2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
とにかく調べて読んで判断しよう。

>こちらのブログではこの証言はとっくに精査されたのかもしれませんが、

はい、tararicoさんがおっしゃるとおり、この春にきっちりやってます・・・~~~~

さて・・今日もポチッとお願いいたしますm(_ _)m

~~~~~~~~~~~~

集団自決はなかったの? 

(お玉ブログライブドア版2007.3.30)

をふまえた上で・・こんなの書いてるよ。なので、これ以上の論議はそろそろ控えてね。同じ話の繰り返しなので。(ではここより、再掲載です)

とにかく調べて読んでみて判断しよう。 

(お玉ブログライブドア版2007.4.01)

だから~お玉は歴史修正反対論をまともに書けるような能力はないんだってば。もっとかしこい人の所で持論は展開してよねえ・・などと思いつつ・・

そんな中、

18. Posted by 書を守るもの  2007年04月01日 13:22 はじめまして。>お玉おばさんご存知かもしれませんが、思考錯誤掲示板のQuesoさんの投稿が参考になると思います。 http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=966;id=sikousakugo#966 "沖縄戦のポイントは,軍からの直接の命令書があった,あるいは命令があったと云う証言が文書として残っているかどうか,の議論に矮小化しない,と云うことが重要で,そう云うところに矮小化しようとするのが歴史修正主義者の否定のやり方ですので要注意です.上に書いた様に,命令があったと云う証言は沖縄戦史にも書かれていますが,本質は,戦陣訓や,防衛隊の組織など,沖縄が島民上げて戦争にかりだされていたと云う状況にあります.某コミュで僕が書いたことを転載しておきます.



というコメントを頂きました。

・・・・・ここはやはり、
とほほさんの掲示板を紹介しておきましょう。

2005年の夏のモノですが、非常に参考になりました。

とほほさんの思行錯誤より 

沖縄戦について

いま、お玉の所に来て、「集団自決」ってなに?と思っている方、昨日書いた記事に対するコメントをお読みになって、詳しい資料がみたくなった人、どうか読んでみてください。

そして「軍の命令があったかどうかは、被害者遺族に対する年金が貰えるかどうかという問題」だとどこかでお読みになった方へ

沖縄タイムス2007年1月15日の記事より

座間味村資料で判明/「捏造説」根拠覆す
 沖縄戦時下、慶良間諸島で起きた「集団自決」への遺族補償に関し、一九五七年に申請が始まってから最短で三週間、平均三カ月で補償が認定されていたことが分かった。「集団自決」犠牲者に補償を適用するのは困難だったとされてきたが、沖縄タイムスが入手した座間味村役所資料で、早期認定されていたことが判明した。琉球政府援護課の元職員は「本島に先駆け、慶良間諸島の被害調査を実施した。厚生省(当時)も人々を救おうとの熱意を感じた」と話す。一部マスコミなどによる、補償申請が認定されにくいため「『軍命』が捏造された」という主張の根拠がないことを示している。(以下省略)

カネジさんの教えてくださっているブログは膨大な資料を載せていて、読むのが大変ですが、勉強になりますし、知らなかったことが沢山書いてあります。沖縄カテゴリーをリンクしてあります。

愛・蔵太の少し調べて書く日記



とにかくいろいろ読んでみようよ。

調べてみようよ。

その上で、自分の立ち位置を再確認してみようよ。

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい

 
Secret
(非公開コメント受付中)

ケースは1つじゃないでしょう
沖縄といっても、広いですからね。
沖縄に限らず、サイパンでも満州でも同じようなことは起こったと思いますが、それこそ「いろんなケース」があったとしても不思議ではないですよ。

軍命令があった、というならば、「そういうケースがあった」のでしょう。
ただし、「住民の意思での自決」だってあった可能性もあります。

ただし、「住民の意思」が「免罪」になってはいけません。捕虜になって保護されることが国際法で決められているのに、わざわざ自決を選択したのですから、そこはきちんと精査が必要です。
「敵は男は皆殺し、女は慰み者になる」ということが流布されていた、ということと、「形式は自発的・実質は強制(=自決しなければ殺された)」というのでは違います。後者であれば、「強制と同じ」です。
また、「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓の影響も当然考えられるわけで、これならば「長年教育してきた結果」ですから、権力側の責任回避の理由にはなりません。

こうした問題は、1か0じゃないんですから、いろんなパターンを検証して、その上で改めて教訓にすべきではないだろうか、と思います。


また検定ぶり返してるよ
軍の強制明記にコメントしようと思いましたが、如何せんコメントが多すぎて読みづらいこと必至。こちらにコメントいれておきます。
強制の記述がまたしても訂正されているそうです。詳しくは『反戦な家づくり』にて。
://sensouhantai.blog25.fc2.com/


管理人ご本人でしょうか?
今後はTBでご通知下さいませ。


「死刑問題の衝撃」を書きました。ご一読戴ければ幸いです。エントリーと関係ないコメントをお許し下さい。

http://www.election.ne.jp/10375/33568.html


歴史修正主義者
 時折、お邪魔してました。
 
 お玉さんにしても、村野瀬さんにしても、論理的思考力がありながら、歴史認識が絡むと目がウロコに覆われてしまうようですが、「いろいろ読んで、調べてみ」ても、そこから自分で考えなければ立ち位置再確認は出来ません。
 
 沖縄戦において、壊乱状態の日本兵が、県民に対し、虐殺・暴行・食料略奪・準強姦、乳幼児の殺害強要、壕追い出しなどを行ったのは事実です。
 
 従って、個々の事件について事実を検証して、その責任を明らかにする事は正しい。
 
 そこで、本文の引用ですが、
 
>沖縄戦のポイントは,軍からの直接の命令書があった,あるいは命令があったと云う証言が文書として残っているかどうか,の議論に矮小化しない,と云うことが重要で,そう云うところに矮小化しようとするのが歴史修正主義者の否定のやり方ですので要注意です.
 
 集団自決を検証し、軍命令の証拠が無ければ「証拠は無かった。」になる筈が、今まで証拠が無かったのに「軍命令で集団自決が行われた。」と歴史を歪曲捏造していた側が、「命令の有無主張は問題の矮小化」と言い出す事に矛盾を感じない方が、歴史修正主義者と自覚すべきでしょう。

 「歴史修正主義者への反論」、自分の修正は良い修正・・・では反論になりませんね。
 自分で考える事もせず、読んだ事を妄信するのでは、同じ「カルト」に過ぎません。

 集団自決は、南方・北方島嶼・東南アジア・満州でも、軍関与とは無関係に行われているのですから、軍命令を歪曲捏造する「歴史修正主義者」側に与するより、集団自決に軍命令を絡めるなら、むしろ軍命令で民間人を放棄した満洲の事例を挙げたほうが、矛盾がありません。
 
 満洲の日本軍は、ソ連侵攻の情報を得て家族を先に帰国させ、軍自体も一部を残し敵前逃亡した、と捉えるべきでしょう。
 軍機名目に開拓民に避難情報を知らせず、民間人や一部友軍を残したまま、鉄橋を爆破しつつ列車で逃げ、逃げ遅れた部隊は、住民が用意した避難用の車・馬車・荷車などを徴発して、先に逃亡したのです。
 残置部隊が、住民庇護のために懸命に戦ったのも事実ですが、本部が逃げ出したと批判されるべき事実が忘れられています。
 
 取り残された無防備百数十万余の人々は、ソ連軍・中共軍・匪賊による虐殺暴行略奪強姦被害を受け続け、多くの自決者を出しながら逃避行を続け、少なくとも17万余の人々が死亡しているのです。
 
 共生共死の沖縄よりも、「日本軍による」悲惨な事実、軍生民死が追及されないのは理由があるのですが、それはまたいつかお邪魔した時に・・・


はてなリング > 歴史修正主義に反対します
はてなリング > 歴史修正主義に反対します
http://norevisionism.ring.hatena.ne.jp/

に参加している多くのブログも歴史修正主義者への反論の材料が満載で、とても役に立ちます。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカのニュージャージー州議会で2007年12月13日、死刑廃止法案が可決されたことについて、その死刑廃止法案に付随する州の特別委員会の報告書の中に 「死刑は終身刑より経費...
岩波の「世界」1月号278ページに掲載された写真があまりにも小さいので,大きな写真を皆さんに提供します.写真をクリックすると拡大します. 「平和の水」のセレモニー 貞子の...
07年12月11日 火曜日 貧乏人は泣かされっぱなし  昨日と以前のテレビや新聞から。 1・土曜日のサタデースバットからのグラフだが不鮮明なので、参考資料にして作り直した。  以前から、この手のグラフは出ている。数字で出されると分かりにくいが、グラフにすると良
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。