2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
また日本国憲法で議論をしよう!

最近おもしろい講演会とかに行けてなくて・・皆さんに憲法や平和を「ベタ」に発信でいないのが申し訳ないんだけど・・・・春からはまたどんどんそういうのに出かけたり、企画したりで頑張る。

人気ブログランキングへ  それと  

「日本がアブナイ」の人気ブロガーmewさんもコメント欄でおっしゃるとおり、橋下さんが今後ももし憲法に関わる発言をしてくださるのならば、実はとってもおいしいんですよねえ。憲法のお話は書くと読者が減る、つまらないから・・読んでくれない・・でもああやって橋下さんのように今注目されている方が言い切り型で「僕ちゃんの憲法」を語って下さると、いわゆる、一つの「わかりやすい」事例になるもので・・・・

この際賛否は問わない。話題になるだけでも今ならば意義があります。

それでもこの2年でずいぶんと学者だけのものだった憲法が、国民に近いところで論じられるようになってきました。

護憲派もただ「憲法を護る」だけ訴えるのではなく、改憲派や素朴に疑問を投げかけている方々へお話し出来るようになって欲しいし、改憲派の方々もいつもでも、古く使い古された「改憲論」ではなく、今の政治情勢世界情勢の中で憲法について論議出来ないと・・・・・進歩ないと思う。

「押しつけられたから変えなきゃ」とか言ってるうちは・・・・お玉全然動じないよ。大事なのは今、どうなのよって所なんだもの。

橋下さんのお陰で憲法や立憲主義を取上げられたのに、あまり骨のある改憲派が来てくださらないので・・ちょっと寂しいお玉です・・・・・

とくに自民党の新憲法草案で論議する事も、これからまた出てくると思いますので、そのときはどうかよろしくです。皆様方!!!

人気ブログランキングへ  それと  

 
Secret
(非公開コメント受付中)

時間がないので謝罪だけ。
(これから子供と買い物に行くので)

こことリンクされているHPで「さくら」というHNを使ったら「重複だから変えてほしい」と申し出がありました。
そこで「そめいよしの」に変えました。
(春霞さんのところです)

で、HNが自動入力(保存)になっているのを忘れて、あちらに書いたあとこちらに書いたので自動保存されていたあちらのHNでの投稿となってしまいました。
(経緯は春霞さんのところを見ればわかると思います)

どちらにしても私の確認ミスでご迷惑をおかけして申し訳ありません。

いただいた反論やご意見には再度改めて書かせていただきます。


他国の国民を殺す政府
東西南北さん。

>さらに、非武装の日本国が他国の軍事力の餌食になるって本気ですか?それこそ民族大虐殺ですよ。完全に国際法に基づく軍事力救援の条件を満たしていますね。どうなんです?この場合でも、他国の国民の生命を「犠牲」にして平和を実現する卑劣な国というんですか?非武装の国へ軍事侵略する政府こそ卑劣なんじゃないですか?

残念ながら、アメリカ政府という強力な反例があります。


さくらさん=そめいよしのさんへ
 はじめまして。でも、どうもはじめましてじゃないような気がするんですが。リテラシー、知識がなくて、魂のステージが高い感情論の東西があなたに質問します。スルーしないでよん。

「そのような「定められた正当な手続きなし」で憲法の内容を実質変えられるほうがよっぽど危険。それなら正当な手続きによりきちんと改憲すべきというのが私の主張です。」

 なら、現行憲法を破る自民党、公明党政権を批判し、現行憲法の完全実施を訴える社民党、共産党と連帯しないのは何故?現行憲法を破る今の政権が法律は遵守するんですか?矛盾ですね。どうなんですか?

 それと、あなたのいう自衛隊が暴走しないようにする法律、政令の対案は?具体的にあるのですか?なければ、現行憲法があるんだから自衛隊も日米安保も解消したらどうなんですか?

 さらに、非武装の日本国が他国の軍事力の餌食になるって本気ですか?それこそ民族大虐殺ですよ。完全に国際法に基づく軍事力救援の条件を満たしていますね。どうなんです?この場合でも、他国の国民の生命を「犠牲」にして平和を実現する卑劣な国というんですか?非武装の国へ軍事侵略する政府こそ卑劣なんじゃないですか?

 日本国が非武装になって他国にデメリッロがありますか?

 非軍事の国際貢献だけで日本国の「発言力」が弱くなるってどういうことですか?具体的に。自衛隊を海外派兵しなかった場合に失われる利益は何ですか?具体的に。

 

 


さくら=そめいよしのさん・・

突然ハンドル変えるならキチンと名乗るのが礼儀かと・・うちのコメントの多さが半端でないことはわかると思いますが・・・


寓話
>そめいよしのさん
はい。私達は、自らが常識と考えるものに従って、論理を積み上げていきます。
しかし、その常識の中に生まれる陥穽を洗いなおす行為によって、論理そのものを見直すことが出来る……というのが私の考えです。

親が子どもを守る、教師が生徒に教える、全く自然なことです。
世代は重ねられてゆくものですから、今の世代が次の世代を導くのは当然。
人間の力は平等ではないから、強いものが他者を守ろうとするのは自然。

しかし水が流れるように、時も流れます。現在この瞬間に強者である私達も、教え子や息子娘達に乗り越えられていきます。強者と弱者の関係は、永続するものではありません。

しかし、そうして力関係の逆転した時に元・強者が、元・弱者に対していつまでも権力を行使したいと考えればどうなるでしょう。
指導と尊敬によって成り立っていた両者の関係は、束縛と停滞に取って代わられます。お互いにとって不幸なことです。

しかしこの不幸が、現在日本における多くの夫婦・恋人・親子を取り巻く実態です。
「俺が守ってやる」と言いながら、その能力もなく、相手を束縛するだけ。束縛された者は、自立も能力を発揮することもできず、「守る」者に嫉妬と所有と自己満足をされ続ける。
誰が「守ってくれ」と頼んだのか。

守る者は、独善と傲慢に陥りがちです。
今はツンデレの時代だそうですから、
「か、勘違いするなよ? 別に守ってやっている訳じゃないからな!」
と言いつつ助ける……に留めた方が、身の丈に合っているかも知れませんね(笑)。


この質問がどう集団的自衛権と関係しているんでしょう?
>さくらさん

おもしろい質問をされていらっしゃいますね。
「受け売り」とおっしゃっているところをみると、こういう奇妙な認識がさくらさんのような主張されている方々の中ではかなり広まっているということでしょうか?

どこがおかしいか。
まず大原則として、集団的自衛権を行使するということは、集団的自衛権を行使しあうという約束を予め結んだパートナーが自衛権を行使しているという前提が必要です。
この質問はそれを理解していない方が作られたように見受けられます。

質問1
「怪我をした米軍」では、上記原則を満たすか否か不明、即ち質問自体がアウト。
そもそも韓国の領海内なら、自衛隊が助けるにしても韓国政府の同意が必要です。

質問2
これまた集団的自衛権とは関係ありません。
浮遊してきた機雷の除去作業は自衛戦争でも何でもない、災害への対処と一緒。
それに米軍が協力したところで、阪神・淡路大震災で救援活動に在日米軍が協力したのと何も変わりません。

質問3
隣国が戦闘状態となったって、それはアメリカの自衛戦争ではない。従って、これまた集団的自衛権とは関係ない話。
そもそも日米地位協定によって、「公の目的」ならば米軍はタダで高速道路を使えて、日常的に物資輸送に使っているのに、わざわざそんな申し出がなされるという設定自体が意味不明。

よって、それぞれの事象に対して私の答えを書けば

質問1:集団的自衛権と無関係に、助けられる時/助けられない時があります。
質問2:集団的自衛権と無関係に、手助けしていただけます。
質問3:集団的自衛権と無関係に、既に使われています。

このような質問が、集団的自衛権行使に賛成する人々が共通して持つ認識に基づくものなら、その人たちは自分が何に「賛成」と言っているのかわかっていないということ。
そんなものには反対した方がベターだと私は思いますね。

では。



>なんで娘を守ってやらなきゃならないのですかね?

それを言ってしまったら、
なぜ日本は国民を守らなきゃならないの?
権力者はなぜ庶民を守らなきゃならないの?
なぜ弱者を守らなきゃならないの?

ってなりませんか?
それ以前に、親が子供を守ることのどこがおかしいのですか?あまりに当たり前の考えをわかりやすく出しただけですが。

あと、私の質問が極端だと批判されている方がいましたが、そういうことも想定して対処法をきちんと明確にしておくのが国の責務じゃありませんか?今は「集団的自衛権」の一言で排除している(見当さえ拒んでいる)事例ですが、本来このような場合どうするかをきちんと明確にしておくべきでしょう。それに明確にすれば「救助義務を怠った」とはっきりいえるわけですしね。

何回もいいますが、解釈で憲法で禁じていることを認めてかまわないのなら、人権だって憲法で禁じられている制限を解釈により実施できるんじゃないですか?
って聞いているんです。

また、九条をもっと世界に知らしめるべしという意見がありますが、そうすると日本は
「軍隊をもたないといっているくせになぜ軍隊があるんだ。日本はうそつきだ」
ってなりそうな気がするんですが。
これは日本人に兵役経験を聞いている事例を出していただいているように、九条は思いのほか世界に知られていないんですよ。

>軍隊は国民を守ったりしない。守るのは国益のみ。

国益を守るのは国民を守るのとどこが違うのですか?それとも国の利益は国民の利益と相反するものなんですか?
その国益のみという考えも違和感がありますが、いかにも国益を守ることがいけないことのように発言されるのはいかがなものでしょうか。

>さくらさん。あなたの理論は自国の立場だけしか見ていない。相手が目に入らず、自分の頭の中の理屈だけしか見えていない。

それは自分たちは九条という隠れ蓑で安全保障のために自らの危険を負担することなく、他国民の犠牲の上に成り立っている安全を見ることができず、理屈の平和だけしか見えていない人間の発言にしか思えませんが。

何度もいいますが「解釈で」憲法違反を容認するなら、人権が「解釈で」憲法違反の規制を受けた場合、どのようにその人権を守ったらよいのですか?解釈で憲法を曲げてよいと考えた人たちはどうするんですか?それとも解釈は常に自分たちの望む方向でしかなされないと考えているんですか?
裁判に訴える?訴えても駄目なのが今の自衛隊じゃないですか?
(自衛隊が違憲と確定した判決ってありますか?ないとしたら人権で同じことをされても同じ結論になりかねませんよね)


フォローも入れますと
日本特有のものじゃないのですよね。
アメリカの人たちが自分自身の姿をスクリーンに投影するところの、映画。
これにおける多くの主人公も、

・家族の長たるよきパパであり
・国家のための仕事に忙殺されて
・一時は家族も危機に陥り
・でもカッコよく国家と家族を守っちゃう

パターンを踏襲していますからね。兵士のみなさんがハッスルするのも理解できます。
そう言えば、「24」のジャック・バウアーの真似をして拷問をしちゃう若い米兵(アメリカ国内ですが)ってのもいましたね。吐かせればOKなんだ、と勘違いして。

こういうマッチョパパの幻影は、日本の文芸界ではもともとメジャーなものではなかったと思うのですけれどね。
「侵略者から娘を守る日本人=自分」という自己イメージは、非常にアメリカかぶれなものなのかも知れません。


そういえば。

>「武装するくらいなら侵略者に目の前で娘がレイプされて虐殺されても我慢する」

さくらさんへの個別レスではなく、一般的にこうした仮定・問いの立て方がなされていて、かつそれを疑問に感じる声が少ない一般状況に関して。
戦争に見立てられるこのような状況におけるアクターは、「侵略者」「自分」「娘」の三者です。
その力関係は、「自分」が「娘」を守るものであり、「侵略者」は外から奪いにやって来るものとされる。時には、「自分」が「娘」を命がけで守っちゃったりする(笑)行為が、美的であるとさえされる。

まあ、「自分」が「娘」を守る側だったのかどうか、という点についてはここでは言わないとして。
なんで娘を守ってやらなきゃならないのですかね?

「侵略者」「自分」「娘」という問いのたて方が自然に出てくるということは、その人の社会観がそういう風にしか出来ていないということです。すなわちその人にとって、「自分」は常に「娘」を守って「侵略者」と戦う存在である。
えー? でも、そんな自己評価の通りに行動している立派な社会人って、皆さんそんなにしょっちゅう見たことあります?

まあ、こういう事も「分かる人には言うまでもない」けど「そうでなければ理解に時間がかかる」ことですので、深くは掘り下げませんが。


すこし調子にのせてしまったようですね
すみません、お玉さん。押し付けてしまって、かなり脱力していたもので。責任を少し取らせていただきます。
さくらさん。
まず、中東諸国にそっぽを向かれたらどうする、という言い方は、だから軍事的威圧や、場合によっては占領という手段に頼るべきという意味ですね。
それで今イラクやアフガンで苦労しているのでしょうに!
さらに、10年後の中国がどうなるか、日本を取り巻く未来の状況をきめるのは、今現在各国で奮闘している日本人の奮闘次第です。たとえばなめぴょんさんのような。
あまりに、ビジネスマンの現場を軽んじすぎです。
社会人であれば、誰でも他人の信頼を獲得するための努力だけが、将来の確かな実りにつながるということを知っています。
『集団的自衛権』を認めるとは、『利権のために命を奪い合う』世界を肯定し、その奪い合いに参加するということ。これは議論の大前提です。
9条が自衛隊の存在に合わないから変えようというのは、歴史の重みを知らない、演説好きな子どもの理屈です。
そんなことで人は争わないのですよ。
さくらさん。あなたの理論は自国の立場だけしか見ていない。相手が目に入らず、自分の頭の中の理屈だけしか見えていない。
たとえネットでも言葉の向こうにその人が見える。その怖さを知って欲しいと思います。


CHASさん
あのねえ、その問いは「極端な質問の投げ返し」なわけで、問われたさくらさんでさえあなたのような解釈=それが質問者の意思である=はしていませんよ。
本当はあなただってわかってるでしょ、そのぐらい。
そんなミスリードには誰もひっかかりませんよ。


>特に1の質問への回答は、集団的自衛権拒絶を守るためなら、他国の人間が「手を伸ばせば助けられる」状況でも助けなくて良いという事ですね。自衛隊員に「目の前の人間を見殺しにする」苦しみを味わえと?

そう来ると思って書きましたが・・
次のコメンターも同じ事を言われているのでここだけは「弁解」をしておきましょう。
まさか、あなたが昭和52年の米軍ジェット機墜落事故のことをご存じないとは思いもしませんでしたので・・・・あのとき消防よりもずっと早くについていた自衛隊と米軍兵士の取った行動を思うとき、日米安保って何よ??と思うので・・・わざと意地悪く答えてみました。軍隊は国民を守ったりしない。守るのは国益のみ。でも、実際に、瀕死の状態のものを見つけたとき・そこに条約や憲法などでどれ程阻まれようと助けたいと思うのが人間の性です。
あなたもお玉の問いに対しそう答えてますよね。


さくら様の質問に対する回答について
お玉様
chasと申します。初めて書き込ませていただきます。

さくら様の質問に対して、

>質問1 助ける必要なし
>質問2 助けてもらう必要なし
>質問3 使わせる必要なし

とご回答なさっていますが、正直唖然としました。
貴方の言っていることは、とても人間の血が通っているものの言葉とは思えません。
特に

>質問1
>韓国の領海内で怪我をした米軍が助け>を求めているのを自衛隊が見つけたら>どうすべきと思いますか?

に対し、本当に「助ける必要なし」とお考えですか?
もしそうだとしたら、人非人という言葉は貴方のためにあるようなものです。


長くなったので分けます。

>何故そのような極論的質問になるのでしょう?

それは「そういう場面も想定してものを考えていますか?」ってことです。

ものを考える場合「ありえないこと」も前提として設定します。
(極端すぎるが1例)

もし超能力で世界を支配する人が出てきたらどうする?

物理学でそのよのような超能力の存在は完全に否定されている。(おかしな質問ならきちんと否定を出せる。これに対する再否定ができなければそこで終わり)

私の問いかけが極論だと言っていましたが、九条を考える上では十分考慮していかなくてはならない部分でしょう。なぜなら「戦争は自分が望まなくて、回避努力をしても勃発することがある」という歴然たる事実があるからです。
まさかチベットだって中国にこんな侵略を受けるとは思っていなかったのではないですか?

私が護憲と言われる方たちに不信感を持つのは、その「万が一」に対してきちんとした回答をせず、希望的楽観的回答しか帰ってこないことが私の経験としてほとんどだからです。
(起こる分けないとか、話し合えばわかるとか)
それくらいならいっそ「武装するくらいなら侵略者に目の前で娘がレイプされて虐殺されても我慢する」くらい言い切ってくれたほうが納得できるのですが。


>日本にある米軍基地のヘリコプターが日本の住宅の中に落ちて日本人親子が巻き込まれ大やけどを負いました。(以下略)

物理的に可能な手段で、そこに居合わせた人も含めてできうる救助を最優先にするべきと思います。
ただ日本ではこの場合の救助は自衛隊ではなく消防が行うのが通常ですね。というより、事故では当然だと思いますが。だれだって事故があれば救助を手伝うでしょ(できうる範囲で)

>##9条との整合性ねえ・・一応今日の記事で書いてますけど・・・読んでる?

残念ながら毎日すべての記事に目を通してはいません(その義務もないと考えています)

質問1 助ける必要なし
質問2 助けてもらう必要なし
質問3 使わせる必要なし

あら?特に1の質問への回答は、集団的自衛権拒絶を守るためなら、他国の人間が「手を伸ばせば助けられる」状況でも助けなくて良いという事ですね。自衛隊員に「目の前の人間を見殺しにする」苦しみを味わえと?

あと、他の二つは米軍と今後一切協力しないという意思表示ですね。
日本中の米軍が日本からそっぽを向いたら、結果として自衛隊増強につながると思うのですが。
また機雷の件は、その機雷処理能力が米軍のほうが勝っているとしても追い返し、結果的になれない機雷処理で日本人が死傷してもアメリカに助けてもらうよりましってことですか?

あと、あちら(別エントリー)について自らお話されているので、今見てきてここに書きますが
「現行憲法を解釈で自衛隊容認にすることの危険性」は私は何度も話していますよね。

このような「解釈改憲」ができるなら、人権を守る条項にすら「解釈改憲」で国民の不利な解釈を持ち込むことができますよね。解釈改憲は正当な手続きなしで改憲をしているのと同じで、権力側の恣意的解釈を容認していることになります(常にお玉さんの望む解釈がなされるという保障はまったくありません)
そのような「定められた正当な手続きなし」で憲法の内容を実質変えられるほうがよっぽど危険。
それなら正当な手続きによりきちんと改憲すべきというのが私の主張です。

また、中国が責めてくるのは幻想のような話をしていますが、10年後はだれも予測できませんよ。


ひきつづきねこさんへ
また連投ですみません、お玉さん。

ねこさん。
わたしが諸外国の留学生たちを見ていて、とても残念に思うことのひとつは、かれらが日本の文化、特に食文化をまったく受けつけないことです。
これは、特にアジア・アフリカの留学生に顕著に見られる特徴です。
欧米や東アジア圏(中国・韓国など)からの留学生はまた話が別です。(あと、ブータンも!)
それで以前、テレビで中東からの留学生が、帰国後、日本の折り紙をはやらせているのを見て、驚いた記憶があります。
せっかく日本に来ているのだから、日本文化の良い面をいっぱい吸収して帰って欲しい、そう願っているのですが、なかなか思いは伝わりません。
でも、いつかはわかってくれるだろうと、その時、後悔するだろうに、そう思うのです。
人の思い・心が文化を伝える。その意味では、わたしは欧米・中国の文化の真髄に対しては心を開いていたいと思います。
ねこさん、見当違いのことをしゃべっていたら、ごめんなさい。

お玉さん、記事違いとは思いますので、ご随意になさって下さい。


さくらさんへ
あなたはどうも評論家のようですね。
あなたの見ている世界とわたしの見ている世界はずいぶん違う。
わたしの世界観について、ここで長々と書くわけにもいかないし、どうも、他人の世界観に関心を持たれる方とも思えませんので、退屈でしょうから。
ということで、以後の議論はお玉さんにお任せ致します。

ねこさんへ
文化的・経済的侵略と考えれば、アメリカも中国もずいぶん日本を侵食していると思います。
食の面でも、教育の面でも…。
ねこさんの拒絶反応は、ある意味正常だと思いますよ。
わたしも時々嫌になります。







何故そのような極論的質問になるのでしょう?
さくらさん。
ではお玉も一つだけきかせてね。

日本にある米軍基地のヘリコプターが日本の住宅の中に落ちて日本人親子が巻き込まれ大やけどを負いました。この時そばで見ていたアメリカ軍はどのように対処すべきでしょうか?また自衛隊の対応は?

##9条との整合性ねえ・・一応今日の記事で書いてますけど・・・読んでる?

質問1 助ける必要なし
質問2 助けてもらう必要なし
質問3 使わせる必要なし


ん~~他の方はどう?






日米同盟は容認しても
naokoさんへ。

私の意見としては、日米同盟は容認しても、米軍基地は容認できないです。あれは、占領軍です。

日米同盟も本当に必要だとは思いません。中国と同じように、信用できない他人です。



naokoさんへ。
自衛隊をお認めになるとのことですが、その場合9条との整合性はどのように保つことができるのでしょうか。
私はその整合性が保てないと考えているので改憲すべきと考えています。
もし解釈による適合を考えているとしたらそれは以前私が書いたように非常に危険なことです(他のことでも解釈により憲法が禁じていることができるようになる)
極端に言えば、解釈で憲法で禁じていることをできるなら、集団的自衛権も解釈により認めるというやり方もできるわけですよ。集団的自衛権だけが解釈の聖域ではありませんから。

また集団的自衛権ですが、これを認めないと実は大変な自体が起こりうることを知っていますか?(私の知識が正しければ。及び下記の質問が受け売りであることを自覚した上で)

現在は当然日本以外の国同士で交戦状態になることが十分考えられます。
当然日本の隣国もです(事実まだ戦争は本当に終わってはいません。)

質問1
韓国の領海内で怪我をした米軍が助けを求めているのを自衛隊が見つけたらどうすべきと思いますか?

質問2
日本の領海内に機雷が多数流れ着込んできました。それを自衛隊員が命がけで撤去しようとすると米軍が手助けを申し出てくれました。さあ自衛隊はどうすべきでしょうか。

質問3
隣国が戦闘状態になったとき、日本の高速道路を物資移動として使わせてほしいと米軍から申し出がありました。日本はそれを認めるべきと思いますか。

集団的自衛権を否定したまま上記についてどうすべきとお考えでしょうか?

また中国との軍拡について述べられていますが、では中国の軍拡についてどのように対処すべきと考えていらっしゃいますか?

また、中東などへの出兵についても追求していますが、日本が石油産油国に冷たくあしらわれた場合どうなるでしょうか?石油利権から切り離されて日本は生きていけるでしょうか?

政治は一面だけ見て奇麗事では済まされないです。特に国際関係に関しては。



本当だ
申し訳ありません、私の間違いでした

削除してアクシオンさんとお玉さんに謝罪を
私は反省を


シンペイさん・・
人のコメントキチンと読まずに書いてますね・・アクシオンさんはあなたと同じ事言ってるよ・

議論する気があるならば持論展開ではなく相手のコメントをキチンと読み込みなさい。


さくらさんへ
まず、立場をはっきりさせましょう。
わたしは自衛隊を容認します。
日米同盟も容認します。
これは必要悪という意味ではなく、
歴史の流れと、現在の国際構造の一部として考えるべき問題を、個々の問題として扱うことを恐れるからです。
さらにわたしは自衛権を認めます。
自衛隊の方々が国を守るという誇りを持っていらっしゃると信頼したいと思います。
その上で、わたしは九条改正に反対です。
理由の第一は、『集団的』自衛権が認められることを恐れるからです。
そうなった場合、
自衛隊は中東・アフリカに展開し、
石油・レアメタルの確保に、
隊員の命が消耗されることになると思うからです。
理由の第二は、中国との軍拡競争がエスカレートすることを恐れるからです。
その場合、国民の社会福祉は省みられなくなり、増税という負担増が待っているでしょう。
経済大国化しつつある中国との軍拡競争は、国民に悲惨な生活を強要する結果につながりかねません。

さくらさんは、どう思われますか?


知的財産
>中国や北朝鮮が日本を攻める?
ありえない!
まったくの妄想です。

攻めて来る可能性はあります。日本には知的財産があります。それを使えば莫大な利益が手に入るでしょう。また、日本に自衛隊がない場合、日本を破壊する必要がない。自国の手を汚さずに利益を得られるわけです。
 北朝鮮は食料不足です。飢え死にするくらいなら戦争、という可能性もあります。


>あらゆる軍隊は地球人類として全体を見た時、発展の為には無駄であり(T社流)カイゼンの対象だと思ってますから。

はい、まさしくそのとおりです。反論の余地もありません。軍隊は将来的にすべて廃絶されるべきだと考えております。

しかしカイゼンにおいてもうひとつ大事なことに3ゲン主義があります。つまり「現実的に考える」ことが非常に重要です。

将来的に軍隊がこの世からすべて消える。それはカイゼンの最終目標として掲げるべきでしょう。
しかし現時点で現実的にそれが不可能なら、次善の策をとるのがカイゼンです。理想がそろわないからその次善の策を否定するのはカイゼンの放棄です。

最終的にすべての国が9条を持ち、遵守されることが最終目標となることは議論の余地もありません。
しかし現時点でそれができない以上「今どこまでできて何がベストか」を考え実行するのが改善です。

不良品を1つも出さないのが理想ですが、現実問題として出ているならば「ひとつも出さないのが理想だからカイゼンされるまで物を作るな」ではなく「最終的改善が見つかるまで、全数検査もやむをえない」と考えるのがカイゼンです(もちろんその裏で根本的解決に向けての努力は続けられる。

九条も同じです。現実的に今の世界で何が必要かを現実的に考えると、どうみても9条死守は現実的でありません。
カイゼンの過程として、確実に最終目標に近づいていってはいるが、ある時点で目標と異なった方向に進まざるを得ないことがあります。それは現実に合わせての最善手であるだけで、理念が死んだわけじゃありません。

9条の理念を守るためなら国民が死んでもよいは本末転倒です。
9条の理念を守るために、現時点では9条を否定することが必要なこともあることを理解してほしいです。


憲法改正なくして平和なし。
まる出し馬鹿様。

まず「自国は自国民の命をかけてでも自国民を守りません。どうかアメリカさんあなたの国民の命をかけて日本を守ってください。日本はそれにただ乗りします」
という、憲法の精神から一番外れたところにいってしまうのでは?

あと、チベットを侵略して中国に経済的に利益はありましたか?竹島をあれだけ強行に占拠して韓国になにか経済的利益はありましたか(ちょっとはあったかもしれないが)自国民の国威発揚自国時刻の国内問題から目をそらさせるためとかでしょ。資源がなくても占領侵略はされるんですよ。9条死守でそれをどう防ぐのですかと聞いているんです。

あと、戦闘機や潜水艦に警察で対処しろ?コスタリカのように軍隊並の訓練と装備をもつ警察を作るってことですか?

まる出し馬鹿さんの発言から改めて確信しました。

憲法改正をしない限り、日本に本当の平和などこないということを。
9条はいってしまえば既に、万が一の時のことを考えないように現実逃避するための道具となってしまっていると考えました。

私も9条の件に関して「9条があるから戦争や防衛に関する具体的論議すらだめ」というような主張がなければまだ改正すべきとまでは考えないのかもしれません。
しかし9条があるおかげで、その想定を口に出すことすら圧力がかかる事実を見て、憲法改正は絶対に必要だと強く確信しました


岩国市長選挙、住民は裏切られるでしょう。自業自得ですが残念です。色々高望みしすぎました。前世の何が悪くてこの世に私は生きているのでしょうかね。来世はどうなるやら、前途多難です。
質問の答えですが、無しですと言われた事を選択するのもありでしょう。先に選択肢を否定するのは公正と信義に信頼できません(笑)
ただ、もし資源もない無防備な日本を攻める馬鹿な国があれば、アメリカは格好の口実で戦争してくれるでしょうよ。あの国は戦争したくてしかたないでしょうから。
領空領海侵犯にはそれ相応の警察力で対応すればよいのではありませんか。
あらゆる軍隊は地球人類として全体を見た時、発展の為には無駄であり(T社流)カイゼンの対象だと思ってますから。今救えず失なっていく命を、軍隊に使う金でどれだけ救えるか、考えた事はありますか。
お玉おばさん、コメント欄を汚して申し訳ございません。暫くROMに徹します。


憲法違反だから自衛隊を無くせとおっしゃる方がいますが、下記に答えてもらいたい

(1)戦闘機などによる領空侵犯(事実多数発生している)に対してどう対処すべきか

(2)潜水艦の領海侵犯に対してどのように対処すべきか

(3)世の中には話し合いなど一切通用しない奴らが現実としているが、その人たちの暴挙にどう立ち向かうか。
(国連とか他国軍事力に頼るのはなしですよ。それは日本国民の生命財産を他国民の命をもって守れということですから)


自衛隊無くても良いのでは
厳密には自衛隊は9条違反だと思います。ただ、政府の曲解とその息のかかった最高裁判事の合憲論により、建前上存在可能とされています。
しかし、自衛隊すらあっては困るのが、ジュネーブ諸条約追加議定書の定める無防備地域です。また、この議定書に隣国は加盟していますが、アメリカは加盟していません。自衛隊が無くてもアメリカ以外の国から攻撃される可能性は極めて低いと思われます。
無防備国家をやろうともしていないうちから、できないできないと騒いでいるだけではないのでしょうか。臆病者ほど武器を持ちたがると感じた事はありませんか?
私は平和を愛する隣国民の公正と信義に信頼するのみです。


きちんと明文化しない危険
はじめまして。

私は少なくても9条は変えるべきだと考えています。
なぜなら9条はきちんと解釈すれば「自衛隊はもてない」ことになるからです。
今はそれを「解釈」で自衛隊保有を認めているのが現状です。

怖いのは「文章からは違憲、でも解釈で合憲」を認めてしまうと、他のことでもそれが成り立ってしまう可能性があることです(前例として)

憲法を守るためには自衛隊解散をしなくてはなりませんが、理想論としてそれはありでも、現実問題として現時点で軍事力をゼロにするという選択肢は国民にとって暴挙としか思えません。リスク管理というのは「万が一」を考えてやるものであって、結果的に何もおきなくてもきちんとそのリスクを考えて準備しておくのが当然のことです(地震対策に何億かけて使わなくても問題ないのと同じ)。
自衛隊をきちんと認めることを明文化しその行動に明確に歯止めをかけ、きちんと訓練をして万が一に備えておく。ただし国民全体の不断の努力により自衛隊の災害救助以外の活躍の場はなく武器は破棄され隊員は年老いて退役となる。

ともかく、今の9条と自衛隊は相容れず、それを解釈であいまいなままにしておくのは非常に危険だと考えています。
だって、解釈で憲法を曲げられるなら、人権についても解釈によって曲げられることになってしまいますからね。

憲法を守るためには、解釈ではなく「守れる憲法」であるべきです。それが結果的に人権を守り平和を保ち続けることになると考えています。憲法を尊重することと解釈で現状に合わせることは相容れないことだと考えています。


一応弁解(^_^;)
にょきさん

>このブログでも、憲法三大原理に関する発言が増えてきたのは最近ではないですか?

http://otama.livedoor.biz/

一応こちらに以前から書いてるんですけど・・・


ともかく議論出来る時代になった事が大切
まあ、左翼系の人なら誰でも自分を「リベラル左翼」なんて読んで正当化したくなる物ですが、現在になってやっと左翼には人殺しでメンヘラーな面があることが周知されてきています。
通称右翼も負けていなくて、利権に汲々として自分たちの帝国を守ることに必死です。

左右共にボロがボロボロでグダグダになっている今だからこそ、これからが議論のしどころなんです。
左右関係なく、先に勉強しなおして意思を組みなおした方がリード出来るでしょう。

左翼的な人たちは自分の正しさを疑わない傾向がありますけど、例えば社民党の議員が「阪神大震災で、なぜ自衛隊は早く出動しなかったんだ!それ見ろ、自衛隊は日本国民を守るものでは無いんだ」とケチを付けたのですら僅か1年前、護憲派の議員先生の癖に国民主権を理解していないことを白状したような物です。

今アメリカを戦争だ殺戮だと一生懸命非難しているけど、かつて自分たちが支持していた東側国家が数千万人を殺戮していたことは全くおくびにも出さない。
(朝日新聞や左翼活動家は、最初はあのポルポトを称え、支持していました)
中国が懲罰侵略戦争を行ったことも話題にも出ない。
基本的人権や平和を自分の都合で解釈する行為です。
朝日新聞の一発だけなら誤射や、中国やソ連の核はきれいな核、守りの核と言う発言も既に伝説です。

おそらく従来の左翼的活動を捨て去って、新しく護憲なら護憲、人権なら人権を軸として自分の意見を改めて主張すべきときに来ているのだと思います。

(私の調べ方が悪いだけな気もしますが、)このブログでも、憲法三大原理に関する発言が増えてきたのは最近ではないですか?
日本国憲法の護憲とは、人権を守り、国民の主権を守り、平和を維持した上で、参政権、生存権、教育を受ける権利を維持し、納税、勤労、教育を受けさせる義務を周知徹底し、天皇制を守り、その他の民主的権利や制度、原理を守るのだという事こと再確認すべきでしょう。


ごめんなさい、お玉さん。
議論ではなく
シンペイさんへ。
大叔母様の艱難辛苦、
正直、言葉もございません。
辛いことを話させてしまいました。
満州引き上げ時には、多くの悲劇があったと聞いております。
そのひとつの実例として、
胸に受け止めさせていただきます。

あの時代は、人類の人間性が危機に瀕した時代だったのでしょう。
その時代をくぐりぬけ、
アメリカのもっとも清い思想のひとつである、
クウェーカー(フレンド派)の絶対平和主義と人権思想、
それに当時の日本人の平和への祈りが
融合して、今の憲法が生まれたのではないでしょうか。

不信の時代だからこそ、
わたしたちも対立を乗り越え、
人と人、国と国が信頼をつないでいく。
そうした願いを持たずにはいられません。
日本国憲法の中にある祈りに
思いをはせつつ…。



賛成!憲法の議論は大切
立憲主義の成文憲法がある限りなかなか権力というものは暴走できません。
 民法学者の川島武宜先生は、戦時中田舎に買出しに行った都会の人が、農家の人と作物を売ってくれる約束を交わしたのに、取りに行ったら既に誰かに売られてしまっていた話をしておられます。口約束でも契約だと言っても、農家の人は「証文もないのに」。書かれた言葉がここまで重いのは、日本法の特徴のひとつといいます。
 そういえば、日の丸君が代も口約束では「強制はしない」と決まったのに、法律に書かれた言葉だけを根拠に動いています。
 よしあしは別にして、不文法が強い拘束力を持つ例は日本ではあまりなく、書かれた憲法は現実を動かし、また歯止めの力も持っています。9条がなければ戦争(ベトナム・イラク)で日本人は死んでいた可能性が高いです。憲法より現実のこれこれが大事、というより、憲法に合わせて現実を作っていく必要があると思います。


カークさん
操作を間違って削除してしまったのでもう一度。

“国益”を第一に考えるアメリカのリアリスト達はイラクへの武力行使に強く反対していますよ。ネオコンが世界への民主主義普及を掲げて対イラク開戦を主張したのとは正反対です。

保守本流たるリアリスト達は非合理的な武力行使には消極的なのです。


平和リベラルは「憲法」に依存しすぎでは?
 お玉さん、はじめまして。くろねこと申します。
 反新自由主義・反創価の保守系の人間からコメントさせて頂きます。

自分は、状況に応じてルールに従って憲法も変えても良いという考えです。

 アメリカから押し付けられたから、現行憲法を変えろとかではありません。良い部分は残し、変えるべきところは変える。

 今の「公明党創価学会」が「政教一致」の重大な憲法違反ですよね。
現在の自衛隊よりも問題があります。
 なぜか、マスコミも自民も市場原理主義者もリベラルもみんな黙っていますよね。
 9条よりも、こちらの国家の危機的な問題を解決する事が先だと思います。

 左の人は頭を柔らかくして、例えば25条を上手に変えるとかの発想にならないのでしょうか?
 9条はそのままでも良いわけで。

 「平和リベラル」が弱くなったのは、現行憲法に依存しすぎているからだと思います。現実には、平和≠憲法です。

 大切なのは「9条」ではなく、戦争を防ぐ事、そして万が一の時は犠牲者を最小に抑えることだと思います。

 憲法があろうがなかろうが…戦争になる時は戦争になります。
 今の平和リベラルの人たちは、万が一、外国が日本を挑発するために、東京に1発スカッドミサイルが飛んできた時、「9条があっても戦争しろ」という恐ろしい世論を抑えられますか?

 具体的な歯止めがなくては戦争になります。

 今の日本では、抽象的な憲法よりも、具体的な歯止めを決めた方が平和につながると思います。

 実際に自民の安倍ちゃんや森派は、憲法改正なしで、アメリカの下請け部隊?偽装請負かな?として日本の自衛隊を献上しようとしていましたよね。
 自民党森派と新自由主義者は目先の利権のため、自国の自衛隊を見殺しにする気だった。

 理想と現実とが、あまりにも解離しすぎると、理想を目指さなくなるのも人間。

 メシ食えなくては、憲法を守るどころではないというのが、自分の考えです。


記事違いです
naokoさんとシンベイさん
記事違いです。
naokoさんにそのつもりはないでしょうが、書いている事は記事にそっていない上に、敢えて物議を醸し出す反論が出て致し方ないコメントです。お玉の記事にそった形でコメント下さいますように・・うちは、「都合の悪いコメント」も表に出しますので、お玉が責任持てないことには敢えてジャッジを入れさせて頂きます。
そして、naokoさんを受けてシンベイさんが答えている内容がこのままここで論議されることは認めない。

ここはより多くの人が安心してコメント出来る場でありたいとお玉が願ってます。記事にそっていない論議は認めません。シンベイさんもnaokoさんも「憲法」についてならいくらかいて頂いてもいいですけど。




naokoさん
>中国や北朝鮮の経済が成り立っているのはどこの国のおかげ?

国というものが必ず理性だけで運営されるならその通りなんですがね・・・
ではお聞きします
アメリカが無意味にイラクに攻め入って何の得があったのです?
既にあの時点で全世界からせめられたのですが
「大躍進政策」にいったいどのような意味が?
北朝鮮が世界中の人間を拉致してどんな利益が?
国家というものが理性のみで動きはしない、と一番思い知ってるのは我々日本人ではないのですか?
何度も言いますがさしたる利益も無いのにほぼ荒野のチベットやモンゴルの侵略を成功させ
経済力がほぼゼロに等しいベトナムやあの時点で巨大と表現しうるインドと
戦争を行った中国が隣にいて、無防備で安心していられるほど私は豪胆ではないです

「あるわけない」と仰いますが、「もしあった」時如何されるおつもりでしょう
中国から引き上げる際強姦され、五歳の娘が眼前でやはり強姦されたあげく八つ裂きにされて料理され
美味しく食べられた経験を持つ大叔母の話を聞いてる私は怯えずにはいられないのですが



日本のことだけ考えれば良い時代は終わっている
日本の国益だけ考えれば良い時代は終わっているのではないでしょうか?
アメリカは自国の利益のために奔走してきました。だから、イラクやアフガンで古くはベトナムであのような悲惨な戦争を起こすことが出来たのだと思います。日本の平和憲法は、日本のみならず、世界の平和にも寄与するのです。軍事費を削減できれば、どれだけの貧しい人を救えるでしょうか?どれだけの赤ちゃんの命を救えるでしょうか?平和とは自国も安心、他国も安心と言うことを保障できるということでしょう。それが出来るのは日本の平和憲法だと思うのです。


国家憲法って・・・
自国の手を汚さずに利益を得たいとは、まさしく今の日本の事では・・・?
有事の際に、自国は自国で守るという気概さえ持たない今の日本人に、アメリカをとやかく言う資格があるとは思いませんが。

憲法というものは、どんな国であろうと自国民が自国の事を考え、その国・国民のあるべき姿勢・精神・民族性を表明する崇高なものであると考えます。
その崇高である憲法を、他国の人間(民族)によって作られた国に生きている事に疑問を感じない人が、この現在でもいることが不思議でなりません。

もう少し日本人として、プライドを持ってもいいんじゃないかな・・・。


中国や北朝鮮が日本を攻める?
ありえない!
まったくの妄想です。
中国や北朝鮮の経済が成り立っているのはどこの国のおかげ?
中国がアメリカ・日本なしでどうやって経済成長するの?
北朝鮮が、日本からの資金流入なしでどうやって成り立つの?
アジア経済の牽引車である
日本を破壊して得する国は、
どこにもないよ。

もし、日本がアメリカの世界戦略に、
今以上付き合って、
イラク侵略に積極的姿勢を目立たせれば、テロの的にはなるかもね。

でも、そんなことしなくても、
アメリカは十分日本の重要性を
理解している。
それでももっと俺のために働けと
圧力かけてくるのが、アメリカの
やり方です。
自国の手を汚さずに利益を得たい、
わがままで乱暴な、
お坊ちゃんですからね。

それにどこまで付き合うかは
しっかり見極めないとね。



テロにあったことがない。
これは今までの結果論であり、そして警察や公安調査庁などの国家機関が努力した結果なのです。
「どこへ行っても日本人は信用がある。責任感があって、誠実で、思いやりがあるから」テロにあわないと言うのはだいぶ違うと思います。(全く関係してないとは言いませんが)

夢の国日本の代償は米への基地提供&自衛隊とアメリカ軍の一体化です。
アメリカが必ずしも守ってくれるとは限らない、とはいえ在日アメリカ軍があるから中国や北朝鮮に攻められないのも事実です。
理想は所詮理想止まりなのです。


今の日本はサバイバル社会なのですか?
よく日本は危ないとか、言うけど
冗談じゃない。
この国は一度も外国人のテロに遭ったことのない稀な先進国では?
そして中東問題についても、
アラブ寄りの報道が通用するバランスの取れた国際感覚がある。
そして日本人は世界中で活躍している。
どこへ行っても日本人は信用がある。責任感があって、誠実で、思いやりがあるから。

阿部首相が倒れて、
それまで街でうるさかった、
自称右翼の車も見かけなくなった。
(国粋主義のはずなのに、なぜ迷彩服?そしてなぜ軍歌?それが日本文化の粋とはとても思えない…。)
この国の文化の粋は、仁(親の情け)にあるはず。情けの心は世界に通じます。
この国が中央アフリカみたいなサバイバル社会になんてなるわけない。
もしなったら、そんな日本は日本じゃない。そんな国は愛せない。

今や日本こそが、世界の人々が夢見る国!
この日本までが武器をとったら世界は終わりだ。
夢も希望もありゃしない。


押しつけだから変えなきゃ・・・・・
まぁ理由の一つではあるでしょうが、改憲派は別にそれだけが理由で改憲しようと言ってるわけではないですよw
自衛隊の存在が憲法違反であり、それを認めさせるためには改憲、もしくは自主憲法制定しかないでしょ。
もう自衛隊の存在は日本になくてはならないものなんですから・・・・・


二千年の歴史が諸君を見下ろしている
憲法議論、特に「押しつけられたから」とか「時代にそぐわない」と言っている人を見ると、人間の時間感覚の小ささを実感します。
たかが三、四十年の時間でしかものを考えられぬ小童が、と。

現憲法は六十年前、非常に短期間で作成されたものです。しかしそれは氷山の一角。法とは、その中にローマ法から連綿と連なる二千年の記憶を溶かし込んでいるものです。
人間が法を発明してから、あらゆる戦争・世代・家族・盗み・暴力・喜怒哀楽が積み重ねられてきたその記憶。その記憶をわが身に刻み付け、二千年の歴史を持つ人間が編み上げるもの。それが法です。

仮に、私が現憲法に関する知識を全て失ったとしても、私は身中に溶け込んだ歴史の記憶の中から、日本国憲法に相当するものを自力でひり出すことは容易にできます。

「押しつけ」とか「時代」とかに関わりなく、最先端の時代性を伴った行動は現憲法の文言で充分可能です。
小手先の憲法改変によってしか時代性を発揮できないような人ならば、その内に二千年の歴史を持っていないのだから、数年のうちにまた時代遅れのカビとなることは雑作なく推論可能です。


シンちゃんの後継者?
安倍さんちのシンちゃんの後継者は、福田のダメ親父じゃなくて橋下さんちのトオルくんってわけですか。ゲラゲラ。

さっきTVニュースでトオルくんの初登庁の様子が放映されてました。府の職員への訓示で“諸君らは破綻企業の従業員だから、給料が半分になっても仕方がない”なんて言ってましたね。この方面は「現場」をよくご存知のようで、言葉に現場を知る者の重みを感じました。

トオル君の府政がこれから始まるわけですが、さて、如何相成りますことやら。幕引きの仕方もシンちゃんの跡を継いだりして。


今の君はピカピカに光って
子供の頃習った時には、国民主権・基本的人権の尊重・平和主義が大切なことなんだくらいにしか思わなかった日本国憲法。それがブッシュ・コイズミ・アベによって、今の日本や世界にとっても、とっても貴重な宝物に思えてきました。私たちを現実に守ってきたのは、将来の子供たちを守るのも日本国憲法であると。だから今の君はピカピカに光って見えます。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山室信一の「憲法9条の思想水脈」(朝日選書823)を読み始めました。今年度の司馬遼太郎賞受賞作品です。日本の憲法9条に結実した非戦の思想が、世界の思想史の中で、また文明開化以降の日本において、どのように生まれて発展し受け継がれてきたかを、綿密に跡づけて...
 井原氏が合併前の旧岩国市長だった2006年3月に実施された住民投票では、移転反対が投票総数の9割近くを占めた。翌4月の市長選でも井原氏が移転反対を掲げ、自民推薦の容認派候補に圧勝。 (出所:時事通信社 2008/02/03-11:05)  艦載機移転は05年10月に日...
      よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま~す! 今日も、ニュースも見ることも出来ずに汗だくで働いている 国...
【昨日も多数のクリックを頂き、何とか25位枠に復帰。感謝m(__)m でも、周囲の数字は上がるばかりで、アップアップ状態のmewで ございます。^^;何とかリベ平系ブログが、UP、UPできますように、 さらなる、ご支援よろしくお願いいたします。m(__)m】 最新の記...
天気:晴れ  また雪降らんかのぅ さて、次期大阪府知事になる橋本氏、まずはおめで
 罪刑法定主義とは、どんなに不道徳で気にくわない行為であっても、あらかじめ法律で犯罪と刑罰が決められていなければ犯罪とされないし、...
農薬汚染餃子のニュースがマスコミを席捲している間に、高輪プリンスホテルの日教組・教研集会の土壇場キャンセルや、岩国市長選挙の公示など、重要な事件は次々に起きました。 また、国会では、19年度補正予算案が、国会を通過し、いよいよ来年度予算案の審議が始まり..
軍の完全否定はできない。現場を知っているから、平和維持軍がなければ交渉出来なかったという話・・リアルでしたね。で、その中で9条を掲げた和平交渉の重要性、日本の担うべき真の立場を述べてるんですが・・そこ、あまり詳しく放送されてなかったですねえ。 ほんと、...
軍の完全否定はできない。現場を知っているから、平和維持軍がなければ交渉出来なかったという話・・リアルでしたね。で、その中で9条を掲げた和平交渉の重要性、日本の担うべき真の立場を述べてるんですが・・そこ、あまり詳しく放送されてなかったですねえ。 ほんと、...
{/kaeru_ang2/}しかしまあ、正直言うて恥ずかしいことですわ。大阪府民の民度の低さが全国的に知れ渡ってしもたわ。そやけど一応選挙の結果こうなってしもた以上はしゃあないことやしなぁ。それに、知事やる前からあんまし批判めいたことも言いたないんやけど・・・ {/hi...
日本株が下がり続けているが、これについてサブプライム問題が原因とか色々言われている。しかし本質的な原因はそんなところにないんじゃな...
いささか旧聞に属するが、福田氏の国会答弁を見てたら「国が地方を恫喝するようなことはない」という趣旨のことを言っていた。 うそこけ! ...
愚樵さんからちょっと気になる拍手コメントをいただきました。 「異質なものを排除する心理を下支えしているのは共感。1つの共感が他の共...
08年2月6日 水曜日  餃子と道路と県民所得  冷凍食品が落ち着くのはもっと先になるようだが、中国のネットでは日本のでっちあげと言うのも多いといっていた。過去の中国政府と日本の確執と中国の日本バッシングが行き届いていたのだから別に驚かないが、両国民とも冷...
仕事をまじめにすればするほどブログに割く時間が作れない。 恐ろしいほど、やる事、やらなくちゃいけない事はある。今更気がつくのもなん...
 私の手許に、続け様に、岩国市長選の井原勝介(前岩国市長)応援メッセイジが届いています。是非、身近な問題として読んでください。そして、周りに広げてください。  ここに掲載する文章はすべて「平和省JUMP」(きくちゆみ代表)の会員内部に伝えられているメー
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。