2017/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
自衛隊の国際貢献は憲法九条で その3

昨日書いたけど、政治部門50位から落ちたら場所移動を検討します・・一枚目にいてこそ宣伝効果があると思ってますので・・そう、お玉にとってあそこは「護憲」「9条」の宣伝場所なのです。宣伝効果が見込める場所でないと意味がないのだ・・・・でも玲奈さん喜八さんもいるし、日本がアブナイさんも頑張ってるしなあ・・悩む!!!

人気ブログランキングへ   

↑政治部門50位から落ちたら引っ越しを検討します~~だって寂しいんだもん

   

↑こっちはお玉よりきちんと記事を書いてるわんばらんすさんにエールをおくりたい!!!みんなが応援してくれて嬉しいです。 

 自衛隊の国際貢献は憲法九条で その1

 自衛隊の国際貢献は憲法九条で  その2  の続きです

 護憲的改憲論の立場だった伊勢崎賢治さんが「護憲派」とすっぱり言い切るようになったのは紛争地域での現場体験からだったそうです。いま、彼ははっきりと言ってます。

「9条を変えてはならない。」

でも、そこに至るまで伊勢崎さんが思う護憲派との思い出って・・こんな感じ↓

日本のNGOは軍事的な知識や軍事組織のことを知らない・・それではアフガニスタンに派遣されるNGOの若者の命が危ない。
だから伊勢崎さんはNGOが戦地へ行くようになるならば国際活動の経験のある自衛官をシンポジウムに呼んで話しをしてもらおう・・・・企画したのですが、大学内で猛反対を受けました・・・
日本の若者、人道援助要因を危険な目に合わせないための「話を聞くために大学に呼ぶだけ」それさえ許されないほどに軍人(自衛官)を毛嫌いしている・・・・・護憲な人々のことを伊勢崎さんは距離多くしかない人たちと見ていたそうです。


伊勢崎さんの護憲派に対するそれまでのイメージは
「護憲という概念ばかりにしがみついて、引っ込み思案になっている」・・・う・・痛い

「軍事組織が役に立つと言うことがすこしでもわかってしまうと、それは自分たちがやってきた主張に反することで、現実を意識からシャットアウトしている人たちだ」・・・うう・・かなり痛い!!

そんな彼がなんで、「九条は一字一句変えてはならない」とまではっきり主張するのか・・・・それは紛争地域での危険極まりない体験からでした。

彼は言います。「改憲派も護憲派も、現場を知らなきゃいけないと思う」

そりゃ、お玉だって知りたい。でも情報が少ない。だから伊勢崎さんに教えてもらいたい!!

この本はこの序章のあと、九条があるからこそ評価され、日本にしかできない仕事をまかされている現実を私たちに教えてくれます。

9条が武力紛争解決に役立つとわかれば、そしてそういう現実を共有出来れば、護憲派と護憲的改憲派の人々は手を握ることが出来る

彼が書くようにそれはお玉も目指したい「大きな勢力」となって、護憲派を動かしていけるかも知れない・・

お玉がずっと言い続けてる、「いま、憲法を変えるのは改憲派にとってもまずくないでしょうか?」の問い以上に、もっとより現実的に、国際社会で9条を掲げてどうやって国際紛争の解決に日本として取り組めるのか・・を教えてくれます。

問題はまだまだです。お玉にとって、・・あくまで「自衛」の立場を取る人や自衛隊存続自体を違憲とする人とどう向き合うのか・・むずかしい課題が出てきました。

でも、彼が経験した「日本人だったからこそ」信頼され、武装勢力と話し合えた現実をキチンと理解したい。

その辺りはまた次回に・・・・(本の紹介なのに、連載なのは何故だ・・)

isezaki


自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論
(2008/03)
伊勢崎 賢治

商品詳細を見る

 

人気ブログランキングへ

  いつもポチッとしてくれてありがとう!m(_ _)m

 
Secret
(非公開コメント受付中)

保守系抵抗勢力より
お玉さん、こんばんは。

 壊れたように「9条」と叫ぶ護憲連中はどうしようもない!
 と文句ばかり言っても仕方がないので…購入して読んでみました。

結論から先に・・

 個人的には、伊勢崎さんの案ならば…9条維持でもokです。
 左翼にありがちな、自分達の組織維持が目的の「9条を守る」ではなく、現実を把握した上で「9条を上手に使いこなす」という発想ならば、9条を維持しても良いと思います。

 「武力」を全否定せず、やむを得ず必要悪としての「武力」を認めているので安心できます。

 9条維持が目的ではなく、無駄な紛争や虐殺を防ぐ為が目的、その手段として9条を使いこなす。という事が分かりました。

 後は、日本が、アメリカ・中国・ロシアに出来ない国際貢献を賢くやれば生き残れると思います。

 喧嘩を止めるには、双方から「中立」と認識されている事が大切ですよね。

気になった部分を…
 特に護憲派の人に読んで欲しい部分
小タイトルだけ…

P44~P45
僕の担当した子供達が殺し、殺されたのだから

P77~P79
お金の使い方を日本人は真剣に議論すべきだ

P94~P95
武力なしでは武装解除の現場には行かなかった

P102~P104
治安分野復興では日本らしい役割を発揮できる

 ぜひ、護憲派の人ほど読んで欲しいなと感じます。


改憲派より
読んだのでチャド首都攻防戦並みにスルーされそうな空気の中コメントしてみます。

まず、伊勢崎さんは「軍事アレルギー」を持っていない方だということが改めてよくわかりました。「ひぼーりょく!」「むぼーび!」と喚き散らすことしかできない人々とは雲泥の差です。
次に、伊勢崎さんにとって憲法というものはあくまで手段にしかすぎないということが読み取れました。伊勢崎さんが主眼に置いているのは「日本は紛争の解決にいかにして貢献できるか」ということであって、「憲法9条を守ること」それ自体ではありません。憲法を守る、乃至変えるということ自体が目的化してしまっている教条的な護憲・改憲論者は彼のように「まず何をしたいか」を考え、次に「そのために憲法をどうするか」を考えるべきです。改憲派だった伊勢崎さんは護憲改憲いずれの憲法論への“信仰心”を持っていないが故に護憲へと考えを変えました。護憲論者の皆さんも説得されることを恐れずにもっと柔軟になってほしいと思います。
三つ目。最初と被りますし、お玉さんも指摘されていますが、伊勢崎さんは時として軍事力(暴力装置)が紛争解決に有効であることをしっかり認識しています。その中で敢えて憲法九条にこだわることについて、「ダメなものはダメ」と思考停止しない説得力のある意見を護憲派から聞きたいと思います。「暴力ダメ、ゼッタイ」で思考停止する方が多い中、伊勢崎さんの意見は中々興味深いものでした。

私個人としては軍を海外に出しつつ「人畜無害なイメージ」を構築することも可能ではないかと考えています。また、伊勢崎さんの意見は“国際貢献”に的を絞ったものです。日本の安全保障その他を考えると違った考えも出てこようかと思います。

というわけでこの辺りで。お玉さんも少しぐらい軍事知識を入れておいてください。核搭載イージスなんて言われたときは悲しかった…。


やっぱ
買うしかないしょ。


まだ・・・
『自衛隊の国際貢献は憲法九条で』はまだ買っていません(汗)。
近いうちに購入して読みます~!


闘わなくちゃ!
お玉さんのいない政治部門なんて考えられません。

それにコギトは本当にホームレスになっちゃいます。

恵まれない子に愛の手を!



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「目的は暴力的手段を正当化するのか。」? 911の後のアメリカ。テロを戦争と呼び、報復戦争を公然と宣言するブッシュ大統領と其れを支持したアメリカ人達。 9・11の犠牲者の仇討ちしなければ、アメリカの民主主義に傷か付くと考えたのでしょう。 しかし日本では『...
以前、「反日日本人が生まれる背景を考える」という記事を書いた際、次のようなコメントを頂きました。 おめでたい日本人 現実の国際社会...
 こんばんは。今日は、先日行われた市民大学特別講座「国際貢献と憲法九条」と、フォーラム・講演会・フェスタ「反貧困フェスタ2008」に参加して、私が考えたことを書きたいと思います。  私は上記のイベントに参加して、戦争と貧困は「テロリスト・貧困者・無能力者は...
主張 クラスター爆弾 禁止条約の変質策動をやめよ --------------------------------------------------------------------------------  ニュージーランドのウェリントンで開かれていたクラスター爆弾禁止国際会議は、今年末までのクラスター爆弾禁止条約締結を確認し...
僧侶らの勇気に敬意を表します。この僧侶らはこの後逮捕拷問されることはほぼ間違いないと思います。私達の政府はただ経済的な関係の為だけに彼らを見捨てます。 「すべてやらせだ」直訴のチベット僧らTV映像に 3月27日21時47分配信 読売新聞
一般財源化を福田総理が提案するということであるが、元々福田総理の父である故福田元総理は、バリバリの銀行族である。道路特定財源の生み...
 年度末までの納品で、みんながパニック状態なので、ブログを更新するのもためらわれますが、いよいよガソリン税の暫定税率の期限である4月1日がやってきます。  昨年の参議院選挙で与野党逆転が実現し、多くの国民が「変わる」ことを期待していたのに、いつも寸前の...
400億円出さなきゃならないみたいです。すごいですね~。「400億っていくらなんでしょ!?」って感じの数字です。さっき、ラジオ「J...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。