2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ETV特集 小田実 遺す言葉

 夜中に必ず持論で八つ当たり的コメントを入れる人がいますが・・記事に即して、他のコメンターとお話し出来るようなレベルまで文章の水準上げたら、表に出すけど・・・せっかくうちを読むならば、お玉を批判しているご意見や右派の方の書き方やお行儀をすこしお勉強してみたらいかがでしょうか・・・と一応指導を入れておきます。  

人気ブログランキングへ

  いつもポチッとしてくれてありがとう!m(_ _)m 

ETV特集 小田実 「遺す言葉」

2007年7月30日、作家小田実が胃がんのため亡くなった。余命数か月を宣告された小田は都内の病院に入院する際、200人の友人たちにがんであることを伝え、別れの手紙を送った。

「もうデモに参加したり、集会でしゃべったりしてみなさんに会うことはないが、最期まで執筆は続けたい。みなさん、生きているかぎりお元気で」。

覚悟の闘病生活…小田は「自分には遺(のこ)しておきたいことがたくさんある」と、治療の合間の撮影を提案した。 「何でも見てやろう」で一世を風びし、ベトナム反戦運動、阪神淡路大震災の議員市民立法実現などで精力的に活動し、小説、評論、紀行文、エッセイ、翻訳と多くの作品を書き続けた小田実。 最期の力を振り絞って病床で語り続けた。 小田は急激ながんの進行と戦いながらも、大きく世の中が変わろうとしている節目の今だからこそ、語らねば死ねない、という思いで「最期に遺す言葉」を語り遺(のこ)そうとしたのだ。

激動の戦後日本を、常に最前線で体を張りながら語り続けてきた小田実。今、彼は何を日本人に遺(のこ)そうとしたのか。これまでの行動と言説の意味を改めて浮かび上がらせながら、「最期の言葉」の一つ一つに肉迫。“全身表現者”小田実のラストメッセージを伝える。



さて、今夜のETV特集・・・是非見てください。

9条の会「呼びかけ人」の9名のうちのお一人で、昨年亡くなられた小田実さん・・

あの呼びかけ人の方々は皆さんご高齢で、お玉ははじめ、なんでもう少し若い人の名前を連ねないのだろうか・・と思っていましたが・・・・最近思うのです。

あの方々が命を削りながら訴える「平和」や「憲法」のお話を今聞かねばもう聞けないかも知れない・・という危機感こそが、「9条の会」の原動力につながりはしないかと・・・・・

ぜひ見て欲しい


 
Secret
(非公開コメント受付中)

平和と、生きること
番組は残念ながら見ることができませんでしたが。
彼については、昔平和のための活動に関心を持っていたとき一冊書籍を買った覚えがあります。そんな浅薄な知識でモノを言うのもなんですが、大きな理想を素晴らしいと思ったならば、次には自分になにができるのかを考え始めるべきではないかと思います。人の生き方や功績を批評するのは勝手ですが、それをしても自分にも人にも実際に役立つ結果にはなりません。それより、現実に帰って自分がなにかをはじめること、そこから自分なりに思想をつむぐこと、その方がずっと大事だと思うのです。小さな人間が立ち上がる、とは、つまりそういう風にひとりひとりが自分なりの思想を育てていくこと、実際に生活する中でそれを他者のそれと結び合わせていくこと、そういうことなのではないかと解釈します。
戦時でなく平和な世の中に生きる我々には、それをする時間も心の余裕も十分にあるのですから。


小田実さん。
東西は昨日、NHKのETV特集で小田実さんの番組を視聴しました。「9条の会」は放送されませんでした。NHKの底意地の悪さと陰湿さをまざまざと感じました。あの番組構成で小田実さんが「9条の会」運動に晩年の人生を打ち込んでいたと放送すれば、「9条の会」への問い合わせが殺到することを恐れたのでしょう。小田実さんを偲ぶといいながら「9条の会」は取り上げない。

 さて、番組を視聴していて東西が一番、印象に残ったのは、阪神淡路大震災における運動の場面において、東京の街頭で訴えていた小田さんの言葉です。次のような趣旨でした。

 「みなさん。市民生活を崩壊させて国家が成り立つんですか?まったく理解できない。阪神高速道路はなぎ倒れたて、崩壊した。今は、元通りになっている。が、その横の民家は、今も被災したままだ。何故、国家は民家を復興しないんだ。わたしはあなた方にお願いしているのではない。阪神大震災の被災は、あなた自身の問題だ。俺の問題じゃない。あなたの問題だ。集会に参加し、デモに参加してください。わたしはお願いしているんじゃない。」

 まさしく、現在、道路特定財源を一般財源とし、生活支援に使えるようにしよう、と野党が主張している時に、これに抵抗しているのが自民党と公明党なのである。小田実さんの闘争は現在進行形である。

 自民党、公明党政府は、高速道路、港湾、空港、整備新幹線、ダム、橋梁などのゼネコン公共事業のためには、約1000兆円も借金するのである。しかし、震災被災者の住居、生活を元通りにすることに使う金については、財政難で出し渋ぶるというのが自民党と公明党である。国が住宅本体への一部支援金を出すまで10年以上の時間がかかった。長すぎる。庶民の生活を支援するのには借金などできないが、ゼネコン公共事業のためには借金し、財政も生活も破綻させているのが今現在の日本の国家権力としての自民党と公明党である。

 小田実さんが挑んだ事業は、現在進行形である。


ETV特集を見ました
非常に重要なことを言っていたと思います。言っていることは、今まで折に触れていろんなところで語ってきたことなのですが、そのひとつひとつが、過去のこともしゃべりながら常に未来に向けて、重要なことを言っていました。
いわく、「アメリカは世界の孤児になっている。ついて来ているのは日本だけだ。」「小さな人間が立ち上がらねばならない」「デモクラシーとは民衆の力と言う意味である。」「九条が基本」「世界は世直しを必要としている」

番組の中で誰かが言っていました。「小田さんは、いくらなんでもひどすぎる状態のときだけ立ち上がった。べ平連しかり。市民立法しかり。それ以外のときは、彼は作家なので書いていたのです。」小田実は最後まで行動する作家、だったと思う。文学者であった。文学者の役割は、世界を解釈することではない。人間を変えることなのではないか。


これからおそらく、妻の玄さんや娘のならさんが遺稿集を作ると思う。この遺稿集は一つの「詩」のように読めるような予感がする。


小田氏とソ連
春闘で忙しい。
目を離すとずいぶん話題が代わってますね。

Webベースで知ったことですが、旧ソ連の機密文書から、KGBから小野田市へ資金援助と反米工作活動の依頼がなされていた記録があるそうです。
それを知った上で小田氏に関して思うのは、目的に対する彼の貪欲さ、執念、意地等々、正負合い混ぜた強い意志。

小田氏は意志の強さゆえに、人生の短さを感じて急ぎすぎた様に、私には見えます。
9条や平和のためになら虐殺の悪魔とも手を結んでも良いという彼の行動。
共産主義が人類の平和と繁栄につながると信じられた時代を生きた人の不幸だったのでしょう。


NHKでやったことの意味は大きい!
お久しぶりです。
視ました。死の瞬間まで9条の革命的意義をNHKで語った、NHKを通して放映したことの意味は大きい!

小田実さん、まさに天晴れです!
「9条の会」と9条を命を懸けて国民に訴えたのですから、素晴らしい「生」だった!



小田実さん
 小田実さんの足跡については、ETV特集を見逃してしまった方は、小熊英二『民主と<愛国>』の、鶴見俊輔さん・小田実さんにあてられた章をお読みになるとよいのではないでしょうか。ベトナム反戦運動のあたりについて、生き生きと当時の雰囲気を伝えてくれます。
 ベトナム戦争当時物心ついていなかったのですが、阪神淡路大震災後の復興支援法づくりに精魂傾けていたことは、僕も印象に強く残っています。
 また、小田さん自身の著書では『中流の復興』(生活人新書)を本屋で見つけて読んで、ほかの著書も読む気になりました。


小田実先生の遺言
■■■■■■■■
小田実先生の遺言
■■■■■■■■■■■

戦後日本は自由主義と民主主義に平和主義を付け加えた。
しかしその憲法九条が危ない。
[斜体「残された国民の皆さん!どうか平和憲法を守って下さい」




実際はどういう方だったのでしょうか
こんばんはお玉さん。
以前、産経新聞で呉智英さんが故小田実さんの思想内容や過去やってきた様々な政治運動について論評してましたね。
その文章で印象に残ったのが『小田さんが過去言ってきた事ややってきた事だけを見ると彼は北朝鮮の代弁者&工作員にしか見えないかもしれない、それは客観的に見ても事実かも知れないが彼は実質的には売国奴と紙一重の馬鹿な左翼活動家では無かった。日本国民全般がその事を理解せず表層的な面だけを見て今後彼を評価するであろう事だけが残念だ』と言う内容でした。

実際の彼はどういう方だったのでしょうか、過去様々な本やネット上で見た限りでは私も「売国奴と紙一重な馬鹿左翼」という印象だったのですが、真相は如何に?


先日の911についてはご迷惑をおかけしてしまったようですいません。またエントリーずれ申し訳ありません。ひどく悩んでいるのですが…(ここに書き込むこともずっと悩みました。鍵か公開かも)いわゆる「人権擁護法案」についてです。
言論統制の可能性などが指摘されている公明党が推し自民党内で意見が割れているこの問題。10日に反対集会だというので思い切って書いてみました。もしよろしければお玉さんの意見を伺いたく思います。

http://wiki.livedoor.jp/pinhu365/d/FrontPage

http://blog.m.livedoor.jp/monster_00/index.cgi



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「小田実 遺(のこ)す言葉」を見た。
先日、NHK教育テレビのETV特集で「小田実『遺す言葉』」を見た。覚悟の闘病生活の中で限られた時間を1秒たりと無駄にするまいと執筆と語りを続けた。それと重ねながら、小田さんの過去の活動にもふれていた。印象に残った彼の言葉をあげておきたい。阪神淡路大震災後...
自然体で身についた気高さ。 「小田実 遺す言葉」 昨年7月30日に亡くなった小田実(おだ・まこと)さんのETV特集を見た。 (3/9(日)夜、NHK教育テレビ) 民衆の拍手と「万歳」の声の中を行く霊柩車。 背筋が伸びる。 鶴見俊輔さんたちとベ平連を立ち上げ、 ベトナム反戦
 昨日催された「北海道に夜間中学をつくる会」主催の映画「こんばんは」上映会は盛況で、用意した100席で足りるかどうかヒヤヒヤ状態でしたね。も
それはこういうことのようだ 現実「共産党」しかないからといって そこに「反戦」思想をたくすのは、おかしい 護憲派は反戦という理想を追いなさい 『共産党しかないという現実』と 折り合いをつけるなら 民主も自民も ナチス も かわりはないだろう (読...
私たちの国で政治に携わる方々は、不都合なことがあったりすると、どうも一般人の責に帰したがる傾向があるのかしら? と思うことがときど...
今日は東京大空襲の日である。 八月の原爆投下の日は周知されているが 各地に残る 焼夷の歴史は その地域にしか残っていない。 「ガラスの兎」で東京大空襲は 全国に周知されたが 実際は 作家の早乙女勝元先生の活動で全国に 認知された。 その詳細は下のリンク...
小泉元総理は、自民党をぶっ壊すと言ったことを、今でも思い出す。派閥の解体がなされたわけではないが、小選挙区になったこともあり、派閥...
「九条の会」が全国講演会 護憲 情熱 “小田実さんの志 受け継ぐ” --------------------------------------------------------------------------------  昨年七月に亡くなった「九条の会」呼びかけ人で作家の小田実氏の志を受け継ごうと、「九条の会全国講演会」が八...
08年3月9日 日曜日  ある国道物語  7日の金曜日の朝ズバである国道問題を取材していた。      富山市を通る国道8号線の5つの交差点を230億かけて高架化する計画が、わずか3か月で事業化するのに、たいした説明もなしに着工しそうだということらしい。  賛成者...
最近、座間味島を訪問し、新証言を発掘し、決定的な資料を手に入れたと大騒ぎしている藤岡信勝や秦郁彦、中村燐等はまだ気づいていないようだが、渦中の新証言者・宮平秀幸は「マリリンに会いたい」という映画にもなった犬、マリリンの飼い主であり、海を渡るシロとマリリン
      やっと少し回復しました。絶食状態だったので、やっぱり力がでませんね。 っていうより、ダウンしてる時には携帯メールも打てな...
誕生日の花 コブシ 花言葉 友情 歓迎     コブシ(07年4月30日)      ...
ここではガソリン税率の問題をこれでもかこれでもかととりあげてきました。ここでもう一度態度を明確にしておきます。? 目的税本来、その目的のために徴収されるべきであり転用のために払っているわけではありません!一般税と目的税は根本から違います。? 暫定税率一時...
うちゃ  さんのエントリー で知った、産経新聞の「正論」。 【正論】竹内久美子 京都で共産党が元気なわけ なんかオモロイ生物学もどきギャグを書く人だというのは聞いていましたが、その芸風にじっくりふれるのは始めてです。 IZAを読みにいって、
7日の報道によると、BBCの記者の予想通り、ドミニカ共和国で開かれたラテンアメリカ首脳会議summit of Latin American leadersで、コロンビアとエクアド...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。