2008/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
野菜?果物を台所洗剤で洗う。用途に書いてあるぞ

中国産の餃子のお話・・・・・日本はキチンと対応できるのかなあ・・・・

なんせ外交下手だから・・・・とにかくキチンと内部調査してね。

人気ブログランキングへ   それと  

 衛生管理の面や企業の責任追及だけでは、絶対に解決しないのはお玉が見ても明らかだし、被害者人数はこれからどんどん増えていくだろうし・・・・・昨日より今日、今日より明日とマスコミも一般市民も厳しい論調になることはわかってる・・

で、嫌なのちゃんと「食の安全管理」のお話をして欲しいのに、単なる中国バッシングになっちゃわないか心配なところ・・・・・

 今日もある芸能番組で野菜を食器用洗剤で洗う話が出ていて、驚いたけど・・
・・・実は日本の台所用洗剤にも用途に「食器や野菜、果実の洗浄」と書いてあるのを皆さんご存じでしょうか?お玉は昔からこの書きようが不思議でしょうがなかったんですが・・

農薬の成分は台所用洗剤で洗い流せるというのは、テレビではじめて知りました。なるほど、農薬を洗い流すために使うのね・・ ・・
と言うことは日本でもやってた可能性があるのかも・・・・・・
実際検索に「台所用洗剤 野菜を洗う」と入れると上位は今回の件も含め、中国の話が出てきますけど、ず~~~っと下がっていくと、以前は日本だって野菜を洗剤で洗っていた話が出てきました・・・お玉ンちはやったことないけど・・・こりゃあ中国だけとは絶対に言えないなあ。 工場での製造過程で日本はやってなかった?知らなかっただけでは・・・・・とただ今勘ぐっております。 

と思って調べたら~~出てきた!!こんなの参考になるかも。

台所用洗剤で野菜を洗っても大丈夫?

ほら~~~やっぱり、これは中国製造会社の非常識ではないな・・

問題なのは洗剤で野菜を洗うことではなく、それほど強い農薬を使っているということですよね。ここ、明日からのワイドショー見るときにチェックして見てね。

でもね、だからといって・・・・・・

日本もカネミ油問題とか、イタイイタイ病とか・・昔は今では考えられない「食に関する公害」がありましたよねえ。

中国も急に経済、産業が急成長して「安全」に目を向けられない時期がずっと続いていたんでしょうか・・・・でも今回のことでエエ加減、中国政府も目を覚まし、他国のやり方を見習って欲しい・・・このままでは日本の企業が手を引かずとも日本国民がどん引きして買わなくなるよ。企業はすぐ隠して何でもやりかねないし、実際そうなのだけど・・・・でもね、日本人が食に対して他の国々より神経質なのは、昔の公害病の怖さや添加物の怖さを「知っているから」だとお玉は思うんだけど・・どうかな?

あの・・・野菜を洗剤で洗う話・・・・アメリカも製造工程でやってそうな気がするんだけど・・・

人気ブログランキングへ   それと  

スポンサーサイト
 
今夜はお手軽ロールキャベツのはずでした・・

どうせ三輪様がきつい口調で書くだろうかと思うけど・・
お玉も食の話には黙っていられなくて・・・
これで中国の食品製造への信頼はまたかなり低下してしまった。

人気ブログランキングへ   それと  

低農薬や無農薬の食品でも結構中国で製造しているものがあります・某宅配専門の無農薬食品のお店も一部中国産のものを使っているし・・・そういう、今回と関係のないものへの信頼までなくしてしまうのではないかと、かなり心配してます。

どの過程で何故混じってしまったのか・・中国当局だけでなく日本からも調査団を派遣して早期解明して欲しいです。
・・実は今日、コープの冷凍食品売り場で「ロールキャベツ」を手に取りかけていたのでした・・忙しいときに便利だから・・あれとウィンナー煮込むとさ、簡単に一品できちゃうんだよね。

神戸市民にとってコープ(灘生協)ってかなり信頼されているんだよねえ。残留農薬の安全性や環境に優しいかどうかとか・・お年寄りが包装を開封するときにしづらくないかってなところにも消費者から積極的に意見聞いて取り入れてくれてるし。
無農薬か何度薬品使ったか・・てな事も他の大手スーパーより取り組みが早かったしね。 はてさて、お玉ン所のコープには入荷していたのだろうか・・・・

食品の公開はされてるけど、どこのスーパーで販売されていたか、そして、その支店名も早く公開して欲しいです。

とりあえずいそいで、販売中止になった商品の一覧貼っておきます。

◆市販用

中華deごちそう ひとくち餃子▽お弁当大人気! ミニロールキャベツ▽お弁当大人気! 豚肉のごぼう巻き▽お弁当大人気! 2種のソースのロールキャベツ▽お弁当大人気! 豚肉の3色野菜巻き▽CO・OP 本場中国肉餃子30個540g▽CO・OP 手作り餃子40個560g▽CO・OP とろ~り煮込んだロールキャベツ2個×2袋入

◆業務用

特製スライス叉焼(バラ)▽厚切り特製ヒレかつ▽豚肉と三色野菜の包み焼き▽ローストオニオンポークカツ▽ミルフィーユポークカツ▽柔らかく煮込んだロールキャベツ(トマト味)40▽ポークピカタ100▽柔らかく煮込んだロールキャベツ(トマト味)60▽ポークピカタ(チーズ入り)40▽ポークピカタ(チーズ入り)60▽やわらかヒレカツ▽豚肉ときのこのクレピネット(網脂包み)▽ひれかつ▽豚肉ふんわり包み▽ミルフィーユカツ50

 問い合わせは、〒140-0014東京都品川区大井1-28-1 ジェイティフーズお客様相談室(電話0120-700-642)

 商品の送付先は〒306-0497茨城県境町西泉田1437-2 日本たばこ産業品質管理部(電話0280-87-2811)

人気ブログランキングへ   それと  

 
橋下さんのマスコミ受け狙いは学ばせていただく

今朝は4時半頃おきだして、コメントチェックをしたのですが、その二時間後にはまたコメントついていて・・驚きました。みんな、寝てるのか???

人気ブログランキングへ   それと  

 昨日の記事のことで保守の方々に誉めて頂いておりますが・・
あまり誉めないでおくれ。あとの反動が怖い・・(^_^;)

それに、左派の長期常連者には多少のお玉ルール逸脱を暗黙のうちに許している事実もありますので・・

例えばコギトさんやこばふみさんの記事違いな「ニュース速報」、とほほさんの全く関係ない「お馬鹿な(^_^;)」お話、三輪のレッドアラート様(保守ですけど)からの突発的お怒りコメント・・などなど・・

 それと、信頼している長期常連者達が保守の方に食い下がったときは、お玉全然止めないし・・・・だから延々とコメント欄は続いていく・・・・知らない人が見たら炎上と勘違いすること多し・・・・・

 さて、今日は雑感のみ。

橋下大阪府知事が福田首相にあったそうですね。きっちりパフォーマンスして、マスコミ慣れをしている橋下さんは自分と自民党がいかに好感度良く映るかを「計算」していました。自民党は応援するかどうか躊躇してたくせに今となっては「勝てば官軍」なにが全面的に応援するだ!!!!(-_-)

たぬきときつね

狸とキツネが揃ったね・・・・・昨日もちょっと書いたけど、パフォーマンス性やマスコミへの受け狙い、視聴者への好感度アピール・・悪口言うばかりでなく、学ぶべき所は学んでみたいな。暫定税率の問題が橋下効果でどこまで和らぐか・・・注目しています。

人気ブログランキングへ   それと  


 

 
お玉はお玉のやり方で・・・

いままでも、選挙でやな奴が当選すると「B層が悪い」という論調になってしまうけど・・・
お玉はね、B層のせいとか言うのは違うと思うのね。
本来そんな言い方はしちゃいけない。大阪府民の理解が足りないから・・などという観点で論じていると多分いつまでたっても「勝てない」

 政治はリテラシーが高い人だけで語るものではないと思うの。知識人だけがわかり、発信しそれを理解せよという形では決して「勝てない」そう思うの。B層なんて本当は存在しない。そのんなワクを竹中平蔵が勝手につくって私たちに思い込ませているだけ・・

正しこうやって政治を言論するお玉は、理解しようとする努力は謙虚に続けないといけない。なので、皆様、また色々教えてね。(って結局そうくる)

マスコミに動かされてしまう事をいかに阻止するのか、戦略として、橋下陣営やタレント議員に学ぶべきものも今後あると思う。
そして、橋下さんがホントに府政を動かせるのかどうか、大阪の格差社会に取り組めるのかどうか、選挙前のさまざまな不適切発言がどこまで隠し仰せるのか・・を見てから評価するしかないですねえ。でも、今から4年後の対立候補を考えてじっくり勝負して欲しいなあ。>野党選挙対策本部の方々・・・・・

人気ブログランキングへ   それと  

さて、ご存じのようにお玉は今回「しばらく出入り禁止」という処置を取りました。
持論展開型の論文のようなコメントが何故いけないのか。それは内容以前に、書いた人が周りの読者やコメンターが書きづらくなるという心理を読んでくださってないことが問題なのです。
今まで過去に何人かの人に同じ事を指摘し続けているのですが、とくにその方がブログをお持ちの場合には長文のコメントはご自身の所に書いてその旨をコメント欄やTBで伝えてくださるようにと言い続けてきました・・

 ただ、今回は他の多くのブログで見かけてきた同様の行為を何故おやめになれないのか、非常に不思議だったため、普段は滅多にやらない相手側のコメント欄での対話というものをお玉は持ってみました。結果はご覧の通り、リテラシーのないお玉との相互理解は得られず、相手の方には申し訳ない事となってしまいました。 お玉もブロガーになってはじめて、栄誉ある出入り禁止処分及びコメント削除処分となりました~~(大爆)

お玉が提示しているルールは


お玉の所でかってに仕切ったり、削除基準作ったりしないこと。
長文で持論展開はしないこと。
記事に即していないと言われたら、反論があろうともいったんは下がること。


この三つですが、何度お話ししても、いずれも守れないと言うお答えでした。理由もま~リテラシー高くたくさん述べて頂きましたが・・・お玉ってそういうの何言われても動じないんだよねえ・・・理解する努力をしないお玉は相当無能なブロガーと映ったようで・・・・あれほど長文で論じてくださったのにごめんなさい。

でも、そこでも書きましたが、一知半解男さんのこの言葉は最高にうれしかった。

>私は、お玉さんの所のように、建設的な意見を前提として、対立意見でもルールに沿って載せていただきさえすれば満足です。「対立意見を認める」ということは、扇動者でないことの証だと思っています。その姿勢が、その人の主張に重みを与えると思っていますので、お玉さん、私の意見はうるさいでしょうが、今後も宜しくお願いします。

 よそのお玉批判ブログ、お玉のやり方が公平でないと言われていることは知ってる。これだけ対立意見を許容してなお、そういわれることへ多少憤ってもいたのですが・・・そんな中、今まで何度かお玉に「注意されていた」一知半解男さんがこのように言ってくださるのは、本当にうれしいです。

最初の頃、あなたのちょっと偉そうに尖った文章が嫌だなあと思ってました(ゴメン)。今も怒るとよそではそれが出るみたいですけど・・・・それでもずいぶん優しい文体になりましたよね。お玉を思いやってくださる文章に感謝しております。歴史認識ではまたみなさんと、大激論かも知れませんが・・・・

そして、来られている保守系の方々、あなた達にも感謝です。お玉のブログは批判意見がなければ成り立っていかない。お玉自身がその批判に殆ど答えないけれど、いろんな方々が議論をするきっかけを作って頂いてます。

そして、そして、お玉の記事に重みを加えてくださるコメンターの皆様方。これからもお玉ブログをよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ   それと  



 
橋下のこと・・ちょっとだけ書くけど・

村野瀬玲奈ちゃんのブログが急成長してますよね。ああいうコツコツまじめに書くブロガーのものが支持されはじめていることがお玉はとてもうれしい・・・アクセス数だけではなく、ポチの数も急成長!!玲奈ちゃん、がんばれ!!

人気ブログランキングへ   それと  

さて・・・橋下大阪府知事のはなし・・・

やっぱり書かないとだめかい?(^_^;)
リテラシーが低いお玉が書くとみんなよけいに落ち込むんじゃあ・・・・

 メディアの力はすごいです。テレビはずいぶん自粛していたようですが、新聞での取上げ方は「橋下」ばかりが目立つ一方的な物言いを感じてました。

タレント候補はやはり強いですね。参議院選の時だって自民があれだけ票を減らしながら、それでもやっぱしテレビに出ていた人はみんな当選してるもの・・・悔しいね。あの人テレビに出ていないタダの弁護士だったら、だれも見向きもしなかったでしょうに・・・・(だって、消費者金融関連の顧問弁護士だよ・・と思いっきり差別的暴言)
 

インターネットの力はまだまだ弱い・・それでもいろんな情報を得られるようになっただけ、昔よりも数段まし・・・・あと数年したら日本もアメリカ並みにブログの影響力も出てくるかも知れません。。お玉ブログも2年前に比べると、本当にいろんな所からアクセス下さっていて、驚くことが多いです。


時々お玉が書いてもいないのに、「民主党」を支持しているだの、「社民」の応援してるだの、「共産党」の支持者だのと・・・いろんな事を書いてくださっているのを、いろんな所で目にします・・・

その時々によって変化するお玉ですが、選挙にカラム話は護憲派が共通で批判できる対象のことしか書かないようにしています。


 なぜならば、皆さんお忘れでしょうが(お玉も時々忘れる・)・・・お玉のブログは3年後にこのまま行なわれてしまうかもしれない「国民投票」を視野に入れて「憲法」にこだわって運営しております。なので、ある意味非常に八方美人を敢えてやっているのです。

 国民全てに真意を問うかも知れない、そのときまで、ここの常連になってくれている百人近いコメンテーターの方々(たとえ改憲派の人であっても)とともに議論をしつつ、細々伝えていきます。

お玉が関わる活動は9条の会のみ。それはこれからも変わらない。

人気ブログランキングへ   それと  

 
医療論文が減っています。

う~~~~~~きのう半日家をあけて、夜中に帰ったら、自分のブログコメントについていけなくなっていた・・・今朝酔いが覚めてから見ても、よ・・読めない~~~(T_T)いろんな記事違いの議論が点在していて、今はその全てを「大目」に見てるので・・それに気がついてジュゴン記事にコメント下さった皆様、ありがとう。

人気ブログランキングへ   それと  

さあ、昨日とおとといで、100以上はコメント来たでしょうか??知らない人が見たら「荒れてる」ブログだと思うでしょうねえ・・ ・・でも、荒れてない。その証拠に「両親ないのか」と書いてくださったお玉嫌いさん以外はああいう書き殴りコメント来てないんだよね。

お玉ルールとして、ただ今、連投コメントは、いずれか一つだけを表に出す処置にしてます。たくさんおっしゃりたいことがある方はしばらく間をおいて再度コメント下さいませ。

さあ、どうせ明日は大阪知事選挙の結果一色になるでしょうし・

ちょっと気になった記事を・・・・

医学論文 急減 処分恐れ医師ら萎縮?  毎日新聞より

治療の副作用や合併症に関する医学論文の数が昨年後半から減っているそうです。それも激減してます。

医療

原因は医療事故調査委員会の発足でお医者達が合併症や副作用で患者さんが急変したり、死亡したりした例を論文にすることで、行政処分や刑事責任の追及につながるかも知れないとお医者さん達危惧しているから・・・・・

その結果、国内では毎月、1万~4万件前後の医学論文が発表され、一昨年から昨年前半までは合併症の論文が全体の13~17%あった。しかし、昨夏ごろから急減し、10月には約2%になった。副作用の論文も以前は4~6%あったが、昨年10月には約2%に減った。

 特に、副作用の症例報告は、以前は1%前後あったが、昨年10月にはゼロになった。合併症の症例報告も、以前は5~9%あったが、昨年10月には0.1%しかなかった。

これ、ヤバイです。キチンと合併症や副作用の事を論じて下さらなければ、医学は発展しないし、「医療事故」もなくならない・・お医者側としては、「痛くもない腹」を探られたくない・・という気持ちが大きいのかも知れませんが。

新聞にもあるようにこのままでは事故を起すリスクの高い現場(産科などでしょうか?)で働く医師もますます減っていくでしょうねえ・・

事故調査はもちろん大事です。医療事故の訴訟で患者側が不利になるケースが今まであまりにも多かったのですから・・・

調査報告書を刑事告訴に使わないというのはお玉は反対ですが、医師の書く論文については適切に守られるべきだと思う。

人気ブログランキングへ   それと  

 

 
ジュゴン裁判アメリカで勝訴(^^)

AMLでさっき教えてもらった。沖縄 辺野古(へのこ)での米軍基地建設を巡り、アメリカの国防総省を訴えていた「ジュゴン裁判」で原告が勝訴したそうです!

以下、緊急にお知らせ!!

これで工事が差し止められるかどうかは解りませんが、アメリカでの勝訴は大きな一歩だと思います。

朝日新聞より

米地裁、米政府にジュゴン調査命じる 普天間移設めぐり

2008年01月25日17時46分

 沖縄の米軍普天間飛行場の移設予定地(名護市辺野古崎)の沖にすむジュゴンの生息環境が基地移設で破壊されるとして、日米の自然保護団体などが米国防総省と国防長官を訴えていた訴訟で、米サンフランシスコの連邦地裁は24日、移設による生態系への影響調査を国防総省に命じる判決を言い渡した。

 判断の根拠は、米国歴史保存法(NHPA)。同法は米政府の行為が国内の文化財に影響を与える場合、事前に保護策を検討するよう求めているが、外国の文化財にも適用されるとの規定がある。原告は、日本の文化財保護法で天然記念物に指定されているジュゴンへの影響調査を行わないまま国防総省が基地建設を許可したのは違法だと主張。国防総省側は、ジュゴンは生物であって、NHPAが対象とする「文化財」にはあたらないと反論してきた。

 判決で同地裁はジュゴンがNHPAで保護される文化財にあたるとの判断を示し、影響調査の方法を記した書面を90日以内に提出するよう求めた。AP通信によると、判決にあたり連邦地裁判事は、「NHPAが米国外で適用された初のケース」と述べたという。

アメリカに言われて調査をやり直すなんて日本政府として、かっこわるいでしょうけど・・・やり直さなきゃ世界中から非難されるだろうし、今度はいい加減な調査もできないでしょうねえ。

人気ブログランキングへ   それと  

 
口を塞ぐことはできないけれど・・・

今なら取上げてもいいかも知れない・・

ちょっと勇気を持って記事を書いてみる。

人気ブログランキングへ   それと  

先日お玉が書いた記事「ご高齢の方の戦争体験を聞く」に関して、思った通りの批判意見をTBやコメントで頂いております・・

田柄さんがお書きになった「帰国した何万という人達の口を塞ぐのは、不可能です。」の部分にちょっとお玉の琴線が触れてしまいました。

口を塞ぐ事はもちろんできません。見てきたものが物見遊山やギャラリーの1人であれば語りたくて仕方のない話かも知れません。

でも、想像してみてください。殺戮の現場に居合わせた人たちが、手を下した人たちが・・(たとえそれが何万人であったとしてもです)自分の行なった行為を帰国後家族や友人に話すでしょうか・・・ベトナム戦争においても、今現在起っている紛争にしても残虐行為を行なった側からではなく、ジャーナリストや被害者の家族によってその多くは伝わっているのではないのでしょうか?

そして、勇気ある良心の呵責に堪えかねた一部の生き残り兵によって語られているのではないでしょうか・・・

以前お玉は、お玉自身が人を残虐に殺してしまうかも知れない・・という事を記事にしました。「残虐な加害者になるかも知れない」

追いつめられた状況の中であれば、そこに存在する全ての人間が「大きな罪」を犯す可能性があるとお玉は思います。そして、平和な世界に生還出来たとき、そのときのことを人に話す気になれる人間がどれ程いるのか・・・・

例えばそれは食料がなくなったときに人の肉を食してしまった事を、「語れるのか」たとえ命令を受けたからだとしても女や子供までレイプし皆殺しにしたことを「語れるのか」・・・・・・・本当に語れるのか?

ずっと当時のことを語れない被爆者の方々が・・・・60年以上を経てやっと重い口を開き、語ってくださるケースが増えてます。立場は違いますが、今になって「語ることができるようになった」帰還兵の方が多いことにどこか共通していると思います。

口を塞ぐことはできないけれども・・・口を開いて頂くことはもっとむずかしいのではないでしょうか・・・

六月さんのコメント・大事な話を教えてくれてます。



>戦争が正しいとか、悲惨・残酷な結果を招くことは無いと思って戦争が始まるのではなく、そういった事を押しのけた何かが戦争を始める原因になっていると考えてみることは大事だと思います。
という、まぜたさんのコメントには深く同意します。

昔は戦争体験聞く事に反発を覚えていました。
感想文などで「戦争はいやだと思いました」「戦争は二度としてはいけないと思います」「戦争を始めた人はバカだなぁと思いました」などとクラスメイトの書いたものを聞かされるのにはぞっとしました。自分は安易な感想だけは書くまいと思っていました。
あなたがしたくないと心の中で思っていた戦争に、でも行かざるをえなかった、協力せざるをえなかったそもそもの「原因」はどこにあったのかを見つめなおさないと、同じ人間なんだから再び同じミスを繰り返すんじゃないの?
あなたが思った「ここが戦争に繋がるそもそもの始まりだった」と思うことを教えてよ!と子供のくせに偉そうに思っていました。
「戦争体験を語る」だけでは片手落ちの様なもどかしさを子供ながらに感じていたのでしょう。


ただ今は、戦争体験を聞くって、それはそれで大切なんだろうなと考え直しています。
それは、ブログで人の思っていることを簡単に読める様になった時、「愛する人の為なら俺は銃を取る」的な勇ましい意見を見ると、「でも実際の戦争なんてこんなもんだよ・・・。」(←実際を知らないのに偉そう)と言いたくなる自分がいたからです。
頭の中の戦争論だけじゃなくて、実際にあったリアルな戦争を聞くことは、必要なのだと思います。
しかもお玉さんの聞いた話は、(本では知っている内容でしたが)当時の私が聞いたら相当ショックを受けそうです。

[2008/01/24 17:26] URL | 六月

人気ブログランキングへ   それと  

 
お玉ルールはわがままです。

ちらちらと雪が降ってます・・

やはりこの時期は雨よりも雪がいいね・・・おいしい熱燗飲みたい・・・お薦めの日本酒なんぞあればまたみんな、教えてね。

人気ブログランキングへ   それと  

右派系巨大ブログさんが紹介してくださった(別名晒すともいう)お陰で・・
記事内容に即さない話がしたい方、が増えてます。

多分、お玉の所を初めて見た人も多いんでしょうねえ・・・カンペキに「お花畑のチョロいブログ」と認識している人もいるようで・・(^_^;)

いつもならば、もう少し大らかに対応していることも、ひと言突っ込み発言や、お玉お怒りハンドルでの書き込み(名無し及びそれに相当する方)は議論する気がないというお玉の判断で、ただ今表に出してません。

及び・・何度も何度も言っているのにやめられない持論展開型長文も議論にならない上に、記事との関連性が低い場合が多く・・、しばらく厳しい目の対応をさせて頂きますね。

お玉は多分どこのブログ管理人よりもわがままにここを運営してます。
一見誰にでも間口を広げて、いろんな議論を熱く語り合って頂いているように見えるでしょうが、それはお玉の「わがままな」決まり事を右派の方も左派の方も許容してくださっているからこそ、可能なのだと思ってます。

それと・・お玉はブログに「晒す」という行為が嫌いです。

でも晒されたときに、それなりに対処出来るだけの強さを
管理人も持てるようになればいいなあ・・とも願っています。


正しい「正義」を振りかざさないようにしたい。
中島みゆきの歌。もっかい貼っておこうっと。

Nobody Is Right 

悪い人などいないだなんて あいにくですが頷けません
正しい人こそいないんじゃないか カンペキ正しいってどういう人だ
その正しさは気分がいいか
正しさの勝利が気分がいいんじゃないのか
つらいだろうね その1日は 
嫌な人しか 出会えない
寒いだろうね その一生は
軽蔑だけしか いだけない
正しさと正しさとが 相容れないのはいったい何故なんだ。

人気ブログランキングへ   それと  











 
晒されたからすんごい数の人が見に来てる。

さすが「せと弘幸さん」の所に晒されただけのことはあります・・・
きのうから新規のお客様が増えてますね。 もんのすごい数です・・

でもね、昔ならともかく、今はコンな事でビビってしまう左派系、リベラル系ブログではないんですよ~~

人気ブログランキングへ   それと  



はは・・同じだけの数のお客さんが実は
喜八さん所からも流れてくださってた。
お陰でお玉の所は大にぎわい。

手抜きで失礼!

喜八さんがあげてくださっているブログをぺたっと貼らせて頂きます。
m(_ _)m

関連情報

以下は友好ブロガーの皆様の関連記事です(50音順、敬称略)。

お玉おばさんでもわかる 政治のお話
橋下大阪府知事候補は優秀な弁護士さんでした。

低気温のエクスタシーbyはなゆー
〔メモ〕金融業者の顧問弁護士としての「橋下徹」氏の活動

津久井進の弁護士ノート
橋下徹さんにポピュリズムの危うさを感じる

とむ丸の夢
こんな男かな、橋下徹って

反戦な家づくり
橋下とおる候補と維新政党・新風

復活!三輪のレッドアラート!
所詮はこんな奴なんだ・・・・

村野瀬玲奈の秘書課広報室
大阪のガリレオ、熊ちゃん。

Like a rolling bean (new) 出来事録
「府立女性総合センター」廃止・民営化を打ち出す橋下氏 (参考:東京女性財団を廃止したイシハラ氏)

わんばらんす
27日は「大阪府知事選」・・・大阪府民の意地のみせどころ!さて?

人気ブログランキングへ   それと  

 
ご高齢の方の戦争体験を聞く。

ほほほ・・一気に三つも記事あげたら・・・・コメントいっぱい頂いちゃった。なんか、別方向へ琴線が触れている意外な方々もおられるようで・・・・でもみんな、有り難うございます。m(_ _)m

人気ブログランキングへ   それと  

 

 明日はまた忙しくて、記事書けないと思うので、今のうちに・・もう一つ書いておきます。ちょっと今、「文章の神様」が降りてきているので書きたいことを考えなしに書き連ねています・・(おい、それはもうやめるって誓ったはずじゃあ・・・)

 
先日、平和を語る「しゃべり場」というものに参加させて頂きました。
わいわいとみんなで平和への思いを語る・・・あまり堅苦しくない会だったのですが・・

その中で今日は、90歳の男性からお聞きした戦争体験の話を書こうと思います。

その方は昭和15年~17年まで中国へ出兵されていたそうで、衛生兵をされていたそうです。その目で見てきた虐殺や慰安婦のことを語ってくださいました。

中国はたくさんの部族があって、その一つ一つが城壁に囲まれた部落になっていて、彼のいた部隊はそれを攻め落とし、進軍していったこと。
村から離れる際には城壁の出入り口を全て閉鎖し、部族全員を中に閉じこめて火を放って全滅させていたこと。だから南京大虐殺があり得ないなどという話こそあり得ないということ・・・・

死んだ戦友達を「お骨」にしなければならなかったけれど、すぐに対処出来ないときは腕を切り落としてそれを持ち歩いて、暇ができたときに火葬したこと・・それすら叶わないときは指だけを切って、保存していたこと・・・

軍医は「実験」という大義名分で静脈に空気を注入し、どのくらいの時間で死ぬかを調べた。
裸で真冬に放置し、何時間で死ぬか調べた

女性は強姦し、そのあと銃殺にしていた・・

他の部隊では死んだ戦友の肉を食べて生きながらえていた人が多く存在すること・・

戦闘で一番可哀想なのは「女性」と「子供だった」
今起っている紛争に巻き込まれている女性や子供達のことを思うと辛い・・戦争は決して起してはならない・・・

写真も見せて頂いたのですが、なんだか、平和な風景しかなく慰安婦の方々も美しく、身なりも小綺麗で、それは何故なのかと言えば、検閲でヤバイものは全て処分させられているから・・だそうでした。

 これらの話は本やネットで触れられる程度の情報かも知れない・・でもリアルに聞くのと、単に書物で読むのでは大きな隔りがあると感じた。
この方は90歳・・・どんなに勇気を出して私たちに語ってくださっていたのか・・
10年後にはお話が聞けないのかも知れない・・・

人気ブログランキングへ   それと  

 
橋下大阪府知事候補は優秀な弁護士さんでした。

今日はあまり品の良い記事ではないけれど・・近くに住むものとして、やはり書いておかねばと思った。

 人気ブログランキングへ   それと  

「シティズ」「被害者」と検索するとアイフル被害対策全国会議と言うモノが一番に飛び込んできます。

シティズはアイフルグループにおける商工ローン分野の中枢企業ですが、従来から、「利息制限法の引き直しに一切応じない」「利息制限法引き直しを前提とした特定調停や個人民事再生にも応じない」「みなし弁済の主張に固執し、多重債務救済手続の支障となる」「連帯保証人を徴求し、連帯保証人から債権回収を図る」など多重債務問題に取り組む弁護士・司法書士・被害者の会からは、対応に極めて問題のある企業として著名でした。

 実は・・・この多重債務問題で極めて問題のあった企業シティズの顧問弁護士を8年も務めていたのが「橋下徹大阪府知事候補」です。

シティズはグレーゾーン金利という高利で取り立てている会社だそうで、橋下大阪府知事候補は非常に優秀な弁護士さんだったそうです・・・
 ごめん、お玉、あなたが弁護士をちゃんとしているって、知らなかったよ・・・・・てっきり見せかけの「弁護士」という肩書きをもったテレビの世界の人かと思っておりました・・・
何でも、8年間「負け知らず」だったとか・・最終的に解雇?されたのは、シティズが最高裁で負けたからでしょうかねえ・・・・
でもテレビで「8年間負け知らず」を自慢するくらいですから、ご自身のお仕事に誇りをお持ちだったのだと思う・・・

なにも隠さなくても良いよね。
とりあえず、ぽろぽろとブロガーさん達が紹介しだしているようなので・・
 遅ればせながら、お玉もここであなたと大阪府民のために紹介しておきます。

人気ブログランキングへ   それと  

 
コメントへの愛

神戸もお昼から雪が降り出していました。

今は止んでいますが地域によっては積もるところもあるようですね・・・明日の朝は交通規制とかで大変かも知れません。どうかみなさん、お気をつけて・・

人気ブログランキングへ   それと  

元旦からの死刑廃止論の議論をもう一度読み返していて・・
改めてうちにコメント下さる方々への感謝の気持ちでいっぱいになりました。
もうちょっとで暴れそうな所を絶妙にかわしつつ我慢しながら議論している様子が
落ち着いて読み返すと伝わってきます。


で、なんかコメント欄の事を考えているうちに・・キリスト教的愛の形の話がしたくなった・・それだけ。どうせお玉なきれい事。スルーしてておくれ。

一応三つの有名な愛の形があります。

エロスの愛 超有名!みんなが知っている男女の愛ですね。

アガペの愛 自己犠牲を伴うような愛・・好きだとか嫌いだとかを超越したもの・・私の、右派系ちょっとこわめのお兄さん達への愛か・・(爆)

そしてもう一つ・・・
フィロスの愛 自分を支えてくれるすべての人たちへの感謝と愛情。愛すべきすべてのものへの永遠の愛。知的な愛とか友情の愛とも言われてる。

エロスの愛は長続きしないけれど、フィロスの愛は永遠に続く。アガペの愛はたぶんこの二つの上にあるもの?(ネット検索するといろいろ出てくるけど、個人的解釈も多いなあ・・・)

お玉はこの中でフィロスの愛が一番好きです。

この愛は家族や友人やそれ以外にも自分の周りにいる、かかわりある人々全てに感じることができるものだから・・・
アガベのような愛はとてもとても持てそうにない、けれどもフィロスの愛ならばお玉にも少しは持てるような気がする。

お玉も時々きれちゃって暴れてしまうから・・フィロスの愛を肝に銘じつつ・・これからもコメント欄を仕切っていこうと思ってます。

人気ブログランキングへ   それと  

 
お医者不足について・・・

いっぱいのポチッと!をありがとう。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ   それと     

今日は短く・・・

お医者さんが減ってます。
ご存じのように産婦人科と小児科のお医者さんが減ってます・・

心あるお医者さんは超過勤務を続け、交代要員のないままボロボロになるまで
働いてます・・
経費削減、人員不足で外来閉鎖され、いきなりの緊急時(初診が急変だったときのこと)に 受け入れてもらえる「産科」「小児科」のある病院がドンドン減っている・・・

「でも産科や小児科に行くとすごいたくさんの人が待っていて、、儲ってるンやなあ・・と思った」
残された場所に集中して患者さんが行くからそう見えるんですよね。
そのたくさんの人たちを何人の先生が看ているのか・・その先生の昨日の勤務は何だったのかなあ??何日寝てないんだろう??先日医師の過労死の問題が新聞に出ていましたが、このままでは「しんどい場所」で働く医師はどんどん減っていくでしょう・・・・

医療過誤問題が一番多いのも産婦人科ですよね・・(この話はまたいつか機会があったら書きたいな。医者の言い分患者さんの言い分、マスコミの扱い方・・・・いろいろ書いてみたいことがある)

読売新聞より
産科医不足で舛添厚労相「政府全体で追加対策検討」


舛添厚生労働相は19日、長野県飯田市内で記者会見し、産科医不足が深刻化している問題について、「全国のどの地域でも産科医の不足が極めて深刻だ。優先順位を付ければ、まず産科医対策だ。来年度予算で医師不足対応の予算を倍増するが、次の手が打てるかどうか首相、官房長官と協議したい」と述べた。

 政府は来年度予算案に産科のある病院への財政支援などを盛り込んでおり、産科医の増員に重点を置いた追加対策を検討する考えを表明したものだ。

 その上で、厚労相は「政府全体で、極論すれば『緊急事態だ』という認識を持ってもらう」と強調した。

 追加対策は、厚労省に設置された有識者会議「安心と希望の医療確保ビジョン」や、福田首相主導で今月中にも開かれる「社会保障に関する国民会議」などで議論される見通しだ。このうち、厚労省の医療確保ビジョンは4月にも産科医確保策など中長期的な目標をとりまとめる方針だ。

(2008年1月19日21時43分 読売新聞

人気ブログランキングへ   それと   

 
パスタが値上げ・・

神戸は、さぶ~~いです・・・でも雪は降らない。

雪がないのに寒いだけという天気がお玉は嫌いです。

で、より、寒くなってしまいそうな・・これ。

先ほど見つけた、写真・・毎日新聞より・・

このむくむく羊たちは出産控えたお母さん羊だそうですけど・・

目つきが・・なんかこわい・・・

ひつじ

いっぱいのポチッと!をありがとう。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ   それと   

 

パスタが値上げ!!!!
きゃ~~~~それも40%も値上げってどういう事?


朝日新聞より

日清製粉、パスタ40%値上げへ 業務用、過去最大幅
2008年01月17日23時26分  より


 デュラム小麦は、欧州連合(EU)地域内の不作で、カナダ産に需要が集中。バイオ燃料原料への転作や、ロシア、中国などでの小麦需要の増大で、小麦全体の需給が逼迫(ひっぱく)していることも、価格を押し上げている。

 日本は消費する小麦の9割弱を輸入。ほぼ全量を政府が買い入れたうえ、小麦農家への補助金分を上乗せして民間に売り渡す。パンやうどん向けを含む大半の小麦は、4月と10月の年2回価格を改定。次の4月には20~30%の値上げが確実視されている。一方、量の少ないカナダ産デュラム小麦は毎月の国際価格が反映される仕組みをとっている。



なるほど・・・カナダ産小麦の高騰ね。そもそもはヨーロッパの小麦の不作が原因なんだよね。昨年ヨーロッパの(というか、ここのところ毎年異常ですが)異常高温のせいだね。
オーストラリアは干ばつでこれもまた小麦が不作・・・・きっと近いうちに、パンも値上げだね。うどんも値上げだねえ・・お玉は毎年香川方面へ遊びに行くんだけど、先月も坂出行って、いっぱいうどんを食べてきた。・・・小さな製麺所はまたたいへんな思いをするんだろうか・・・神戸だってたくさんお菓子屋さんやパン屋さんがあって、最近は大手の参入もあって、競争も激化してるのに、値上げなんか安易にできないだろうなあ・・ ・

食べることに直結するまで、リアルに「温暖化」を考えられなかった人もいるだろうし、株も下がって円高で・・なのに食費は上昇・・あれもこれも生活するのが「痛い」年になりそうです。

ところで、私はキャベツとベーコンの入ったスパゲティーが好きだなあ・・・みんなは?

##明日は更新出来ません。あさっても微妙・・でも良かったら適当にどんちゃんやってね。 お玉より。



 
闘いはセクシー・・・

いっぱいのポチッと!をありがとう。 m(_ _)m

人気ブログランキングへ   それと   

伊勢崎さんの番組のあと、戦争はセクシーというお題でコメントもらうのも良いかしら?などと思っていたら、にょきさんが、こんなコメント下さった。 にょきさんはまだ番組見ていないそうですが、おっしゃる意味、わかります。


結構戦争のセクシーさ、平和のセクシーさについて語りたい人もいるかな?とおもってご紹介。番組の中では「闘う」ということのセクシーさも出ていましたよね。格闘技のセクシーさ・・みたいなお話・・

あ、そういえば、平和主義者インリンさま、闘う人だけどセクシー・・・・なるほど!平和はセクシーだ。

ジョンレノンもセクシーな平和を感じてた人だよね。

闘うことのセクシーさって事でもあるか?だから「平和は闘いだ!」のお題だったか・・(ああ、お玉が1人で別路線行ってる・・・・・・伊勢崎さんごめんなさい)

平和にも種類がある。

 
戦争はセクシーです、芸術的ですらあります。
但し、戦争や戦史、兵器を研究する人にとっては兵器や机上実験、過去の戦史に限ってと言う注釈が付きます。
現在と未来において一滴でも血を流すのは唾棄すべき物でしかありません。(詳細は省略)

またそういう趣味の人は当然孫子を知っていますが、戦わずして勝つことが至上で、戦って勝つのは下策であることは常識です。
そういう意味において、「戦争」で最高にセクシーで芸術的で美しいのは「平和」な状態なのです。
いわゆる平和活動家の方には変に感じるかもしれませんが、そういう物だと理解してもらうしかありません。

また、歴史を知るものにとって重要なのは平和の内容です。
過去の歴史で最も多数の人間が虐殺されたのは「戦争」では無い「平和」な時、内政行為によってです。
近代の歴史上、左翼共産主義勢力が実権を握ると平和の中で粛清や虐殺が行われたと言うのが現実で、スイスが民間防衛で「左翼は侵略の為に、平和や戦争反対、軍備放棄などの美しい言葉でわれわれを眠らせようとする」などと書く一因ともなっています。
他に軍事と歴史を知る者の苦悩として、例えばポルポト派がカンボジアを支配した時、平和を求めて200万人を見殺しにするのと、新たに戦争を仕掛けて200万人未満が死んだ方がよかったのか?と言う物です。
良く考えない「平和の為の平和」は、セクシーどころか、意味の無い死臭が漂う墓場でしかありません。
(以前に書いた「メガトロンの平和」を考えてくれればこう言う思考展開は簡単に出来るですけどね。)

その事として日本国憲法は「主権」と「人権」が守られてこその「平和」ときちんと書いています。
普遍的にセクシーな「平和」とは「人権」と「主権」を正しく理解した上での「平和」なのでしょうね。

[2008/01/18 01:24] にょき


 

 
マガ9の宣伝そして震災の日

伊藤真さん曰く、護憲派対改憲派の対談ではなく、立憲主義者同士の対談かぁ・・
マガジン9条の伊藤真VS小林節「憲法改正 私はこう考える」いいです・・・・
おお!!いまさらですが、この企画!かかわったのはマガ9編集部の塚田さんじゃあないですか~ほほほ・・・やっぱしな。(意味深・・)
次回はぜひ居酒屋で談義してもらってください。(^^)

では、どうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

さて、今日は震災の日です。

以前も書いたとおり、あのときから、神戸の町の風景は何もかも変わりました。

たとえ、身内に犠牲者が出なかった人でも、あのとき味わった喪失感は・・今もどこかでくすぶっていると思います。通い慣れた商店街がなくなった、映画館がなくなった、ファッションビルがなくなった・・・神戸はご存じのようにおしゃれな異人館やレストランやお菓子屋がたくさんあります。でもあの震災で老舗のレストランやコーヒーショップ、歴史あるホテルなどもずいぶん消えております。

そして綺麗なおしゃれな町神戸は新しく生まれ変わってきました・・・・

その事は私たちに希望をくれます。

でも、同時に寂しさもあります。もう、13年もたちましたので、その場所に元々は何があったかだんだん記憶で追えなくなってきました・・開発も進んでいってます。でも・・・せめて今日くらいは立ち止まって昔の神戸の様子を思い出してみたい・・そんな思いでむかえた今朝でした。

美し都 We love Kobe がんばろや (作詞 阿久悠 作曲 平松愛理)

忘れはしないでしょう あなたと私が

巡り逢い恋をした 美し都を

そぞろゆく人までが 小粋に飾って

人生を謳歌した 美し都を

あそこ行ったら 即興詩人にくどかれる

あそこで出会ったら 希望という名の船に乗る

花ようたえよ 鳥よ羽ばたけ

人間万歳 人間ブラボー 

美し都で また逢いましょう

We love Kobe がんばろや

We love  We love

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい







 
平和が軍事よりセクシーになるとき・・

昨夜の伊勢崎賢治さん出演「爆笑問題の日本の教養」ご覧になりました? 

 昨日の話のキモは 正義の脆弱せい・・ではなく、「軍事はセクシー」であり、それに対抗出来るだけのセクシーさを平和勢力も身につけようだった、とおもった・・・ (え、違うって??まあいいじゃん)

 

では、どうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  



 太田君が「平和はダサくて日常のものだからセクシーでなくても良いのでは?」と言ってましたし、お玉も本来そう思うのですが・・伊勢崎さん曰く「軍事のセクシーさに平和は確実に負けてしまう」負けないためにはセクシーにならないと・・・と例えばマスコミをもっと利用したほうがいい・・という話しも出てました。。。

軍事のセクシーさがお玉には分らないんですが、つい、闘うことに憧れてしまう若者(だけではない)の気持ちと言うことでしょうか?闘うことに酔ってしまう、そういう気持ちかな?軍事ものへの憧れとか??軍事だけではないですよね、人間は本来「闘うこと」が好きなのかも知れない・・・だから「平和は闘い」と昨日の題がついてるんだと思いました。

平和を「格好良くする」ために必要な人が「伊勢崎さん」だとお玉は以前から思っていたのですが、なるほど、セクシーですか・・・・

「僕がセクシーだったらもっとテレビに出るんだけど・・・」大丈夫、伊勢崎さん、あなたは充分セクシーです。
見た目からもっとイカツイ話し方だと思ったのに、そのソフトさも好感度高い。

isezaki


たったの30分では彼の紹介と、さわりの部分しか触れられなかったけれど・・
やはり
今度出る新刊早く読みたいです。

しばらく日本にいてくださるのかな?一度この方の講義に出てみたいなあ。

 
不安払拭・・・できるか?

さあ、しつこいですけど、今晩の伊勢崎賢治さん出演の「爆笑問題 日本の教養」見てくださいね。

爆笑問題の日本の教養 

(NHK総合1月15日23時~)##大阪は深夜1:40

FILE023:「平和は闘いだ」

では、どうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

さて・・・改憲への動きが鈍りました。
その事が目に見える形で感じられたのは今日の2008年度、自民党運動方針案でしょうか。


東京新聞より
危機感前面の自民 08年運動方針案改憲より『不安払拭』

2006年度 改革、加速

2007年度 美しい国 日本

だったそうで・・今となれば本当に、どよ~~んと嘘っぽさが全面に出た情けないキャッチフレーズですね・・・

例年、そのときの総裁のお言葉がそのまま使われるらしいのですが、今年は福田総裁の「誠実、着実に」は不採用だそうで・・え、何で、結構お玉の中では好感度高いネームだと思ったのに・・

運動方針案起草委員長の坂本剛二組織本部長は「『誠実に…』は二-五年かけて実行する話。次期衆院選をにらめば、今年は厳しい表現しかなかった」と説明する。 

重点政策では、格差是正、農林水産業、中小企業対策、地方の社会資本整備の推進をトップ項目に据え、小泉、安倍両総裁のときに最優先にしてきた「憲法改正に向けた国民的論議の喚起」は後ろに回した。

 坂本氏は「憲法や教育など『国のかたち』にかかわる政策を進めてきた結果、生活者や地方を置き去りにしていると誤解された」と指摘。その反省から、今年は「不安払拭(ふっしょく)に取り組む福田色」(二階俊博総務会長)を強く打ち出した結果だ。

負けが込んでくるとなかなか良いことをおっしゃる。でも、坂本さん、それ、誤解じゃなくて事実です・・

そして選ばれた今年のキャッチフレーズ

「不安払拭」

うん・国民の「不安払拭」・でもそれは何の不安払拭?国民の「政治に対する」か、「自民党に対する」か「現政権に対する」かそれとも「生活、将来への」か・・・・・まあ、全部だよね。

##まさか自民党員の為の「不安払拭」ではないよね。

僅か一年で安倍さんがあれほどわめいていた「美しい国」や「憲法改正への取り組み」・・・・・あれは何だったのだろう?

でも、安心はまだまだできない。

ちょっとのことで風が変わってしまう。それがお玉はとても怖い。

求めるものは変わらないはずなのに・・・・

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい

 
ルワンダの赦し・・それと、もっかい伊勢崎さんの番組宣伝



今日の朝日新聞の話を書こうと思ったら、「ブログ編集者が見た世界と日本」の松竹伸幸さんに先を越されてしまいました・・・この方に書かれてしまったらお玉が書くのを躊躇してしまうじゃないの~~ (涙目)

どうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

「ブログ編集者が見た世界と日本」
ルワンダの和解

↑とりあえず上記の文章を読んで頂きつつ・・・・お玉もひと言。

ホテルルワンダを見ているものとして、この話は衝撃的でした。

残虐に人を殺した側の部族が、囚人として、殺された側の部族の家の再建に取り組む。松竹さんも書くように赦せる人もいれば赦せない人もいる・・・どれほどひどい虐殺だったかを考えるとき赦せない方が当たり前なはずなのに・・・それでも和解しようと努力をする・・人の心って何なのでしょうね・・・・そして和解交渉をすすめ、国の再建に努力する。そう、一番大事なことは何なのか、それを考えたからこその行動かも知れない。けさ、記事を見たとき、何故でしょう・・・泣きそうでした。それを松竹さんが書いてくださったのが、これまたとても、とてもうれしかったです。

さて、で、ここからは明日の夜の伊勢崎賢治さんの出演する番組の宣伝もかね、ちょこっと松竹さんのブログを引用・・・

テロ新法再可決の日に

伊勢崎賢治さんの本を出版することはすでに予告済み。『自衛隊の国際貢献は憲法9条で 国連平和維持軍を統括した男の結論』。
 国際貢献のために憲法9条を変えようという議論を粉砕したい。国際貢献のためにも9条なのだということを明らかにし、護憲の戦線を圧倒的に広げ、世論と改憲勢力との矛盾を深刻なものとしたい。国会で共闘がどうなるとかをはじめ、国会状況はあてにならないから、国民世論で勝負しなければならない。
 そのためには、この本が、多数の人びとに売れていく必要がある。そのためには、こういう議論が、多数に支持されていることを、事実で示していく必要がある。
 ということで、国会で何をしてきたかというと、国会議員への働きかけである。自民、公明、民主、共産、社民の5党議員に対し、この本を推薦し、「帯」に名前を連ねてほしいと要請した。
 護憲の本に5党幹部から推薦があれば、展望が生まれますよね。護憲の世論は、改憲をかかげる政党にも、すごく影響を与えているということがわかるから。
 すでに、与党、野党の3人(3党)から同意を得た。編集の仕事というより、オルグをしているという感じだが、頑張るぞ。

松竹さん、どうか、頑張ってください。

余談ですが・・お玉は日本国憲法の「悪魔」に心を売っている・・
なので、お玉のいう共闘というのは、「護憲」(もしくは自民党憲法草案反対)に声を上げている人は本来は、みなお仲間・・・・

自民党内でも護憲派に「取り込める人」がいれば誰であってもこれもお仲間・・

そもそも憲法にこだわってやってきたブログです・・・・聞く耳のある人は全てお仲間にして、「憲法を護る」のです。

その意味で、 帯に5党議員の推薦をもらうなんて・・なんて良いアイディアでしょう。この本がより広い世界の方々に受け入れ、ベストセラーとなりますように・・・・お玉も気合い入れて宣伝します。

爆笑問題の日本の教養 (NHK総合1月15日23時~)##大阪は深夜1:40

FILE023:「平和は闘いだ」

(平和構築学)

止むことのない戦火---。冷戦終結後の1990年以降、世界各地で発生した軍事紛争は150を超える。そんな世界の紛争地の最前線で平和構築に尽力してきたのが伊勢崎だ。数々の修羅場をくぐってきた学者が登場。爆笑問題を待つ。
平和構築学とは、戦争が発生する原因を突き止め、紛争を回避し、平和をもたらす条件を科学的に探る学問。政治学・社会学・経済学など様々な学問が応用される実学なのだ。伊勢崎は、約10年間内戦が続いたアフリカ・シエラレオネでは国連の一員として武装勢力の武装解除を担当。タリバン政権崩壊後のアフガニスタンでは、外務省の依頼で約6万人の兵士たちの武装解除を成功させ、『紛争屋』として名を馳せる。
  伊勢崎は今、海外の研究者たちと共に、積極的に和平工作と復興協力を行う「つくる平和」を実現する方法を模索している。
紛争はなぜ起こるのか? どうすれば世界の平和は実現するのか?
今、日本が求められている役割とは何か? 爆笑問題が挑む。

伊勢崎

##時間はそれぞれの地域でご確認下さいませ。

あ、松竹さんもおっしゃるように、

この番組でもエッセンスはわかるが、深いところは本を読まないと理解できないので、買ってくださいね。

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい

 
給油新法案きょう成立』憲法59条適用 是か非か

ブログ「編集者が見た日本と世界」の松竹伸幸さんが、お玉の記事を伊勢崎賢治さんの新刊本に絡めてちょこっと紹介してくださいました。ものすごくうれしかった・・・なので関連記事を書こうとしていたら・・・・

 先ほどコギトエルゴスムさんより緊急要請がありましたので、、ここにコメントの全文をブログ記事として、掲載させて頂きます。m(_ _)m

どうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

###一部お玉が赤字で強調しております・・では!どうぞ!!

~~政治ブロガー予備軍コギトエルゴスムさんの記事!~~


ブロガー要請ショックで、私のPCが不調になってしまいました。文章短縮が不能です。長いけど載せてください!


12月11日の東京新聞の3面に『給油新法案きょう成立』憲法59条適用 是か非か」に、お玉さんの 好きな小林節先生が出て「非!}と怒ってました。 対して、米国におべっかを使って「是」としたのは、多分お玉さんが大嫌いなタイプの男、村田晃嗣。

<先ず、小林先生への質問と答え>
Q.与党は再可決は憲法で与えられた権利だと主張していますが?
小林「再可決は特殊な例外だ。憲法59条も(原則は)衆参両院で可決した時に法律になるとしている。それを自民党は参院で否決されたら衆院で2度目の可決をするのは普通という言い草。勘違いだ。二院政はひとつの議会でいいはずのところを二つにするこによって民意を正しく反映する方法。二つがそろわなかったら廃案にするのが原則だ」

Q 衆院で与党が3分の2を占めているという現実がある?
小林「衆院は解散があるから常に新しい民意にさらされているという覚悟が前提にある。しかし、昨年の参院選で自民党は凋落した。これに対して衆院は2年前の民意。どうしても重要だというなら、福田首相は「私に3分の2をください」と言って、衆院を解散すべきだ


小林先生の立派な答え↑に比べて、村田某の受け答え↓の卑怯でお粗末なこと!!

Q.再可決は妥当か?
村田「行使するかは政治の意志の問題。事例が再可決に値するどうかは個別の判断だが、首相が決意し、与党がそれを行使することは憲法上、なんら問題はない。」
Q。給油新法案は行使に値するのか?
村田「値するようになってしまった。安倍晋三前首相が政治生命を賭す、とまで言ったことで国際的な関心、重要度が高まった。
首相が言えば野党が反対するのも当然。今国会最大の争点にしたため、法案が成立するかどうかが、あたかも日本の国際貢献、今後の日米関係のリトマス紙のようになってしまった」
Q。野党は世論の合意がないと批判している?
田村「安全保障の問題では賛成、反対、分からない が、3分の1ずつというのが世論の典型的なパターン。生活への密着感がないから明確な世論は形成されない。形成されるまで行使すべきではないというのはナンセンスだ。
Q 再可決は昨年の参院選の「民意」を無視しているとの指摘がある?
村田「参院選の主な争点はテロの特措法でなく、年金問題だった。
与党が野党の言い分を聞かずに年金改革を進めるなら、民意を無視することになるが、そうではない。」

コギト「村田氏の論こそナンセンスですよね。
小林先生のお話を載せているブログがありました。村田某のことは話題にもしたくないのか記載なしでした。

【『第7官界彷徨』 - 楽天ブログ(Blog)薔薇豪城@Re[1]:民意はどこ?給油新法再可決(01/11)New!abi.abiさん>ほんとに良いたかないけ. .... 今朝の東京新聞で、慶応の小林節さんが言ってました。 与党が衆院で再可決することについて。 「信じられない。世論調査を見ても、給油活動再開への ...
plaza.rakuten.co.jp/articlenine/】」

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい

 
真の敵に怒りを向けよ 1

もう常連の方はお気づきのように私は「お玉」という主語をやめてお話ししております。今の「お玉」は普段の素な「私」として語りかける姿であるべきと思ったからそのように書いてます。
本当は似非科学や陰謀論の事を書くべきでしょうか?これらのことに対する私の怒りは深いです。深いからこそ今まで取上げることができなかった。でも、その事を非常に後悔しております。・・・・・なぜ、今までブログで取上げなかったか、その間私がやってきたことは何だったのか・についてはいずれ必ず書くとお約束させて頂きますが・・・・

どうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  



それはそれとして・・・・・

今は何より問題なのはこの、どうしようもなく「情けない」リベラル上位ブログの状況でしょう・・
私は多分どのブロガーよりも微妙な位置にいるのかも知れません。
もともと、どこにも属さないことを「ウリ」にブログを運営しておりました。ただ、この秋によく分らない(あえてこう書きます)ブログ界のごたごたを目にして、先日まではじめて共闘バナーを貼りましたが・・・私にはやはり無理と判断して外しました。

それは、どこにも属したくないからです。自由でいたい、ただそれだけでした。
「怒りの矛先がおかしい」安倍元首相が辞任してから段々その思いが強くなりました。
何に対して批判して良いか、以前ほど明確に糾弾出来ない・・そんな状況が何ヶ月も続きました・・アクセス数もランキングも右翼ブログに抜かれる・・・その理由もよく分らない。でも時々書く過激な記事にアクセス数もポチの数も集まっている・・
実はその事にみな、気がついていたと私は確信しております、
私自身何日も「わたしらしくない記事」が続いたことがあります。

ごめんなさい、時間切れです。

今日はここまで・・・

 
平和は闘いだ

いきなりなんだか、過激な題名ですが・・これは NHK番組 「爆笑問題の日本の教養」の次回のお題です。

武装解除  -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)
(2004/12/18)
伊勢崎 賢治

商品
この本をはじめて読んだ頃は、まさか、これほどテレビで「メジャー」になる方だとは思っていなかったのですが、今ではいろんな所に引っ張りだこですね。

どうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

自民党および民主党の一部の議員さんも戦争、紛争現場のことをよく知っているこの方の発言の重みをもう少し感じて、「自分の言葉で発言して頂けたらなあ」と思います。(あり得ないんでしょうが・・)

海上自衛隊によるインド洋での給油活動を再開するための新テロ対策特別措置法案(給油新法案)はいよいよ今日の午後衆議院で再可決して通ります・・・

福田首相は「続かないことになった場合、諸外国の日本を見る目はずいぶん変わってくる。断固としてやらなければいけない」といってますが、その諸外国ってどこのだれのこと?

伊勢崎さんが9条がある日本だからできたとする「武装解除」や「和平工作」で諸外国に受けている「評価」、実はアメリカの軍からも感謝されているという話(昨年の国会での質疑で出ています)に対しての矛盾には福田さん、答えてないんですよね。

これで伊勢崎さんが憂うような、紛争地域での日本人被害者(自衛隊員も含む)が出た場合・・だれが責任とるのでしょうか・・・・・

爆笑問題の日本の教養 (NHK総合23時~)##大阪は深夜b1:40

FILE023:「平和は闘いだ」

(平和構築学)

止むことのない戦火---。冷戦終結後の1990年以降、世界各地で発生した軍事紛争は150を超える。そんな世界の紛争地の最前線で平和構築に尽力してきたのが伊勢崎だ。数々の修羅場をくぐってきた学者が登場。爆笑問題を待つ。
平和構築学とは、戦争が発生する原因を突き止め、紛争を回避し、平和をもたらす条件を科学的に探る学問。政治学・社会学・経済学など様々な学問が応用される実学なのだ。伊勢崎は、約10年間内戦が続いたアフリカ・シエラレオネでは国連の一員として武装勢力の武装解除を担当。タリバン政権崩壊後のアフガニスタンでは、外務省の依頼で約6万人の兵士たちの武装解除を成功させ、『紛争屋』として名を馳せる。
  伊勢崎は今、海外の研究者たちと共に、積極的に和平工作と復興協力を行う「つくる平和」を実現する方法を模索している。
紛争はなぜ起こるのか? どうすれば世界の平和は実現するのか?
今、日本が求められている役割とは何か? 爆笑問題が挑む。

伊勢崎

##時間はそれぞれの地域でご確認下さいませ。

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい

 

HERIKUTUなる日々 のjabberwockさんの記事ですが・・

ココロして聞くべき所があります。

私は正月からしばらく、ぶいっちゃんのブログを訪問していなかった・・覗いたときにはもう騒動がかなり進んでおり、そんな中、後付のたんぽぽさんのコメント欄そして、いまだ続いている数日に渡る批判エントリーをまず見てしまったといういい訳はあります。

なので、今現在たんぽぽさんブログで書かれていることが良いとはどうしても思えなかった。

ただ、その上で、

では、私がもし同じ事をされたらどうしたかと言えば、確かにjabberwockさんのいうようにたんぽぽさんの問いかけに「間違いであった」ということを認めた上で、「その議論姿勢に疑問を呈した」であろうと思う・・・実際うちはそんなことしょっちゅうですし・・・・うちはそういうやり方で今までもってきたようなモンだし。

でもそれを皆ができるのかというと・・かなりむずかしいのではないか?思います。
似非科学否定する人を「怖い人」と思っている方々の方が多い。 身構える人が実際いるのです・・
・・・と思うのは私の偏見でしょうか?(そうであって欲しいです)
だからこそ、一般ブロガーにたいして似非科学批判するときは相手の立場を思いやって言って欲しいのです。 で、ここから似非科学批判をするならば・・に思いがはせたわけです。

しかし、ここで、お玉が全く思っても見なかった視点をかめ?のgegengaさんから教えて頂きました。

イヤ、全体にいいたいことは分かるんですけどね、私が言いたいのは
「この部分は間違っている」ということなわけで
そして、その部分の間違いを、私は社会的に大きな問題だと思うわけで。

と言い続けると
「はいはい、わかりました」
と、軽くいなされる。
そして「なんか、しつこい人がきて、大変だね」的な反応を周り中からされる。

あまり愉快なことではないと思う。
わしだったら
「あなた様がおっしゃっていることはご立派で社会的影響力が大きく、私が言い続けていることは“どうでもいい”程度のことなんでございますね」
と、ぶちぎれそう。

これをよんで 反省しようと思ったのは、コメント数が多い、アクセス数が多いブログはそれだけで、「強い立場にあるのではないか?」というところです。発言すれば影響力も大きい。扇動力もある・・・ぶいっちゃんに対してというよりも、私自身が戒めるべき点でしょう。

お玉ブログはよそのようないわゆる人気ブログだなんて、思ってませんが(なぜならば、うちに来る半分は批判的立場の方ですので・・)記事にするよりもたんぽぽさんのおっしゃるとおり、たんぽぽさんのコメント欄でいえば良かったことですね。jabberwockさんのおっしゃる門前払いと言う言葉にもそのようには全く思ってなかったけれど、そうとられてしまったことに反省しております。たんぽぽさんにもごめんなさいです。

gegengaさんもおっしゃってましたが、元々はどちらにも「悪意はなかった」なのにこの状況・・・というところが真実でしょう・・・

それでもしつこく、似非科学批判の方法は考えて頂けたらなあと思う。すみません、私も強情で・・m(_ _)mこの一点だけはかつさんとも相違はないかと思いますが・・だめでしょうか・・

「真実探求の道具」・・使い方を間違うと、威力は発揮出来ない。 と常々思いつつ・・

ただ、論理的にとことんやらねばならない場合もあります。
似非科学を盲信する人たちとの「戦いです」(あえて戦うと使いました)
どんなにどんなに「論破しても」証拠や資料を出したとしても時間の経過と共にまた出てきてしまう人たち・・似非科学のいけないところは、それが社会運動や政治にまで関わることが多いということ・・・・・そして、何かのいかがわしい商売につながっていると言うこと・・ ・・こういう事と戦うとき、方法は選んでいられない・・

これはとても生半可にはできることではなくて、一生をかける覚悟で取り組んでおられる方々のことを私は尊敬しております。

だからこそ・・・ブログという媒体の中でどう取上げればよいか、実はお玉ブログ初期からの悩みであります・・・・・死刑廃止論まで取上げて議論の場をもちながら、こと陰謀論にまつわる似非科学批判だけは、やってみる元気が出ないのです。

ああ、いま、たんぽぽさんがコメント入れてこられてますが・・まさか、そのコメントで指を動かしたなどとは私だっていいません・・・・ でもキチンと諭したのだろうかと問われれば、それは違うかな?とも思います。


 
割り箸論争・

なんか、お正月からのエントリーの方がやっと落ち着いてきたみたい。(いや、そうではなくて、お玉は別ごとで暴れるので、みんな遠慮してくれてるんだよね・・(^_^;))

コメントもようやく止まりましたし、最後の方は存続、廃止ともエール送りあい(いやそれは違うけど)

なかなか良い意見が出てきてましたね。

今年もどうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

すこ~~しお疲れなので、今日は休息します。で、さわりだけ・・

実はねえ・・お玉、以前から一度ここでやりたかった議論に「割り箸は環境破壊なの?」ってのがあります。
ただ割り箸を作るためだけに森林伐採して環境を破壊している・・だから割り箸は絶対にダメ!!というのは本当なのか?
バブル全盛期に盛上がった「割り箸は熱帯雨林を破壊している」という説にマスコミも出版業界も飛びつきました。

お玉は箸の持ち歩きはしてません。なるべく家では割り箸を使いません・・でも割り箸ってほんとうに環境破壊か??と前々から疑問には持っていて・・・で、こんな本読んでみた・・・これ、結構おもしろい!!中身については・・いずれまた・・・

割り箸はもったいない?―食卓からみた森林問題 (ちくま新書 658)

割り箸はもったいない?―食卓からみた森林問題 (ちくま新書 658)
(2007/05)
田中 淳夫

商品詳細を見る

 

 

 

 

 

 

tag : 割り箸

 
なかなか寛容になれないときもあるさ・・・

 お玉はいろんな所で「嫌われている」ので、もうよそで何書かれても気にしてないんですが・・・大抵「声の大きい人に嫌われる・・」お玉のことがカンに障る人にはお玉ってものすごく「偽善者に見える」らしい・・多分その通りなんでしょう。まあ、色々と言われておりますので、お暇があれば検索して読みに行ってみてくださいな。

今年もどうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

・・・でもちょっと自慢なのは右派にだけ、左派にだけ言われているのではなく、その両方に「アンチお玉」が存在するところ・・

両方にちゃんと一喝しているからだと・・・(爆)え?かえって問題じゃないかって?・まあ、確かにねえ・・でもねえ、その分うちのコメント欄は右派も左派もにぎやかですから、お玉、全然寂しくないし孤独でもないのでいいんですよ~

しっかし・・何で、そうまで「善ではなく寛容を立てる」のがむずかしいのでしょうねえ・・・・ 声の大きいもの勝ちみたいなの、そろそろやめれませんかねえ。思想信条で議論を通り越すことはある程度仕方ない・・・・

相互理解はむずかしいかも知れない・・でも、「共闘しよう」と思っているはずの人たち同士がなんで足を引っ張り合ったり、ひどい言葉でなじったりばかりやらかすんでしょうねえ・・ときに右派系有名ブログの「上から目線」の方が優しさを感じることもあります。

左派の方々の方が手厳しく仲間をやりこめますよね。なんででしょう??で、そういう人たちに晒されるのが怖くて、表向きはだま~~って仲良しのフリをするしかない人たちも大勢います・・・

まあ、偉い護憲派の大学教授などでさえ、
「言葉のダイナマイト」を投げつけてしまう事への反省を書いているのですから・・お玉らブロガーが多少暴れるのはしょうがないか・・・・

「国家は僕らを守らない」田村 理より

きっと人の数だけ正義がある。だから、自分の正義を主張することは大事だが、それを認めない人を排除しないように努力しよう。 (スッパマンが正義の味方なのに銀行強盗を助けて怒られたとき、逆ギレして銀行にダイナマイトを投げつけてところを指して) ダイナマイトは投げつけないけど、「僕の正義」を認めない人に「言葉のダイナマイト」を投げつけてしまいたくなる。気をつけても、気をつけても・・・・・・

とか言いつつ・・・お玉ももう少し喜八さんのスルー戦術を見習わねば・・・・

追記(1月9日19時50分) というわけで~もともと緩かろうが、堅かろうが共闘というのが苦手なお玉ですので・・しがらみを感じないUTS以外のバナーは外すことにします・・・一喝するにしろ、スルーするにしろ、 お玉は結局自由でいたい。一番どうしようもなくわがままな奴です。

ん??アマゾネス??あれはそういう類の物と違うから・・・(爆)

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし(って今日は書いてるけど)、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい

 

 
水の話は信じてないけどさ。

正月早々に重たいテーマで一週間を過ごしましたので・・ちょっとブルーなお玉だったのですが、充分な睡眠と「のだめカンタービレ」でちょっと復帰(^^)

今年もどうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

さて、水からの伝言というのをご存じですか?

綺麗な言葉で話すと水は美しい結晶を作るそうです
汚い言葉で話すと 水は汚い結晶しか作れないそうです・・

ああ・・怪しげ・・・科学的論拠に基づくと言ってる人がいるらしい
ますます怪しげ・・・・ 何が基準で「美しい」「汚い(美しくない)」なんでしょう???

お玉もあれは信じて(もしくは信じずとも)人に話すのはちょっと・・と思っております。ただ、それは科学的かどうかではなく、問題なのは、あれを道徳の授業で使った事だとお玉は思ってるのです・・・

水からの伝言を信じないでください

美しい結晶 汚い結晶という定義で話すことが、なんか汚い物はダメというレッテル貼ってるみたいでお玉は嫌・・・
美しい言葉はいいけれど、汚い言葉は良くない。汚い言葉ばかりは発していると体の中の水も汚れる(心も汚れると言うことかな)・・というくくりで子供達に授業されてる現実を知っていると、この「水からの伝言」が怪しげに見えてくる・・ ・・なにやら、安倍政権時代の教育再生会議っぽい怪しさを感じませんか?

ということにつきると思うのだけど、どうだろうか?・・・

でもね、なんでこれだけの話なのに、攻撃的に「それは間違っている!!」と言わねばならない?しかも、二年も前の記事に絡まずとも・・それならばまずメールで聞けばいいと思うが・・・とよそのブログで正月早々もめてるのを見て思いました。「水の話がでたらめでヤバイ話と思っている」人達の中で、お玉と同意見であのブログを見ていた人が多いと思っておるんですが・・どうでしょうか?

「ああそうか、そういう考え方だから信じちゃいけないんだ」と多くの読者に伝えられないのであれば、全く書いてる意味がない・・・・科学的知識を全面に出し理詰めの長文で批判するだけでは「似非科学批判」は一般人にとって、まったくの逆効果です。・・・などとお玉ごときが偉そうに書いてみる・・・・

ああ、ゆるい共闘が何故出来ないんだろうねえ・・自分の言うことだけが正しいわけではないのに・・いえ、たとえ正しいとしてもです・・なぜ「こうあるべき論」を振りかざすんでしょうねえ・・・

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい

 
テロリストを赦すということ

お玉はテロという行為が許せません。ブット元首相が暗殺されてしまいましたが、いつ襲われてもおかしくない中で、上半身を車から出して街頭での活動を続けていた彼女は確かに見ようによっては「無謀」です。。警備に問題はなかった、彼女の自己責任・・のようにムシャラフ大統領は言っているようですが、でもそうせざるおえないほどの状況がきっとあそこにはあったのだとお玉は思います。

さて、今年もどうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

 さて、アフガニスタンの話を少しだけします・・というか伊勢崎賢治さんの考えている和平への道について・・でしょうか・・・

伊勢崎賢治 15歳からの国際平和学

アフガニスタンで行なわれていること 国会に行って来ました。

自爆テロがどんどん過激さを増して、アメリカと多国籍軍により一般人や子供達が巻き添えになる「コラテラル・ダメージ」がどんどんひどくなってきているそうです。伊勢崎さんがアフガニスタン大使のアミンさんに「日本に一番訴えたいことは?」と聞いたとき、アフガニスタンへの支援ではなく、このコラテラル・ダメージを訴えたいと言われたそうです。

ショックです。支援よりも「味方」のはずのアメリカと周辺国の爆撃の巻き添えを何とかして欲しいと切実に思っている・・・・

これ以上の巻き添えによる一般人の被害は外国部隊への憎悪へ向かう・・

イギリスの国防相は和平の過程で「タリバン」が関与する必要があると公式にいっています。タリバンとの和解をカルザイ政権が考え、恩赦法を作り少しずつ実行している・・というのもそうしなければ、コラテラル・ダメージの終わりが見えない・・という追いつめられた思いもあるのでしょうか・・そして伊勢崎さんはこのようなことを続けています。

テロリストを赦す。 

自衛隊派遣に反対する、特に護憲派勢力(僕もその一人なのですが)が、これこそ平和憲法の精神に沿った方向だ。日本は、この和解に向けて支援をするべきだというような声が聞こえてくるようですが、ちょっと待ってください。  

テロリストを赦すことは、その被害者、もしくはその家族の大変な痛みを伴うことはシエラレオネのケースで述べたとおりです。事実、このアフガンの恩赦法は、日本では全くと言って報道されませんでしたが、欧米で大変な物議を醸し出しました。あたり前です。人権に関する国際倫理を根底から揺るがすと、人権団体は警戒感を表明しています。でも一方で、ここまでしないと、対テロ戦の活路はないということも自明であるから、目立って反対はできない。正義か、平和かのギリギリの選択なのです。

この話と共に・・・・・今まで密やかにおこなっていたアメリカのための給油活動・・ばれていなかったから美しい誤解をうけ、尊敬されていた日本でしたが、 ここにきて、日本が諸外国に目立たせてしまった「テロ特殊法」のせいで、今後アフガニスタンで日本人の被害者が出てくるであろう事を伊勢崎さんは警告しています。

衆議院TV (11月5日をクリックください。)

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい
 

tag : コラテラル タリバン 伊勢崎賢治 テロ特殊法

 
大阪市の無駄遣い・・でも株よりは良い投資か?

思えば、昨年のこの時期は「改憲しても徴兵制になるとは限らない」と書いたが為に護憲派の一部の方々より手厳しいご意見を頂き、この時のコメント欄はなんと126件!!!この件は未だにまったく持論はかえておらず・・・・・・逆にそれが一般にも知られるところになってきたように感じてます。ああ、時代の先取り(^^)(爆)

そして今年は死刑廃止でコメント欄大盛り上がり・この分ではもう少し続きそうな予感・・でも、人の書いてることをちゃんと読んでよ。なんか堂々めぐりしているくせに気がつかないで、持論展開で押してくる方いるようですけど、そろそろ正月休みも終わりますし、今後の議論上しんどいかも知れません。(ご本人が)

お玉って暇だと勝手に物議醸し出すようで・・・・なぜ正月をのんびりと過ごせないんだろう・・・(^_^;)

さて、今年もどうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

今日は気晴らしに・お酒の話題・

大阪市にはワインミュージアムっていうのがあります・・
お玉は飲むのは大好きですし世界のワインの歴史とか、蘊蓄とか、知ることも楽しいだろうなあと思うので、こういうミュージアムがあっても良いと思う・・・

思うけど・・


朝日新聞より
宙に浮く秘蔵ワイン 赤字の大阪市、展示施設休館へ

このミュージアムに保存してあった秘蔵のワインの値打ちはすごい物らしいです・・1900年の「シャトー・マルゴー」、21年の「ロマネ・コンティ」、49年の「シャトー・ペトリュス」……あと、80年代の希少価値の高いワインもたくさん保管されているそうです。

ミュージアムの貯蔵場所で保存していただけで一般公開していたわけでもなく、いったい何のために買ったんでしょうねえ・・ああ、もったいない・・・・でも元手500万円で今や倍以上に値の上がったワインもあるので、株よりは良い投資でしたね。

・・・・ちなみにお玉は、ワインは赤が大好き。そして、安くておいしいのが一番好きです・・・あとヤギさんのチーズとバゲットさえあれば何も文句言わない。

ワイン

 

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい
 
コメント欄より・・

たくさんのコメントを頂きました。私たちは死刑の存続も廃止も、そのどちらを訴えるにしても、もっと多角的にとらえて解りやすく話せるようにならなければ、いけないのですね。人権だけを訴えても、被害者の気持ちだけを訴えても「対話」にはならない・・ということをふまえることができる、素晴らしいコメント、議論がたくさん見られました。

お玉カテゴリー 死刑廃止論

##これから投稿下さる方々へ・・どうかキチンとコメント欄を読んでから、それをふまえてご意見下さいますように・・中にときどき、全くコメントを読まずに書いてこられている方がおられますが・・それでは議論はできません。

さて、今年もどうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

 

中でも、Looperさん及びそれを受けるように書いてくださった愚樵さんのコメントが、一番多方面に向けての死刑廃止へのメッセージにつながるのでは・・お玉は思いました。残虐な殺人犯の責任を死刑という形で放棄させてはいけない・・

 「命が等価」なんて嘘
さて、挑発的なタイトルを提示しましたが。

「命が等価」なんてのは嘘です。大嘘。でも、大切な嘘。それが国と個人との違い。

個人にとっては命は等価ではありません。当たり前でしょう? 日々、報道で人の死が報道されています。時には扇情的に残された遺族の悲しみの様子を大写しにする。確かにそうした遺族の悲しみに接すると心動かされるのは事実。でも、それは他人の悲しみでしかない。

その証拠にしばらくすれば忘れるでしょう? でも遺族は忘れられない。これは第三者と遺族では命が等価ではないという証拠。人間は感情の動物であり、その感情においては「命は等価」なんてのは嘘だということ。もし、それが本当なら第三者だって遺族同様に悲嘆にくれることになり、こなすべき仕事だって手につかなくなる。報道を見たものすべてが仕事に手がつかなくなるなんて事態が起これば、経済にだって影響があるはず。社会に影響する巨大な個性が亡くなったときにはそうしたこともあるかもしれないが、通常はまずそんなことはない。これが現実。「命は等価」ではない。

だが国は、少なくとも民主主義国家はそんなことは言ってはいけない。「命は等価」でなければならない。それは私たちの祖先が多くの血を流して獲得した理念だから。たとえ嘘であっても、そうあらねばならない。これが個人と国との違い。個の感情と国家の理性の違いと言い換えてもよい。だからダブルスタンダードは当たり前。

遺族は加害者の命よりも被害者の命を重視する。だから加害者には人権を認めない。個の感情からすれば当然。だが国は、どちらの人権も認めねばならない。その地点に立ってこそ、Looperさんが提示した視点を持つことができる。

死刑はあくまで国の制度。国の制度は国家の理性によって立たねばならない。感情に支配される個人は、どうよくせいしようとも殺人を犯してしまうことがさけられない。が、理性に支配されねばならない国は、殺人を抑制することができるし、抑制せねばならない。「命は等価」で死刑を殺人と見なすなら国家の理性は死刑を廃止する方向へ向かうのが当然の帰結。

だが、「信なくして国立たず」という。この信は個人の感情に寄るのも事実。「当然の帰結」が当然に信を得る結果となるかどうかはわからない。
[2008/01/04 09:09] URL | 愚樵

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>レイプも誘拐も窃盗も詐欺も駐車違反も・・全て社会にも責任があり、みんなで罪を負え・・ということですか?

どなたかも言われてましたが、生まれつきの犯罪者がいない以上、私たちの社会には、犯罪の生まれる背景を放置し、その人を犯罪者にしてしまった責任が存在するのは当然のことです。
で、実際、その責任を社会が認めているからこそ、刑務所の運営費、犯罪被害者給付金などに税金が使われているのです。その犯罪者を生み出した責任を、私たちの社会はすでに負っています。にもかかわらず、最も責任の重い殺人犯にだけは、なぜかその責任を途中で放棄する・・・その根拠こそ何なのでしょうね?教えていただきたいです。

むしろ、なぜその殺人という犯罪を生んだ原因の証人である殺人犯の言動から、その犯罪の根を探り、2度と同じ犯罪を生まない教訓=被害者の命の尊さを生かす教訓を引き出そうとしないのでしょう?なぜ、その重大な犠牲の上に生かすべき教訓の根を簡単に絶やそうとするのでしょう?犯罪者だけを「死刑」にして、我々の社会がそこから何の教訓も得ず、何も変わらず、同様の犯罪者を生み出し続けていて、どうして被害者の命に報いることができると言うのでしょう?
> それとも、死刑だけが特別なのでしょうか?

死刑という刑罰が、懲役刑とは質的に全く異なる特別な刑罰であるのは論を待たないと思っていたのですが・・・
むしろ、殺人犯にだけ「死刑」という特別扱い(責任放棄)をする理由が分かりませんって話です。

[2008/01/04 00:11]  Looper

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい
 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。