2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
漁民の休漁

相変わらず気持だけぱたぱた・・・・

先週は講演会のチケット販売促進のため、いろんな所へ出向いて、飲んでた・・・・おぐりしゅんは知らずとも、伊勢崎賢治を熱く語るお玉に呆れた友人は、10枚もチケットを買ってくれたりもした・・・・<(_ _)>

人気ブログランキングへ                       

  

 きのうの休漁のはなしが、また、早く自力で対策を講じなかった漁民の「自己責任」のような言い方をコメント欄でされている方がおられますけど・・・・はあ・・・

それは早く漁師をやめて養殖や釣り船や観光船への転職に踏み切るべきだったということでいいのかなあ。コメント読むそうとしか読めないけれど・・

こういう考え方をしている人はよそでは、「罵倒され」「削除され」「スルー」されるかも知れないけど、あえて、お玉はいってみたいね。

なんでそういうまず「自己責任」ありきでモノを言うのか、探ってみたい。

儲らないなら廃業すればいいのに・・・・と書けてしまうということは、その結果魚が店に並ばなくなっても、食べられなくなっても良いということだよね。

今回のデモで、自民党が票集めを狙ってる?で、その結果本当に漁師達が「助かるだけの」支援を引き出せるのならば、大いに結構。現実はそんなに甘くないから、みんな困ってるのでしょうが・

最近右派左派問わずしてお玉を「赤だのピンクだの」とレッテル貼る方々がいるから、不愉快ですけど・・・・ここは、赤旗を引用しちゃうモンね!(ちなみに・・実はお玉は日曜版もとってないんだよな・・・・・・・・・・)

今日の赤旗より

油高い 出漁できん

20万隻休漁

燃油価格補てんを 漁民大会

 「漁にでられん!」「国は燃油価格に補てん措置を講ぜよ」。全国漁業協同組合連合会(全漁連)など漁業の主要十七団体は十五日、燃油高騰による漁業の危機的状況を訴え全国二十万隻が参加し一斉休漁しました。各地で集会が行われ、東京都内では、全国から三千人以上が結集し、「漁業経営危機突破全国漁民大会」を開催。農水省前などをデモ行進し、政府に漁民の怒りを突きつけました。

 「赤字で漁に出られないぞ」「国は漁業を守れ」。会場を埋め尽くした三千人を超える漁民によるシュプレヒコールで、大会の会場となった東京・千代田区の日比谷野外音楽堂は怒りと熱気に包まれました。

 原油高で漁船の燃料の価格は、キロリットル当たり約十一万五千円となり、この五年間で三倍にも急騰。経営を圧迫し、漁に出れば赤字という状態が全国で広がっています。

 全漁連の服部郁弘会長は主催者あいさつで「漁業者の自助努力は限界を超え、瀬戸際に立たされている。生産体制の弱体化は水産食料の安定供給に支障をきたし、地域社会・経済の崩壊にもつながる」と述べ、「もはや時間はない。漁業・漁村を守る責務が国に問われている」と指摘しました。

 全国鰹鮪近代化促進協議会の早崎達哉会長、石川県漁協の岩崎富作副組合長、青森県漁協の熊谷ヒサ子女性協会長の三人が登壇し意見表明。熊谷さんは「油は高い、魚は安い。赤字が増えて出漁できない。われわれに死ねというのか」と漁業の窮状を訴えました。

 集会では、(1)燃油価格への必要な補てん措置(2)税制、金融措置における抜本的対策(3)国際原油市場への無秩序な投機資金流入の規制(4)漁業用燃油の安定供給確保―を強く政府や国会に求める決議をあげました。

5年で燃油3倍化

 全国漁業協同組合連合会によると、漁船に使用するA重油価格は七月に一キロリットル当たり十一万五千四百円とこの五年で約三倍に跳ね上がりました。一方、魚価は主に市場での競り取引で決まるため、漁業者の意向を価格に反映させることは困難です。漁業情報サービスセンターによると、イワシやサバなど主要魚種の平均産地価格は五年前の三割高の水準。世界の水産物需要の高まりで若干上昇しているものの、燃料価格の上昇分を補うにはまったく不十分です。

漁猟 

 

何でもかんでも批判して、自己責任かのように斜に構えたコメントを書けばいいってモンじゃあないと、お玉は思う。 今日は1日怒ってばっかりだったなあ・・・・明日こそは楽しい記事をかこうっと。

こんなやくざなブログ、読んでくれてありがと。  otamaそしてポチしてくれて、ありがとう!

↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

赤旗、いいですね
私も赤旗は取っていないのですが、「日曜版」のみを取っている親しい知人がいるので、時々、まとめて読ませてもらっています。(ずっと赤旗の本紙の「日曜の版」なのかと思っていたら、別のものなのだそうですね。なかなか面白くて読みやすいです。最初に見たときは「これが共産党の新聞?」という感じでした)しかし、赤旗本紙は見ていないので、以下のような記事が載っていたのも最近まで知りませんでした。ある共産党員のブロガーさんの先月のエントリーで紹介されていたものですが、他ではあまり見かけないようなので少し長いですが一部をコピペさせてもらいます。

2008年6月17日(火)「しんぶん赤旗」

『暴走資本主義・世界は問う  利潤の優先、有害な影響 米大企業に批判相次ぐ』

>米下院科学技術委員会の調査監視小委員会は五月二十二日、米国の技術や雇用の「グローバル化」に関する公聴会を開きました。証言者からは、利潤追求を何よりも優先することなど、米大企業の経営のあり方に対する批判が相次ぎました。

>民間財団の名誉会長で、一九八〇年代までIBM社の研究担当副社長を務めたラルフ・ゴモリー氏は、「地球的規模で展開する米国企業にとってよいことが、必ずしも米国経済にとってよいとはもはや限らない」と述べました。

>企業には「人々が生産やサービスに従事できるようにする」という「社会的な役割」があると指摘。ところが「過去数十年の間に、何よりも利潤を強調する方向に企業が動機付けされるように変わり、そうした役割を果たすことに有害な影響を及ぼしている。その有害な影響がグローバル化でますます進んでいる」と警告しました。

>「企業が株主の利益を最大限にすることを第一の目標とし、利益を上げるために賃金や福利を削る」ことが、富裕層と貧困層の格差をますます広げていると強調。海外に拠点を移し、安い労働力で生産することで、「米国の労働者は取り残された」と批判しました。

> バンタービルト大学法科大学院のマーガレット・ブレア教授も「企業には株主の利益を最大限にする法的義務があるという主張は、せいぜい誤解を招くオーバーな言い回しであり、悪く言えば単なる誤りだ」と述べました。

>「企業が利益を最大にし、会社役員に対して株式の価値を最大にする責任がある、との義務は米国では法制化されていない」と指摘。利益と株価だけに焦点を置くことは「債権者や従業員、その企業のある地域社会、他の利害関係者に高い犠牲を課すことになる」と警告しました。


民主党が優勢になったとは言え、市場原理主義、新自由主義の本拠地であるアメリカの議会で、こんなもストレートに大企業の社会的責任を問う批判が出るようになったとは驚きました。堤未果さんの言われるように「まだ、あの国にも希望がある」のでしょうか?それにしてもこのことを報道した日本のマスコミは他には見当たらないようですね。

私が読んでいるのは上に書いたように「日曜版」のみなですが、キャノンの偽装請負の時も、今年始まった後期高齢者医療制度の時も、他のマスコミがネグレクトしていた時分から、しっかりとわかりやすい記事を載せてしていました。元朝日の記者、本多勝一さんが、「最近は記事を切り抜いて取って置く価値のある新聞は赤旗だけになってしまった」と嘆いていたのも以前どこかで読みました。一政党の機関紙が新聞として一番、まともかもしれないという〝異常事態〝はさすがにちょっと頂けませんが、赤旗本紙を毎日読んでいるという方が羨ましい気もします。


自己責任
自己責任とはどの範囲までを言うのだろうか?

「燃料高騰が予測できていたにも関わらず、それに対する有効な手立てをやってこなかった漁業者は自己責任で、政府に融資の救済など申し出る資格はない」
と主張する人は、

仮に自分の不注意で自宅が火事になった時、「このようなことは重々予測できていたはず、だから消防車は出動できない。自分で消しなさい」
と言われても「おっしゃるとおり」として反論はしないのだろうね。

自分の不注意で交通事故を起こし瀕死の重傷を負った時でも救急車を呼ばないのだろうね。


にゃんこななまえのひと・・懲りないねえ・・そのお行儀じゃあ表に出さないっていってるでしょうが。
あれだけ以前にお相手したんだから解ってると思ったけど?
http://potthi.blog107.fc2.com/category2-1.html#entry344

さびしいんだろうけど、お玉の悪口はよそで言ってね。


自己責任
はじめまして。

なるほど、石油の価格の沸騰は日本の漁業までにも大影響を与えているんですね。

そうですね、ネオリベラルは、なんでも自己責任に結びつけようとします。競争に負けて貧困層になって医療保険がないのも自己責任という。アメリカがとくにひどくて、クリントンの「労働による社会福祉」もその一環ですね。


まるで馬鹿かも
 石油の高騰は、7割以上が投機の影響だとわかっているのに、投機のせいじゃないと日米両政府だけが言っている。
 現実に石油の高騰があって、赤字が膨らむ人たちが、動けなくなっている事実がある。

 ここで具体的にどうしようかという議論をまるで馬鹿かもと思うのですが・・

 なにをさておいても、石油と食料に関して投機の対象にしてはならないと規制して、一年くらい様子みれば、いい。石油の値段は半値になるし、食料も十分落ち着いた生産量になるだろう。
 これを議論だけして実行をさきのばしする人たちはまるで馬鹿かも・・


有効な戦略
→お玉さん、
将棋の世界では、争点を拡大して局面を複雑化していく、というのは有効な戦略なんですよね……(不利を意識した場合の話ですが)。いい機会なので、今後の議論のために、私もこのような手法を学んでおこうかと思っています。ちょっと卑怯かなとは思いますけど。


それはうなぎに対して・・・
山辺響様
>……こんなことは自分のブログで書け、と言われそうだ(←自爆)。

>すみません

とんでもない!!感謝しております。何とか会話を試みようと努力下さって、ありがとうございます。<(_ _)>


困難な道なのでしょうが
たしかに、原油の高騰はほとんどすべての産業が影響を受けているので、漁業者だけを特別扱いは出来ないでしょう。しかし、だからと言って、みんながみんな、黙って高いコストに耐え続けても問題は解決せず、耐え切れずに潰れていく人たちが増えていくだけでしょう。

この前のサミットでは、穀物や原油の先物取引に群がる投機マネーの暴走について、何の具体策も提案されなかったことに失望した人たちは多いでしょう。気候変動も石油の産出量も、とりあえず変えることは出来そうにないし、日の出の勢いの新興国に「お前ら石油使うな、御馳走喰うな」などと命令することなど、できるわけもない。だったら、せめて、投機マネーを規制するくらいのことが、各国政府が連携してなぜ出来ないのか?せっかく世界に影響力を持つ、主だった国の首脳が集まったというのに。もはや、首脳たちが雁首揃えても、世界にとって危急の問題に何も対策が立てられない。世界を覆い尽くしてゆく「資本の自由」を第一義とする価値観の下で「政府」というものはこうも非力になってしまったのか?・・・・そんな寒々とした現実を知らされたサミットだったような気がします。

「漁に出る(仕事をする)たびに赤字になる」という、漁師さんたちの言葉を聞いて、そのうちに自分たちも・・・・とゾッとした他業者も多いはずです。

本当は、今こそ、漁師さんたちに続いて、さまざまな業種の人たち(もちろん、消費者でもある人たち)みんなが声を上げるべきではないか?そうすれば、さすがの政府も重い腰を上げざるおえないでしょう。もちろん、政府がみんなじゅうに補助金を出すことは出来ないし、仮に出来たところでそれで原油が値下がりするわけでもないでしょう。おそらくは、もっと困難かもしれない、別の道を行っていただくしかないと思います。今の政治家にそれが出来ないというのなら、別の人たちに替わってもらっても、やってもらうしかないでしょう。

いずれにしろ、国家でさえ規制できない、地球を吹き荒れるマネーの嵐に各自が自己責任で立ち向かえというのは、もはや牧歌的に過ぎるような気がします。


うなぎのようだ……
→仮)山田二郎さん、

>はい、あなたが困らないだろう事は、解って言っています。
>最初に、救えと言う方々と言っていますでしょ。

あれ、すると私は「救えと言う方々」にはカウントされていない、ということですか? 私にとって今のところの最適解は上述のように「漁業者と連帯して、燃料価格高騰への対策を講じるよう政府その他に求めていく」なんですが。

>負担は誰か(企業や金持ち)がするもんで、俺たちゃ関係ないと言う感覚が透けて見えるんですよ、赤旗系の記事を肯定する方々はね。

まさか、あなたの上記のコメントはすべて、そうした「……と言う感覚が透けて見える」という程度の憶測に基づいているとか……いや、そんなはずはないですよね。

繰り返しておきますと、

●私は、漁業者の苦境に共感し、できれば彼らに連帯していきたいという立場です。
●消費者としての立場との見かけの矛盾は、それを止揚する解がすでに得られています。
●問題の最終的な解決は中長期的なものになるでしょうから、当面は「問題の先送り」「延命措置」「時間稼ぎ」を考えてもいい、いやむしろ積極的に考えるべきだと思っています。

……こんなことは自分のブログで書け、と言われそうだ(←自爆)。

すみません>お玉さん


お玉おばさんへ
本当に誰かわからないのであれば、指摘しても無駄だと思いますけど?
それとも議論の流れの中であれば、構わないとでも言う気でしょうか?


シンペイさん
これ、やな話しなんですが、漁業問題は油代が直撃したので表面化しただけで、日本人が近海で取れる魚を基本的に食べなくなっている事も問題にあったりします。
最初に「事実上日本の消費者が漁民は必要ない・死ねと言っている」と言うのは、そういう事にも関連します。
なんのかんの言っても、、日本人が近海産の魚を好んで食べるようにしなければ、幾ら漁業保護をした所で、輸入だよりの現状は変わりませんしね。
また、現状の硬直化した予算配分を是正できれば、負担無しで当面の漁業保護も可能でしょうが、現状の政権では希望薄です。

領海保持に関しては、日本海側だけでなく、米軍等の問題もありますので、いい加減な現状では、ややこしすぎるんですけどね。


山辺響さん
はい、あなたが困らないだろう事は、解って言っています。
最初に、救えと言う方々と言っていますでしょ。
負担は誰か(企業や金持ち)がするもんで、俺たちゃ関係ないと言う感覚が透けて見えるんですよ、赤旗系の記事を肯定する方々はね。
どっちみち漁業を残したいんであれば、燃料代補填なんて不正推進するような場当たり的な政策ではなく、消費者に表面的な負担がわからない、市場価格との差額の補填といった手法に落ち着かざるをえないんでしょうけどね。


ヒョッとして打たれ弱いの?
山田君・

昨日と今日の、皆さんのあなたへのコメントで、一体だれが「誹謗中傷に陥っている方」だったのか、教えてもらえる?お玉の所で相手と向き合って議論出来ない人は右派であれ、左派であれお玉が認めないって、あなた知ってるよね?

>醜悪に映る

人のフリ見て我がふりを直せ・・・・お玉はあなたに言い過ぎてるか?


お玉おばさんへ
論点ずらしに思えても、結局はそこへ行き着いてしまうんですよ。
要は、この国や国民が自立できていない事に根本原因が及ぶと言う事になるっちゅうこってす。

ああ、あとキチンと向き合えと言われても、誹謗中傷に陥っている方にコメントする気にはなりませんよ。ぶさよさん所の東西君ネタみたいに、収拾つかなくなるだけなんでね。(最近少しは改心したみたいだが)

「排除・罵倒の傾向は、右・左問わず少なからず見受けられうのですが、普段から話し合いだの平和だのと高らかに掲げているがゆえに、ネット・リアル問わず左翼系の方が醜悪に映るという事を左翼やっている人は少しは理解した方がいいでしょうね。」
これと同じ事、なんども言っていますが、いまだに理解できない方がいるようで…。


まぁそうおっしゃらず
→お玉さん、
まぁまぁそうおっしゃらず(笑)
論点ずらしに走るしかないってことは、彼も当該の論件については結論が出ていることを認めているんでしょう。ここは一つ、追加の練習問題ということで。

→仮)山田二郎さん、
お玉さんが指摘されているように、燃料費の高騰の問題とは何の関係もないということは自覚されていますね?(燃料費の高低に応じて海軍力云々の要不要の程度が変化するのであれば関連していますけど・笑)

さて、それを踏まえたうえで、もう少しお付き合いしましょう。

>ちなみに、漁業政策には海軍力の増強及び実力行使も不可欠になってくる

このあなたの大前提が正しいと仮定します(あなたは何も根拠を提示していませんけど、百歩譲って)。

すると、次の二つは矛盾します。

A. 漁業者を支援したい=日本の漁業を守りたい
B. でも海軍力の増強や実力行使は嫌だなぁ

実はBのようなことは私は一言も言っていないんですが、まぁ仮)山田二郎さんに心中を見透かされてしまったってことにしておきましょうか。

はい、またしても仮)山田二郎さんに私の矛盾を指摘されてしまいました。

で……?

そうですね。矛盾しているからといって何も困ることはない。このAとBを両立させるような、一つ問題の次数を繰り上げた解答を出せばいいわけです。今さら私がそれを書くまでもないでしょう。このお玉さんのブログにも、そうした解答を示唆するエントリーはいくつもあったように記憶しています。

私は、仮)山田二郎さんにこのような思索の方法をお勧めしているんです。これはね、右翼とか左翼とか関係ありません。身につけておくと、たぶん左翼を論破する際にも有益です。何かの矛盾を指摘して得意がるのでは中学生レベルですからね。

>そこまで考えずに、漁民を助けろと言っても口先だけもしくは、問題の先送りと捉えられますが。

上のコメントで明記しているように、私は延命措置・時間稼ぎを肯定していますから、「それは問題の先送りです」と言われても少しも困らないということはおわかりですか?


大人の議論が出来るようになろうよ。
山田君・・

>漁業政策には海軍力の増強及び実力行使も不可欠になってくるのです

論点ずらしを続けるだけならば
やめなさい。
あなたの書いたコメントに右派左派問わず、何人もの方がここと、前日の記事でコメントしてくれている。でも、あなたは何一つキチンと向き合って答えてないじゃない?

##ひさびさに右派とか左派関係なしに非常に盛上がりそうで、あなたには感謝してるけどね。


山辺響さん
ちなみに、漁業政策には海軍力の増強及び実力行使も不可欠になってくるのですが、支援を言う方々は、そこまで考えられているのですか?
そこまで考えずに、漁民を助けろと言っても口先だけもしくは、問題の先送りと捉えられますが。


ごめん、ちょっと違った
たびたびすみません&ズレたコメント申し訳ない>お玉さん

私が、仮)山田二郎さんの言説についてシンプルすぎるなぁと思うのは、物事の捉え方が単純すぎるというのもあるけど、それよりむしろ、矛盾には気づくのはいいとして、そこで思考がストップしちゃうところなんですよね。その先を思いつかないのか、思いつかないふりをしているのかはともかくとして。

A. 漁業者を支援したい。
B. でもそのために魚に高い金は払えない(払いたくない)。

これは矛盾している、確かに。少なくとも一見したところでは。

でも、AとBが矛盾しているからって、A(あるいはB)が却下されるということにはならないんですよね。定立・反定立・止揚って、最近の人は勉強しないのかな。しないか、そんなもん。



延命措置、時間稼ぎ、綱渡り
→仮)山田二郎さん、

でもね、「根っこ」には「現実は複雑である」ってことがあるんじゃないかな?

複雑である現実をシンプルに捉えようとするのは原理主義の常套手段なので、○○原理主義の(○○にどのような言葉が入るのであろうと)立場を標榜されるのであれば、まぁそういう考え方もあろうかと敬して遠ざけるだけなんですが……。

>どのような形で補填・保障するのであれ、目的が取り合えずであれば、ただの延命措置であり、再度情勢が悪化すればどうしようもなくなります。

今必要とされているのは、まさに延命措置であり、中長期的な対策を講じる(=再度の情勢悪化を防ぐ)ための時間稼ぎだと思うんですが……。長期的には、そのような措置が必要なくなる方向をめざす、ということが前提ですけどね(たとえばhttp://www.economist.com/opinion/displaystory.cfm?story_id=11454989を参照)。

>国家戦略としてであれば、最終的に負担は皆で分け合う事になりますが、その事を理解しているのでしょうかね、安易に助けてやれって叫ぶ方々は。

ええ、それが社会というものが存立する大前提だと思うんで……。


山辺響さん
シンプルに捉えないと、根っこが見えないからですよ。

どのような形で補填・保障するのであれ、目的が取り合えずであれば、ただの延命措置であり、再度情勢が悪化すればどうしようもなくなります。
また、国家戦略としてであれば、最終的に負担は皆で分け合う事になりますが、その事を理解しているのでしょうかね、安易に助けてやれって叫ぶ方々は。


シンプルすぎる
→仮)山田二郎 さん、

>事実上日本の消費者が漁民は必要ない・死ねと言っている

言っていない。

>そうでないなら、値段が倍になっても近海産を買い続ける覚悟や、それ相応の負担を担う覚悟が、消費者にあるのかと聞きたい

「ある」と答えたいところだが、残念ながらそれほど一般の消費者は裕福ではない。

したがって一般の消費者たる私の当面の解としては、漁業者の生活を確保しつつ、その他の消費者がこれまでの価格水準で魚を食べられるよう、漁業者と連帯して、燃料価格高騰への対策を講じるよう政府その他に求めていく、となる。

現実にどのような行動をとるかはさまざまでしょうが、理屈としてはそれほど難しくないと思います。なのに、なんでそういうナイーブな二者択一に留まるのかな……。




ふ~~~~~今度は消費者の自己責任か~~・・・・


赤旗は、毎日読んでるよ
はっきり言うとね、事実上日本の消費者が漁民は必要ない・死ねと言っているんだよ。
そうでないなら、値段が倍になっても近海産を買い続ける覚悟や、それ相応の負担を担う覚悟が、消費者にあるのかと聞きたいね。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

肩こり指数 ★☆☆ つい先だって漁師さんの全国一斉休漁が闘われた。まあ、あっちこっちのブログで取り上げているのを斜め読みで失礼なが...
 7月15日はJCP創立86周年だったので、16日の朝、赤旗を見る前に「昨日は『アレ』があったけど、多分扱いそんなに大きくないだろうな...
一連のロウソク文化祭に対する弾圧に関して、この度、晴れて(?)国際アムネスティから「人権侵害」認定された韓国の警察・司法組織(もちろんその大元締めは李明博政府ね)です。これに関連する記事を読めば読むほど、背筋が寒くなってしまいますね。 いや~、恐ろし...
 7月15日の全国一斉1日ストのあと、漁業者の苦境に対する同情的なコメントばかりが目に付く中、ジョージ・モンビオの漁業についての批判は耳に痛いです。 Trawlermen cling on as oceans empty of fish - and the ecosystem is gasping http://www.guardian.co.uk/com...
昨日、「貧困セミナー」参加のために、「護憲+&有志」のメンバーで飯田橋の「もやい&サロン・ド・カフェこもれび」に行って参りました。最寄りの駅から徒歩15分の道のりは、げんなりするほど暑いのかなー、と覚悟して歩きましたが日影を歩くとそれほどでもなく、涼し...
新しく発足した駐ミクロネシア連邦日本大使館から、日本国内閣の紋章入りのこんな招待状が届いた。 明日7月18日に、この国の首都ポンペイでレセプションするから来いという。 投函は7月1日、ヤップ州出身の初代副大統領・故ペトルス・トゥン氏の切手を使っているのは、
 第80話 全国一斉休漁~マグロと共に Yahoo!ニュース 国内 社会 →一斉休漁 漁師悲鳴…5年で燃料費3倍「出漁すれば赤字」(毎日新聞...
ちょっとガラにもなく、竹島のコトでも書いて見ようと思う。 先日、中学校の社会科の学習要領の解説書に、文科省がはじめて竹島を日本の領土と記述したコトが、日韓の間で大きな問題となっています。 ボク自身の意見としては、竹島は客観的にみて日本の領土であるコト...
正直というかどうか 選挙前に消費税をあげると敗北 選挙のスローガンにUPなんて入れたら負ける だから その件(消費税UP)のついては触れないで 選挙をするんだって! 言わなくともそんなのは 見抜いているのに・・・! *******************http://www.tokyo-np.c...
うわっと思わず声をあげたJANJAN ザ・選挙のこの記事、もうお読みになりましたか。 「自民党の政策は『党員として胸をはれない』と支部が解...
昨日の記事、「自公政権の退場を望むなら、その代わりに望む政策をどしどし民主党に伝えよう」の続きのようなものです。 政治や行政がも...
自民党と民主党の対抗軸がようやく見えた。 政権交代前 自民党「政権交代したくない」 民主党「政権交代したい」 政権交代後 自民党「政権交代したい」 民主党「政権交代したくない」 もはや自民党と民主党の対抗軸は「政権交代」のみである。 冗談はさておき...
放射能を含む水槽に転落して被曝しないなどということは有りえるのだろうか。内部被曝についてはどのように確認したのだろうか。今後詳細な報道を期待します。 放射能含む水槽に作業員転落 大飯原発「健康影響なし」(共同通信) - goo ニュース 2008年7月16日(水)21:26 
08年7月16日 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞の切り抜き自民党編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・テレビの切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・大分県と教育委員会{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
お米に関して、現在、生産調整や減反が行われています。 それなのに、政府は外国から米を買って備蓄しています。 私はそれを最近、知って驚きました。 そして、東南アジアで...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。