2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
人を信じる勇気

今は政治のコアな話は書けないんですが・・
その代わり・・・日常でフト思いつくことはいろいろあるのです。

今日、おもしろいお話を知りました・・

 心を開けない、人を信じることの出来ない人の心の鍋の中に入っている「憎悪」の氷はなかなか暖まらないけど、諦めず常に愛の炎で心の鍋を温め続ける・・無視され続けてもやめない・・諦めない。罵倒されても諦めないでコミュニケーションをとる努力をする。ウザイって思われてもね・・・・
するとあるとき、いきなり鍋の中が沸点に達して氷が溶けて・・そして必ず通じ合える瞬間が訪れる・・

なんかいい話だな・・・

人を信じることはなぜだか少し怖い・・それは裏切られたらどうしようと思ってしまうから・・・一度裏切られたコトのある人ならばなおのこと、怖くてたまらない・だから人を信じない、はじめから信じなければ裏切られることもないから・・・

人を信じるには勇気がいる・・

心の鍋の中の氷はすぐには溶けない。でもいつか溶けると信じて語り続けたい・・・・

otamaいつもいつも、お玉を応援してくれてありがとう!!そしてポチしてくれて、ありがとう!  

↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 


 
Secret
(非公開コメント受付中)

争いを止める歯車となる、その難しさと勇気について
>今日、おもしろいお話を知りました・・

 私も最近、ステキなお話しを知りました。
 とはいえ、このお話はコマリマックスという(『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』書いた人ではありません。)女流童話作家が書いた絵本の話なのですが、比較的短いものですので、全文を紹介いたします。

 『とりさん村とけものさん村のお話』

あるところにとりさんのすんでいる村と、けものさんたちがすんでいる村がありました。
ふたつのむらは むかしから なかがわるく、とうとう けんかを はじめてしまいました。
りゆうは どっちがすごいか、なんてほんの ちいさなことでした。
コウモリさんは、どっちについていいか わかりません。
おんなじきもちの、かものはしさんと いっしょに、くらい どうくつに かくれていました。
「このままじゃ とりさんたちにも、けもんさんたちにも、きらわれちゃうかもしれないよ」
どうしていいかわからない、かものはしさんは しょんぼりしています
ぼくにまかせて、とコウモリさん いいました。
「かものはしさん、ぼくがやってみるよ」
「けんかなんて、よくないんだ。ぼくなら どっちのむらにも、いったりきたりできる」
「それでうまく。なかなおりさせてみるよ」
つぎのひから いったりきたりのはじまりです。
とりさんのむらで コウモリさんはいいました。
「けものさんたちは とっても とっても すてきなんだ」
けものさんのむらでも コウモリさんはいいました。
「とりさんたちは とっても とっても すばらしいんだ」
コウモリさんのおかげで とりさんたちは けものさんたちの すごいところを いっぱいわかりました。
だけど いじわるな たかさんは なんだかがまんできません。
それで コウモリさんの わるぐちを いいはじめました。
「あいつは とりのあかしの つばさがあるのに けもののむらにいっている。いつでも けもののむらにかえれる どっちつかずの うらぎりものだ」
コウモリさんのおかげで けものさんたちも とりさんたちの すごいところを いっぱいわかりました。
だけど いばりんぼの とらさんは なんだかがまんできません。
それで コウモリさんの わるぐちを いいはじめました。
「あいつは けもののあかしの へそがあるのに とりのむらにいっている。いつでも とりのむらにかえれる どっちつかずの うらぎりものだ」
とりさんのむらで こころやさしい つぐみさんが コウモリさんをかばいました。
けものさんのむらでも おもいやりのある うさぎさんが コウモリさんをかばいました。
しかし どっちのむらでも コウモリさんのわるぐちは ますばかり。
こんどは とりさんたちどうしや けものさんたちどうしで なかがわるくなりはじめました。
それをみた こうもりさんは なにもいわないで ひっそりと くらいどうくつに いきました。
しばらくして かものはしさんは コウモリさんが とりさんのむらにも けものさんのむらにも いないことを 知りました。
かものはしさんは すぐに わかりました。
「きっと、どうくつにいったんだ。ぼくたちのせいで」
かものはしさんが どうくつにいくと コウモリさんがいました。
かものはしさんは コウモリさんはいいました
「ごめんなさい、コウモリさん。ぼくも、どうくつにすむよ」
だけど コウモリさんはこたえました
「これで うまくいくなら いいんだ。ぼくは、きみのやくにたって、とてもうれしい」
「それだけで、ぼくにはじゅうぶんなんだ」
「それに ぼくは くらいところが もともとすきだから」
「だから このことは だれにもいわなくても いいんだよ」
かものはしさんは かなしいきもちで どうくつを あとにしました。
「ぼくにも コウモリさんに できることは ないのかな」
かものはしさんは いっぱい いっぱい かんがえました。
「コウモリさんが ほんとうにすきなのは とぶことだ」
そこで かものはしさんは よるのとりのおおさまの みみずくさんに あいにいきました。
みみずくさんは かものはしさんに いいました。
「わたしは たびにでていて なにがあったのか よくわからない。きみのしっている すべてのことを はなしてほしい」
だれにもいわなくていいと コウモリさんに いわれたのだけど かものはしさんは すべてをはなしました。
みみずくさんは つぶやきました。
「ほんとうなら わたしが なんとかするべきだったんだ」
そして みみずくさんは とりさんのむらの まんなかにいき とりさんたちに はなしました。
「きみたちのなかに よるにとぶものは わたしいがいには いないはずだ。だから よるのそらに コウモリがとぶことを みとめてほしい」
よるのおおさまの ことばです。みんな みとめないわけには いきません。
こうもりさんは もともと くらいところをとぶのが すきでした。
かものはしさんから このはなしをきいて とてもよろこびました。
「ありがとう かものはしさん」
こうして こうもりさんは よろこんで よるのそらを とぶようになりました。

 おしまい

(個人的感想)
 世界の数多にある争いの連鎖を止める歯車になることは、難しく、そして不理解に立ち向かう勇気と、ある意味においての諦観を必要とするかもしれないことを暗示している童話だと思います。
 そして喜びも悲しみも、いろんなことが重なり合う、そんな世界を僕らは生きてゆくことを強く印象付ける、そんな「鍵の言葉」に満ちあふれた童話でもあります。
 なんだか、子供に向けて書かれたとは考えられないほどの深みがあると思います。

P.S
 「知っている」人の中には、ツッコミどころが満載で、激しくツッコみたい衝動に駆られる人がいらっしゃるかと思われますが、コメント欄が暴走しますし、人としてまちがっておりますので、ご勘弁下さい。
また批評に関しては、「評価などは無粋ですね」ということでひとつ宜しく願います。
 なお「知らない」人に関しては、PCに関する若干の諸問題を指しているのだとご理解頂いても、差し支えありません。


勇気づいてますねえ
テーマとはちょっと異なりますが、人の心のよい面が出てくるのは、対象となるものに好感を持てたときなのかなあ、と思ったりします。だいたい、どんな人でも生きる年月とともにモノを見る目が厳しくなるのがふつうですよね。それは外界に対する警戒心から、安易に信じない、心を許さない、といった態度をつくります。しかし、もしかしてこれは、信じられるかも知れない、とか、乗っても大丈夫だ、みたいな対象を見出したときは、人は積極的になり、素直な気持ちになるんじゃないだろうか。
 特にかたくなな人だけでなく、どんな大人でもそういう面は大なり小なり持っていると思います。願わくば、世界中の人々が、互いを信じて楽しい時間を持てるときがきますように!
 ちょっと跳び過ぎ? ^^;



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昨日、ポータルサイトのニューストピックで「国防部、‘教科書改正’要求」というのを見たのですが、即座には理解できませんでした。いや、字ズラは理解できたのですが、その内容が、です。 国防部といえば、日本の防衛省のようなもの。それがなんで教科書の改正要求?...
事故米の転売を繰り返しながら利ざやを稼ぎ、最終的に事故米が正規の流通米として加工業者の手に渡るのを見て、思わず私はライス・ロンダリ...
  他人から言ってもらわなければ嘘にされてしまう言葉が沢山あるから それに気づいた時は面倒がったり恐れたりせずに言って上げて下さい。  
米証券会社(投資銀行)第4位のリーマン・ブラザーズが15日、連邦破産法11条の適用を申請すると発表した。 米投資銀行ベアー・スターンズに続き、またも100年以上の歴史を持つ老舗の破綻。 158年の歴史を持つリーマン・ブラザーズがサブプライムローン問題に絡む巨額損失で
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。