2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
34頭めの牛が死んだのに全頭検査やめるの??なんで?

もう、正月あけるまでは書かないでおこうかと思いつつ・・
ちょっと大手新聞社の対応が素朴におかしいと思ったもので・・・

なあ、どうして、橋下氏のマニュフェストへの扱いがあんなに特別なんでしょうか?朝日新聞の今日の朝刊・・・そこまで、大きくかれのマニュフェストだけを取上げるのはなんで?
という事はおいておきまして・・・・同じくマスコミがきちんと取上げないというお話を・・

・・・・年末ですが、今日もポチッとお願いいたしますm(_ _)m



コギトエルゴスムさんの116回目のコメントが、今政治ブログ界で密やかに話題です。こりゃ、ちゃんと記事で紹介せねば・・

なんでマスコミはこの34頭めの牛がBSE感染していたことをもっと大々的に報じないのでしょうか・・え?マスコミウケしないから?ええかげんにしろ~~

食べてすぐ発症しないのがBSEの特徴ですよね・・感染する牛がまだ二桁だから騒がない?日本での人への感染が確認されないから騒げない?アメリカではすでにアルツハイマーだと診断されている中の多くは狂牛病ではないかという報告も出ていますよね・・でもアメリカ政府は認めない。データー上がっても認めない。

このまま日本での全頭検査廃止に踏み切る農林水産省を阻止出来ないの?野党はみんななどのように反応しているのか・・

はい・・ここでお玉なおさらい・

ライブドア版お玉ブログ

2006年7月1日 「狂牛病とアルツハイマーの密接な関係」

2007年5月9日 「ネズミが感染しなくても人間も大丈夫とは全然限りません」

2年前と今と・・そんなに状況変わってないでしょうに・・闇に紛れて画策しているようにしか見えないぞ。

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい

コギトエルゴスムさんのコメント

C型肝炎訴訟の陰で、BSE問題がひっそりと葬られようとしています。

【「国内34頭目のBSE牛」
牛海綿状脳症(BSE)に関する厚生労働省の専門家会議は二十一日、桧山管内せたな町で飼育されていた黒毛和種の肉牛(雌、十五歳五カ月)がBSEに感染していたと断定した。
http://tamoshome.tea-nifty.com/blog/2007/12/post_6fc1.html】

【『平成阿房伝:』「日本で34頭目の狂牛病(BSE)情報192」
日本の農林水産省は金曜日、北海道で34頭目の狂牛病発見したと発表。 同省の会見によると15歳の乳牛で、島根県で生まれ、北海道で ... blog.so-net.ne.jp/thymeup/2007-12-22】

【『政府、社会の問題、提言など』 -「 北海道でBSE(狂牛病)が発生!」http://bbs.goo.ne.jp/ac84381/thread/1100061646067】

実は、農水省とプリオン病小委員会は、12月14日に下記の不可解な発表をしているのです。

【「オランダの仔牛用のミルクが日本の狂牛病原因」 (12月15日(土)07 共同通信)
 オランダが牛の脂肪から製造した粉乳が北海道、関東の狂牛病発生の原因かもしれないと農林水産省は金曜日、これまでの調査結果を発表。
 狂牛病を発症した日本の33頭のうち、32頭の調査をもとに報告されている。32頭のうち、13頭がオランダで製造された脂肪粉乳が感染原因であるとしている。
http://blog.so-net.ne.jp/thymeup/2007-12-17】

コギト 「ところが、その後、この超・高齢の34頭目のBSE牛が発生してしまったので、農水省と吉川座長は大慌て! 今頃はビホー策を練っていることでしょう。
しかし、もし、全頭検査がなかったら、この高齢BSE牛のミンチが店頭に並んでいたことになります、あるいはビーフミートコロッケになったかも知れません。 
(因みに、農水省としては、全頭検査廃止の命令を既に出しています)」

<追伸>上掲の各ブログの完読をおすすめします。とても為になります。
[2007/12/27 11:29] URL | コギトエルゴスム
 
Secret
(非公開コメント受付中)

国と政府を同一視したくない
私の場合、「著しい国の不作為」ではなく「著しい政府の不作為」と表現したいです。

国の定義にはいろいろあって、政府を国とみなす人が左右両方に多いけれども、私は政府と国を同一視したくないです。国は共同体であって、国民の生きる環境です。政府は国も重要な構成要素ですが、国そのものではない、と考えています。

なお、政府が悪いからと言って、政府の役割を民間に置き換えるのに反対です。政府は公的な組織(すなわちpublicな、開かれていることが期待される組織)で、公的なゆえに権威があり、またその権威にふさわしいか監視を受けている組織でもあります。
政府を批判する私ですが、政府がダメだからといって非政府組織で置き換えるのには反対です。民間組織とやらに国民が支配されるのは最悪です。

経団連と政府、どっちがましですか?。経団連もNGO(非政府組織)の一種です。


日本の対策
私も全頭検査は続けるべきだと思います。
ただ、問題なのはアメリカの圧力ですよね。

ほとんどのアメリカ人は、狂牛病に対して関心がありません。
彼らの認識は
『俺達が毎日食べてる牛肉に、日本が因縁つけて、食肉業者をいじめている』
くらいが、ほとんどでしょう。

ですから、日米交渉でどうにかなる問題ではなさそうですね・・アメリカ政府は絶対に退けないですから。

あと、国の代わりに、県単位で全頭検査を続けるのは、良いアイデアだと思います。
いずれアメリカがクレームを付けてくるでしょうが・・

日本が取るべき対策は、とにかく時間を稼ぐことでしょう。
アメリカで狂牛病が大問題になるまで。

それまでは、何を言っても無駄でしょう。





全頭検査を続ける県を支持しましょう
国が全頭検査をやめて以降も、全頭検査を続けると言っている県が続々、出てきていますね。北海道、青森、山形、岩手、宮城、宮崎・・。この状況では他県もやめられないのではないでしょうか。



BSE:県、全頭検査を維持 来年8月以降、費用補助継続方針 /青森
12月21日12時2分配信 毎日新聞

 国が生後20カ月以下の牛のBSE(牛海綿状脳症)検査費用の補助を来年7月末で打ち切る問題で、県は同8月以降も独自に全頭検査を維持する方針を固めた。消費者や生産者から継続を求める声が相次ぎ、検査打ち切りは消費者の信頼を損ねると判断した。
 国は今年5月、「生後20カ月以下の牛のBSE感染リスクは高くない」として、補助の打ち切りを表明。都道府県にも検査をやめるよう求めていた。県は当初、「国が科学的に不要というなら、いらないのではないか」と検査継続に否定的だった。だが、8月末に開かれた消費者、生産者、肉流通業者らとの意見交換会で「安心して牛肉が食べられなくなる」「他県が全頭検査を実施すれば青森の肉は売れない」などと継続を求める意見が続発した。
 また、北海道や岩手県、宮崎県など多くの自治体が既に全頭検査の継続を表明しており、他県と競争する上で検査中止がマイナスになると判断した。【喜浦遊】

BSE:全頭検査、県が自主財源で継続へ 消費者の混乱考慮 /宮城
12月25日11時0分配信 毎日新聞

 ◇国の補助金終了後も
 国が生後20カ月以下の牛のBSE(牛海綿状脳症)検査補助金を来年7月で打ち切る問題で、県は自主財源で費用を負担し、同8月以降も全頭検査を継続する方針を固めた。新たに約500万円の負担が生じる見込み。東北6県では既に青森と山形、岩手が、また北海道や宮崎など全国でも多くの自治体が継続を決めており、自治体によって対応が違うと消費者に混乱を招く恐れがあるとして、負担はやむを得ないと判断した。
 県の食肉衛生検査所では、仙台市以外で処理される年間約5500頭の牛すべてに対しBSE検査を行っている。現在は検査費用のうち、国から検査キット代(1頭当たり約1300円)の補助を受けているが、打ち切り後も全頭検査を続ける場合、約半数を占める20カ月以下の牛に使うキット代を負担する必要が生じる。
 仙台市は既に、約60万円を負担し全頭検査を独自で続ける方針を固めている。厚生労働省は20カ月以下の牛の検査補助金を打ち切る理由について、「20カ月以下の牛は検査を実施しても感染の有無は分からず、検査をしたかどうかでリスクに差が出ることはない」としている。【青木純】


良いお年を~
今年はお世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。
良いお年を~


過去の記事
すみません、ずいぶん昔の記事をTBしてしまいました。
大阪府の赤字隠しで財政再建団体転落の危機という報道もずいぶんタイミングがいいですね。自民党系の候補者にしないと夕張の生活が待ってますよ・・・ということでしょうか。卑劣なやり口という気がしますね。


これは深刻な問題なんですよ。
三輪さんも仰ってますが、薬害エイズ、薬害肝炎問題にとても似ています。
しかし、深刻なのは、病原の媒体が食品で有ると言う点です。
老若男女を問わず、誰もが口にする牛肉や牛由来の製品から変異性ヤコブ病を引き起こす可能性が高いのです。
その被害の規模は前述の薬害をはるかに凌ぐかもしれないと私は恐れています。
また、当然、生産者の畜産農家も被害を受けるでしょう。
アメリカの畜産業界は壊滅すると私は想像しています。
また、私の恐れが現実化した場合、賠償は国が行う事になるわけです。
しかし、その道は前述の薬害訴訟の困難さを見れば、どれほど、被害者にとって辛いものか想像は難しくないのです。
今こそ、国民は政府に対して、狂牛病防衛策を要求すべきなのです。
被害が出てきてからでは遅いのです。


こんばんは、三輪です。
ちょっとエントリーに誤りがあるので指摘します。

集荷団体、そして各都道府県の畜産農家については全頭検査を止めるつもりは無いようです。

止める気満々なのは政府農林水産省のみです。
連中は「アメリカの主張する科学的な検査」を丸呑みにして、補助金を撤廃するつもりです。

どこまでボケていれば気が済むのかと言う事です。
致死性の病害を放つ家畜伝染病なのに、それを全く理解していないとしか思えません。

これは例の血液製剤と同じ、著しい国の不作為、つまり怠慢であるとしか言えない行為です。
連中は全く懲りていません!倒閣あるのみ!
自ENDが必要です。日本国民を守ろうとしない自民党には、政治的な死を与えましょう!



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

168236 鹿島建設所得隠し事件とキヤノン御手洗会長裏金疑惑はどこいった   猛獣王S ( 30代 営業 ) 07/12/31 PM03 大分県・キヤノン工場建設に絡む大光・鹿島らの不明朗会計発覚リンク この事件は、その後もメディアの追及は全く見られません。むしろ、何も
 毎日、ぎりぎりの日が続いて、更新が滞った1年でした。残念ながら・・・。  今、やっと座ることができて、紅白歌合戦をみていたのですが、綾香の歌を聞いていたら、少し涙が出てきました。Peace loving people 。♪罪のない命の消えていく現状  今、私たちに何が...
07年12月31日 月曜日  大晦日  押し掛けTBを差し上げている皆様へ一言お詫び申し上げます。  ブログを初めて難しいことを語れない老人は、視覚に訴えるブログを志して1年半、相手の方がどのようなお考えかも分からず押し掛けブログを差し上げ申し訳ありません。  
【もし時間がとれたら、あとで07年回顧をアップするです。途中まで 書きかけているのだけど。今日はやることいっぱいで、書き上げられる かどうかビミョ~な状況でして。^^;  でも、昨日「イカ天」の特番を見て、朝からやけにテンションが上がって いるmewだった...
一介の“デタラメ”経済学者を要職に据えた「竹中プロジェクト」が“思惑”通りに進みメガバンクのいくつかが外資の手に渡れば、日本経済は、“国民経済”としての性格を喪失し国内産業力も減衰し、国際金融資本の資本増殖手段と化すことになる。 そうなることは、あれこ...
 2007年は激動の年でした。  安倍首相の登場と、歴史的な一大ネガティブキャンペーンによる降板、中国の野望と軍事力の増大、憲法改正は阻止され、自民党の歴史的大敗などなど。  2008年は北京オリンピックや台湾独立問題、日米同盟が激動を迎えるでしょう。  拙ブロ
年末の、そして日曜日の朝、正月準備にひたすら手を動かしながらテレビを聞いていました。  関口宏さん司会のスーパーモーニング。  いろいろあるワイドショーの中で、一番まし...
 一体何度目だろう。骨の混入、胸腺の混入に続いて、今度は20ヶ月以内という条件に違反しているという。  日本が輸入した米国産牛肉に日米合意違反の牛肉が見つかった問題で、出荷した工場を保有する食肉大手タイソン社のスポークスマンは16日、問題牛肉が月齢21カ...
自民党が電子投票を導入したがっているらしい。それらしい理由がたくさん挙げられる。 開票に時間も人手もかからないこと、数え間違いが生じないこと、紙を使わないのでエコであ...
ここでしつこくしつこく秋山氏の日米文化協会の問題をこれでもかこれでもかと取り上げたのは秋山糾弾ではない!少なくともこの文化協会がどうして毒ガス処理に絡めるのか?そこが問題だった!だから山田洋行からの逆流献金とかはそれほど問題ではなかった!正直額賀なんて...
大晦日です。今年の7月にこのブログを開設して以来、11,500人もの人にご訪問いただきました。 また、たくさんの貴重なコメント・トラックバックをいただき、ブログを通じての有意義な連帯に参加をさせていただくことができま
 去年の11月28日アップだけれど、常に「人気記事ランキング」に入っているエントリーがあります。(左下サイドエリアにあります。1か月以内集計です。  もちろん累計で1位、1か月の「人気記事ランキング」の集計でも常に3位以内の入ってます。それは、「植草一秀氏の
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。