2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
言論の自由に反対する自由??

夜中に惨殺する・・と書いてきた人が、けさ「お詫びと訂正」を入れてきた・・はあ・・・まさかと思うが、お玉に訴えられると思って恐くなったのかなあ・・・??

でも思ったほどこわ~~いコメントは無いよ。お玉がこれまでで一番恐かったのはやはり一万字のコメントでして・・

人気ブログランキングへ ←総合で50万件中400位以内です                          

   ←こちらも3位と健闘してます otama

 

中日新聞 より
「外国の取材応じた」懲役3年判決 中国の人権活動家・胡佳氏 国家転覆扇動罪で

【北京=新貝憲弘】中国の人権活動家で国家政権転覆扇動罪に問われた胡佳氏(34)に対し、北京市中級人民法院(地裁)は3日、懲役3年6月、政治的権利はく奪1年の判決を言い渡した。北京五輪を控え人権活動家に対する締め付けの象徴として中国政府への批判が強まりそうだ。

 

今、自分たちのすることが正義のように思って映画館に上映阻止の電話をしたり、街宣車で脅かしに行ったり、会社に乗り込んでいって、脅かして 説得して取りやめさせようと目論んでいる日本会議の方々・・

胡桂氏に国家転覆罪の罪をなすりつけて有罪にした、あなた方の大嫌いな国とあなた達右翼の今していることが同じだって何故わからない?

 李方平弁護士は、胡氏がインターネット上で中国政府を批判した5つの文章と、海外メディア2社の取材を受けたことが罪状に認定されたと説明。「(判決では)言論の自由の範囲が不明確で、司法側の(一方的な)判断により罪が決まる恐れがある。受け入れられない」と語った。肝硬変を患う胡氏の病状も考慮しながら控訴を検討するという。

 生後5カ月足らずの娘と傍聴に来た妻の曽金燕さん(24)は、涙ながらに「(判決は)不公平。五輪を機に、わが家に幸せとだんらんを返してほしい」と夫の釈放を切望した。

 胡氏は、中国の人権活動家の動向を伝えてきた。曽さんは、インターネットで夫の釈放を呼びかけ、米誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれている。

 


言論の自由に反対する「自由」?何ですか??それは?
見てもいない映画にレッテル貼って、挙げ句そんな映画を見たら
「反靖国派」が増えるかも知れないから・・
あなた方の守りたい「靖国」ってそんな薄っぺらな弱いものなのでしょうか??

まるで本当は市民運動の拡大にビクビクしている中国政府と同じじゃないですか?
言論の自由に反対する自由・・・ばかばかしい・

中国政府だって同じ言い訳しそう、もちろん北朝鮮もね。

今日の朝日は2面で映画「靖国 YASUKUNI」を特集してますけど、 (リンク先見つけられない・誰かわかったら教えて下さいませ<(_ _)>)
ここでなぜ右派系ブログのことしか取上げてないのか・・
お玉はかなり不満です。
3月25日に開設した映画「靖国 YASUKUNI」批判ブログが1万アクセスを越えているとか・・
あら・・お玉だってアクセス数はそのブログの数倍以上です。
しかもポチが増えてる訳は、みんな、靖国記事に興味持ってくれてるからだよね。
朝日さん、その文章では右翼ブログを煽ってるだけだと思うけど・・・

なんか、コメント欄で何度言っても「靖国 YASUKUNI」の内容が問題だ!きぃきぃ!および「プライド」のときは批判運動をしたくせに・・を書いてくるけどさあ・・・お玉、映画の内容批判や議論をすることがだめだなんて言ってない。それはあなた方の自由だ。え~っと映画「プライド?運命の瞬間」の抗議行動って上映中止を映画人達が要求したのかい??んで、中止にした映画館あった??そんな記事見当たりませんけど・・もしそうならばそれは言論の自由の侵害ですけどねえ・・・・違うよね。左翼は映画批判はしたでしょうが、お玉の知ってる人たちはみな、キチンと映画見て批判してるよ。見ないで批判するのは右だろうと左だろうと最低です。

ようはこの数日お玉が書いてることは一貫してる

「靖国 YASUKUNI」を上映中止するように圧力かけたり、街宣車で脅かしに行くこと、そんな事をしてまで上映中止に追い込む事が「言論表現の自由」を侵害する行為へとつながっているのです。そこが問題だと言ってます。

中国政府に理不尽に裁かれている胡桂氏・・・・・・彼のような思いをしないだけ、日本はずっと良い国です・・でも自由のすばらしさを理解出来ず自らのクビを締めようとする人が多いことにきっと驚くと思います。

さて、週末です・・明日はお玉は朝からお出かけですので・・記事はお休みします。(多分)

人気ブログランキングへ                         

   

 
Secret
(非公開コメント受付中)

「プライド」の上映中止運動については、現在発売中の「SAPIO」という雑誌に記事がありますので、ご覧ください。

「セブンイヤーズ・オブ・チベット」「南京の真実」「めぐみ」あたりも似たようなモノですかね。
バランスを取るために「ゆきゆきて、神軍」も挙げておきます。



別に左翼的・右翼的な映画とか どーでもいいです。
日本には言論・表現の自由があり 法律に違反しない思想的な作品は当然どれも守らなければならないと思います。
たとえそれが天皇のことであっても法律違反で無ければ言論・表現の自由はあります。
しかし 助成金・年老いた刈谷さん・共同制作者・靖国 その他色々 詐欺まがいな形でだまして
あげくの果てに反省の色も無く論点を摩り替えようとしたりして
道徳的に絶対ゆるせないです


>え~っと映画「プライド?運命の瞬間」の抗議行動って上映中止を映画人達が要求したのかい??んで、中止にした映画館あった??そんな記事見当たりませんけど・・もしそうならばそれは言論の自由の侵害ですけどねえ・・・・違うよね。

「プライド」については、朝日新聞が、広告掲載拒否したのが、有名です。

まあ、それを「編集権」だと言うのなら、それもアリ。けれども、それをエクスキューズにするなら、都合のいいときだけ、「表現の自由」を盾にするのは、卑怯な事。逆に言うなら、映画館がどの映画を上映するかは、選択の自由。部外者が茶々を入れるのは、チャンチャラおかしな話であるし、「ウヨクがボクをいじめるんだ~」的な一方的言明を頭から信じるのも、ナイーブ過ぎるという物です。

「言論の自由」の名宛人は、公権力もしくは行政権(学説による)に原則、限定されるべきなんですよ。「表現の自由」を守るためでございますと、遠山の金さんよろしく権力がシャシャリ出てきたら、「表現の自由」が抹殺されるからです。

ウヨクを「怖い」と感じる人がいる一方、左翼を「キモい」と感じる人もいます。でも、そういう物は主観論でしかないんですよ。


猫まんこ@黒人天皇への道さんへ
私への質問がありましたので書かせて頂きます。

私はお玉さんが「プライド?運命の瞬間」の抗議行動があったのか?という疑問から書きました。しかしその抗議した地方議員を抱える団体について、ブサヨやニュースバリューがない等で書かれている部分については、あくまで主観だと思いますので反論は致しません。そして議員が餌をまいてるや右翼に刷り込んでる等は、あくまで憶測だと思いますので何も言いません。そもそも恫喝が何なのか、誰が弾圧しているのかが不明確です。ですから「街宣右翼が問題ならば」という前提で書きました。

二時間の抗議した件は、私の問題視した街宣右翼、もしくは恫喝的な抗議活動だとは一概には思えません。私もサービス業をしていますが、それはしつこいクレームの類に属すると思います。あまり賢いやり方とは思えず迷惑な話ですが、一概に絶対すべきでないとも言えません。対処方法を考えることがサービス業の永遠の課題だと思います。しかし、その抗議主が示した「上映したら行う徹底的な抗議」が、恫喝やら街宣活動での営業妨害だったら反対します。そしてそれが団体を代表しての行動であるならば、属している稲田議員及び団体を非難します。

>ホテル側に責任があり、しかるに、前者の問題も、映画館に責任がある、と見てるのでしょうが

そんなことは思っていません。恫喝やら暴力で弾圧する団体(もしくは人物)に責任があると思います。できうる対処としては、ホテルはもっと早く営業に影響あることに気付きキャンセルするべきでしたし、日教組は理解ある別の会場を押さえる努力をすべきだったと思ってます(これを議論する気はありません)。営利団体に思想や反権力、もしくは権力思考での「表現の自由」や「言論の自由」を強制することには反対します。

某ホテルの件は、メディアが言論弾圧の同じ例として報道していたので書かせて頂きました。確かに日教組との対立があることも原因かも知れませんね。しかし同じ映画に関するならば、映画「南京1937」を街宣右翼が妨害したのも確かです。そしてどちらも国会議員が関与していません。ですから今回の件が国会議員が発端とも言えません。何が発端なのかの詳しい報道も無いので、今までの街宣右翼の行動から判断するしかないでしょう。私は週刊誌の昨年12月20日号による報道が発端だと考えています。


sutehunさんへ
お返事ありがとうございます。

>唯一『他者』が存在しない場での表明・・

う~ん・・これは表明した時に、横に一人でも他人がいたらアウトってことですか・・
ブログに書いたり、友人と話題にしてもダメなんですね。

大きな声で話している人に
『うるさい!』
と言うのはオーケーで
『静かにしてもらえませんか?』
は権利侵害になるのですね?

>他者の行動を制限しようとする・・

そうですね・・脅迫や暴力によって制限するのは問題です。
ただ、相手に『やめて欲しい』と要望を伝えることまで非難するのは行き過ぎでは?

人間が生きていく以上、お互いに『権利』を侵害しあっていくわけですから・・

理屈には合わないかもしれませんが、人間は理屈だけで動きませんよね。

野球をするのは、ボールではなく、人間ですから・・・・ね(笑)




>Bモンキース さん
>「プライド」には日本労働党なる組織が抗議していたようです。
>少なくとも地方議員が属している特定政治団体のようですよ。

HP見たら・・・
”チベット問題で策動する民主党
「人権」口実の内政干渉許すな”

だってw。典型的なブサヨですねえ。

>これについて「言論の自由」で批判したメディアをネット上では見つけられませんでした。

こんなマイナーな電波系ブサヨがギャーギャー言ってもニュースバリューがないからじゃないかしら。

>そもそも街宣右翼が問題ならば、そこに責任追求し問題提起しなければなりません。

街宣右翼は言論をハナから放棄した連中ですから、そこに何いっても無駄。

>今回の国会議員の指摘が街宣右翼の恫喝に繋がる因果関係にも疑問です。

まず、事前検問を要求した議員が餌を撒いてるわけでしょう?「反日」とか。
で、その議員と同じ団体に属する「右翼」が撲りこんでるんでしょう?
「観てないけど上映するな」「靖国に詣でないのに上映させない」なんで無茶な主張をしかも二時間もですよ。
その「団体名」やらをちらつかせなければ門前払いでしょ。普通。

で、「国会議員が半日だといってるんだから」と脳味噌筋肉の街宣右翼は動きますわな。

>最近あった某ホテルの件において、

それはまた別の問題では。街宣右翼はそれ以前から「日教組」という記号を敵視してたのは周知ですし。
おそらくBモンキース さんさんは後者の問題で、ホテル側に責任があり、しかるに、前者の問題も、映画館に責任がある、と見てるのでしょうが、
ホテルと映画館では同じパブリック・スペースでも対応できる能力が違うのでは?

>田柄さん
>これは、政治家が評価の表明をしてはいけないということでしょうか・・

政治家が政治権力を行使して、事前検問を行い、なおかつ評価してしまえば、波及する影響には責任があるでしょうねえ。


応じてくれたのは不快ではないが。
その内容は非常に不快である。
あなたは何も理解していない。
というか、日本語を、読め。
修飾語に重点を置いて論理展開するアホウがどこにいるか。
だいたい、自身の読解力のなさから来る妙な解釈をこちらへ押し付けるのはやめろ。
……すまない。少々感情的になった。
ともかく。
『上映中止を求めること』は、それ自体が他者の権利を侵害・制限するものであり、既に行動の範疇だ。これが許されるのは、唯一『他者』が存在しない場での表明に留まる。製作者側へ直接出向いてそれを求めたのならば、何よりも強い権利侵害ではないか。
『不快さを表明すること』と、『不快さを理由に他者の行動を制限しようとすること』は、全く違う。
『あなたの作った映画は、私は嫌いだ』ということと、『あなたの作った映画は、上映されるべきではない』ということは、全く違う。
重ねて言うが、これは基本中の基本である。野球をするためにはボールとバットが要る、といった程度のものでしかない。


sutehunさんへ
>私的に表明することに問題はない・・

ええ、私もそう思います。

>中止を求める行動は権利侵害・・

これって、中止を表明することが侵害なのですか?
それとも、行動に移すと侵害なんでしょうか?

う~ん・・表明は良くて行動がダメなら、相手に直接会って『表明』するのはどうですか?
日本会議の件は、これに当たると思うのですが。 

>単なる一私人の場合・・・・

これは、政治家が評価の表明をしてはいけないということでしょうか・・




靖国問題について正面から建設的な議論でもする気はないのだろうか?
マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや?
という寺山修司のつぶやきが身にしみますね、お玉さん。
この国に住む者として、この国を祖国と感じたい者の、やるせない切ない心情と、虚無に飲まれたくないという‘あがき’が、ため息とともに崩れていく…。
ここのコメントのいくつかを読んで、そんな徒労感を感じませんか?

そう言いつつ、このコメントを書くわたしもわたしですが…。


今は亡き友人の言葉です。
「平和の下の自由」
この言葉は私の宝刀となっております。


これまで左派のやってきた事がそんなに立派なんですか?
櫻井よし子さんや上坂冬子さんの講演会を執拗な妨害活動で潰したのは、言論の自由を妨害して日本国憲法の精神を踏みにじったのは右派でしたっけ、それとも左派でしたかね?

そうそう、もっともっと大きな、最大の言論弾圧がありましたよね。小泉訪朝で拉致事件が発覚する前、家族会を中心とした当時小規模だった運動体が拉致事件を訴える写真展を潰したのは確か社民党を中心とする素晴らしき人権意識を誇る方々でしたよね。あの方々も右派なんでしょうか?

天に向かって唾するよな事をやると結局は自分に返ってきますよ。
まずは鏡でもご覧になって自省されたらいかがでしょうか?


基本中の基本。
他者の権利を侵害・もしくは制限する権利は、何者にも存在しない。これは権利云々ではなく、『特別な誰か』など存在しないという、ある意味人間社会の大原則に由来するものである。
ゆえに、他者に対する何らかの評価を理由として、その権利を侵害・制限する行動は許されるものではない。
もちろん、何らかの評価を下すこと自体には、何の問題もない。
特定の映画が不快であると感じることは、『評価を下すこと』である。その不快さを私的に表明することも、これに含まれるだろう。上映中止を求める行動は、『権利侵害・制限に当たる行為』である。
最後に、これは単なる一私人の場合であることを、付言しておく。


言論の自由を侵害してるのは誰なのか?
「プライド」には日本労働党なる組織が抗議していたようです。
少なくとも地方議員が属している特定政治団体のようですよ。

内容を一部抜粋すると、
>南京大虐殺六〇カ年全国連絡会は「プライド」に対し、製作と公開に抗議してきました。抗議文を発表後、各地の市民団体、労働組合に抗議を呼びかけ、東映本社に抗議ハガキを送る取り組みをしています。五月十三日には中国から侵略戦争の被害者を呼んで、大阪で集会を持ち、抗議の緊急アピールを行いました。
http://www.jlp.net/interview/980605b.html

製作段階から抗議しているわけですから、上映中止、いや映画の内容云々以前の問題ですね。これについて「言論の自由」で批判したメディアをネット上では見つけられませんでした。

そもそも街宣右翼が問題ならば、そこに責任追求し問題提起しなければなりません。今回の国会議員の指摘が街宣右翼の恫喝に繋がる因果関係にも疑問です。
最近あった某ホテルの件において、街宣右翼の抗議に萎縮して会場使用を中止したとの報道がありました。これは議員発言によるものではありませんね。議員が言わなくてもこのような結果になったと思います。

ちなみに私は街宣右翼の恫喝的行動を非難する立場です。


>最初は報道の論調と同じようなことをおっしゃっておられたのですが、無理やりキャストにさせられたとされる刀匠の方の話に及んだところで慎重な姿勢に変わられたようです。

こっちのほうが具体的な言及で参考になるな。

http://www.pot.co.jp/matsukuro/index.php


あと一つだけ
あと消えたコメントについてですが、よそ様のブログにも乱入してたので記憶違いだったのかもしれません、そうでしたらお詫び申し上げます。

で、こちらがワタクシがコメント入れさせてもらったブログなんですけど映画関係者様のブログなんですね。
http://zenbar.seesaa.net/article/92169246.html

最初は報道の論調と同じようなことをおっしゃっておられたのですが、無理やりキャストにさせられたとされる刀匠の方の話に及んだところで慎重な姿勢に変わられたようです。

お玉さんにおかれましてももう少し冷静に議論の飛躍に逃げないでエントリーしていただければ憐憫の情を煽るような卑屈なことをせずともランキングの順位は自然と上がっていくのではないでしょうか。

でわまたロム生活に戻りますのであしからず。


黒人天皇への道
お初です。
「靖国神社」「中国人監督」つうキ-ワードだけで勝手に「反日」だと反応する方がたには癖壁しますが、
自身が見てもいないものにこれだけ反応するのは
常人には見えないモノが見えるのでしょうな。UFOとか。

>あなた方の守りたい「靖国」ってそんな薄っぺらな弱いものなのでしょうか??

そうでしょ。
つうか、「その通り。弱者なんだ、だから言論弱者の我々が暴力で守るのだ!」
と言われてしまえばどうするのかな。


言論の自由の、その先
右か左か…「孤掌鳴りがたし」という言葉もあったなぁと思っています。

言論の自由…国民のための「政治」というものを考えるに、各員各派が「言いたいことを言う」のは未だ政治ではないと三浦は思います。

決裂は、「国民のため」という見方によっては双方の敗北とも言えるはずです。相手の主張にはなから耳を貸さないようでは特に。

そうではなくて…お互いが一生懸命本気で話し合い、調べ、考え、また話し合い…お互い満足のいく合意に達する。
これはまったく難しいことですが、これこそ本当の意味で「政治」であり「民主主義」であり「双方の勝ち」となるのではないか、と思っています。


kawaさんへ
私も理屈をこねましたけど、極端なものいいをする方々は右だろうが左だろうが恐怖を感じるのは事実です。
実際チンピラ右翼にからまれた経験もございますし(^_^;)
また素性を隠したサヨクの運動に巻き込まれそうになった経験も恥ずかしながらございます。
で、どちらに嫌悪感を覚えるかと申し上げますと知らず知らずのうちに浸透してくるサヨクのほうがよっぽど不気味だなと思うわけで。
憲法9条守って死にたくないですし(笑)

まぁ、そんなゆるーいスタイルのワタクシなんですが、法律違反はダメでしょ(法を守ってたら何してもいいわけでもないでしょうが)ルール違反はダメでしょっつー小学生並みの倫理観は持ち合わせているわけでして(笑)
そういう基準でいくとまだ右派の方の意見のほうが筋が通っているし誠実さを感じるわけでして。
だってサヨクの人って重要な判断材料をあまりにも隠して自分有利の議論に持ち込みすぎだと思うんですね。
あと自分はいいけど他人はダメというか、要するに自分に甘いというか卑怯モンというか偽善者というか(笑)

んなわけで、昨日今日と他人様のコメ欄汚しを集中してやってまいりましたが、カキコした基本的な考え方や主張は一切変更するつもりはございませんのであしからず(笑)


>左派系はよくて右派は意思表明すら許さないと感じさせる論調には嫌悪感を覚えます。

そんなこと誰が言ってる?
右派であれ、左派であれ、言論の自由を侵すのはだめだとお玉はいっている。

「右派」が恐いんじゃない[街宣車]や特定政治団体の衣を着て脅かす方々が恐いんでしょ?「左翼」が恐いんじゃあない「左翼ゲリラ」とよばれる人たちが恐いんでしょ?

良識ある右派も左派も映画の上映中止のための恫喝行動なんて絶対にやらない。


保守過激派だけが恐怖を与えるなどという都合のいい認識は、おかしいのでは、左翼ゲリラも十分怖いですよね。

問題は思想の方向ではなく、暴力的な行為です。

左派系はよくて右派は意思表明すら許さないと感じさせる論調には嫌悪感を覚えます。

それを独善、妄信とよぶ。
もっとも危険な精神的傾向ですよ。


言論の自由
「映画上映の中止を求める」ことと、相手に対して恐怖を与えて実際に「映画上映を中止させた」では、全く意味が違う。

私は、右翼の街宣活動に関して嫌悪感をもっているし、恐怖を感じます。
出来ることなら一生係わり合いになりたくないと思ってしまいます。

それでも、私たちの言動が恐怖によって左右される状態が、「表現の自由」が保障された社会だと言えるのでしょうか?

また、この映画の件で心配している多くの人々の声に、右派の方々が萎縮するなんてことがあれば、声を出した甲斐もあったと思いますが、そんなことは、ありえないでしょ?わたしや他の人たちが言っていることに恐怖を覚えますか?

右派の方々がこういった議論の中で、「言論の自由を守れ」と言っているのが、私には暴力団構成員が「人権侵害ちゃうんかっ!!おぅっ!」と言っているのと区別がつきません。
私たちの生きる社会の「言論の自由」は、恐怖によって左右されていいはずがありません。


タケ坊さん
消してないから確かめたけど・・

>右翼にも(法に抵触しない範囲で)言論の自由はあるでしょうと書いたはずですが?

そんなことあなた書いてない。で、なぜ表に出さなかったかはお玉は理由を言ってます。
http://potthi.blog107.fc2.com/blog-entry-277.html#comment4348

それとこのお玉の記事は別にあなたにだけ宛てて書いているわけではない。

お玉がコメントを表に出さないことを言論の自由の侵害とよそでおっしゃるのは構いません。お玉基準の守れない方は右、左関係なくコメントはお蔵です。記事に添って、コメント下さるように。及びひと言言いっぱなしは認めない。良くコメントを読んでご覧、常連右派の方々がうちにはたくさん書かれてます。




表現の自由と言うなら
右派が、反日(と思われる)映画を上映するのを止めろ!
と、言うのも表現・言論の自由では?
脅迫が行われたなら警察に訴えればいいでしょう。
どうも左派は、始めと終わりに反戦とか言論の自由とか言っておけば、なにを言ってもいいと勘違いしてますね。
この映画の件で、逆に右派が萎縮して反日(と思われる)活動に対して活動することができなくなったとしたら、それは左派による弾圧ということになりますが?


お玉さんに消されたコメントには
右翼にも(法に抵触しない範囲で)言論の自由はあるでしょうと書いたはずですが?
彼らも警察と極左との長いおつきあいの中で培われた法の許す範囲での活動をしているはずですが?
この件で例えば逮捕されたとかの報道は私見ておりませんが?
確かに別の件では逮捕されるケースもままあるようですが、それは極左も同じでしょ?
ならば凱旋行為を脅かしと取るか運動と取るかは市民運動と偽ってる極左のデモ行進と同じじゃないでしょうかね。
見ないで批判するとおっしゃいますが、見ないでも公式HPで問題になってるキャストやスタッフの確認くらいはできるわけで。
http://www.yasukuni-movie.com/contents/staff.html
そして議員の先生方が終止一貫して主張している750万の助成金ですが、短いニュース映像で申し訳ないですけどあんな家庭用ビデオで撮ったとしか思えないような低予算映画なら750万でオツリすらあるんじゃないかなとまで過去の例をあげれば思えてしまいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88
どうも左派は都合が悪くなると被害者になりたいようで私は鼻白んでしまいます。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「靖国 YASUKUNI」上映中止問題については、「ドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」上映中止に~稲田朋美衆院議員...
流れは止まらない。絶対に人殺し国家での五輪開催は、許してはならない。 ヒトが殺される国での、五輪開催は絶対に阻止すべきである!! 2008/04/04-13:00 チベット暴動に抗議へ=自民・保守研  自民党の派閥横断の勉強会「真・保守政策研究会」(会長・...
午後、叔父に代わり、夫とともに叔母の入院している病院へ。  ソーシャルワーカーの方も交えて、内科の主治医、リハビリ医の説明を聞き、今...
ごめんなさい!とらchanに特別エントリィまで建てられて叱られました!そこまで言われて袖にするほどkimeraは冷血動物ではありません!かっこうわるいですが再開します!************廃刊宣言の4月1日以後も毎日毎日300弱の方の訪問を受け同じ方が毎日何度も何度もこ...
一般的な正論を強く振りかざす人は、よく人を苦しめる。 一般的な正論というものは反論し難いし、反論しても 新たに多くの人から苦しめられることが多い。 しかし、一般的な正論も多少の間違いがいつも有る。 それが「少」ならば余り混乱は起こらないが、「多」ならば 大...
08年4月4日 金曜日  民主と自民  昨日、朝ズバッに出演していた民主の小沢代表の事を書いたが、今日は自民党の伊吹幹事長が出ておられた。  まず、昨日大切な事を書き忘れたので其れから書くことにする。小沢代表が言っていた中に「米軍の思いやり予算は廃止するべ...
 まだ続く格差問題についての能書きだが。  その前に本日の朝日新聞大将軍様の本日(平成20年四月四日)の二面には反日映画「靖国」の上映自主規制残念記事がでかでかと載っていた。  思わずつぶやいた。 「ざまーみろ」  こんなでっかい記事にするほど悔しかったん...
これからあたしは ある種の人たちを国家フェチと呼ぶ あたしとしては こういうレッテル貼りズムが あまり好きではないのだが スタイルの美しさなんて 気にしてはいられないほど この国の行政組織には ヤバイ連中が取り憑いちゃってるみたいだから http://sky.ap.teacup....
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。