2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
弾道ミサイルをマンガで小学生に教える

ちょっと週末出かけてます・・お玉いなくてもどうせ、みんなでドンチャンやってるんだろうけど・・携帯でコメントチェックするので表に出すのが遅くなると思う。ゴメンね。

マンガ防衛白書というものがあります・・・
防衛白書の内容を「分りやすく」マンガで説明しているものらしいです。昨年は「萌え」系主人公を登場させ、品薄だったらしい・・・

で、今年、こんなのを出したらしい・・

防衛白書

何でもサッカーのディフェンスに弾道ミサイルをたとえて、小学校高学年に説明する「防衛省」が500万円(安い!)かけてお作りになった一押しの本だそうで・・・400円で書店に出るそうですが、買わずともここで手に入る・さあ、みんなでダウンロードして、怒りましょう!!!

平成19年版まんがで読む防衛白書

はっきり言うけど、「トンデモ」度は「嫌韓流」以上です・・・

純真なサッカー少年にサッカールールを用いて弾道ミサイルの必要性を語る。サッカーは責攻めることのない競技にいつからなったの?????

あれだけ高い税金使って買ったのですから・・弾道ミサイルの正当化を防衛省が主張するのはまだゆるす・・・・だけど、なんで小学生に向けてこんなものを出すんだろう???自衛隊のあり方や、専守防衛の意味をマンガが過去に出ていたわけでもなく、いきなり弾道ミサイルかい!!!!

さすがに石破さんすら引いてるらしいし、防衛省の中でも疑問視する声はあるらしい・・らしいけど、出す前に、当然皆さん見たのでしょう??勝手には作れないよね、こんなもの・・言い出したのはだあれ?とおもったら・・・・・

・・・そもそも、マンガで防衛白書を出すアイディアって・・・あの守屋が考えたんだった・・・・・・・・・・ああ・・・脱力・・・・・

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致しますm(_ _)m 二つもあってごめんなさい


 

tag : 防衛白書 弾道ミサイル

 
Secret
(非公開コメント受付中)

核兵器やMD以前に、子どもたちに弾道ミサイルや迎撃ミサイルを説明して、どうするつもりなんだろうか・・・。と、単純に思うだけです。

9条問題では、統治行為論で司法は判断を回避していますが、これは「備えが攻撃の口実となる」「攻撃を受けたときに対処する準備は必要」という矛盾したことについて、どちらとも「判断できない」からです。
こればかりは、国民がどちらを選択するか、ということにかかっているかと思います。
もっとも、どちらを選択するにしても、国民も相当な覚悟はいることはもちろんですが。


カークさんへ
お返事ありがとうございます。
ソ連は酷い国ですか(笑) 
本当にそうですね。
ただ、主要参戦国で酷くない国があったでしょうか?
アメリカもドイツもイギリスも・・中国の国民党も共産党も酷いです(笑)

もともとの私の主張は
『日本軍さえ居なければ、沖縄の人達は無事だった。軍隊が居たのが悪い』
という意見に対し、
『それは相手によるのでは?』
というものでした。

確かに、沖縄では県民を可能な限り、アメリカ軍に投降させるべきでしたし、
中国では可能な限り、軍と一緒に後退させるべきだったと思います。
現実には逆になってしまいましたが・・・・

この部分に関しては、カークさんにも同意いただけたと思いますが・・・・




遅くなってすいませんが、田柄さん
>日本人はソ連軍に恨まれていたんでしょうか・・?

まず、その場所は中国の領土でしょう。
そして、ソ連も日本も侵略者なわけでね。
ソ連は酷い国で、日本が無条件降伏をした後も日本軍や日本人を攻撃しましたね。
この場合、お互い様ってやつですね。


少なくとも公式発表ではイランは軍事的核開発はしていないはずですが。そもそも平和利用とされる原子力発電所も、元は原爆用プルトニウム生産器ですけどね。
使えない核兵器に脅威を感じない心を、先ず日本人から、育てていきたいです。
本質を見抜いているから詭弁が通じない人と、間違った信念から他人の意見に耳を傾けないどころか他人にも自分の考えを押し付ける人って、似ているようで違うんですよね。


MNGさんへ
こちらこそ、付き合ってくださり、ありがとうございます。

そうですね・・・・
私としては、『使えない核ミサイル』のバランスが崩れることを、中国やロシアが気にする理由がわかりません。
どうせ使えないのなら、問題ないのでは?

もし、気にするのであれば、核ミサイルには『意味がある』ということですね。
つまり、核ミサイルを持たない日本は、不利な立場にある・・・・
私はMDによって、少しでも日本の不利が減ってくれればとも思っています。

あと、お互いの不信感が・・以降の部分ですが
もし、私とMNGさんが中国人で、中国の政策について話しているのであれば、大賛成です(笑)

あくまでも、軍事的緊張を高めているのは中国であり、日本が譲歩しても軍拡は止まらないと思います。

あとお互いの信頼を高めていくことには、賛成です。
そして、本当に信頼できるまでは核ミサイルもMDも必要なのだと思っています・・・・残念ながら。

では、お仕事頑張ってください。
私も明日休んだあとは、1月8日まで連続出勤です(泣)

では、またお会いしましょう。


田柄さんへ。
こんばんは、ちょっと忙しくお返事が遅くなりました。

>お返事ありがとうございます。

いえいえ、どういたしまして。

何回かやりとりしましたが、どうも噛み合いませんね。(笑)

MDがシステムも情報も100%アメリカに頼っている限り、アメリカの戦略の一環であるという認識があるかどうかという違いのせいでしょうか。

もう一つは、脅威に対する認識の違いでしょう。
北朝鮮の核開発は、アメリカの譲歩を引き出すための道具であり、核の無能力化に向かった今、ほとんどなくなったと言えると思います。

また中国に限らず、核ミサイルは冷戦時代の核軍拡競争の遺物であり、実際に使われる可能性はほとんどないでしょう。
MDなんかなくても、核による先制攻撃はあり得ないものだと言えると思います。
しかし、MDはこの「使えないという核ミサイルのバランス」を刺激するものなのです。
中国もロシアも、MDの配備には対抗しようとしています。
MDは、軍事的緊張を高めるものなのです。

脅威と言うのは幽霊のようなもので、怖いと思えば怖いし、怖くないと思えば怖くないという面があります。
お互いの不信感が、脅威を実際よりも大きなものに感じさせます。
徒に対立を煽るより、経済的文化的交流を深め信頼感を高める事で、脅威を減らす方向に向かえばいいのです。

私これから年末商戦モードに入り、非常に忙しくなりますので、この件に関してはこれで終わりたいと思います。
では、またの機会に。


MNGさんへ
お返事ありがとうございます。
核保有国どうしのバランスが、日本のMDで崩れる・・ですか。
そもそも、現在はバランスが取れているのでしょうか?
通常戦力を含め、中国は劣勢でしょう。
その為、中国は毎年、軍拡を行っています。
つまり、日本のMDがあってもなくても、バランスは崩れているのでは?
正直、中国は気にしてないと思いますよ。
そんなことより、インドが北京を射程に収める弾道ミサイルの開発を宣言したことのほうが、脅威でしょう。

あと、核ミサイルを日本に向けないように交渉・・ですか。
あまり意味のあることとは、思えません。
仮に、照準を外してもらっても、その気になれば一瞬で再照準できますよね?
交渉するなら、核の完全放棄しかないでしょう。
そして、中国が核放棄などするはずがない・・・・
つまり、この交渉自体、不可能です。残念ですが・・

あと、現状では仕方がないの根拠・・ですね。
本来、一番効率の良いのは、takeさんの主張された『戦略原潜』を保有する事だと思います。
しかし、超えなければならないハードルが、あまりにも多く、不可能でしょう。
つまり、MDより効果のある方法はあっても、実現可能なものが無い・・・・ということです。
正直、無いよりマシ!って感じですね。
ですから、MNGさんが
『MDは費用対効果が悪すぎる。日本は戦略原潜の保有を目指すべきだ』
と主張されるなら、同意するかもしれません(笑)

あと、核防衛に多額の予算を使う合理的な説明・・ですか。
国民を犠牲にして軍拡を続ける中国、決して核を手放さないイギリス・フランス、世界を敵に回してでも核開発を続けるイラン・・これらの国は、何故こんなことをするのでしょう?
何か『お得』なことが、あるのでしょうか?

きっと合理的な理由があるのでしょう(笑)
 
日本も同じ理由です。


「憲法九条」や「無防備都市宣言」を漫画で啓蒙しようとしてる人達だっているんだし
その辺気にしないでもいいのではないでしょうか
それに嫌韓流をトンデモといわれますが
嫌日流や克日論よりかは遥かましではないでしょうか
 
まあ私は中国に対しては軍事において徹底的に備えるべきだとは思いますがMD導入には賛成できない、というスタンスです。
いくら中国が「日本領土内の海底ガス田を掘ったら宣戦布告とみなす」と
言い切る、メリットなんか無くてもチベットやモンゴルを占領し
ベトナムやインドと領土問題による紛争を起こしてる侵略狂の国であっても
無駄かつ無意味にしてむやみに値段の高い物買う必要は無いでしょう


田柄さんへ。
こんばんは。

>え~と・・そもそも、軍事バランスを崩してるのは軍拡を続ける『中国』ですよね?
非難されるべきなのは『中国』では?
それとも、『中国』が核ミサイルを日本に向けていて、日本が何の対抗手段も持たない状態を、軍事バランスが取れている・・というのでしょうか?

文脈から分ると思ったのですが、私が言及しているのは核保有国同士の核ミサイルのバランスであり、MDはそのバランスを崩すものであり、またアメリカの支配下にあるので、日本が核戦争に巻き込まれる恐れがあるから危険だと言っているのであります。
中国の核ミサイルが日本に向けられているのなら、日本に向けないように交渉すればいいでしょう。
米軍基地の撤退と引き替えにすれば、一石二鳥かもしれません。

>MDが、費用対効果の面で効率が悪いのは事実です。
ただ、日本の現状では仕方ないのでしょう。

MD配備の危険性はお分かりでないようですが、費用対効果の方はご理解いただけたようですね。
しかし、そこから「日本の現状では仕方ない」という結論に至る根拠が薄弱です。
中国が怖い、中国が嫌いというだけでは、まったく説得力がありません。
政府の弱肉強食政策によって、自殺する国民、餓死する国民を放置しながら、MDに数兆円の金を掛けることに対する合理的な説明を、もしできるのであればお願いしたいものです。

>あと世界の軍縮のリーダーシップをとる・・ですか。
確かにそれが出来れば、良いと思いますが、日本にそんな力はありませんね。 もし、出来るというなら、最初に『中国』の核ミサイルを無くしてください。
そうすればMDはいらないですから・・

本当に日本には力がないのでしょうか。
力を軍事力と解釈すれば確かにそうかもしれませんが、軍事力以外の力はあるはずです。
そして、最初に中国の核ミサイルだけをなくすことは、現実的ではありません。
米中ロ他、すべての核保有国の核ミサイルを、バランスを取りながら徐々に減らしていく事こそ現実的です。
そのためには、日本がある程度の予算を負担しても良いのではないでしょうか。

まあ、これはあくまで理想論ですので、今現実に最優先すべきはMDを配備しないこと、これしかありません。


どうやら
ケチつけるしか能がない人ってどこにでも出没しますね。こういう人は自分から記事を書いたりは絶対しないんですよね。中身がないから~
人を意味なく攻撃して「言い負かしてやった自分はえらい」
と自己満足しているのでしょう。言って事が吹けば飛ぶくらいうす~いのに気付いていない。
相手にしないのが一番でしょう。


MNGさんへ
え~と・・そもそも、軍事バランスを崩してるのは軍拡を続ける『中国』ですよね?
非難されるべきなのは『中国』では?
それとも、『中国』が核ミサイルを日本に向けていて、日本が何の対抗手段も持たない状態を、軍事バランスが取れている・・というのでしょうか?

MDが、費用対効果の面で効率が悪いのは事実です。
ただ、日本の現状では仕方ないのでしょう。

あと世界の軍縮のリーダーシップをとる・・ですか。
確かにそれが出来れば、良いと思いますが、日本にそんな力はありませんね。 もし、出来るというなら、最初に『中国』の核ミサイルを無くしてください。
そうすればMDはいらないですから・・


田柄さんへ。
>MDを配備すれば、日本も標的に・・ですか。
そもそも、日本に配備されるMDシステムでは、アメリカ本土を狙う弾道ミサイルを落とせません。
ミサイルの軌道が日本を通りませんからね。

現実に落とせるかどうかは、あまり問題ではありません。
問題はアメリカがどういうつもりかということで、ゲーツ国防長官は今年5月の日米防衛相会談で久間前防衛大臣に、米国を狙った北朝鮮などの弾道ミサイルを日本のミサイル防衛(MD)システムで迎撃できるよう、政府が憲法解釈で禁じている集団的自衛権行使の容認を迫っていましたし、同席したシーファー駐日米大使も集団的自衛権の問題に触れ「米国への弾道ミサイルを迎撃できなければ、日米同盟が変質しかねない」と日本側をけん制しました。
日本に配備されるMDは、その命中率はともあれ、目的としてアメリカ防衛の役割を担わされているのです。
http://www.47news.jp/CN/200705/CN2007051501001046.html

>それに、MDがあってもなくても、日本が攻撃される確率は変わらないでしょう。
MD以上のモノが日本にはあるのですから。

中朝の懸念は米軍であり、MD配備はイージス艦の配備もあわせて、日本周辺の緊張を高めるものでしょう。
MD以上のモノには、早々にお引取り願いたいものです。

>あと、備えがなければ安全・・ですか。

よく読んで下さい。
私は、「備えあれば憂いなし」は必ずしも正しくない、と書いたのです。
これは「備えがなければ安全」とは違います。
MDのような核保有国の軍事バランスを崩すようなモノは、かえって危険だということです。

MDの問題点は、役に立たないだけでなくいたずらに危機を煽るものを、アメリカの言いなりに巨額の予算をかけて配備するという所にあるのです。
日本の採るべき道は、憲法9条に基づいて、世界の軍縮のリーダーシップを取る事ではないでしょうか。


村野瀬さんへ
お咎めですか・・・・確かに、自国民をほっぽりだして、逃げ出した形になってますからね(笑)
まぁ、日本軍にしてみれば
『沖縄じゃあ、民間人を巻き添えにしたと叩かれ、中国じゃあ、民間人を見捨てたと叩かれ・・どうしろってんだい!』 

と、拗ねたいでしょう(笑)
どちらにしても、軍事的評価は低いですね・・





基本的なルールは?
スポーツをする人間は凄く美しくて、それは、鍛えた体プラス「ルール」に基づいてやるものだからですよね。

私は子供は「大人の矛盾を見抜く天才」だと思ってます。いくら純粋な子供に「サッカー」という立派な「スポーツ」のルールを利用して「弾道ミサイルの必要性」を説いたところで、子供達を納得させることなどできるでしょうか。

「武器」の怖さは今の子供達は、私達よりも早くから感じているはず。
「あったら使っちゃうんだったら、始めからピストルとかミサイルとか、持たなきゃいいんじゃないの?」と思ってしまうような、矛盾を見抜ける子供には、こんな洗脳の仕方は本当に無意味だと思いますし、やはり税金の無駄遣いだとしか思えません。


カークさんへ
ですよね! 何も備えずに、抵抗しなければ安全なんて言い過ぎだと、MNGさんにカークさんからも言ってください(笑) 

あと、逃げる日本人を襲ったのは、中国人より、ソ連軍ですよ。

日本人はソ連軍に恨まれていたんでしょうか・・?



本当に卑怯だわ、ボーエーショー
頭の柔らかいうちから「国家」にだけ都合の良い思想を注入しようという、まあ、洗脳の王道的な方法です。みなさんのおっしゃるように、「卑怯」の一語に尽きます。

あと、弾道ミサイルって、GKではなくてFWに近いのでは?

ところで、
>無防備で放り出された中国の日本人達は、安全に帰国できたのでしょうか?
という問いですが、無防備で人々を放り出したのは日本軍でしたが、それへのお咎めはなし?


田柄さん、
>沖縄戦のあと、無防備で放り出された中国の日本人達は、安全に帰国できたのでしょうか?

そりゃあ、侵略者だから自ら身を守らないと安全に帰国なんて出来なかったでしょうよ。
当時は日本と中国は戦争してたし、日本軍は多くの中国の人を虐殺したんだからねぇ。恨みを買ってたのは当然でしょう?




MNGさんへ
MDを配備すれば、日本も標的に・・ですか。
そもそも、日本に配備されるMDシステムでは、アメリカ本土を狙う弾道ミサイルを落とせません。
ミサイルの軌道が日本を通りませんからね。
それに、MDがあってもなくても、日本が攻撃される確率は変わらないでしょう。
MD以上のモノが日本にはあるのですから。

あと、備えがなければ安全・・ですか。
沖縄戦のあと、無防備で放り出された中国の日本人達は、安全に帰国できたのでしょうか?
無抵抗で占領されたチベットの人達は、安全だったのでしょうか?

やはり、相手によるってことですね。
そして、今の日本の相手は相当ヤバイです(笑)



MDは無駄
MD(ミサイル・ディフェンス)て言ったって、パトリオットもSM3も迎撃能力なしの欠陥品。
MDは間違いなく無駄金でしかない。

北朝鮮や中国の弾道ミサイルの迎撃を想定しているんだろうが、米国自信が裏で北朝鮮・中国と結んでいるのに意味あるのか?
日本に独自の偵察衛星・衛星測位システムがない限り、MDなど役立たずだ。
その上で、迎撃ミサイルを迎撃レーザーに変更しないと弾道ミサイル迎撃は果たせない。


シュートとミサイルは全然似てませんが。共通項は「スピードがある」だけ。

そも、サッカー自体がパスを回しながらフィールドをパズルのように組み立てるもの。
それが、シュートはミサイルだから体を張って止める?
とりあえず、サッカーのハイライトシーンしか見てないことは分かりました。

で、出オチがついた後は延々ディフェンス連呼。サッカー関係ない。
「弾道ミサイルをサッカーのシュートに見立てる」という一発ネタ以外、構成グダグダ。
まあ、非国民通信さんも書かれている「スポーツを戦争に」「戦争をスポーツに」たとえる発想の貧困さに笑うところでしょうか。


 サッカーなどスポーツを戦争に喩えたがるのが日本のスポーツ文化の特徴ですが、戦争をスポーツに擬えるのは、これまた発想の逆転ですね。オシムとかボバンとか、旧ユーゴ出身のサッカー関係者に感想でも聞いてみたいですよ。


小国民を狙え?
こんばんは。また来てしまいました。

子供を漫画で洗脳しようなんて、まったくとんでもないことです。
ここでも性懲りもなく、思いっきり危機を煽ってますねえ。(笑い)

しかし、日本をいきなり弾道ミサイルで攻撃して、何のメリットがあるんでしょう。
また、世界最強の軍事大国の報復を恐れずに、アメリカをいきなり弾道ミサイルで攻撃する国なんてあるのでしょうか。
MDなんか配備しなくても、日米に向けて核ミサイルを発射しようなんて国はないでしょう。

ではアメリカは、なぜMDを配備しようとするのか。
それは、アメリカの先制攻撃に対する報復としての弾道ミサイルを迎撃するためと考えるのが、妥当なのではないでしょうか。
MDを配備すれば、アメリカは報復を恐れずに、先制攻撃が可能になるのです。
(中国の衛星破壊実験で、思惑が狂ったかもしれませんが。)
そしてもしアメリカが先制攻撃を行なえば、MDを配備している日本もアメリカの共犯と見なされ、報復攻撃を受ける可能性も高まるのではないでしょうか。

漫画には「備えあれば憂いなし」と、純ちゃんの好きな言葉が載ってましたが、それは必ずしも正しくありません。
沖縄戦で死者が出たのは、日本軍がいた所だけでした。
備えのない島は、無事だったのです。

在日米軍基地がアメリカのための物であるように、MDの配備もアメリカの都合でしかありません。
日本にとって百害あって一利なしです。

MDなんかに使う予算があるなら、今、生活に苦しんでいる国民のために使うべきではないでしょうか。


その通り!!
MDなんて所詮不完全です。
攻撃こそ最大の防御なり。
隣の国を見てごらんなさい、ムリして核実験したら飴さん下にも置かないでしょ?
まずは飴さんに核弾頭搭載の原潜持ってきてもらって
第二段階で自衛官を原潜に同乗させ、最終段階で独自に原潜を所有し、核弾頭搭載の巡航ミサイルを装備する。

これで高いだけのMDなんて装備する必要はなくなりますね(笑)
相互確証破壊は60年の実績のある優れたシステムです。
第三のヒロシマ・ナガサキに日本のどこかがなってしまうのはまっぴらごめんだ!!


子ども向け、というだけではなくて、大人も対象になってるんじゃないでしょうか。
本読む時間が取れない人や、長い文章読むのは好きではない人でも、マンガなら読んでみようかという気になる場合がある。
マンガですが、日本的ネオコンの台頭の前には、日本のネオコン化を待望するような成人向けマンガ(劇画?)が人気を集めていたのではなかったでしょうか。
『新現実』vol.2,vol.3 ではそういうマンガのことに注目した記事がありましたし、これは私は読んでないんですけど、vol.4では、戦前・戦時下のサブカル表現、受容のされ方等を取り上げているようです。
大塚英志はマンガやアニメなどのサブカルチャーと政治の関係について他でも書いていた。


護衛艦の火事。「しらね~?」  自分の頭のハエも追えない自衛隊が、弾道ミサイルを迎撃できるのか?
こんなテイタラクで、原子力空母・ジョージ・ワシントン様が御来港して大丈夫なのでしょうか?

【『護衛艦「しらね」:8時間ぶりに鎮火 出火元は艦橋部』
白煙を上げる護衛艦「しらね」の周囲で消火活動をする消防隊員ら=神奈川県横須賀市で2007年12月15日午前2時18分、須賀川理撮影 神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地に停泊中の護衛艦「しらね」の火災は、煙を見た住民の通報で市消防局から消防車16台が出動し、発生から約8時間後の15日午前6時20分ごろ鎮火した
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071215k0000e040002000c.html

『護衛艦「しらね」:自力での消火、訓練受けているはずが…』
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071215k0000e040032000c.html


この前は、失礼いたしました。
ところで漫画・・・よく学習教材のダイレクトメールやダイエット商品の広告に付いている宣伝漫画と大して変わらないレベルですね。退屈でした。

でも子どもを懐柔しようとするなんて卑怯ですよ。







サッカーのディフェンスにたとえているのは「弾道ミサイル」ではなく「弾道ミサイルに対する防衛システム」のことでは?



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

莫大な費用のかかるMDシステムに対して石破防衛相は、「効果や人命を救うことを費用で測れるのか。」と言った。さすが防衛大臣だけあって、国民の命を救うことにかけては、お金など問題ないと言っている。それならば、現実に生命の危険にさらされている薬害肝炎の被害者...
 18日早朝、自衛隊が参加するハワイ沖のミサイル防衛システム(MD)実験に成功した。政府・防衛省は、自衛隊の不祥事やテロ新法の不人気から国民の目をそらすため、最
政府与党がインド洋でのアメリカへの無料給油を押し通すための錦の御旗である「国際貢献」のスローガン。 ですが、ですが...。 その一。国籍差別を助長する(した)文部科学省...
この12月13日で南京事件からちょうど70年。 私がよく記事を読むBBCでもアルジャジーラでも、この事件のことが取り上げられていました。 BBCには掲載された写真の下には、・ 1937年12月、日本軍が南京に侵攻。・目撃者が25万
「行き過ぎたジェンダーフリーがキイキイ」という名フレーズがブログ仲間周辺ではやったことがありました。(笑)これは男女共同参画社会や性教育などを敵視する人々に向けたも...
 EUの慰安婦決議に関して15日の読売社説は慰安婦決議 欧州での連鎖反応が心配だで、・日本の信用を貶(おとし)めるような決議がこれ以上広がらないよう、政府は各国政府に強く働きかけるべきである。・いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる対日批判決議が、欧州議会で採...
07年12月15日 土曜日 公約とマニフェスト  一昨日の国会は民主党の尾立議員が政府に、年金問題に問題で国民に対しての政府発言に対して公約違反だと発言していた。  それに対して総理のおとぼけ発言の字幕スーパーとテロップを集めてみた。{/arrow_r/}(ここをクリッ
 以前からIT・セキュリティ関連で注目している技術者からの本格的な批判です。今でこそ雑談日記が表看板のようになってますが、僕のココログは本来ひなたぼっこ(おじさんのIT的情報生活(^^;)の方がメインです。(汗)  なお、再確認です。最初、いきなり出て
 再確認。最初、いきなり出てきた12月6日のニュースで、7日の衆院政治倫理確立・公選法改正特別委員会で採決し、11日の本会議で可決。参院に送付され、15日の会期末までに成立する見通しだ。SOBA注:参院HPでの正式表記では電子投票法の審議は「政治倫理の確立及
「晴天とら日和」のとらchanがクスリを飲みながら橋下撲滅に燃えている!こんないい加減な奴がTVに出てくるのも嫌だった!こんなのに世の中をかき回されることがむかつく!当ブログでは敬愛するとら様を全面的・一方的にに側方援護します!頑張れとらchan!その第一弾は!...
将来原発に起因して何千何万の人が病気になったり死亡したり、 一つの町や県若しくは国を失くしてしまった時 この子は自分がそれを先頭に立って推進していたことを知れば どれほど苦しむことになるだろうか。
図らずも、続き物になってしまった、「弱者が自民党を支持する理由」シリーズですが、職場からアクセスされている方も多いようなので、結論部分は月曜日以降に書かせていただきます。 代わりに、続き物として書いていた間に起きたこと2つに、私の態度表明をしておきます..
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。