2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
次の内閣が憲法改正論の核になるかな・・・

あらら・ ・・
福田内閣の支持率また下がっちゃった・・・・
朝日で25%、日経で29%、時事通信27.6パーセントですかあ・・

安倍総理の時はかなり本気で「いい気味」的にミーハーな意地悪心もありましたが、今回の支持率低下は小泉、安倍、続いてきた「いけいけどんどん」政治のつけを福田内閣で集大成している結果のような・・・「あの」本来は野党と共にもっと大騒ぎをリアルにすべきだったときに、うまいことだ「まくらかされて」気がつけなかった国民がが、不況、物価上昇、福祉の切り捨てなどがリアルに迫ってきたことで「気がつけた」結果かなあ・・なんて思う。

福田さんもちょっと(だけ)気の毒・・・・・「僕だけのせいじゃないモン」って絶対におもってるよな・・・

 先週松元ヒロさんのお芝居を観て、総理大臣のモノマネをやるのに、「せっかく上手に真似が出来るようになったらすぐに変わっちゃうんだもの・・」と愚痴のような笑いをとってらっしゃいましたが・・・・やはり解散しちゃうんでしょうか?

さてさて、タマちゃんにもわかる立憲主義の方はむずかしいところも出てきましたね。

お玉が勝手に憲法を語ると「わかりやすく」の罠に落ちてしまう・・わかったつもりで細かいところを端折ってしまう、と言う部分を皆さんに書いて頂くことで補って頂いてるんですが・・・

十文字さんのお陰でずいぶんグレードが上がったかな?今朝のコメントなかなかおもしろい。以前に読んでいたはずだたけど・・「絶対平和主義は立憲主義と相いれない」お話はお玉も長谷部先生の本を読んだときにずっと引っかかっていたことなの・・・・・これだけで本来記事としてあげねばならない大事なことですよね。

ああ、久々に憲法モードかな?

護憲派というか今憲法を変えたくないって意見は本当にいろんな立場の人、考え方の人の複合で・・ある意味改憲派よりまとめにくいかも知れない。

だから、余計に十文字さんのような、お玉にとっても「痛い」「今まで気がつけてない視点」のご意見は貴重だと感じてます。

お玉は9条やその他憲法を語る前に、何よりもこの立憲主義をみんなに理解して頂きたくてしつこくしつこく取上げて、時々自爆しつつも(^_^;)続けてます・・・・

議論の中で「タマちゃんの掃除当番」のお話に肉付けが出来て来ましたね・・・・

あのコメント欄は別記事にまとめ直したいと思ってます・・

憲法は学者さんがそれ専門に勉強するむずかしい分野だとお玉は今も思います。だから・・・・憲法の記事を取上げると以前はアクセス数が一気にへり、なのにコメント欄は「歪んだ立憲主義」や「ヘンテコ憲法論」を持ち込む人の対応で大盛り上がり・・だったのですが、この3年でずいぶんとその傾向も変わってきました・・・憲法は国民みんなのもの・・みんなで大事にしなきゃ、活用しなきゃ・・もったいない。

いつかはお玉とここのみんなで頑張って話してきた事をホームページに公開したいと思いつつ・・なかなかそれが出来なくて・・・ああ・・今はその時間がない・・でもそのうちきっと頑張るね。

次の内閣が憲法改正論の核になるかも知れません・いえ、たぶんそうでしょう・・・・国民投票のお話だって内閣が替わって支持率が戻ればまた一気に自民党と民主党(一部)で盛上がってしまうでしょう。行きつ戻りつ・・・でもきっと数年前よりはみんなに「分ってもらえてる」そんな気も最近してます。

焦らず、おごらず、一歩づつ・・何よりも無理をせず、続けていくからね。

お玉みたいに難しい政治のお話は語れなくても、平和や憲法についてお勉強してみたいと思われている同志の方を求めて・・ブログランキングに参加しています。

お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ                          

   

 otamaいつもよんでくださって、そしてポチしてくれて、ありがとう!

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

価値観の違う「他者」を想定することの重要性について…追記
>護憲派というか今憲法を変えたくないって意見は
>本当にいろんな立場の人、考え方の人の複合で・・
>ある意味改憲派よりまとめにくいかも知れない。

このようにおっしゃったお玉さんのご指摘は、真に正鵠を射ていると改めて思いつつ、『資料 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋 関係ニュース』
http://www.news-pj.net/siryou/iraku-nagoya/index.html
を読んでおりますと、やはり論理展開の仕方が人それぞれ違い、大変に興味深いものです。(とはいえ、ベースとなっているのはやはり、「天木タイプ」か「長谷部タイプ」だと思います。)

その中で、『紛争はいかに解決されるか? 「防衛省」 は「平和省」 への脱皮を図れ! 伊東 乾 4/22』という名の論文が、私としては好意的に思います。

他のコメント欄で、護憲派の9条に対する姿勢が宗教的であるとかないとかで議論になっておりましたが、少なくとも伊東氏は「宗教的」であるという批判には当たらない論理展開(『日経ビジネス』に掲載されるほどのものですから)で、今回の違憲判決を冷静に評価していると思います。

皆様、是非一度ご覧下さい。


価値観の違う「他者」を想定することの重要性について
お玉さまには、私の数々の長文投稿を一つも欠ける事無く掲載して頂き、さらに暖かいお言葉も頂戴してもらい、大変ありがたく思います。

さて、お礼に代えてどのような投稿をしようかと思案しながらパソコンをいじっていたときに、次のような資料集を見つけましたので添付いたします。

『資料 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋 関係ニュース』
http://www.news-pj.net/siryou/iraku-nagoya/index.html

「あの方」の塾を経営している法学館のサイトから拝借したものですが、数々の「資料」の中で、まず気になったのは天木直人氏の以下の主張です。

「全国の平和を愛する国民は、今こそ青山邦夫裁判長を憲法9条の化身とみなし、彼の下に結集し、平和の一大市民運動を起こしていかなければならない。
 いや、それは平和運動に限らない。権力や既成体制に抗って正義を貫いたために、権力から不当な弾圧を受けて苦しみ、孤立している、全国の多くの人たちこそ、青山裁判長の下に結集すべきなのだ。
 憲法9条を守るという事は、単に平和を守るだけではない。憲法全体を貫き通している「正義」を実現する事なのだ。」

次に、長谷部恭男教授の『憲法と平和を問いなおす』の「まえがき」を引用します。

「以下で述べる議論は、残念ながらあまり単純ではない。憲法と平和の関係は単純であるはずだという人は、何故こんな複雑な議論をしなければならないのかとの疑問を抱くであろう。なぜかといえば、問題自体が単純ではないからである。以下では、なるべくわかりやすい説明を心がけたつもりであるが、問題を単純化してはいない。単純ではない問題を単純であるかのように説明するのは、一種の詐欺である。戦争と平和という、正邪の観念や情緒論が入り込みやすい問題を冷静に考えるには、少々の複雑さを我慢していただく必要がある。」

さて、「日本にはさまざまな価値観を持つ人が集まっている」というシンプルな事実を前提とした上で、憲法9条についての考察をするには一体どちらのスタイルがよいと思われますか?

>護憲派というか今憲法を変えたくないって意見は
>本当にいろんな立場の人、考え方の人の複合で・・
>ある意味改憲派よりまとめにくいかも知れない。

とおっしゃられます、お玉さまのご意見は全くの正鵠です。
しかし、「いろんな立場の人、考え方の人の複合」は、スタンスで分類するのであるのならば、先に例示しました、「天木タイプ」と「長谷部タイプ」の二つに分けられると思います。

私が「長谷部タイプ」を支持している事は言うまでもないのですが、加えて「天木タイプ」では、「べき論」を多用して自分の価値観を押し付ける事にばかりに終始し、価値観が違う「他者」の指摘を受け止められず、その結果、問題の本質を探究する能力が欠落しがちになる危険性があります。

・先日の「イラク空自派遣違憲判決」において、なぜ原告が全面勝訴せず、なぜ違憲判断を「傍論」で述べられたのか。
・なぜ、「本件の差し止め請求は防衛大臣による行政権の行使の取り消し変更またはその発動を求める請求を含む。このような行政権の行使に対し、私人が民事上の請求権を有すると解することはできず、訴えは不適法却下」という結果となってしまったのか。

そのような問いかけをされると、「天木タイプ」では質問をされること自体が想定外ではないのでしょうか?

とはいえ、添付いたしました「資料」の中で、弁護士の阪口徳雄氏がその問に対し触れ、その原因を、
「国の違法行為を差し止めや違法確認を求める訴訟類型は、認められていない。」からであると述べられております。
しかし、この解は事象の本質を捉えているとは言い難いでしょう。

長谷部教授が指摘されるように、9条にまつわる問題は、「問題自体が単純ではない」のです。そして今の今まで保守・革新の両派共々、その問題をまともに議論せずに保留し続け、9条温存に貢献し続けてきたのです。

お玉さまは、
>次の内閣が憲法改正論の核になるかな・・・
とおっしゃられております。
そこで、井口秀作氏と今井一氏との「国民投票法案」に関する対論をご紹介致します。
http://www.magazine9.jp/tairon/index2.html
今井一氏が指摘されるのは、まさに「左右とも複雑な問題を逃げてきた」ということであり、「国民投票を語らず憲法を語ることは許されないが如くの議論は、正直、閉口した。」と井口秀作氏はおっしゃられておりますが、国民投票という手段を使わなければ、憲法9条のアイデンティティが確立しないのです。

そして、現状のままの「あやふやな」9条では、「差し止め」や「違法確認」ができず、ほとんどを「統治行為論」や「解釈論」で問題を処理されてしまうのです。

私の忌憚なき理想論を述べれば、護憲派が9条に基づいた国家運営を本気で実現化させたいのであるのならば、異なる価値観を持つ他人に自分の理想を押し付けるような「べき論」を禁じ、あくまで「私的な立場」から9条論を述べることから始め、まずは護憲派同士の意見を統合し、9条が長期的な国民の利益になるものであることを大衆の前に明示し、それらの努力によって国民投票で9条維持を勝ち取り、憲法9条のアイデンティティが確立させる必要があると感じております。

今回の違憲判決はたしかに「歯止め」になったといえます。とはいえ、私のような者が持つ疑問に対してまともに応えず、ただ今回の判決を「黄門様の印籠」のように扱えば、「歯止め」そのものを壊すほどの、手痛いしっぺ返しを受ける危険性があることを留意すべきでしょう。
その上で、「歯止め」を活用すれば、その「歯止め」は憲法改正論議に対する最良の効果を発揮することでしょう。

色々と述べてしまいましたが、やはり最後に一番大切なのは、
>焦らず、おごらず、一歩づつ・・何よりも無理をせず、
>続けていくからね。
という気持ちであると私も思っております。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。 *印のついた関連報道記事は、↓Moreの部分に  まず、大井競馬の☆的場文男さま(51)が、20日の大井7Rで カイテキボスに騎乗して1着となり、史上3人目(現役2人目)となる 地方通算5500勝を飾っ...
『消費税2億円を不正還付』  宝石商ら5人逮捕 神戸地検 海外取引では消費税が免除される「輸出免税制度」を悪用し、ダイヤモンドを輸出したと装って不正に消費税計約2億1000万円の還付を受けたとして、神戸地検特別刑事部は14日、消費税法違反などの疑いで真
長野県警に心からの心配事を述べる! 聖火を守るほかに、「日本人と中国人の民族争乱」が起きる可能性が、今! 急速に! 高まっている!! チベット抑圧虐殺から始まった北京五輪ボイコット問題だが、最近では世界の大資本とマスコミの民衆抑圧、公論封じ込め、パワー...
光母子殺害事件 広島高裁判決、主文後回しに(朝日新聞) - goo ニュースについて.  いま,広島高裁前の駐車場からノートPCに FOMA を繋いで書いています.傍聴席に入った仲間やマスコミの話によると,以下のような状況だそうです.  goo が引用したニュースは第一
なぜか、多くの市民に忌避されながらも、大合併後の4期目の今も市政のトップであり続ける、下関の江島潔市長。  下関の現状を知るたびに...
中国のチベットに対する一連の行動に強く抗議します。 拘束された人の早期解放を願います。 中国当局がラサのチベット寺院急襲、僧侶400人以上拘束(読売新聞) - goo ニュース 2008年4月21日(月)20:22 
「北朝鮮へのボーナスある」=韓国大統領に伝言依頼-福田首相  (時事通信)  「北朝鮮を説得するとき、(日朝国交正常化の暁には)『日本からのボーナスがある』と話してほしい」。福田康夫首相は21日の日韓首脳会談の席上、韓国と北朝鮮が相互に連絡事務所...
朝日新聞の世論調査よりhttp://www.asahi.com/politics/update/0420/TKY200804200195.html  *+*+*+*+*+*+*+*+ 物価上昇を他人事のように扱う首相はなんだ。 *********************http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080421/plc0804210815015-n2.htm  それに...
08年4月21日 月曜日  福田内閣支持率  朝刊のトップは、      だった。  今日は家内の検診の予約が、朝一番だったので、早朝より吹田の循環器センターに行った。先日の救急車の事もあり検診に時間がかかり3時頃帰宅したので、今日は昨日作りさしにしていた「こ
仮にも1国の総裁として、国内に山積する問題に対して言明することは当然である。 仮にも1政党として「候補者」を国政選挙に送り出しているのだから、その政党の「顔」となる総裁が地元入りするのは当然である。 20日。衆議院山口2区補欠選挙に'''...
<BPO>テレビ8局に「公平性欠く」 山口・光母子殺害で(毎日新聞) について  光市事件の広島高裁差戻控訴審まで,あと1日となった.今日は『光事件弁護資料』(差戻控訴審) より,まず 光市事件の経過 と,「光事件Q&A」について掲載することにする.目が悪いた...
映画『靖国』と表現の自由/高橋哲哉 日本で‘靖国問題’が再燃している。中国人の李纓(リ・イン)監督が制作した映画『靖国 YASUKUNI』が上映中止に追い込まれた件だ。山東省出身のこの中国人監督は、1989年に日本へ渡った。小泉純一郎首相の参拝で激烈な摩擦が起き
此処では何度も言っていますが、 本村さんがこれ以上苦しまない為に死刑判決がでないことを祈ります。 本村さん会見「死刑を信じる」 22日差し戻し審判決 (朝日新聞) - goo ニュース 2008年4月20日(日)05:54
商業捕鯨の禁止は、ベトナム戦争の枯葉作戦と因果関係があったことを知っているものは、今や少なくなった。 『ベトナム戦争における枯れ葉作戦とは、』 現在のイラク戦争と同じような、長引く勝ち目のないベトナム侵略戦争のゲリラ戦に疲弊したアメリカ軍は、対空兵
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。