2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
専守防衛のお玉ブログ

コメント欄で書きかけていることですが・


お玉は確かに、護憲に照らしてこのブログを管理している面があります。ただ・・・・明らかに「専守防衛」という観点で考えてる・・・・お玉からよそへ言論攻撃をしかけになど絶対に行かない。でも理不尽な攻撃を受けた時、ブログとコメンターを守るために「説教」するし、聞き入れてもらえず暴挙をやめない人は他のコメンターの「安全」のために、受け入れないという措置も辞さない。・・・と一応「よい子のお約束」に書いているつもり。

実際にはお玉自身がこのお約束を守れてないが為に時々ブログが「荒れちゃう」・・・・ブログ上でも専守防衛は厳格に守るべきかねえ・・・・・

でね、この比喩ではこう突っ込まれるだろうコトも書いておきましょうか・・自分のブログは専守防衛・・ではよそのブログが喧嘩をしている時お前は平和のために対話しに行かないのか・・ってね・・・・・・・(^^)

 

人気ブログランキングへ                          

 

ということで~しばらく

記事違いなコメント

愛が感じられない(これ、あえて書いてます)コメント

馬鹿な文章のコメント

の三点に基づいて専守防衛的管理をさせて頂きますね。

で、最初のご訪問時にどんな書き方で来て下さってるのかも評価対象にします。ここでお玉が甘い顔をした(削除しなかった)ばっかりに「我が物顔」で未だにえらそ~~に書いてくる方がいるんですけど・・・・悪いが今後は一切認めない。 

さて、九条なんかなくしちゃって他の国と同様の国際貢献をすべしとおっしゃる方々へ・・・・
伊勢崎賢治さんの言葉をお玉なりに解釈すると・・・

戦争、紛争は決して起してはいけない。戦争や紛争が起らないように不断の努力を国際レベルで行なわなければならない。必死で・・・・
でも一度惨事が起ってしまえば、今度は必死でそれを終らせる努力をしなければならない・・もちろん国際レベルで。戦争終結は「正義を振りかざすだけでは終われない」。一般人の犠牲者を早く食い止めるために、武力を用いた形も含めて解決手段を模索する・・・・・・また、戦争や紛争を起した悪人達と取引をしなければならず、彼らに見返りを与え、罰することなく虐殺をやめさせることもある。これらを国際機関の協力で行なう。


では日本もそのような形で協力すべきなのか・・・・・いいえ違う。

全ての国が同じような貢献をする必要などどこにもない。実際それぞれがそれぞれの国の特色を生かして国際貢献することこそが得策ではないのかなあ。(この辺りくわしくはまだ学習途中でして・・・)

日本は九条を持っている。理想と現実の間に揺れ続けている危うい憲法。

でもこの存在があり、美しい誤解といわれつつも、平和国を演出し続けてきた日本は、お玉達日本人が思う以上に、紛争現場で評価されている。お玉だって伊勢崎さんに聞くまでは知らなかった。そして中村哲さんの話を聞くまでわからなかった・・・・・・

他の国の求める平和的解決の提案は飲めなくとも、他国で戦争をしない国日本の言うことならば・・と話し合いのテーブルに着いてくれている・・・・こういう明らかな事実を元にお玉は今、日本が九条を持ちつつ出来る国際貢献のあり方を考えている・・・・・

九条なんかなくしちゃって他の国と同様の国際貢献をすべしとおっしゃる方々へ・・・お玉はこれまでも何度も言ってきてますけど、伊勢崎賢治さんを読んでみてよ。話はそれからです。

自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論

自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論
(2008/03)
伊勢崎 賢治

商品詳細を見る

 


こんなやくざなブログ、読んでくれてありがと。  otamaそしてポチしてくれて、ありがとう!

お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 

 

追伸・波紋が怖いので最後に書いておきましょう・・・

先ほどの

自分のブログは専守防衛・・ではよそのブログが喧嘩をしている時お前は平和のために対話しに行かないのか・・ってね・・・・・・・(^^)

伊勢崎さん曰く、戦争が盛り上がって攻撃性を増している時には平和的解決は不可能・・冷静になどなれない。だから紛争解決はある程度時間がたって、疲れてきた頃に行なうのが基本だ・・・・・・・・・

 
Secret
(非公開コメント受付中)

ちえんさん
ちえんさん、こんばんは。
「とても良くないこと」を書いている、くろねこです。

 「日の丸・君が代」馬鹿騒ぎしている連中に、遊び感覚で安易に「自殺」とかの言葉は出さないで欲しいな。
「広島の左翼センセ」は、校長の自殺の責任取ったか?「辞表」出したのですか?

 ぜひ、お玉さんの所ではなく、自分のブログの方で、教師の「現実」について、お話頂ければ幸いです。

 田舎人間が書いているブログですが(汗

>お玉さん
 すいません。


ちえんさん
むずかしくはないと思う・・・
初対面の人と議論する時に面と向かってその言葉をいえるかどうか・・・というのが指標になりませんか?くろねこさんはその辺の言葉の使い方は結構上手ですよ。




むずかしいですね。
くろねこさんの言ったことがとてもよくないと思ったので、書きました。
くろねこさんのほかの部分を読んでいてうなづけるので人格は認めているんですが、
 無知はいやですねと一般論としていいたかったのですが、お玉さんには人格攻撃ととらえられましたか・・残念です。
 記事違いですね。納得します。


ちえんさん
>そう思うこと自体がくろねこさんの非人間的なことを決定的にするし、断定されても仕方ありません。
>現実をなにも知ろうともしないことは恥ずべきことです。

ほらまた、文章ではなく人格を攻撃するような文章では決して相手に伝わない・・・
及び記事違い。


くろねこさんへ
抽象的なところは同意します。

ただ、君が代の部分は反対します。先生がたの良心に基づいて行動している限りにおいて、今の政府のやり方は行過ぎたものです。いくらくろねこさんがよいと思っても、そう思うこと自体がくろねこさんの非人間的なことを決定的にするし、断定されても仕方ありません。くろねこさんはそうではないと思うので、もっと君が代の強制問題で教師が受けている苦痛の現実を知るべきです。現実を知らないで国民のかまどと言っていたら、仁徳天皇に大笑いされてしまうでしょう。
 現実は、自殺も範囲に入るほどの悪質な人権蹂躙事件というのが君が代強制問題です。このようなことを強制した国歌はけがれており、今後百年は国歌としての資格がないと思います。
 現実をなにも知ろうともしないことは恥ずべきことです。


>喜八様
気が付いた時には私もお玉おばさんの護衛していますがね。
以前にやってきた狂牛戦闘機F-15Jとかね・・・。

でも、私自身が暴れてる時もあるし・・・。ううむ、困ったな。


 他のブログでの論争へ対話に行くかどうかについての話についてです。

>戦争が盛り上がって攻撃性を増して
>いる時には平和的解決は不可能・・
>冷静になどなれない。だから紛争解
>決はある程度時間がたって、疲れて
>きた頃に行なうのが基本だ

 最後まで当事者同士でやらせてみては?当事者から頼まれてもいない傍観者が、我さかしく仲裁に乗り出すのは、双方の利益と感情とを害するだけです。
 仲裁と言うのは当事者同士が認めた者が行うものです。

 それと、専守防衛にも反していますよね。時期がいつであろうと、仲裁のために対話なり文攻介入なりするのは。言論の世界で専守防衛を唱えるなら、いかなる形式による介入も、いかなる理由があろうと禁止されるはずですが。


他人様のお座敷で、野暮はいけません
お玉さんが皆さんの自由な議論を愛しているのはわかっていますし、余計なお世話かもしれませんが、やはり当該エントリーのテーマから遠い話を延々とするのはネチケット違反じゃないでしょうか?

誰かが書き込んだコメントの一部に反論して、いろいろ言いたくなることは私もよくあります。実際にあるブログで反論して、その人と長い議論になり、管理人さんにたしなめられたこともありました。それ以来、他人様のコメントに突っ込みたい部分があっても、それがエントリーの内容に直接関係ないと思われる場合は、じっと我慢して、思いついたことをメモ帖に書き取っておくだけにしました。

そしていつか、どこかのブログ主さんが、それに適合するようなテーマを取り上げてくれた時に取り出して、(よくしたもので、いくつか同じ傾向のブログを見ていれば、いずれ誰かが取り上げてくれるものです)それを基に、あまり長々しくはならないようにコメントさせていただければラッキーかと。私のように自分でブログ運営をする度胸のない、「寄生コメンテーター」にはそのくらいが分相応だと思っています。

それから、これまた私もあまり人のことは言えないのですが、やはり長文は程々になさった方がいいのでは。長いコメント同士の議論が延々と続くと、議論の当事者以外の人たちがどこまで読んでいるのかなと、疑問に思うことがよくあるので。

だからと言って、規則でこれはダメ、あれもダメとか、かっちり決めてもらえばいいというものでもないでしょう。(今回お玉さんは、やむおえず、ある程度の規制をかけるようなことも仰っておられますが、そのことを残念にも思われているようです)

言わば、私らみんな、「他人様のお座敷」で遊ばせて貰っているようなもの。野暮はいけません、〝粋〝に行きましょうよ。政治ブログのコメントにも〝美学〝は必要では?


政治とは生活である
2007年「世界11月号」より
今こそ国際安全保障の原則確立を・・・小沢一郎
P148-P153 この中の抜粋です

 政治の使命、役割は結局「民のかまど」を豊かにすることに尽きます。仁徳天皇は、民のかまどから煙が立っていないのを見て、民の困窮を悟ってていを免除したと伝えられています。皇居は朽ち果て、修理する費用もなくなりましたが、国中の家々から煮炊きの煙が再び上がるようになって、仁徳天皇は「私は豊かになった」と悟られました。「天皇の位は、そもそも人々のために作られたもの」という仁徳天皇の言葉にこそ、政治の本質が示されていると、私は思います。
 現代社会はもちろん、仁徳天皇の時代とは比べものにならないくらい複雑になっています。しかし、政治がまず一生懸命に考えなければならないことは、昔も今も、「どうやってみんなが豊かに、幸せに、そして安全に暮らせるようにするか」ということだと思います。

 以上抜粋

ピンボケ部分を抜粋しましたが・・・
「イデオロギー」で議論できるのは「幸せな証拠」だと思います。その事自体に感謝すべき事です。

 もし「メシ」食えなければ、憲法どころではない!歴史認識どころではない!日の丸君が代どころではない!

最近の感想ですが・・・
 「イデオロギー」は不毛な議論になる。

どうして?
 双方が意見を「合意」しなくてもメシ食えるからだと自分は思います。
 だから双方が合意点を探るよりも、あら捜しをして「自分の主張の正当性」を誇示するだけ。

 もし、それが自分や大切な人の命や生活がかかっていれば、双方が「あら捜しのお遊び」などしているヒマはない。表面上は喧嘩していても、「合意点」を探り合うはずです。

 イデオロギーで議論できるという事は幸せな証拠ですよ。
 だから自分は、護憲リベラル平和ボケ連中は「公務員が日の丸君が代強制でバカ騒ぎ」と皮肉を言っています。当然わざとレッテルも貼っていますし(苦笑

 明日の「メシ」がかかっていれば、嫌でも話し合っての「合意」が必要になってきますから。


専守防衛ですか…三浦は正反対に左右どちらのブログでも是々非々で突貫しては玉砕する日々であります。


同感っ!
>それぞれがそれぞれの国の特色を生かして国際貢献すること

私も難しいことは分かりませんが、
日本だからこそ!!出来ること。(他の国にも「本当に」認められている事)それが、一番だと思います!!(/>_<)

なんだか、いろいろ大変そうですね...(^_ ^;)
がんばってください!!微々たるものですが応援してま~す♪♪ヽ(^◇^)






難しい・・・(^_^;)
> 自分のブログは専守防衛・・ではよそのブログが喧嘩をしている時お前は平和のために対話しに行かないのか・・ってね・・・・・・・(^^)

私は自分への批判はいくらでも「スルー」ができます。
(これは「戦闘証明」済みだと思います)

しかし、知り合いのブロガーが他のブロガーにボコボコにやられているとき、それを無視するのは難しい・・・。
完全に「スルー」していると、「冷たいヤツ」だと思われそうだし・・・。
難しいですね。




感情と理性のあいだ
他の先輩諸氏と違って難しいことは書けませんが、だいたいのところ、懸案となるのは平和を実際に構築していく、あるいは守っていくためにどんな行動が必要か、なにをすべきか、なにが邪魔なのか、なにが間違いであるかといった現実面での方法論かなと思っています。いわゆる自衛隊を目の敵にするような人たちは、無垢の民を傷つける戦力を持った存在そのものを嫌悪しているのかも知れません。それがどう運用され、どのような役に立つのかという視点では見ないで、軍備を持つ組織のもたらす悪影響に限って批判的な評価を下しているのでしょう。そういう種類の活動(?)が果たして平和構築に効果的なものだろうか、をいちど考えてみるべきだという意味で元自衛隊員の方のご意見を受け止めました。もってまわって書いていますが要するに、そんなことやってて済む問題なのか!ってことですね。
 戦争はいけない、と言えば世界中の争いごとが止むのであればなにも悩むことはない。しかし現実には民族間、部族間の憎悪や利害関係で起こる争いは止められない。その現実をまずしっかり知って、自分たちがどうしていくのかを実際的に考えないと机上の論だけで動くことになりかねないよということですね。九条を持っていることで大きなメリットがあるのならばそれはそれでよいだろう、しかしただそれだけで現実を変えられると思うのは間違いだと。せっかくアドバンテージを持っているのなら、それを生かさなければ駄目だと。その意味で、護憲を盲目的に唱えるだけの存在であってはならないのですね。


NoTitle
九条の何が悪いのかがまったく分かりません。

「普通に戦争できる国」って、普通なんだから、何も人類に貢献してないんじゃないでしょうか。

時代の異端が未来の主流になるという文化歴史的な観点でも、ボクはこだわるべきことだと思っています。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久々に、村野瀬さんのブログを読んで書きたくなった。 こんな記事↓を書いているあたり、彼女の考えている言論の自由というものが如何に狭...
今夜のNスペは「焼き場に立つ少年」と題された(このブログで何回も使わせていただいている)写真とそれ撮ったカメラマンの話です。 ○                ○                 ○
基準をどこにおくのか? 原潜の放射能漏れを 数ヶ月自分のところで 止めておいた外務省。 消費者重視といいながら こんな大事なことを 隠匿しておいた政府! これは外務省経由で 政府に伝わっていたのか。 ***********************http://www.asahi.com/internat...
※ただ今IEだと右側の表示がおかしいです。 いよいよ五輪開催も押し迫り悪い意味でも盛り上がって参りました。 五輪開会式に向け関連情報です。 ウイグルで独立派により警官複数人死亡というニュースも流れていますな。 どうにも暴動の類は中国全土で収まらない様...
[米国政府は宇宙人存在隠ぺい」 元宇宙飛行士「暴露」騒動拡大2008/7/28 J-CASTニュース 米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士が、ラジオ番組で「宇宙人が何度か人類に接触してきたが、政府はそれを隠蔽してきた」などと発言、タブロイド紙などで報じられた。さらに
08年8月6日 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 送り火 1・広島の日{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・外国編・中国と韓国{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。