2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
NGO ペシャワール会 拉致される

右派であれ、左派であれ、リアルであれ・・
よく言われるのは「得体が知れない」・・・はっきり言えば不気味ということか・・・
せめて「不思議」と表現して欲しい・・・・お玉心のつぶやき~~・・・

人気ブログランキングへ                          

      

 

(追記)##ああ、今速報がでました。伊藤さん解放されたようです。良かった!! 本当に良かったです。詳しいことはまた改めて書きますね。

(追追記)一転・・誤報だそうです・・情報に振り回され、一喜一憂することのつらさ・・ご家族の心中はいかほどお辛いでしょうか・・

アフガンでNGOペシャワールの会の人が拉致されたそうです。
中村哲さんが心配していらしたことが現実になってしまった・・・

共同ニュースより

アフガンで伊藤さん拉致  NGOペシャワール会


【カブール26日共同】アフガニスタン東部ジャララバード近郊で26日、日本の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」(本部・福岡市)の日本人男性が拉致された。身代金などの要求は現在のところないという。同会現地事務所が明らかにした。

 現地事務所によると、拉致されたのは静岡県出身の伊藤和也さん(31)。携帯電話でも連絡が取れない状態という。

 伊藤さんは同日午前7時(日本時間同11時半)前、ジャララバード近郊ダラエ・ヌール付近で農業指導などの作業中に現地住民とトラブルになったとみられる。移動中に車を止められ、運転手とともに拉致されたとの情報もある。

 アフガン反政府武装勢力タリバンの報道官は同日、共同通信に対して、犯行への関与を否定した。

 日本外務省は同日、カブールの日本大使館に現地対策本部を設置、情報収集を進めている。外務省本省にも深田博史領事局長をトップとする連絡室を設置した。

 同会はダラエ・ヌールの診療所で医療活動を行っているほか、付近で農作物の改良などを実施。ジャララバード近郊で用水路も建設中で、これまで地元住民との間に大きなトラブルはなかった。


トラブルがなかったどころか・・どれ程アフガンの人々に信頼されていたか・・・は中村哲さんのお話を聴いたことのある方ならばみな、ご存じですよね。

アフガンの民は今まで日本人を他の欧米の人たちと区別していた・・日本は「平和な国」「軍隊を出さない国」と思われてきた・・・その美しい誤解がついにばれてきたからなのか・・・伊勢崎賢治さんも心配していた・・・・・アメリカ追随の自衛隊援助をしていけば、日本人は今後は他国同様に狙われ出す・・「僕がもしテロリストなら、今後は日本人をつかまえる」というような話もされてましたよね。

 中村哲さんとマガ9編集部の対談を紹介しておきます。

マガジン9条 この人に聞きたい「中村哲さん」

一部抜粋


編集部  日本人と他国の人たちを区別している?


中村  極端なことを言えば、欧米人に対してはまったく躊躇がない。白人をみれば「やっちゃえ」という感覚はありますよ。でもね、そういう日本人への見方というのも、最近はずいぶん変わってきたんです。

 編集部  それは、なぜ、いつごろから、どのように変わってきたんですか?

中村  いちばんのキッカケは湾岸戦争。そして、もっとも身近なのは、もちろんアフガン空爆です。アメリカが要請してもいない段階で、日本は真っ先に空爆を支持し、その行動にすすんで貢献しようとした。その態度を見て、ガッカリしたアフガン人はほんとうに多かったんじゃないでしょうかね。
編集部  せっかくの親日感情が、そのために薄らいでしまったんですね。

中村  それでも、いまでもほかの国に比べたら、日本への感情はとても親しいものです。この感情を大事にしなければならないと思うんです。湾岸戦争のときに、「日本は血も汗も流さずお金だけばら撒いて、しかも国際社会から何の感謝もされなかった。それが、トラウマになっている」なんて、自民党の議員さんたちはよく言うようですけど、なんでそんなことがトラウマになるんですか。「お金の使い方が間違っていた」と言うのならいいのですが、「もっと血と汗を流せ」という方向へ行って、とうとうイラクへは自衛隊まで派遣してしまった。僕は、これはとても大きな転回点だったと思っています。

 これまでは、海外に軍事力を派遣しない、ということが日本の最大の国際貢献だったはずなのに、とうとうそれを破ってしまったんです。これは、戦争協力ですよね。そんなお金があるんだったら、福祉だの農業復興だの何だの、ほかに使い道はいくらでもあるというのに。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平和構築のため現場で汗を流す人、平和構築とは何かを発信する人、平和について考える人 ・・・こういう人たち全てが必要。 でも私たち(国も含めて)が一番耳を傾けて聞かねばならない話とは現場の声ではないでしょうか?

どうか、伊藤さんが無事に解放されますように・・・

otamaいつもいつも、お玉を応援してくれてありがとう!!そしてポチしてくれて、ありがとう!  

↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 


 
Secret
(非公開コメント受付中)

タリバンとは何者か?
あの9.11の後、アメリカのアフガニスタン侵攻が始まった頃、日本のTVはアフガニスタンに存在する「タリバン」という組織がどんなに危険な狂信者集団であるかを、また、タリバンが政権を取って以来、アフガンの女性たちがどんなに抑圧され、自由を奪われたかを(少女たちは学校へ行くことを許されず、大人の女性は職を奪われた)繰り返し流していました。しかし、その時、長年アフガニスタンで復興支援事業をして来たという中村哲氏が画面に現れ、思いがけないことを言いました。

「それは少し事情が違う。タリバンが政権を握る前は、軍閥とは名ばかりの無頼集団が跋扈して、人々を苦しめていた。その頃は女性が一人歩きなどしていたら、たちまち、そんな無頼漢どもにさらわれて乱暴されてしまったのだ。タリバンはむしろ戒律を強めることで社会の秩序を取り戻そうとしていた。今は救世主のように持ち上げられている北部同盟のような軍閥こそが、アフガンの一般市民の敵だったのだ」と。言葉遣いなどは多少違うかもしれませんが、そのような意味のことをおっしゃったのです。

その時、私はまだ、中村氏がどのような経歴の人かはよく知らなかったのですが、もしかすると、この人の言うことが本当なのかもしれない、そう思わせるような何かは感じられました。

「タリバン、タリバンと言うが、その実態は、ほとんどがアフガンの普通の農民なのです」と、どこかで中村氏が語っていたことも思い出します。一部には政治的に過激なグループも存在しないないわけではないけれど、「タリバン」の本来の意味は、村々にある、寺子屋のようなマラドッサ(学校)の、そこで学ぶ小中学生に相当する生徒たちのことなのだと。

>もちろん、政治的なタリバンという組織をマラドッサ出身の生真面目な若者たちが作り上げたという側面はあったけれど、でも、実態は地域の寺子屋や孤児院に過ぎなかった。マラドッサは、神学校としての機能も持っていますが、国語算数理科社会をきちんと教えて、その上でコーランの教えも説く、というのが普通です。決して、過激な宗教一点張りの神学校なんかではありません。

>「タリバンの拠点を空爆して、80人のタリバン兵を殺害した」などという、米軍の発表がある。しかし実態はマラドッサが爆撃され、小中学生の年齢の生徒たちが殺されているんです。住民たちの憎悪が高まるのは当然でしょう。
(通販生活2008年夏号 「インド洋での自衛隊の給油再開で、いま、私が思うこと。」)

(先日もまた、「タリバンがそこにいた」ということだけで、多数の住民が空爆の犠牲になったそうです。http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2510761/3260050

そしてそういう形で身内を殺された農民たちが復讐のために銃を取り、米軍に刃向かえば、これもまた更に凶悪な「タリバン兵」ということにされてしまう。こうしたことを語ってくれる中村氏がいなかったら、私たちの思い浮かべる「タリバン」のイメージは日本のマスコミが報道する通りの存在でしかないものだったでしょう。この前、戦争に関する二つのエントリーで、国民を戦争に導くプロガパンダの話が出ましたが、日本は(私たちの気づかないうちに)とうに戦争に巻き込まれてしまっていたのかもしれないと、あらためて感じました。

>アメリカは「9.11同時多発テロ」の首謀者とされる国債テロ組織アルカイダとタリバンが手を組んでいるという理由で、01年10月から空爆や攻撃を行なったわけですが、実はタリバンとアルカイダというのは思想の方向性が180度違います。アルカイダの温床は、けしてパキスタンやアフガニスタンではない。欧米の大学教育を受けたイスラム教徒が中心になった組織で、世界制覇さえ目指しているとも言われます。一方タリバンは、私から見ると、明治維新の頃の尊皇攘夷運動に近い、土着性が濃厚な、いわば田舎の連中の組織です。だから、タリバンが世界に影響を及ぼすことなんてありえない。

>ただ、アフガンの人たちは、いったん逃げ込んできた人間は何があっても客人として匿(かくま)う、見捨てない、という文化を持っています。だから逃げ込んできたアルカイダを匿った。それをアメリカが咎めた。そういうことなんです。例えばブッシュ大統領が政変で国を追われて逃げ込んできてもアフガンの人々は匿います。アルカイダが「ブッシュを渡せ」と迫ったとしても、隠し通すでしょう。それが彼らの文化なんですから。(上記記事より)

伊藤さんのことはたいへん残念な結果になったようです。伊藤さんを殺害した者たちが何者かはわかりませんが、彼らを単純に「タリバン」と呼んで、「恩を仇で返された」ように決め付けてしまうのは、中村哲さんを慕ってペシャワールの会に身を投じ、今日まで現地の人々と手を携えて地道な努力を重ねてこられた伊藤さんの魂を悲しませることになるだけではないかという気がしてなりません。どうにかして事件の詳細と、日本ではあまり良く知られてるとはいえない、現在のアフガニスタン事情の真実を知りたいものです。


伊藤さんの死亡が確認されたそうです。
とても残念。
アフガニスタンのために一生懸命働いてきた伊藤さんを拉致した上に殺害という方法をとった奴らは許せません。
こんな事が続けば間違いなくタリバンは破滅するでしょうね。


キンピーさん
アフガニスタンは、カブールですら危険区域ですから、正確な情報をキャッチしきれないと思います。

これは私自身の反省でもありますが、こうした紛争地の情報は、戦後でもない限り、最も正確な情報が入るのは外務省であり政府です。もちろん、政府自身がバイアスをかけることがありますから、信憑性に疑念がないことはないですが、残念ながら、どのマスコミよりも正確性が高いのが現実ですからね。

こうしたニュースがあったときは、外務省のホームページをチェックしないといけませんね。


わくわく44さん
情報が錯綜するのは仕方ありませんが、最近そのようなことが多いように思います。
そしてその後の政府関係者のコメントが重要かと。

何はともあれ無事保護されることを願いたい。
アフガニスタンの人々の説得が必ず通ずると信じたい。


訂正・誤報でした
伊藤さん解放のニュースは誤報でした。大変申し訳ないです。

カブールの日本大使館の情報をきちんと確認してからコメントすべきでした。
一刻も早く解放されるように、関係各局の努力をお願いしたいですね。


解放されたようです
ニュース速報で「解放された」というのが飛び込んできました。
なにはともあれ、まずは「よかった」ということで。

スピード解決に結びついた「裏取引」は何だったのか、この情報が待たれますが、紛争地域で活動するというのは、人道上であっても、このようなリスクがあるものです。

日本国内では想像できないことが起こるのが国際社会です。冷徹で理不尽なことを「受け止める」こともまた、お玉さんの理想に近づくためには避けられない現実なわけで、その葛藤に目を向けることは大切です。


ペシャワールの会のメンバーであることがバレて(?)、早期に解放されるよう願っています。むろんその手段は↑十文字さんがおっしゃるような形で。


タリバンが否定なら
身代金の要求などがなく、タリバンが関与を否定し、伊藤さん自身が現地とトラブルがない以上、伊勢崎さんや中村さんのコメントを参考にするのは時期尚早ですね。村どうしの争いに巻き込まれたという話もあり、「日本人だから誘拐された」ということですらまだ確定していないわけですから。

きっかけがどうであれ、伊藤さんは日本人ですから、取引材料として使うことも考えられますが、今の時点では、動機が判断できない以上、外交的に好ましくない措置だけは拙速を避けるべきです。


早急な解放を願います
>アフガン反政府武装勢力タリバンの報道官は同日、
>共同通信に対して、犯行への関与を否定した。

となりますと、小規模の武装グループによる犯行ということなのでしょうか?

(参照)http://www.hiropress.net/special/020105.html

何れにせよ早期解放を願います。
さらに願わくば武力行使ではなく、アフガニスタン人による説得での開放であることを望みます。


心配です
平和とか貢献とか国際関係とか
右とか左とかそんなものどーでもいいから
伊藤さんのご無事を祈ります
これに関してはもうただそれだけ



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どうやら今の世界不安って 米国がロシアと結託して 仕掛けているんではと 思いたくなりますね。  原油価格の維持を はじめとする資源高、 またドル高維持って ロシアにとっても、 アメリカにとっても 都合がいいこと。  そのため...
アフガン 日本人男性拉致 「解放」一転「誤報」 現地混乱、政府ドタバタ(産経新聞) - goo ニュース 昨日昼過ぎアフガニスタンで「ペシャワール会」のメンバー伊藤和也さん(31歳)が拉致されたとのニュースが流れました。 {/kaeru_shock1/} 夕刻のニュースでは静岡
最新の記事一覧・・・7月分はコチラ 8月分は、コチラ   26日、アフガニスタンでNGO活動をしていた31歳の青年が、 武装勢力に拉致されるという事件が起き、気がかりになっている。  青年は、中村哲医師が主催するぺシャワール会に所属し、東部の ジャ...
資本系派遣会社の売り上げランキング(クリックで拡大します) 人材派遣業界では、おもにグループ内の派遣を業務の中心としてる会社を”資...
ブログ『世に倦む日日』に注目すべき記事があった。「皇太子は意を決して離婚の決断を...
アフガニスタンの農業支援に尽力している青年が 事件に巻き込まれてしまったとのニュースが入りました。 安否は定かではありませんが、 現地で支援をしている外国人でさえ ターゲットにされてしまうなんて本当に残念です。 たまたまなのかは分かりませ...
日本における二大政党制の意義を考えてみたいと思う。どのような結論に達するかは、大よそ想像がつくのかもしれないが、そこは考えずにお読...
08年8月26日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・国会召集が決まった{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・26日の新聞とテレビから{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 先日の広島と長崎の平和記念式典をファイルに纏め老人党リアルグループ「護憲+」の視
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。