2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
映画「靖国 YASUKUNI」名古屋で中止になったいきさつ

AMLと反米嫌日戦線の死ぬのは奴らださんに教えて頂きましたが・・・

これ、書くのにちょっと勇気がいりそうです。

人気ブログランキングへ ←総合で50万件中400位以内です                          

   ←こちらも3位と健闘してます otama

名古屋の「靖国 YASUKUNI」上映に関して日本会議の方が上映を取りやめるように「説得」に行かれてたそうですね。驚きました。

毎日新聞より

「靖国」上映中止:名古屋では延期

映画「靖国 YASUKUNI」の上映を巡り、5月3日から上映予定だった名古屋市千種区の映画館「名古屋シネマテーク」が延期を決めたことが分かった。延期について同館は「東京で取りやめになったため、公開時期を見計らった。安全な環境を作り社会的な状況を見て、あらためて上映について検討している。いろいろな意見が寄せられるが、圧力によって延期したのではない」としている。

と映画館側も表向きおっしゃってますけど・・だって、そりゃ「日本会議」の方と2時間にわたってお話して決定しました・・とはいえないよね。

ここまで書いて、ちょっと手が震えてる・・・一応お玉に自覚があろうがなかろうが、政治ブログではそこそこ有名なんだよな、お玉って・・・・・もしもネット上以外の場所で脅かされちゃったりしたらどうしましょう!!!!ああ、みんな!!勇気を!!

この説得の様子を日本会議の方は自身のブログで事細かに書いているので、信憑性は高いと思います・・

さあて、お玉がいいたいのは、稲田朋美議員はたしか日本会議のメンバーでしたよね???今回の一件で稲田朋美議員がおっしゃっているいい訳

「そういう勢力が入ってくることは迷惑だ。街宣活動で表現や政治活動の自由が制限されることは、あってはならない」

を考えるとき、稲田さん、あなたはこの名古屋の上映阻止のための「恫喝行為」に対してどのようにおっしゃるのでしょうか?あなたと同じ会のお仲間が、こういう事をやり、相手が萎縮して上映を中止してしまった事実について、あなたは無視を通すのですか?「私は関係がない」・・・と

otamaお玉はオタマジャクシのお玉でした。え、しらんかった??

人気ブログランキングへ                    

   

 
Secret
(非公開コメント受付中)

八紘一宇がまともな思想?
『八紘一宇』は、全世界を日本の国体というひとつ屋根の下に!という意味では使っていないのですか?
あるいは右派のいくつかの宗教団体のように、全世界をひとつの宗教の下に!とか、ひとつの思想の下に!というのも在りますが…。
東亜連盟?アジアの団結?
カン・サンジュンさんの東アジア共同体ですか?
この二つがどうやって結びつくのか、意味不明です。


プライドの上映運動をされた方へ
こちらのブログを借りて申し訳ないけれど、タケ坊様はじめ「プライド」のようなまっとうな映画の上映運動に関わった、まっとうな民族派の諸君、「靖国」の上映に向けて、エセ民族派、エセ右翼と戦うべく共闘しませんか?
八紘一宇、東亜連盟構想などまっとうな思想を持つ民族派の諸君は、監督が中国人だから「反日」だ、などという単純な決め付けはしないはずです。
少数派の表現の自由を多数派に向かって叫ぶ、その一点において左派も右派も共闘できるはずです。
共闘しようぜ。


>「プライド・運命の瞬間」、「ムルデカ17805」抗議運動も恫喝にあたるんじゃないでしょうかねぇ.

あたる可能性もあるでしょうね。スターリニストのやることは、右翼・日本会議の類と瓜二つだから。

「プライド」は、結構、昭和天皇の戦争責任にまで踏み込んだ気骨のある映画だったよね。確か「朝日」も誉めてた記憶がある。
今回の「靖国」もそうだけれど日本ではあいも変わらず、昭和天皇の戦争責任に触れることを嫌うんだな。左右を問わず。
しかし、「プライド」も「ムルデカ」も結構大きな劇場で公開されたと思うけれど。


いいから、国民に観せなさい!
うーん、大阪か。(ーー;) 出来ればもっと近いところで、自主上映やってくれないかな・・・・
と考えていたところに、この日本会議の話です。日本会議にも稲田さんに言いたいのと同じく、「あんた等、何様だ!」と言いたいですね。反日映画かどうか?国が金を出すべき映画じゃなかったかどうか?どうして国民に見せて判断させないんですかと。国民がみんな、あなた方より愚かだというわけではないんですよ、と。

映画「靖国」の公式サイトではあの、一水会顧問の鈴木邦男さんも
「靖国神社を通し、<日本>を考える。『戦争と平和』を考える。何も知らなかった自分が恥ずかしい。厳しいが、愛がある。これは『愛日映画』だ!」
と試写の感想をおっしゃっているんですが。それを「反日映画だ」と一方的に言われても、観せてもらわないことには私には納得できません。だいたい、反対している人たちも、そのほとんどがまだ観てはいないんじゃないですか?

ちなみに私は靖国神社にはこれまでに三回、参拝しています。そしてそのうち一回は遊就館にも行きました。二十年以上も前のことなので、細かいことは忘れましたが、当時は遊就館の入り口付近に「海の特攻隊」で使われた「人間魚雷 回天」の実物が(たしか露天で)置かれてあったのは覚えています。

私の母方の伯父は回天の整備兵でした。母の話では、沢山の兄弟の長兄だった伯父は、元々面倒見のいい優しい人だったそうでしたが、戦争が終って帰って来た当初は、とても気持ちの荒れた怖い人になっていて、うっかり何か言えばすぐに怒鳴られたり殴られたりしたので弟妹は、みな恐れていたそうです。「今思えば、あの頃の兄さんは、同世代の若者たちが、魚雷艇に乗って還らぬ旅に出て行くのを何度も見送ってきていたはず。だから自分が無事に帰って来たのを素直に喜べなかったのかもしれない」と、母は言っていました。

その回天の錆びかかった実物を見たとき、「こんなものに乗せたんか・・・」という、わびしさと怒りの入り混じった、切ない気持ちになったのを覚えています。前途のある若者たちを、こんな鉄の缶詰のようなものに乗せて死に追いやった人たちがいるということ。他者の命を捨て駒にして、結局、自分たちは生き延びた人たちがいるということ。そのことに対する怒りがこみ上げてきて、なんともやりきれない気持ちになりました。

愛知の日本会議の人は、上映予定だった名古屋の館の代表者に対して「まず、靖国、遊就館に参拝してどんな感想を持っているのか、それに対して今回の『靖国』の主張を主催者はどんな判断をしているのかを問うた。しかし靖国にいったことがない、遊就館展示を見たことがないとの回答で肩透かしを食った格好。日本人の感性を問おうとしたのに当て外れ。」との感想を持ったそうですが、そもそも、「日本人の感性を問う」とは何を期待してのことなのでしょう?靖国を参拝したり、遊就館を見たのが日本人であるならば、皆、自分と同じ感想を持ってくれるはず、とでも思い込んでいるとしたら、それは「甘え」というものです。

試写の感想を見る限りでは、監督は中国人であるにもかかわらず、日本人の間でもけして一様とは言えない靖国に寄せる思いをそれぞれ丁寧に拾い上げているようです。
それを「中国人が作ったのだから、反日映画に違いない!」とか、「上映させたら俺たちの負けだ!」みたいな幼稚なことを言って騒いでいるようでは、すでにして「負け」というものです。いいから、そこをどいて国民に観せてみなさい!


うんうん、恫喝行為は確かにイカンですな。
まぁ、私はその場にいたわけではないので実際のやりとりを知らないですから軽々に恫喝だとか稲田議員と直接かかわりがあるような言い方はできませんが。
あのブログに書いてあったことが真実なら説得の範囲だと思いますけどねぇ。
事実として問題のある助成金の出方もしてるわけですし、肖像権侵害のおそれもあるわけですから。
仮にそれが恫喝にあたると言われるのならこちらの団体の展開していた「プライド・運命の瞬間」、「ムルデカ17805」抗議運動も恫喝にあたるんじゃないでしょうかねぇ。
http://www.ei-en.net/frenet/jiyunet.htm
ちなみにこの団体、前のエントリーのリンク先にも出ていた映画人九条の会の前身団体なのをTellで確認しました。
うーん、ダブスタって気持ち悪いですねぇ(笑)


映画そのものはまだほとんどの人が見られない状態なのだから、我々は判断しようがないわけです。伝聞や、固定されたイメージだけでなく、自分の頭で考えようとするならば。
なのに「無論上映となれば断固抗議行動を徹底し、日本の正義を守る覚悟である」と、恫喝によって議論の入口にも入れさせまいとする者がいること。
「民主主義」に価値を見出している者にとっては、このことだけで十分批判の根拠になりますよ。

そしてかれらの唱える「日本の正義」とは、民主主義とは何の関係もないことが明らかになりました。


驚くべき事実
こんにちわ。
さもありなんと思いきや、驚くべき事実。
これは私の邪苦笑(弱小)ブログでも紹介させてください。
「靖国派・日本会議」は、安倍晋三がつぶれてから、稲田朋美を尖兵にして、復活を狙う策動を繰り返していたが、歴史の亡霊を表舞台に断たせるわけには行かない。
靖国のお墓の周りでウヨウヨするのが尾に愛だろうに・・・。
憲法に対する挑戦、許すべからず!ってとこです。


俺に金と暇があれば
日本会議に突撃しますわ。

稲田が日本会議の会員とは忘れておりました。
また事務所に電話してみます。




ごろつきが愛国心を語るなど…。
この国を良くしたいという愛国心の持ち主が、一本筋の通った礼儀正しさを持たないとは思いたくない。
そうした脅し文句を言ってくるごろつきは少なくとも愛国者ではない。
断じて!


ちょっとオ~バ~でしたね。(^^)
なんせ、最近殺すとか死ねっていうコメントがはいるので・・・・

>彼らの心中を慮り、関係ないことだと見捨てておかずに自分が同じ立場に立って希望を拓く生き方をしようと、そういう勇気を持ち、あるいは決心をしてもいのではないでしょうか?

ここ、激しく同意します。たいしたことは出来ずとも、そういう風にお玉は生きていきたい・・

>あ、真面目にお玉さんがコワイ目に遭ったら、すぐに書いてください、きっとみんな味方ですよ。

うん(^^)サンキュ!!元気と勇気100倍です!





勇気ね ^^
お玉さんが脅される可能性はあんまり感じませんが、誰しもひとりの人間としてそういう状況は嬉しくないものだと想像します。で、こんなことを言ってもダメかも知れませんが、実際に戦火が身の回りに降りかかっている人々、たとえばイラクだとかレバノンだとか他の地域で暮らす人たちは、毎日毎日おそれや心配とともに暮らしているのだと考えるなら、ただ自分がそんなところに生きなくていいことを幸運だと喜ぶだけでなく、彼らの心中を慮り、関係ないことだと見捨てておかずに自分が同じ立場に立って希望を拓く生き方をしようと、そういう勇気を持ち、あるいは決心をしてもいのではないでしょうか?お玉さんが危険にさらされたときは、いつでも助けに行きます!って言える人は結構たくさんいると思うのですが、でもイラクの人たちは、パレスチナの人たちは、誰にも助けてもらえない・・・
 ちょっとアタマ大丈夫?とか言われそうですが、こういうヤツですのでとりあえず許してくださいね。あ、真面目にお玉さんがコワイ目に遭ったら、すぐに書いてください、きっとみんな味方ですよ。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『靖国』上映問題に関して そのスジでは有名な「お玉おばさんでもわかる政治のお話」さんがエントリをあげている。 さらにこちら。 名古屋シネマテークが『靖国』上映延期をするまでの経緯がこれではっきりした。 圧力はやっぱりあったのだ。 しかし、単なる「右翼団
真実を知りたい・・・ただそれだけ・・・。       平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。 よろしければ、ランキング...
 JCJ のHP 「文化の窓」に、「映画の鏡」担当の木寺清美さんが『靖国』上映中止問題について、記事を寄せています。『靖国』の映画評は機関紙4月号「映画の鏡」に掲載します。  「文化の窓」から抜粋。 在日中国人監督が撮った『靖国』 国会議員が横槍 上映...
今日は、城内実さんお勧めの映画、シッコがDVDで発売された。レンタルも同時にされているので、買われるか、借りられるかしてご観覧頂きたい...
例の「靖国」上映中止騒動ですが、名古屋の映画館を上映中止に追い込んだ張本人さんが、自身のブログでそれを誇っておられます。草莽の記    杉田謙一「靖国」映画五月上映中止決定 名古屋シネマテークhttp://plaza.rakuten.co.jp/seimeisugita/diary/200804020001/...
当ブログは「お気楽系」なので、日々の雑感を綴る日記として、園芸あり猫ネタあり、一丁前に能書きを振り回すこともあるが、やはり基本は「...
何か今年は落ちそうな気がしてきたなぁwww でも、まぁ もしイナダ先生の尻に火がつきそうになったら それはそれで何か楽しめそう(`∀´)(`∀´)(`∀´)
 後期高齢者医療制度が始まり、保険料を年金から天引きするというニュースを見て、いや~な気持ちになりました。そういえば、この制度って小泉内閣の時に強行採決されて決まったんだと思い出し、強行採決はこわい!と書いた日の記事を振り返ってみました。あらためて、こ...
毎日新聞、[http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080404k0000m010146000c.html 租特法改正案:自民執行部、「再可決」へ必死の異論封じ]によると、自公議員若手・中堅が&#039;&#039;&#039;「福田提案を支持し、道路特定財源の一般財源化を実現する会」&#039;&#039;&#0...
 ドキュメンタリー映画としても完成度が高いと言うのが見た人の多くの感想です。是非見てみたいですね。 靖国 YASUKUNIhttp://www.moon-leaf.biz/cinema/screen/200804Yasukuni-movie.shtml 李纓監督作品 刈谷 直治 菅原 龍憲 高金 素梅 製作総指揮 張雲暉/張会軍/胡...
「靖国」の東京上映中止で、朝日新聞などは大はしゃぎである。鬼の首をとったかのように、ミギ全体を、攻撃している。 だが、チマチョゴリ切りが大捏造であったことも今や明白であり、「右翼が脅した、右翼は汚い、右派は汚い、さあ私たちの映画を見てください」式の汚い...
2008年3月15日に湖西市で行われた時局後援会信念を語るの動画をがんばれ城内実に掲載しました。新三ログでは、城内実さんの講演部分を掲載する...
靖国問題のビデオ「まだ軍服を着せますか?」を見た.内容が深い.ぜひとも一見をお奨めする. プロデューサーは落合誓子氏,企画・制作は...
 チベットが、ひいてはチベットに不当な弾圧・抑圧を行い、その尊厳・生命を蹂躙している中国は、今や大問題になってる。  その中で国内問題に目を向けるのもいかがなものか、と思いはするのだが、俺はあえてこっちに目を向けたい。  おいおいチベット、ひいては中国独...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。