2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
国境なき医師団からのお願いです

先日伊勢崎賢治さんから「日本人は口では色々言うけど、個人的にお金はあまりだしたがらない・・・・世界中でそんな先進国は日本くらいだ」というようなお話を聞きました。講演会でも口にされているようです。

頭の中でだけ考える平和・・・ではなく1人1人が行動出来る平和ということでしょうか・・

中国の地震被害が大きく報道されてます。国民の目はこちらに釘付けになるでしょう。だってミャンマーはマスコミが立ち入れない・・・・軍事政権がどのように被災者を援助しているか伝わらない・・

だから余計にお玉はミャンマーへの支援を今日は書いておきます。

~~~以下転記~~~~~~~~~~

国境なき医師団より緊急援助支援のお願いが入ってます。

どうか皆様協力をお願いいたします。

国境なき医師団では現在、サイクロン「ナルギス」の被災者への
緊急援助を行うための寄付を受け付けています。
最も助けを必要としている人びとに手を差し伸べ、
ひとりでも多くの命を救うために、皆様のご支援を心よりお願い致します。
 
国境なき医師団の活動の詳細はこちらから
http://www.msf.or.jp
【寄付によりできることの例】

 

5,000円
5人の栄養失調児に栄養治療食(RUF)を1週間提供することができます。

10,000円
500人以上の人びとに約1ヵ月間、風邪やマラリアなどの病気やけがの治療を含む基礎医療を提供することができます。

18,000円
約500人の避難民に清潔な飲み水を1ヵ月間供給できます。
寄付は下記の方法でお受付けしています。

 

 インターネット (クレジットカードでの寄付)

http://www.msf.or.jp/donate/

 

 郵便振替口座への寄付

口座番号 :00190-6-566468加入者名 :特定非営利活動法人国境なき医師団日本*通信欄に「ミャンマーのサイクロン」と明記ください。国境なき医師団から送付された郵便振替用紙をお持ちの方は、口座番号「00150-3-880418」と記載されている振替用紙もご利用いただけます。

 

 電話での寄付


フリーダイヤル0120-999-199 (8:00~22:00無休)クレジットカードでの寄付です。お申込み時に、「ミャンマーのサイクロン」支援とご指定ください。*ご寄付の使途指定をいただいた場合、該当の緊急支援活動に優先的に宛てられますが、
指定されたご支援の総額が援助活動の予算を上回る場合は、他の緊急援助に充てられます。

 
Secret
(非公開コメント受付中)

KYさん、にょきさんへ
実際のところ、
個々の途上国の方々と付き合ってみると、「こんなことも判らないのか?」と呆れてしまうことも多いのは確かです。
教育の力、文化の力ってやっぱり大きいです。

さらに、ある意味、日本に来ている留学生のほとんどは、日本政府の助成金で至れり尽くせりです。

彼らが日本の恩恵をこうむっていないとは思いません。

KYさんがおっしゃるように、優越感に対する後ろめたさを感じる健全な人々がいらっしゃることもわかります。

にょきさんのおっしゃるように、海外で活躍する日本人の多くが、ビジネスや援助含めて、自国の利益のためと同時に、相手国の役に立っていることも確かです。

世の中、いろいろですよね。

上のコメントは、そうじゃない人々に対する、一種の皮肉と受け取って下さい。
わざわざのたしなめ、ありがとうございます(皮肉じゃなく!)。
相手していただけるのは、嬉しいもんです。


今更こういう間違いは無いんでしょうけれど・・・
ただ「ボランティアに来ました」って言って外国に行ったら、はいごくろうさんって鉄砲持たされて前線に経たされる可能性が無いかと、余計な心配をする事があります。
無防備宣言が書いてあるジュネーブ条約で正規の軍として「ボランティア(義勇軍)」って書いてあるから。

ただ、この語源をきちんと覚えておくと、ボランティアの精神で大切なのは自発的に参加する事とわかります。
対価があれば傭兵だし、強制なら徴募や徴兵ですからね。

だからなめぴょんさんの言う通りで「ボランティアを義務付ける」ってのは本末転倒な訳です。

>naokoさん
見下してっていうのは考えすぎですよ、対外援助にそんな面倒な理由は煩わしいだけです。
単に必要な場所に味方が欲しい、必要な物流に安定が欲しい、殆どがその程度の理由で、あとは自国産業のためと言うのがなんぼか有るくらいでしょう。

例外は宗教と共産思想くらいですかね。


KYさん
>優越感に後ろめたさ
そういう傾向は確かにあるでしょうね。ですが、

>しない善よりする偽善
わたしは中学校の教室で一ケ月暮らした元神戸市民なので、「する偽善」のありがたさを身にしみて知っています。わたしだけじゃなく、被災当事者じゃなくても、95年に「する偽善」の尊さを知り、「ボランティア」に対する認識を変えた「日本人」は劇的に増えたのではないかと思ってます。
だから、やはり後ろめたさと気恥ずかしさを感じながらも、あのときと、中国で暮らしたこの7年とでもらったもののお返しを今回はしました。

そしたらお玉さんのミャンマーの記事を読んで、やられた!と思い、こっちでもちょこっと、させてもらいました。

ただし「ボランティア」を義務付ける動きには、断固反対します。


湾岸戦争
湾岸戦争のとき「金だけ出して人を出さない」と
かなり悪し様に罵られましたからそれも理由というかトラウマの一つなのではないでしょうか。

「金や物資だけの支援は評価しない」というのが国際的な慣例みたいですし。

一方で被災地への支援金を値切る国もあったりして良くわかりませんが


naoko 様
>北の国々が圧倒的な優越感で、南の国々の「愚鈍」な人々を、頭から押さえつけて食いものにしている

『しない善よりする偽善』とは申します。差別意識ゆえの施しであろうとも、それによって助かる命があればそれはそれでよいのではないでしょうか。生きていればいつかは南の人々も北の金持ちを凌駕する富を持つときがくるかもしれないのですから。

ただ日本人は『偽善』を嫌い『善』を求めるあまり、『寄付』という行為に付随する優越感に後ろめたさを感じるのではないかと邪推します。


もちろんですとも!
現在発展途上国のほとんどは、中国とアメリカと日本の援助を受けているでしょう。
その中でも中国・アメリカはほぼ共同出資状態じゃないですか?
パキスタンしかり、エチオピアしかりです。
さらにネパールの毛思想政党の政権獲得は気になるところです。
中国のチベット政策の囲い込みの犠牲とも考えられますね。

発展途上国の側から見たら、中国・アメリカは利益を分け合う同じ穴の狢です。インドの中国接近も水面下では進んでいそうですし…。

結局、北の国々が圧倒的な優越感で、南の国々の「愚鈍」な人々を、頭から押さえつけて食いもにしているのが、今の世の中じゃないですか?

一方では、彼らは言いたいのでしょう。
「途上国は、能力がないから、いつまでも、うだつが上がらないのだ。」
「われわれは事実優秀だ!」
「その能力をフルに活用して得た経済力と、やはり努力で勝ち得た国際的地位もある。だれに恥じることもない。そのわれわれにケチををつけ、おこぼれの援助をねだっているのはやつらの方だ!」ってね。


政権を支えたのは中国っぽい記事もあるけどね。
特に各国が軍事政権に人権問題などで影響をかけようとして援助等を絞ると、中国がその穴を埋めてくれたそうです。
ミャンマーも「中国は真の友人」なんて発言をしているらしいしね。

あまりに中国が援助をするので中国勢力の浸透を警戒したインドが援助などを強め始めているそうな。

まあ、地勢的にも中国のインド洋への出口であり、資源も豊富で、大国インドやタイ、ベトナムなどの牽制からも費用を惜しまず味方にしておきたい国だと言う事なんでしょうけれど。


ミャンマーの軍事政権というと…
どうしても思い出されるのは、カレン族の独立運動に共感して、たった一人でカレン軍に参加し、ゲリラ戦のさなかマラリヤで亡くなった一人の日本人青年のことです。
彼が日本から医薬品を持って、カレン族の村々に配って歩いている間、日本政府は一貫して軍事政権への支援を続けておりました。
開発独裁への支援は、結果として途上国の貧困を救うというのが、政府の見解でしたが…。
去年の僧侶によるデモ、今回の災害と軍事政権の対応はどうだったでしょうか?
結局、日本がこの政権を支えてきたのです。
去年のジャーナリストといい、本来、日本人全体が背負うべき十字架を、一人で背負い、散っていったとしか思えないのです。


転載しました。
軍隊より救助隊です。
国の面子より、国民の安全第一です。


ありがとうございます
過分なお言葉、ありがとうございます。

政府が個人に代わって各政党に税金を配分することで個人献金をしたとみなす政党助成金の制度ですが、本来であれば個人個人が直接、応援したい政党なり議員個人へ献金や寄付をすれば必要ないものなんですよね。

さらに、最も議員数の多い政権与党により多くの政党助成金が配分されるという制度にも問題があるように思ってます。得票率で配分するならまだしも、議員の頭割りじゃぁ小選挙区制度による議席数の割り増しで、自民党などは過分な政党助成金を受け取ることになってしまいます。

得票はそこそこあったのに議席獲得にはいたらなかった小政党には1円も政党助成金は配分されませんし、大政党、政権与党に都合のいい制度になっている事実を、主権者はしっかりと把握しておく必要があると思います。

税金を政党へ分配するということの是非もありますが、小さな政党にこそより多くのお金が回るようにしなければ、いつまでも大政党がのさばる政治を変えることは出来ないのではないでしょうか。

そうしたことを考えた上で、自分たちの望む社会を作るために活動してくれる議員や政党が見当たらないのであれば、自分たちで政党を作るなり議員を輩出するなりするしか打つ手はありません。

そのための被選挙権なのですから。
お任せ民主主義を終焉させ、主権者自らが動かす真の民主主義へ脱皮するためには、主権者にはそれ相応の覚悟も必要になってきますが、そこへ踏み出さなければ政治評論をするだけで終わってしまいます。

政権与党は、そうした動きを一番恐れているからこそ、言論や集会結社の自由を制限するような法律を作り、ネットでの言論にまで網を張り、広告代理店や放送免許制度を使っての言論統制ともいえるマスコミへの圧力や総監視社会を作り上げ密告を奨励する共謀罪創設を画策しているわけです。

すでに、企業の不祥事に対しての内部告発を奨励する形で密告を勧める社会環境は整いつつあります。

現在は、国民保護計画と地方分権・道州制推進により行政との協働という形で自治会組織や消防団が強化されつつあります。行き着く先には、密告を奨励した隣組制度なのではないかと疑っております。

地域の結びつきが強い信州の片田舎に住んでいると、そうした不安がどうしても沸いてくるんです。

地方議員の歳費を時給制にすることが賞賛されていますが、地方議員といえど条例案を作ったりで本気で議員として働いている人は、本来の仕事をする時間などありません。ところが、議員歳費がほとんどなくなれば資産家や時間が自由になる仕事をしていなければ議員にすらなれないということになってきます。

つまり、議員歳費の時給制とは被選挙権の侵害に繋がっているのですが、そこに言及したマスコミの論評を見たことがありません。

主権者であれば誰でも被選挙権を行使できる社会。これもまた、日本国憲法の想定している民主主義社会なのではないかと思っております。

お礼を述べるだけのつもりが、長くなってしまい申し訳ありませんでした。


コメントしづらいなぁ
このようなエントリーを挙げるとは、「お玉さん、エライ!」と賞賛いたしますが、でも、コメントしづらいエントリーでもありますね。

そんなのしらねぇよ、というのなら無視だろうし、お玉さんに賛同して寄付しますっても、名乗りづらいしね。だから今回は「ななし」です。いつもは名乗ってるんですけどね。どうせお玉さんには誰だかわかるんだけど。

自分ところだって暮らし向きが楽なわけじゃないけど、今回、気持ちばかり国境なき医師団に回すことにしましょう。実は毎月少しずつ寄付はしていで、だもんで今回は見送ろうかな~、と安易な方向へ流れかけてたんだけど、このエントリーを見て考え直しました。

それと。伊勢崎さんは日本人はお金を出さないというけど、私はそんなことはないと思う。日本人がお金を出さないのは、知らないから。わからないからだと思う。知りさえすれば、お金を出す日本人は多いと思いますよ。


政治と宗教の禁忌
日本人には
『政治と宗教は【プロ】のもの』
という禁忌があるように思うのです。

それこそ先物取引か何かのように、
『その道の素人はいいように騙されて何もかも毟り取られる恐ろしい世界』
とみなされているのではないでしょうか?

政治や宗教の絡まない、災害復興や難病支援といった分野に多額の寄付が集まるのも、それが『禁忌』に触れない、『素人でも安心』な分野だからでしょう。

企業献金の増加や世襲政治家の跋扈によってそのイメージは強化されこそすれ、払拭されることはないように思います。

政治がクリーンではないから、市民との距離が遠くなり、ますます腐敗していく。悪循環ですね。どこかで断ち切らなければいけないのでしょうが、どうやって断ち切ったらいいのか・・・私にはわかりません。



みやっちさん
お玉の言葉足らずな所を補って頂いた上に、大事なお話をたくさん盛り込んで頂いて・・
うちのコメント欄に書いて頂くにはもったいない内容です。

有り難うございます。
次回の記事にこのまま使わせて下さい。m(_ _)m



日本人は運動や政治にはお金を出したがらないが・・・
はじめましてかな?

いつも拝見させていただいております。

伊勢崎賢治さんが指摘された「日本人はお金を出したがらない」ですが、災害援助や難病治療などへの支援への募金には信じられないほど協力的ですよね。

しかし、政治家への個人献金や政治運動、平和運動といった政治的な運動などへお金を出すことはほとんど無いですね。

政治家や政治団体や社会科学の教育への個人的な支援がほとんど無いことで、政治家や政治団体は企業からの献金に頼ることになっています。

お金のかかる選挙制度とともに、官僚の協力を得られなくて情報収集や研究にお金のかかる野党は、政党助成金がなければ政治活動が出来ない状況だと聞いています。

もちろん、平和運動を含め社会運動、市民運動をしている人たちの悩みも活動資金の捻出でしょう。

かくゆうわたしも、より多くの人が主権者力を身につけて、しがらみを持たずに投票できるようにしたい、行政や議会を監視する力をつけて欲しいと、社会科学を基礎から学ぶ「竜援塾」という生涯学習組織を運営していますが、資金不足は悩みの種です。

災害援助の募金で数億円が集まったという報告を見るたびに、むなしさを覚えたりしています。

自分の生活や暮らしを根本から変えるためにはお金を出さずに、人様の災難を救うためにはお金を出す。
美しい話ではありますが、そのためにどんどん暮らしにくい社会が作られてゆくのを見ていると、自分たちのためにも少しはお金を使ったらと思ってしまいます。

個人献金が集まらないから、じゃあ税金で政党に活動資金を分配しようというのが政党助成金の始まりなのですが、その際に企業献金を禁止する条文が盛り込まれなかったために、いつの間にかなし崩し的に企業献金が大手を振るう事になってしまいました。

しかも、御手洗氏が経団連の会長となってからは外資が50%を超えている企業も政治献金を出来るようにしろという圧力によって、キャノンをはじめ外資の入っている企業の献金もできるようになりました。

票の応援はもちろん、資金的な応援をしてくれる人に対して便宜を図ろうと考えるのは人情というもの。こうして、政権与党の議員たちは資金援助をしてくれる企業のために政治を行うようになっていたのでしょう。

個人献金が当たり前で企業献金を規制している民主制の国が多い中で、日本は企業献金が大手を振っています。

企業献金を受けずパーティも開かず個人献金だけでがんばっている議員もいることはいますが、それでは個人秘書を雇うことはままならず事務所の維持にも苦心しているのではないでしょうか。

自らの目指す国の姿、こんな社会制度の下で暮らしたいというビジョンを主権者一人一人が持ち、その目指す社会を実現するのに活動してくれる議員を資金的にも応援する。それが、日本国憲法の示す平和な世界を実現する第一歩なのではないかと思っております。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

だいぶ出遅れましたが、ビルマのサイクロン被害に対しての緊急援助支援の情報を紹介します。 (MLや多くの方のブログでも拝見していたのに) 日本国内にも貧困や暴力や言論封鎖を狙う動きや、永田町界隈の私利私欲にまみれた政治があります。 そのことを、原因を含め...
忙しさを言い訳にする人は見ていて本当に恥ずかしい。 自分の無能や間違いを公表しているように感じるからです。 「忙しさ」を言い訳にすることはなるべく避けるべきだと思います。 第一、あなたの忙しさはその人には無関係です。
最近の大惨事といえば、ミャンマーのサイクロン被害と、中国四川省の大地震でしょうか。 (いずれも本当に悲惨ですね。自然災害の多い日本で...
この13日に衆議院本会議で可決された宇宙基本法案に対して反対の科学者たちによるネ
昨日中国の地震を天罰と書いた気持に変わりはないが、人災だとも言いたい。 貧しい地域(かつ地震多発地域)に、耐震基準のゆるい建物を、賄賂がらみの「おから工事」(手ぬき工事)で作る。 貧しい地域切捨て。役人腐敗。業者腐敗。マスコミの封じ込めが社会浄化を鈍ら...
 道路特定財源をこの先10年間に亘って確保する法律を強行成立させる一方で、これを2009年度から一般財源化する『閣議決定』が行われたという。  しかし、朝日新聞は5月14日付け朝刊で、この問題で特集を組み、あの国民的支持が高かった(今や夢想のようであるが)小泉
ネットサーフしているうちに、「ん?ちょっとピントがずれているな」と感じたブログがあったので、それに対する反論です。(反論・・・では...
08年5月14日 火曜日  災害も戦争も子供が被害者だ  今朝の朝日のニュースが分からんに日本と中国の自信のメカニズムの違いが載っていた。その中のイラストを取り込んでみた。{/arrow_r/}(こちらをクリック)       ミャンマーも中国も自然災害だかが、人類が起...
アメリカ大統領予備選、民主党はオバマかクリントンか。 どちらに決っても、方や史上初めてのの黒人大統領、方や史上初めての女性大統領を目指すとされている。 此処で日本人的な疑問が湧いてくる。 ヒラリー・クリントンが「女性」で間違いないだろうが、オバマの「黒人
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。