします。

 にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 
死刑を望んで人を殺す人に・・生きて一生をかけて償わせる

死刑制度がちっとも犯罪防止の抑止力になっていないということを改めて感じます・・

あ、一応お玉のところは過去何度も死刑廃止論を取り上げてますので、詳しくはここをお読みください。

お玉「死刑廃止論」カテゴリー

 重い罪に重い罰を与えるための死刑ではあるけれど、死刑になりたいがために重い罪を犯す人も多く、何人もを殺害する事件の犯人が親戚や家族といった内輪の人であることもよくニュースで耳にします・・

相変わらずお玉の死刑廃止論は「自分が大きな罪を犯すかもしれない」と思い、誰にでも何かのきっかけで恐ろしいことをしてしまうかもしれないという考えから、死刑には反対です・・

詳しくはここをお読みください↓

加害者になるかも知れないと感じるとき 

残虐な加害者になるかもしれない 

加害者にも被害者にもならないために・・ 

だったらお前の身内が殺されたら・・という問いかけにはその時はきっと相手を殺したいと思うと同時に、安易に死んで償わせたりさせない・・・・犯人には残りの一生をかけて罪を償ってほしいとも、今は思います。

こんな本が理論社から出たそうです・・

お玉も買います。

きみが選んだ死刑のスイッチ (よりみちパン!セ)きみが選んだ死刑のスイッチ (よりみちパン!セ)
(2009/05)
森 達也

商品詳細を見る

それとこの本もいつもだけれど、紹介しておきます。

犯罪被害者の真の救済は加害者の死ではなく、大切な人を失ったあと、どう生き行くかだとお玉は思うし、政府はそのための支援にもっと取り組まなければいけないと思います。

犯罪被害者の声が聞こえますか (新潮文庫)犯罪被害者の声が聞こえますか (新潮文庫)
(2008/03/28)
東 大作

商品詳細を見る

 人気ブログランキングへ

 ↑↓ ぽちっとよろしくお願いします。

 にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
足利事件 菅家受刑者を見ていて思ったこと・

人気ブログランキングへ

 

冤罪についても、被害者とその家族についても、私たちはふだんそれほど考えて暮らしてはいないのだから・・・・

被害者の家族の声に耳を傾けつつも・・その家族たちの救済措置をもっと国は考えるべきだと切に願いつつも・・

死刑制度は駄目だと思っているお玉は・・・人の生き死ににかかわる裁判では裁判員制度を適応しないでほしいと願います。

犯罪被害者の声が聞こえますか (新潮文庫)

犯罪被害者の声が聞こえますか (新潮文庫)
(2008/03/28)
東 大作

商品詳細を見る

 

 先日書いたとおり、無実なのに、つい、罪を認めてしまう心理というのは結構あるような気がします。
足利事件・・・今の科学が証明してくれたから、無実だったとわかったのよね。
自白と状況証拠で被疑者を追い詰める怖さを改めて感じました。

裁判員制度の怖さも少し感じてる。みんなが賢く冷静かつ公平な裁判員になれるわけではないのだから・・感覚的な部分、感情的な部分で感じるままに罪の重さを考える人達(お玉もそう)がどうやって審判にかかわるのか・・怖いな・・・・・・
 

人気ブログランキングへ    

 
 
してもいないことを認めてしまいそうになる心理
人気ブログランキングへ

 大昔(数十年前)、勉強が大嫌いだったお玉は、小学校の成績もあまりかんばしくなかったの。とくに暗記モノが苦手でねえ・・・覚える気になかなかなれず、社会科のテストとかとっても悪かった・・・・・

 ところがある時に、たしか県庁所在地を覚えるテストだったんだけれど、何がきっかけだったのか、急にとても興味がわいてきて、子供だからそうなると一つのことに集中して覚えるんだよね・・今までとったことのない90何点だったかをいただき、クラスで三番くらいになったことがあるのね。

 ところがさ、それまでお玉はずっとびりから何番の成績だったものだから・・・・クラスメートの何人かはお玉のとった点数に疑問を持ったわけ。

  「あの馬鹿なお玉が急にいい点を取るなんて怪しい…」 

  「ほんと~急に賢くなっちゃって…」

という半分冗談のような単なる話題だったお話から・・・・だんだん疑惑が本気モードへ・・・・

  「お玉の斜め前の席の優等生のまるちゃんの答案が見えたんじゃないの~??」

  「あ、そうだよね、あの位置からだったら見えちゃうかも」

・・・そして、お玉がカンニングしたとのうわさは瞬く間にクラス中に広がったのでした。下校途中、お玉は友人たちの厳しい尋問にあいました。

 なんと、教室の見取り図まで書いて、「まるちゃんの答案を見たんじゃないの?、見たのでしょう??」と責められたの。

 お玉はしてもいないことを認めるわけにもいかず、黙って家まで帰って、それから泣いて・・・・母親が事の次第を知って血相変えて担任に訴えてくれたのでした。

 で、カンニングのうわさを流していた主犯の何人かが呼び出され、ものすごく怒られ(泣くほど)・・結果的にあやまってもらったし・・・・まあお玉としてもそれでよかったのですが・・

 実は、この一連の騒ぎの間、お玉はやってもいない「カンニング」について「私は本当にやってないんだろうか?」とずっと自問自答していたのね

 ほんとはテストの直前に見ていたノートをテスト中に見てしまったのではないか・・?とか、ホントはまるちゃんの答案を無意識に写しちゃったのではないか・・とか・・・・

 現実には絶対にやっていないはずの行為をやったのではないかと考え込む心理って、いったいなんだったのかな?と今でも時々思い出すことがあります。

 小さなことでは、今でも時々あるの。言っていないことを「言っている」といわれたとき・・・やってもいない行為を「やっていたらしい」とうわさされたとき・・ ・・ひょっとして無意識のうちに「してしまったんじゃないか??」と悩みます。

 これ、へんかなあ??だから・・お玉は、無実なのに、ついうっかり罪を認めちゃって裁判でくつがえす言動をする被疑者の気持ち、わかる気がするの。そういう心理状態って、たしかにあるもの

 そんな風に思いもしない強い意志の持ち主のほうが多いのかもしれないけれど・・・・・つい、してもいないことを認めてしまう心理も知っておいてほしいなあ・・・裁判員にもしも選ばれた時に・・・を思っている中でのお玉な一考でした・・・・・・

人気ブログランキングへ  

 

   

 

 
何故人を殺してはいけないのか・・

鍵コメでこんな質問が来てましたので・・一部を抜粋してご紹介・・


お玉おばさんは、なぜ人は人を殺してはいけないと思うのですか?
「そんなの当たり前」と思われるかもしれません。
でも当たり前のことにも必ず理由があると思います。
ぜひ、「人を殺してはいけない理由」を教えてください。
よろしくお願いします。


二年前に実は書いております。
これまた、その一部を抜粋、編集して紹介します・・

お玉ブログライブドア版2006年8月31日 人を殺してはいけない理由

なぜ人を殺してはいけないのか、理由はいろいろ考えられますね。

命というのは何よりも尊いから、

殺されるその人を愛する人たちが悲しむから

法律で決まっているから、

殺すと刑務所に入らなくてはいけないから・・・

でも、お玉が「なぜ人を殺してはいけないのですか?」と聞かれたら間違えなくこう答えます。

「ダメだからダメ、理由なんか、何もない。絶対にしてはいけないことに理由なんて、無いんだよ。」


なぜ、お玉がそう答えるのか、お教えしましょうか。

それはね、

「人を殺してはダメな理由」がある様に

「人を殺しても良い理由」だって、山ほど考えることが出来るからです。

人には殺してはダメな理由が100あれば、殺していい理由だって、100は見つかるのです。理由が無ければ人を殺してもいいの?もしくは理由があれば人を殺してもいいの?いずれにしても答えはNOです。

理由があろうと無かろうと人を殺しては絶対にダメなのです。

こんなやくざなブログ、読んでくれてありがと。  otamaそしてポチしてくれて、ありがとう!

お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 

 
8割が死刑存続派の中で・

ちょっと急ぎでコメントへの返事を・・


東西南北さん。

昨日書くべきだったかなあ・・その書き方では反発招くだけです・・・死刑廃止論を感情で話てはイケナイのは廃止論者も一緒です・・・あなたのその書きようは、一部の死刑存続派がお玉達に突きつけてくる言い回しと同じだ・ それでは何にも伝わらない。相手の意見を否定だけして、自分が正しいと主張する・・それではあなたの正義は伝わらない、反発を呼んでしまう。

くろねこさん。


>現状を変えたければ、どうすべきか?どう説得するか?
という視点があるのでしょうか?

お玉だけでなく、お玉達死刑廃止を訴えているブロガーは、その視点を何度も提示してきたつもりです。そして、時間を置くとまたこうやって同じようなコメントで批判を受け、また一から語らねばならない。くろねこさんですら、「現在の人権派や護憲左翼の態度」と一括りするのですから、こうやって記事にすることのリスクの高さもお察し下さい。
国民の8割が死刑存続・・・という流れの中で、なにを書いても半分も伝わってないのでしょう・・

きっと、論理を振りかざして死刑廃止論にこだわる頑固者にしか見えていない・・そうですよね。

さあ、この続き、なんて書こうかなあ・・・・・・・

追記

くろねこさん

 >後は犯罪被害者や遺族の声に、丁寧に耳を傾ける事が必要だと思います。

 >犯罪被害者や遺族の声が、一番説得力があると思います。

では、あなたにもこの本を読んでいるかと聞いてもよいですか・

犯罪被害者の声が聞こえますか犯罪被害者の声が聞こえますか
(2006/04/21)
東 大作

 http://potthi.blog107.fc2.com/blog-entry-58.html

犯罪被害者の為の法律をキチンと整備出来ている国はEU諸国です。おっしゃるとおり、この被害者救済への視点がなければ、死刑廃止着手にはほど遠いかも知れません・・不思議なのは、このことを教えてくださる死刑存続派の人をお玉は見たことがないことです・・・・死刑存続を訴える方々のうち、どのくらいの人たちが、この犯罪被害者等基本法http://www8.cao.go.jp/hanzai/kihon/hou.htmlのことを知っているのでしょうか・・

 大事なのは被害者遺族の方々の本当の意味での支援ではないのでしょうか?そこをないがしろにして、死刑にすることのみを煽るようなマスコミや世論はたとえ8割の支持があろうと正しいとはお玉は言い難いのです・

加害者の人権ばかりを見つめているわけではありません。

 

こんなやくざなブログ、読んでくれてありがと。  otamaそしてポチしてくれて、ありがとう!

お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 

犯罪被害者の声が聞こえますか犯罪被害者の声が聞こえますか
(2006/04/21)
東 大作

商品詳細を見る
 
過去の死刑廃止エントリーを振り返りつつ・・

死刑廃止論を語ると言うことはこれまで書いてきたことをまた一からなぞらねばならない・・・そういう事なのですね・・これを定期的にやっている村野瀬玲奈さんや今はもういない水葉さんは良くやっていたよなあ・・と改めて尊敬してしまう・・・

お玉も書く限りはそうありたい。極悪戦争犯罪者までをも許容した死刑廃止か?と聞かれれば、やはり「はい、そうです」と答えるしかないのです。もとよりそんな例外よりも、自分の大切な誰かを殺されたとして、「それでもか?」と問われる方がお玉は「つらい」よ・・・・もっと言えば、自分が殺されかけたとしてもそのように言えるのだろうか?その犯罪者が軽い刑でもし開放されても、それでも「死刑廃止」と言えるのだろうか・・・死刑廃止のお話は感情で語ることは出来ないのです。前にも書いたけど、被害者やその家族が今ある制度のなかで死刑を望むのは「当然」です。彼らのつらさを思えば、「当然なのです」

でもね、今ここで議論している、被害者や遺族ではないわたしたちは?

お玉はなんの力もないけれど、出来るならば二度とこんな事件が起らない社会にしたい・・と思うこと、そして「国家」が人を殺すという事の誤り・・冤罪のこと・・・人権のこと・・なぜ国際社会が死刑制度の廃止に向けて尽力しているのかを考えること・・これらが大事だと思うんだよね。

前にも書いたよね。

お玉は自分自身が絶対に「罪」を犯さないという自信がない・・・・加害者にならないと言い切れない・・人は極限状態になれば残虐な事を平気でしてしまう・・・・民族紛争や過去の戦争を振り返れば、たやすく想像出来る・・

人を数人殺すのは残虐でも、数百人単位で殺すのならば、それは「英雄」なんだろうか?

ちがう・・・・絶対にそれは違う・・

加害者になるかも知れないと感じる時 お玉ブログ2007.9.26 

戦場で相手の国のテロリストを殺す。どうしようもなく残虐な方法で・・ヒョッとしたら無関係かも知れない人を、確証もなく殺す。側にいた子供も殺す。女性も殺す。イラクでアメリカ兵が(もちろんすべてではないでしょう)行なっている戦闘にはこのようなものも含まれています。

本国に帰れば、気の良い陽気なアメリカ人に戻る人が殆どかも知れない。この人が他国で無関係かも知れない人間を殺せたなんて、誰もきっと思えない。

もっと書こうか?

お玉は絶対に殺人者になる事はないのだろうか・・・そんな事はないとお玉自身は即答出来る。自分の大事なものを守るために究極に追い込まれれば、人を殺めてしまうかも知れない。それは今世界中でおこっている紛争地域での様子や過去の戦争を思い浮かべれば、想像出来てしまう。

もしもここで人を殺さなければ自分自身が殺される・・という状況に追い込まれたとき、お玉は果たして、それでも理想高く、自分が殺される事を望めるだろうか・・・お玉には無理かも知れない。

もっともっと書いてみようか?

洞窟に閉じこめられていて、食料がなくなって空腹に堪えきれず、隣には死んだ友人が横たわっている・・この時、お玉はその人を生きる糧にしてしまうかもしれない・・・・

鶴見俊輔さんは、戦時中上官に友人か自分のどちらかに明日人を処刑する命令が下ると聞かされ、結局そのときは自分は免れたが、その後あのとき、自分に命が下っていたらどうしたのだろうか・・と自問自答し続けていた・・・という話を良く講演会でされてます。

戦場で人を残虐に殺す事は一種精神がやんだ状態、麻痺した状態に陥っているのだと思う。

お玉はどうしても性善説なので・・根っからの悪人はいないと信じているので・・・・だからこそ逆におもう。

私は本当にどんな状況でも狂わず、人も殺さず一生を終える事ができるのだろうか。

自分が被害者になる想像ではなく、自分が加害者になるかも知れない事を想像しているお玉は極悪で、冷血だからでしょうか?

 

以下、この続きを書いたエントリー

残虐な加害者になるかもしれない  お玉ブログ 2007.9.27

加害者にも被害者にもならないために・・  お玉ブログ 2007.9.28

 

こんなやくざなブログ、読んでくれてありがと。  otamaそしてポチしてくれて、ありがとう!

お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 

 
責任放棄は許さない

死刑廃止や残虐な殺人の話を記事にすると、どうしても「また1から」の死刑問題のコメント欄になってしまいがちで・・まあ、だからといって、数ヶ月も前の記事を読んでくださいなどとお願いするのも厚かましい・・かな?

村野瀬玲奈ちゃんの所でお玉の過去記事(二年以上前)を取上げてもらってましたが・・・お玉ンちも今回は同じく、死刑廃止論のそのときのLooperさんのコメントを再度貼っておきましょう・・・・あっちもこっちも・・・・Looperさん人気者~~~

このお正月、お玉は「死刑廃止」について数日にわたって取上げてました。。。

この時のコメント欄での冷静な議論も見て頂きたいと思うけど、お玉達のいいたいことの多くの部分をこのコメントは語ってくれてます・・

>レイプも誘拐も窃盗も詐欺も駐車違反も・・全て社会にも責任があり、みんなで罪を負え・・ということですか?

どなたかも言われてましたが、生まれつきの犯罪者がいない以上、私たちの社会には、犯罪の生まれる背景を放置し、その人を犯罪者にしてしまった責任が存在するのは当然のことです。
で、実際、その責任を社会が認めているからこそ、刑務所の運営費、犯罪被害者給付金などに税金が使われているのです。その犯罪者を生み出した責任を、私たちの社会はすでに負っています。にもかかわらず、最も責任の重い殺人犯にだけは、なぜかその責任を途中で放棄する・・・その根拠こそ何なのでしょうね?教えていただきたいです。

むしろ、なぜその殺人という犯罪を生んだ原因の証人である殺人犯の言動から、その犯罪の根を探り、2度と同じ犯罪を生まない教訓=被害者の命の尊さを生かす教訓を引き出そうとしないのでしょう?なぜ、その重大な犠牲の上に生かすべき教訓の根を簡単に絶やそうとするのでしょう?犯罪者だけを「死刑」にして、我々の社会がそこから何の教訓も得ず、何も変わらず、同様の犯罪者を生み出し続けていて、どうして被害者の命に報いることができると言うのでしょう?
> それとも、死刑だけが特別なのでしょうか?

死刑という刑罰が、懲役刑とは質的に全く異なる特別な刑罰であるのは論を待たないと思っていたのですが・・・
むしろ、殺人犯にだけ「死刑」という特別扱い(責任放棄)をする理由が分かりませんって話です。

[2008/01/04 00:11]  Looper

こんなやくざなブログ、読んでくれてありがと。  otamaそしてポチしてくれて、ありがとう!

お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 

 
つらい・・無差別殺人・・

命が一番大事などと理想を語ってみても、現実の、リアルな残虐事件があれば、
全てが机上の空論になってしまう・・

秋葉原の事件・・みんなどう思った?
やはりあんな事をしでかしたヤツは死んでお詫びをすべきだと思うよね。
いや、どんな形で償ったとしても被害者の遺族や関係者は許せるわけないよね・・・

さあ、お玉よ、それでもまだ、あんたは死刑廃止論者なのかい?・・・・・・・・・

・・・・はい、ごめんなさい、そうなのです・・・・・

凄惨な事件でマスコミを騒がせたい、あとはどうなっても構わない(死刑になっても・・)
そんな犯罪者が出てきている・・死刑制度が何の抑止力になっていない以上
考えなければいけないのは、こんな輩を輩出しない社会をどうやって作るべきか・・という所だとお玉はおもう。 
その事に着目しなければ凄惨なこんな惨い事件はなくならない・・いや、きっとこれからもっと出てくるかも知れない・・

なあ、お玉の今言ってる事って変ですか?
死刑は犯罪者を抑制する抑止力になっていない・・
第2第3の無差別殺人を止めるために必要なのは
死刑制度じゃあないんだよ。

被害者の家族は加害者に死刑を望むのは当然です・・・日本にその制度がある以上 、死刑を行使して欲しいと願うのは当たり前です・・

でも、それで今後の犯罪率が下がるわけではない、同じような事件がなくなるわけではない
ということを単に、マスコミ報道を通じて事件を知ったわたしたちは理解しないと・・・

なあ、こういう事を書くとコメン欄が炎上するらしいね・・
お玉は素朴にしか物事を考えられない・・
いま、お玉が書いていることって、そんなにへんか?・・・

一応、これまでみんなで頑張っていた死刑廃止の記事・・・

ここに貼っておきます・・

死刑廃止について、リレーエントリー「お嬢さま、玲奈と死刑廃止を考える」

第1回 とりあえず(luxemburg)
第2回 お玉おばさんでもわかる政治のお話(お玉おばさん)
第3回 とむ丸の夢(とむ丸)
第4回 華氏451度(華氏451度)
第5回 doll and peace(ぷら)
第6回 薫のハムニダ日記(ハムニダ薫)
第7回 とりあえず(村野瀬玲奈)
第8回 喜八ログ(喜八)

及びこのお正月にお玉の所で盛上がった議論も・・

お玉死刑廃止論 カテゴリー

 

こんなやくざなブログ、読んでくれてありがと。  otamaそしてポチしてくれて、ありがとう!

お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ                          

   

 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。