2007/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
公園で迎撃ミサイルの訓練

コギトエルゴスムさんから


お玉さんへ 
多分、ご存知と思いますが・・。

『迎撃ミサイル 代々木公園などで展開 9月にも』
http://www.asahi.com/politics/update/0830/TKY200708300385.html

北海道では戦車が一般道を走るようですし、一体、何を考えているのでしょう、安倍カイゾウは!
国民への挑戦としか思えません。


(asahi.com)より


迎撃ミサイル、代々木公園などで展開検討 9月にも訓練


東京都の許可が必要だそうですけど・ソリャア許可を出すでしょう、何たって、テポドン慎ちゃんこと、石原都知事だもん。しかし・都内にある駐屯地でできる訓練を何で、わざわざ代々木公園でするんだろう?


こうやってチョットずつチョットずつ・・・ミサイルやら戦車やらを国民が目にする機会を増やして行く事で、軍事アレルギーを取り除こうとしているのかなあ?


この記事と共にここ数日「レンタル移籍 自衛隊」でお玉のところへ辿り着く方が多いのですが、あれって、任意の徴兵制度をソフトに言い換えたようなモノ?だとおもう。


(yomiuri onlineより)


防衛省、人材確保に民間からの「レンタル移籍制度」


企業が喜んでる 3泊4日の体験入隊と入隊期間が2年間の訓練を一緒くたに考えている若者や企業っていないとは思うけれど・・


そういえば、昔マインドコントロール・・とか 自己啓発セミナーが大流行だったよね・・体験入隊もアレに近いモノではないのかなあ?


参加された企業の方がおられましたら 情報下さいませ。



otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・





スポンサーサイト
 
非戦闘地域なんてやっぱりないよね

だから~~みんな聞いてたでしょう。


非戦闘地域ってどこのこと?って


asahi.com より


「非戦闘地域」政府解釈は非現実的 安保法制懇で意見


自衛隊のイラクでの後方支援への政府解釈は、現実的じゃない。そうよね。小泉さんの「自衛隊が活動している地域が非戦闘地域」(まぜたさんより が ではなく 「は」だったとご指摘あり・・確かに微妙に違ってきますねm(_ _)m)なんて馬鹿な事を繰り返し行っていた頃・・マスコミの中にあの発言を真剣に「おかしい」といってくれたところ、あったっけ・・・・


非戦闘地域なんて、お約束事を取り交わしたような場所、はじめからあるわけないでしょう。


で、いまさらあの解釈は非現実的だから国際社会にあった解釈をしよう・・などと、よくもよくも、言えますね。首相の私的諮問機関 と言う名のお友達達は・・・


やっぱし相変わらずです、安倍総理・・


安倍首相は「後方支援のあり方についてこれまでどおりでよいのか。国際平和協力の今後を考えていく上で重要な検討課題だ」と言ったそうで、やっぱりあなたの思う国際平和協力って武器を持ってアメリカの手先として他国へ行く事だったのね・・・


で、今の憲法のワクではそれはできない・・ならばやっぱり憲法九条を変えて、自衛隊に武器を持って行ってもらおうと・・・・


九条があるからこそ、他国で信頼してもらっているという事実をなぜ見ないのかな?


安倍総理の心の中に・・このままなし崩し的に自衛隊を派遣し続けるうちに、なにか自衛隊員の命に関わる自体が起ればいいと思っているのではないでしょうか?


・・・現憲法の元 自衛隊員になられた方々です。今更憲法解釈を変えてまで派遣し続けて・・・それって一種詐欺のような気がしてお玉はなりません。


自衛隊の皆さんが早く何事もなく日本へ帰国して欲しい・・・お玉の願いです。


明日は手に入れた「心のノート」中学校編を元に国際協力を語ろうっと・・・


otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



 


 
Wikipediaをお役所が編集

お玉のブログも結構、大学や職場から楽しんでくださっている方が多く、某大手企業や某大学の関係者がかれこれ二年近くも見てくださっていたりして、ホントにホントにありがたく思ってます。


 官公庁の方々も結構遊びに来てくださってるって、最近知ったのですが、(特に年金問題以降)お玉な記事を読んでもあまりお役に立てないだろうなあ・・とこれまた申し訳なく。(^^;)でもきっとコメンテーター達の議論の行方をのぞいてるのかもね・・


Wikipediaを企業や官公庁が編集していたと TBくださった、Saudadeな日々さんのところで知りまして。


総務省や文科省もWikipediaを編集していた 「WikiScanner」日本版語版で判明


以前からWikipediaってどこまで信頼出来るのかしらん?と感じてはいたけど・・まさか自分の所轄を自画自賛書き込みしたり、都合の悪い事を削除したりしているするお役所職員がいたとは、驚きました。まあ、だれでも書込めるんだから、かまわないですけど・・・


官公庁の方はお仕事として、こういう事をされてるのかも知れませんね。でも、ちょっと、むかつく・・・


また・・・アダルトゲームやガンダムについて農水省や厚生省の職員さんが書き込んでるってのはいかがなモノかとは思います。


・・・と、ここまで書きつつ、こういうWikipediaを編集した事をたとえIpだけとはいえばらしちゃうのは、まずいような気もしてます。個人の尊重の面から見て、どうでしょうか?>津久井先生・・


こんな風にIPさらされて公の場に出されてしまうという事は、自由にネットを楽しむ事の制約につながるとお玉は思うのです。考えすぎでしょうか?今はこの程度の事。素人にはちょっと笑える?話ですけれど、ネット上での言論がどんどん制約されていくための一歩のようにお玉は思えてます・・・


otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



 

 
皆既月食と安倍政権支持率

月食


昨日の月食。神戸はずっと曇り空で皆既月食の赤い月を肉眼で見れませんでした。残念!!やっとお月様を見られたのは20時40分頃からでした。


月を眺めているとなぜだか、中島みゆきの「お月さま ほしい」が唄いたくなる・・・(カラオケしたいって事じゃあないよ)


君に何か渡したくて 


何かないか 何かないか 探し回ったんだ


夜中の屋根でねこは跳ぶ 呼んで跳ぶ 泣いて跳ぶ


夜中の屋根でねこは跳ぶ 呼んで跳ぶ 泣いて跳ぶ


君に送ってあげたいから お月さま ほしい


おお!!やっぱり みゆきはいいな。








ララバイSINGER ララバイSINGER (2006/11/22) 中島みゆき 商品詳細を見る


 安倍さんの支持率がちょこっと上がったそうで・・なぜ昨日の今日なときに、国民に支持するか聞くかねえ?


お玉は、まだいろいろ評価する時期ではないと思うのよね。


なんにもやってないんだもの。


otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



 

 
青少年と語る平和サロン







 先日は中学生と高校生を囲んで平和サロンをしました。  その中で、防衛大に入って自衛官になって、・・でも今のアメリカのポチしてる日本政府が大嫌いなので、クーデター起して政府転覆狙う・・・という本音(夢??)を語るまじめ~~な純情少年の親御さんが息子の進路を心配してつれてこられたのですが・・。 この少年と親御さんの許可の元、今日は、少しだけそのときの話をしましょう。 



ランキング参加してます。どうかポチットお願いいたします。m(_ _)m 


   


・・・・13歳で海軍に少年兵として参加していた私たちのお仲間と戦中の話で意気投合して、何やらお玉の知らない飛行機や魚雷や戦艦の話に花が咲いてました。


  進学校に通う彼は、学校で軍事や戦争の話を聞いてもらえるお相手が一人もいなくて、「さみしかった」らしい・・・ 彼の得る情報は非常に詳しいし、愛国心も旺盛だったので、かなりネットで調べたのかと思ったら、そうではなくすべて図書館の本からの情報だった。 そういえばお玉のブログにも以前から図書館でいろいろ調べて軍事や政治を語ってくれてる右派系の大学生がいたなあ・・などと非常に感心した。


・・・    今回の平和サロンは海軍に参加して戦争を見てきた方に体験を語ってもらう会だったので、平和について、九条について、軍隊とか自衛隊について。。。お玉はあえていろいろ言わないようにしてたんだけど、お玉の友人が「飢えた苦しみや戦争中の苦労も知らず、本を読んだだけで決めちゃだめだ。偏った情報しか入れてないんじゃなあい?」と 突然語った。今までこういう会に一度も参加した事のない友人だが、自分の家族や親戚が中国からの引き上げや戦中戦後の食糧難でいかにひどい目にあったかを切々と語り、「兵隊のつらさもだけど、庶民の戦争によって引き起こされるつらさも、もう少し知って欲しい」と目に涙を浮かべて語ってくれたのがお玉の心には響いた。 ・・・少年には果たしてどうだったかな?


 でも、爽やかな笑顔で「またお話聞かしてもらっても良いですか?」と帰り際に言ってくれたのがなによりうれしかった。   まだまだ手探り状態の会で、今後どのようにしていくか決めかねてはいるのですが、子供達に「上から目線」ではない、もっと気軽に平和と戦争の話を聞いてもらえる会にしたいとお玉は考えてます。 


otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



 
舛添さん、入閣しちゃったねぇ・・・・

たくさん来るわけではないけど、記事違いコメントは表に出しません。なんで、「書きたくなっちゃうのかな?」


幹事長は麻生さんで決まりですね。そっか・・これからはこの人がマスコミの前に出て、がはがは言いながらお答えくださるのねえ・・・


ふと思いついたお玉な疑問


きゃ~~政治ブログ二年もやってて、今更ながらの疑問です。


・・・幹事長って何をする人??


恥ずかしいのでひっそりと調べてみました・・


そしたら、こんなの見つけた。


知っててあたりまえ?「みんなの政治」でこっそ~りお勉強しましょう


幹事長や政調会長って何をする人?


http://seiji.yahoo.co.jp/feature/promo1/what/6.html


ここを読みますに、「総裁は総理としての公務があるため、忙しい総裁に代わって、ナンバー2である幹事長が、党を取りまとめる役割を行っているのである。」


もっとも重要とされるのが、選挙対策。誰をどの選挙区に立てるのか、候補者を調整したり、資金の調達や配分などを取り仕切っている。選挙はまさに党の命運を握る一大事。その選挙で勝つか、それとも負けてしまうのか、幹事長の手腕が試される時なのでだ。また、総務局や人事局、経理局など党の組織を統括しているので、党の意見をまとめる力も求められる。さらに、マスコミに出ることも多いため、スポークスマン的な役割も担っている。


なるほど・・


では政調会長は


政調会長。政調会長は正しくは、政務調査会長といって、自民党内にある政務調査会の運営を担当している。政務調査会というのは、政策の研究を行ったり、立案を行うための組織で、党の議員や総裁が委嘱した学識経験者で構成されている。自民党の政策といえば、もはや国策といっても過言でない。もちろん、自民党の政策がそのまま議会を通過するわけではないのだが、たたき台となるのが現状。そんな自民党の政策部門の最高責任者が政調会長なのである。


 


そうかあ・・政策のたたき台を作る場所、この責任者なのね。そして先ほど出てきた新自民党執行部は・・・・


早くも「親友執行部」などと揶揄されておりますねえ。


麻生さんはマスコミにどんな対応を「していくのか、確かにお玉も興味はある。ワイドショー的なしゃべりもできそうだから、また「受け狙い」のパフォーマンスにマスコミが踊らされないか・・それがチョット心配だけど。


でな事をちまちまと昼から書いているうちに・・・・舛添さんの入閣決定・


そうですか・・お玉は正直「やられた・・」と思ったよ。だってさあ、この夏あれだけ安倍さんを批判していた人です。この人の入閣という事は、マスコミも今後しばらくは連日のように取上げていくでしょう。


この人、介護問題では確かにまともな正論言ってるように、お玉も思うけど、(今後要チェックね)こと改憲問題に関しては、すんごくベタでして・・時々、うちの常連改憲派の中に舛添さんがいるんじゃあないかと思うほど・・・(^^;)


法学館憲法研究所HPより


舛添氏の改憲論とその問題点


てな事を書いていると~~コギトさんと村野瀬さんからナイスなコメントが届いてました!!さすがだ、お玉の抜けているところをきっちり埋めてくださる。


そうだよなあ、片山さつきに是非入閣して欲しかったです>村野瀬さん


そして、お玉なところだけを読んでいる場合ではございません。どうかどうか今宵はじゃんじゃんTBして下さいね>政治ブロガー各位様


とりあえず


日本がアブナイ!


読んでくださいね。


otamaFC2政治部門で二位になりました~~皆様感謝ですm(_ _)m


人気ブログランキング政治部門は25位~26位とちょっち落ちてますが、いいの!お玉は3年後の憲法改正発議問題の時までここでコツコツお玉なブログを続けてる・・・


お玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



 

 
安倍さんへ贈る五つの反省・・朝日新聞

らんきーブログさんもおっしゃるように、なぜだか、どうしてだか、お玉ンちも土日になるとお客さんが減ります。平日お仕事の合間にのぞく方が多いのかなあ??


なので、この話題も本当は明日の方が良いかな?と思いつつ・・・でも旬のうちに出したいのよね~~~


今日の朝日新聞の社説、なかなか良かったよ。


首相へ贈る「五つの反省」 内閣改造を前に


http://megalodon.jp/?url=http://www.asahi.com/paper/editorial.html&date=20070826112156


一、人事の重さを知る


一、危機管理の能力を


一、言葉に責任を持つ


一、基本路線を見直す


一、おごりを捨てる


だって!!きゃ~~これってどれもこれもお玉ら政治ブロガーがここ一年言い続けた事ばっかりですよね。でもこの社説を安倍さんに見せても、最後まで読んでくれないかも・・・・なので、もチット、安倍さんに分かりやすく書いてみると・・・


お友達内閣はだめよん。


不祥事を起さなかった政権なんか過去にもないけれど、大事なのはそのときの対応だよ。


大人なんだから、自分のしゃべった事には責任持とうね。その場の雰囲気でしゃべるのはそろそろヤメなよ。


安倍さんの元で改憲をしたくないと言う人が多い事にそろそろ気がつこうね。あなたの基本路線は国民に理解されてません。


安倍さんの号令で、17回も強行採決やってこのしっぺ返しは、覚悟しましょうね。


 


最近お玉が安倍総理を見ていて思い浮かぶテーマソング・・


それは巨人の星


「思いこんだら~~試練(政治)の道を~~行くが~~男(首相)の~~ど根性~~~」


・・はスポーツだけにして欲しい・・・・安倍氏にとっての試練を根性だけでどうにかする事はもはやできません。エエ加減、気がついたはずですが。。内閣改造と秋の国会への国民の注目度はきっと高いよ。居座り続けてさえいれば、また風が吹いてくるのでは・・・などともしも考えているとしてら、甘い・・・・・


お玉は民主党の小澤さんの頑張りだけでなく他の党首や議員達の発言にもずっと注目していきたいです。誰が本当にお玉達の気持ちを代弁してくれているのか・・・


安倍政権で改憲は許さない。


誰が首相になっても改憲はさせない・・・


otamaFC2政治部門で急上昇!皆様どうもありがとうm(_ _)m


お玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・


 
懐かしのラムネ瓶

暑い!!熱い!!暑い~~~~!!!


こう暑くては、根性なしのお玉は「暑苦しい」安倍総理の記事なんぞ、どうしても書く気が失せちゃって~~すみません、うちに来る素晴らしいトラックバック先の記事をどうかお読み下さい・・・


(うちはお玉な記事よりも質の高いモノを求めたい人のための、トラックバックセンタ~~)


 


ということで・・今日はgegengaさんの懐かしのたまごアイスネタに刺激されまして


ラムネのお話・・・


先日テレビでもう継ぎ目のない一体型のビー玉の入ったラムネ瓶は製造されていないので、飲み終わった瓶を回収して大事に使っているというお話を見ました。


もともとはあの瓶はイギリスの発明品だったそうで・・(レモネードが入ってたの)その後日本人が輸入品に改良を加え、日本独自のラムネ瓶を作り出したそうです。できた当初は輸入元のクレームにあいかけたようですが、その出来にすばらしさにクレームを取り下げたそうな。


瓶を逆さまにして炭酸ガスの圧力でビー玉によってフタをする・・そうですよ。


ビー玉って言い方はもともとラムネに使える玉の事を「エエ玉」(A玉)と呼んでいたそうで、使えないカラス玉をビー玉(B玉)と呼んで子供達のおもちゃ用に売り出していたことから付いた名前だそうです。ま~~こういう全く政治に関係のない蘊蓄ってお玉だ~~い好きだわ。


トンボ飲料HPよりhttp://www.a-ramuneya.co.jp/tomboland/feature/01.html


ああ!!なんか突然の飲みたくなるんですよねえ、ラムネ!!


ラムネの売っているうどん屋さんが近所にあるんだけど、まさか、ラムネの見たさにいけないよなあ・・



ramune


キリンビールのレトロ型瓶に憧れるのと同じでしょうか・・(え、全然違うって?)


そしてお玉は今から9月9日の「ひろげよう!9条の心」の街頭宣伝活動へ・・・


9.9


otamaFC2政治部門で急上昇!皆様どうもありがとうm(_ _)m




お玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・





 

 
こんなイベントあります

 つくい先生も宣伝して下さってますが~~~チラシをペタ!!


ちょっとでかい!!けど、お玉達兵庫県の九条の会が総力上げて取り組んでいるので、ちょっと紹介しておきましょう。


9.9


辻井喬さんは,本名が堤清二さん。セゾングループの元トップだったお方です。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


堤 清二つつみ せいじ1927年3月30日 - )は、日本実業家セゾングループ(旧・西武流通グループ)の実質的オーナー。文人社長としても知られ、小説家詩人辻井 喬つじい たかし)の顔を持つ。財団法人セゾン文化財団理事長。日本ペンクラブ常務理事。日本文藝家協会常務理事。マスコミ九条の会呼びかけ人、憲法再生フォーラム共同代表、日中文化交流協会会長。中央大学より博士


どんなお話が聞けるのかとっても楽しみ~~~と思っていると、津久井弁護士のブログコメントにゴンベイさんのネタ晴らしコメントでこんなのみっけ。


「東京新聞:試される憲法:詩人・作家 辻井喬さん 紋切り型では9条は守れぬ(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/consti/news/200611/CK2007051002115071.html


近畿地方お住まいの方々!!ぜひ神戸まで来てね。


今回もお玉は会場のどこかでお手伝いしております。


otamaFC2政治部門で急上昇!皆様どうもありがとうm(_ _)m


お玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・


 
安倍総理、パール判事と会ったのね。

お玉な投票 「九条の会に入らない理由」


http://なんか、投票レンタルがうまいこと作動していないみたいですm(_ _)m ポチのできない方はこちらからやってみて下さい。


 http://vote1.fc2.com/poll.php?mode=browse&uid=1631781&no=1


 


わ~~~ランキングへのポチッとみなさま、有り難うございます。だんだん以前のペースに戻ってきたワン。これからもポッっとに元気をもらいつつ、お玉頑張って行きます~~



う~~~~~ん、また物議かもしだしの記事かなあ・・・・


お玉は死刑制度に反対の立場をとっているので、いろいろ突き詰めていくと東京裁判で戦犯を死刑にした事はやはりおかしかった・・・・と感じてます。


靖国合祀のはなしやら歴史認識の問題では多数右派のブログの方達とは絶対に合意出来ませんが、いろいろ知っていくうちに東京裁判はチョットおかしいよね、と感じてました。


なので、先日放送のあったNHKスペシャル「パール判事は何を問いかけたのか~東京裁判の知られざる攻防」は とても興味深く見ました。


東京裁判のやり方にたった一人反対したパール判事が、実は「平和主義者」であり、その観点から法の精神に照らし合わせたとき、戦後に作った事後法で裁判するのはおかしいと全員無罪だと訴え続けます。


パール判事がそういう人だったとは、恥ずかしい事にお玉はちっとも知りませんでした。tだ、A級戦犯者が無罪だったかと問われればそれは違う!!と思うけどね。


で、昨日安倍総理はこのパール判事の息子さんに会われたそうで・・・・・・・・・


彼はきちんとNスペを見たのだろうか??


パール判事は厳しく日本の戦争責任については述べているし、許されざる行為だと思っていた。このことを安倍君がどう感じてパール判事の息子さんに会われたのか・・コメントして欲しいとお玉は思う・


おいおい、産経新聞さん、そこだけ評価するのはおかしいとお玉は思うんだけど・・ミスリードってこういうのを言うのでは?パール判事が日本の戦争責任についても厳しい評価をしていたとなぜ言わない。政府筋「「判事は戦中の日本軍の行為は厳しく批判している」として、今回の面会が東京裁判に疑念を示したり否定したりすることにつながるものではない」と言っているのに・・ここを取上げない産経さんって・・やっぱお玉は好きじゃあないね。


~~~そして、昨日、また3人の死刑執行がありました。


時々書いているように、お玉は死刑廃止論は感情で論議するモノではないと思っているので・・・・


お玉ブログ 死刑廃止論カテゴリー


        死刑廃止論リレーまとめ


otamaFC2政治部門で急上昇!皆様どうもありがとうm(_ _)m


お玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



 


 

 
マガジン9条携帯ストラップ(お玉仕様)

FC2ランキングの政治部門で急上昇しました~~みんな、ありがと。で、あそこのランキングって、上位はトップページごと紹介してくれるので、表示されるようにFC2の公式壁紙に変更してみたけど・・・表示されるかなあ?だめだったら元のモノに戻します。


けさFC2に相談のメールをしたら速攻でサムネイルをいじってくれました~~仕事が速い!!感動~~お陰でお気にの壁紙がトップページで、ランキングに表示出来ました~~


さて、昨日からの九条の会に入会しない理由のアンケート・・・・・


コメント必項にしちゃったからか、まだあまり集まってないけど、やはり理由がいろいろ知りたいので、このままの仕様で行きますね。別にお名前やIDなどが表示されるわけではないので、お気軽にお答えください~~~m(_ _)m


なんか、投票レンタルがうまいこと作動していないみたいですm(_ _)m

ポチのできない方はこちらからやってみて下さい。

http://vote1.fc2.com/poll.php?mode=browse&uid=1631781&no=1



昨日のコメント欄でピンキリさんが良いアイディアを出してくださってます。


署名運動を行うよりは、9条の文章を格好良くデザインしたTシャツを日本各地で売ったほうがアピールになると思います。
Tシャツを入れた袋のなかに、わかりやすい解説と9条の会のアドレスを印刷したリーフレットを入れておきます。

なんてことはなされないのでしょうか?

わたしは9条マガジンのストラップが欲しくてたまらないんですが、
どうして通販してくれないんでしょうね。

グッズが目立つようになれば9条の話題が出やすくなり、関心も高くなると思いますが。

駄目でしょうかね・・・。


 


マガジン9条

へへ・・携帯ストラップについては実はお玉もマガジン9条に提案させていただいたことあります。で、実際にお玉が自分で作って売りさばいてます~~(マガジン9条編集さん公認)


マガ9携帯ストラップの作り方(2006.12.28)


こんなの


携帯ストラップ1
携帯ストラップ2


どうでしょう?良かったら参考にしてね!!


otamaFC2政治部門で急上昇!皆様どうもありがとうm(_ _)m


お玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・


 
9条の会に入らない理由

gegengaさんところで9条の会の話が出ていたモノで・・・・


「9条の会」の皆さん、ごめんなさい


右横の投票アンケートを作ってみました。。なぜ、9条に入会したかよりなぜ入らないかの方が大事だと思うんだよね。それを知る事で改善点も見つけられると思うのだ。


一応お玉のところはおしゃれに若い人にも聞いて頂ける「9条の会」を目指しているんですが・・・


サロン・ド・北神戸「九条の会」


gegengaさんのところでも書いたのだけれど、若向きには人気のない署名の集め方でも、お歳を召された方達にはウケが良かったり、驚くほど署名してもらえたりという現場の状況も知っているので、一概にどんな方法が良いとは言えないんだけどね・・・


でも50代までの若い人たちにどうやったら関心を持って9条の会を見て頂けるのか・知っておく必要を感じます。


アンケートといっても統計をとるのは目的ではないので、もっと付け足した方が良い項目があったらご意見出してください。m(_ _)m


 








 


なんか、投票レンタルがうまいこと作動していないみたいですm(_ _)m

ポチのできない方はこちらからやってみて下さい。
http://vote1.fc2.com/poll.php?mode=browse&uid=1631781&no=1



otamaFC2政治部門で急上昇!皆様どうもありがとうm(_ _)m

お玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



 
どこからがバッシングなのか

お玉が書く事では ないのかもしれない・・


なんせ、某MLなどで結構もめてるのも見てきましたし、左派右派問わずして、かなり強烈に批判を展開されてるし・・・こりゃあ、炎上覚悟かな?



でも書かずにはいられない。


そう、それは朝青龍問題


怪我をして休んでいる間にモンゴルへ帰った。そこで中田ヒデも参加するサッカーの親善試合に出て欲しいとお願いされたのでその場の盛り上がり(いや、もともとそういう予定だったのか)で出て、結構走り回った・・


最初どこぞのワイドショーが美談?として放送・・でもその後、怪我で休場中に走り回ってゴールしてこけて笑いをとるとは何事だ(ここまでは言ってないか?)という論調が出始めて、そこから一気に謹慎処分・・・・・


お玉も正直、日本帰国後におしかりを受けるのはある程度予想出来た。


問題は外野のマスコミやわたしら国民の反応・・・・


いま、朝青龍の悪口言うのって、とっても受け入れられやすくなあい?


まるでみんなが相撲協会の偉いさんみたいに・・


過去のいろんな問題を総合して今まで言えなかった事をここぞとばかりに叩いてなあい?


朝青龍が外国人だから差別だとか、そういう論調でモノを言う気はお玉にはさらさらない。でもさすがにもういい加減にしたらどうかなあ?


彼自身の素行や練習の様子さまざまな疑惑・・お玉はマスコミが流す程度にしか知りません。それが仮に本当の事だったとして、それでも書かずにはいられなかった。だから書いてます。


精神的な病の治療について。それを医者以外の人間がどうのこうのと決める事は明らかにおかしい・・朝青龍サイドの医者だけでなく相撲協会側の医者もモンゴルの帰国をすすめているのに・・何で、そこまで追いつめるんだろう。怪我や内臓疾患による病ではないのに・・


たぶん、同様の事が日本人力士におこっても、同じ扱いなのだろう。でも、精神的な病に関しては、その本人が一番くつろげるところで静養しなくては直るわけないじゃないの・・・


秋場所終わるまで日本に滞在かぁ・・・大丈夫かなあ。朝青龍。


お玉は、朝青龍が相撲を続けられるかどうかよりも、一人の人間として、彼の精神面の方が心配だな。


 


わ~~今日は誰もポチしてくれないかも~~~


otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・




 
ねえ、安倍総理・・・

 


わ~~~皆様、たくさんの引っ越しお祝コメント!!感謝です~~~(*^_^*)


相変わらずお玉なブログで、博識なところはな~~んにもないけれど、これからも、どんちゃか、楽しんでね。(ってここは、まじめな政治系ブログじゃあなかったのか・・・・)



さて・・何ですか、選挙後はやっとまわりの指摘に気がついたようで、あの嫌らしいカメラ目線はおやめになって、あれほど使いまくってすり切れちゃった「美しい国」という言葉もお使いになるのを控えているのですねえ・・・


そもそも安倍総理の考えている美しい国ってこういうのだったのですね。


8月19日22時2分配信 毎日新聞より


首相が定義する「美しい国」は


(1)文化、伝統を大切にする


(2)自由な社会を基本とする


(3)未来へ向かって成長するエネルギーを持つ


(4)世界に信頼される


――ような国(昨年9月の所信表明演説)。それを踏まえ、「教育再生」諸政策や憲法改正に向けた国民投票法制定などを手がけたが、多くは野党の反対を押し切って実現させた。


 


そうでしたね。こういうつかみ所のない「立派な物言い」がいかに「怖い」かと言う事をお玉はこの一年で思い知りました。ソリャア今となっては支持率もだだ下がり、小泉以来の新しい自民党にもかげりは出てきてますが、ここまでの間にお玉達は絶対に安易に通してはいけなかったはずの「教育基本法改正」や「国民投票法」を強行採決という、どうしようもなく国民弱者の意見を置いてけぼりにする方法で可決されてしまった・・・


どんなやり方でも相手にとって「勝ちは勝ち」みたいな・・・そういう怖さをお玉は感じるよ。以前友人に「政権ひっくり返ってもこの法律は変えられないの?」と聞いた事があるんだけど、いったん決定されたモノがそうそうコロコロ変えられない(そりゃそうだな)らしい・・・・


 


ねえ、安倍総理・・


文化、伝統ってこの60年間の平和や歴史観を否定する事?


自由な社会って大企業の足かせ外して自由に儲ける事のできる事?


未来に向かって成長するエネルギーって9条変えて他国へ武器持って自衛隊が出せるように成長した日本ってことかな?


安倍さんが信頼されたい世界って結局アメリカだけの世界じゃないのかなあ??


お玉達はこんなに政府批判をしてはいるけれど、みんなそんなに大それた事は望んでいないよ。


アメリカの方ばっかり見てご機嫌とるのをやめて欲しい。


大企業の方ばっかり見てないで、働きたくても仕事にありつけない人達の事を知って欲しい


そして・・・9条変えたいあなたの親族のどなたが、戦争の最前線で戦いましたでしょうか?被爆された方はおられますか?沖縄戦に巻き込まれた住民の中にあなたのおじいさまのお知り合いはおられましたか?


あなたの見ている美しい国はお玉の見ているそれとはちがう。あなたの見ている美しいモノがお玉には濁って見えている。ただ、それだけ。だからこんなブログを続けてる。


あなたの望む憲法改正になんか絶対しない。


たとえ、首相が誰に替わっても憲法改正なんて絶対に認めない・・させない・・・・


otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



 


 


 

 
戦争展の後援おことわり・・・

文章書いている最中に某人気ブロガーから電話があり、ルンルンと話していて~うっかり別のページをクリックしたら~~・・・・・・きゃ~~~文章消えちゃった~~~~(T_T)


そうか・・ライブドアみたいに書きかけの記事を自動的に保存してはくれないのですね・・・(T_T)


モチベーションが一気に下がり、しょうがないので、全く違う話を書こうと思います。


 ヤメ蚊さんところで詳しく書かれていましたが、千葉県野田市が戦争展の後援を断ったお話・・・いえ、断られる可能性ってお玉達もいつも考えてますよ。でもさ、あからさまにこんな理由で断ってくるとは、ヤメ蚊さんもおっしゃるとおり、全国の市町村団体、公務員へのプレッシャー以外には考えられません。


憲法改正の手続きを定めた国民投票法の「公務員による地位利用」にあたりかねないこと


が主な理由のようで・・おいおい・・・チョット待ってよ~~いつ憲法改正の「発議」がされたんだよ~~~~~


もう少し詳しくお断り理由を書くと・・・


asahi.comより。


後援申請を受けた野田市は7月、後援しないことを決め、実行委に文書で通知した。理由は(1)9条改正反対を訴える内容が含まれ、政治的傾向が顕著(2)発議可能となる3年後に国会で9条改正が発議されるのは必至で、どのような考えに基づく行事でも後援するのは公務員の地位利用につながる、というものだった。


・・だそうです。


そうやっているうちにこれから、どんどん、どんどん・・わたしらが平和や原爆や沖縄や9条を語る事を拒否していくんだろうなあ・・


でもさあ、発議もされていない事をされると確信して断って当然だという「理由」に上げてくるところがお玉には納得出来ないなあ。戦争展の催しなのに・・このままじゃあきっと野田市では戦争関連の映画なんかもこれからは教育委員会が後援とかになれないんじゃないかな?9条の会が主催もしくは関わっているだけで断られるような時代ももうすぐそこかも知れない。・・・今だって9条の会という名前でちいさな施設借りるとき、借りづらい事があるもんね。


9条の会は政治団体じゃない。なのに、9条を守ろうとを語る事が「政治」に関わる事だと思われる・・もともと憲法ってそういうたぐいのモンじゃないはずなのに。


う~~~まだお玉、本調子じゃないな。


まあ、ぼちぼちと書いていきましょう。


otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



 


 

 
帰ってきたよ

ただいまです。


ほぼ一週間近くをテレビとネットから遠ざかって生活していたので、ちょっと浦島太郎(はなこ)状態です。日本の伝統とか文化とか自然とか・・・そういうモノを大事に守っている場所で過ごした時間は本当に楽しく貴重な体験でした。まっすぐ高く成長する木々を抱いている山々や、美しい川の流れを見ていると、何か神々しいモノが確かに存在するような、心洗われる気持ちになったよ。


さあ、きのうからFC2へ本格的に引っ越しました。


早速たくさんのコメント頂いて、とてもうれしいです!とくに嶋君、引っ越し準備中に気がついてくださってサンクス!


ちょっと人気ブログランキングは下がっちゃったけど、平気平気(*^_^*)


またコツコツと頑張って記事更新していきます。


今日もお仲間の9条の会でおもしろそうなイベントがあるので、お昼から出かけてきます~~


お玉は改憲派のコメントや記事批判、反対意見もなるべく表に出すようにしてますが、その代わり、コメント欄でお玉がお返事する事は滅多にありません。このことが本当はとても申し訳ないのだけれど、今までの経験から、議論の盛り上がりには管理人のお玉がいろいろ口出しするより、コメンテーター同士の意見をお聞きする事ができると分かってますので、今後もこの方針で行くつもりです。まあ、お玉の能力的に書けない事多いしね・・・(爆)


お玉基準は相変わらず厳しいです。文句がお有りの方は、どこぞ、別所お玉批判系ブログ、もしくはお仲間の掲示板などお書き下さい。m(_ _)m


otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・



ブログピープルのランキングの方は一時お休みします。幾つもポチッとをお願いする事は申し訳ないし・・・ではでは今後ともお玉おばさんでもわかる政治のお話 をどうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m


 

 
お引っ越し完了

きょうから本格的にこちらへ引っ越しています。


以前の記事は


お玉おばさんでもわかる政治のお話 ライブドア版


http://otama.livedoor.biz/


でどうぞ!!


 


しかし~~今週はずっと山奥にこもっていたので、政治ブログ界から忘れ去られてないかチト心配です・・・実はまだかえってきてないのです。多分昨日の大花火大会を見て、その余韻に浸りつつ車で家路にかえるとちゅうかとおもいます・・・・・・・・


 


本格的には明日から稼働します。


いつも、皆さんのポチッとに勇気を頂いてます


otamaお玉、人気ブログランキング政治部門に登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい・・・


 
命の重み

お玉、多分今頃は川辺でごろ寝中・・かな? 旅行の間、お玉にとって思い出深いエントリーを再掲載してます。 今日は高遠菜穂子さんの事を書いたものを紹介しましょうね。 マスコミが伝えない報道の壁(2006.4.1) みんなの応援があるからコメント欄は閉めないぞ(2006.4.3) この二つのエントリーのあとに書いたのが「命の重み」でした・・ そしてこの記事のあと最後に書いたのが イラクのお父さん達はなぜ車を止めなかったのか(2006.4.4) このころはまだ、コメント欄の「炎上」が怖くてびくびくしながら記事を書く事もあり、思えば「かわいかったよなあ!お玉・・・」(^^;) 現在のお玉はかなりなわがままなブログ運営ですので、あのころよりも正直言って、お玉基準でコメントは表に出せない場合も増えてます。どうかあしからず・・でも普通に丁寧にコメント下されば、まず削除なんてあり得ないんだけどなあ・・・言いっぱなしの1行コメントや明らかに攻撃性を感じるものは悪いけど、表には出せません。 


いつも、皆さんのポチッとに勇気を頂いてます


 


命の重み(2006.4.4)


みんな、遊びに来てくださって、ありがとう。<(_ _)>


人気ブログのポチの数と心優しいコメントの数々から勇気を頂きながら、
高遠さんのことをもう少しだけ書かせてください。

高遠さんだけではなく、普通の市民達を助けるために各国からイラクへ入国している若い人たちが大勢います。ファルージャへの攻撃で立ち入りが全面封鎖になった時も逃げ遅れた子どもや女性達、病人を救出するために民間のボランティア団体が救急車でファルージャ市内へ決死の覚悟で入っています。
救急車は自爆テロを疑われて米軍に攻撃されやすいのだそうです。なので、窓際に金髪の女性が座って「わたしたちはイラク人じゃない、ボランティアのものだ」とアピールして、道を移動したりしたそうです。それでも米軍に撃たれることがある・・・・ファルージャで身の危険を感じるのはイラク人といるときではなく米軍と遭遇したときだったと高遠さんは話されてました。なので、なるべく米軍と遭遇しないようにイラクの人にかくまってもらいながら移動したこともあるそうです。

人にはそれぞれ守るべきものがあっても、ある時その枠を超えた場所で・・そこが「危険な場所」であったとしても、どうしても救いの手をさしのべることがやめられない、そんな気持ちになれる人が世の中にはいらっしゃいます。

私たちだって身近な例では11年前の阪神大震災の時。デマとはいえ、震災後にもう一度大地震がくるかもなどといわれながらも、遠いところから援助に来てくださったたくさんのボランティアの方々。お玉は関西(しかも結構やられた地域に身内が住んでます)ですので、本当にありがたかったです。
ボランティアを「好きで」「勝手に」やっている行為だととらえる方がおられるのでしょうが、(だから何かあったら自己責任なんですよね)ちょっと待って欲しいなあ。イラク周辺地域に自ら行っている人たちは、人の命を救いに、もしくは真実を見て、それを私たちに教えてくれるために行ってるとお玉は思う。彼らが行くことで救われた命のこと・・・・彼女たちがなぜイラクの人に慕われているのか、考えてみて欲しい。

お玉はトラック何杯分ものイラク民間人の死体を映像で見ました。アメリカが使った化学兵器の名前なんて、関係ない。イラクの普通のお父さんや子ども達が死んでいるのです。化学兵器を使ったかどうか、勿論大事なことでしょう。でもね、どんな方法だったとしても一般の人たちが大量に巻き添えになってなくなっているのです。お玉はあえて、数は書きません。殺された人の数がたとえ一人でも、十人でも、百人でも千人でも一万人でも!戦争で民間人が犠牲になって死んでいるのです。アメリカ兵に殺されてしまったイラクの子ども達(勿論大人もたくさん亡くなってます)の命の重さを思いやって欲しい。

検問場所でイラク兵が「止まれ」と手をかざしたのに車は止まらなかった、空に向けて銃を発砲したのに車は止まらなかった。だから車を攻撃して破壊し、ドアを開ける。するとそこには子連れのイラク人家族が折り重なって死んでいる。車の中をすべて調べてもどこにも自爆装置は見あたらない。・・・・こんな経験を何度もして、精神を病んでしまった若いアメリカ兵の話も聞きました。
「イラクの民間人はどうして止まってくれなかったのだろう?止まってくれさえすれば殺したりはしなかったのに・・・」

イラク人はなぜ車を止めなかったのか・・
この理由を知ったとき、お玉は本当に悲しかった。やりきれなかった。
みなさん、なぜだと思いますか?
そしてその理由がどうしてすぐにわからなかったのか、不思議ではないですか?わかりさえすれば、死ぬことのなかったイラクのお父さんお母さんそして子ども達がたくさんいるのです。

・・・と書きつつ現地からこういった情報が入ってこない理由はマスコミ関係者がほとんど現地に入れないからです。そして勿論アメリカは自分たちに都合の悪い話は表には出しません。
こうやって日々安穏と暮しているお玉がこんな風に書いたってリアリティがありませんよね。だから信じられない・・そうですよね、ならば、一度で良い、あなたの目で確かめてみてはいかがでしょうか?その気になればいくらでも見ることが出来ます。お話しも聞くことが出来ます。


 


いつも、皆さんのポチッとに勇気を頂いてます




 
イマジン

お玉、熊野の秘境で~~ただ今心身共にリフレッシュ中・・だと思う・・


本日も過去記事より再掲載させて頂きます。過去記事をこうやって振り返るのもたまには良いものですね。昔のコメント欄を読み返すのも、いとたのし。(*^_^*)


いつも、皆さんのポチッとに勇気を頂いてます



イマジン(2006.2.11)


他人の哀しみやつらさを理解することって結構難しいです。

いじめられている子どもの気持ちは、そういった経験のない人にはなかなか分らないからついつい、いじめる側にまわってしまいがちではないでしょうか?いじめられる方にも悪いところはあるんだ、という考え方は強者の立場だから言えるのです。
いじめという弱い者の立場を経験したことのある人なら、容易にそのつらさを理解することが出来ます。

また、自分の親が死んでしまったとき。そのつらい気持ちを即座に理解して、言葉はなくともいやしてくれるのは、同じく身内を失った哀しみを知っている人でしょう。配偶者を失う哀しみは親をなくす哀しみよりももっとつらいかもしれません。子どもを亡くすのはもっともっとつらいことでしょう。

どれほどつらいのか、その経験のない者は一生懸命想像して、寄り添う努力をしないと、理解できないことです。そして、そういう努力はつらいので、なるべくしたくない、近づきたくないと思うのも正直な人間の弱さかもしれません。

イマジネーションをたくさん働かせなければつらい気持ちの人に寄り添うことは、とても難しいと、お玉は思います。

ん?何が言いたいかって??
先日来お玉の記事に書いてますが、今、どんどん戦争を体験した方々が旅立たれてしまってます。お玉が子どものころならどこからかは耳に入ってきた、「戦争中はねえ・・」という言葉を今はほとんど聞くことはないように思います。
映画や小説などの「作られた世界」でみる悲惨さや、勇ましさではない「生」のお話を聞ける機会がどんどんなくなってきました。
「平和がいいなあ」とただ漠然と思っている人は、たぶんすばらしく論理的に改憲論を唱えられると、その方がいいように思われてしまうかもしれません。お玉はそれが一番怖いです。「漠然と平和」でずっといられた日本だから、戦争のつらさが分らない。

イマジネーションをはたらかそうよ・・・・テロで人が死ぬってどういう事だろう?イラクで殺された子どもの親はどんな気持ちだろう?戦争の出来る国ってどんな国だろう。

今日、トリノの開会式でオノヨーコを見て、イマジンをきいて、お玉が感じたことでした・・・・・


いつも、皆さんのポチッとに勇気を頂いてます




 
9条を変えても必ずしも徴兵制にならないよ

お玉、山奥へ秘境の旅に出ているため、本日も過去記事の再掲載をさせて頂きます。この記事は右派左派護憲派改憲派入り乱れ、100を超えるコメント数となり、某有名軍事系ブログでも取上げて頂いた、思い出深い記事です・・・


この時と今と、お玉の気持ちは少しも変化しておりません。


九条を変えても必ずしも徴兵制になるとは限らない。


今もそう思っております。


いつも、皆さんのポチッとに勇気を頂いてます





9条を変えても必ずしも徴兵制にならないよ(2007.1.3)


 


久々にお玉らしい記事を・・・


25. Posted by 鏡里    2007年01月02日 19:28

5 あけましておめでとうございます.

「9条をなくせば徴兵制になるんだぞ」

これ…護憲派がよく主張している,至極もっともな懸念だと思いますが.なぜ護憲派お玉さんが違うと怒鳴るのでしょう.とても混乱しています.

 

そうですねえ・・徴兵制にならなければ九条変えても構わないのかって話にも通じるんでしょうけど・・この記事の中にも書いたとおり、お玉は9条を変えてもかならずしも徴兵制になるとは思ってません。というか、そういう話なら国民のほとんどは納得しないでしょ。即、我が身や我が子に降りかかってくることだもの。まあ、そう思うから護憲派でもここを大きく訴える方がいるのでしょうが・・・・


でもこの主張、ちょっと危険な所があって、


じゃあ、改憲するかどうか国民投票をすることになったとき、もしも改憲派が「徴兵制なんて、絶対にあり得ません、なぜならこれだけの理由があります」とキャンペーンをやられたら、たちどころに国民は身に降りかかりそうだった危機感を安心感にすり替えてしまって、「なんだ~~~9条変えてもやっぱりわたしらに関係ないじゃん」と思わせることにつながってしまうとお玉は考えるからです。


自民党の新憲法草案に「徴兵制禁止」が盛り込まれるかどうかということにもかかっているとは思いますけど、石破茂さんあたりに「徴兵制はあり得ない」と断言されると、ちょっと安心しませんか?


理由として、ハイテク兵器が活用される現代の戦争において、兵器の扱いに慣れない素人の一般国民を戦闘員として参加させた場合、デメリットの方がはるかに大きいと考えているからである。 wikipedia 石破茂 より


本質は徴兵制度の問題ではない。もっともっと憲法の何を改正しようとしているか見極めないといけないのに、「徴兵制」という言葉の響きのみに脅かされていると、他が見えなくなってしまう。


本当に兵士が必要となったとき・・・アメリカの様な貧困層や奨学金目的の学生を集めることをまずはじめにするとお玉は思ってます。


だから、今護憲派が徴兵制問題のみで国民に憲法九条を変えないように言うのはちょっと反対です・・


もうちょっと書いておくと・・平和活動として・・「子供を戦場に再び行かせないために!!」ってロゴを9条の会でもよく使うけど・・これだけでは弱いと思ってます・・もう少し突っ込んで、何で、改憲したらダメなのかをみんなに伝えていけないと、教育基本法改正と同じで、国民は具体的に何が変るのか見えてこないと思うのです。


追記::格差社会の広がりでニートやフリーターと呼ばれる人たちが正規雇用を求めて自衛隊へ赴く社会が生まれるかも知れない怖さ・・ここをきちんと伝えていきたいです。(2007.8.)


いつも、皆さんのポチッとに勇気を頂いてます



 
2001年は人生で最低の年だった

お玉は本日よりチョット秘境の山奥へ修行に入ります(ウソです)


なので、きょうからしばらくはお玉が過去650近く書きつづった記事の中より厳選、お玉が未だに読んでほしいなあと思う記事を再掲載させて頂きます。


今日は短いお玉の話です。


ご存じのように、お玉は滅多と自分の私生活をブログ上で語りません。お玉という管理人がどんな奴なのか、いろいろ想像してもらう事が楽しいので、そうしているのだけど・・・お陰でまで性別を疑われて、思った以上に皆さん楽しんでくださってるようで~~~(^^;)


この記事の中でお玉は唯一自分の事を「私」と書いてしまった・・・本当にまだ間に合うのだろうか・・という不安が胸にいっぱい渦巻いて、悲しくて、でもみんなで「一緒に頑張ろう!」と奮い立たせるような気持ちで綴った記事です。この時は、ここまで安倍が「馬鹿」だとみんなに気がついてもらえないかも知れないという危機感が先立ってたしねえ・・


ああ、この2001年、唯一嬉しかった事は「獅子座流星雨」を見られた事です。雨のように星が降る流星群のピークを迎える真夜中に、私を車に乗せて、星のよく見える山の中まで連れて行ってくれた友人に・・・今も感謝しております。でもその流星雨の様子は空からの涙のように感じました・・・多分もn一生あそこまで美しく、哀しい夜空をお玉は見る事はないと思います。


・・・などとセンチになりつつ、いってきま~~~~~す。


 


2001年は人生で最低の年だった2006.9.12


2001年という年。昔から全くなんの根拠もなく素晴らしい年になると思いこんでいました。「2001年宇宙の旅」(古っ!!)の影響もあるけど、21世紀の最初の年は輝く未来の象徴であり、希望の年と勝手に位置づけていた・・・・

その年私は大切な人を2人亡くした
その間に「池田付属小学校の殺人」があり「9.11」があり、葬式を2回も出し・・
思い起こせばお玉の人生で「最低の一年」でした。

そして命の大切さをあれほど痛感した年もなかった。
ある意味、阪神淡路大震災をしのぐほど、命が尊いと思った。
お玉は、リアルに「死ぬということ」を知らない人に
軽々しく、たかが映像や本を読んで
「愛する人のために戦う」だの、「未来のために戦う」だの
そんな言葉で感動して欲しくないのだ。
戦った向こうには自分か相手の死体が転がっているのだから・・

あれから5年・・・
お玉達はどこへ向かおうとしてるのだろうか・・
とくらさんがいつも言っていた「まだ間に合うかもしれない」
そうだよね、まだ間に合う。
そう信じて、がんばろう。


 


いつも、皆さんのポチッとに勇気を頂いてます



 

 
明日から留守にします。でも記事は更新するよ。

明日から出かけます・・


でもとりあえず、ここは土曜日まで毎日更新されるように設定してます。


この記事はテストです~~~


 
異を唱える勇気

 


ほほほ・・まだ、ほとんどだ~れも引っ越しに気がついてないね~~


高遠さん達イラク人質事件の時もそうだけど、マスコミがこぞって同調して誰かを批判したり糾弾したりするとき、その論調に異を唱える事はものすごく勇気がいります。意を決して記事にしても、マスコミに同調している方々が豪雨のように押し寄せて、「炎上」、挙げ句、炎上したブログの管理人の方が「悪い」というように受け止められてしまう・・・・


 そういう怖さを右派系ブログさんは感じてないのかと思ってました。けれど、以前、右派系の人気ブログですら、批判に耐えかねて、コメント欄を閉じていたのを見たとき、「なんだ~やっぱりみんな怖いんだよね」と妙に安心したのを思えています。


いつも、皆さんのポチッとに勇気を頂いてます



死刑廃止論を真正面から考える、 村野瀬怜奈ちゃんや 水葉さん の凛とした記事がお玉は好きです。そして、尊敬しております。


お玉も最近は目に余るコメントは削除しているし、もともと個人攻撃的嗜好の強い右派系ブログは「お玉批判」をしない限りは表に出さないと宣言してます。


なので偉そうには語れないけれど、いまランキング上位で、「護憲専門」ブログと自ら名乗って、そこにこだわって書いてるのはお玉くらいか?と思ってます。憲法にこだわってるお玉は、個人の自由な主張を大事にすべきと思ってはいます・・・「個人の尊重」を重んじたいからね。でも、これはお玉が勝手に思って、やってる事で・・・・


 それぞれの政治への思い、危機感を語りたくてブログをしているのに、そこへ寄せられる批判意見って、お勉強になるモノよりも攻撃性の強い、煽るタイプのモノが多いのはなぜでしょうか?


 管理人が一人で反対意見にすべて答えるなんて、ムリ。でも反対意見が表にあると、どうしてもそれに対して、一生懸命答えようと努力するのが、管理人の心理でしょう。管理人が必死で答えれば答えるほど、深みに入っていく・・・・・むかしコメント欄で教えてもらったけど、相手を質問攻めにして、必死に答えさせていくようなやり方は、相手の脳を破壊するそうで・・それはオーバーにしても、精神的に追いつめられる事だけは確かです。


みんな、普通の一般人。実は掲示板にすら、慣れた対応ができないど素人の方が多いのが、護憲派系ブログの特徴だとお玉は思う。


お玉の事を「プロ市民」だとか「実はおじさん」とか右派、ウヨクの若者が疑うのは、コメント欄を開放してても、お玉がブログ上で、ちっとも「困っている風」でないから・・・ではないですか?


言い換えれば普通はコメント欄を開放してしまうと、まともに運営出来なくなるほど「右派の正論」が押し寄せる事がたまにある、だから意見交換の場にしにくい・・違うかなあ。


 逆に、右派系人気ブログのすごいところはお仲間同士、コメテーター同士の見えない絆でしょうか・・あそこに護憲派が発言する事もなかなか勇気がいります。


事実お玉も滅多と書込めない。護憲派を名乗ってらっしゃる三輪様のところでもたんまにしか書けない・・・・


確かに護憲派系ブログもちょっと神経質になりすぎてる事もあるよね。でも、お話し合い出来る相手なのか、そうでないのか見極めるのは本当にむずかしいです。その人の顔が見えない場所での言論なんだもん。


 以上、光市母子殺人事件の弁護士批判と朝青龍問題を行きすぎたバッシングと思うお玉の戯言でした・・・そう、お玉だってへたれだから、怖くて取上げられない話が幾つもあります。本当に思う事を語るには大きな、大きな、勇気がいると思うのです。


###ちなみに昨日来た削除コメントはすごかった・・・なかなか色っぽい官能小説を書いてわざわざ平和関連の記事に貼り付けてくる嫌がらせぶり・・・そんな輩ばっかりでない事ももちろん分かっていても、怖くなる純情ブロガーがいるだろうなあと思います。


ポチは健在!!毎日の更新のはげみになりますので、どうかポチッと!!よろしくお願いします。m(_ _)m

 
馬鹿って2回も書いちゃったよ

安倍さんの次が誰であっても・・・憲法をかえるのはだめです。


どうせまだ、ほとんどだ~~れもここに気がついてないんだろうなあ・・ライブドア版の常連でここに気がついた方、コメント下され・・・・ちょっとさびしい。m(_ _)m


ポチは健在!!毎日の更新のはげみになりますので、どうかポチッと!!よろしくお願いします。


 


 靖国について書くと、本気で御霊の鎮魂を願うまじめな方がコメント下さいます。相容れずとも、そういうご意見を真っ向から否定して激論を戦わせる気はお玉にはもうありません。


 外国に首相の参拝を云々されたくない、内政干渉だというご意見・・これを突き詰めると太平洋戦争ってなあに?という事に突き当たるんでしょうが、お玉は日本人として、今後も首相の8月15日を含む靖国の参拝を辞めて頂きたい・・・


戦後のさまざまな後遺症によって苦しむ人たちにとって、60年が過ぎてもまだ「戦争」は終わっていない。そして靖国を戦争賛美に利用しようとする人がいる限り、私的であれ、公式であれ、首相の参拝をお玉は認められない。


安倍総理はサヨクなお玉達を日本人の「声」とは思ってくれていないと思います。だからこそ、あそこまで首相の椅子にしがみつき自分の思う「美しい国」作りを目指して、まだ、頑張るつもりなのでしょう・・・・


政治ブログ界の人気ランキングが右の翼に集中している事実を考えるとき、「愛国心」「御霊の鎮魂」「国益を守る」というようなフレーズが、いかに人の結束力を高める効果があるかを、思い知ります。


 でも、軍隊を最強にして、最大級の軍事力を持ったとしても、そしてアメリカよりも強くなったとしても・・・・日本が戦争に巻き込まれない、攻めてこられない可能性なんてゼロにはなりません。それどころか他国は日本を脅威の対象と見なして、危険視するでしょう・・


軍隊のある、戦争のできる普通の国になんてならなくてもいい・・・お玉はそう思ってます。えっ、お仲間が危険にさらされているとき、助けに行かなくてもいいのかって?


仲裁に入ってそれを辞めさせるように、外交努力出来る「知恵」を学ぶべきだと思う。安倍さんはお馬鹿だからこの「知恵」が全く欠落しているのでしょうか・・・すみません、最近の彼の顔をみててお玉はストレスをためてまして・・・・










武装解除  -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書) 武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)
伊勢崎 賢治 (2004/12/18)
講談社

この商品の詳細を見る


 


相も変わらず安倍のイエスマン達だけで構成した、集団的自衛権の憲法解釈を話し合う、生ヌル~~イ、「安全保障懇談会」の話を聞いていて、お玉は、この国は本当にこんな馬鹿が首相をしていて良いんだろうか・・という暴言をどうしても書かずにおれません。ああ、今日は馬鹿って言葉を2回も使ってしまった・・でも他に彼をうまく表現出来ないんだもの・・


 


 安倍さんの次が誰であっても・・・憲法をかえるのはだめです。





 


集団的自衛権、憲法解釈見直しは不透明に・安全保障懇談会


(日経ネット2007.8.11)



 政府は10日、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二前駐米大使)の会合を開き、参院選で中断していた集団的自衛権行使の是非を巡る議論を再開した。懇談会は憲法解釈で禁じている集団的自衛権の行使を認めるよう秋に提言する予定だが、参院選惨敗で安倍晋三首相の求心力は低下。与野党双方に根強い慎重論があるなか、解釈見直しまで踏み込めるかは不透明だ。


 会合では、首相が検討を指示した集団的自衛権に関する4類型のうち、国連平和維持活動(PKO)などでともに活動する他国部隊が攻撃を受けた際、自衛隊が現場に駆けつけて救援できるかどうかを議論。現行の基準では、自衛隊員の「管理下」にない他国の隊員を防護するための武器使用は認めていないが、基準を緩和すべきだとの意見が大勢を占めた。


 懇談会はすでに、公海上で攻撃を受けた米艦船の防護や米国に向かう弾道ミサイルの迎撃などについて議論。いずれも日米同盟の観点から集団的自衛権の行使として対応が必要との認識で一致している。



 

 
安倍首相の靖国参拝


お玉おばさんでもわかる政治のお話 




安倍首相は8月15日の参拝をしないそうです。


そういえば、去年の小泉前総理の靖国神社参拝の折・・・お玉は


谷垣さん、加藤さん、麻生さんが靖国参拝にもの申すわけは?


という記事を書いて、コメントが80もつく大盛り上がりになりました


あのときは8月15日の首相参拝が「国益」を損なうかどうか・・・ということにこだわって書きましたが、靖国に眠る「英霊の御霊」のために参拝するんだから、いろんな国の方々をあえて刺激して、喧嘩を売るような参拝はそれ自体が御霊にゆっくり眠って頂けない行為かとお玉は思うのです。


「谷垣さん、加藤さん、麻生さんが靖国参拝にもの申すわけは?」より引用


>あれ? でも国益に反すると思うから麻生さんは靖国を非宗教法人にして、A級戦犯を分祀したいのでは?加藤さんも谷垣さんもだから首相参拝には(まして8月15日参拝には)反対なのでは?それともちがうの?


と解答したんですがそうか・・小泉さんが靖国参拝を8月15日にしたことで守られた国益ってあるんですね。そうか、思いもしなかった。


首相が8月15日に靖国神社に参拝することで、中国や韓国やそのほかアジアの人たち(お玉は国とは言わない)に過去の侵略の歴史を反省していないと思われることで、、せっかく民間レベルで築いてきた友好関係まで壊れかねない、そして、経済的にも悪影響を及ぼしかねない、・・だから中曽根さんですら、一度参拝した後は自粛した、麻生さんや谷垣さんも首相になったら行かないと言っている・・そういうことではないのかな?


(引用ここまで)










靖国問題 (ちくま新書) 靖国問題 (ちくま新書)
高橋 哲哉 (2005/04)
筑摩書房

この商品の詳細を見る


高橋哲哉さんが以前からおっしゃっているように、たとえ国立追悼施設と言う名の「戦争行為によって亡くなった方々に限った施設」を作ったとしても、そこには平和維持活動で命を落とした方は祀られない。そこに戦前からの軍国主義的臭いがそのまま残る事を心配する声があります。


う~~んこのあたり、お玉もうまく語れないが、麻生太郎さんのいう無宗教の追悼施設建立の是非はじっくり話し合っても良い時期に来ているのかも知れません。このまま流れていくと、麻生太郎君の言う追悼施設の建立の側に国民は納得しそうな気がする・・次の首相は誰になったとしても、安倍よりはかしこい人がなるんだし・・・私たちももっと勉強しとかなきゃね。


    麻生太郎オフィシャルサイト 「靖国に弥栄(いやさか)あれ」


 御霊がどうのこうのと言いつつも、お玉はお墓の中に魂は存在しないと思ってますので、先祖代々のお墓って、生きている人間の心のためにあると考えます。


靖国神社も遺族の方々の気持ちの問題が一番大きいのかなあと思うのですが、だったら、あの遊就館の展示の隔り具合は何とかして欲しい・・・・


で、何で去年、小泉さんは8月15日にあれほど大騒ぎして参拝したんでしたっけ?(^^;)


 


安倍さんの次が誰であっても・・・憲法をかえるのはだめです。



 
ただいまお引っ越し中です

密やかにライブドアから引っ越してます。慣れるまではちょっと辛いかもなぁ・・・ 一応旅行から帰る8月19日頃にこっちへ移ってくるつもりですが、それまでにもしも気がついた方がおられましたら~~TBとポチをよろしく~~~~(なんちゃって)(*^_^*)


 


 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。