2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
小沢さんの辞任・・・・

報道機関の批判・・理解出来る面もある。でもこのタイミングでやめる小沢さんの意図は全く読めません・・・小沢さんは40代後半の頃から「総理大臣の座は別に欲しくない」と言っていた人・・・・この人の真意はなんだろう・・今、お玉は猛烈に眠いので、夢の中で考えて見ようと思う。


とりあえず、本日もポチッとお願いいたします~~m(_ _)m



 


朝日新聞より・・今日は全文載せましょう・・


小沢氏「混乱にけじめ」 「報道に憤り」とも 会見全文



2007年11月04日18時48分



 民主党の小沢代表が4日、開いた辞意表明会見での全発言は以下の通り。(別に質疑応答での全文発言)


 民主党代表としてけじめをつけるに当たって私の考えを述べたい。福田総理の求めによる2度にわたる党首会談で、総理から要請のあった連立政権樹立を巡り、政治的混乱が生じた。民主党内外に対するけじめとして、民主党代表の職を辞することを決意し、本日、辞職願を提出し、私の進退を委ねた。


 代表の辞職願を出した第1の理由。11月2日の党首会談において、福田総理は、衆参ねじれ国会で、自民、民主両党がそれぞれの重要政策を実現するために連立政権をつくりたいと要請された。また、政策協議の最大の問題である我が国の安全保障政策について、きわめて重大な政策転換を決断された。


 首相が決断した1点目は、国際平和協力に関する自衛隊の海外派遣は国連安保理、もしくは国連総会の決議によって設立、あるいは認められた国連の活動に参加することに限る、したがって特定の国の軍事作戦については、我が国は支援活動をしない。2点目は、新テロ特措法案はできれば通してほしいが、両党が連立し、新しい連立体制を設立することを最優先と考えているので、あえてこの法案の成立にこだわることはしない。


 福田総理は以上の2点を確約された。これまでの我が国の無原則な安保政策を根本から転換し、国際平和協力の原則を確立するものであるから、それだけでも政策協議を開始するに値すると判断した。


 代表の辞職願を出した第2の理由。民主党は、先の参議院選挙で与えていただいた参議院第一党の力を活用して、マニフェストで約束した年金改革、子育て支援、農業再生を始め、国民の生活が第一の政策を次々の法案化して、参議院に提出している。しかし、衆議院では自民党が依然、圧倒的多数占めている。


 このような状況では、これらの法案をすぐ成立させることはできない。ここで政策協議をすれば、その中で、国民との約束を実行することが可能になると判断した。


 代表辞任を決意した3番目の理由。もちろん民主党にとって、次の衆議院選挙に勝利し、政権交代を実現して国民の生活が第一の政策を実行することが最終目標だ。私も民主党代表として、全力を挙げてきた。しかしながら、民主党はいまだ様々な面で力量が不足しており、国民の皆様からも、自民党はだめだが、民主党も本当に政権担当能力があるのか、という疑問が提起され続けている。次期総選挙の勝利はたいへん厳しい。


 国民のみなさんの疑念を一掃させるためにも、政策協議をし、そこで我々の生活第一の政策が採り入れられるなら、あえて民主党が政権の一翼を担い、参議院選挙を通じて国民に約束した政策を実行し、同時に政権運営の実績も示すことが、国民の理解を得て、民主党政権を実現させる近道であると判断した。


 政権への参加は、私の悲願である二大政党制に矛盾するどころか、民主党政権実現を早めることによって、その定着を実現することができると考える。


 以上のような考えに基づき、2日夜の民主党役員会で福田総理の方針を説明し、政策協議を始めるべきではないかと提案したが、残念ながら認められなかった。


 それは、私が民主党代表として選任した役員から不信任を受けたに等しい。よって、多くの民主党議員、党員を指導する民主党代表として、党首会談で誠実に対応してもらった福田総理に対しても、けじめをつける必要があると判断した。


 もう一つ。中傷報道に厳重に抗議する意味において、考えを申し上げる。福田総理との党首会談に関する報道について、報道機関としての報道、論評、批判の域を大きく逸脱しており、強い憤りをもって厳重に抗議したい。特に11月3、4両日の報道は、まったく事実に反するものが目立つ。


 私の方から党首会談を呼びかけたとか、私が自民、民主両党の連立を持ちかけたとか、今回の連立構想について、小沢首謀説なるものが社会の公器を自称する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれもまったくの事実無根。党首会談、および会談に至るまでの経緯、内容について、私自身も、そして私の秘書も、どの報道機関からも取材を受けたことはなく、取材の申し入れもない。


 それにもかかわらず事実無根の報道がはんらんしていることは、朝日新聞、日経新聞を除き、ほとんどの報道機関が、自民党の情報を垂れ流し、自らその世論操作の一翼を担っているとしか考えられない。それによって、私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した明白な中傷であり、強い憤りを感じる。


 このようなマスメディアのあり方は、明らかに報道機関の役割を逸脱しており、民主主義の危機であると思う。報道機関が政府与党の宣伝機関と化したときの恐ろしさは、亡国の戦争に突き進んだ昭和前半の歴史を見れば明らかだ。


 また、自己の権力維持のため、報道機関に対し、私や民主党に対する中傷の情報を流し続けている人たちは、良心に恥じるところがないか、自分自身に問うてもらいたい。


 報道機関には、冷静で公正な報道に戻られるよう切望する。


otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。書きっぱなしなお玉記事ばっかしでごめんよ~~・やっとこさ、ゆっくりブログをかけそうです・・コメント欄も放置してごめんなさい。それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい


 
Secret
(非公開コメント受付中)

小沢一郎「投資ファンドのマネージャー」説
日頃、愛読しているコラムで、小沢氏の辞任に関して面白い見方↓が載っていましたので紹介します。

http://plaza.rakuten.co.jp/yizumi/diary/200711040000/

確かにそのような一面があるような気がします。


「小沢さんはアメリカからのオドシ?に恐怖感を感じたのだろう」と、亀井静香氏は語った。
昨日11月4日(日)朝のフジTVの「報道2001」」で、黒岩キャスターが日テレの辛坊のごとく、ウヨ踊りをしながら、亀井氏にわざとらしい質問をしていました。(抜粋)↓

黒岩「小沢さんは衆院選挙で勝つ自信がなかったのでは? 不安があったんで方針転換したんじゃないですか?」
亀井静香「、いや、別の理由がありますね。」
黒岩「どうゆう理由?」
亀井「そう、けいけいに、言えないけど・・。」
黒岩「思わせぶりなこと言わないで、言ってくださいよ~」
亀井「今の日米関係との絡みで、反米というレッテルを貼られたくない、という、一種の恐怖感が働いたのではないか。 ガソリンスタンドを残せって、大変な攻勢がありましたよね、アメリカを中心にして・・」
黒岩「エッ! じゃ、アメリカから脅されたんですか? 」
亀井「突っ張って行くことに不安感がよぎったんじゃないかな?」
黒岩「でも、それ、小沢さんの信念だったですよね? アメリカはそれに対して冗談じゃないって? そのアメリカの意識が小沢さんの態度を変えさせたって言うんですか?」
亀井「そうじゃないと、訳分かんないよね。」

・・・突然、従米老人・竹村健一が話を中断・・(略)・・・・・

黒岩「 なんか、あったんですか?」
亀井「で、ないのかな。 皆、そう思っちゃうんじゃないの、このままで行ったら・・・。」
黒岩「ホウ~、な、なんですかね?それ? なんか、つかまれてるんですか?」
亀井「私はそんなこと知らないけどね」   (・・・後略・・・。)

コギト「喜八さんのとこの、rさんの真似をしてみましたが、上手くいきませんでしたネ。

とにかく、この番組でも問責決議案はもう出せないと言っていたし、
夕方のTBSで、小泉マンセーの御用学者の御厨貴が、『これで衆院再可決も強行採決と批難されることはなくなった』と宣言していましたので、今後、自民党はやりたい放題です。

新テロ法の成立は確実です。しかし、アメリカは、最早、そんなことには興味はないのです。
先月のG7で、アメリカは日本に『消費税大増税』を厳命しています。
アメリカは、いよいよ、私達の懐に手を突っ込もうとしています。」


壊しや、と、よばれているそうですが
今の民主党を壊したい、ではなく、自民党を、その時代を、守りたいのかもしれませんね、小沢さん。元々、自民党の人ですから。


とりあえず、
小沢氏辞任は勘ぐられてもしかたがない点があります。連立拒否自体はまちがっていないのに。というかそうゆうことをしてもらうために民主党に投票した人はほとんどいないでしょう。
とりあえず、今言えることは、極度に冷笑主義にならないこと。どうせ政治家のやることはわからない、いくら投票しても関係ないというアパシーな気持ちにならないこと。なりたくもなるけど、皆がそうなって一番ありがたいのは誰か?それを望んでいるのは誰か?ほくそ笑んでいるのは誰か?ということです。


こんばんは。
小沢サン何が狙いなんでしょうか?

会見全文夕刊でしょうか。早いですね。
うちのほうでご紹介させていただきましたので、お知らせまで。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 きのうの記事で、中曽根元首相と讀賣新聞のナベツネが大連立の筋書きを書き、クロコ(黒子)もやった(中曽根氏本人の弁)ことを書いたが、11月5日の讀賣社説では、「それでも大連立を目指すべきだ」と書いている。 この讀賣の動向は、昨日の各局のニュース・ショーで、
多分、民主党と民主党支持層は小沢代表をこのまま辞めさせては絶対にならない。自社さ政権の連立では、連立が成し遂げられ成しとけた党首(委員長)は、首相へと祭り上げられた。自民・民主の大連立では、連立が不成立に終わり、党首は党首の座から自ら降りようとしている。
金曜日のエントリのつづきなんですが、大連立拒否のマスコミ会見のとき、小沢氏の言い方には相当の引っかかりが見られました。珍しく声がうわずっているようにも感じられましたから、「提案を持ち帰る」段階で相当に期するところはあったと思われます。民主党の小沢...
民主党、小沢代表が辞任を表明した。党執行部は慰留する考えだが、撤回は困難だろう。   両院総会で後継選出へ 小沢氏慰留も翻意困難(中国新聞)民主党代表は、前原や岡田のように任期満了前に辞任する。小沢もこのままでは同じ運命となる。福田首相との党首会談以降..
小沢一郎民主党代表が辞任表明、(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? まるで、安倍元総理の辞任会見の小沢版を見ているようである。(`・д・´) 小生は小沢氏に、あえて言いたい。貴殿の行動は政治家として国民に眼が向いておらず、難問から逃げているようにしか感じられない。...
07年11月5日 月曜日 民主党騒動今日の番組から 此の様な問題は、刻々事態が変わるので明日にしようと思ったが今日に揚げる。 私のブログで何度か小沢氏は自民党政権を持続するための野に放たれた里忍で、野党の中で政権を取るか持続しそうになると裏からぶっ潰す、今回
 昨日の午後、小沢民主党代表が辞意を表明した。 全く政界は一寸先は闇だ。  小沢一郎氏の現在そして近い将来の役回りはそう遠くない時期に明らか
07年11月5日 一日遅れのテロップ集 昨晩から民主党の小沢党首の辞任で政界はひっくり返っているが、そのテロップ集は後ほど。1・報道2001の関東府県の投票予定だが来週の番組のときはどうなっているのだろう。その結果で民意がどうなっているかが狭い範囲だが推測できる。
結果としてナベツネ暗躍で後ろ暗さの残す読売は自民の議員をパシリにして幻をネタバラし!************http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071105it01.htm?from=top党首会談で「小沢副総理」一度は合意、17閣僚の配分も 福田首相(自民党総裁)と民主党の小沢代表
民主党の小沢代表が辞意を表明しました。以下にその会見での発言を朝日新聞より転載します。 民主党の小沢代表が4日、開いた辞意表明会見での全発言は以下の通り。(別に質疑応答での全発言) 民主党代表としてけ
人気ブログランキング ← に参加中です! いつも応援ポチっ有難うございます♪ ↑上記リベラルブロガーへのポチっと応援をそろそろお願いしま~す^^【選挙も近いかも?】...
拙ブログの「誤解され続ける政治家 小沢一郎  (とことん嫌われる政治家 小沢一郎) 」に産経新聞の阿比留記者に下記のコメントをいただきました。
 最新の記事一覧は、コチラに。 いきなり速報であるが・・・。 民主党の小沢代表が辞意を表明して、辞表を提出したという。 もしかして、昨日のハイパー推論が当たってしまったのだろうか?(・o・)<昨日の記事の、一番下の方に、党首をやめるかもと書いたのだけど。
民主・小沢氏、早い段階から連立に前向き…自民関係者(読売新聞) 民主党の小沢代表が、首相から連立の打診を受ければ、民主党内を説得する考えを首相に伝えていたことが2日、明らかになった。 自民党関係者によると、小沢氏は早い段階から自民党との連立に前向きで、民主
(人気blogランキング参加中。)小沢氏が民主党の代表を辞任、ですか...。とりあえず、その瞬間の記録として、新聞記事の魚拓にリンク。自民・民主の代表会談の内容と、辞任の理由、マスメディア批判が小沢氏の話の柱です
小沢一郎・民主党代表が、「混乱を招いた」「不信任を受けたに等しい」との理由から、民主党代表を辞任した。ようするに、自分が任命した役員が自分の意見に「賛成」しなかっ...
外出先の車の中で小沢さんの辞意表明会見を聞きました。(連立政権に向けた)政策協議をすれば、(参院選で示した)国民との約束を実行することが可能になる、という言葉が吐かれたとき、この方の連立への執心を感じ、何とも言い難
福田「小沢が山田洋行と癒着してるらしいぞ、守屋をトカゲの尻尾にしよう。」→守屋の証人喚問が始まる小沢「やべえ、福田に山田洋行との癒着がバレてる!次はこっちに矛先が来る!」→小沢は慌てて福田に頭を下げて連立を申
平成19年2月13日の衆議院予算委員会での亀井静香議員による忌憚のない発言。その中で、特筆すべき言葉を4つの分類に分けて列挙したいと思う。1.国の現状を言い当てた発言2.自公政権の政策への意見・批判3.年次改革要望書への批判4.日本の本来の在り....
 小沢民主党代表が、偽オランウータン福田総理に連立を持ちかけたと言う新聞・テレビ
2007/11/04今夕、突然の小沢の党首辞任…小沢を信じたブロガーの皆さんは、茫然自失であろう。。。「政治の世界は、一寸先は闇」…どうやら、私の推測が、不幸にも的中してしまったようだ。ブロガーの皆さんには、ずいぶ
※ ナベツネの陰謀で実現した小沢辞任の引き金!11月2日の会談:福田から持ちかけた連立構想!しかし、自民&読売は小沢が持ちかけたと虚偽の発表!産経は後追いを未検証で出す馬鹿ぶり!(朝日の写真をここは使いましょう!)**********************小沢会見「辞任」資
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。