2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
心の豊かさ

お玉は遙か彼方なうら若い頃、数年間寮生活をしていました

なかなか古い建物で、4畳半一間に4人が住んでベットが別付きになった、今考えるととても粗末な部屋でした・・・・でも、そこにいる限りは全くお金もかからない、奨学金も頂ける。食事も平日は出る・・・お金のことを期にせず勉強にいそしめて(いえ、お玉はいそしんでなかったが・・)仲のいい友人も出来、あれはあれで楽しかった・・

人気ブログランキングへ                          

 

一つのティーバックで6人分の紅茶を入れるとか(最後の人は色しか付いてない)

腐りかけたご飯は洗えば全然平気で食せるとか、

休日が続いて、おかずのない時はマヨネーズとコメがあれば暮らしていける・・とか。。。

奨学金が支給されるとその週末、近所の王将にいくのが唯一の贅沢・・・・

など、お玉の20代前半までは、友人共々そんなことが当たり前で、実はその生活自体が結構たのしかったなあ・・・・

 お金はないけど智恵はある仲間を集めて、食堂でミニコンサートしたり、ボランティア活動に精を出したりして余暇は楽しんでた。同室者のお誕生日には何かサプライズなお祝をして、特別に夜中までお酒飲んで・・(この時に覚えた酒で、お玉はうわばみになったらしい、)

 寮生活の中では、みんな書物以外には殆ど何も持っていなかったけれど、気持の上でとても豊かだった・・・どうやって生活を楽しもうか、みんなで笑おうか・・そんなことばかり考えていたような気もする。

 ものがなくてもココロを豊かにすることは出来るけど、それも最低限の生活を確保されていればこそ可能だったのだということを・・・・いまの格差社会の現実を聞く中で自覚しています。

全ての国民が健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する

今問題なのはこの「最低限」すら営めていない人がドンドン増えていることなんですよね。

NewsOLさんの「豊かさについての考察」の記事をよんで思い出したことをつらつらと書いてみました・・

こんなやくざなブログ、読んでくれてありがと。  otamaそしてポチしてくれて、ありがとう!  

↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 

非常に締め付けたコメント欄になってる・・
こんなのお玉はとっても嫌・・・・だけどいくら言っても分ってもらえず「自分は正しいことを言う人」ばかりなので、右派左派関係なく・・表に出してない人がいます・・・・ごめんね

管理人の「ここではやめてね」とか「今ここで議論にして欲しくない」に従って欲しいのだけどねえ・・・・

といいつつもいつになく厳しいのはわかってるんだけどね。いちいち表に出して、説教するのがちょっと今はしんどいのよね。

 
Secret
(非公開コメント受付中)

苦労を楽しんでますな
お互いに・・くろがねさんも。・・

お金がないときは一日食べないことも多かったな~。


お玉さん、こんばんは!
記事紹介&TBありがとうございました。
とても嬉しく思い、そして興味深く読ませていただきました。(^^)

幸いな事に私は【最低限度の生活】のラインをまだ超えたことはありません。でも、このラインを割り込んだときに「豊かさ」を感じられる心&現状を変えるための強靭な精神力+行動力を自分が持っているかは疑問です……。うーん…。

最近、「ベーシック・インカム」について調べて考えていますが、まだまだ「夢物語」のように感じています。でも、現実を変えるためには理想を思い描くことが第一歩かな~とも思うので、私なりに突き詰めて考えて行こうと思っています。


自衛隊の寮では
 帰ってくると、「台風」が来ているときがあるんですよ~~~(笑)。一部屋12人の大部屋(二段ベット)なんですが、その中の一人でも、シーツの折り目が”曲がって”いたり、角がそろっていなかったり、整理整頓されていなかったり、どういう理由でか分からない時でも(笑)、部屋中ぐっちゃぐちゃです。ベットのマットは飛んでる、ロッカーの中身は放り出されてる、二段ベットを倒されてる時もありましたねー(笑)。あれは、床に傷をつけないように丁寧に倒したんだろうなー(^^;。時間が無い生活ですから、片付けるのも大変でした(で、教育的指導になる(^^;)。
因みに朝は一斉に起されて、毎日違う服装(制服にも種類がある)を朝指定されて、隊舎前に整列(5分以内)。その時もチェックが有って、「台風」の時も有るんですよ(笑)。私が経験した寮はここだけですね(^^)。


くろがねさん
>ティーバッグ

たしかに・・・(爆)

>紅茶なら、スプーン2本で挟み込んで絞り出したり、使用済みを10こ程集めて水から煮出したりもしましたな。

やっぱり・・みんなやってるよね。(でも使用済で煮出すことまではさすがになかった・・)それは、もはや紅茶ではない・・・・

下宿は憧れてたけど、食事のことを考えるとやはり寮が一番安上がりかな?


細かいことですが
>ティーバック

それ、パンツ。
ティーバッ グ か、ティー パ ックと書いて頂ければありがたい。

>そのティーポットを誰が買うんだ?

そりゃあ、粗大ゴミの日に…

紅茶なら、スプーン2本で挟み込んで絞り出したり、使用済みを10こ程集めて水から煮出したりもしましたな。

>私の暮らした寮自慢

下宿してました。仕送り2万+バイト2万で一ヶ月暮らしたブルジョアです。(笑
今から思えば、家賃1万+光熱費+書籍代1万超。どんな食生活をしていたんだろう。
風呂は友人頼って寮まで行きましたが。


虎42号さん
>判ってやってくださいな。 笑)

わかってますよ。(^^)

急須にティーバックはしたことないです~なんか作法としていけない気が・・・・じゃあ一個のティーバックで10杯とるのはいいのか?とお玉だって突っ込みたい。

持ち込める食器は皿、茶碗、お椀、マグカップ各一個づつ・・だって収納スペースがなかったんだもん(T_T)
##記事から離れますけど・・・私の暮らした寮自慢・・・大募集・・・

ちなみに・・
奨学金は専門書を数冊買えばなくなる程度だったので・・いつもではないけど、それを酒代に充てていたのかと言われればその通りなので、反論出来ません~(爆)


ごめんなさい
奨学金でで酒飲んでるお気楽生活に思えたもので、つい。

たぶん双方舌足らずなんだと思います。

前稿に、後から来る員数云々の言及なし。

一堂に会し人数分のカップがあるなら、急須の一つくらいあるもんだ、時間軸上での増減もなく「人数固定」なら礼儀として回して注ぐよねと当方決めつけての発言です。

だから、喧嘩売ってる訳じゃないんだよ。

判ってやってくださいな。 笑)

ムカーシ、ムカーシ、自動車会社の家賃一万円和室六畳一間(勿論、作りつけのベッドなんかない)に二交代、三交代番2~3名がランダムに混在同居する状態で6年間暮らしていた経験のある、嘗て奴隷、今乞食の虎42号でした。


記事違いにティーバックネタ・・・
・安かろうが高かろうがいいんだけど・・そのティーポットを誰が買うんだ?

・例えば最初3人で使ったティーバック・・・それをあとからきた人にも再生して使う・・・・

なんて、想像もつかない世界か・・

##以前、おじゃる丸という番組でティーバックを乾かしてまた使う話をみて、「なるほどその手があったか!」と思ってしまった・・

>昭和30年代生まれの私ら世代では常識だったけど

まあ、常識と言い切れるところが幸せでいいなあ・・


早い者勝ちお茶の格差社会ですか
ティーポットにティーバッグを入れ少しずつ均等に注ぐ、小学校家庭科必修「お茶のワークシェアリング」はなさらなかったのですか?

昭和30年代生まれの私ら世代では常識だったけど。


実は
 私もそうでした。10杯はいっていたと思います。
 貧乏でしたけど、まあ、話のたねはつきませんでしたね。


とまとさん
はは・・

実は・・10杯以上とることもありました・・でも20杯はすごいです!!最後は色も出てないんじゃあ・・



紅茶
私が寮生活している時には、一個のティーバッグで紅茶を20杯まで入れました。
同室の4人とケチケチ生活していたのを思い出しました。
政治の話からは遠いのですが・・・


記事違い
>この中で非武装などという寝言は通じないのですよ。

そんな寝言、誰が言ってるのだろう。


北の国からさん
>国があり国境があり、文化の違いがある、宗教のちがいもある、この中で非武装などという寝言は通じないのですよ。

まあ、まだ彼の国には憲法9条はありませんからね。昔のままの乱暴な国家群だと私は思っています、特にロシアはね。憲法9条の道は険しいのだと思います。しかし、いつかは彼らも判るでしょう。



お玉さん、戦争始まりましたよ。
お玉さんたちの理想(空想と言い換えてもいい)の実現は不可能です。
国があり国境があり、文化の違いがある、宗教のちがいもある、この中で非武装などという寝言は通じないのですよ。
昔、民族自決といっていた党がありましたが、それを認めることと、9条の精神は両立できないと思いますよ。民族自決のためには当然武装が必要なのですから。そうしないとチベットや東トルキスタンのようになるのですよ。
これが昔サヨクだった自分の行き着いた結論です。
9条を信仰の対象にしてしまたらだめです。


平和のありがたさを忘れたくない。
心の豊さを保つのは難しいですよね。
私は、わが子たちにモノの有るありがたさを教えようとしてます。でも分かっているのでしょうか、とても不安です。
まあ、今でも貧しいですが、私の子供の頃は今よりはるかに貧しかった。
それにしても、人は愚かで、無くなってから、ありがたさを知ることが多い。
平和ではなくなってから、平和のありがたさを知るのでは遅いといつも想っています。
それが私の平和のアプローチの一つです。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[北欧] ブログ村キーワードhttp://www.dir.co.jp/publicity/column/060629.html全体最適の北欧・部分最適の日本 【大和総研コラム 2006/06/29】日本人にとって、...
08年8月10日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・時事放談{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・オリンピックにケチを付けたのは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 先日の広島と長崎の平和記念式典をファイルに纏め老人党リアルグループ「護憲+」の視聴
数々の新自由主義的政策の「後押し」もあって、派遣労働がとても拡大し、労働環境がより悪いものになっている今、労働者がどう自分たちを...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。