2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
映画「靖国」 表現の自由はどこにいくの?

春の訪れがちょっと遅い六甲山系ですが、お玉のだいすきな「こぶしの花」が見られるようになりました。

近所でも桜がちらほら!と咲き出しました。週末は見頃を迎えそうです。

otama久し振りにお玉を復活させてみた!!

たくさんのポチッとを押して下さって感謝です。

人気ブログランキングへ ←総合でひさびさに50万件中450位以内には入りました。

       ←こちらも2位と健闘してます

待って・・待ってよ。

どういう事?こんな怖いことがまかり通るの?

時事ドットコムより

 映画「靖国」上映中止=東京、大阪の5館が自粛

靖国神社をめぐる日中合作のドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」について、配給・宣伝のアルゴ・ピクチャーズは31日、4月12日から公開を予定していた東京都と大阪市の計4館が上映を自粛したと発表した。既に東京の1館が中止を決めており、映画は当面上映されない事態になった。

 「靖国」は中国人の李纓(リ・イン)監督が、10年間にわたり、終戦記念日の靖国神社の様子などを取材した映画。軍服姿で参列する人々や、小泉純一郎前首相の参拝、合祀(ごうし)に反対する台湾や韓国の遺族が抗議する姿を、靖国神社のご神体とされる日本刀を作る刀匠の映像を交えながら紹介していく。
 自民党の政治家らが、この映画に政府出資の基金から製作費の一部が出たことを問題視。国会議員を対象にした特別試写会が開かれた。3月18日には、東京・新宿のバルト9が上映取りやめを決定。その後、銀座シネパトス、渋谷Q-AXシネマ、シネマート六本木と大阪市のシネマート心斎橋も中止を決めた。Q-AXシネマでは「特定の団体からの具体的な圧力はないが、お客様の安全を最大限考慮しなければならない」と説明した。

特定団体からの圧力はないが・・・ないけどあったら困るような映画だって何故思った?

それは自民党の稲田議員が反日できぃきぃ言って、国会議員に試写会やったせいだよね。

あの分けのわかんない試写会が3月12日・・そして一気に全ての映画館で中止が決まった・・おかしいよ。これは黙っていたらだめだよ。ああ・・・・日本はいつからこんな危うい国になったのでしょうか?

どこの団体が怖いの?お客様の安全に考慮するために・・と言う理由を使えば、今後何らかの意志を持って集まる集会や講演会もちろんお玉達の9条の会だって「何らかの脅威」があると困るから・・という理由で場所を貸してもらえなくなるかも知れない・・

これは、左派リベラルだけの問題じゃあないんだよ。同じく右派の集会だって本当は自由に出来なくなる恐れが充分にある・・・

中国新聞より

監督協会「強く抗議」 映画「靖国」めぐり議員に

靖国神社を題材にしたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、日本映画監督協会(崔洋一理事長)は31日、一部国会議員が配給元に試写会を要求したことなどに「強く抗議する」とした声明を発表した。

 試写を求めた自民党の稲田朋美衆院議員は、3月28日の記者会見で「『事前検閲だ』とか『表現の自由を侵害している』などと批判されたが、私の意図とは違う」と弁明。

 これに対して声明は「今後行われる上映活動を委縮させるとともに、表現者たる映画監督の自由な創作活動を精神的に圧迫していることは明らか」と反論した。国会議員向けの試写会は3月12日に開かれた。

 声明は、上映中止が広がっていることなどに「大きな危惧を抱かざるを得ない」とした上で「あらゆる映画は自由な発想と意志のもとに作られ、自由に上映されるべきだ」と訴えている。

あなたの意図とは違うと言いつつしてやったりと思ってるよな、稲田さん・・・

あなたの所属する強くて大きくて頼りになる団体、なんて言いましたっけ?ほんとうにどこもなにも言わずに勝手に全部の映画館が自粛方向に向かったのですか?表現の自由を重んじる映画業界で、それほど
怖がらせるほどの内容だったのですか?映画館関係者の皆様。


問題作『靖国 YASUKUNI』が最優秀ドキュメンタリー賞を受賞!-香港映画祭- - goo 映画


yasukuni

otama

人気ブログランキングへ   

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

衆院で、稲田氏は『反日米軍』への助成金に反対したのだろうか?
米軍で反日事件が頻発しているにも拘らず、巨額の援助が間単に決まってしまうことに対して稲田氏は抗議しているのでしょうか?

【「横須賀殺人:米兵を逮捕 強盗殺人容疑で」 神奈川県警
神奈川県横須賀市でタクシー運転手、高橋正昭さん(61)=東京都品川区=が刺殺された事件で、県警は3日、脱走容疑で米海軍に拘束されていたイージス巡洋艦「カウペンス」乗組員でナイジェリア国籍の上等水兵、オラットゥンボウスン・ウグボグ容疑者(22)を強盗殺人容疑で逮捕した。日米地位協定の運用改善合意に基づく起訴前の身柄引き渡しは5件目・・http://mainichi.jp/select/today/news/20080403k0000e040096000c.html 】

【「思いやり予算、衆院通過 5月には承認」2008年4月3日 14時16分
 在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)に関する新たな特別協定案が3日午後の衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決、衆院を通過した。
参院では民主、共産、社民、国民新の野党4党の反対で否決される可能性が大きいが、予算と同様、衆院の議決が優先されるため、両院協議会を経て承認される見通し。参院が採決しない場合は30日後に“自然承認”される。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008040301000471.html?ref=rank


コギト「これまでの米軍による一連の反日行為も徹底的に調査して、政治的公正さに欠ける『米軍への助成金』に毅然として反対してください、稲田さん!」


政治的公正さ?
税金が使われているから「政治的公正さ」が問題となる?
それでは稲田議員は公務員としていかなる権限で上映前に見せろと
言ったのでしょうか。また公正さというのは稲田議員が中心となって
判断するべきことだったのか。
稲田議員は政治的に公正中立な無色な人なのですか。
自己の政治信条に反する内容の映画を作られて
中立じゃないと言っているだけかもしれません。
稲田議員が政治的公正さに問題があると言っただけであって
まったく問題なんてなかったのかもしれない。

判断は国民がすべきで一政治家がすべきではないと思います。
上映前に、見せてとお願いしたのかもしれませんが、上映後に
一般客として見るべきでしたね。
稲田議員の行動は「政治的公正さ」とやらを保つためにという
理由では正当化できないと思います。


本当の敵
お玉さん
初めまして
穂苅雄大です。
お玉さん、本当の敵を見失っていませんか?
「本当の敵」とは、私たちの「心」です。
なぜ、<18歳電車突き落とし事件>について書かれないのでしょうか?
お玉さんなら、真っ先に書いて頂けると思っていたのですが・・・
私は、彼は<悪>ではない
と考えます。
確かにあの少年は罪を犯しましたが、<犯させた>のは誰なのでしょうか?
・・・<私達>です。
あの子の人生を奪ってしまった・・・
私のことはURLの遭難フリーターBBSを読んで頂ければ分かります。
お玉さん、この事件について書いて下さい・・・・・・・・・・・・・・・


pikoさんとまったく同じ意見です…

あと何書こう…(これだけじゃ怒られそうだ)

田柄さんやkawaさんにも同感です。

ええとあとは…

「靖国」という言葉は中国の古典に由来するらしいことや、三浦の尊敬する恐妻家の百姓田舎医者の神社創設者、境内どまんなかにでっかい銅像の立つ大村益次郎公(愛人はドイツ系ハーフの産婦人科医?)に触れられていることを期待したいです!


恐れること
今日、わたしたちはすでに「表現の自由」「言論の自由」が保障された社会には住んでいない、と思わざるを得ません。

もちろん、個人的には今までだって学校や職場で言いたことを言える状況なんてなかったし、人前で正直な気持ちを言い出すのは躊躇してきました。
世間体や見栄を気にしながら毎日を生きています。

それでも、今回の上映中止やプリンスホテルの件を思うと、どうしてこんな社会になってしまったんだろう、とため息が出てしまいます。

一人ひとりが、他社を思いやり、暴力を恐れず、言いたいことを言える、お互いをより深く理解できる世の中にするには、どうしたらいいのかをあらためて考えていかなければと思います。


私が恐れているのはこんなことです。
マルチン・ニーメラー(1892.1.14~1984.3.6 ナチスドイツに抵抗した牧師)の詩

『ナチスが共産主義者を弾圧した時、私は不安に駆られたが、
自分は共産主義者でなかったので、何の行動も起こさなかった
その次 ナチスは社会主義者を弾圧した 私はさらに不安を感じたが
自分は社会主義者ではないので、何の抗議もしなかった
それからナチスは 学生 新聞 ユダヤ人と 次々に弾圧の輪を広げていき
その度に私の不安は増したが それでも私は行動しなかった
ある日 ついにナチスは教会を弾圧してきた そして私は牧師だった
だから行動に立ち上がったが その時はすべてがあまりにも遅かった』

長くなって申し訳ありません。


事実じゃないことが含まれているのに、「ドキュメンタリー映画」としているのが問題なんではないでしょうか?

日本刀が靖国のご神体になってるっていう作りらしいですが、それは事実ではないでしょう?

キャストの3名のうち、2名は訴訟中の人、残りの1名は、キャストとして出演する承諾はしていないということですし、ポスターに使われている自衛隊員も映像に撮られていることを知らなかったといってるそうです。
つまり隠し撮りですよね。

そんな映画を上映するのは、映画館にとって難しいんじゃないですかね?
映画館も営利を追求する私企業ですから。
表現の自由っていう問題以前の問題なんじゃないですか?


ほんとに反靖国の映画なんでしょうか?
>ちょうど反対の向き系の映画で有名なところでロシア映画の「太陽」ってのがあったけど、
あれも時間をかけて上映にこぎつけたはず。

自分は未見ですが、別に『太陽』と「ちょうど反対の向き系の映画」というわけではないようですよ。映画『靖国』のHPでは『太陽』のソク-ロフ監督もコメントを寄せていて、絶賛しているようですから。
試写会の反応もまちまちのようで、ほんとに反靖国の内容の映画なのかは分かりません。監督が中国人ということで過剰反応になっているのかもしれません。

また稲田議員は「私たちの行動が表現の自由に対する制限でないことを明らかにするためにも、上映を中止していただきたくない」とのコメントを出されているようです。稲田議員としてもみんなが見なければ「このような作品に文化庁が金を出すのは問題ではないか?」という自らの主張を
広めることも出来ませんから上映自体はむしろしてほしいという考えなのでは?
とにかく、まず上映されないことには、反靖国の映画なのか否かを議論することも出来ないのではないかと思います。


お玉さんへ
コメントありがとうございます。

>一般人の抗議でそこまでは思わない・・

あぁ~・・その部分が、私の思っている『この問題の本質』です。

お玉さんの書かれた
『プライドは抗議されても上映中止にならなかった・・・・』
というコメントがありましたが、今回の抗議はプライドの時より凄まじいモノだったのでしょうか?
私は、そうは思いません。映画館の中には、『抗議は無かった』と言ってる所もありますし。

では何故、今回は上映中止になったのでしょう?

それは、『抗議という行為』自体の威力が高くなってきているからではないですか?

たとえ、一般人の抗議であろうと無視はできない・・

一般人が意味無く人を殺していく社会ですからね。
仕方ないと思います。
一般人が『怖い』のです。

本来なら正当な行為である『抗議』に対しても、過剰反応せざるをえない社会・・・
これが今回の『本質』ではないでしょうか?




>私は、暴力団体ではなく、一般人の可能性が高いと思います。

>その場合、映画館に
『その映画は嫌だから、上映しないで欲しい』
と、要望を伝えるのは問題ないでしょう?
>映画館には、要望を拒否する権利がありますからね。


これはおかしくないかい。
映画館側は上映することでお客さんに迷惑が及ぶのを恐れて中止している・・一般人の抗議でそこまでは思わない・・
問題なのは「怖いから」中止したことです。単に儲らないから取りやめにした話をしてるんじゃない。論点がずれてるよ。


通りすがりの高校生さんへ
お返事ありがとうございます。

>二番目・・

そうですね。確かに一番怪しいです(笑)

ただ、抗議した人達って『右翼団体』なんでしょうか?
映画館の側も
『特定の団体ではない・・』
と、言ってますよね。
私は、暴力団体ではなく、一般人の可能性が高いと思います。

その場合、映画館に
『その映画は嫌だから、上映しないで欲しい』
と、要望を伝えるのは問題ないでしょう?
映画館には、要望を拒否する権利がありますからね。
もし、上映中止を求める言説を規制したら、それこそ『言論の自由の侵害』でしょう。

『言論の自由』って、とてつもない価値を持つモノです。
ですから、当然それなりの『値段』がします。
今回の件は、その支払いかもしれませんね(笑)

『言論の自由』とは、
『言論の自由を破壊せよ!』という言論も保証するということですから・・

ただ、私は、今回の件は『言論の自由』の問題ではなく、別の問題だとも思っています。
たまたま、『言論』の部分に出てきただけで・・・・
ちょっと長くなってしまうので、興味があったらまた聞いてください。





公的な助成を得ている→公的に認められている
上映自粛→右翼によって上映が妨害された、表現の自由が侵された
 そしてこれがいつのまにか、映画の内容にすりかわる

 結局上映されても、されなくても製作者達の思惑どおりになったということでしょうか
 今後は、公的認可を受けたのに日本の右翼によって表現の自由を侵害された映画として海外で上映されていくのでしょうね
 これもまた思惑通りかな

 お玉さん、稲田議員は助成を問題にしているのに、そのことに触れないのはやっぱり片手落ちではないですか


この映画では『遊就館』も出てくるのかな?
靖国神社にはとても興味があるので、ぜひ見てみたい映画ですね。
あの巨大な鳥居とか、国家の威信をかけて建てられた神社そのものの威容にも興味がありますが、なによりも付属資料館の『遊就館』に興味があります。
十五年戦争を日本の防衛戦争と主張する歴史観や、無残な中国戦線やインパール作戦、ガダルカナルでの悲劇的戦死者の方達を、英霊として褒めちぎるだけで、作戦のいい加減さや、無節操さを批判する態度を一切持たないという帝国軍隊礼賛の展示の数々をぜひとも見てみたいものです。

映画では九段に通い続ける遺族の方たちの思い等にも踏み込んでいると聞いていますし、そのへんをどう描いているのか?興味は尽きません。

本当にすばらしい映画ならば、『ホテル・ルワンダ』のように上映推進委員会が生まれてもいいはず。
右とか左とか関係なく!


まだ様子見じゃないかとおもう
今後ぜんぜん上映できなければ問題もありなんだろうけれど、
これから代わりに配給・上映するよって所が出てくれば問題ないのではないかと。

ちょうど反対の向き系の映画で有名なところでロシア映画の「太陽」ってのがあったけど、
あれも時間をかけて上映にこぎつけたはず。

ただ、公的資金の話は無関係ではないと思いますよ、
右やら左やらに加えて、公金で政府や議員まで関わっている関連がややこしそうな映画なんて、関わりたくないと思う。
私だったら触らぬ神に祟り無し、関わらない自由だってあるのではないかと。

それに映画館にこだわる事も無いんじゃないかな。
労働系の活動で、市民会館とかで映画の上映会とかやって広める方法もよくやっているしね。
先月も日本の青空って憲法の映画を某所でやってたなぁ、行けばよかった。
資金難で大変だって言うから、こういう所にもお金出してあげればいいのに。


二番目は…
>・稲田議員
・映画館に抗議した人
・上映を止めた映画館

どう考えても二番目は…自由の侵害ですね。言論で抗議してるならいいんです。ただ、日本の右翼の場合には暴力が絡むので、文字通り「萎縮」が生じると思います。正確には、暴力が絡む可能性を内包していること自体が問題とでも言っておきましょうか。
正直、こういう事態では、暴力はどんな言論にも優る威力を発揮すると思います。


最後に裁かれるのは・・・
公的助成した側は、こんなに問題視
されるとは思わなかったでしょうね。
私もなんら問題ないとおもいます。
ただ、こんなに騒がれているなら
ぜひ見てみたい、いやきっと
その機会があるでしょう。
批判するのは政治家じゃなくて
一般国民であるべきですから。


犯人は誰?

え~と・・今回の件ですが
『言論の自由を侵害した』のは、誰でしょう?

・稲田議員
・映画館に抗議した人
・上映を止めた映画館

ここをハッキリさせておいたほうが、良いと思います。
私は、(多分)三者とも侵害していない・・と思っています。

あと私が気になったのは、
『映画館が過剰反応している』
という意見でした。
(今朝の日テレでのキャスターの発言です)

これは、言い過ぎだと感じています。
『お客様商売』をしている以上、少しでも不安があれば、中止するのは(残念ですが)やむを得ないでしょう。
『お客様の安全』に関しては、相当の厳しさが求められますから。

正直、映画館を非難しているコメントが無くて、ホッとしています(笑)




あらあら・・
まだこんな人がいる

>カァ さん

論点がぶれてますよ。お玉の記事は「靖国」を上映するのが怖くて取りやめてしまった話を書いてます。


税金使ってんじゃン
あの~。
この映画には私達の税金が使われたってことを皆さんお忘れですか?。だから「政治的公正さ」が問題になる。
「表現の自由」の問題ではありません。


「プライド 運命の瞬間」は
たしか99年にビデオが出ていたはずですが。この時期にビデオソフトが出ている場合、よほどのヒット作でもなければ、DVD化に数年はかかりますよ。政治的云々の前に、或る程度収益が出なければ、そう簡単に別メディアには移行しないでしょうし(かく言う私も「日本の青空」が早くDVDで出ないものかと待っているのですが)、テレビで放送される映画というのも、たくさんある邦画全体の中のほんの一部に過ぎませんから。


HNはキチンとつけてね。
こういう話題で、「名無し」「通りすがる」でひと言だけ恐々書かれても表には出さないってばぁ・・・


どこの馬鹿がアホな圧力をかけたのやら。
反日映画だと言うなら上映させてから、ボロクソに貶した方が効果的でしょうに。(そもそも興味がある層しか、こんな映画みないでしょうし)

まあ、馬鹿左翼も言葉狩りしてるんだから、どっちもどっちとも言えますが。

右翼左翼問わず、何が正しく何が間違っているかぐらいは、自由に言わせる器量が必要ですね。


郷☆英機さん
10年前、プライドはどこぞの映画館で上映中止に追い込まれたのでしょうか?「萎縮効果」で上映を次々に取りやめている「靖国」の状況とは比べものになりません。



TBは遠慮、自粛いたします
>お玉様

 正直な話、あまり議論できそうな雰囲気ではないと感じましたので、トラックバックは辞退させていただきます。実は私もこの件についてエントリーしていたのですが。

 左翼陣営による妨害活動が行われた例としては、『プライド 運命の瞬間』という映画を挙げておきます。
 この映画の上映時は大変な騒ぎでした。上映反対運動が起こったり、”上映に反対する会”が結成されたりしました。左巻きメディアではものすごいバッシングの嵐でしたよ。よく上映できたものだと思います。
 しかし、10年前の作品で、しかも超大作であったにもかかわらず、まだDVD化されておらず、テレビ放映もされていません。そこに何らかの力が働いていないかと思ったりしますが、まぁ下衆の勘ぐりです。


自主規制
映画館が「自主的」に上映を取りやめた、ということ1点にのみ問題があります。
私たちの社会は、どんな圧力も恐れる必要のない「自由」な表現を受容できる社会じゃなかったのですか。
自主規制して当然だと思われる方は、「自由主義陣営」の一端を担う日本国民として恥ずかしくないですか。


>『右傾と思われかねない(実は右傾でも何でもない)』ような映画や表現等に対して、何度も強力かつ不当な圧力をかけてきた事実

議論なさりたいのであれば、それが具体的にどのような行為だったかをあげて頂けますか?
および、

> 問題は、「政治的・思想的な意図を有する映画」に対し、公的な助成金が使われたという一点にあります

これに対しての議論ならば、記事違いです。ご意見がお有りならTBをして下さいな。


事前検閲でも何でもないですよ
 すみません、初めてコメントさせていただきます。
 これは事前検閲でもなければ、表現の自由に対する侵害でもありません。
 問題は、「政治的・思想的な意図を有する映画」に対し、公的な助成金が使われたという一点にあります。
 これは明らかに助成の条件から逸脱しており、この助成金そのものが不当である可能性が高いと思われます。よって、この映画に関して、先に試写を要求した稲田議員は正当な意見を述べたまでであり、まさに言葉どおり、「表現の自由を侵害する意図はなかった」のです。

 それと、過去に左派リベラルの皆さんが、『右傾と思われかねない(実は右傾でも何でもない)』ような映画や表現等に対して、何度も強力かつ不当な圧力をかけてきた事実がありますが、いかがお考えでしょうか。


>通りすがりの高校生さん

一般国民さんはわざと言ってる・・いわゆる言いっぱなしコメントですので、釣られないでやってね。

で、お玉もそこをわかって敢えて晒してますので(^^)
ふだんはこういう言いっぱなしコメントは表に出さないんだけどね。


>上映しないのも自由な表現のひとつではなかろうか。
上映するのも、しないのも表現の自由だ。

言論じゃない暴力とか妨害っていうのは、いかなる形態であれ、国民の表現の自由を阻害してるわけで…。そういうことが存在してる限り「自由」な表現じゃないんですよ…菊タブーはご存知?


上映しないのも自由な表現のひとつではなかろうか。
上映するのも、しないのも表現の自由だ。


これは本当に怖いことですね。
例の日教組のプリンスホテルの時と似ている気がします。

暴力を恐れて、法や道理が引っ込む。

こんなことが前例となってしまえば、これから言論の自由はどうなってしまうんでしょうか?
私たちにはこの映画を、良いか悪いか判断する権利すらもなくなる。

警察も暴力に対して、まったくアテにならないということになる。

確かに右派左派の問題ではありませんよね。
一度走り出した規制は止まらなくなる気がします。






お玉って!
おたまじゃくしだったんかい!爆

ていうか、自主規制っつーのはこの国の人々のモラルと関連してますからね。出しゃばるな、同じくせよ、角を立てるな、ってなものでね。それはやっぱり、自由な意思決定を妨げるものですね。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

10日、映画『靖国』の緊急アピールをライブ配信 映画『靖国』が、一部の劇場で上映中止となっている問題で、国内のジャーナリスト・映画...
映画「靖国」への抗議行動で上映を中止に追い込んだ右翼団体の方々は「太陽」や「蟻の兵隊」はどのように見たのであろうか?また、アメリカ映画「パールハーバー」における日本軍の描写については、どのような評価をしているのだろうか。
映画「靖国」が上映されるのは当然のことである。今回の上映中止は一部、自民党の議員の「反日云々・・・」による国会議員に試写会やったことに起因している。これが上映する映画館に対して「脅迫」となり、萎縮をさせたこととなったのは明らかである。映画の評価は、一人...
鈴木邦男をぶっとばせ!今週の主張「靖国が危ない!」 「右翼の敗北」だそうです。 読んでてひとつ新発見。 「李纓監督は三島由紀夫の熱烈な愛読者・信奉者」 コレは知らんかった、ホントに反日映画なのか??? ・・・と思ってたら「ラストに、南京事件の「...
 日中合作のドキュメンタリー映画「靖国YASUKUNI」を、五つの映画館が公開中止した。これについて2日付新聞各紙がそろって社説を掲げている。このようなことは珍
 3月29日に開かれたJCJ総会で、来賓の嵯峨仁朗氏(日本マスコミ文化情報労組会議議長・新聞労連委員長)は、映画『靖国』の国会内での上映とその後に上映中止の映画館が出たことにふれ、先の戦争に向かって新聞が協力したのも弾圧の結果ではなく、テロや不買運動を...
映画『靖国 YASUKUNI』が日本で上映中止になったというニュースが、昨日から韓国メディアでも報道されています。 映画館側が‘自粛’したんですか。しかも5館そろいもそろって。 へぇ~。ほぉ~。 日本社会って、スバラシイ空気が漂っているんですねィ。 こ
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose 政府に以下のような文言で厳重抗議した。それを個人のブログであるここに記しておく。 拝啓 文化庁 殿 今般の映画「靖国」の東京周辺での上映禁止騒ぎで、いろいろな報道に接しました。私はこの映画は拝見していませ...
 今日の読売新聞朝刊を見たら、エイプリルフールというにはきつすぎる?ニュースが一面を飾っていた。 日中合作の記録映画「靖国」、相次...
映画「靖国」上映中止=東京、大阪の5館が自粛(時事通信)  靖国神社をめぐる日中合作のドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」について、配給・宣伝のアルゴ・ピクチャーズは31日、4月12日から公開を予定していた東京都と大阪市の計4館が上映を自粛し...
陰鬱な気分のまま四月を迎えた。 母は、後期高齢者医療保険の保険証が入った郵便物を開封しようとしなかった。 同年代の友人と電話で「なんとも憂鬱でしかたない」と話しているのが聞こえてきた。 「メタボの検診受けなくていいんだってね」 「そういう扱いをされること...
天気:晴れ   風が強いのぅ さてさて、今日はエイプリルフールだったんじゃな。
今日は、私用で病院にいってきました。 いつものかかりつけの医師と会話していたところ、「生活保護世帯にも『カット』が及ぶ」との噂を耳にしました。その原因は'''滝川市生活保護不正詐欺事件'''だというのです。 まず、滝川市生活保...
昨夜、碧猫さんのたれこみを読み なんですとーっっっ!? 状態になってしまったのだが。 一夜明けて冷静になってみたら。 やだぁ、今日はエイプリルフールじゃない。 ちょっとフライイング気味だけれど、これはエイプリルフールのネタだったのねっ! 映画...
憂落嘲の独り言  エープリルフール(四月馬鹿)  後期高齢者医療制度が今日からスタートする。そして老人があと僅かな生涯の中で最も必要な一つの医療に付いて、先きの見えないものにしたこの法律は、今日のテレビによると小泉内閣時代に与党が強行採決したものらしい...
昨日の新聞の一面トップは、「沖縄ノート」訴訟判決の記事だった。大阪地裁の判決は、太平洋戦争末期の沖縄戦における「集団自決」に旧日本...
最近の記事一覧・・・2月分はコチラ  3月分はコチラ *のついた報道記事は、文末の↓More部分に 今日から4月だ~。(・o・)mou kotoshi no 1/3 ga sugichatta none 本当は、今日から、チョット気分転換も兼ねて、もう少し春らしい デザインに変える予定
[映画]「靖国」上映、映画館が相次ぎ自粛 http://news.livedoor.com/article/detail/3577562/ 3月18日に東京・新宿のバトル9が上映取りやめを決定。その後、銀座シネパトス、渋谷Q―AXシネマ、シネマート六本木、シネマート心斎橋も中止を決めた。銀座シネパ...
今回とそれまでに捕らえられた沢山の人々の早期釈放を祈っています。 中国・新疆でデモ参加者500人以上逮捕か 台湾報道(朝日新聞) - goo ニュース 2008年3月31日(月)19:30  台湾の中央通信社によると、中国新疆ウイグル自治区南部のホータンで3月23、24の両日...
 https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose 政府には以下の文面で、北京五輪ボイコットを要求する。それをこの個人ブログに記しておく。また文面を研鑽し、ふたたび送るかもしれない。 謹啓 日本国政府殿 私は一国民として、政府に北京五輪ボイコットを是非と...
いつもチェックする「低気温のエクスタシー」のサイトを見て愕然とした.例の,国会議員による「検閲」が問題になった映画「靖国」が,予定...
*新宿バトル9で上映が中止になり心配していたけど、ついに4月12日公開予定の全館で映画『靖国 YASUKUNI』が公開中止に! 映画の内容がどうこうというのは見た人それぞれが判断することであり、とにかくまず見せろ!見せてくれ!見せてほしい! どんなに左翼よりの映画
 「反日」映画に文化庁が助成金を出したのは問題だと、自民党・稲田朋美衆院議員らの要求で、「検閲」まがいの試写会が開催されたドキュメンタリー映画『靖国』(李纓<リ・イン>監督)だが、上映を取り止める劇場が相次いでいるようだ。 4月12日からの東京の上...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。