2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
麻生総裁を書かねばダメですか?

まっとうなこと言ってるよ・・

不景気は地方に蔓延してます・・・景気対策に取り組みます。

後期高齢者医療制度改革に取り組むって?ありがとう、あなた方が作って実行してきた制度です。きっちりつけを払ってください。

決めたのはあなた方、間違っていたのならば「ごめんなさい」を言いましょうよ。

で?同じように間違いを犯し続けている障害者自立支援法については?

あれもひどいよ・・・何とかしてください。

ほかにも山のようにあるけれど、羅列してもインパクトが薄れるだけなので我慢しましょうか・・・

これからしばらくこんな話題ばかりを書かねばならないのでしょうか?

お玉には無理かも知れません・・

気分転換に・・・

愚民代表さんが教えてくださった童話を・・・彼もおっしゃってますが、。こんな話に突っ込むような無粋なことはやめてね。大人用に漢字編集しました。

 『とりさん村とけものさん村のお話』

あるところにとりさんの住んでいる村と、けものさんたちがすんでいる村がありました。
二つの村は 昔から 仲が悪く、とうとう けんかを はじめてしまいました。
理由は どっちがすごいか、なんてほんの 小さなことでした。
コウモリさんは、どっちについていいか わかりません。
おんなじ気持の、かものはしさんと いっしょに、暗い 洞窟に 隠れていました。
「このままじゃ とりさんたちにも、けもんさんたちにも、嫌われちゃうかもしれないよ」
どうしていいかわからない、かものはしさんは しょんぼりしています
ぼくにまかせて、とコウモリさん いいました。
「かものはしさん、ぼくがやってみるよ」
「けんかなんて、よくないんだ。ぼくなら どっちの村にも、行ったり来たりできる」
「それでうまく。仲直りさせてみるよ」
つぎの日から 行ったり来たりのはじまりです。
とりさんの村で コウモリさんはいいました。
「けものさんたちは とっても とっても 素敵なんだ」
けものさんのむらでも コウモリさんはいいました。
「とりさんたちは とっても とっても すばらしいんだ」
コウモリさんのおかげで とりさんたちは けものさんたちの すごいところを いっぱいわかりました。
だけど いじわるな たかさんは なんだかがまんできません。
それで コウモリさんの 悪口を いいはじめました。
「あいつは とりの証の 翼があるのに けものの村に行っている。いつでも けものの村に帰れる どっちつかずの 裏切り者だ」
コウモリさんのおかげで けものさんたちも とりさんたちの すごいところを いっぱいわかりました。
だけど いばりんぼの とらさんは なんだかがまんできません。
それで コウモリさんの 悪口を いいはじめました。
「あいつは けものの証の へそがあるのに とりの村にいっている。いつでも とりの村にかえれる どっちつかずの 裏切り者だ」
とりさんの村で 心優しい つぐみさんが コウモリさんをかばいました。
けものさんの村でも 思いやりのある うさぎさんが コウモリさんをかばいました。
しかし どっちの村でも コウモリさんの悪口は 増すばかり。
今度はは とりさんたち同士や けものさんたち同士で 仲が悪くなりはじめました。
それを見た こうもりさんは 何も言わないで ひっそりと 暗い洞窟に 行きました。
しばらくして かものはしさんは コウモリさんが とりさんの村にも けものさんの村にも いないことを 知りました。
かものはしさんは すぐに わかりました。
「きっと、洞窟に行ったんだ。ぼくたちのせいで」
かものはしさんが 洞窟に行くと コウモリさんがいました。
かものはしさんは コウモリさんはいいました
「ごめんなさい、コウモリさん。ぼくも、洞窟に住むよ」
だけど コウモリさんは答えました
「これで うまくいくなら いいんだ。ぼくは、きみの役にたって、とてもうれしい」
「それだけで、ぼくには充分なんだ」
「それに ぼくは 暗いところが もともと好きだから」
「だから このことは だれにも言わなくても いいんだよ」
かものはしさんは 悲しい気持ちで 洞窟を 後にしました。
「ぼくにも コウモリさんに できることは ないのかな」
かものはしさんは いっぱい いっぱい 考えました。
「コウモリさんが 本当に好きなのは 飛ぶことだ」
そこで かものはしさんは 夜のとりの王さまの みみずくさんに 会いにいきました。
みみずくさんは かものはしさんに いいました。
「わたしは 旅にでていて 何があったのか よくわからない。きみの知っている すべてのことを 話してほしい」
誰にも言わなくていいと コウモリさんに 言われたのだけど かものはしさんは すべてを話しました。
みみずくさんは つぶやきました。
「本当なら わたしが なんとかするべきだったんだ」
そして みみずくさんは とりさんの村の 真ん中にいき とりさんたちに 話ました。
「きみたちの中に 夜に飛ぶものは 私以外には いないはずだ。だから 夜の空に コウモリが飛ぶことを 認めてほしい」
夜の王さまの 言葉です。みんな 認めないわけには いきません。
こうもりさんは もともと 暗いところを飛ぶのが 好きでした。
かものはしさんから この話を聞いて とても喜びました。
「ありがとう かものはしさん」
こうして こうもりさんは 喜んで 夜の空を 飛ぶようになりました。

 おしまい

otamaいつもいつも、お玉を応援してくれてありがとう!!そしてポチしてくれて、ありがとう!  

↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします

人気ブログランキングへ                          

 

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

麻生さんの失言に期待します
 女性は男性の所有物だとか、韓国はもともと日本だったとか・・いわないかな~とわずかに期待しています。

 麻生財閥がしたことに比べればたわいもないことですが。


鍵のことば
>愚民代表さんが教えてくださった童話を・・・彼もおっしゃってますが
>、。こんな話に突っ込むような無粋なことはやめてね。

 あえて突っ込ませていただきます(笑)。
 この童話の投稿者は「衆愚代表」となっているはずです。つまり私の投稿という訳で、さらに言いますと「愚民代表」というPNは、2年近く前の私がつかっていたもので、現在は使用しておりません。

 また、ツッコミの内容はあくまで「PCに関する若干の諸問題」についてのもので、さらに言いますと「麻生太郎新総理と森永卓郎氏の共通項」的なツッコミが入るのかと予想しておりました。
 とはいえ、その兆候はこのサイトではなさそうに見えましたので(つまり「知っている人」は殆どいないということでしょう)、元ネタ等に関する情報を、後日そっとお玉さまだけにお教えいたします。

 閑話休題。

 今朝、友達と、「麻生と小沢、どっちも人相悪いね~。」などとTVを観ていたところ、とあるノンフィクション作家が、「政局の小沢、政策の麻生」などと評しておりました。これはなかなか「鍵のことば」ではないのでしょうか。
 では、衆愚であり愚民でもある我々は?
 偉大なる政治学者でもあり、思想史家でもある、故・丸山眞男教授は次のように述べております。
「民主主義はやや逆説的な表現になりますが、非政治的な市民の政治的関心によって、また「政界」以外の領域からの政治的発言と行動によりはじめて支えられるといっても過言ではないのです。」
これまた「鍵のことば」ではないでしょうか?
 これは丸山眞男著の『日本の思想』の、”Ⅳ「である」ことと「する」こと”からの抜粋ですが、高校の現代文の教科書にも書かれているものですので意外と簡単に読みこなせます。Ⅰ~Ⅲも含め、まとめて読まれてみては如何でしょうか?
http://www.bk1.jp/product/00095814

 あと、麻生さんに関する個人的な意見ですが、「お手並み拝見。党首討論が楽しみです」としか言いようがありません。


夜の…空…
染みる…お話しですね…


そりゃダメでしょう
政治ブロガーだという矜持があるなら。

今の日本の政治世界には、政治家としてもっとも名誉あるポストを投げ出しておいて、それでもまだ自分は政治家でいるつもりの情けない人間がいますが、ここで政治ブログが麻生新総裁に触れなれば、社会への影響はともかく、矜持という自分自身へのプライドでは同じになってしまいます。

まあ、でも、お玉さんはそれをわかっておられる。だからこのエントリーなんでしょうが(笑)。まっとうな感覚の人間なら、自民党総裁選の茶番劇など付き合いきれないというのが偽らざるところ。付き合いきれないという気持ちと、政治ブロガーとしての矜持がこの記事を書かせたのでしょう。

その付き合いきれないという感覚、とても大事だと思います。政治ブロガーを自認する人たちの中には、この感覚をなくしている人もちらほら見受けられるようですし。

ああ、それと。このコメント、公開してくれなくても構いません。最終判断はお任せしますが。


>まっとうなこと言ってるよ・・
権力の座から引き摺り下ろされようとする時になってはじめて国民と向かい合うことが出来ただけです。

>間違っていたのならば「ごめんなさい」を言いましょうよ。
本来ならばコッチを望みたいところですが、そういうマトモな人はなかなか居ません。
日本の首相では橋龍ぐらいでしょ。
だから小泉に敗れた総裁選では一番まともなことを言ってました。
後、政党でいえば戦前の日本共産党ぐらいですね。
戦前のセッキを保存されている方からお聞きしたのですが「俺たちは間違っていた」と自己批判している記事が幾つも載っているそうです。
「私たち」ではなく「俺たち」なのが素敵ですが。

いずれにせよ、反省するかしないのかは相手次第ですから、あまり期待してはいけません。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国連総会:新議長のニカラグア元外相、「大国支配」を批判  【ニューヨーク小倉孝保】9月から1年間国連の総会議長を務めるミゲル・デスコ...
08年9月23日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝から自民党総裁の話ばかり{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・パラリンピック最終回{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログ
アメリカでは半年もかけて全米各地で共和民主の両党による大統領予備選挙が繰り広げられ大いに盛り上がった。 各候補が自分の政治生命をかけて、お互いが相手の足の引っ張り合い蹴落としあう。われわれ関係ない外野が見ていても面白い。 『一郎VS太郎で白けムード』 ...
先日、韓国の国防部(日本で言う防衛省みたいなの)が高校の歴史教科書にイチャモンつけたという記事をあげましたが、実は歴史教科書にイチャモンつけたのは国防部だけではなかったようです。しかも、教育科学技術部(日本で言う文部科学省みたいなの)の方から‘ご意見伺...
麻生“新首相”について淡々と書いてみる。
誰が? 誰が? お父さん? お母さん? サザエさん? マスオさん? [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjExNGJgszSyPTNEuLRIvcqpLc/Jyi9Ei1jBzbrES1tGJbQ0LyMHMAl/QWpg==] ? ? @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ え? ふれないのかって? 仕方ないなあ! では 最大に皮肉を 特別...
はははは、と自分で自分を笑ってしまった。。  はるばると街なかに出たついでに人に頼まれた用件を済まそうと郵便局へ行き、近くの三菱UFJ...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。