2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
テロリストを赦すということ

お玉はテロという行為が許せません。ブット元首相が暗殺されてしまいましたが、いつ襲われてもおかしくない中で、上半身を車から出して街頭での活動を続けていた彼女は確かに見ようによっては「無謀」です。。警備に問題はなかった、彼女の自己責任・・のようにムシャラフ大統領は言っているようですが、でもそうせざるおえないほどの状況がきっとあそこにはあったのだとお玉は思います。

さて、今年もどうか、ポチッとお願いいたします m(_ _)m   

人気ブログランキングへ   それと  

 さて、アフガニスタンの話を少しだけします・・というか伊勢崎賢治さんの考えている和平への道について・・でしょうか・・・

伊勢崎賢治 15歳からの国際平和学

アフガニスタンで行なわれていること 国会に行って来ました。

自爆テロがどんどん過激さを増して、アメリカと多国籍軍により一般人や子供達が巻き添えになる「コラテラル・ダメージ」がどんどんひどくなってきているそうです。伊勢崎さんがアフガニスタン大使のアミンさんに「日本に一番訴えたいことは?」と聞いたとき、アフガニスタンへの支援ではなく、このコラテラル・ダメージを訴えたいと言われたそうです。

ショックです。支援よりも「味方」のはずのアメリカと周辺国の爆撃の巻き添えを何とかして欲しいと切実に思っている・・・・

これ以上の巻き添えによる一般人の被害は外国部隊への憎悪へ向かう・・

イギリスの国防相は和平の過程で「タリバン」が関与する必要があると公式にいっています。タリバンとの和解をカルザイ政権が考え、恩赦法を作り少しずつ実行している・・というのもそうしなければ、コラテラル・ダメージの終わりが見えない・・という追いつめられた思いもあるのでしょうか・・そして伊勢崎さんはこのようなことを続けています。

テロリストを赦す。 

自衛隊派遣に反対する、特に護憲派勢力(僕もその一人なのですが)が、これこそ平和憲法の精神に沿った方向だ。日本は、この和解に向けて支援をするべきだというような声が聞こえてくるようですが、ちょっと待ってください。  

テロリストを赦すことは、その被害者、もしくはその家族の大変な痛みを伴うことはシエラレオネのケースで述べたとおりです。事実、このアフガンの恩赦法は、日本では全くと言って報道されませんでしたが、欧米で大変な物議を醸し出しました。あたり前です。人権に関する国際倫理を根底から揺るがすと、人権団体は警戒感を表明しています。でも一方で、ここまでしないと、対テロ戦の活路はないということも自明であるから、目立って反対はできない。正義か、平和かのギリギリの選択なのです。

この話と共に・・・・・今まで密やかにおこなっていたアメリカのための給油活動・・ばれていなかったから美しい誤解をうけ、尊敬されていた日本でしたが、 ここにきて、日本が諸外国に目立たせてしまった「テロ特殊法」のせいで、今後アフガニスタンで日本人の被害者が出てくるであろう事を伊勢崎さんは警告しています。

衆議院TV (11月5日をクリックください。)

otamaお玉、FC2政治ブログランキング と 人気ブログランキング登録してます。いろんな人に憲法と平和を語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けましたら、どうかどちらも、↓ポチッとお願い致します

m(_ _)m 二つもあってごめんなさい
 

tag : コラテラル タリバン 伊勢崎賢治 テロ特殊法

 
Secret
(非公開コメント受付中)

東西南北さま
消去法で公明党に流れる方は、あんましいないと思いますが、自民党が最悪かどうかは、コメントしにくいです。自民党ってのは、良くも悪くも日本人そのものだと思っていますので。

また、テロリストに対する教育なんてのは、洗脳するのと変わりませんよ。それに自分達では正統な抵抗活動だと思っているはずですから。
ちなみに、あなたは戦争犯罪人をどう定義してますか?

アメリカの軍事基地がなくても、テロリストにとって攻撃価値があれば攻撃してきますよ。


コウトさんへ
「寛容」というのは、「譲歩」や「正当化」とはちょっと違うと思います。
おそらく、『問答無用な態度は適切ではない』という感じだということですね。

あくまでも「手段としてのテロ」を許さないという姿勢を堅持しつつ、さりながら「テロリストのテロを行った背景、条件等をよく見る」ということで、加害者、被害者、第三者すべてが理解し共有できる処罰や制度設計等を図っていくべきじゃないかな、ということです。


>罪のない人々の命を犠牲にするよりは、妥協してでも非道な状況を変えていくことの方が優先なのだ

このコウトさんのご意見に対して、私は批判したり反対する意見は持っておりません。むしろ、そのご意見は理解できます。ただ、プライオリティをつけるのではなく、同時並行で行くべきだ、という考えもあります。これもまた理解できますし、反対する意見を持っておりません。いろいろ模索して最善の方法を生み出していくんだろうと私は思います。


連鎖の切断
こんにちわ.昨夜深夜に訪れて書き込んだのですが,私はなんかずれたこと書いてますね.お騒がせしてすみません.
『テロリストを赦す』というのが復讐の連鎖を切断する呼びかけとなれば大変素晴らしいと思います.そうなってくれればいいのですけどね.


仮)山田二郎さんへ
 自民党と公明党のテロ特は、さらにテロの憎悪をかきたてた悪法では?少なくとも自民党と公明党は選択肢に入れないで、野党の中から選ぶという意味になると思います。野党もろくでもないから、消極的に自民党、公明党で仕方ないというのが最悪ですね?

 正当防衛ではない、テロは無期懲役の教育刑で確実ではないでしょうか?もちろん、戦争犯罪人に対しても死刑ではなく、無期懲役の教育刑で平等を実現です。アメリカの軍事基地があると絶えずこの問題で日本は巻き込まれますね?

 


Re:善よりも寛容
これまでwakuwaku_44 さんのコメントを意識して読んだことがないのでその点は了承してください。
 この場合、テロリスト側に譲歩することは決して寛容な行為ではないと思います。政治的にやむを得ない判断で、ほかに方法がないからではないですか。テロを行う側にどんな理由があれども、それを正当な行為と認めることはできない。恨みであろうと権力闘争であろうと、してはならないことをしているのです。その理性的判断が、戦争など人間性に反する暴力を否定する者の立ち位置だと思います。しかし同時に、してはならない方法で脅迫されて、それを真っ向から撥ねつけて罪のない人々の命を犠牲にするよりは、妥協してでも非道な状況を変えていくことの方が優先なのだと、そういう話だと考えています。


こんばんわ.ホントにお久しぶりです.華氏さんの処から標題に魅かれてやってきました.
テロリストにとっては赦されようが赦されまいが関係はないことですので,(赦す赦さないは)ほとんど意味がないのではないでしょうか.
しかし,テロリスト達に思い知って欲しいことがあります.
今現在の復讐(テロ)の所為で報復をさらに誘引し,次の世代(自分のかわいい孫子たち)の犠牲を自ら作り出すことになる,という認識です.
テロリスト達に言うべきことは,この連鎖の矛盾をぜひ思い知って欲しいということだと思います.
一方,テロに追い込まれる極限の状況を作ってしまったことは全世界の追い込む側の責任でもあります(というのは当たり前すぎて何も言ってないに等しいが(^o^)/~~~~).
結局,『テロリストを赦す』という言辞自体,テロリストの本質をまったくわきまえていないのではないかと思えるのです.
失礼しました.


これも難しい話だ。(汗)
テロリストを赦すというのは、きっと『善よりも寛容』ということなんだろうと思います。

イラクやアフガニスタンで起こっているテロは、実はレジスタンスなのかも知れない。いや、権力を独占的に持ちたいがための犯罪行為なのかも知れない。
権力側だって「暗殺」とか「弾圧」という行為すらしている。かつての治安維持法は「合法」であっても「人道的に好ましくない」というものだった。

「テロ」という言葉が適切かどうかはわかりませんが、通常の犯罪も、個別に、その動機や背景、人間性といった角度から検証して、犯罪者と被害者に最善の対応をとりつつ、社会的に再発防止に取り組むと同じように、テロもそうあるべきなんじゃないか、としか、私には正直言えません。

イラクにしても、「空爆で子どもを殺された恨み」と「フセイン政権下で優遇されていた人が特権を取り戻す」のとでは、同じ破壊行為・テロ行為であっても対応は異なると思います。


妥協ということですか
赦す、というか妥協することになるのでしょうね。以前の出来事を不問に付すしか道がない、これは政治的な決着のつけ方であって道義的問題は解決されないまま傍らに置かれています。言ってみれば犯罪者と話し合うことを選ぶわけです。正義を主張する人々にはつらい事態ですが、当事者でない人間が勝手なことを言ってどうなるものか。人の命が簡単に奪われ続ける現状を止めることが最優先と考えるべきなのでしょう。


テロ自体を否定してもねー
暗殺みたいな時代の流れを停滞させるだけの行為は否定するべきでしょうが、テロ自体を否定しても仕方ありません。無差別であろうが無かろうが、テロリストからすれば正義の戦いであるのですから。
ちなみにテロ特殊法に関係なく、すでに日本は、敵対国家とテロリストからみなされているでしょうね。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

      平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。 よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま~す! らん...
本日1/10告示・1/27投開票の大阪府知事選。 1月8日、自民党本部は「2万%出馬はない」と言った直後に出馬した 橋下徹弁護士の推薦を見送り、府連推薦とした。 プヒャヒャヒャ、そりゃそうだろ。 総選挙の感触を占う府知事選だもの。 人を傷付けるような失言がやたら多く...
与党 新テロ法案より危険 民主党の「対案」 --------------------------------------------------------------------------------  民主党は昨年末、「アフガニスタン復興支援特別措置法案」を国会に提出しました。与党の新テロ特措法案の「対案」と位置づけるもので、...
民間犠牲2万4千人 IBC07年調査 治安改善に程遠く イラク --------------------------------------------------------------------------------  【ワシントン=山崎伸治】イラク戦争開始後の民間人犠牲者数を調査しているイラク・ボディ・カウント(IBC)は
昨日、私が述べた、国民生活の向上に力点を置いた、リベラルな政策の実現と言うのは、実は、とうの昔に、日本国憲法に記載された、国民の権利なのである。 それは、憲法25条、一般に「生存権」と呼ばれる基本的人権と、その実現に向けた国の責務を記した条文である。 ...
はよ選挙せい!こんなのどうでもいい! まずやれ!今発売中の「SAPIO」(1/23)の選挙予想!**************自民 204(小選挙区116~175:推定145)公明  26(小選挙区2~9:推定5)※ 与党230(193~269)民主 224(小選挙区10
最新の記事一覧・・・12月分はコチラ、1月分はコチラ <*印の関連報道記事は、一番下のMore部分にあります。> 新年も、もう7日に?!(・・) <七草がゆを作らなくっちゃだわ。>  今日から「本格的にお仕事がスタート」という人も多いかも知れない ...
新たな秩序へ やはり日米同盟が基軸だ 自衛隊派遣の恒久法を(1月7日付・読売社説) ◆集団的自衛権を見直せ◆  世界の平和と安全は、通商国家・日本の存立基盤だ。アジア地域も国際社会全体も、安全保障環境が不安定化している時、安定した新たな国際秩序作りに...
まだまだ終わらないですね。悲しい限りです。 米海兵隊員2人を逮捕=タクシー代払わず運転手殴る-沖縄 1月7日20時31分配信 時事通信 タクシー代金を支払わずに、運転手に暴行し逃走したとして、沖縄県警沖縄署は7日、強盗致傷の疑いで、米軍普天間航空基地所属の海兵隊伍...
靖国の矛盾/高橋哲哉 2008年の新年が明けた。新しい年の最初のコラムだが、昨年に続いて靖国神社問題で始めることをご了承いただきたい。昭和“天皇”がA級戦犯の合祀に不快感を抱き、靖国参拝を中止したことは、彼が東京裁判の結果に感謝したということから考えればよ...
08年1月7日 月曜日  今年もやはり暗かった。  朝刊がくるより早い番組で、一番目に入るのはこの二つで、今年も親殺しの幕開けだ。長寿になり老人が、己より年上の親の面倒を見なければならない。国家の社会保障の基礎がしっかりしていなければならないのだが、現在の...
 北朝鮮との和解に熱意を入れ、イラクとアフガンは、手なづけた政権からも冷たくされて進退きわまり、せっかくあおり立てたイランとの核をめぐる対立も、CIAの「兵器開
[小沢さんの政治手法と江田憲司さん] 昨日のテレビ朝日のサンデープロゼクトで今後の政局についてと討論会で私にとって耳新しい面白い発言を聞いた。 出席者は田原さんのほか、衆議院議員の江田憲司さん、朝日新聞編集委員の星 浩さん、早稲田大学大学院教授の田勢康
 民主党が外国人参政権を再提出するため動いているようです。  しかも、よりによって公明に協力を呼びかけているとのこと。  これは由々しき事態となってきました。  読売新聞より転電です。 引用元:読売新聞 外国人の地方参政権法案、民主内で再提出の動き  永...
参りました!まだこのレベルですか!***********http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008010601000305.html 防衛族団体の落札前提か 毒ガス弾の処理事業 2008年1月6日 18時14分  防衛族議員らが理事を務める社団法人「日米平和・文化交流協会」が、旧防衛庁
 明けましておめでとう御座います。  昨年中は本当に皆様にお世話になり、書き続ける意欲を持続できました。  まさに、「関係性」の重要性を感じています。  昨年12月の環境関連の連載を通じて、アクセス数が急増し、驚いております。  昨年一年は平均して300前後で...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。