2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
命の重みをわかって語れ。

Googele検索で「ダイモン ライラの冒険」で辿り着かれている数多くの方々へ・・(現在検索のトップが公式HPでその次がお玉ブログらしいのよね)

すみません!!ごめんなさい・・ファンタジー系もしくは映画専門ブログではないんです~~~過激な政治ブログです~~m(_ _)m

人気ブログランキングへ  それと  

さて・・この一連の改憲派刺激しまくり記事はわざとやってます・・

今日のマガジン9条ブログにもあったけど、お玉の思いも「もっとみんな怒ろうよ!!」です。

MDガラクタ論が右派サイドからもそう思われているのね・・日米同盟が属国化・・擁護するものこそ反日では・・・・軍備じゃあどうしたってアメリカや中国に負けるのだから技術力で頑張ろう・・などの保守側のご意見もありました。キチンと改憲するメリットしないメリットを考えようとしてくださる方もいた・・

だから目をつぶろうかとも思ったんですけど・・・完璧な安全保障と相手が核兵器を持ったら?ってな問いかけもありましたねえ・・・

完璧な安全保障なんてないんだよ。
相手が核兵器を持ったら?それを日本に向けて撃ってきたら?
世界が戦争に突入して破滅です。

そうならないために・・ではどうするのか。

お玉は聞きたいね。
軍備増強と9条改憲したら完璧な安全保障で相手が核兵器持っても大丈夫なの?
この質問自体がまったく意味をなしていないと何故わからないのかなあ。

お玉がこの二年半このブログをはじめてから、幾度となく大議論をやってますが、「不安だから」軍備を増強しなきゃ、9条変えなきゃは全く意味を持ってない。

コウさんのコメント 

 で、現行法で対処できないから改憲しようと言っているんでしょう。あなたがたのように、わーわー言う人達がいるから、自衛隊員の命を脅かしているのがわからないんですか?近代戦は先制攻撃が超重要です。攻撃されないと反撃できないなんて、現場に死ねと言っているようなものですよ

 そもそもなんで憲法変えて他国に武装した自衛隊を送りこまにゃならんの???

国際貢献?それは日本独自の形で行なえばすむことですし、実際今までそれをやってきているとお玉はず~~~っと言い続けてきてますよ。

伊勢崎賢治の「武装解除」読んでから出直してきなさい。

 

次・・KYさんのコメントより

>たとえ100万人の被害者が出たとしても、復興のための指揮命令系統がきちんと残存している限り

>ついでに言うと、自分が死ぬ側に入るかもしれないから何でもかんでも反対どんなリスクも拒絶する、というのは臆病者の戯言です。

>私はそこまで人間を愚かだとは思いたくありません。たとえ後の時代から見れば安っぽい偽物であったとしても、人間は正義や自由のために戦うのだと信じたいです。

 あなたは脳内でしか戦争を考えられないのかな?政府のおぼっちゃん政治家さんと同じですよ。100万人死んでも勝てればいいのか?両者が武器を持ってにらみ合う中では決して和平は生まれない。お互いの武力を取上げるには第三の武力を伴わないものの「力」が必ず必要です。

なに甘いことを言ってるの~~(^^)

正義や自由のために闘うのではない。右派系の軍事関連本に自由のために闘うなんて書いてあるの?国益のために闘うんだよ。

あなたも伊勢崎賢治の武力解除をよみましょう。

 さくらさんのコメント

>また集団的自衛権ですが、これを認めないと実は大変な自体が起こりうることを知っていますか?(私の知識が正しければ。及び下記の質問が受け売りであることを自覚した上で)

>現在は当然日本以外の国同士で交戦状態になることが十分考えられます。
>当然日本の隣国もです(事実まだ戦争は本当に終わってはいません。)

さくらさんはふだん、どんな所から情報を仕入れてらっしゃるのかな?

きっと不安で不安でたまらないんでしょうね。お玉は馬鹿に刃物な現日本政府に集団的自衛権なんてものゆだねられない。あなた自身が仰るとおり、「受け売り」右派な言動は、いくらお玉よりリテラシーも知的レベルも上とお見受けした上であれ、全く説得力がないよ。以下に書かれるとおり、国際問題は片側から見てはいけない・・そのとおりです。

でもさくらさんの以下の文章にはお玉は首をかしげざる追えないけれど・・

>また、中東などへの出兵についても追求していますが、日本が石油産油国に冷たくあしらわれた場合どうなるでしょうか?石油利権から切り離されて日本は生きていけるでしょうか?

>政治は一面だけ見て奇麗事では済まされないです。特に国際関係に関しては。

 

 中東は9条を持つ日本だから信頼してくれているという側面は全くないとお考えでしょうか?軍備増強して中東に自衛隊を軍人として派兵したりしていたら、平和主義国家「日本」としての信頼は失墜します。もうしてきてますけど・・

あなたも櫻井よしこはやめて(読んでなかったらごめんなさい)、とりあえず伊勢崎賢治「武装勢力」を読みましょう・・・・

武装解除  -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)
(2004/12/18)
伊勢崎 賢治

商品

 

お玉だけが正しい訳じゃない、そしてあなた達だけが正しい訳じゃない。

全て100%正しい正義なんてあり得ない。どんなことにも欠点はあるさ。

でも、命の重さのわからない人は絶対にだめ。1人の命、日本人の命、敵対する国の人民の命、すべて同じいのちです。

いくらそれに差違があると言われても、お玉には認められない・・

ここはお玉のブログなので・・

お玉はうまく説明出来てないと思うけど・・

でも、何を言われようとも揺るがない。

絶対にね・・・・・・

人気ブログランキングへ  それと  

chokopa

あ・・これはコウさんほか明日チョコをもらえないらしいあなたへ・・

ゴディバのチョコパフェ(1200円也)です~~~~

甘い物食べてお玉もそろそろお怒りは鎮めましょう・・・

 でも本当は嬉しいよ。こういうネタにも食いついてくれるコウさん(^^)



 
Secret
(非公開コメント受付中)

うろこさんへ
すみません、出張中でコメント遅れました。
うろこさんの言いたいことは理解できました。ありがとうございました。

大国の庇護なしにはやっていけない国がまだまだ多い中、日本は自らの力で道を選ぶことのできる恵まれた国の一つだと思います。
私たち国民も、そのことをよく噛みしめて自分たちの道を選んでいきたいですね。


コウさんへ(武器使用について)
お玉さん、コウさん
どうもはじめまして。

(海上における警備行動)
自衛隊法第82条 
  「防衛大臣は、海上における人命若しくは財産の保護又は治安の維持
 のため特別の必要がある場合には、内閣総理大臣の承認を得て、
 自衛隊の部隊に海上において必要な行動をとることを命ずることがでる。」

同第93条3項 
  「海上保安庁法第20条第2項の規定は、第82条の規定により
  行動を命ぜられた海上自衛隊の自衛官の職務の執行について準用する」

 海上保安庁法20条2項
  「・・・海上保安官又は海上保安官補は、当該船舶の進行を停止させるために
  他に手段がないと信ずるに足りる相当な理由のあるときには、
  その事態に応じ合理的に必要と判断される限度において、
  武器を使用することができる。・・・」

 これを読む限り不審船の上陸を
みすみす許すことにならないと思うのですが。どうなのでしょう?
ちょっと疑問に思ったので。


付け足しになっちゃいますが
もちろん「戦争」といってもその中身は複雑でいろいろな要素が組み合わさっている事は分かっています。でも、説明するには長文になってしまいますので、ここでは単純な言い方にする事にしました。
私達は外部から「奪われる」のではなく、同じ日本に住む日本政府に「売られている」(自由も健康も平和も、もちろんお金も~;)と言う事を強調したかったのです。ありがとうござました。


21世紀初頭、今が歴史の転換期。
冷戦構造が完全に解消され、今世界を動かしているのはファンドなのです。
必然的に、株価が低下するような戦争を起こす国はなくなります。
これからの世界で起こる戦争は、世界システムからの造反に対して、その芽を摘むために起こされるのです。
これは、ある意味開発独裁のグローバル化であり、同時に南北問題の国内化でもあります。
ここで重要になるのは、国内における言論の封殺であり、それなしにはシステムは完成しないでしょう。
そして言論の封殺にもっとも効果的なのは、共同体の解体、固有文化の消滅、同時に郷土愛・愛国心の消滅、信仰心・道徳心の欠落化、知性の撲滅といった人間性そのものの卑小化です。
今という歴史の転換期が、人間性への戦争が仕掛けられている時代であるという認識なしに、『戦争』について何を語るのです?



はじめまして
お玉さん、はじめまして。
今回初めてトラックバックさせていただきました。

日本の安全保障論議の中で奇妙に私が感じるのは、改憲すれば国防に関する諸問題が解決するという考え方でしょうか。

現憲法は自衛権を認めている、それは既に最高裁で決着がついた話です。
それさえ認められているなら、実力によって国を守ることに何の支障もないはずなのに。

現在の防衛力のレベルが心もとないというなら、国会で議論してその適正レベルを決めればいい。それは憲法をどう変えようと必要なステップなのですから、改憲をする理由になどならない。
また、領空侵犯などに他国同様の対処ができないというなら、それはそのような運用を放置している自民党政権の怠慢でしょう。

自民党案のように憲法を変えたって、国防に関しては何もかわらない、ただアメリカの戦争に巻き込まれて日本人の命が失われる可能性が高まるだけです。
近隣諸国の脅威を訴える人もいますけど、それこそ日本が憲法を変えようがあちらには関係ない。日本人が隣国に対して軍事的優位に立つことで安心感を得ようとするなら、その隣国の人も同じことを考えるだけ、改憲で隣国が折れると考えるのはムシが良すぎと言えるでしょう。

====

ところで中東の日本を見る目に9条は影響しているかという話ですが、私はアリと考えるべきと思います。

もちろん、一般市民レベルでは9条の存在なんてほとんど知られていないでしょう。しかしながら、その結果としてアメリカの軍事行動とは一線を画す日本という存在は知られている。そのため、日本は「反米」の国と誤解している人もかなり多いというのが私の経験です。
よって日本が改憲しアメリカの軍事行動に同調するようになれば、日本に対する信頼感が低下する可能性は十分あるでしょうね。

では。




ねこさんへ
だから私も「信用はしない」と書いたのですが……

ただ、それ以上に信用できない国があると

さらに、
「米比相互防衛条約」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E6%AF%94%E7%9B%B8%E4%BA%92%E9%98%B2%E8%A1%9B%E6%9D%A1%E7%B4%84
「ところが、この米軍撤収の直後から、南シナ海で中国と東南アジア各国が領有を主張する南沙諸島(スプラトリー諸島)において、中国軍の活動が活発化し、フィリピンが領有権を主張する島を占領して建造物を構築した。」

「豊富な資源めぐる広大な海域「三沙」めぐり、中越緊張」
http://sankei.jp.msn.com/world/china/071224/chn0712242303007-n1.htm

とか、アメリカが北朝鮮に対して武力行使に至らない理由の一つとしての
「中朝友好協力相互援助条約」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9C%9D%E5%8F%8B%E5%A5%BD%E5%8D%94%E5%8A%9B%E7%9B%B8%E4%BA%92%E6%8F%B4%E5%8A%A9%E6%9D%A1%E7%B4%84
(北朝鮮を攻撃すると自動的に中国が相手になる条約。後ろ盾が大国だとさすがのアメリカも被害が許容範囲に収まらなくなるので、リビアのカダフィーにやったような爆撃さえできないでいます)

等から、アメリカ軍基地の縮小と同時に自主防衛を目指すとしても、アメリカとの同盟関係は続けるべきであると思ってます。


軍備を肯定する人間が皆戦争狂だと思っておられる方がいらっしゃるようですが、それは間違いです。
まあ中にはミレニアムの某“少佐”のようなどうしようもない戦争狂もいるかもしれませんが(笑)大半はよりよい生存を確保する為の手段として軍備を保有することを認めているだけです。どういう形でどういった軍備を用いるかについては意見がわかれていますけどね。

>本当の戦争を体験又は経験して、ここで語っている人が何人いるでしょうか。

ここで発言しておられる平和主義者のみなさんも戦争経験のない方が大半でしょうね。同じ立場なのに何故軍備を否定される発言は容認され、軍備を肯定する発言は認められないのでしょうか。理由をお聞きしたいと思います。


PK様
>こういうKYみたいな売国奴を見ると
右派として反吐がでます。

これでどちらからも『売国』認定されたわけですね(笑)

自分の身の丈も考えずに独立独歩を貫けると考えている夢想的な右翼も、データを無視して感情だけで平和を語る左翼も同様に愚かだということはよく分かりました。


Re:敵なんていない
うろこ様

「今は戦争する事が第一目的」というのは、さすがに戦争を単純化しすぎではないかと思います。

戦争ビジネスといっても、狭義の軍需産業だけで考えると、世界1位のロッキードマーチンですら2007年アメリカ企業売上では59位でしかないわけです。
http://money.cnn.com/magazines/fortune/global500/2007/countries/US.html
軍事産業がもっとも発達しているアメリカの「国益」という観点だけで見ても、軍事産業に必要以上の肩入れすることはビジネスとしてはあまり効率がいいやり方ではありません。

また、アメリカでしたら、石油産業などへの見返りも期待できるかとは思いますが、日本ではそれすらも期待できません。

もちろん、伝統的に政府と軍の結びつきが強いアメリカは、軍事に対して一定の保護傾向がありますし、戦争によって成り立つビジネスがないとは思いませんが、それが現代の戦争のすべてではないことも考えて、軍隊のあり方を検討していく必要があるのではないでしょうか。


ひとつだけ
>お互いの武力を取上げるには第三の武力を伴わないものの「力」が必ず必要です

第三の武力を伴わないものの『力』ってのは一体何でしょう?


敵なんていない
原則的に敵なんていないんですよ。だから「自由の為に戦う」とかいくら言っても無意味。だって誰も奪いにきてないもの。
第二次世界~頃までは「戦争」は資源、領土の奪取が目的でしたが今は「戦争する事」が第一目的になっております(資源奪取は二番目)「戦争ビジネス」によって甘い汁をすする為「○国が攻めてくる~」という嘘をつく。国民を騙す詐欺。今の日本政府が詐欺体質であるのは「年金」「薬害」やらの対応みてたら分かります。なのにどうして「防衛」に関してはこの詐欺師を信じるのか?理解不能です。
戦争ビジネスしたい今の日本政府が「9条があるせいで不利説」言ったり「集団自衛権」を押すのは当然じゃないですか。戦争したいもの。「9条があるから出来る事」がたくさんあるけど知られたら困るからやらないだけ。もみ消してるだけ。他アジア国への軽蔑や憎悪を煽るのも「仮想敵」を作りだす為。もちろん他国も「戦争ビジネス」したいから日本に攻めてくる可能性もあるけど(資源がないから低いけど)それを回避するのは「軍備増強」ではない(そんな事したら余計「戦争ビジネス」儲けさせるだけ。やむをえないとしても今の無能な日本政府にはまかせられない!)
「日本も普通の国になれ」?「普通」って?「他の国と同じ」って事?世界が幸せに満ちて素晴らしいものなら、日本も同じになるべきだろうけど、実際には「憎しみ、争い、殺戮、貧困、破壊」が満ちてる。これ同じになるのが「普通」?別の道行こうよ。その為に戦うのなら私は戦えます。


日本を信じる
普通にさん
>オイラが嫌いな奴は
日本に居ながらにして日本を否定する人間。<

私も同じですよ、同意です。

>日本の国民にそれを支える決意があるとは私には信じられません。
[2008/02/12 15:25] URL | KY <

こういうKYみたいな売国奴を見ると
右派として反吐がでます。
あるいは
同じ日本人ではないのかもしれません。


アフガニスタン住民の人々は9条知らないようです。(多分中東の他も)
非核三原則とアメリカ軍のいいなりにならない平和国日本のイメージらしいです。
うちが直接行って取材したわけではありませんけど・・・。


他国政府を信用できない根本的な理由
>まぜたさんへ

>>アメリカの信用

政権に入り込む野心家がいるのも他国政府を信用できない理由なのですが、それ以上に「日本」と「他国」は別の共同体だ、というのが他国を信用してはならない根本的な理由です。。

国民の利益を守る理想的な政府が仮に存在したとしても、その政府が責任を負うのはその政府の管轄する国民に対してであって、日本人に対してではありません。



壁はどこにある?
戦争が起きないようにある程度の軍隊は必要と考えている人と、軍隊があると戦争になってしまうと考えている人の間には高くて厚い壁があるのでしょうね。

>アメリカの信用
一応、議会制民主主義の国ですので、議会を通さず独裁者や指導部だけの権限で戦争を始めることができる国よりはるかに信頼できます。だからと言って信用しているわけではないですけどね。だからこそ自主防衛の道を……とループしてしまいますね(笑)


戦争は強欲のために起こる
全ての戦争は欲のために起こっております。
中国がチベットを手中に収め、その開発が進んでおりますが、チベット民衆の仏像を二束三文で買い叩き、日本や欧米の観光客に高値で売っておりますね。
戦費はごくわずか、安い買い物です。
チベット文化の破壊など、どこ吹く風です。

アメリカは湾岸戦争で、600億ドルの戦費を費やしましたが、そのうち自腹を切ったのはわずか70億ドル。
日本の負担は135億ドル。
日米軍産複合体は笑いが止まりません。インドも中国も喜んだでしょう。仕事がどんどん日本・アメリカからやってきますから。
そして、今回のイラク戦争の戦費は1000億~2000億ドル…。
それだけの戦費が費やされ、日本のIT企業もずいぶん儲かりました。おかげで9.11以来、日本は平成景気が続きました。
とはいえその好景気は地方には届きませんでした。
日本だけでなく世界中で、国内での貧富の格差は開きました。不満を逸らすためには、どうすればいい?
不満や憎しみやは国外へ向ければいい!
世界各地でナショナリズムが高まりました。

宴が終わって…。
アメリカでは貧困層の生活が解体し始めました。
日本でも、不満はうっ積し始めています。
さてところで、今回の祭りの費用は誰が負担するのでしょう?
日本の負担は3兆円以上…。
戦争で肥えた投資家や大企業が負担するのなら、自業自得。
しかし、地方の不況などどこ吹く風と、企業献金で潤ってきた政府の方針は、もちろん負担は地方に、そして貧困層に!
今回も、やはり、不満は国外に逸らさねば…。


本当普通に
九条あるから、中韓が調子こいてるのは確実でしょうな。何で血税を振る舞わないかんの?
日本は尊大になる必要もないが卑屈になる必要もなし。日本は所謂普通の国になるべきだ。
日本の周りなんて、どう贔屓目にみても油断ならない国ばかりだと思うよ。
確信で狡してる日本人もいますがね。
過去と云うカードで金が絞りとれる以上、中国と南北朝鮮はこれからも未来エイゴウ反日だわね。日本人として生まれてきましたもので、単純にナメられるの我慢ならないって直裁な気もあるよ。あいつらには。

それから中東。
オイラ、アラブの大使館に通ってたことあるんだわ。
財務の仕事をしていたもんでね。
彼ら驚く程に親日だったね。
九条なんか関係ない!

オイラが嫌いな奴は
日本に居ながらにして日本を否定する人間。

九条守ろうって奴にそういう性格の奴がわんさかいるのは事実だね。

このコメントは載るのかね。笑


先制攻撃論ですが、別に地上部隊のみの話ではありません。
なので国際貢献は大事ですが、私が言っているのはそっちではありません。空自、海自の話です。他国に攻め込まなくても例えば国籍不明の戦闘機が日本にくるとします。戦闘機の場合、出て行くように日本の空自はスクランブルをかけます。この時日本は警告はできても撃てないんです。
相手にロックされたら(そうなったらもう逃げられない可能性の方が高いですが)逃げるしかないんです。他国の場合、警告して出て行かないときは撃墜されます。空自のファイターパイロットは他国と比べて常に死と隣り合わせって訳です。
海自も同じです。領海侵犯されても威嚇射撃まで。これでは海保と何もかわらないじゃないですか。みすみす不審船の上陸を許すことになります。
理不尽でしょ?守ることどころか防げる進入が防げないんです。
1人の命、日本人の命、敵対する国の人民の命、すべて同じいのちですと言われるなら、空自、海自の人の命を考えてあげてください。そしてたとえ核でなくても爆撃機が飛んできたら、現行法では東京を火の海にされてしまうんですから、日本領土にすむ人々のことを考えてあげてください。

あとゴディバ高っ!
さすが1200円だけあって美味しそうですね。写真で我慢します(ToT)ありがとうございます。
でも護憲派には転向しませんよ(笑)


平和ぼけしている戦争肯定論者の方々へ
お玉さん。
こんにちは。

戦争肯定論者の方々へコメントさせて頂きます。
決して喧嘩するつもりもなければ、反論するつもりもありません。
ただ、平和ぼけしている戦争肯定論者の方がたへ言いたいだけです。

この記事にコメントされている戦争肯定論者の方々は、色々な理屈を付けて戦争ー集団的自衛権の行使や先制攻撃ーなどを肯定していますが、戦争が無い日本で発言しているにすぎません。
本当の戦争を体験又は経験して、ここで語っている人が何人いるでしょうか。戦争体験が無いのに戦争をしったかぶりして集団的自衛権の行使を語っているのは安部前首相と同じお坊ちゃまです。

実際、イラク派遣に行ってPTSDになった人を見たことがありますか。自衛官はそれが、仕事だから仕方ないと言えますか。あなた方、戦争肯定論者がイラクに派遣されてPTSDになって帰って来て廃人のような生活をするとしたら、そんな事が言えますか。

戦争は軍人・民間人問わず参加します。戦闘地域・非戦闘地域の区別などないのです。また、集団的自衛権行使は部分的な戦争状態です。そんな事も分からずに論じているのは机上の空論です。

自衛官も自殺・PTSDそして戦死になって不幸になり同時に民間人は過去の戦争の例から見ても、倍以上の犠牲が出るでしょう。
欧州の国が海外派遣できるのは、万が一、派遣された人がPTSDなどになっても、それをケアするシステムがあるし、オンブズマン制度も整っているからですよ。日本の自衛隊は、そんなシステムもないまま、海外派遣しPTSD患者や自殺者を増加させています。戦争肯定論者の方々が派遣される自衛官の事を考えるならば、日本でも軍事オンブズマン制度やメンタルヘルスケアの実際的なシステムの整備・充実をあなた方のブログで声高に叫んで欲しいと思います。


国防を論じる私はどこに居るか
日本の伝統的な武道、ないし芸道・棋碁をされている方にはお分かり頂けると思うのですが、「私」というものの境界をあらかじめ決めてかかると、失敗しやすいのですよね。
「私」が勝つ・「私」がうまくやる・「私」の主張を通す、といった西洋的な「敵と対決する私」をガッチリと持っている人は、より機械的&巨大な相手には物理的に負けてしまう。(旧来の植民地主義も、そうした直線的な拡張競争でした。)
伝統的な身体観が教えるのは、そうした二元論からの脱却です。「私」と「相手」の関係性そのものを瞬間瞬間に再構築し続ける。

恐怖心から軍備拡張を求める、というのは分かる話です。「私」の境界を破られないためにバリケードを築く。それもいい。
気になるのはやはり、「24時間その境界の中にいるの?」ということです。日本の高水準な教育で西洋的「私」の追及を行えば、境界の中にずっと籠りっ放しで居られる筈がない。
高い能力を持った「私」は、「私」の境界を飛び出して他者他国との交換を行わずにはいられない。毎日国防のことを考え続けることは、教育を受けた人間には苦役になる。
なぜなら、彼の受けた教育が恐怖心を笑い飛ばすからです。彼の持っていた「私」の境界は内側から破られ、再設定の必要に迫られる。

アジアへの恐怖から国防を論じる。それは、時々やる分には健康なことでしょう。
しかし毎日毎日・何年も何年も国防の内側から呼吸し続けるのであれば、硬化した「私」の境界が障害となり、「私」を自壊自殺させてしまいます。
それは老化であり、どこからも居場所を失った「私」の残骸です。


0か1かではなく
一部の方の意見で少し気になるのですが、いろいろなものごとを0か1かの両極端で考えなくてもいいのではないかと思います。

私は改憲派だけれど、自民党案には反対です。
自衛隊は必要だと思いますが、アメリカが求めているような海外派兵には反対です。

在日アメリカ軍は現実的な選択だと思っていますが、アメリカ軍との関係はもっと対等なものに改善してくべきだと思います。
だからといって、そのために集団的自衛権を拡大する必要性は感じません。

私は、強引に左右で分ければ右派の方に近いのでしょうが、まあ、こういう考えの人間もいる、ということで。


大混乱ですね
基本的に国防は「外部勢力に対する不信」が根拠になっています。その不信自体は正しいと思います。

どの手段によるどの程度の国防か、それは議論の対象とするべきだと考えています。

例えば法治主義も立派な国防です。特定の勢力が暴走しないように制限することは、単純な軍事力より大きな国防です。

日本人の安全を守る、すなわち殺されたり奴隷にされないようにすることについて、多くの右派は甘いです。

「米国政府・米軍だけは絶対に信用できる」という仮定を持っているようです。なぜ一つの勢力だけ徹底的に信用するのですか?。

米軍は現状において、日本国内に居座っていて、ロシア軍や中国軍より危険な軍隊です。

確かに、占領状態を解消するのは難しいでしょう。しかし、占領軍を全面的に信用するべきではないはずです。


『国際紛争』は本当におすすめ。
追加。

「怖いから軍備を持つ」という発想は間違っていないと思います。軍備というものは安全を確保するためにあるのですから。


もう寝るけど・・
chasさん

あの~~たぶんどっかのお花畑な平和ブログと勘違いされているのだとは思いますが・・・

>貴方が憲法9条を変えたくと考えるのは勝手ですが、それに他の人間まで巻き込まないでください。

> 繰り返しますがあなたの自慰行為に他人を巻き込まないでください。


???だったらお玉の所なんて覗かないこと。
改憲派が巻き込まれてるの?それほどお玉ごときの意見って強力なのかい?

あなたがいつからお玉の所を覗いているか知らないけれど、うちは護憲派改憲派共にお玉を気に入って覗いてくれている仲間がたくさんいる。
そういうどこぞの掲示板のような言い回しは認めない。キチンとした文章で勝負してきなさい。


>完璧な安全保障なんてない

正にその通りです。ですから私は「どこまで軍備を増強すれば完璧なのか」と問う村野瀬さんに対して「そもそも完璧などありえない」と返答させていただいたのです。更に村野瀬さんは「完璧でない」いう点において軍備による安全保障に否定的であったので、「ならば“完璧”な安全保障を達成する手段はあるのか、そしてそれはどういうものなのかお聞きしたい」と問い返させていただきました。

>相手が核兵器を持ったら?

現在の日本は核の傘+MDで対応しています。世界全体を見ると“恐怖の均衡”が世界大戦を抑止してきたと言えるでしょう。

>そもそもなんで憲法変えて他国に武装した自衛隊を送りこまにゃならんの???
>軍備増強して中東に自衛隊を軍人として派兵したりしていたら、平和主義国家「日本」としての信頼は失墜します。

平和国家、福祉国家と評判をとるスカンジナビア4ヶ国が対外派兵に積極的であるということはご存知でしょうか。いずれの国もISAFへ100名以上の人員を送り込んでいます。軍事力を使うことで平和な状態を創出することに貢献することもできると思います。

>両者が武器を持ってにらみ合う中では決して和平は生まれない。

第三世界の紛争はともかく米ソが互いに強大な軍事力を保有し、安定した二極構造を保っていた冷戦期は世界大戦が起きませんでした。それなりの規模の国同士が力の均衡を保っていれば軍備を持っていても安定した状態になります。


とりあえずナイ教授の『国際紛争』をご一読ください…。


さくらさん
大事なところですけど・・さくらさんの言ってるような内容の集団的自衛権を政府は行なおうとはしていませんよね。あなたの思う「憲法改憲論」でいくらお話になられても、多分ここの常連護憲派には通じない。なぜならば、今の政府の元、自民党の元で改憲するのは「怖すぎて」認められない。と言う共通認識があるから・・お玉の記事にしてもその意味で取り上げている「小林節」であり、「伊勢崎賢治」なのですが・・・・
なぜそこには触れない?

目の前の人を助けるかのお話は別所の通り、もちろんどんな場合も助けるべき。たとえ、憲法に違反してもお玉なら助ける。でも、それがままならないから改憲という選択にはお玉はならない。


コウ様、KY様、さくら様、みなさま日本の安全保障・国防を考える上でもっともなことをおっしゃていると思います。
貴方が憲法9条を変えたくと考えるのは勝手ですが、それに他の人間まで巻き込まないでください。
私は1人の人間として、国家・政府に国民の生命・身体・財産を守ることに全力を尽くすことを求めます。
それには憲法9条改正や集団的自衛権を認めることが必要であると考えています。
お玉様は失礼ながら、「憲法改正反対」の言葉に酔いしれて自慰行為を行っているようにしか私の目には映りません。
繰り返しますがあなたの自慰行為に他人を巻き込まないでください。
しかも最後にバレンタインデーにかこつけて自分の意見に反対するものを揶揄するに至っては、貴方の卑しい品性が透けて見えます。


いいスレタイ
あっちにコメントすべきだったかな?

命の重みを割り切る時の道具と言うのが軍隊の「基本の一つ」です。

地下鉄サリン事件の時、命が大事なら自衛官に現場に行けと命令できません。
しかし放置すれば多数の命が失われるから、自衛官が死ぬ可能性を入れた上で行けと命令するんです。

石破氏が言っていた命題、ちょっとアレンジしますけど「旅客機が墜落してきて、撃墜すれば200人の死、放置すれば200人以上の死、さあどうする?」これに撃墜する、しない以外の回答をする人は、命の重みを主題に政治や主権を語る資格はありません。

またサリン事件の前に「自衛隊が毒ガス戦の研究をしている」なんて言ったらキチガイ扱いだったでしょうけれど、結果的には現存軍事技術の研究がおかしな人たちの起こした事件への対応に繋がったわけです。

もし本当にそれがおきた時に軍隊にしか対応できない事態に対応する準備をするのが軍隊のもう一つ非常にわかりづらい本質です。
また、軍隊以外にやらせないというのもわかりずらい重要なポイントです。
起きる前にその内容を見ると、知識の無い人にはおかしな集団にしか見えないのが最大の問題でしょう。

その先の「攻めてきたら」とか、「核兵器がどうのこうの」の命題はこの延長に過ぎない問題です。


お玉さん。
私は集団的自衛権を無制限に認めろなどという気はありません。
ただ「集団的自衛権すべて否定。何が何でも否定」ならこういう問題もあるといったまでです。
集団的自衛権とはなんなのか。じゃあ何が認められなくて何は認められるべきなのか。目の前で死に直面している人間をちょっと手を伸ばせば救える命を集団的自衛権拒否を守るためなら見殺しにしてよいのか?とたずねているのです。

それを九条擁護、改憲こだわらずきちんと話し合い、問題点を抽出し現実的かつ理想的改善案を考えましょうと言っているんです。その中で私は「解釈により」ということの危険性を踏まえ改憲を主張しています。

それに中東は九条を持っているから認めてくれているのでしょうか?
いままで50年以上戦争をせず、焼け野原から短期間で世界有数の経済、工業立国として復興した実績を評価しているのではないですか?日本はスポーツでも世界で珍しいくらい平等(地元びいき、自国びいきがない)運営や判定をする国との評判があります。
九条があるからではなく、実際にはその中東からの信頼は、先人たちのそのような地道かつすばらしい功績により得たものではないでしょうか。九条があるからを強調しすぎるのは、そのような先人たちの努力と功績を軽んじているのでは?

>1人の命、日本人の命、敵対する国の人民の命、すべて同じいのちです

だとしたら、目の前で瀕死の兵士を見殺しにするという私の一つ目の質問への回答と矛盾していると思うのですが。


中東
>中東は9条を持つ日本だから信頼してくれているという側面は全くないとお考えでしょうか?

 これは断言してもよろしいですが、全くないですね。
 日本人が中東諸国の憲法を知らないのと同様に、あちらも9条の存在は知らないでしょう。というか、日本の憲法が戦力の保持を禁じているということ自体知られてないでしょう。
 向こうに行ってしきりに聞かれたのは「お前はもう兵役終わったのか?」でした。

 平和運動家と付き合いのある「中東の人」が一般的だと思うのはいかがなものでしょうか。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私はとても怒っている、私はとても苦しい。「反応しなくては」という想いが強すぎて感情的になりすぎている私には、神経を尖らせて言葉を上手く選び続けられるか、このケースを正面から見つめ続けるだけの勇気を保てるか、正直なところ分からない。だけどやっぱり反応しなく
今日はなぜ自衛力を持たなければならないかを書いてみます。 現在航空自衛隊は約400機の航空機を保有していますが、内100機は退役を引き延ばされた旧式なので実質は300機程。(しかし、「保有しているのは事実ではないか」という反論を踏まえ、以降400機保有の計算にしま...
沖縄で、またアメリカ兵の暴行事件が起きました。この事件に対して、産経新聞がまた凄まじい文章を載せています。日米同盟に影響させるなということは書き立てるだろうとは思っていましたけど、まさかここまでとは。筆者はある意味有名な花岡信昭氏。----【政論探求】「反...
結論から言うと戦争は回避できません。どんなに軍備を増強しても核兵器を保有してもどっかのアホウが日本の主権を侵害する軍事行動を実行させれば戦争になります。
注意:今日の記事は結構暴言はいてますので、お許し下さい;駄目な人は読まないで下さいね; 最近、頭がごっちゃごっちゃしてまして、なかなかまとまった文章が書けません;いや、元からそんなたいした文書ける訳じゃないんですが… 某ブログのコメントで、「命」を数...
 楽しくなけりゃブログじゃない!(笑)  もちろん画像にはページへのリンクあり。 ※雨宮処凛さんを追加しました。  小泉のムカつく顔に始まって、安倍の間抜け顔や憎らしい顔、福田のずるそうな顔のバナーを見ていて、「どうにもムカムカする、これだけではつまらん
 (*^o^)_田  ~Happy Valentine♪~  from mew  いつもブログを訪れて下さる方々&TBなどで交流して下さる方々、 そしてご支援のクリックを下さる方々に、感謝の心を込めて・・・ 気持ちばかりですが、「義理チョコ」をお贈りいたします。(^^♪ 最新の記
 ちょっと今日は箇条書き程度ということで。なお都々逸なし。麗子お嬢様とばあやの会話にまとめなおす可能性有り。 Q:米軍のおかげで日...
>日本の場合、「中央集権的計画経済」+朝鮮戦争特需+ベトナム戦争特需ではないでしょうか。 戦後日本の高度経済成長は、「「中央集権的計画経済」+生産性上昇+(対米)輸出増加+勤労者実質所得増加」によって成し遂げられたと約めることができます。 朝鮮戦争特需...
補助金という“アメとムチ”を手に、国が米軍再編計画にもとづく負担を基地の町に押しつけていく。  賛成か反対かで町が2分されたこ...
 沖縄で14歳の少女を米兵が強姦するという痛ましい事件が起きました。  犯人はすでに警察に逮捕されています。  今後、警察がじっくりと取り調べるでしょう。    ところで、この事件を利用していつもの反米活動家や日米離間を企図する特定思想の持ち主が大量にわいて...
本日放映されたNHK・クローズアップ現代。「国vs自治体 基地と補助金をめぐる攻防」。基地の“代償”として国から自治体に交付され...
「かんさい特集 『新知事・市長に問う 大阪の、これから』」は2月8日の午後19:30から開始され、橋下大阪知事は30分遅れの20:00から登場した。公...
大阪地方裁判所※画像クリックで拡大 本日(2008年2月13日)、午前10時30分より、大阪地方裁判所第807号法廷にて、第1回目の口頭弁論に臨みました。私が弁護士なしの自力・独学で訴状を書き、大阪弁護士会所属の女性弁護士を訴えた一
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。