2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
馬鹿って2回も書いちゃったよ

安倍さんの次が誰であっても・・・憲法をかえるのはだめです。


どうせまだ、ほとんどだ~~れもここに気がついてないんだろうなあ・・ライブドア版の常連でここに気がついた方、コメント下され・・・・ちょっとさびしい。m(_ _)m


ポチは健在!!毎日の更新のはげみになりますので、どうかポチッと!!よろしくお願いします。


 


 靖国について書くと、本気で御霊の鎮魂を願うまじめな方がコメント下さいます。相容れずとも、そういうご意見を真っ向から否定して激論を戦わせる気はお玉にはもうありません。


 外国に首相の参拝を云々されたくない、内政干渉だというご意見・・これを突き詰めると太平洋戦争ってなあに?という事に突き当たるんでしょうが、お玉は日本人として、今後も首相の8月15日を含む靖国の参拝を辞めて頂きたい・・・


戦後のさまざまな後遺症によって苦しむ人たちにとって、60年が過ぎてもまだ「戦争」は終わっていない。そして靖国を戦争賛美に利用しようとする人がいる限り、私的であれ、公式であれ、首相の参拝をお玉は認められない。


安倍総理はサヨクなお玉達を日本人の「声」とは思ってくれていないと思います。だからこそ、あそこまで首相の椅子にしがみつき自分の思う「美しい国」作りを目指して、まだ、頑張るつもりなのでしょう・・・・


政治ブログ界の人気ランキングが右の翼に集中している事実を考えるとき、「愛国心」「御霊の鎮魂」「国益を守る」というようなフレーズが、いかに人の結束力を高める効果があるかを、思い知ります。


 でも、軍隊を最強にして、最大級の軍事力を持ったとしても、そしてアメリカよりも強くなったとしても・・・・日本が戦争に巻き込まれない、攻めてこられない可能性なんてゼロにはなりません。それどころか他国は日本を脅威の対象と見なして、危険視するでしょう・・


軍隊のある、戦争のできる普通の国になんてならなくてもいい・・・お玉はそう思ってます。えっ、お仲間が危険にさらされているとき、助けに行かなくてもいいのかって?


仲裁に入ってそれを辞めさせるように、外交努力出来る「知恵」を学ぶべきだと思う。安倍さんはお馬鹿だからこの「知恵」が全く欠落しているのでしょうか・・・すみません、最近の彼の顔をみててお玉はストレスをためてまして・・・・










武装解除  -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書) 武装解除 -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)
伊勢崎 賢治 (2004/12/18)
講談社

この商品の詳細を見る


 


相も変わらず安倍のイエスマン達だけで構成した、集団的自衛権の憲法解釈を話し合う、生ヌル~~イ、「安全保障懇談会」の話を聞いていて、お玉は、この国は本当にこんな馬鹿が首相をしていて良いんだろうか・・という暴言をどうしても書かずにおれません。ああ、今日は馬鹿って言葉を2回も使ってしまった・・でも他に彼をうまく表現出来ないんだもの・・


 


 安倍さんの次が誰であっても・・・憲法をかえるのはだめです。





 


集団的自衛権、憲法解釈見直しは不透明に・安全保障懇談会


(日経ネット2007.8.11)



 政府は10日、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二前駐米大使)の会合を開き、参院選で中断していた集団的自衛権行使の是非を巡る議論を再開した。懇談会は憲法解釈で禁じている集団的自衛権の行使を認めるよう秋に提言する予定だが、参院選惨敗で安倍晋三首相の求心力は低下。与野党双方に根強い慎重論があるなか、解釈見直しまで踏み込めるかは不透明だ。


 会合では、首相が検討を指示した集団的自衛権に関する4類型のうち、国連平和維持活動(PKO)などでともに活動する他国部隊が攻撃を受けた際、自衛隊が現場に駆けつけて救援できるかどうかを議論。現行の基準では、自衛隊員の「管理下」にない他国の隊員を防護するための武器使用は認めていないが、基準を緩和すべきだとの意見が大勢を占めた。


 懇談会はすでに、公海上で攻撃を受けた米艦船の防護や米国に向かう弾道ミサイルの迎撃などについて議論。いずれも日米同盟の観点から集団的自衛権の行使として対応が必要との認識で一致している。



 

 
Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 そうなのだ、今年はあの悲しい事故から30年目なのだ。  30年前の米軍機墜落事故が起きた9月27日はもうすぐだ。  「響け、平和と命の太鼓の音」と題したこの記事は、あの墜落事故のことにつないで終わろうと思っていたが、事件から、まさか今年30年目にあたる...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。