2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
「かしこく」、「かわいい」から捕鯨に反対なのだろうか?

週末だし・・・コメント欄盛上がるような話題をと思いつつも・・は~~~~日銀の総裁の話も、年金話も書きたいけれど、頭が回ってないので、ニュース読むので精一杯だ・・・・

人気ブログランキングへ

  いつもポチッとしてくれてありがとう!m(_ _)m

で、以前から書こうかどうしようか悩んでいた「捕鯨の話・・・」

やっぱ書いてみようかな・・


捕鯨については・・・どう書いたらいいのやら・・正直お玉は悩みます。

別に日本にとって捕鯨しなくても「やっていける」のではないか?
鯨食べずとも牛さんもぶたさんも鳥さんも食ってますし・・・
いつだったか書いたけど、文楽の人形を操るためのヒモに使ってますが、あれだけのためなら調査捕鯨でなくとも
何か手があるようにも思うの。現在文楽のストックも何年分もあるそうですし・そもそもくじらの種類が違う・・よな・・

鯨を食べる文化が日本に息づいてさて何年か・・井原西鶴が食べてるところを見ると・江戸時代には食しているのね・・
それまでは鯨の脂をとるのが目的だったようです。上層階級がもっと以前から食べていたようですが、それは、それとして・・・

お玉は、別に鯨の刺身もハリハリ鍋も竜田揚げもいらん・・・・・そう思いつつ・・・

捕鯨反対に対してシー・シェパードの抗議行動をどう思うのか・・・を考えてみようかな。
これ、多分右派も左派も言い分はいろいろかもなあ・・
みんなはどう思う?
薬品を投げつけて、乗組員を怪我させては絶対にいけない・・
で、捕鯨船側とシー・シェパードがわの言ってることが食い違う・・
この辺りも含め、とむ丸さんが詳しく書いてらっしゃいます。

シー・シェパードの捕鯨船攻撃 


お玉は、鯨は絶滅危惧種だから守らねばならない・・という考え方で捕鯨に反対の立場をとるのは納得する。
お玉もこの立場かな。

でも、ちょっと待ってと言いたくなるのが鯨は「かわいいから」・「かしこいから」
あんなかしこくかわいい動物を食べるなんて、「野蛮だ!」という考え方はだめ・・ついていけない・・・
かわいい羊もかしこい馬も食べてるし・・かわいいねえ・・かしこいねえ・・
韓国で犬を食するのを批判するような人もいるけど、これまたお玉にはついていけない。それこそ、食文化として、 日本の鯨以上に根付いてるものじゃない。

わんこが「かわいい」だからだめとか・・・

そこになんかある種の差別を感じる・・お玉がへんか?人間に選別された「かしこくかわいい」動物だから 捕っちゃ為なの?食べちゃだめなの?正当性を感じられない・・

で、じゃあ、ミンク鯨を900頭も捕獲する、調査捕鯨の正当性がどこまで信憑性があるのか・・・これについても色々議論があるようで・・

は~~ふつうのブロガーはそれを調べて提示するんでしょうが・・・お玉今日も頭回ってないし~~
このまま、コメント欄に期待していいだろうか・・・・

シー・シェパードの抗議行動についてもどのように思うか聞いてみたいな・・・

人気ブログランキングへ

  いつもポチッとしてくれてありがとう!m(_ _)m

 
Secret
(非公開コメント受付中)

花逗牡さん
>記事をお書きからだいぶ経ちますがよろしいでしょうか?

さすがに5ヶ月も前に記事にコメントを付けて頂くのは・・うちは、非常に活発に議論コメントが寄せられる性格のブログのため、管理運営上ちょっと困ってしまいます。




こんにちは
 記事をお書きからだいぶ経ちますがよろしいでしょうか?
 捕鯨ですが、私は、今ではもう不要なものと思います。捕鯨必要論はかなりとってつけた感じがします。大船団で南極や外洋まで行くのが伝統文化とは思えませんし、また魚資源維持のため、ということですが、クロミンクが南氷洋で捕獲対象になったのは、昭和40年代になってからです。それまでに漁業資源激減はあったのでしょうか?
 しかし、一方で何が何でも全ての捕鯨を撲滅せねばならない合理的理由も見あたらないですね。不要だから絶対やめねばならないとはいえない。また伝統文化でないから潰さねばならないとはいえない。決め手がないですね。
 それから調査捕鯨ですが、あれは捕鯨を続けるための方便ですね。調査で1000頭前後の捕獲はちょっとね。。まあ方便としての「調査」もありかな、とは思いますが、ここ最近はちょっと獲りすぎです。それにわざと挑発するかのようにザトウクジラの捕獲計画を出したりして。
 他にもいろいろありますが、長くなりますので、今はこれくらいで。失礼します。


軍事力
はいはい様、戦争がおきることを前提にしてだけ物事を考えてませんか?私も戦争の経験もありませんし、シュミレイションさえできません。間違っても日本は、先制攻撃などをするような国ではないと信じますが、もし攻撃を受けるような事態が起きた場合、あなた方はどのようにできますか?どのようにしようとシュミレイションしてますか?少なくとも私は、爆弾でも背負って、自爆攻撃をする気があるし、それしかできませんよ。お笑いになられても結構です。


捕鯨について殆ど同感です。
私のブログをお読み頂ければ幸いです。
鯨油を取るためだけに殺戮していたのは欧米諸国の話で、日本は江戸時代よりもっと古くから骨まで全部使う効率的な『資源活用』をしていたのです。
一部以下に引用します。
***************

 また、反捕鯨諸国の団体の主張は『情緒的』すぎると思う。
これも以前に書いたが、その『情緒的』声の一つが「クジラは知性的な動物だから殺してはいけない」と言う・・・
 アメリカ人が言うのは自己倒錯である。彼らは、クジラを知性的動物と言いながら、米軍ではアフガニスタンやイラクの人間は殺しても良い下等な人間だと教育されている。
 知性の程度で殺して良いか悪いかを判断する考え方は、人間をも差別し、殺戮を「是」とする考えに通じる。

 また、反捕鯨国では、スポーツとしての「狩猟」が盛んだ!
趣味や趣向のために鳥獣を殺戮している。そして、それがスポーツだから“鳥獣の殺戮が”許されると考えている(アメリカ人から直接聞いた考え方である)。
 人間が生きるためならまだしも、人間の生命維持に関係の無い「趣味で狩猟する(殺す)のはいい」のだそうだ。
 とにかく、アメリカ人のダブル・スタンダード(日本風に言えば二枚舌)は、あらゆる面で“徹底”しているし、あきれ返る。


kusukusuさんへ
返事が遅くなってすみません。丁寧な回答ありがとうございます。kusukusuさんのご意見はよくわかりました。

ただ、私はkusukusuさんの考えと違って、地球のどこの海域だろうと、公海では、乱獲さえ行わなければどの国でも自由に活動できると考えておりますので、南氷洋は日本近海でないからダメだとは思いません。自ら権利を放棄することは、自分の首を絞めるようなものではないかと考えています。
もちろん、日本近海での捕鯨再開も重要ですが、南氷洋での捕鯨を永久に放棄するというのは賛成できません。

>僕自身、正確なことはよく分からないので、議論しようがないなと・・。

仰るとおりですね。私もきちんと裏をとったわけではなく憶測で発言してしまい、すみませんでした。
また、お玉さんにも指摘されましたが、一部不適切な発言等ありましたこと、反省しております。大変失礼いたしました。


>普段、「科学的思考が大切」とか言っている、頭のいい左の人たちが「感情論で反対」では矛盾しています。

科学的(ことに経験的学問としての科学)な思考をしたからといって、ダイレクト(あるいは演繹的)に価値意識や規範感覚が導出されるわけではありません。人間は感情・情緒的な指向性をもつ生きものであり、それが価値観形成に関わってくることを、シャットアウトすることはできないということです。
もちろん、感情にのみ寄りかかって判断するのは困ります。しかし、それを完全に却け、理性によって全てを裁断することにも無理があります。
両者を、どのようにしてより良く調和させていけばいいのかは、日暮れてなお道遠しではありますが。

>捕鯨反対の左翼の人たちは、もし志位さんや不破さんが「南極捕鯨もやむなし」と急に言ったならば?どうするのでしょうか?

南氷洋(及び公海)における「反捕鯨」派の中には、共産党の支持者もいるかもしれません。しかし、正確な数分けはできませんが主流ではないと思います。南氷洋における「反捕鯨」派のコアメンバーはエコロジストでして、この人たちの旗印は赤ではなく緑です。他にもリベラル系や非共産系左派(や、これら横断的な)の反対派もいるでしょう。ともかく、ごく一部の忠誠者を除いて、志位さんの意向の変化によって大多数の「反捕鯨」派の主張が揺らぐことはないでしょう。


捕鯨賛成派にも、欧米の文化的優越意識に対する反感ありです
オーストラリアのふざけたテレビで『日本人殺してもいいですか?』とか冗談っぽく言われて、笑われていることに対する反感は、もちろんあります。ある意味、完全な感情論です。
以前フランスの動物愛護団体の若者が、アフリカでチンパンジーを食べる人達に、『かつて食人をしていた野蛮人も文明化して今では食べずに済ましているのだから、君たちも変われるはずだ!』とまじめに説いて、現地の人達を憤慨させていましたが、その若者はまるで動じませんでした。あくまで自分の主張は正しいと信じているようでした。
現地の人の大切な生活圏である森林を破壊しているのはフランスの企業で、食糧不足がチンパンジーの乱獲につながっていることを、その動物愛護団体はまるで無視していました。
そのドキュメントを見て、欧米の文化的優越感の弊害は根深いと感じました。
クジラ問題にも、それに近い感覚ありますね。


捕鯨騒動の本質が見えてきた気がします。
お玉さん、こんばんは。

 色々な方のコメントを読んだり、ついでに捕鯨について書かれてある他のブログ読んだりして…
「捕鯨騒動」が何となく見えてきました。

「捕鯨」自体が権力闘争の道具になっているだけ。

 オーストラリア政府も「鯨」票があるから、一応騒いでいるだけ。

 何かいちゃもんをつけて「日本バッシング」をしたい欧米連中。鯨を「カード」に使っている。

 片や日本では、天下り先で利権を温存したい役人。

 見かけ上は「捕鯨反対」と奇麗事を言いながら、本音が見えない左翼。
 普段、「科学的思考が大切」とか言っている、頭のいい左の人たちが「感情論で反対」では矛盾しています。

 どうして、どこの国の領土でもない南極で、「国際的ルールに乗っ取って」捕鯨をする事がいけないのか?

 論理的に説明していない。だから捕鯨反対派の説得力が全くない。
 もちろん感情論で、鯨が可哀相だから反対もアリだと思います。それは個人の自由だと思います。
 しかし捕鯨賛成派を切り崩す説得力はない。

 中国でも、アメリカでも、ロシアでも、自分の国から離れた所で、捕鯨以外で色々やっているのでは?彼らよりは、現在の日本の態度は、まだマシだと思います。

 捕鯨反対の左翼の人たちは、もし志位さんや不破さんが「南極捕鯨もやむなし」と急に言ったならば?どうするのでしょうか?

 それでも「捕鯨反対」ならば、一応筋は通っていると思います。


事態が動きそうかな?
「反捕鯨国が日本に妥協案 沿岸での商業捕鯨再開認める」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080311-00000980-san-int

さて、オーストラリアや鯨保護団体がどう動くかな?


黒船来航の理由
嘉永6年(1853)アメリカからペリー率いる黒船が来航。当時鎖国政策を行っていた江戸幕府に開国を求めたってのは有名な歴史的事実ですが、この目的は当時アメリカで盛んだった捕鯨のために、日本に捕鯨船のための寄港地を設けることだったという側面もあったんです。で、彼らは何のために鯨を捕獲していたかというと、鯨油を得るため。鯨油からさまざまな工業製品を作ったんです。鯨肉はほとんど廃棄されていた。これが、彼らの捕鯨に対する“伝統”なんです。

クジラのなかでもナガスクジラやマッコウクジラが特に数が少ないのは、彼らにだって責任はある。良質の鯨油が取れたから。日本が本格的に捕鯨を始めたのは戦後ですが、そのころにはすでにナガスやマッコウは少なかったんです。

現在は石油化学が発達したので鯨油に対する需要はなくなった。だから彼らは捕鯨に反対することができるようになった。カワイイから、な~んて理由は後付けでしかありません。


kusukusuさん
長い・・三連投・どっちもよい子のお約束は守ってね。・そろそろ自身の考えは自分のブログに書いてTBして下さい。


まぜた さん

どうも、ユダヤ教で聖書じゃなくて戒律か。

なんなれば、彼らはいわば「鯨大好き教」みたいな物なのでしょうな、どちらにしても感情の世界だから話は通じなさそうだ。

でも、米豪(他もかな?)の食糧生産が遠からず危機に陥ることを考えると、何らかの形で捕鯨は維持してほしいなぁ。


一知半解男さんへの返信
>緑豆(グリーンピース)が殺さなくても調査できるなどと主張していますが、一体どうやって鯨の胃袋の中身とか調べられるのでしょうね?

鯨の数が減ってきているか否かといった調査ならば殺さなくても行なう方法があるのではないかということではないでしょうか?
「胃袋の中身」までは調査できないかもしれませんが。

>また、税金をかけてやっていることについては、食の安全保障という観点から見れば、それなりの妥当性はあると思いますよ。

それは現に国民でそのことにそれほど強い反対が起こっているわけではないので(少なくとも道路公団の税金の使い方に対する批判ほど、大きな批判は起こっていない)、それなりに妥当性があると支持されているのだとは思います。
僕個人の意見として反対だというだけで。
それと、基本的に、僕が言っているのは、捕鯨を一切、やめるということではなく、南極での捕鯨はやめるかわりに日本近海での商業捕鯨再開を世界に訴えるということですから。「日本近海での商業捕鯨再開を世界に認めてもらう」という担保はとるので、日本がすべての面で全面的に譲歩するということではありません。

>表向き、暴力はいけないと言いつつも、裏でしっかりバックアップしている事実は無視ですか?

無視というより、実際、そういうことは裏であるかもしれないけれども、憶測の話になってしまうので、僕自身、正確なことはよく分からないので、議論しようがないなと・・。とにかく表向きは民間の団体に違いないようだし。外国の市民団体はずいぶん、お金があってあれだけの活動資金があって羨ましいなと思うところはたしかにあるんですが・・。


にゃんこ。
ネコだって子殺しするぞい。
ネコだって生き物弄って遊ぶぞい。
でも、かわいいよね。
残酷だから可愛くないって言うのは、たぶん違うんだよ。
残酷でも、可愛いものは可愛いんだよ。

まあ、かわいくて賢いから食っちゃ駄目って言ってると仮定して、そういう人たちに向っていくらイルカの残虐性を説いても、あまり意味はないんだと思うよ。
同じ理屈で、かわいいから食っちゃ駄目っていうのも、やっぱり意味はないと思うんだけどね。
子豚は可愛いけど、丸焼きになって出てきたら食べちゃうしね。
とりとめのないコメントでごめんなさい。こういうゆるいのも、たまにはありですよね?


田柄さんへの返信(つづき)
>それは、日本がIWCから脱退するということですね。

そうとは限らないと思います。
現在、日本が商業漁業再開を訴えても反対する国が多いのは、日本が南極での調査捕鯨を続けていることに対する反発も強いからです。しかし、南極での捕鯨は中止する、かわりに日本近海での商業漁業再開は認めてほしいと訴えるならば、南極での捕鯨をやめるならばと日本に対して反対の立場から賛成にまわる国も出てくる可能性があります。そうすると、IWCの中で日本に賛成してくれる国が多くなり、日本がIWCを脱退しなくても商業捕鯨再開が実現するかもしれません。
ただし、この場合は、日本は温暖化の影響を考慮して南極での捕鯨を一時的にやめるといった話では世界の国々がそれなら日本を支持すると賛成にまわってくれるのは無理かもしれませんね。それでは、日本が南極での捕鯨をやめると言っているのは一時的なポーズで、まず日本近海で商業捕鯨を再開させ、いずれは南極での商業捕鯨再開を目論んでいるのだと見られてしまいますから。そうすると、やはり日本は一時的な中止ではなく、南極での捕鯨は一切、やめる、かわりに日本近海での商業捕鯨を再開させてほしいと訴える方向を選択しなければならなくなるかもしれません。

>え~・・南氷洋における妨害活動も、シーシェパードに全面的な非があると思うのですが?

それは過激な行動に関してはシー・シェパードに非があるけれども、日本が南極で捕鯨を続けていることにも問題があると僕は考えているので。まあ、この点がほかの多くの人と意見が異なる点なのだと思いますが。


田柄さんへの返信
>う~ん・・それでは日本の遠洋捕鯨は、完全に終わってしまいますね。

日本は捕鯨を全面的にやめるわけではなく、日本近海での捕鯨は続けるわけだから、捕鯨の技術が失われてしまうわけではないので、遠洋捕鯨を一時、やめても50年後に遠洋捕鯨を再開することはまったく不可能なことではないとは思いますが。
でも、まあ、たしかに50年もやめてしまっては再開するのが難しくなる面はあるかもしれませんが。

結局、可能性としては、2つ、考えられるわけです。
ひとつは、南極で温暖化の影響で鯨が減っていて絶滅の危機になっているという危惧が当たっていた場合です。その場合は何十年後かにはその事実が明らかになると思います。そしたら、日本がこのまま南極で捕鯨を続けていても当然、日本が行っている南極での捕鯨は中止になるでしょうし、それだけでなく、そうした危惧する声もあったのに日本が無視して南極で捕鯨を続けていたことに対して国際的な非難が沸き起こると思います。
その時には、こんなことになるんだったら日本はもっと早く南極での捕鯨をやめておけば良かったという話になるのではないかと思います。

もうひとつの可能性は、南極で温暖化の影響で鯨が絶滅しつつあるというのが杞憂にしか過ぎなかった場合です。この場合は、逆に日本が温暖化の影響があるかもしれないと考慮して南極での捕鯨をやめたら、やめる必要がないものを杞憂でやめてしまったというリスクを日本が負うことになるわけです。

結局、どちらの可能性も現時点では考えられるので判断が難しいのだと思います。

ただ、これは僕個人の考えですが、これがたとえば黄色いネコさんが書かれているような、マグロの遠洋漁業をマグロも温暖化の影響で減っていることが懸念されるので日本はやめるべきだという話なのでしたら、あまりにも日本の漁業に与える損害が大きい話だし、可能性の段階でそこまで決断をするのは、もし温暖化の影響が杞憂に過ぎなかった場合にリスクが大きすぎるので、日本がマグロの遠洋漁業をやめる選択をするのはちょっと無理なのではないかと思います。でも、鯨の遠洋漁業に関しては、現在、それほどの産業ではないので、温暖化の影響が杞憂に過ぎなかった場合にリスクがあるとはいっても日本の漁業に決定的な打撃を与えるほどのものではないので、鯨の遠洋漁業をやめるという選択はあるのではないかと思います。


>人間に選別された「かしこくかわいい」動物だから 捕っちゃ為なの?食べちゃだめなの?正当性を感じられない・・

私らの住む社会も、似たようなことをしていますよ。
皆さんが飼っている動物の中で、「愛護動物」に指定されているもの、例えば犬や猫をストレス発散のためとかで蹴り上げて傷つけたとしましょう。殺さなくても罪に問われます。「私が正当に手に入れた所有物なんだから、他人に迷惑をかけない限りなにをしてもいいじゃないか。むしゃくしゃして皿を割るのと一緒だ」という、古典的リベラルの危害原理的な理屈は通りません。蠅はたたきつぶしてもいいのにです。
法は「生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資する」という理念をうたっていますが、中味は「選別的優遇」をやっているのです。ペット(愛玩動物)を飼っている人の多くは、それらに対して深い愛着・愛情を抱いています。当然ペットを「かわいい」と感じているでしょう。そのかわいい命が酷い目にあうなんて、たとえ他人のものであっても許せない。これが規制が厳しくなっている背景にある要因だと思います。
それを、この社会は受け入れているのです。

クジラに愛情を抱いている人からすれば、同じように酷い目にあうのは見たくないのでしょう。
こういう考え方には問題点もありますが、無下に否定できない面もあります。それは、人類全てに共通していると断言まではしませんが、バイオフィリアという志向性を多くの人が持っているからです。それは、割合に哺乳類に対してシンパシーを強く持つ傾向があります。野生生物の保護というと、どうも哺乳類(それも大型)が中心になる理由の一つではないかとも考えられています。
しかし、バイオフィリアのおかげで、ただでさえ欲深で自然から無限に収奪しようとする人類に、少しは抑制的な歯止めがかかるのかもしれません。
「愛情」というのは時に偏在し盲目的にもなり、厄介なものでもありますが、「科学的管理」で一元化すれば済むものでもないと思います。推進側だって、捕鯨文化に対する愛着が背景にあるでしょうし。個人的にはkusukusuさんのご意見に近いかな。


にょきさんへ
食のタブー Taboo of food
http://homepage3.nifty.com/onion/labo/untouchable.htm

こちらのサイトによると、ユダヤ教が

「海や川にいるものの中で、ヒレやウロコのないものは食べてはならない」

との理由で鯨は食べてはならない動物になり、キリスト教ではほとんど制限がないみたいです。

しかし、宗教上の理由でイスラム教の人が豚を、ヒンズー教の人が牛を食べてはダメだと世界中に主張し始めたら、大変なことになりそうですね(笑)
(まあだからこそ捕鯨反対の理由として、「宗教上のタブー」ということは表に出してないのでしょう)

その他の食肉 Other meat
http://homepage3.nifty.com/onion/labo/othermeat.htm
同じサイトですが、上記リンク先等にも捕鯨に関して書かれてあります。


お久しぶりです。
捕鯨ですが、捕って良い種類とダメな種類があるんです。
現在絶滅しそうな種類はもちろん捕ってはダメです。
が、ミンククジラなど生息数の多い種類は捕鯨しても問題ないのです。
そして日本はクジラの乱獲などしていない。
それを反捕鯨を主張する人たちは、お玉さんの言ったとおりかわいいから、頭が良いからなどの理由で反対するのです。
クジラは美味しいです。種類を考え、乱獲しなければ問題ないのです。


>緑豆などのチンピラ共を使って

お言葉使いに気をつけましょう・・グリーンピースがどういう団体か、あなたの偏見で揶揄して書く場所じゃない・だってここは、左翼なお玉のブログです。


食の安全保障という観点も必要では…
Kusukusuさん、既にHPチェックしていたのですね。失礼いたしました。

ただ、緑豆(グリーンピース)が殺さなくても調査できるなどと主張していますが、一体どうやって鯨の胃袋の中身とか調べられるのでしょうね?

また、税金をかけてやっていることについては、食の安全保障という観点から見れば、それなりの妥当性はあると思いますよ。
今後、ますます世界の食糧事情が逼迫することを考えれば、近い将来、戦後鯨を食べることでしのいだ事態が再現するかも知れません。そうした時に備えて遠洋捕鯨技術を維持していくのは重要なことだと思いますけど…。

米豪に、食糧という戦略物質を全て握られるのはまずいと思いませんか?

>そもそもシー・シェパードは民間の団体です。オーストラリア政府ともアメリカ政府とも直接、関係ありませんよ。

そこが連中の狡猾なところです。豪政府も軍隊を動員して捕鯨船を監視しているそうですが、位置データをシーシェパードに渡しているんじゃないですか?オランダだって、船籍剥奪するつもりなどさらさら無さそうですよ。表向き、暴力はいけないと言いつつも、裏でしっかりバックアップしている事実は無視ですか?

自らは手を汚さず、緑豆などのチンピラ共を使って、日本をスケープゴートとして叩くのが彼らの常套手段。
口だけは非難しながら、船籍剥奪もせず、捕鯨船の居場所を教えてあげるような行為は、テロ活動を助長をしているとしか私には思えないのですが…。

日本はそれでも譲歩しなければならないのでしょうか?


KUSUKUSUさんへ
凄く丁寧に答えていただき、ありがとうございます。
KUSUKUSUさんのお考えはよく分かりました。

>50年間ぐらい、期間をもうけて調査・・

う~ん・・それでは日本の遠洋捕鯨は、完全に終わってしまいますね。

>調査捕鯨をやめて、商業捕鯨を再開・・

それは、日本がIWCから脱退するということですね。

私は、今の日本のやり方は悪くないと思っています。
IWCから脱退せずに、商業捕鯨は停止する。
その代わり、調査捕鯨の名目で捕鯨行為を続け、先へ繋げる。
その間に、加盟国への説得と多数派工作を行う。

将来的に捕鯨は禁止になるのかもしれませんが、
可能な限り、選択肢を残す努力はすべきですから。

>日本近海での妨害活動はシーシェパードに全面的に非がある・・

え~・・南氷洋における妨害活動も、シーシェパードに全面的な非があると思うのですが?
日本の調査捕鯨は、IWCの許可を得ているわけですからね。
反対意見を表明するのは自由ですが、実力行使にでた段階でアウトでしょう。




Re:KUSUKUSUさんへ
それは、すべての捕鯨に反対という人と、南極での調査捕鯨に関してのみ、反対という人と、両方がいるのではないかと思います。僕は後者の考えのものです。捕鯨そのものには僕は反対というわけではなく、温暖化の影響で鯨が減ってきていることが危惧されている南極で捕鯨を行うこと、調査捕鯨という形で国の税金を投入して行うことに対して反対という考えです。

>シーシェパードは、日本近海での捕鯨を認めているのですか?

さあ、それは知りません。捕鯨はすべて反対という考えかもしれません。
ただ、僕個人が賛同しているのは、あくまで南極での捕鯨に反対という主張に関してです。

>他の環境保護団体は、どうなんでしょう?

それもいろいろかと思いますが、グリーンピースジャパンの事務局長の星川淳氏は、テレビ番組で、南極での捕鯨に関してのみ、反対であるといったことを言っていました。

>では、鯨の数が増えていたのなら、捕鯨に賛成されるということでしょうか?

そうです。一時的に捕鯨を中止してみて、南極の鯨に温暖化の影響がないことが確認され、逆に増えているといったことが確認されたならば捕鯨を再開していいのではないかと思います。ただ、温暖化の影響というのはある程度、期間をおいてみなければ分からないのではないかと思うので、たとえば1年や2年の期間で、昨年よりも数が多いから温暖化の影響はないという結論を出すのは早すぎる気がするけれども。やっぱり何十年とか、50年間ぐらい、期間をもうけて調査してみて、温暖化の影響が危惧されていたことは杞憂だったようだということがはっきりした場合、再開するのならいいと思います。

>それなら、日本企業が商業捕鯨を再開しても大丈夫ですね。

僕個人は日本の民間企業が日本近海で絶滅が危惧されている種ではない種の鯨を商業捕鯨をすることに関しては問題ないと思います。むしろ、日本が調査捕鯨をやめて、かわりに商業捕鯨再開を世界に訴えるのであれば、それは賛同します。それなら税金が使われるわけでもないですし。
もしその場合に、シー・シェパードなどが日本近海で捕鯨をしている民間の日本の船に対して同じような妨害活動をしてきたのならば、その場合はシー・シェパードのほうに全面的に非があるように思います。


捕鯨には聖書が絡んでいた記憶が
キリスト教(もしかしたらユダヤ教でも)鯨は殺して食べていい生き物に含まれていなかったと言う話が有ったと思います。
宗教問題だから、捕鯨賛成、反対の話は解決はせんでしょう。

イルカが他の水棲動物を嬲り殺しにして遊ぶ事(テレビで拷問に有ったように殺された鯨の子供の死体を見たことがあります。)なんかもぜんぜん情報流さないし、印象操作もしてるんでしょうね。

もし、完全に独立した人工環境(それこそ砂漠の中やコロニー等)で鯨牧場をする、などと言っても反対の人は認めないでしょう。

そういう人たちを抜きにして、純粋に科学的根拠で資源の活用を考えればよいと考えています。


KUSUKUSUさんへ
>日本が南極での捕鯨をやめれば解決・・
>日本近海でだけ捕鯨・・

あの・・シーシェパードは、日本近海での捕鯨を認めているのですか?
他の環境保護団体は、どうなんでしょう?

>あとから減っていたと分かったら、どうするのですか?

では、鯨の数が増えていたのなら、捕鯨に賛成されるということでしょうか?

>民間人が自腹でやってるんだから、文句を言う筋合いではない・・

それなら、日本企業が商業捕鯨を再開しても大丈夫ですね。
文句を言われる筋合いではないようですから。




「癒し系」のクジラやイルカ
たまたま見つけたあるブログを見ていたら、(政治や環境問題に特化したブログではないし、もし迷惑がかかったらいけないので敢えてご紹介はしませんが)「水産庁の知人によれば『鯨はスケープゴートで、本当に守りたいのは鮪(まぐろ)である。鯨の次の標的は鮪なので、ここで踏ん張っておかないと日本の漁業はさらに追い込まれてしまう』というのが、日本政府の本音らしい」という意味の記事がありました。ブログのオーナーも「どこまで本当かはわからない」と、半信半疑でしたが、水産庁自体の考えとしてはありえるのかもしれません。

さすがに、マグロとなると「かわいくて、賢いから」という理由で、守ろうという人はあまりいないでしょうから、あくまで資源保護の立場で、ということになりますが、各々の利害を超えて冷静に話し合うというのは難しいでしょうね。私自身は鯨肉と言えば、むかし学校給食でよく出た、不味い角煮しか知らないので、特に食べたいとも思わないのですが、マグロが喰えなくなったらやっぱり寂しいな。もっとも、今でも家計はピンチ続きなので、ホンマグロなんてめったに喰えないんですが。w

ところでクジラとイルカというのは、生物の分類としては別物ではないんだそうですね。クジライルカ類(とか言ったと思う)の中で、比較的大型のものをクジラ、小型のものをイルカと言っているだけなんだそうで、この前、友人に教えてもらってはじめて知りました。そういえば、「イルカ療法」というのも聞いたことがあるし、クジラの声のCDなんてのもどっかで聴かせられたことあります。ホエール・ウォッチングなども癒し系のイメージがありますね。なぜか、欧米のニューエイジ系の人たちはクジライルカ類にシンパシーを感じているらしいので、そんなところも捕鯨反対につながるんでしょうか?


前のコメントの訂正
ちょっと前のコメントで、そのHPで地球温暖化について書かれていないというのは間違いでした。以下のような
やり取りがありますね。

「Q10.ナンキョクオキアミは、地球温暖化で減ってしまったのでは

 2004年11月に英科学雑誌「ネイチャー」に、ナンキョクオキアミの80%が温暖化の影響で減少したとする論文が掲載されました。 しかしながら、これは南極半島周辺のスコシア海でオキアミの38%が減少したことを用いて南極海全体に当てはめたものですが、このスコシア海の結果(減少)を南極海全体に当てはめるのが適当であるとは言えません。 なぜなら他の海域についてはまだ十分な情報が得られていないからです。 したがって,このことを理由に鯨類が捕食するオキアミの量が南極海全体で減少していると言うことは出来ません。 日本の捕獲調査が対象としている海域(東経35度から西経145度)においては、このような温暖化の影響はまだ検出されていません。 しかしながら今後顕在化する可能性もあるので、海洋環境も含めた生態系全体の継続したモニタリングが必要です。」

ここに書かれている通り、つまり、「日本の捕獲調査が対象としている海域」では「温暖化の影響はまだ検出されて」いないのだから、温暖化の影響があるかもしれないし、ないかもしれない、どっちとも言えないわけです。しかし、ネイチャーの論文からはそうした可能性が疑われるのですから、ならば、当面は自粛して、まず鯨の生態の実態調査を、鯨を殺さずに行い、温暖化の影響があるのかどうかをたしかめることが先ではないでしょうか?データが出てないからといって、捕鯨を続け、後から実は温暖化の影響で減っていたのだということが分かったら、どうするのですか? というか、そういう反対の可能性があるかもしれないということも考えて、どうしてもっと慎重になされないのでしょうか?


そこを見て前のコメントを書いたのです
チェックするも何も、そのHPを見て、地球温暖化の問題についてまったく書いていないから、おかしいと思って、日本のデータはおかしいのではないかと書いたのです。それに、あまりに日本側にとって都合がいい主張ばかりが並べ立てられています。
そもそもシー・シェパードは民間の団体です。オーストラリア政府ともアメリカ政府とも直接、関係ありませんよ。民間人が自腹で金をかけてやっているんだから、お金をかけているという点では他人が(しかも他国の)文句を言う筋合いではないでしょう。過激な行動についてはたしかに非難されるべきだとは思うけれども。
しかし、日本の捕鯨は政府が、つまり税金を使ってやっているのだから、こっちのほうが問題ではないでしょうか?
そもそも日本が南極での捕鯨をやめれば向こうも過激な活動が出来なくなるわけですから、それが一番の平和的な解決です。


世界は腹黒い。特に欧米の連中は…
kusukusuさん、とりあえず日本鯨類研究所HP↓のFAQをチェックしてみてはいかがでしょうか。
http://www.icrwhale.org/05-A-a.htm#23

(あくまでも個人的な直感ですが、)この問題に対する豪政府の狙いは、日本人の残虐性をやり玉に挙げることで、自らの非道性を相殺することじゃないかと思いますね。時期的に見ても、アボリジニへの謝罪と符合してますし。狙い通り世間の注目もすっかり捕鯨問題に集まっちゃいましたね。

捕鯨問題は、単なる環境問題ではなく、世界の中での日本の置かれた立場を浮き彫りにしてくれる実に奥深い問題だと思います。

この問題が出てくる度に、話や理屈が通用しない世界があること、欧米のスタンダードを一方的に押し付けられる世界であること、等痛感させられます。
日本はしょせん、欧米ルールで「異端」扱いであることを再認識する必要がありますね。

こうした事態を、なんら疑問に感じず、逆に日本の立場を責める方もいらっしゃるようですが、どうなんでしょうね?私自身はバナナであるより、レモンでありたいと思っているのですが…。

【参考】バナナとレモン
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/a7da612f71661ebf293fb29ffc4543b2

日本人はあまりに、自らに対する差別に少し鈍感すぎるのではないかと思います。お人好しであるのもそろそろ卒業したいものですが…。

【以下参考先HP】
オーストラリア連邦裁判所が日本の調査捕鯨船に操業停止命令☆これは最早「文化帝国主義」などではなく「帝国主義」そのものである
http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/51519862.html

環境保護団体という名のテロ集団
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/b330b62d0917bc42a84ee2451a8e579a

少数民族の虐殺者 その②
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/b089ce2f9fb1dc7d93b7f60ee981181a


一定数の捕鯨は必要
くろねこ様に同意です。政治的な背景が見え見えです。私らの年代では鯨の肉は無くてはならない大変一般的な肉でした。明治5年生まれの祖母は四足の肉を食してはならぬ.とさえいってました。牛がトラックに乗せられるとき、目から大きな涙をこぼすそうです。飼い主との別れの涙か、殺されることを察知しての涙なのかはわかりませんが。難しく考えれば、何も食べれなくなりますが、巨大な鯨はマグロも食べつくします。アメリカ、ロシアの捕鯨は日本の比ではないのです。独占しようとしていることは見え見えです


自己満足してどうする…。
ガザ地区で多数のパレスチナ人幼児をイスラエル兵が虐殺している最中に、大金かけて、子どものワルノリの延長のような航海をしている連中を、尊敬することはどうしてもできない。
そんな元気があるなら、どうして彼らはイラクからの即時撤退を自国の政府に要求しないのか?
フェルージャの罪なき子どもたちの命は、クジラより価値がないのか?
インド洋の自衛隊給油艦の前でアピールでもしてくれたら見直すのに…。
グリーン・ピースの連中が、ジョン・レノンのウォッチング・ホエールズを聴くなら、ついでに同じアルバムに入っているウォー・イズ・オーバーも聴いて欲しいな。


日本のほうが悪いと思います
シー・シェパードは主張するやり方に問題があるとは思いますが、主張していることは正論だと思いますよ。
調査捕鯨なんて名目で、南極にまで鯨をとりにいっている日本のほうがおかしいと思います。だいたい、なんの「調査」なんですか? 鯨の生態の調査ですか? 鯨の生態の調査ならば鯨は殺さないでやればいいじゃないですか?
結局、「調査捕鯨」というのは名目で、実質的には商業捕鯨が目的であるわけでしょう。なら、むしろ、堂々と商業捕鯨として行えばいいのに、調査捕鯨なんて名目で国の税金を使って行っているんだから卑怯だし、税金の無駄遣いです。
それに、これだけ地球温暖化が騒がれている時に、生物が危機になっているのではないか?と疑われている南極で、捕鯨するなんてどういうつもりなのか? 日本があげている科学的デー
タとやらはまったく地球温暖化の影響を考慮にいれていません。それでは非科学的です。
日本が一切、捕鯨をやめる必要はないとは思うけれども、せめて日本近海でだけ捕鯨をするように慎んでほしいと思います。恥ずかしいです。


なんだか変じゃない。
日本政府は、シー・シェパードに抗議するといって、船籍のあるオランダや寄港地のオーストラリアに抗議して、どうして米国の環境保護団体なのに米国に抗議しないの?日本政府は変じゃない。そして今日のフジテレビの報道2001も最初にシー・シェパードの妨害活動の画像流して主権の問題としながら、番組内容は全部中国との冷凍餃子問題だけってなんか変。冷凍餃子は日本の企業の製品なのに、なんか日中国民を犬猿関係に誘導するのが使命のような番組構成はなんか変。フジテレビも産経新聞と同じで国民から見離される日も近いかも。フジテレビは娯楽の専門チャンネルになったほうがいいのでは?


「ミンククジラのお肉はダイオキシンだらけ」
と、kaetzchenさんが言っています(「ミンククジラのお肉はダイオキシンだらけ(笑)」
http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen

コギト「私が問題と思うのは、在庫を掃くために、鯨肉を学校給食に持ち込んでいることです。
調査捕鯨をしているくらいなら食物連鎖の頂点にいる鯨の肉の状態は良く分かっているはずなのに、とぼけて供給し、「伝統食文化」とか言って、子供達に押し付け、「ウマイウマイ」と無理矢理言わせているのです。その際ダイオキシンについて説明しているとは思えませんので、『鯨サークル』の保身のためが主目的と思わざる得ません。

>ねこさんさんへ
>無理やり欧米を擁護してませんか?。リベラルに良くみられる擁護ですね・。外側の批判は全てただしいと・

コギト「別に、欧米を擁護してませんよ。
私は以前は、もしかしたら『水産庁が他の漁業を守るためにわざと捕鯨に注目を集める高等戦術』を展開している『漁業ドミノ理論』かなと考えていましたが、2006年の大西洋マグロ委員会の結果を見るとなんの役にも立っておらず、水産庁にはそんな高等な深慮はなかったように思えます。

それどころか、海保が同乗し警告弾を投げて正当防衛を叫んでいる現状を見ると、たかが捕鯨の為に、『ダイオキシンだらけの鯨のベーコン』の為に、日本の正当防衛の権利をムダに使ってしまっている愚かさを感じずにはいられません。


勉強不足を感じますね~
「『かしこくかわいい』動物だから 捕っちゃ為なの?食べちゃだめなの?正当性を感じられない・・」は、同感。
調査捕鯨っていうから、調査だけと思っていたらずいぶん殺しているんですね。まず、「調査」の名前を変えて、「試食用鯨捕獲隊」というのはどうでしょうか(笑)。そしてきちんと調査して、「かわいい!」ではなく、絶滅しそうなら保護するのもいいでしょう。多いい時は、捕獲するのもいいでしょう。わからないことだらけです。
かわいいから食べて欲しくない!というのを一つあげるとすれば、カタツムリ(何ていう名前だったかしら)。食習慣の違いは、どうしようもないですよね。一昔前の食習慣に戻れば、というより、その頃の農業に戻せば、大豆も麦もずいぶん国産が増えるでしょうね。農業を大事にする、農業でも生きがいが持てる国にしたいですね。海から陸に話が移ってきましたが、ラジオから流れてきた食料農業問題に触発されてヘンな文章になってしまいました。


牛肉は良いんだよな。
牛肉の消費を減らしたくないからじゃないの?
最近
環境を考えたら、肉食はやめた方が良いんじゃないのかなと思っております。
牛のゲップという二酸化炭素の排出量は凄いらしいすよ。
大豆も人間が直接食べた方が効率良いらしいよ。
まあ、我が家では、牛も鯨も最近は食べてません。豚肉とお魚少し食べてます。



地球環境に適した食べ物とは
 ヒトは健康に生きるためにはどうしても動物性たんぱくを摂取する必要があります。菜食主義者を名乗る人々でも鶏卵や牛乳は食べることが多いようです。
 今世界規模で人口の増加、水資源の枯渇,二酸化炭素の排出の増加などヒトが生きる環境をヒト自身が脅かしている現状です。そのなかで持続可能な地球環境を維持するために動物性たんぱくをなにから摂取するのが望ましいのか。環境への負荷がより少ないのかという視点が求められています。鯨肉の摂取は牛,豚、鶏より環境への負荷が少ないのかどうかが問題だと思います。


捕鯨に反対する方々の主張は?
 こんにちは。
 捕鯨に反対する方々の主張をきちんと聞いてみたい。(今のところ『美味しんぼ』で出てきたおそらくかなり戯画化されたであろう主張しか知らないので。)
《絶滅しかねないから、ダメ》という主張であれば、ふえたと確認できたなら再開を了承する余地があります。
(勉強不足で実際のとり方を知らないのですが)《とり方がいかん。成長した鯨も幼い鯨も、いっぺんにとってしまうから》という主張であれば、とり方を改めたならば再開を了承する余地があります。
《残酷であるからダメ》という主張には(わからんわけではないのですが)話がそこで終わりかねない(けんか別れになりかねない)ので答えに苦しみます。ただ、潜水艦の音波でほかの潜水艦のありかを察知する装置は鯨の聴覚をおかしくするのではないか(鯨がときに浜辺に打ち上げられるのはそのせいではないか)という説があり、残酷だからと捕鯨に反対する方々がそれにも反対しているということであれば首尾一貫しておりその点で立派とは思います。
 いずれにせよ捕鯨に反対する方々のご意見を聞いてみたいところです。


鯨肉なんて好きじゃないが・・・
捕鯨問題は、日本の抱えている外交能力の無さを如実に表してしまってますね。

極端な話、「捕鯨は禁止する変わりに、捕鯨関係者が納得するだけの金を出せ。出せなきゃ日本独自の基準で続けさせる。」ぐらいの事を言い切れないとね。(北朝鮮みたいだけど)

まあ、本当の食糧難になれば、捕鯨反対派の言う事なんて、相手にもしないでしょうけど。


捕鯨問題は難しい
論理上は捕鯨継続派のほうに理があるでしょう。

しかし、捕鯨問題は完全な「政治問題」です。環境問題ではなく、イラク戦争問題と同じ種類の問題だったりします。

他の政治的な件にも絡んでくるし、「ものすごく厄介」です。

>コギトエルゴスム さん
無理やり欧米を擁護してませんか?。リベラルに良くみられる擁護ですね・。外側の批判は全てただしいと・・。こっちに隙があるのは事実ですが「天下り先温存」とかそんな単純な話ではないはずです。官僚的対応だったら、とっくに捕鯨やめてます。

かつての郵政抵抗勢力に相当する勢力が、調査捕鯨を温存させているように見えます。文化防衛の一種ですね。

彼らは「残酷な日本人を糾弾する」というスタイルを使っているのです。いわゆる「リベラル」には捕鯨問題は扱いかねます。もちろん、単純に反発するだけの右派(馬鹿ウヨに限らない)も捕鯨問題は扱えません。

私が捕鯨問題の解決案を持っているわけでもありませんが。私もどうすれば良いか分かっていません。

>naoko さん
おぼっちゃん意識だけならまだ良いですけどね。彼らを背後から煽る連中の意図を掴めない。永遠につかめないでしょうね。100年後に、やっと○○が目的だったのか・・とわかる程度で。



全ての文化は保存されるべきであり、全ての種は保存されるべき、ではありますね。
人間は餓死しないために色々な知恵と技術を発達させてきたから、人肉以外の全てのものの食べ物食べ方は、遺産として残す必要がある。

それは、日欧の対決とかいう話じゃなく、「手が作ってきた仕事を、頭が否定するのはよくない」という話。手や感覚の仕事を、頭の思考だけで切断し順序づけることは、総合的な知の劣化を招く。
閑話休題。

捕鯨問題がややこしくなるのは、
・反捕鯨の論理にすっきりと承諾しかねる
・調査捕鯨のあり方にも白紙委任できない
この二つが絡み合っているところにあるのでしょう。反捕鯨の立場も一つではないし、極端な保護論だけがクローズアップされているとも見える。
結局、賛成か反対かではなく、論の落とし所・決着のつけ方がうまくない。


アングロサクソンの金持ちお坊ちゃん風環境保護意識は厄介!
無邪気さと狭量さが紙一重の皮相的な保護意識には、とてもついていけませんね。
クジラに対するファンタジックな思い入れは、くじら肉を美味しく食べてる人にも受け入れられる感覚です。
しかし、だから殺してはいけないというのは納得しかねます。
たとえば、鹿肉はとてもおいしいですけど『バンビ(森の生活)』には感銘を受けたりするように、その感覚は欧米人にもわかっているはずです。


なぜ、日本が攻撃されて、ノルウェーが攻撃されないのか?
くろねこさんへ

人種差別ではありません!

面白くて分かり易いので、先ず、下記ブログを読んでください。

【[経済ニュースゼミ] 2008年01月17日 反捕鯨問題を考える
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/50577990.html#trackback

その他に、『世界 3月号 194~203頁の石井敦さんの論考』を、読めば良く分かります。

下のブログ群に、ちょっとだけ石井さんの論考の紹介が載っています。

【日本政府・水産庁が調査捕鯨にこだわるのは天下り先温存のため ...現在の調査捕鯨を継続し、そして天下り団体を温存することである。
blogs.yahoo.co.jp/marburg_aromatics_chem/55130402.html 】

【日本に好都合なのは調査捕鯨の継続 「捕鯨外交のまやかし」 ...『世界』(岩波書店)3月号に、捕鯨問題に関する論考が掲載された。mediajam.info/topic/386176】

【佐藤のくじラブ・ブログ-えっ!クジラはサカナじゃなかったの?「なぜ調査捕鯨論争は繰り返されるのか」 独立の立場から日本の捕鯨外交を検証する 石井敦 准教授
www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/whale/sato 】 

【なぜ調査捕鯨論争は繰り返されるのか - 葛の篭 d.hatena.ne.jp/tomonee/20080208】

【捕鯨問題・鯨肉はさばけているのか(1)http://www.news.janjan.jp/living/0803/0803040970/1.php


俺、アンタ馬鹿だと確信してるけど、時々ポチってしてやってるから!
感謝する様に(笑)


面白そうなレポートを見つけました
『反捕鯨で「富と名誉」を得る人々』(インテリジェンス 1995年8月号)
http://luna.pos.to/whale/jpn_hori.html
・「神」になった鯨
・捕鯨禁止の起点はベトナム戦争
・反捕鯨という名の政治ゲーム
・“やっかいもの”扱いの外務省
・IWC を牛耳る学者
・ノルウェーにみる「誇り」の堅持

大見出しを読むだけでも面白そうでしょ?

どこまで信じていいのかわかりませんが、

『 基本的には、戦後の日本の特徴である、対米追随外交がその根幹となっているといえないか。そこには同じ水産国でありながら、北大西洋でのミンククジラの商業捕鯨を一昨年開始したノルウェーに象徴されるような国民の間での徹底した議論と合意、そして外交の自主性を重んじる風土がまったく欠如しているといってよい。』
『 実際の彼らの主張を分析していくと、そこには、(1) 捕鯨を単なる漁業産業として捉えるのではなく、トータルの国民経済の中で、その必要性を訴えていること。 (2) 国家の独立、国土の保全・環境保全と共生のあり方を自国なりに確立していること。 (3) むしろ人間のエゴを前面に押し出しているのは、環境グループの方であって、エコシステムからして見ると、どちらが残酷なのか、と世界の人々に訴えていること - などがしっかりと確立されており、彼らの信念に圧倒されるのである。』

等、考えさせられる点もあります。

まあ、日本酒が好きな自分にとって、くじらの刺身やおばいけを食えなくなるのは嫌ですね(^^ゞ


快調に飛ばしてるね
日本人やめろ。
コメント制限して、くだらん記事書いて、自らは満ち足りた生活して、典型的なダメな日本人だよ。
ランキング下がり気味だね~
日本に居ながらにして日本をおとしめる恥ずかしい人が生きていけるんだから凄いねこの国は。
またまた多摩地区で九条守ろう!な署名に出会ったよ(笑)
ロンパしまくったけどね(笑)
やつら老人のくせに元気だね~
ちなみに署名していたお嬢さん交えて議論したけど俺勝ったらしいよ(笑)
平和ボケ!
この言葉はあんたらのためにあるね


一定数の捕鯨は必要
お玉さん、こんばんは。
保守のくろねこです。

 自分は、資源を維持するための一定数の捕鯨は必要と考えます。もちろん乱獲は禁止です。
 鯨が増えすぎれば…鯨に食べられる他の魚がどんどん減ります。

バランスが必要だと思います。

 現在の捕鯨は、確かにコストも合わない。しかし、いつどんな時代が来るか分かりません。食糧危機が来る時もあるかもしれない。
 種火だけは消さないようにしておく事は、「食料」の安全保障上、必要だと思います。

 変な「暴力主義の環境保護団体?」はルールに乗っ取って適切に対応すれば良いのではと思います。正当防衛もありだと思います。

 この団体が、どうして日本だけを狙い打ちにするのか?政治的な意図を感じます。

 同じ捕鯨国である、ノルウェーの捕鯨船にもこの環境暴力団体は、同じ事(暴力行為)しているのでしょうか?
 勉強不足ですいません。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 日本の“調査”捕鯨船に対するシー・シェパードの過激な暴力行動について、元NHK解説委員でいまや“右派の”論客でもある木村太郎氏は、「シー・シェパードの暴力」は、国際法に規定されている『海賊行為』そのものであり、国際的な警察機構で取り締まるべきだとの論説
シー・シェパード非難声明を採択 IWC中間会合(朝日新聞)  捕鯨賛成派と反対派が激しく対立する国際捕鯨委員会(IWC)の正常化を話し合う中間会合が8日までロンドンで開かれ、日本が提案した、米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)を非難する議長声明を全...
昨晩のBS1「今日の世界」において、日豪間の調査捕鯨に関する対立について、豪州側の立場として、ギャレット豪環境相のインタビューが放映されました。 インタビューと言っても、本当に立ち話で、全部で3分程度の内容になっていましたが、内容を要約してお伝えします...
亡国から再生へ A Nation Without Ethics (光文社ペーパーバックス)(著)高杉 良出版社/メーカー:光文社価格:¥ 1,000ISBN/ASIN:4334934226Rating:★★★★
衆院の優位性だけで単純に政権を持っている自民!自分たちの言い分が通らないと直ぐ民主が悪い!って?!日銀総裁推薦の武藤の何処に合理性が有るの?だったら民主に具体的人選をやらせれば?空転の理由を民主にしてただ数で押し倒しこれでどうだという失敬な態度!共産が...
日頃から、私は、軍隊(自衛隊を含む)を解体して、 国際救助隊を設立すべきだと主張していますが、 今回のイージス艦の事故は、それ以前の問題であります。 人として、海の男として、職業人として、 果たすべき義務を彼らは果たしたのでしょうか?
08年3月8日 土曜日   日銀総裁  日銀総裁の任期切れ近くなり、次期総裁の人選が決まらずもたついている。  新聞の総裁関係の中見出しを集めてみたが結構たくさんあるものだ。      よく見ると、自民と民主の綱引きだが何故もっと早く話し合いがつかないのだ
石原が弱っている当然だ!先の都知事選の時にIsi&AbEnd:石原思いつき発言の赤字:慎太郎銀行!とkimeraは「新銀東京」の破綻を指摘した。***********その後も単独記事だけではないが 選挙に行こう?/?2007-06-02 07:56:30 アホ石原の開き直り!都民の金を食...
一昨日になるのかなあお玉さんが乳ガン撲滅の記事をUPされていた。直ぐに呼応しようと思って遅くなりました!ピンク・東京タワーをUPしました!これがキャンペーンの私のいつもの呼応です。実は私の祖母も乳ガンで術後10年で他界しました!kimeraの唯一の理解者でした!...
一ヶ月ほど前に日銀総裁人事と題してブログを書いた。状況は1ヶ月前と変わっておらず、どちらかと言えば悪くなっているとも言える。民主党は...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。