2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
恒久平和のために

お玉はここで、本当は、恒久平和のために何をすべきなのかという理想を語りたいだけなんだと思う・・お玉にとっての大切なものを守る為の手段の一つがこの場所だと思っているのです。ちょっと今日は大げさに書いてみたりして・・

さて・・今日もポチッとお願いいたしますm(_ _)m

他国が日本へ核弾頭を向けている・・だから日本もそれを打ち落とすだけの設備をそなえるべし、だって専守防衛じゃないか・・・・・・ですか・・・そういうふうに言われるとシュン・・となっていたのが、数年前のお玉です。理由は理論で勝てないような気がしていたから。ああ、今だって、論の立つ改憲派や武装主義の論にお玉は全然太刀打ち出来ないよ。

ちょっと前、9条関連の集まりの中で若いお嬢さんがいった言葉「なんだか、自信が無くなるときがあるのです」そのときにお玉がいったのは「例えば・・どんなに改憲派の人たちが理詰めであなたに挑んできて、そのときあなたが勝てないとしても・・それが結論ではない」ということでした。

そう、勝ち負けじゃあない、何が正しいのか、それはここを読んでいる人たちが選択して欲しい・・だからお玉はお玉と意見の違う人コメントも公開している。

なあ、「本当に」核弾頭を日本に向けられているとして、それに対抗するために(打ち込まれたときの防衛のために)それなりの設備を備えなければ心配・・本当にそれを配備したらその「心配」は「安心」に変わるのかい?相手が核ミサイルを撃ち込んできたら、こちらも報復行為に出るのだから・・・それなりの設備を持たなきゃ。まず、相手が東京を壊滅させるだろうから、そうならないように防衛して、それでもすべてのミサイルを防げないよな。ということは核弾頭を積んだミサイルが首都に落とされるかも知れないよね・・・・で・・・・・だから日本も報復出来るだけの軍備を備えないといけないのかい?では、そのとき配備しなければならないものってなあに?

それは「核」ではないのかい?日本は防衛という手段に突き詰めていけば「核」を持つような国になってしまうということなのかい?

戦いは果てしなく、一度はじまれば終わりは見えない・・世界に恒久平和を誓い、60年以上の間、語弊を覚悟で申し上げれば1人も他国との戦いの中で戦死させなかった日本です。その奇跡は他国との緊張感をあおる行為をしなかった結果としての「奇跡」です。もちろん、アメリカ軍駐留を無視することはできない・・でも、歴史の中で、何度かありえた、アメリカ追随の自衛隊派兵をしなかった結果勝ち得たものではないのでしょうか?

カント 永遠平和のためにより・・

第三条項 常備軍は時と共に全廃されなければならない

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい

 
Secret
(非公開コメント受付中)

カークさんへ
わざわざありがとうございます。正直、自分のコメント読むと、あまりの陰険さにクラクラします(笑)
もう、そちらのブログでケチョンケチョンにしてください! ではまたお会いできるときまで・・さようなら。


田柄さん、このわたさん
質問有難うございます。
お玉さんにご迷惑だと思いますので、
回答は私のブログでしたいと思います。
それで、よろしければ、お玉さんの記事と田柄さん、このわたさんのコメントを使わせていただきたいのです。ご了解くださいね。
しかし、只今、公私とも忙しいので、遅くなると思いますが必ずご返事したいと思っております。


>小林慶一郎氏によると、最近デモクラティック・ピースの論理の研究が国際政治学の分野で注目されているらしい。ひとことでいえば、民主国家同士は戦争をしない、という説。

たしかに研究の進展を期待したいところですが、この論理は利用の仕方によっては懸念材料にもなります。
それは「民主的国家」と独裁系の「非民主的国家」との関係です。簡単に言えば、「非民主的国家」を「民主化」してしまえばお互い戦争をしなくなるのですから、民主的国家による非民主的国家への武力介入は平和のパイを拡大するためにも容認できるという理屈です。
インターナショナル・デモクラットとかリベラル・ホークとか呼ばれる人たちが飛びつきそうな論理です。マイケル・イグナティエフや今年亡くなったリチャード・ローティなどがそれです。イグナティエフはイラク戦争にも当初賛成しました。彼らはネオコンやネオリベとは違う立場であるにもかかわらず、結果としては呉越同舟的にネオコン組に加担してしまったことになります。
アメリカは「アメリカによる民主主義の推進」に(タテマエもありますが)拘っているわけですが、都合よく利用されないように警戒する必要があるでしょう。


日中貿易考
ジェトロの発表によると、
「06年の日本の貿易相手国は、米国が貿易総額の17・4%を占め最大だった。中国本土は第2位だが17・2%と0・2ポイント差にまで迫っており、07年は米国を逆転し、中国が最大の貿易相手国になる見通し。中継貿易地である香港を含むと、中国は04年から日本の最大の貿易国となっていた」

という現実を前提に貿易を考えないと、単に中国憎しという安倍晋三レベルの単細胞的偏狭的思考では国益は損なわれるだろう。

それにしても、儲けとなると国内の中小・地場産業はどうなってもいい、人件費の安い国に生産拠点をシフトすると考える大企業のエゴとそれを後押しする自公政権をそのままにしておけば、まずます庶民の暮らしは苦しくなることは避けられないと思う。

国民は、いい加減「ダム論」あるいは「トリクルダウン論」ー(大企業の儲けのおこぼれ頂戴的思考)に惑わされちゃいけない時期にきていると思うが、なかなか脱皮できないねぇ~。これじゃいつまでたっても格差・貧困は解決しないよ。


イキナリ御免なさい
よく中国なしで日本は成り立たないと言いますが日本に見捨てられたら一番困るのは中国だけです 中国以外で日本のパートナー アジアいっぱい有ります そんなに中国おいしくない 私はアジア各国仕事してますが
もう中国は人件費上がりすぎもう限界でしょう


参加させてもらいます。

>カークさん

国内政治の世界においては法を守らせる“国家権力”が存在しますが現在の国際政治の世界にそういった権力はありません。

もしこの先「国家に対し軍事力の保持を禁じる国際法」なるものが作られるのなら同時にその法を履行させる“強制力”が必要になってきますが、その“強制力”の形はどうあるべきだとお考えですか?


カークさんへ
いくつか確認したいのですが、
☆その国際法は、誰がどうやって決めるのですか?
☆その国際法を批准しない国がでたら、どうするのですか?
☆その国際法に違反した国がでたら、どうするのですか?
☆その国際法ができるまでの間は、どうするのですか?
☆そもそも、アメリカや中国が認めると思いますか?
私は実現するのは、不可能だと思いますよ。残念ですが・・
あと、最初の拳銃の話ですが、日本が持とうとしてるのは、拳銃ではなく、防弾チョッキなんですが・・
防弾チョッキ着るのも駄目ですか(泣)
じゃあ、家のドアをダブルロックにするのも駄目ですね。 空巣を挑発しちゃうから(笑)



制度からみた戦争・虐殺の防止
虐殺の歴史をそう勉強したわけではないので何とも自信はないが、

封建主義、資本主義、社会主義を問わずジェノサイドの悲劇は何度も起きている。
その主たる要因は、独裁者の存在。つまり民主主義が存在しない国の暴挙であるのは事実だと思う。(ただし独裁者が必ずしも虐殺者ではない)
そのなかでもスペインによる南米大陸原住民に対する虐殺は、ものすごい規模だったらしい。純粋な原住民が皆無になったという本多勝一の「マゼランが来た」に虐殺の歴史が詳しく述べられている。

小林慶一郎氏によると、最近デモクラティック・ピースの論理の研究が国際政治学の分野で注目されているらしい。ひとことでいえば、民主国家同士は戦争をしない、という説。研究の出発点は歴史的に見て民主国家同士の戦争はほぼ絶無だった、ということ。

イラク戦争をどう検証するかも含めて、この見方が正しいかどうかはわからないが、虐殺を誘発する戦争をなくす為には是非深めてほしい研究であることだけは確かだろう。

追記
貨幣は商品経済発展の必然(偶然ではない!)として誕生したのであり、貨幣制度が存在しない資本主義は制度としてありえないだろう。マルクス経済学では発展した社会主義、つまり共産主義の段階では銀行・貨幣の消滅がありうるという説があるが、はたしてどうなるのか?
ポルポト派はマルクスの論理の一面だけを幼稚に採用しに過ぎない。とはいえ彼らの許しがたい虐殺は断罪されて余りある行為である。


恒久平和主義を唱えるなら国内の問題だけでなく他国の団体と連携しながら、軍縮を唱えた方がよいのではないかと思いますね
国内だけでなく、中国の軍拡や周辺国への対応等も、現地の同志と連絡を取り合い非難してゆくべきではないですかね
もしその他国にその言論の自由すら許されていないなら、日本は軍事力を放棄できないし、まずは他国にその自由を与える活動をするべきではないでしょう

平和は一国だけでは達成できません


奇兵隊さんへ
喧嘩?
どうやったら私の文章を敵意的に見れますか?
貴方は貨幣経済が悪であると言っていますよね?
だから、貨幣というもの以外で経済を動かせるという自負の下で発言をしていると私は解しました。
多分貴方は、利子制度を批判しているだけで貨幣経済そのものを批判していないと言うだろう。
しかし、利子を取るなというのは貨幣経済の全否定をするのと同じ事です。
利子は経済の動きに反応して変動するものです。
だから、国の経済力以上の利子を設定することはほぼ皆無だと思いませんか?
つまり、経済の動きに反応して変動するものが利子であるから、利子が原因で戦争なんて起こるわけがないんです。
戦争が起こるのは単に経済が悪化したためその回復に起こすものと私は思います。
また、私が貨幣は必要悪だと言っているのは、無くなったら困るからですよ。
それ以上もそれ以下でもありません。
明日から金を使わず経済活動をしてくださいと言われたら貴方は出来ますでしょうか?


そうですよ、田柄さん、認める事なんです。
>迎撃ミサイルの配備は、相手の核ミサイルを暗に認めることに・・ですか?

例えば、街中で、拳銃を持っている人がいる時、どうします?
貴方も拳銃を持ちますか?
そうではないでしょう?貴方が拳銃を持たなくても、法律で拳銃を持つことを禁止してますから、その人は警察に捕らえられることになります。

今、私たちが平和を築くために目指さなくてはならないのは、軍事力や軍隊を持つことを犯罪として取り締まる事が可能な国際法を作ることを目指すことなのです。
たとえば、具体的に言うと核ミサイルを持つことは国を守る事ではないと世界に
発信する事です。そしてそれは、米国は良いけど、北朝鮮は駄目だと言うようなダブルスタンダードではいけませんよ。
お玉さん、すみません、長くなりました。


常に対案を出しましょう
貨幣経済を悪として排除しようと頑張って試した団体があります。
有名なポルポト派です。

全般に社会主義・共産主義は資本主義的貨幣経済の欠点を克服するために色々行ってきましたが、人類史上最も多くの人間を虐殺してきたのはこの体制です。

何かこれとは違う対案を出して頂ける事を望みます。


奇兵隊様
すみません、馬鹿君の喧嘩は買わないでやって下さい。常連ですが、読解力が時々?で、お玉基準であまり表に出ない方なのです・・議論をすると、記事から果てしな~~くずれていきますので・・m(_ _)m


イラク戦争を始めとしたイスラム圏での戦争はイスラム金融潰し
>貴方は貨幣制度の罪を過大に解釈したのでしょう。

貴方は利子を取得する貨幣制度の弊害を過小評価している。
永続性がなく、数十年の単位で大破綻をもたらし、戦争以外での救済があり得ない貨幣制度が必要ですか?

>しかし、貨幣制度がなくなるならどのような対案を考えていますか?

現に、利子の取得を禁止しているイスラム金融が存在している。

ユダヤ教でも同胞からの利子の取得を禁止している。ゴイム(ユダヤ人以外動物と同一視)からの利子の取得は派手にやっている。

イスラエルが米国にイスラム潰しをやらせているのは、イスラム法が利子の取得を禁止しているからで、「テロとの戦争」はまったくの捏造。
現に、近年東南アジアのイスラム圏でイスラム金融が拡大している事に危機感を抱いたからこそのイスラム処分がアフガン戦争でありイラク戦争なんですよ。


しかし、貴方は私に喧嘩を売っているのですか?買いますよ。


一知半解男さん、ご返事ありがとうございました
現実の世界では虐殺や暴力が世界のあちこちで起きています。
戦場では相手が単なる獲物、あるいは人を殺傷する動物としか捉えられない状況だと思います。それが現実と言われればそれ以上の言葉はありませんが、一知半解男さんもその状況が良いと思っているわけではないでしょう。

暴力の連鎖、ということが言われていますが、暴力に訴えれば暴力で跳ね返ってくる、こういう無限ともいわれる連鎖の象徴的現象がテロやコゾボで起きている民族の憎しみ合いでしょう。

だから、テロを暴力で押さえつけても問題の解決なんて到底ムリ。
だとしたら、どうしたら暴力の連鎖をなくすことができるのか?

できないと考える人は武器を身につけるしかないと思っていると思いますが、それではあまりにも悲しい、無残な殺戮が決してなくなりはしない。

私は人は動物とは違う、理性も感情もある存在だと思っています。
テロが起こる根底には大国、なかんずく軍事力を背景とした多国籍企業の経済的エゴの存在が南北問題を起こさせていて、それが暴力連鎖の根源だと考えています。
だとすれば、多国籍企業の横暴を抑えることなしには暴力の連鎖はなくならないと思っています。
抑える原動力は世論、その方法は政治を変えることしかないと考えています。
政治は変えられます。実際歴史の変遷は政治の変遷でもあります。資本主義が誕生してたかだか250年、その間も世論の力によってさまざまな政治体制が移り変わりました。帝国主義的国家も多数ありましたが、今はほとんどの国が民主主義を基調としています。
中国と日本の関係一つとってもさまざまな軋轢、関係がありましたが、今は中国抜きには日本経済は成り立ちませんし中国にとっても日本なしには経済は成り立ちません。双方の暴力的侵略という懸念も存在しません。

一知半解男さん、
人間は「オギャー」と生まれた瞬間から「狼」として成長するわけではありません。
社会環境が人間を「狼」にしているのです。だったら、社会環境を変えるしか「狼」を元の人間に戻させるしか方法はないのではないでしょうか。

甘い考えだと批判もあるとは思いますが、人間の本性を理性と感情の動物と見るか、欲望のエゴ的動物と見るかによって考え方がまるで違ってくると思います。
本質をとらえて変えていかないと現象面だけをあれこれいじっても決して根本的解決にならない、と思っています。

「釈迦に説法」ですみませんでした。


奇兵隊さんへ
貴方は、貨幣制度に欠陥があり、それは利息を生むからとおっしゃいますが、
貴方は、貨幣制度の利と罪を考えた場合どちらが上だと思いますか?
多分、ほとんどの方は何も考えては居ないでしょうが、圧倒的に貨幣制度の利を認めていると思います。
貴方は貨幣制度の罪を過大に解釈したのでしょう。
しかし、貨幣制度がなくなるならどのような対案を考えていますか?
私は、貨幣制度というのは必要悪だと思います。
ただ、貨幣に支配されないように気をつけるしか今の所方法はないと思いませんか?


戦争の原因は利子を取得する貨幣の問題
恒久平和を実現する心算なら、貨幣システムを変更しなくてはなりません。

利子を取得する貨幣は永続できず、永遠に経済成長が求められる欠陥システムです。
因みに、戦後占領政策が表向き終わって55年ですが、この間の金利が5%とすると1.05の55乗で、およそ14.64です。つまり、高々55年で経済規模が14.64倍にならないといけません。

こんなシステムが永続できると思いますか?
戦争が起こる(起こす)根本原因はここです。

憲法がどうとか、軍備がどうとかは枝葉末節に属する事でしょう。


トランスフォーマーを知っていますが?
敵役の悪の司令官メガトロンというのが居ますが、こいつの目的は「圧制による平和」で、永遠の平和を得ようと戦っています。
対する正義のコンボイ司令官(オプティマスプライム)の目的は「自由とは全知的生命体の権利である」で、自由(と民主主義)を守るために戦っています。
良く考えると面白い表現をしていて、悪の目的は「平和」で正義の目的は「自由」これはアメリカ人の正義感の一面を表現しています。

9条関連の集まりで「なんだか、自信が無くなるときがある」のはある意味当然です。あの戦争ばかりしていると言われているアメリカでさえ「平和か?自由か?なぜ戦ってまで自由を守るのか?」を子供の時分からある程度考えているのです。
大統領の演説などを見れば判りますがアメリカが至高ととしている理念は「自由・民主」で、「自由主義と民主主義を人類が求めれば平和になる」と信じて、戦ってでも自由民主を守ろうとしているんです。
一方ミリタリー趣味の人たちは、以前に書いたような「文民統制」を勉強したり「なぜ戦争が始まってどうして終わったか」を見聞したり、「話を聞かない狂信者がどれだけ人間の命を食い散らかしたか」等を知って「戦う理由」は何だったのかを理解しようとします。

私個人で言えば、色々知って考えて「自由・民主・平和」の「民主」が一番大切だと考えるに至っています。(シビリアンコントロールの理念と一緒で、力は人々の意思の元に管理されなければならない言う理想からです)

正確な知識を得て良く考え、「なぜ9条を守って平和を求めるのか?」を多角的に考える事が大切です。
「メガトロンが宇宙制覇して恒久平和が訪れる」事が良いのか、悪いならなぜ悪いのか?その程度は自分の意見で答えられるようにしなければ話にならないでしょう。


ああ、日本が核武装するのは普通の国家ならば当然でしょうねぇ。
何にしろ話し合いというのは、対等な力を持っているか否かで相手も対応の仕方が違います。
よって私は、主張させてもらいますが、日本が核を持ったら北は拉致被害者を返すかも知れません。
何故なら、相手と同じ力を持つからです。
簡単な話でしょう?


熊毛さん、お答えします。
>あなた自身はホッブズのいう狼の一面を有していらっしゃるのですか?

>もし有していると思うのであればそれはどういう時ですか?

私自身ですか?自分でも良くわかりません。
しかしながら、有るとしたら、どういう時かと考えてみますと、例えば私が戦場に放り込まれるなどした場合、周囲が皆「人=狼」に見えるでしょう。それを相手側から見れば、私も「狼」になってしまうと思います。
自分自身は「人」だと考えていても、相手は「狼」だと思ってしまう。

私は、そういう意味でこの言葉を捉えているのですが。
ある状況に陥れば、残念ながら人間同士こういう関係になってしまうのではないでしょうか?

そして世界には、こういった状況があちこちに見受けられます。この状況を完全に無くすことができると考える人もいれば、私のように悲観的に考える人もいる。そこが、意見の相違となって現れるのでしょう。


一知半解男さん
>イギリスの哲学者ホッブズは「人は人に狼である(ホモ・ホミニ・ルプス)」と言いましたが、確かに否定できない人間の一面を表しています。


大変失礼な質問ですが、

あなた自身はホッブズのいう狼の一面を有していらっしゃるのですか?

もし有していると思うのであればそれはどういう時ですか?


9条の賜物
「60年以上の間、語弊を覚悟で申し上げれば1人も他国との戦いの中で戦死させなかった日本です」
おっしゃるとおりですが、それは憲法九条の賜物です。
もし9条がなかったなら、日本は今ごろアフガンやイラクで戦闘行為に参加、自国民を戦死させていたことでしょう。
かってのベトナム戦争にもアメリカと一緒に参戦していたことでしょう。
恒久平和のためにも9条を絶対に改悪させてはなりません。


現実問題として
迎撃ミサイルの配備は、相手の核ミサイルを暗に認めることに・・ですか? 現在の日本は、中国の核ミサイルをすでに認めてるのでは? 公式に中国政府に抗議したことが、ありましたか? 日中首脳会談で議題にあがっているのでしょうか? 何より、日本が認めなければ、中国は核を棄てるのですか?
私はお玉さんの意見は正しいと思っています。ただ、鯨の話と同じで、正しいことが必ず通るわけではありません。正しい意見が通用するのは、正しい世界でだけでしょう。そして現在の世界は決して、正しくない。世界を正しくする努力は必要です。ただ、それまでは妥協も必要でしょう。





ホモ・ホミニ・ルプス
お玉さんの理想どうり、恒久平和が実現すれば本当に嬉しいのですけど‥。

やっぱり、人間の本性から離れた理想論としか思えないんですよね。

イギリスの哲学者ホッブズは「人は人に狼である(ホモ・ホミニ・ルプス)」と言いましたが、確かに否定できない人間の一面を表しています。

残念ながらこれから遊離した平和論は、却って平和を害するものに過ぎないと私には思えてならないのです。


私は、明確に「世界完全恒久平和」を望んでいます。そしてそれは可能だと信じており、九条の護憲派です。

夢はいつか叶う。
世界の人がそう望む限り。

本当にそう思います。一生死ぬまで思い続けます。


それは応戦であって、守る事ではない。
中国や北朝鮮のミサイル配備に対抗して日本がミサイルを配備する事は、あくまでも対抗することであり、守る事にはならないでしょう。対抗すると言う事は、隣国がミサイルを配備する事を暗に認める事であり、そういう力でやり取りをする世界に参加と云う事であります。ミサイルが撃たれたら、それを打ち落とす事は確率的に難しいのは素人でも理解できるでしょう。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「それと‥‥‥俺たちは軍隊ではない、自衛隊だ。」監督:成島出原作:高嶋哲夫脚本:長谷川康夫、飯田健三郎出演:大沢たかお、竹内結子、玉木宏、吉田栄作、袴田吉彦、大森南朋、石黒賢、藤竜也日本アルプスに米軍のステルス爆撃機(ミッドナイト・イーグル)が墜落した...
野党4党が証人喚問を要請するという非常に短い記事であるが、この記事とともにとむ丸の夢  守屋、石破、福田のうそのブログを参照すると、話が良く見えてくる。 現在問題になっている守屋―宮崎―秋山収ラインとは別に、久間―秋山直紀ラインが別にあるらしい。 一部だけ
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 「軍備増強での安全確保を唱える人は、どこまで増強したら完璧なのか、誰一人として具体的に私たちを安心させてくれない」というタイトルで二度記事を書きました
岩国市から、ポチさんが「国の仕打ちに怒りの1万人集会in錦帯橋」の速報を送ってくださいました。ありがとうございます。写真や報告文はポチさんのブログ「A Place in the Sun」を見ていただくとして、アピール文を当
【今週もアクセス&ご支援のクリック、有難うございました。m(__)m 国会は額賀問題を含め、だんだん政府与党ペースになりつつある感じ も。^^; もっと政治系の動きに関心を持って頂くためにも、週末も当ブログ &政治系(特にリベ平系)ブログのご支援をよろしくです
[小泉さんのやったこと]プラス面・郵政改革は色々な批判があるが、今後、日本流の弱者への細かな配慮がされることを希望する。・道路公団民営化では猪俣さんが一人で頑張ってここまできたが、これもこれからの運営でその成果が評価されることになるのか。・金融改革では...
党内でも議論を二分する、人権擁護法案がじわりじわりとステルス戦闘機のように進められている。いつの間にか当たり前のように議論されるときが非常に怖いわけであるが、まだ伊吹氏が何処に気を使ってかはわからぬが、怒っているほうがまだ安心できる。城内氏を中心とした、
東国原知事は徴兵賛成「若者は自衛隊へ」  宮崎県の東国原英夫知事は28日、宮崎市内で開かれた県民から直接意見を聞く「県民ブレーン座談会」で「僕は徴兵制はあってしかるべきだと思っている。若者は1年か2年ぐらい自衛隊か、ああいうところに入らなければならな...
今日の毎日社説は、ずばり「小泉元首相の感想が聞きたい」です。? 02年1月には官房長から防衛局長に昇格した守屋氏が次官として君臨した期間の03年8月から今年8月末までの4年1カ月は、2年が相場と言われる中央省庁にあっ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。