2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
憲法を権力者に守らせることが立憲主義の考え方です。

お玉がハマって欲しいツボにきっちり噛みついて下さる方がいて、嬉しい(^^)

 日本人には、立憲主義の意味がまだまだ認知されてないことはわかってましたので・・・ここを押さえないと、昨日の橋下大阪府知事の話は半分しか「おもしろく」ないのです。最近憲法のことを書けなかったけど、久々にFC2ランキングも一位だし~~こういう時こそ憲法のお話書かねば・・・

人気ブログランキングへ  それと  

あのね、立憲主義ってのは 国が暴走しないように国民が国家を縛る・・という考え方です。日本国憲法もこれに基づいてますし、これは日本だけでなく世界の国々で考えられているメジャーな事です。そして欧米では国民もキチンとこのことを理解しているのですが・・・・

これを知っていたら昨日の橋下さんが言うような「政治家は自分の憲法感覚をもって政治行動をしなければならない」てな事は絶対に言えないはずなのです。

詳しいことはちょっとづつ小出しにするけど・・(だって知らない人は憲法って言うだけで、読んでくれないモン)

で、以前マガジン9条に載った小林節さんのインタビュー記事をお玉ブログライブドア版 から転記します。あと記載している津久井先生の記事も是非あわせてお読み下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2007年1月19日 改憲論者も立憲主義は大事と言っている より

マガジン9条編集部より許可を頂きましたので、伊藤真のけんぽう手習い塾の中の立憲主義の項目を引用させて頂くつもりでしたが・・・

津久井弁護士さんが素晴らしくわかりやすい立憲主義のお話を書いてくださいましたので、伊藤さんの記事はまた折を見て紹介することにしました。

その代わりにお玉は「改憲論者」(もう、元、でも条件付き改憲でも何でも良いけど・・)で自民党議員の教育係的存在であられ元々は自民党の新憲法草案の旗振り役だった?(すみません言い過ぎかも)小林節さんのインタビュー記事を紹介します。

以下マガジン9条この人に聞きたいより~~

歴史から学んでいない自民党の2世3世議員

編集部小林さんは、昔も今も改憲派の論客の第一人者という立場で、1992年には「憲法改正私案」を公表されています。ですが、現在は「護憲的改憲派」と自称されていますね。
小林 僕は、日本国憲法はいいものだと思っています。しかし憲法だって国民が幸福に暮らすための道具ですから、古くなれば修正も必要になるだろうし、もっと良い方向に発展させていくべきだと思っています。しかし、どうも改憲と言った瞬間から右翼扱いをされてしまうのですが、僕のは、岸信介(第56、57代総理大臣)が唱えたような、戦前回帰的な改憲論とは違います。 
編集部以前お書きになっているコラムに、「護憲派の市民たちは、集会で、『憲法を護(守)ろう!』と叫んでいるが、私はむしろ、『憲法を権力者に守らせよう!』と叫ぶべきではないかと思う」とあったのが、印象に残っています。その発言の根本にあるのが立憲主義ですよね。しかし、いま自民党中心の改憲論議のなかでは、憲法は国民が国家の権力を縛るものだという立憲主義という前提自体が、自明なものではないかのごとく扱われています。
小林 私は最初、これは悪意かな? と思ったんですね。知っていてわざと嘘をついているのかな? と。しかし彼らは基本的に無知なんです。
 民法は、私人間の取引の法、商法は、その中の商売人の取引の法、刑法は犯罪の法、訴訟法(民・刑)は裁判の法、そして最上位法である憲法は、国民が政治権力を管理する法だという、法の基本的な役割分担を国会議員が知らない。
 だから、愛国心とか教育とか倫理・道徳の問題に、憲法を直に持ち込もうとするようなことが起こるのだけれども、それは、はっきり言って無知・無教養だからなんだと気がつきました。
 そして一部法制局の役人とか、改憲派としては有名だけども憲法学者としては無名な何人かの御用学者が、愛国心を憲法に持ち込むような、彼らのやり方に根拠を与えようとしているだけなんですよ。
編集部専門家と言われる人たちの中にも、「立憲主義という見方もあるけれども…」という、あくまで、立憲主義が、一つの見方だというような言い方をする人がいますよね。
小林

一つの見方って、それしかないんだけどね(笑)。彼らは、歴史に学んでいないんです。人間というのはみんなで共同生活をするに当たって、専門の管理会社みたいなもの、国をつくるわけです。人間は一人ひとりバラバラでは生きていけないから、国家というサービス管理会社がある中で共同生活をして生きていくわけです。そうすると、国家というものは、個人の次元を超えた強大なる統制権を持たないと、交通違反一つだって取り締まれない。
 かつては、その強大な権力を、一人の個人や家が独占していた時代がありました。すると例外なく、権力は堕落していきます。それは人間が不完全なものだからです。そういった失敗の歴史を経て、我々は学び、長く放っておけば必ず堕落する権力というものに、たがをはめるために、憲法が作られたものなのです。

 しかし、自民党の二世、三世議員、世襲で権力者の階級になっているような人たちは、「自分たちは間違えない」と勝手に思い込んでいる。なぜかというと、自分たちこそが権力であり、判断基準だから。民主主義の制度の中では、権力は永遠じゃないのに、自分たちは永遠に権力の座にいる気なんですね。

 生まれたときからおじいちゃんは国会議員、お父さんも国会議員、そして自分も当選したという人たちですから、権力を離さないし絶対に間違えない、という前提がある。だから、自分たちを管理するという立憲主義の発想にはすごく抵抗があるんだろうね。

 そうこうしているうちに、社会ではさまざまな異常な事件が起こる。そうすると、「世の中が間違っている、国民を躾けなきゃいけない」政治家は法律をつくるのが仕事で、法の法たる最高のものは憲法だから、憲法で取り締まればいい――となる。そして、国民は国を愛する心を持つように・・・とか、家庭における役割分担をきちんと考えよう・・・とか。これでは明治憲法下で神たる主権者=天皇が「告文」に始まる大日本帝国憲法で、国民に説教をしていたのと同じです。
 そういった最低限の歴史的教養も、国家論的教養もないんですよ。それで憲法改正を論じているのは、傲慢以外の何物でもない。

人気ブログランキングへ  それと  

 
Secret
(非公開コメント受付中)

本場アメリカは、本来、憲法は連邦政府の権限と義務のようですね。


1コメ
国が憲法を守れないのなら、国民は素直な気持ちで不満の声をあげたらいいと思います。よく晴れたさわやかな日曜日にでも国会周辺に大挙して集まって、「なめんじゃね~ぞぉ」とさけんだらいいんじゃないでしょうか。昔からゼネストなんていう方法もありますし、な~んぼでも道はあります。さしあたり1万人くらい、都民の1000分の1程度でかなりの効果が期待できるように思います。道がないように思わせているところが「国家統治」の肝なのでありあります。ただ、「みんな集まって一言いおうや」と音頭をとるものがちょっといま留守にしていることがつらいところではありますが。


老婆心ながら・・
「草莽崛起」と言えば、日本会議所属の議員さんたちが書いているといううわさのブログの名前ですよね。その名をハンドルに使うのは当人たちでないのでしたらおやめになった方が良いのではと思いますが。


護憲は日本国を滅ぼす!
今の日本国憲法がどの様な経緯を経て作られたかを知れば、この憲法を護憲すれば日本国が弱体化に亡国へと向かうというのが普通の脳味噌を持っている人なら理解出来るんだが(苦笑
http://soumoukukki.at.webry.info/200802/article_5.html


その2に良い事が。
>軍隊をシビリアンコントロール、人と法で縛るというけれど、日本の政治と国民にはその能力がないんじゃないかと思い始めています。
>だから自衛隊をまだ日陰者にしておいたほうが危なくないかも知れない。

「日本の政治と国民」と言う表現が良いですね。
これが、俗に言う自民党や右派だけでなく、いわゆるリベラルやら左派、護憲論者、その他諸々もみんな含んで日本人全般が民主主義を理解していないという話です。

意外に思われるかもしれませんが、私は労働運動組織、9条護憲運動組織にかなり参加している身分です。
赤旗もって集会に参加してデモをしてとかもやっています。
そのため、まだまだ現在進行形で「内輪で会合を開いて、影響力のないところで護憲念仏を唱えて、うっとりしている」のを目の当たりにして、正直頭が痛いです。

私もまだまだ民主主義を勉強中ですが、せめて日本国憲法3大原理は頭に置こうと思っています。


愛読者さんが憲法のどこを指して古びたガラクタだと言っているのかは判りませんが為政者の都合でころころ変わってしまうのは好ましいとは思えません。そんな軽々しいものは憲法ではなく、単なる紙切れです。


まことに残念ながら
憲法99条で権力者は憲法を守らなければならないことになっています。
彼らに憲法を守る意思はあるのか?との問うと、彼らは口先では守りますという人もいます。
しかし彼らの多くは口先だけで守る意思はありません。
かれらが望んでいるのは改憲です。
何のために?
国家が国民を縛るために。
日本を戦争が出来る国にするために。
自民党の改憲試案をみれば明らかです。


人間の権利と立憲主義。
 人間の権利とは何か?とにかくよくわからない。だから、みんなで議論して人間の権利を決めましょう。これが法律。例えば、日米安保、自衛隊法はそれの典型です。では、日米安保、自衛隊法は人間の権利を侵害していないのか?これが立憲主義の問題です。違憲法令審査権ですね。しかし、最高裁判所は自衛隊法、日米安保条約は憲法違反ではない、という判断です。ということは、日本人民の多数が日米安保、自衛隊法を法律として定め、最高裁判所までもが憲法違反ではない、と判断している現状は立憲主義が遵守されている社会であるのか?そうであれば、なぜ、自衛隊、日米安保は憲法違反であるという運動があるのか?果たして、国民が憲法を最高裁判所、政府、与党などの三権に守らせるとは何なのか?三権によっても制限できない人間の権利とは?三権に守らせる人間の権利とは?


所詮憲法など国民がより良く生きる為の道具に過ぎませんよ
半世紀以上前に作られた日本国憲法が実情に合わなくなってきているのならば、国民が憲法改正を欲しているのならば、改正すべきです。
憲法などたかが道具です。大切なのは国民がより良く生きる事であって、古びて役に立たなくなっているガラクタを後生大事にしているなど馬鹿馬鹿しい事ではありませんか。

日 本 国 民 が望むのであれば憲法を改正すべきです。

望むのであれば。


立憲主義の担保
人を殺せば、運が悪ければ警察に逮捕され、刑罰を科されます。
借金を返さなければ、裁判で負ければ財産を没収されて返させられます。(人-国、警察力)

また多くの借金は担保があります。その場合返さなければ、貸した側は担保を売って借金を返してもらう代わりにできます。
(人-人、担保)

では国が憲法を破れば(国-人、???)、国民に何ができるでしょう。
国は国民に何の担保を預けているでしょうか。

ある日警察と自衛隊、自民党と官僚が「もう憲法なんてやめた、皆命令だけに従え」と言ったら、武器を持たない我々国民に何ができるでしょうか?


憲法99条を教えるだけです
橋下氏は憲法を学んだだけあって、言葉巧み?に憲法は守ると言っていますね。あの発言に立憲主義云々は、方向が違うため厳しいのでは無いでしょうか。
今後、大臣議員知事裁判官で憲法を無視した発言をした者には、即座に「99条!」ってツッコミを入れていけば、憲法無視の発言は無くなると思います。
しかし、責任者たる者が現場を知らないなんて無責任な発言をするのは・・・はっきり言って責任者失格では無いですか?
やはり岩国基地そのものを大阪府内に移転するしか無さそうですね。府民のかた、頑張ってねー(他人事)



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 他のブログでも最近、コメントの表示順を「新しいものが上」モードに設定しているブ
 最近の私にとって「気持ちが楽になる言葉」とは、 人間、努力が 実を結ぶまで 試
 私は2005年の夏から、カッターシャツやジャンパーの“背中部分の刺しゅうによる
1月31日の記事「大学版『学習指導要領』を文科省が企む」のフォローアップです.  要約 「 共同通信の記事の「文部科学省は・・・・方...
これだけ世の中が 偽装・欺瞞で 嘘の上に生活を 強いられているのに 食の安全や安定供給に関して 訳の分からない 「賞味期限」 「消費期限」と 幾つかの省庁にまたがっている 食品表示の問題。 今回の「ぎょうざ」の問題でも 確認が 保健所・警察・官公庁と情...
卒業式での「君が代」拒否で処分を受け、今度は「日の丸・君が代反対トレーナー」着用で都教育委員会から事情聴取を受けた、東京都の根津先...
08年2月5日 火曜日  ある道路特定財源  今日も冷凍食品一色だが違う角度からテレビの画面を見てみた。{/arrow_r/}(ここをクリック)  イランが衛生搭載可能な本格的国産宇宙ロケットを打ち上げている。と言うことは、ミサイルも搭載出来ると言うことだろう。  一方...
何度も続いたり長期に存続するものは違憲であっても見過ごされるようになるという典型が、自衛隊と「七条解散」である。 小泉首相は積年の主張であった郵政民営化法案を今国会で成立させるため、衆議院の解散をもちらつかせて自民党内の反対派の動きを抑え込もうとしてい...
Q1:「衆議院が内閣を信任しないという意思表示をしてもいないのに、天皇の国事行為に関する条項(第7条)をダイレクトに使って衆議院を解散できるという“荒業”が通用してきたのが戦後日本の政治実態である。」において、あっしらさんは“荒業”が通用してきた原因を...
憲法というものが国家と国民の関係においてどういう性格のものかあまりわかっていない人たちが、政治家(国会議員)やメディアにいるようだ。 憲法は、国家機構がどういう制度を通じて正当性を付与されるのか、国家機構はその権力を使ってどこまで国民を規制できるのか、...
『「産業資本主義」の終焉:「金融資産」という大いなる“幻想”:フロー(所得)とストック(資産)について』の補足的な説明です。 ================================================ ■ GDPに占める個人消費比率の高さは経済衰退の証 日本経済は、バブル崩壊後
なぜ私が今、石原莞爾にこだわっているのだろうか。 石原莞爾が何かいいたいことでもあるのだろうか。 おそらく石原莞爾にとって、もっとも心残りであったのは満州からの中国本土へ 出ることを阻止できなかったことである。 瀬島龍三へのインタビュー (東京ブックレ...
美味しいレンコンの産地、岩国の住民にとって、大変な決断を迫られる日が5日後に迫っている。両サイドの外野がわいわい喧しい状況は、わたしが住民だったらウザイだろうなあ... 自分の頭でしっかり考えて、もう心の決まっている人は断固として信じた方に投票するはず、...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。