2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12歳にでもわかる立憲主義~コメント欄より

お玉おばさんはニワトリ小屋の修繕で忙しいので、今日もタマが来ました。

コメントをぺたっと貼っておいてと言われてます・・・・・

ったく~お玉おばさんったら、人使いが荒いぞ!! 

たま3

あ、紹介の前にお玉おばさんから伝言です。

「貴重な文章をお玉の所に書いてくださって、皆様どうも有り難うございます。意義あることを書いてくださるコメントの場合には多少長くともお玉基準でオッケーです」

tama
え~~っとこないだ心優しいおっちゃん達にお願いしていた「タマにでもわかる立憲主義のお話」・・ですが最近よく遊びに来てくださる十文字でデビルなおじさまの説明は、とってもタマにはよくわかります。

なので、そのときのコメントをペッタっとします。

人気ブログランキングへ                          

   

小学生キャラタマちゃん登場のコメント欄より

今回、立憲主義のお話をする、十文字(衆愚代表)です。1年前に塾講師(塾長)をしていて、小学生から付けられたあだ名は「デビル」。理由は、「先生は悪魔超人だから」などと言いながら、宿題をいっぱい出していたからです。


さて、立憲主義といわれても、なんだかさっぱりわからないでしょうが、『ドラえもん』だったら知っているでしょう。今回はそんな話をします。

その前に、タマちゃんは、ある日突然、誰かから自分の持っているものを取り上げられたりすることや叩かれること、あるいは「こういう考え方をしろ」と命令されることは嫌でしょう。
人間にはこういうことをされない権利があって、それを「自然権」といいます。


でも、『ドラえもん』の世界では、いつもジャイアンが、「お前のものはオレものもの、オレのものはオレのもの」と言ってのび太のものを取り上げたり、ぶっ飛ばしたり、あるいは「オレの歌を聴け!」なんて言って聞きたくも無い歌を聞かせたりするのです。こういうことをジャイアン主義と呼びましょう。

そこでドラえもんは秘密どうぐを出しました。名づけて「社会契約~!」です。

これを使えばあら不思議。
たとえばジャイアン、ドラえもん、のび太、スネオ、静香の5人が集まってケーキを切り分けようとしたとき、「オレが切ってやる。そして一番初めにケーキを選らばせろ!」とジャイアンが言ったら、次にジャイアンがする事はすぐにわかりますよね。そう、一番大きく切れたケーキを自分のものにするのです。
しかし、突然「社会契約」から、こんな音声が出てきました。
「警告!!。ケーキヲ切ルモノハ、一番最後ニケーキヲ取リ、残リノモノハ順番ヲジャンケンデ決メナサイ。」
これを聞いたジャイアンはドッキリ。なぜなら、この警告を無視したら、「革命モード」になり、いきなりジャイアンの苦手な母ちゃんが所構わず現れて、「剛~!!(怒)」と言ってジャイアンを百叩きにするのです。「社会契約」は正しくない事をする人をこらしめる能力があるのです。
だから、警告を聞いたジャイアンはいそいそと定規を持ち出して、きっちり五等分になるように、ケーキを正確に切り分けることになります。
もちろん、「お前のものはオレのもの」などといったときも、「警告」→「革命モード」→「母ちゃん出現」となります。
この「社会契約」という秘密どうぐは、いつもジャイアンの周りを付きまといます。なぜならジャイアンは仕切りたがり家で、なおかつ「社会契約」がいないところでは、すぐにジャイアン主義になるからです。ちなみに、もしスネオがジャイアン主義になったら、こんどはスネオに「社会契約」が付きまとう事になります。

しかし、この「革命モード」にも欠点があり、ジャイアンとジャイアンの母ちゃんが大暴れした結果、肝心のケーキを蹴っ飛ばして台無しにしたりすることもありますし、いきなり呼び出されるジャイアンの母ちゃんも大迷惑です。おいそれと使えるものではありません。

そこで、「社会契約」に組み込まれていて、「警告!!」とジャイアンに呼びかけていた付属ソフト、名づけて「憲法」を、ジャイアン、ドラえもん、のび太、スネオ、静香の5人がみんなで大事にして、みんなで「革命モード」にならないように気をつけるとします。これを「憲法」を成り立たせるということで、ひとまず立憲主義と呼びましょう。

さて、タマちゃんは「憲法」が出したカタカナ言葉を読んで、とっても公平だなとか、インチキできなくすることを言っているとか思いませんでしたか?

それはその通り。「憲法」はひとりの「自然権」をむやみに傷つけず、そしてみんなで利益を公平に分け合えるようなルールが書かれているのです。先ほどのケーキの話でも、ケーキはきれいに5つに切り分けられ、みんなが不満にならないようになりました。
もし、タマちゃんの教室に「社会契約」があったとき、付属ソフトの「憲法」はこんな事を言い出すと思います。
「警告!!。ジャンケンデ決メルベシ。」
「警告!!。タマニハ教室ノ席順ノ自由選択権ナドノ特権ヲアゲルベシ。」
こうすればタマちゃんにとって、公平か、あるいは不満と満足をあわせて差し引きがゼロとなるでしょう。

さて、これらのことは単に目に見える損得だけではなく、一人ひとりの考え方についてもいえます。
例えば静香が、「最近、捨て犬や捨て猫が多くて可哀想。みんなの家に引き取って育てましょうよ。」と言って、それを聞いたジャイアンやスネオが、「そんなの無理!」と答えたとき、「憲法」はどんな事を言い出すでしょうか?

正解は、何も言いません。
なぜなら、確かに動物を大切にするということは正しい事なのですが、ものには限度というものがあるからです。静香の意見は正しい事は正しいのですが、ジャイアンやスネオの立場をぜんぜん考えていません。人によって「正しい」ことに対する考え方が違うのです。ただ、この場合の静香はジャイアン主義で自分の考えをジャイアンやスネオに押し付けなかったので、「憲法」は静香に対しても何も言わなかったのです。

同じように、私たちの住むこの日本という国には、日本国憲法があり、平和であるように努めましょうとすることが憲法に書かれています。これを平和主義といいます。
しかし平和主義だったら何でもよいかといえば、それもまた限度があります。
もし、タマちゃんが平和の為に何か新しい考えを思いついたとしても、自分とは考え方や立場の違う人がいることをつねに考えて、その人たちが納得するような話し方を、自分自身で考えなければなりません。
この場合、決まって帰ってくる反応は、「タマちゃんの考えたとおりにして、私の自然権はたいじょうぶなの?」でしょう。
それに対して、「日本国憲法に平和主義が書いているから、当然○○○です。」といっても、「憲法」は何も応えてくれないのです。

辞書を読むと、憲法は国の政治や法律の在り方や、国の方針について定めているとかかれています。
でも、もっとつきつめて考えてみると、「憲法」とは、一つの国の中で色々な考え方をする人がいて、色々な問題が起きたりするのですが、「憲法」はそのような国の中にあるたくさんの問題を調節して、ジャイアン主義によってある人の「自然権」だけが認められなくてとても不幸になったり、逆に問題がこじれて大騒ぎにならないように、上手に問題を解決するための手段なのだと考えれば、とてもわかりやすいと思います。

そして、立憲主義とは、そのような憲法を大切にする考え方なのです。

追伸
保護者各位。
参考資料をご紹介します。
http://web.sfc.keio.ac.jp/~oguma/kenkyu/ref/a_theory_of_justice-quote.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E7%BE%A9%E8%AB%96
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/doyou/CK2007032402003183.html

お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願いします

m(_ _)m

人気ブログランキングへ                          

   

 otamaいつもよんでくださって、そしてポチしてくれて、ありがとう!

 
Secret
(非公開コメント受付中)

おそらく、自民党をはじめとした改憲を目論む人たちに、道理がないからでしょう。まだ、小学生のほうが素直な心の目を持ち、学習能力が高いと思います。いくら大人の年齢とはいえ、価値観の異なる人間の存在や、民主主義、立憲主義、三権分立を認めない立場の人たちは、小学生以下の能力しかないから、何も書けないのでしょう。
ついでに、書かせてもらうのであれば、数少ない違憲判決の中で、砂川闘争の際の、伊達判決に対して、露骨にアメリカの介入があり、それを最高裁長官も、行政府の閣僚も、なんら疑問を抱くことなく同調して、跳躍上告され、アメリカの筋書き通りの判決が出た、ってことが公文書として残されているようです。この事実を、勇ましく改憲を叫ぶ人たちは、どのように考えるのでしょうね。有事に限らず、独立国の主権が侵されているわけなのですが。


コメントがつかないのは、コメントする必要を感じないからだと思います。
特に反対することもないし、あたりまえのことを小学生向き(?)の言葉で書かれて、それを読んだ大人が何を書けばいいのでしょうか?

この文章は小学生のためにかかれたんでしょう?小学生読者がいれば、コメントがつくかもしれません。


素朴な疑問
なかなかコメントがつきませんね・・・それだけ「ありのままの人間が、自然に受け入れられる考え方ではない。少々無理をしなければ理解できないし、身につくはずのない考え方」(長谷部氏)をやさしく説明するのは難しい、ということでしょうか。

私は十文字さんの「憲法は『調整問題』の解」説には賛成できません。私人間における自然権の調整は「法律」によって行われるものであり、「憲法」の役割は「権力の制限(個人の人権を侵害するような法律が作られないようにすること)」であるということを、やはりまず説明すべきでしょう。

仮に何か理由があったとして(たまちゃんがクラスの皆に迷惑をかけるなど)、学級会はたまちゃんに対して、「給食抜き」とか「裸で校庭1周」とかの命令を出すことができるでしょうか? 十文字さんの憲法は、おそらく「警告!!。ジンケンシンガイ。」 といって止めさせようとするでしょう。しかし、掃除当番のやりかたについて「警告!!。ジャンケンデ決メルベシ。」とは言わないと思うのです。憲法には「国家が国民に対してしてはいけないこと」が書いてあるのであって、「国民がなすべきこと(公平なケーキの切り分け方や掃除当番の分担の決め方)」が書いてあるわけではないからです。

もちろん、十文字さんの記事の後半ではそのような意味のことも書かれているのですが、いまいち歯切れが悪いのは、前半の例えがちぐはぐ(憲法と法律の切り分けがあいまい)だからだと思います。

現実に、憲法の枠内で行われる民主主義のプロセスによって「私人間の利害の調整」が成功する保証はありません。逆に全員が納得する「解」に到達することなど不可能だと言ったほうがよいかもしれません。しかしもし「憲法は『調整問題』の解」だとすると、現実を改善するには「国民がなすべきこと」を書き込む方向の改憲が必要だ、ということになってしまいませんか?



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こちらのブログは護憲の立場です。 最も大きな理由は9条にあります。 戦争をしないこと、人を殺さないことが 人を守る為の法として先ず第一であると考えます。 自衛隊は勿論違憲だと思っています。 人を殺してまで守らなければならない人の命なんてない。 そうして、人
『空幕長が「そんなの関係ねえ」』 イラク違憲判断、2008年04月19日 航空自衛隊のイラクでの空輸活動をめぐり、活動の一部が憲法9条に違反するという判断を含んだ名古屋高裁判決に対し、田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長は18日の定例会見で、隊員らの心情を代弁す...
最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。  明日27日は、いよいよ山口2区の衆院補選の投票日を迎える。(**)  一時は、民主党の平岡秀夫候補が突き放したという話もあったのだが。 自民党&公明党は、今週、関連団体を一つ一つ回って、細かく票を...
自公政権にNO~~~!・・・と、 お年寄りだけでなく、みんな怒っている。 これは、消えた年金以上の怒りです。     なんとか頑張っ...
 なるほど、納得である。既に報道で、山口二区の補欠選挙の結果如何にかかわらず政府・与党は暫定税率の復活のための再議決を4月30日にも行なう方針だということが伝えられているが(関連記事は末尾に引用)、その意味の解説として、民主党前衆議院議員の生方幸夫氏の見立
08年4月26日 土曜日  思いやり予算   毎日、5大紙の社説を保存しているが今日の産經新聞に{/arrow_l/} 思いやり予算 残念な参院否決と民主党      【一部引用】 日本は日米安保条約第6条で米軍に対し、施設・区域の使用を約束している。駐留経費が米軍によ
なんだか近ごろ、ずいぶんと“謝罪”が多いですね。  近いところでは山口・光市の事件の判決について、青山学院大の学長が、教員の...
本の万引き、年間40億円…小学生も犯行、とがめぬ親も(読売新聞) - goo ニュースより  たまたま読売新聞の記事に,最近気になっていたニュースがあったので取り上げてみた.  私は視覚障害者になってから,読書に非常に不自由している.一番不自由なのが 携帯メール...
太田述正コラム#195 (2003.11.26) <今次総選挙と日本の政治(補足1)>  コラム#184と185でいささか日本の政治を持ち上げすぎました。日本の政治 は、二つの深刻な問題点を抱えており、このままで日本の政治が世界の範例 となることはありえないでしょう。 1 キャス
久々にブログを見ました。 みなさん。どうもご無沙汰しています。 で! みなさんのところに記事を見に行ったら、こんな記事が・・・(目が...
うわあ、おじさんたち、怒ってる。  今日プールで泳いだ仲間はおじさんたちが多い。  いつからガソリン上がるんだぁ?   盗る取ること...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。