2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
寛容と対話を選ぶ勇気

いろんな切り口のある話なのだと思う。

実際に現地へ行ったことのないお玉達はもともと一部分だけが切り取られた情報しか得られていない・・だから、右派とか左派でチベットへの思いも違うのだろうと思う・・

人気ブログランキングへ

  いつもポチッとしてくれてありがとう!m(_ _)m

民族紛争という視点で考えたとき、右派の方々が批判される「チベットのことを何故書かない」がどの部分を指すのかでお玉の意見は違ってくる・・

チベット独立のための民族紛争の支援という立場ではお玉は考えることが出来ないです。どこの地域の紛争でも、はじまってしまえば血で血を洗う痛ましい「戦争」が繰り広げられてしまう・・・・

そうではなくて、どうすれば「平和的に」チベットに平和をもたらせるのか、そのの方向を探ること、そして、起ってしまった紛争をどうすれば「平和的に」解決出来るのか・・これを模索することが一番大事だとお玉は思うのです。

その上で、重要となるのは国連が介入出来るような情報開示であり、中国の人権弾圧の政治姿勢への批判であり、だから、この一週間チベットと中国を取上げてきました・・・

今お玉が大事に大事に読んでいる伊勢崎賢治さんの新刊・・・・・

(アマゾン・・いい加減写真も掲載してよね)

伊勢崎

自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論
(2008/03)
伊勢崎 賢治

商品詳細を見る

 紛争解決に軍事は絶対必要であり、それなしに解決への道はあり得ない話が出てきます・・・でもそれとは別に全くの非武装で軍人が、「武器を放棄するように」説得する事がとても大事だという話も書かれていて、非武装で対話によって説得するための後方支援として、別の国の武装した軍の援護が必ず必要でその両方があってはじめてr武装解除は出来るのだと述べておられます。 

伊勢崎さんはだからこそ、この「非武装の軍人が武器放棄を説得する」という立場に自衛隊を使えないかと考えておられます・・この話はまたもっと詳しく書きますが・・・護憲派にとって耳の痛い話を突きつけられてます・・・・何を持って平和的解決なんだろう?自衛隊の国際貢献って何だろう?

 すみません、ちょっとお話がずれてるね。チベット問題の場合、中国が他国を全く介入させない姿勢を貫いている為に、具体的に本当にどうなっているのか・・が全く分りません。中国政府の発表をまともに信じている人は少ない出しょうし、だから疑心暗鬼になって中国にとってどんどん不利な状況に追い込まれている・・・・・はずなのに、なぜ気がつけないダ~~~~!!!などと一個人のお玉がここで暴れても届かないんですけど・・

朝日新聞より

ローマ法王、対話を呼びかけ チベット騒乱

ローマ法王ベネディクト16世は19日、バチカンでの定例の一般謁見(えっけん)でチベット問題に触れ、「神がそれぞれに対話と寛容の道を選ぶ勇気を与えるよう祈る」と語った。中国チベット自治区で抗議行動が激化して以来、法王が事態に言及したのは初めて。

 対話と寛容を持つ勇気・・中国政府はオリンピックを控えている今だから、それがとても求められているのだと思う。国連なり、他国中立国に介入してもらうなりして、国際社会で認めてもらえるような「大人」の対応をしてほしいなあ・・・・・

 

人気ブログランキングへ

  いつもポチッとしてくれてありがとう!m(_ _)m

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

naokoさんへ
>やはり、遠い世界の話であり、自分には直接関係ないという意識はぬぐえない。
ギアさんのように一人の仏教徒としてという意識があるならましという気がするのですが、この国の仏教団体はどういう対応してるのだろう?

「遠い世界の話」と思っている人の多くは、気になったことを自分で調べようともせず、他人から情報がはいるのを待っているだけなのではと思います。まあそれ以前に、気にすることもない人は多いのですが、それは家庭や職場・学校でそのような話をしないからでしょう。(反戦や護憲・改憲も同じですが、日常会話の中に出てこない話題に関して国民全体の意識が低くなるのは当然だと思います。逆を言えば(ry……)

「この国の仏教団体」がどのような動きをしているのかは、ググっても出てきますし、また、以前こちらにzaliさんがコメントされていた「チベット事件のまとめガイドラインwiki http://www8.atwiki.jp/zali/」にリストがありますので、こちら(http://www8.atwiki.jp/zali/pages/13.html)の真ん中当たりの「宗教団体」である程度わかると思います。

団体名の後ろに「→無視」とか書いてありますが、これこそ「無視」して単なるリンク集と考えてください。現在編集凍結状態であり最新の情報ではないのと、もともとその団体の方針として国内問題のみしか扱わないところがあると思われるからです。また、下のほうに修正コメントがいくつか書かれています。


もうちょっとチベットのことを知りたいと思っているのであれば、アルピニストの野口健氏のブログへのリンクがこのコメント欄にありますので、ぜひリンク先に行って読んでください。

>チョモランマは私にとっての聖地でもあります。中国にとってタブー中のタブーであるチベット問題について発言を繰り返せば二度とチベットに入れなくなるかもしれない。
>すでにその手の忠告がないはずもない。ひょっとすると、もう二度とチョモランマに帰れないかもしれない。


う~ん
1980年代、南アのアパルトヘイトが世界的に問題となり、世界が南アから輸入するな!の大合唱になったときも、最後まで南アの金やダイヤを買っていたのは日本でした。
国内には金製品が溢れ、『名誉白人』とおだて上げられて、人権問題などどこ吹く風といった観がありましたね。
それを考えると、自分で言ってはみたものの、この国では、チベットの人権問題に抗議するという意味での‘非買運動’はどうにも盛り上がりそうもありません。
自分たちの‘食’の安全性に対する意識から中国食品を買い控えるという傾向はあるようですけどね。
やはり、遠い世界の話であり、自分には直接関係ないという意識はぬぐえない。
ギアさんのように一人の仏教徒としてという意識があるならましという気がするのですが、この国の仏教団体はどういう対応してるのだろう?


ニュース読むのも大変です
『「お金で雇われた」、ラサ暴力事件で破壊活動について供述』
http://japanese.cri.cn/151/2008/03/22/1@114680.htm

『チベット弾圧:チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動』
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d53827.html

さて、どちらが正しいのか……どちらも正しくなかったりするかも(笑)

まあ、それはさておき、
朝日新聞『チベット鎮圧 中国内からも批判、作家ら「暴力反対」』
http://www.asahi.com/international/update/0322/TKY200803220333.html

中国国内でも批判する人が出てきたと言う記事ですが、最後に
『 一方、米政府系放送局のラジオ自由アジアは21日、王力雄さんと妻のチベット族女性作家、ツェリンウォセさんが10日から北京市内の自宅で軟禁状態になっていると報じた。』
だそうで、批判した人たちは早速自宅軟禁状態みたいです。戦前の日本よりひどい統制状態ではなかろうかと……


単なる経験則
>中国内での情報の浸透が、民衆の目を覚まさせるというのは、どうでしょうね。

東欧で実績が有ったから相当の効果があるはず、但し中国の人たちが子々孫々まで言論封殺と弾圧粛清の元で生きていくのをよしとするなら別ですけど。
事実としては、実際に一揆とか起こりつつありますし。

後別件。
あえて詳細は書かないけど中国は軍管区と地方行政がアレだから、そこが今後のポイントでもある。
興味があったら調べてね。


中国産食料品非買運動に賛成です!
こんばんは。

naokoさんの意見に同意です。
 中国共産党に対して、奇麗事で「対話」とか言った所で、無視されるのがオチ。

 どうしたら、中国共産党や中国系企業に間接的にダメージを与えられるか考える事が大切かと思います。

 チベットの武装弾圧をやめなければ、日本で大きな非買運動が起きて懐が寒くなれば、何か動くはずです。

 日本にとっても、食料自給率の問題があります。将来、中国からの食料がストップしても対応できる仕組みも必要です。中国への食料依存を減らす良いタイミングだと思います。

 日本での非買運動で、日本・中国の企業が中国共産党に泣きついた時こそが、「対話のタイミング」ではと思います。


チベットは即時独立を認めるべき
 どんな立場の人であろうと歴史をねつ造するのは許せません。チベットはずっと貢ぎ物はしても独立国でした。民族自立を掲げた共産中国が成立後侵攻して占領したのは、封建中国の膨張主義を受け継いだと言われても仕方ないでしょう。

 今回普段は尊敬する人でもチベットはずっと独立国でなかったと嘘を言うのは信じがたいことです。正直ネオナチスやアホ右翼と同レベルでは困っちゃいます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88


中国はあの文化大革命をくぐってきたお国柄
ある意味、60~70年代初頭までの国内状況の凄惨さは、今現在のチベットの比ではなかったかもしれません。
その時代をくぐりぬけてきた中国人の多くは、明日はわが身と怯えているとしても無理はありません。
あるいは、当局の意向に沿う発言をしていれば安全と考えている人々も多いでしょう。
彼らのくぐりぬけた地獄を考えれば、それを『事なかれ主義』と責めるのも気の毒です。
「身に危険の及ぶ情報は、聞かせて欲しくない!」というのが、中国の人々の本音かもしれません。
中国内での情報の浸透が、民衆の目を覚まさせるというのは、どうでしょうね。
『他民族の人権より、自分の今日の糧』という意識も強いと思うのです。
ですから、一番効果があるのは‘非買運動’でしょうね。
諸外国の非難が自分たちの懐に直結すると知ったならば、中国の人々も真剣に考えざるをえないでしょう。
これは、日本企業にとっても大変だとは思うのですが、地産地消の原点に立ち返って、手始めに食料品からはじめるのが‘筋’ではないかと。
そういった圧力を日本企業にかけるのも、わたしたち日本人の義務ではないかと考えます。


僕がずれているのでしょうか?
>チベット独立のための民族紛争の支援という立場ではお玉は考えることが出来ないです。どこの地域の紛争でも、はじまってしまえば血で血を洗う痛ましい「戦争」が繰り広げられてしまう・・・・

何人の血で血を洗えば戦争なのでしょうか?
僕の認識ではチベットはもう幾年も戦争状態だと考えています。
(弾圧だから戦争よりも悪いと言う見かたも。)

正直、傍から見れば簡単にわかる事ですが、中国は国際社会で認めてもらえるどころでは無いので、たがを締めるのになりふり構っていられないのでしょう。

東欧の時と同じようにあの国の中の人たち全員に情報を浸透させることが何とかする近道でしょう。
外からではある程度強力な圧力で無いと、こちらの事は気にかけ無いでしょう。


寛容と対話について
中国は民主主義の洗礼を受けていない国ですよね。統治者にとって、下からの突き上げというのはとても面倒でいやなものだと思います。それを常態にする民主政治というのはいうなれば上に立つ者にとって一番嫌な政治形態になります。今の中国は上意下達で物事が決められるわけで、その体制の中で寛容とか対話といっても無理じゃないかと思うのですね。殿の仰せじゃ!の共産党版だというわけですから。そんな中国のかたくなな姿勢が今後どこまで通用するのか、注視していたいと思います。


ならば
>……カトリック教会の Webページを読まれてみて下さい(泣)

ならば、あなたもアドレスくらいは紹介しましょう。
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/memo/pope.htm

信者さんには申し訳ないけれど、自分の常識が必ずしも人の常識ではありませんよ。だからといって新聞社もいい加減、「法王」はやめてあげたらいいのにね。


「法王」じゃなくて「教皇」です
……カトリック教会の Webページを読まれてみて下さい(泣)

# オクナ氏の無教養さには笑いました


日本の重い責任
伊勢崎賢治さんについてのこの記事を見て...

2002~2003年、アメリカによるイラク攻撃に強硬に反対したフランスのドビルパン外相(当時)の国連安保理での演説のことを改めて考えました。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-643.html
演説の原文は読んだのですが、ていねいに全訳する暇がなくて、上のURLの記事は要約でごめんなさい。(滝汗)

でも、次の一節の重みは伊勢崎さんの話と共通するものがあるかと思って。

「国連というこの寺院の中、われわれは一つの理想の守護者であり、一つの良心の守護者でもあります。重い責任と大きな名誉を持つわれわれは、平和裏の武装解除を優先しなければなりません。」

核兵器まで持つ国がこのくらいのことを言うなら、平和憲法を持つ日本は、それを武器にもっと大きなことができるし、言えるはず。


皮肉にも既に
>国際社会で認めてもらえるような「大人」の対応をしてほしいなあ・・・・・

中共は国連安保理の常任理事国であるんだなぁこれが。
せめてもの国際社会の抵抗は北京五輪のボイコットでしょう。
日本での5月の日中首脳会談は延期がよろしいようで。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先日(2008年3月29日)に、社民党京都府連合副主席の野崎靖仁さんからいただいたトラックバック「チベット問題を語る社民党員」を受けて、こ...
質問 地下鉄サリン事件当時の オウム真理教の信者は 射殺されてしかるべき「狂信者」ですか? それとも アサハラに騙された一般の「被害者」ですか? おわかりか すべてはここからはじまっているのだよ、 あたしの場合 そんなやわな論理で動いていないから...
先月(2008年2月)、私は京阪神地域を主たる活動拠点とする、とある平和・人権系(いわゆる左派系)で、貧困問題にも取り組んでいる市民運...
チベット問題で、日本共産党の沈黙が、槍玉に挙がっている。 左派・市民派では数少ない、どうしてだろう、反新自由主義・護憲に立つなら、 民主党支持はあり得ないだろうに。反新自由主義・護憲ってことは、 米国にNO!財界にNO!と言うことですよ。民主党が言えます...
●対話による平和的解決こそ望む 中国チベット自治区ラサで発生した僧侶や市民らと治安部隊との衝突事件について、福島党首は19日の記者会...
5年前の3月20日『イラクの人々を解放し、世界を重大な危機から守る』とテレビでアメリカのブッシュ大統領は開戦を説明した。 日本は一年後にも、小泉順一郎首相が『正しい戦争だった』言い切って自衛隊派兵を決定。 現在も陸自は撤退したが、航空自衛隊はC130輸送機に...
 「国益にならない」 衆院テロ特 参考人質疑で伊勢崎教授 --------------------------------------------------------------------------------  海上自衛隊をインド洋に再び派兵するための新テロ特措法案を審議している衆院テロ特別委員会は五日、参考人質疑を行いま...
 すごい勢いで対ドルで円高が進んでいる。そして、サブプライム問題に発してアメリカ経済の低迷が始まり、そこに頼る経済構造を持つ日本の株価も急落している。さすがに、この円高に対して2001年から2004年まで強烈に行ってきた政府介入を今更続けることができないほど外...
 ついに成都軍区の正規軍が動員され、武装警察と共同でチベット包囲を開始したようです。鎮圧したと中国は発表していますが、追加で、わざわざチベット人の犠牲を出しながら築いた道路を利用しているところをみると、さらに擾乱は拡大している可能性が非常に高いと思いま...
右傾化する若者を憂慮する記事から、以下引用↓ >私自身が(歴史ではなく中国文学・中国語教師ではありますが。また、決して偏差値的には高いとはいえない地方国立ではありますが)大学で教えている印象、また、同僚の歴史教師の話を聞くに、「問題意識を持っている学
今朝は少しゆっくり!さあ出かけるか・・・!しかし今朝はブンブン・ズドドド朝から米軍の戦闘機が低空で飛び回る!てめー俺の空を勝手に飛ぶんじゃねえ!ミサイルをロシアから買って打ち落としたろか!と平和主義者をかなぐり捨てたくなる米軍の音による&振動による強姦...
忙しくてアッチこっちの記事を読んでいる時間も無いほどであるがビルマの次は中国かという人権問題!独立を求めはたまた完全なる自治を求めと幾つかの党派入り乱れての流血事態で死者数すらはっきりしていない状態!これは西側諸国の記者を当地に入れない中国の馬鹿政策に...
妙な話を聞きました。  北九州市がそのうち財政再建団体になる、というのです。  北海道の夕張市や同じ福岡県の赤池町みたいに、赤字団...
 現代の世界では、南極を除いて大洋に浮かぶ孤島や地の果てのような地域まで含めて、すべての土地はどこかの国に属している。近代以前の国家の領土が、そのときどきの勢力に合わせて、ゴムのように伸び縮みする融通無碍なものであり、その国境が輪郭線のない印象派の絵の...
これは国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の記者会見の模様です。 以下、3月19日付JANJANより。 [http://www.news.janjan.jp/world/0803/0803183088/1.php] {{{ 人権問題の国際的な監視団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)のケネス・
違う。まずやめさせることが一番重要なのだ。「平和的に」対話したところで、チベットの平和は決して回復しない。
チベット騒乱「24人逮捕」発表、170人出頭の情報も(時事通信)について.  あちらこちらのブログで「チベット問題」が過熱しているようなので,へそ曲がりの私はわざと中国側からこの事件を追ってみようと思う.  もともとのチベットの悲劇は 150年前のダライ・ラ...
石川啄木の『啄木詩集』のなかの「ココアのひと匙」から、    はてしなき議論の後の  冷めたるココアのひと匙を啜りて、  そのうすにがき舌触りに  われは知る、テロリストの  かなしき、かなしき心を。 「ココアのひと匙」は1911年の作である...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。