2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
人権活動家家族の軟禁状態

 朝日新聞が、中国政府によって逮捕された、人権活動家の胡佳氏のご家族へのインタビューに成功しました。・・・胡佳さんはニューヨークタイムスの「世界でもっとも影響力のある100人」にも選ばれてる方ですよね。世界のマスコミではじめて逮捕後に家族のインタビューを取れたというのに・・これ、大スクープだと思うのに、何で一面じゃないんでしょう??

胡佳さんの奥さんとお子さんは彼の逮捕後ずっと「軟禁状態」で外に出ることが許されてません・・・・赤ちゃんはまだ3ヶ月だというのに・・

中国は治安国家だそうです・・・なるほど、逮捕して尋問するのはいいでしょう・・だけど、家族を軟禁状態にする必要性は全くない・・でも逮捕理由って・「北京オリンピックより人権問題解決を!と訴えたから・・・・」ってほんとう?

人気ブログランキングへ

  いつもポチッとしてくれてありがとう!m(_ _)m


朝日新聞より
中国の人権活動家逮捕 妻も軟禁、乳児と2カ月疲労濃く

中国の著名な人権活動家・胡佳氏(34)が公安(警察)当局に逮捕されて2カ月。国際社会の関心が集まっている。このほど、北京市内の自宅で生後3カ月の長女・謙慈ちゃんとともに軟禁されている妻・曽金燕さん(24)にメディアとして初めて面会し、監視下の厳しい生活ぶりを聞くことができた。

 「家族以外では(胡氏の逮捕後)あなたが初めての客人です」

 新興団地の一角にある胡氏の自宅を訪ねた記者を曽さんはこう言いながら招き入れた。公安当局者らしき男性数人が付近にいたのだが、記者を住人と勘違いしたらしい。

 1月にドイツのテレビ局が謙慈ちゃんを抱く曽さんの姿を窓越しに撮影したが、当局者にカーテンを閉められた。関係筋によると、独仏両国の大使館で人権問題を担当する外交官が最近、面会を試みたが阻まれた。

 曽さんによると、昨年末の胡氏の逮捕から丸2日間、公安当局者が少なくとも6人、室内に居座って親子を監視。就寝時やトイレに行く時さえ、ドアを閉めることは許されなかった。

 「彼らは私たちの安全を確保するためと言いましたが、法的な裏付けのない拘束です」

 曽さんは天井を指さした。公安当局者は真上の部屋を拠点に24時間警戒。食料や水を差し入れる胡氏の両親以外の立ち入りも、曽さん親子の外出も許されていない。

 盗聴を警戒し、会話は筆談で進めた。「一度、娘に予防接種をするため病院に行くことができた。帰宅すると捜索された跡があった。以後、日記やメモを書くことは控えている」。謙慈ちゃんを左腕で抱えながら曽さんはペンを走らせた。

 玄関には新品同様の乳母車。謙慈ちゃんの健康状態は良好というが、夫の逮捕と育児で曽さんは疲労の色が濃い。

 胡氏の逮捕から1カ月後に北京市公安局から届いた逮捕通知には「国家政権転覆扇動罪」という容疑名だけが記され、説明はない。「弁護士が接見できたのは2月4日の1度きり」。逮捕時、胡氏の旅券、パソコン、メモ、手紙、写真などに加え、国際的に知られたブロガーである曽さんのパソコンも押収された。

 友人によると弁護士は接見時、胡氏の話し方が不自然で、せりふを読まされているような印象を受けたという。「もともと肝臓に持病を抱えている。逮捕後に体重を落とした」と曽さんは胡氏の健康状態を案じる。

 取材の数日後、曽さんは公安当局者から「外部との接触」は許されないと改めて警告された。

 こうした軟禁状態や胡氏の逮捕に対し、2月26日に訪中したライス米国務長官は懸念を表明。欧州議会も1月、釈放を求める決議を採択した。

 一方、中国外務省の劉建超報道局長は2月26日の定例会見で、胡氏の逮捕について「法律を犯したいかなる人物も法的な制裁を受けなければならない。中国は法治国家だ」と答えた。

お玉、お怒りモード継続中ですので、ここに記事に即してないコメントがついた場合は表に出しません。

人気ブログランキングへ

  いつもポチッとしてくれてありがとう!m(_ _)m

 
Secret
(非公開コメント受付中)

いまさら、ちょっと怪しいソースですが
大紀元へのリンクです。

『エイズ問題人権活動家、「国家政権転覆罪」で逮捕』
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/01/html/d26470.html

『北京五輪を「人権の災難」と非難、中国人権活動家の胡佳氏逮捕』
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/01/html/d88401.html

『人権弁護士・高智晟氏一家、当局に強制連行され行方不明』
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/09/html/d40826.html

『スウェーデン:各界で北京五輪ボイコットの声高まる』
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d98186.html

大スクープにならない理由はもしかすると、

『前中国国家安全局警官:日本にもスパイを多数派遣』
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/07/html/d46536.html
「 また、郝氏は、最近日米安全保障条約問題にめぐって、日中関係に多少の摩擦があったが、日本は中共と親密な関係にあると感じているという。」

が、関係しているのかも(^^ゞ

まあ真実は、朝日新聞としては、この記事はトップにはふさわしくないと思っているだけなんでしょうけどね。


人間は誤りうる動物だから、権力はできる限り分立させてお互いにチェックし合う。政権は交代できるように制度保障しておくことが重要。
リベラルからしたら当たり前のことも、「ユートピア思想(含む共産主義)」には通用しないようです。

>中国は法治国家だ

そりゃあ、例えば国王が法律を勝手に量産して、それに基づいて治世をするのだって「法治国家だ」と強弁できるかもしれません。だけど、それは「人治国家」としか思えないし、中国も似たようなものに見えてしまいます。
法治国家としては、日本も多少は怪しい点がありますけれど。

>国家政権転覆扇動罪

オリンピックを控え外国の目を気にして為政者は少しは寛容になっているかというと、むしろ摘発が目立っているそうですね。おそらくは、為政者からすると、「この大事なときに人権問題を言い立てるなんて、中国の信用を落とすもので愛国的でない」といったような考えなのでしょう。その背景には「国民と国家は一枚岩でならねばならず、指導するのが中央党組織」という発想がある。だからこんな罪が存在する。そして、国民と国家の接着剤となるのが「愛国心」なのでしょう。
権力者側の強調する「愛国心の大切さ」には、ホント警戒しないと。隣国は日本にとっての反面教師になります。


人権に取り組む弁護士の方も身の危険かんじているという記事どこかでみました。日本が中国みたいに「治安維持」で抑圧されていきませんように。


朝日新聞がきちんと書くなんて珍しい
こんばんはお玉さん。
朝日新聞にしては珍しく中国の人権状況に切り込んだ記事ですね。
これまで全国紙で中国内における民主活動家や法輪功信者に対する過酷な迫害をきちんと記事にしてきたのは産経新聞と読売新聞だけでしたが、朝日新聞に何があったのでしょう?

>国家政権転覆扇動罪

中華人民共和国は中国共産党の一党独裁国家で建国以来このような人権侵害は山ほどありまよ。ブログでこの事を書くのはブログ上位の右派系ブログだけというのも情けない話です。
人権に関する事なのですから右派左派問わずきちんと書いて訴えていくべきです。
その意味で今後はまともな左派ブロガーが増えて近隣諸国の人権状況をきちんと把握して書いていただけるようになれば、と思います。
日本の60年以上前の事に執着するより今現在生きている人間に興味を持つ方が重要ですよね。

お玉さんのような比較的バランス感覚を持った左派ブロガーは何処?


かって虐殺の犠牲者だった・・、だからこそ、虐殺はやめて!
敢えて、お玉さんの怒りに火をつけるかもしれませんが。
話題違い?、でも根は同じだと思います。言わなくちゃいけない時がある!

イスラエルの攻撃によって、昨日までの4日間で、パレスチナ人が80人も殺されています。
「パレスチナのロケット砲による攻撃によってイスラエルの大学生が殺されたこと」への報復だとイスラエルは言っていますが、このイスラエルの攻撃によって殺された過激派は数名で、犠牲者の多くが子供達です。

この攻撃の間(25日~28日)に、イスラエルのオルメルト首相は来日し、ライスと密談し、27日には天皇皇后にも会って歓談しています。こんなことで本当に良いのでしょうか?

天木さんの悲痛な叫びを聞いてください!

【 [外務省のかつての同僚たちに訴えたいー イスラエル非難声明を今すぐ世界に発信して欲しい] http://www.amakiblog.com/archives/2008/03/post_534.html

その他のブログ

【徒然気学「速報 イスラエルがガザ侵攻」 green.ap.teacup.com/kyusiro/】

【地球市民点描・麻川黙雷:[2008.2.28 イスラエルと日本、オルメルトと福田]
pub.ne.jp/ic4385/?monthly_id=200802】



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1989年6月4日の未明に中国、北京で起こった、天安門事件。この事件について調査委員会を設置すること、遺族への謝罪と補償に向けた立法措置...
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦
【土日にアクセス、クリックして下さる方々は、当ブログ&リベj平勢 とって貴重な存在です。<心から感謝。m(__)m> そして、土日 の低迷脱却のために、ご支援のクリックをよろしくです。m(__)m】  最近の記事一覧・・・2月分はコチラ  昨日のJRAでは、...
アメリカの多くの方々は全ての国々が将来自分の国のようになると思っています。 中国の多くの方々は全ての国々が自分の国程度もしくはそれ以下と思っています。
話題の宮崎県知事の自伝小説がドラマ化されるのだといいます。  まあ、いまさらテレビの世界のことにびっくりすることもありませんが、なぜ...
裁判所というものはどちらが正しいかを決める場所ではなく、 どちらが法律に合っているかを決めるところです。 だから、そこにいつも真実や正しさが有る訳では無いので 裁判官の決定が最も正しいとは絶対に思わないで下さい。 裁判官には元々そのような権利は与えられて
共謀罪とか、世界刑事裁判所(ICC)を知る事で判った事は、 世界各国がある目的で条約を締結すると、 それを守る為に、国内の法律を作り変えたり、新設すると言うことなのだ。 そして、それを国民に守らせる事で、条約の実効性が出てくると言うことなのだ。 1)...
08年3月2日 日曜日  五つの新聞記事  先ずは、定番の報道2001の関東府県の投票予定。イージス艦と予算の強硬可決か自民ががた落ちる      1日の朝日の夕刊に?と首を傾げる記事が載っていた。{/arrow_r/}(こちらをクリック)  前市長時代に国の補助金が凍結さ
 3月になりました。どんどん暖かくなりますね。  中学生の子供が、うちのお雛様を見たことない、というので、そんなことないじゃろう、と笑いましたが、わりとショックで、しまいこんでいた押入れから、お内裏様とお雛様のお二人だけ出して飾っていました。何年ぶり...
     今日は、また保坂議員の街宣のお手伝いに行って来ました~。 本当は、ウグイス嬢(オバサン^^)でもやれればいいんだけれど、 ...
渡りくだり!何となく鳥のようだが寄生虫です!ダニ以下です!******************http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008030290072021.html天下り法人に1888億円 06年度 道路財源から支出 2008年3月2日 07時56分  道路特定財源を原資とする国...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。