2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
何のために書いてるのか。

これは、もう、2年も前の記事ですが・・・

この記事は

お玉自身がフトしたことに動揺して、文章書く気をなくしそうになったとき・・ 

何で政治ブログやってるのかなあ?と哀しい気持ちになったとき・・

初心に返りたいとき・・・なんかに、読み直してます。

人気ブログランキングへ                          

 

~~~~~~~~~~~~~~~
お玉ブログ ライブドア版より

2006年8月21日

こう見えてもお玉って、数年前は「いつまでも謝り続けてる日本ってなんでかな~よその国は植民地支配があっても何で、日本みたいに謝り続けないのかな??」ってな事を思い、口に出していた、櫻井よしこちゃんヨリのおばさんでした。

で、そこから深く考察できない(能力ない)から、たまたま身近に同じようなことを思っている人がいて、「あ、そうか、やっぱ私ってまちがってないのね~~」とこれまた深く考察せずに、櫻井よしこちゃんだけを読んで納得してるようなおばさんでした・・

ちなみに軍関連の事を本で読むまでは、テポドンを打ってきたらすべて打ち落とせるミサイルを開発すればいいじゃん、とこれまた「平和主義者」と思えぬ事を考えておりました。しかもそれは可能だと思ってました。(無知・・・)

なんでそう思えたかって言うと、朝のラジオ放送のおかげ~~大阪にね、有名な番組があってねえ・・「ありがとう浜村純です」って言うのだけど・・ご存じ??毎日毎日各新聞の見出しを中心にお話ししてくれるんだけど、これがなかなかおもしろい!!若い頃から聞いていたけどここ15年くらいかなあ・・彼の話が保守系に明らかに傾きだしたのは・・

で、深く考察しないから調べも、確かめもせず、「そうだよな、その通り!」と思いこんでしまった・・・あ、誤解しないで、彼の批判をしてるんじゃないの、人それぞれ、パーソナリティの個性だから・・お玉、彼の語り口好きだしね。

でも時々変だな?どうしてお玉とかみ合わないのかな?って感じることがあった。例えば「原子力発電所」の問題。事故が相次いだし、建設問題でもめてるのに、そういうことはあまり取り上げない。なんでかな~~?って思ってたら、そりゃそうだ、番組スポンサーな上に浜村さんCMキャラクターだったもんな。

お玉は昔から反戦運動や市民運動に理解がある家庭で育っていたから、それも理解しつつ、選挙では保守には入れないというポリシーは貫きつつも、真逆の考え方もいったんは目からウロコのようにお玉の中にすんなり入ってきた。そのうえ、小林よしのりのマンガも嫌いじゃなかったモノで、通算で4年以上は自虐観はやめよう、という考え方も漠然とだけど持っていた。小泉首相だって、就任したときはものすごく楽しみで、わくわくしながら彼のことを応援してた。

そして、ここ3年くらいかなあ・・「なんか、おかしい、でもどこがおかしい?」って思うことが多くて・・・・本屋さんには「他国の脅威」を書いた本ばっかり並ぶし、今まで、本気で変えちゃうつもりとは思いもしなかった「日本国憲法」を改正したいといいだした・・今まで悪代官のように思っていた自民党の議員さん達がどんどん陰を潜めて、それで世の中、平和になるのかと思っていたらなんのこっちゃない!!だんだん「愛国心」だの、「軍事力強化」だの、「共謀罪」だの・・おいおい・・それって大昔の日本のようなこと話してなあい??素朴にそう思いつつ、でもまだ自分の立ち位置を決めかねていました。

もしも、昨年広島に行かなかったらお玉はこのブログは始めてませんでした。九条の会には入っていたけど、もっと漠然とした気持ちで「平和がええなあ・・」と思う程度だったかもしれない。

~~引用ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~~

お玉の立ち位置がここにあることを確認して、

「お玉のペースだけど、やっぱり続けていこう」

題名に書いてるけど、何のために書き続けているのか・・

それは実はお玉にもわからなかったりします。

異論はありましょうが、お玉は、所詮ブログだとやはり今でも思います。

ネット環境から遠ざかれば一切が見えなくなる・・小さな世界だと。

だけど・・・続けているうちに見えてくるものがあるようにも、この頃思います。

ただ、文章は時として刃のように鋭く突き刺さるやっかいなものであることを自覚しつつ、伝えることを続けていきたい・・・・

あの頃、よく書いていたフレーズ

お玉みたいに難しい政治のお話は語れなくても、平和や護憲についてお勉強してみたいと思われている同志の方を求めて・・ブログランキングに参加しています。

お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ                          

   

 otamaいつもよんでくださって、そしてポチしてくれて、ありがとう!



 
Secret
(非公開コメント受付中)

 こんばんは。コメントはお久しぶりです。
 お玉さんもとうとう「サブキャラクター」投入ですね。どんな風になるか楽しみです。自分のブログの『びーいとう』よりはだいぶマシなんでしょうね。

びー:人のところ来て何語っとんねん!アホな事は自分のブログだけにしい!

 いてててて…と言う事で、お玉さん、こいつ(とびーいとうを指す)みたいなアホではなく、タマちゃんの無事な成功を願っています。

※バカ書きました失礼お詫びします。


にゃんころもちさんへ

人間って思想が錯綜し、ぶれることはよくあること。
あなた自身がそうだったんでしょう。
ということは、これからも色々な事実に遭遇してまた元の考えに戻ることもありうるよね。

歴史の真実もODAのことも、自分の頭でもう少し研究をなされれば、また違った観点が見えてくるんじゃないのかなぁ~


にゃんころもちさんへ
矛盾はよくないですね。
複雑な錯綜する感情の二律背反などは許されると思いますが…。
そうならそうで正直に表現しましょう。


>私にとって左派とは嘘つきの象徴ですから、右寄りから左派に転じた、という話は正直信じていません。

信じていないお玉のブログに何であなたはわざわざ書くの?
それもどう見てもキンキン棘のある文章で・・・相容れないのならばキチンと行儀を守って議論をする気もないのならば、なぜお玉の所へ書き込む?
それはお玉が削除しないからではないのかい?

>「話し合いで問題解決できずに戦争しようとする奴は無能だ! でもわたしは、コメント拒否という実力行使に出ます。」
など、枚挙に暇もないほどの、左派のダブスタを目にするわけです。

お玉がいっていない話、やっていない行為をここで書いて、左翼を一括りにするのはやめよう。そういう事は自身でブログを持ってやりなさい。以後、もう少し優しい文章を書けないのならば、しばらく出入り禁止!


私とは正反対ですね
私は最初、「あんなに中国が靖国参拝止めろって言ってるんだから、止めてやればいいだろ。」
「さっさと慰安婦問題に謝罪と倍賞しろ!向こうが亡くなるの待ってるのか?」
「また自民が選挙勝ったのか? いつになってもこの国は良くならない。」
等と思っていました。
しかし、なにもしていないと思っていた政府が多額の経済援助等していたことを知り、「ああ。あいつら金をたかるだけで、許す気なんか無いんだ。」と思うようになりました。
更に調べると、南京大虐殺に技術的に見て、確実に細工がされている写真が使われていることを知り、「こいつら金欲しさに嘘ついてるだけだったんだ。」と気付きました。
こうなると更に、今までの自分と同じような考えの人達に眼がいきます。
そして、「改憲派はそんなに戦争が好きなら、どこぞの紛争地帯にでも行け!」
「米軍は出ていけ! でもそのために自衛隊強化するのもイヤだ!」
「話し合いで問題解決できずに戦争しようとする奴は無能だ! でもわたしは、コメント拒否という実力行使に出ます。」
など、枚挙に暇もないほどの、左派のダブスタを目にするわけです。
私にとって左派とは嘘つきの象徴ですから、右寄りから左派に転じた、という話は正直信じていません。
矛盾があるのはお互い様ですが、否定するものが多い分、左派のほうがより矛盾が多いですからね。


そうなんですよね。
わたしも一時期、『ゴーマニズム宣言』をかなり興味深く読んでいました。立ち読みではありますが…。
(本屋さんすみません。どうしても手元におきたいとまでは思えなかったもので!)
彼らが『新しい教科書を作る会』を結成した時も、
「自分の肉親やご先祖様を、悪し様に罵るような歴史教育はいけない!どうして親をそこまで罵れる?」
という思いには、
「わからないこともないし、ある意味当然の気持ちだろう」
とも思いました。

ところが、ある意味当然の、そうした思いが、何故か少しずれてくる。そして歪んでくる…。
その歪みはたぶん最初からあったのだろうけど、だんだんその歪みがはっきりと感じられるようになってくる。
そこに、彼らの強烈な野望を感じるようになると、もういけない。

欲望・野心・野望のない人間はいないだろう?
彼らのどこがいけない?

ただでさえ人の野望は他者を巻き込んでいく…。
己の野望を国家に重ねた者は、自分の個人的感情を、『国家の正義』と同一視するようになる。
その野望が、多くの人々を翻弄する。
それを省みない人々に、天下国家を語って欲しくはない。


♪♪ あの清々しいコメント欄を もう一度 ♪♪
私も最近、なんのために書いているのかと思うことが多くなりました。

右翼の人たちの長すぎて意味も分からない、二度と読みたくない(読めない)『繰り返しコメント』が多くて辟易しています。
彼らの長たっらしいドヨーンなコメントの陰に埋もれてしまうかと思うと、書き上げた自分のコメントも三回に一回しか投稿しなくなりました。

以前は高校生や大学生や若いママさんたちに、『お玉さん』のコメント欄は楽しいから読むように薦めていましたが、最近は、ちょっと薦めにくくなっています。(今の状態では薦めても、皆、途中で読むのが嫌になってしまうだろうと・・)

お玉さんが我慢しているのに、こんなことを書いてゴメンナサイ。
「法律がどうの、適法云々」と常に主張する右翼の人たちの無法ぶりに・・、ひとこと、言わずにはいられませんでした。


これは意外でした
そして、希望でもあります。
「コイズミ」に淡い期待をしていた人が、「よしりん」のマンガが好きだった人が「9条を守ろう」と思うようになったことってのは、お玉さん本人ももちろんですが、世の中捨てたものじゃないと、思ったりするわけです。

もちろんスキを見せないように用心しないとね。日本会議をはじめとする奴らは、どんな手を使うかわかりませんからな。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008/04/14-16:47 日弁連が「靖国」試写会=23日、一般向けに-東京【時事】  日弁連と東京の3弁護士会は14日、上映中止が相次ぐドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の一般向け試写会を23日に開催すると発表した。 試写会は23日正午から東京都千代...
14日、日本記者クラブにおいて今年2月に赴任したエドワード・ライス在日米軍指揮官の記者会見が行われていた。扱いは小さいが何件かのメディアが報道していたのでメモ。 ☆時事通信;[http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008041400534 不祥事対応、協定の運用改善
 一昨日(13日)、市内の文化センターで『四万十シネマの会』主催の       『母べえ』 上映会があり、紅星も午前の部で何とか観て...
08年4月15日 火曜日  もうすぐくたばる高齢者  メディアは移り気だ。今日は後期高齢者問題一色だ。朝日の記事の一部を掲載する。{/arrow_r/}(こちらをクリック)  そして、テレビでも準備不足、説明不足の問題点を指摘したテロップが出ていた。       また、...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。