2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

お玉は、理性とか、論理とかよりも、まず感情が先立つ者なので・・・

確かに政治ブログ向きではないのだ。

なにが一番大事・・・・命だなんてべたな事を書いちゃいましたよね・・

自分で自分を大事に出来る人は 人のことも大事に出来ると思うの。

自分を大事にするってどういう事かというと、自分のありのままを肯定すると言うことかな?
まず自分を大事に思えること、そうしたらきっと他人のことも大事に思えるようになる・・

そして、自分の命を大事に思える人は 人の命も大事に出来る・・そう信じたい。

愚樵さんがお書きのように、お玉の書いた「命」の意味は

人命尊重に使われる「命」や軍事評論の中で語られる犠牲者の「人命」ともちがう。

命の話が書きたいと言いながら、お玉は実感の伴う「死」の話を伝えたいと思ったんだよね。

コウトさんが言うとおり、人の命が持つ意味は1人1人違っている・・お玉な話を伝えてみたいだけ・・

お玉は昔、「金の砂時計」を持つ友人たちと出会って、お話しして、飲んで・・

楽しい時を持ったあと、「さようなら」を言う時は、必ずいつもお互い無言のうちに

「これでもう会えないかもしれないね」という思いを

心の中で確認し合っていた。

ところが、一番身近にいて親しかったはずの人は

お互いに、まだまだ金の砂に余裕があると思っていて、

ある時、ちゃんとさよならをしないまま、お玉は玄関を出てしまった・・

その晩その人は急変して、キチンとお別れ出来ないまま

お玉が病院に着いた時にはもう意識がなくてねえ。

病院まで六甲山を車で飛ばして運転しながら

美しい神戸の夜景を見た時、「この光景は一生忘れないだろうな・」

と思った・・・・実際、未だに夜景を見るとその時のことがリアルに思い出されます・

・・・・・・

なに書いてンだろうね?

死ぬということをリアルに知った、見たお玉は

やはり「命」が一番大事だと思ってしまう

ここを続けている根底にはどうしてもベタといわれても、

「命」を大切にしたいから続けている・・としか言いようのないものがあって

だから、いろんな方が

例えば今ならクラスター爆弾のことでいろいろ書いてきても、

その理論、認められない。だって、そのお話の中にリアルな死や命が感じられないんだもの。

・・・・(-_-) やっぱりうまく書けてないねえ・・・・こりゃ政治ブログではないな・・

お読み頂けましたら、どうか、ポチッとお願いします

m(_ _)m

人気ブログランキングへ                          

   

 otamaいつもよんでくださって、そしてポチしてくれて、ありがとう!

 

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

くろねこさんへ。
 誤解ですよ。誤解。ネガティブに捕らえないでください。自己流に解釈しないでください。東西がいいたいのは、自殺しようなんて非人間的な「暗い」感情なんて、みんなで支えあって、団結して、連帯して笑い飛ばそうって主張しているんです。内面に閉じもっていても何か解決しますか?人間を自殺へ追い込む社会環境と自分の関係を捉え直して、人間が自殺しないような社会環境をみんなで創造していこう、ということですよ。気分が暖かくなりませんか?裏切られるのが怖いのはわかります。裏切られると辛いのもわかります。でも、自主独立して自分が主体となって人間を自殺に追い込む職場の労働条件、政治体制、社会風潮などを変えていくしかないでしょう。でも、一人では弱いから、みんなで団結して支えあっていくんですよ。この道しかないでしょ?


コウトさんへ。
 そんな直接的な実践はできませんが、やれることをやろうということです。人間を自殺に追い込むような社会環境を規定しているもので最大のものは何でしょうか?やはり、国家権力だと思いますので、政治革新をして、人間を自殺へ追い込む社会環境を少しでも緩和できたらいいな、と考えています。あきらめないでがんばりたいです。まちがいもするだろうけど。応援してください。東西もコウトさんを応援します。


見どころはありますね
東西南北さんのおっしゃることは、確かにうなずけるのですよ。でもね、ちょっと(ちょっとか?^^;)理想的すぎるような気もする。ま、それはいいとして。

>現実に押しつぶされている自殺志願者に対しては、人間に自殺願望を抱かせるような現実を変えていこう、共に生きていこうと、団結、連帯、寄り添いを訴えるのでないですか?これが自由意志をを持つ人間らしさであり、自殺を否定するということではないでしょうか?

それをする勇気と自信が十分にあるならば、ぜひそれを試していってほしいと思います。これは皮肉ではなく本気で言っています。大事なのは、理想を述べるだけでなくそれをもって現実に立ち向かうことです。実践なければただの理屈で終わるだけですから。東西南北さんがなんらかの実践を行うなら、精一杯応援いたしますですよ。^^


東西さんへ
 自殺の名所で、ゲラゲラ笑う東西さんのような人間が、人命とか言っても、全然説得力がありませんが?

 それはおかしいのでは?と疑問に感じて指摘した人間の事を・・・
 自殺の名所で笑い飛ばせない人間は、「暗い」「努力が足りない」とかトンデモを言う。そんな科学的論理的な「人権派・護憲リベラル平和ボケ連中」など人間として信用できますか?

後は東西さんの理屈は???
自分のような田舎人間には意味不明。

 「科学的論理的ヒューマニズム」を持っている非常に賢い平和護憲リベラルの人たちには、東西さんの言葉も理解できるのでしょうが・・・



コウトさんへ。
 1:「その人にとってそのとき、もはや生き続けることは大事ではない。それをアカの他人が否定できますか?」「理屈では命が無条件で大事だと言えても、現実には必ずしもそうではありません。その意味で、根拠がないと言っているんです。よく生きたいという願望があってもそれが果たせないとき、人は死を選ぶこともあるのではないですか」

 自殺ですね?しかし、人命が無条件で大事な存在であるからこそ、自殺志願者を放置し、無視しておくことは非人間的になんじゃないですか?人命が無条件で大事だからこそ、現実に押しつぶされている自殺志願者に対しては、人間に自殺願望を抱かせるような現実を変えていこう、共に生きていこうと、団結、連帯、寄り添いを訴えるのでないですか?これが自由意志をを持つ人間らしさであり、自殺を否定するということではないでしょうか?自殺を人間らしきもの、と肯定する、あるいは、否定しないというのは人間らしいのでしょうか?人命軽視の風潮ではないでしょうか?

 


終わりませんから
続けると終りがないので、手短にしますよ。生き物にとって生きることは大事、そうなんでしょうね。それは遺伝子に組み込まれた本能的なもの。でも、人間は自由な意思を持てる生き物です。ほかの動物とは違う。自分で死を選ぶこともできる。そのときその人は、生を終わらせることこそ大事だと思っています。なぜなんでしょう。生きることの意味を自問するからですね。そして、このまま生き続けることより、別の道の方がよいと判断するからですね。その人にとってそのとき、もはや生き続けることは大事ではない。それをアカの他人が否定できますか?理屈では命が無条件で大事だと言えても、現実には必ずしもそうではありません。その意味で、根拠がないと言っているんです。よく生きたいという願望があってもそれが果たせないとき、人は死を選ぶこともあるのではないですか?
 本当ならば、みながよく生きるために力を合わせることは可能かどうか、それをもって命を自ら断つ人を減らせるかどうかを考えるところまでいきたいのですが、今回はここまでです。


ためらい傷を抱えながら生きる人がいる、でもやっぱり死ねない
何故だろう?生きたいからです。
死にたい、けど、もっとより良く生きたい。


コウトさんへ。
 1:「種明かしすると僕も命は無条件で大事だと言いたい気持ちがあります。ただしですね、その根拠がない。なぜ大事かを説明できない。」

 根拠はありますよ。生き物は生きる物だから、生き物です。死んでいるなら物体です。生きるから生き物。だから、生き物にとって、生きることは無条件に大事です。生き物は物体ではないですから。


そういうことかも?
>東西南北さん
そこまで理屈っぽく書かれると戸惑いますが、まあそういうことですよね。^^;

>ロケットの夏さん
はじめて意識しましたが変わったハンドルですよね~。
それはそうと。種明かしすると僕も命は無条件で大事だと言いたい気持ちがあります。ただしですね、その根拠がない。なぜ大事かを説明できない。だから、むしろそれは自分が望むからそう言うんだろうと考え始めたんです。ではそれを望まない人もいるはずだ。そう考えるのは自然です。自殺願望を持つ人に、あなたの命は大事かと聞いたとて、否定的な答えが返ってくるにきまっています。じゃあその場合、相手が間違っているのか。いや、その人の気持ちを否定しても仕方ないだろう。生きることをあきらめたいような状況が変わらない限り、本人が自分の命を大事にすることは望めない。
 結局、命を大事にするのは人の意思なんです。僕が他人の命を大事だと考えることで、もしかしたら誰かを救うことになるかも知れない。だけど、そう考えるのはあくまでも人であって、人の意思のないところに命だけがそびえたつことはないだろう。そういうことなんですよね。


コウトさんへ。
 なるほど。人命を自然の死期に先立って断絶する行為は正当化できないことであるが、問題は人々がそれをどう自覚し、どう考えて、どう実現していくか?という人間意識の主体性が大切ということですね。人命が一番に大切なのはわかるが、カネだとか利権を重視する世界では必然的に、役に立たないはかない命は見捨てられる傾向にあるから、絶えず人命を大切にし、どうすれば人命が尊重される社会になるかを考えてどんな方法なら人命を尊重する社会が実現するか、を自分たちで考えていくことが人命軽視の現実を変えていくということですね。


コウトさんへ
あなたは自分の命に価値があると感じますか。
価値が無いと感じるのなら別でしょうが価値を
認めるなら
他の人にも同様の価値を認めるべきでしょう。


東西南北さんへ
そう、おっしゃる東西南北さんの態度は尊重します。ただですね、僕のいったことはそれとは違います。人命はすべて大事だとするのはあくまでも東西南北さんの考え方ですよね。あるいは、そう考える多くの人命尊重派の人々の考えです。もちろん僕も受精卵を捨て置くことに賛成しませんが、それらは、そう考える人間の態度であって、そう考えない立場もあるのではないか、と言っています。
 より広義でいうならば、人の意識なくして物事は決まらない。極論、世界中の人がすべて宇宙人の陰謀で植物人間になってしまったら、もう人間の命が大事だと考える立場はなくなってしまいますよね。大切だと考える人がいるから、その立場が正当化されうるのです。


コウトさんへ。
 人命は意識があるかないかで、その大切さに変化はありませんよ。例えば、意識のないヒト受精卵、植物人間。あるいは、睡眠中の人間は無意識です。さらに、どんなに思想が捻じ曲がっている凶悪犯でも人命には変わりがない。死刑は人命を断絶する行為です。どんなに思想が捻じ曲がっていても生かすことが人間にとって最も大事なことではないでしょうか?


命のなにが素晴らしいのか
わざわざ名前を挙げてもらって恐縮します。お玉さんが思った「命が大事」っていうのは、やっぱり人間同士のつながりを言っているんだと思います。花も動物も人間も、みんな生きていることには変わりないけれど、それを見て感じる心があるかないか、それが問題なのです。見知らぬ他人のことなど関係ない、そう思う心があれば、人の命など価値を持たなくなります。それは主観の問題で、極端にいえば命に客観的な価値はない。自分も含めて誰かが大事だと思うから、命には価値がある。そんな気がします。だから、何を感じて生きるか、何を目指して生きるか、そういうことが実は大事なんであって、カネだとか利権を重視する世界では必然的に、役に立たないはかない命は見捨てられるんですよね。


お玉さん、こんにちは。

 お久しぶりです。なんだか名無しさんのお話を読んで、全く逆のことを感じてひょっこり来てしまいました。私の祖父は一方は中国の戦線に行き、兄弟をなくし、帰国してから何も話さず孫の私にだけ日本軍のした事を話してくれました。裁かれなかった上位軍人(個人名を挙げて)にこそ罪がある、と。とても許されない事をしてきたのだ、と。一方でもう一人の祖父は赤紙を出した方でした(本人は戦場に行かなかった)。地元農家の長男を一人だけ兵役から見逃したことのみ、「いい事」をした、と私に語りました。どちらの祖父も深く傷つき、伴侶にも子にも伝えられなかったのです。祖父世代は、多かれ少なかれそういう人々だと思います。
 軍備競争はどこまでも続きます。日米の軍備は備え、の域をとっくに超えて来ている、と考えるのが現状から見て妥当かと。相手が持っているから、では子どもの喧嘩と一緒です。人間というのは「力」のみで生き延びてきた動物ではないですよね? もっとしたたかに、伸びやかに考えて伝えられないでしょうか? 長くなってすみません。敵国、は作られる物の気がして。


名無しは認めないけど・・
ま、特例と言うことで・・

>最愛の人を目の前で亡くしたことがありますか?

大事な人を亡くしてます。
つらくて振り返りたくない別れも経験してる・・
でもね、そこを「命の正義」と振りかざしたくはないのです。そうじゃない・・うまくは言えないンだけどさ。



私は祖母が大好きでしたが、倒れて入院後に泊り込みをした3日目の深夜2時頃、大きく一息吸い込んだあと亡くなりました。
熱と病で意識が朦朧とする中、看護婦さんにありがとうありがとうと言い、いままで歌ったことのない兵隊見送りの歌を歌い、『○○港からお父ちゃんと(祖父)○○ちゃん(祖父弟)が出征したんだったっけなぁ』と今まで話した事の無いことを言っていました。
軍人恩給(合ってますか?)と障害者の子供の給付金を貰っているから、派手なことをしては申し訳ないと、自分のためには一切使いませんでした。趣味の花作りの苗とか種とか肥料くらいでした。生前『この盆栽とこの木は○ちゃんが生まれたときに植えたんよ、あとのお世話はあとの人がやってくれると思う』と言っていました。
長々と申し訳ありませんが、私は9条は大反対です。近隣各国が日本に向けて核爆弾を向けているこの現状。病死であっても人の死というのは遺されたものには全く理不尽に感じられます、感情だけで言わせていただくと。でも、大事な人を亡くした人は皆そうだと思いますので、感情はなるべく表に出したくありません。
ですが各国が私たちの住んでいる、国土と生命を脅かしている現実に怒りを禁じ得ません。そして少なくとも、私の祖父母は友人がいる敵国と感情を押し殺して戦ってまでも、子孫のための日本を守ったことは間違いない事実です。
私は、身内の生と死から色んなことを学ばせてもらったことに感謝しています。


お玉さんへ1
最愛の人を目の前で亡くしたことがありますか?
私の祖父は兄弟で戦争に出て、弟を亡くしました。どちらも既婚者で子供が一人ずつでした。うち一人は障害者でした。祖父は戦地から帰ってからさらに3人の子宝に恵まれました。更にそのうちの一人から私たち兄弟が生まれ、祖父は亡くした弟の名前をつけました。フィリピンで戦死した弟の話は生前は一切語ろうとしませんでした。高度成長期に出世してボーナスを蓄え、戦火で焼け落ちた家を再建しましたが、同時に腕時計を購入し『アメリカ製の上等だよ』と笑って言っていたそうです。
祖父は私が小学校に上がる前に、祖母は社会人前に亡くなりました。祖母は小さいころ、隣のアメリカ人一家と仲が良く、同い年の女の子とままごとをしているときその家のシェパード犬に追いかけられて犬が怖くなったそうです。でも、うちの犬には『餌がないとかわいそう』といって、『あなたこれやってきてくれない?』とよく餌箱とドッグフードを渡されました。


>その理論、認められない。だって、そのお話の中にリアルな死や命が感じられないんだもの。

ではリアルな死や命が感じられる理論を以ってクラスター弾に対するスタンスを述べてください。

民間人巻き添えもありうると書いたのがよくなかったんですかねえ。どこがどう受け入れられなかったのか具体的に指摘していただきたいなあ…


おっしゃりたいことわかります
でも勘違いして欲しくないのは、軍備を容認している右派の方々は決して命を粗末に思っているわけではない、ということです。
他人の命を大切にしようと思っても、自分の命がない状態ではやりたくてもできないでしょう?
そして一番身近な命が自分と、家族の命です。その命を守る為の軍備だと思うのです。
クラスター廃止に批准したことに反対しているのは、その一番身近な命を粗末に扱っていると受け取れるからです。
右派の方々は、何よりも命を大事に思っていますよ。

他人の命を大切に思えるのは、自分が恵まれているからだ(日本が平和だからだ)ということを理解してもらいたいと思います。

記事違いでしたらすみません。


お玉さんへ。
 なんでも金で手に入れることができる拝金主義の社会の中で、一番大切なものが見失われているとみるのが普通かもしれませんね。金よりも生身の人間、自然が大事であるというごくシンプルな真理。これが心理を動揺させ、葛藤を生んでいる。決め付けるな、と。では、金がなくなればどんな社会となるか?金の役割は何か?

 今回の記事を読んで、一番最初に感じたのは、スーパーで食料を金を出して買ってきて食べるのではなく、直接体験で鶏、豚、牛を育ててきて、自分らで育てた「家畜」を屠殺して食べるという授業、体験です。野菜も米も同じです。自分らで育ててきて刈り取って食べる。自分の生命というものはどんな存在か?植物、動物の生命とはどんな存在で、人間とどんな関係にあるか?ここにあるのは金の世界ではありません。


うちも命が何より大事なように思えます。
でも生物(自然の産物??)として命だけでなく、人として「生きる」ことを考え続けています。

命だけでなく、生きることがとても大事に、なんとなくおもえるんです。


これからも生きることを考えていこうと思います。





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

74歳中村さん、この日に限って親子で買い物 暗転(朝日新聞) - goo ニュースについて.  亡くなった方にはご冥福を祈るしかないが,この事件の裏側を辿っていくと,幾つか「永山事件」や「池田事件」「土浦事件」と重なる部分が見えてくる.つまり,明らかな模倣犯で
リアルって、本当という意味だと思います。 ネットの世界、精神的な世界、と区別する為に使っている人を最近よく見かけます。 しかし、みんな本当なんです。 みんな本当の社会、世界、、、、 それを区別して見るから見えているものを見えなくしている。
今日も綿毛を飛ばします! そんな詩があった。 工藤直子さんだったか 忘れてしまいましたが *************** 自民の伊吹が 問責提出は民主の党内事情とほざいている。 福田も余裕! こいつら実情を認識していない。 山口の補選敗北は準備不足だって。 姥捨て山
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。