2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
戦争ってどうしておこるの?4

お玉おばさんったら・・

難しいことはほんと、わかんないのよねえ・・・

だって・・・

いろんなオッちゃんやおねえさん達がタマの質問に答えてくださって、本当にありがとう!

にこ
 あのね、タマちゃんがこうやって記事に借り出される時ってだいたいがお玉おばさんが、何かうまい手でみんなにわかりやすく伝えたい時なんだって・・

 ほら、ずっと前に立憲主義をタマの教室の出来事に置き換えて説明しようとしてたでしょう。あれもそう言うことらしいよ・・・

 コメント欄を見ていると、戦争のおこる理由ってものすごくたくさんあるんだね。みんなすぐに思いついてお話し下さるから・・タマ、ビックリしちゃったよ。

 お玉おばさんも最初のお答えの時はとっても早かったの・・でもね、どうもそれが正解じゃあないと思ったんだってさ。おおきな「戦争」というものへのお答えにしてはちゃちい(ちいさい、少ない)お答えだと感じるんだって・・・・

それで皆さんに答えて頂いてるわけだけど・・

 タマがすごいな~って思ったのは、いつもは喧嘩(議論って言うんだっけ?)ばっかりしているおじさん達がみんな真剣に戦争の事を考えて、お話ししてくれてるところ。

 お玉おばさんが言うには右派さんも左派さんも答えが近いんだって。「タマちゃん。戦争の原因に右派とか左派とかは関係ないんだね。みんなタマちゃんのために答えてくださってるよ・・」

タマの疑問は実はまだとけてないの

だって、こんなにすぐに一杯の戦争が起きる理由が出てくるのに、どうして、人間って戦争をしないでお話し合いで解決することができないのかなあ・・・・・

 戦争する国の偉い人たちって、みんな自分の事ばかり話すでしょう?自分達が攻撃する理由しか話さないよね・・どうして、相手のお話をちっとも聞かないんだろう・・・ってお玉おばさんに言ったらね、「ちょっと違うけれど、おばさんはときどきネット上のいろんな所で見かける議論とは言えない言い争いを見ていると、同じ事を感じるんだよね・・」

って話してくれた。でもそれを戦争のお話とごっちゃにしてはいけないんだって・・・「別な次元??」の事なんだって・・・そうかなあ・・タマには同じ気がするな・・


otama
いつもいつも、お玉を応援してくれてありがとう!!そしてポチしてくれて、ありがとう! ↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ                          

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

公正なルールはみんなの為のものだ。
>公正なルールって「誰」にとってのでしょう?

公正なルールは、特定の誰かのためでなく、すべての人のためのものです。
過去の事を持ち出せば、切りがないでしょう。まして、何千年も前のことなんて、誰も責任は取れませんよ。遠い過去のことを引き合いに出して、暴力で土地を奪い合うのは愚かさの極みでしょう。

>カークさんは誰が公正な主張をしていると思われますか?

公正なルールはあると思いますが、
公正な主張はとても少ないでしょう。
主張が正しくても、それを暴力で解決することは間違いであると私は思います。結論は共存以外に無いと思いますが、それがいやなら、話し合いを続けるしかないでしょう。


敷島人さん
>ほぼ自民党崩壊が確実になった。中川・小池・渡辺らが自民党を出て、新党を結成し、民主党と連合するらしい。
>もちろん、この構想を描いているのは日本 CIA総本山、渡辺恒雄である。民主党は小沢・鳩山・前川体制で、管は疎外、社民党や民主党左派は追いだされる。
>新党は衆院300議席規模、独裁体制が築かれるとの情報。

「前川」ではなく「前原」でしょ?しかも「菅」が「管」になってるし。
社民党や民主党左派を追い出すって、そんなことしたら衆院300議席は困難である上に、参院で過半数割れ。
だいたい、前原氏を「右」と考え、かつ「前川」と間違えている時点で論外なんだが。

前原氏はリアリストとして、現状を踏まえた上での最善の政策を提言しているにすぎない。戦争については、メリットとデメリットを比較して述べるだろうから、前原氏は「左派と提携してでも」反対の立場になるだろうね。

そもそも、鳩山氏と菅氏も、水面下では駆け引きが展開されているが、思想的には双方ともリベラル。鳩山氏が菅氏を「追いだす」というのは、単に自殺行為でしかない。

>表面的には、戦争はこの様な独裁体制の確立の後に、暴走政治の結果として惹き起こされる。
>しかし、この様な事態は綿密に計画されて、実行に移される。

日本が戦争を仕掛けるメリットがある対象って、いったい何?
財源、人員確保、資源、戦争するのはいいが、それらをどうやって調達するの?
第一、小沢氏はテロ特措法には反対。ガチガチの国連中心主義で、国連決議のない軍事行動への参加には猛反対なんだけど。

>二大政党制なんかを希望している能無しには、この事態を防げない。
>はっきり言っておくが、小沢は敵だ!

まぁ、いずれも敷島人氏よりはマシです。


公正なルールって「誰」にとってのでしょう?

(フィクションです)
A氏:3千年前から土地を保有していましたが2千年前に奪われました。最近やっと友人の援助を得て取り戻しました。
B氏:2千年前土地を得ましたが1.5千年前に奪われました。1千年前に奪還運動を起こしましたが取られたままです。
C氏:1.5千年前から土地を持って居ます。1千年前にも盗まれましたが取り返しました。しかし最近盗まれました。

カークさんは誰が公正な主張をしていると思われますか?


うまく、いくかはわからないけれど

 相手の立場がわからなければ、正論に見えても相手にしないという考えは面白いのではないかと思う。

 議論のための議論ではないし、なにをしたいか、なにをしたことでどうなったか、将来どうなるかを見極めて、それをどう防ぐかを考えることが賢いと思う。

 さてさて、人類はこの道からへいわにたどり着けるかな?

 たどりつけそうな気がするんだけど


シンペイさん、公正なルールは確実にあるんですよ。
例えば、「他人のモノを奪ってはいけない。」と言うとても基本的な暗黙のルールは確実に私たちの周りにありますよね。これは万国共通でしょう?それを明文化したのが、法律です。人の命を奪ってはいけない。人の物を盗んではいけない。
でも、よく言われたことですが、「人1人を殺すと殺人で、何万にも殺すと英雄」だと。彼が英雄ではなくて、彼を英雄だと国が、国民が進んで認めるわけですよ。
個人が人を殺すと犯罪で、国家が人を殺すと死刑とか戦争、武力行使となるわけです。
個人を許してはいけないように、国家に対しても許してはいけないと思っているわけですよ、私はね。
でも、多くの方々は国家のそれは良いと認めているわけです。
だから戦争はなくならないんですよ。そう思いませんか?
軍隊(国家)によるルール破りを止めなければならないんですよ。
公正なルールって、世界と私たちの身の回りで違うなんてことはないはずです、みんな人間なんですから。




戦争は独裁体制確立の後に惹起される
ニュー東海アマ
http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm

★ 2008年12月22日月曜日 6時半更新
(抜粋引用)

■ 中川秀直・小沢一郎、大連合構想実現へ!

ほぼ自民党崩壊が確実になった。中川・小池・渡辺らが自民党を出て、新党を結成し、民主党と連合するらしい。
もちろん、この構想を描いているのは日本 CIA総本山、渡辺恒雄である。民主党は小沢・鳩山・前川体制で、管は疎外、社民党や民主党左派は追いだされる。
新党は衆院300議席規模、独裁体制が築かれるとの情報。
(引用終わり)

表面的には、戦争はこの様な独裁体制の確立の後に、暴走政治の結果として惹き起こされる。
しかし、この様な事態は綿密に計画されて、実行に移される。

二大政党制なんかを希望している能無しには、この事態を防げない。

はっきり言っておくが、小沢は敵だ!


動物との共存
カラスが増えて困っている自治体があるようです、その自治体はカラスを捕らえて処分しているようです。カラスは人間の経済作物を食い散らかしたり、ゴミをあさって街を汚します。糞害も酷いです。

カラスを殺すのは正しいですか?カラスに迷惑をかけられている人を守る方が正しいですか?

それともカラスの人権を守る方が正しいですか?カラスにエサを絶つことによる自然減を目指すべきですか?積極的攻撃は許せないけど消極的攻撃は許せますか?

カラスが飢えるのは構いませんか?

カラスと言葉が通じれば諍いは解決しますか?カラスに「これ以上繁栄すると我々に迷惑がかかる」と言うのは正しいですか?我々が我慢すれば事は済みますか?

カラスを他民族や他宗教の人と置き換えてください。自分の正義で他人を論破して彼らは納得できますか?


誰もが納得しうるルールなどありえない
公平だろうが公正だろうがゲームとかならともかく
現実に対して誰もが納得しうるルールなどありえません。
例えば織田信長を例に挙げて見ましょうか
「比叡山焼き討ち」 アレはどう見ても虐殺です
しかしあの結果日本は絶対的宗教権から開放されました。
平たく言うと「宗教的に正しいか」に捕われずに済むようになりました。
歴史的に見ればあの虐殺は「正しい」となります。
では殺された老若男女に向かって「お前たちが殺されたのは正しい」といって
納得してもらえるでしょうか。
かつて踏みにじられた人々からすれば
(中国や朝鮮の人達からすれば日本人を)かつて自分達を踏みにじった連中を
踏みにじるのは正しい、と言うでしょう。
でもチベットやモンゴル、ベトナムの人達に自分らが踏みにじられるのは
了承しないでしょう。

ましてや同国人とはいえ一面識もない他人やウン十年前の誰かが犯した
罪の責任を自分や子供が負うのが正しい、などと考える人はまずいないはずです。
立ち位置や向きが全く同じ人などいないのだから
万人を納得させうる決まりなどありえません。
絶対に


松竹伸幸様
現代の戦争において、「本音部分」については、概ねそのとおりだと思います。
しかし、実際は「建前」「口実」があるのですから、「本音」をストレートに出しすぎると、「戦争の口実をなくす」という思考ができなくなりますので、松竹様の論は、もっと年齢を重ねた、高校生ぐらいの人から提起するべきものだろうと私は考えます。

小学生相手にそんな説明をしたら、よけいに混乱しそうな気もしないでもないですからね。

>でも、それだけだったら、戦争は起こらないと思います。国境にせよ何にせよ、二国間で決着していない問題はたくさんあって、「これは自分のものだ」と考えれば戦争になるのなら、世界は戦争だらけになってしまうでしょう。

古代においては、だから「戦争だらけ」だったんですよ。ただ、武器や規模が今のように大きくないだけの話です。規模が小さく、武器の殺傷能力が低いというのは、比較的戦争を起こしやすい。リスクが少なく、そして少人数と少ない資源で「実行可能」ですから。
ところが、規模が大きくなっていき、武器も進化してリスクが高まるにつれ、多くの資源を使い、より多くの人の参加と協力が必要となってきます。このため「戦争を正当化する大義名分」と「戦争に勝ったときの分け前」が必要となってくる。大義名分と分け前(=利益)がないと、自分に味方する人を多く集められないわけです。
つまり、戦争をするにも十分準備が必要となってくるので、そうそうやれるもんではない、ということです。
なので、「戦争だらけ」にはならなくなったわけですね。

不戦条約にしろ国連にしろ、高邁な理想の背後には、「もし、戦争が避けられないとき、自己の武力行使を、国際社会や国内世論に対して、いかに正当化し、いかに多数の支持と協力を受けられるようにするのか」というドス黒い思惑が隠されているのです。

松竹様の論は、正しいんですよ。
正しいんですが、それを突き詰めていけば、ここまで話が発展していくわけで、とても、小学生に向けて話せる内容じゃなくなりますから、あまり深入りしない方がいいんじゃないかなと。(汗)


シンペイさん、公正ですよ。
公平ではなくて、公正です。

辞書では、公平とは、「誰が見ても正しい事。」と書いてあります。
まあ、難しいですけどね。
誰もが納得することとでも言いましょうか。三方一両損みたいなものを言うのかもしれませんね。

さて、米国のイラク攻撃は公正だったのでしょうか?
大量破壊兵器もなかったし、フセインと9.11の犯人と米国が主張しているアルカイダは無関係でした。
なのに、米軍の攻撃を受け、イラクは甚大な被害を受けました。
これは誰が見ても誤りといえるでしょう。

このような不公正な攻撃を認めたら、この後、また、アメリカに限らず、どこかの国が理不尽な言いがかりをつけて、他国を攻撃するかもしれません。

言いたいことは沢山ありますが、とりあえず、公正なルール作りが肝要であると思います。そのためにはルール作りの話し合いが大切ですね。
国連でそれができるといいのですが。

それから、公正なルールを守るのは私たち世界の一人一人なんですよ。
そのためには世界の人たちの納得のいく話し合いが必要なのは言うまでもないことです。




いやそれは違う
>ななしの経営者さま
猿だって他の部族や種族を攻め滅ぼすことがありますし
蜂などにも無意味に他の巣を滅ぼす種がいます。
よく誤解されてることですが「遊びで他の生き物を滅ぼす」のは人間だけではありません
結構争いってあるものですよ 悲しいですが


自信はないけど
 タマちゃんが「戦争はなぜ起こるの?」という質問をしてから、もう10日間がたちました。この間、たくさんの人が、その質問に答えてくれましたね。優しい人がまわりにいっぱいいて、よかったね。
 おじさんは、その間、どう答えたらいいんだろうと、ずっと悩んできました。その悩んできたことを、おじさんのブログで9回も書いてきました。
 ようやくきょう、答えを書くんだけど、「これでいいのかなあ?」と、悩んだままなんです。そんな簡単に答えが出るなら、もうとっくに戦争の原因はわかっていて、だから戦争をなくすやり方も見えていると思います。
 でも、そうはなっていません。だから、これから書くことは、まちがっているかもしれないと感じながらの、そんな自信のない答えです。タマちゃんが大人になったら、ぜひ、この問題を勉強し、コメント欄のことを思い出しつつ、答えを見つけ出してほしいなと願っています。
 戦争って、勝っても負けても、たくさんの人がいのちを落とすんです。だから、おじさんは、戦争したい人がたくさんいて、何か不満なことがあったら、あるいは欲があったら、貧しかったら、すぐ戦争するんだとまでは思いません。国の指導者にとっても、戦争するかどうかは、それなりに重たい決断です。
 だから、何かがほしいという程度ではなく、戦争するならするなりの、その国にとっても大事な理由はあると思うのです。たとえば、ある領土が、もともと自分の国のものなのだという、強い思い。
 タマちゃんの連載の第2回目で、B国の人が、自分の国を追い出された話が出てくるでしょ。やっぱり、そうやって追い出されれば、もともと住んでいた土地を奪い返したいという気持ちは、当然、出てくると思うんだよね。
 でも逆に、A国にとっても、もともとその土地は自分のものだという考えがあるかもしれない。そういうふうに、「これはもともと自分のものだ」という強い思いが、戦争が起きる理由になっているのではないでしょうか。
 原因となるのは、領土だけでなく資源とか、宗教の聖地などもそうでしょう。それ以外にも、国によっては、世界におよぼしている影響力というものもあり得ます。アメリカなんて、自分にたてつく国があるというだけで、はげしく反発しますからね。
 でも、それだけだったら、戦争は起こらないと思います。国境にせよ何にせよ、二国間で決着していない問題はたくさんあって、「これは自分のものだ」と考えれば戦争になるのなら、世界は戦争だらけになってしまうでしょう。
 そういう紛争の火種が、実際に戦争という形になるためには、別の理由が必要になると思います。何かというと、戦争することが、軍隊を動かす力をもっている人びと、国の指導者にとって得になる、という状況があることです。
 よく、戦争によって兵器産業をもうけさせ、そのもうけが政治家に回ってくるといわれますが、それも1つの例でしょう。それ以外にも、国民から見放されようとしている指導者が、戦争を起こし、国民を熱狂させて、支持を回復するという例がたくさんあります。ブッシュさんもそうでした。
 こうして、戦争することに何らかの利益を国家指導者が見いだしたとき、戦争という決断が生まれるのです。
 だからね、タマちゃん。戦争の火種は世界にころがっていて、それがなくなることはないんです。そういう意味では、戦争をなくすのは、とても難しいことです。
 でも、戦争するような指導者を選ばないというのは、国民の判断次第では可能なことです。そういう国が、世界中にひろがっていけば、戦争のない世の中はできるかもしれません。だから、簡単なことではないけれど、おおくの人びとが、そういう判断をするようになるかどうかが、いちばん大事なことなんだろうと思います。
 タマちゃんが、そういう世界に暮らせるよう、おじさんはがんばります。タマちゃんも、いっしょにがんばろうね。


ハリケーンジョーさん

「悪いことは悪い」というのはその通りだと思います。ただ問題は「なぜ悪いのか」ではなく「なぜ悪いことをする人がいなくならないのか」なわけで・・・紹介下さったマンガの中の、テロリストに対する総理大臣に当たる人(組織)が、国際社会には存在しないんですよね。

カークさん

「ルール」そのものよりも「ルールを守らない人(国)がいたときのルール」ができていないことが問題なのではないでしょうか? 百歩ゆずってアメリカが世界の警察官だということは認めるとしても、警察官が裁判官を兼ねているようでは困りますよね・・・



生物としての人間
人間だけが異常に脳が発達していますよね。動物は同種族での殺し合いはほとんどありませんよね。それは同じ種族は敵として認識できないからです。人間だけが同じ種族であっても敵であると認識できる能力があるからなんですよ。それだけ知能が発達しているといえるんですよ。戦争ができるということは人間の証でもあるといえます。
 敵のいなくなった動物はどうなりましたか?敵がいることに人類という生物学的な種族にとって有益ならやはり戦争はなくならないでしょうね。しかし戦争に取って代わる例えば経済戦争など戦争に代わるものを人類が構築できれば戦争はなくなるかもしれないですね。


公平なルールって?
公平なルールとはどんなのなのでしょう
立場が変われば求められるルールはまったく異なるでしょうし
かつてとある国家にひどい目に合わされた国は自分たちが
その国を踏みにじるのが「公平」と考えるでしょう
あるいは現時点でなんらかの特権を持っている国家は「自分たちの努力の成果」が
維持されることこそ「公平」だと思うでしょうし
経済競争に敗れた人達は自分らの敗北を「無かった事にする」のが公平と主張するでしょう
また「完全な公平」を定める決める立場にある人は絶大な権力を保持することになります
理想はともかく現実から考えて「公正なルール」など絵空事ですらありえないと思います


それは公正なルールがないからです。
>だって、こんなにすぐに一杯の戦争が起きる理由が出てくるのに、どうして、人間って戦争をしないでお話し合いで解決することができないのかな

それは公正なルールができていないからと私は考えています。

たとえば、北朝鮮の非核化を目指す6カ国協議というのがありますが、その内、アメリカ、中国、ロシアは核保有国なんです。核を持つ国が、北朝鮮に核を放棄しろといっているんです。矛盾しているんです。

このような強大な軍事力を背景に物事を推し進めようとする限り、戦争を含む武力行使はなくならないでしょう。
国際的な公正なルールとそのルールを守る世界的なコンセンサスが生まれない限り、巨大な軍事力を持つ国や、北朝鮮のような武装独裁国家が幅を利かす世界はなくならないと、私は考えています。

そして、その公正なルールとして、日本国憲法9条はより良いルールであり、これを発展させて、世界に広げるべきだと考えます。
たとえば、追加したいのが、軍事同盟の禁止とか、非核3原則とか、こういうルールを国際法にして、世界が守るというのが、私の目指すところです。

最後に、人には争いごとはつき物です。でもそれをケンカをせずに、上手く解決するっていうのが、人の智恵というものだとおもうのです。
久々に長く書いてしまいました。
娘を迎えに行かなくちゃ、では、バイバイ。





とても子供向けの作品とはいえませんが・・・
「悪いことは悪いと頭ごなしに理屈もへったくれもなく、どやしつけることのできる大人になって下さい。そして、先の回答をこう解釈しなさい。それでも命は重く大切であり、人を殺すことは悪いことである!ユートピアは存在しなくとも、目指すべき世界であることに間違いはない。聞こえたか犯人両名!!」

ザ・ワールドイズマインというマンガのとあるテロリスト2名に対し、総理大臣であるユリカンが投げかけた言葉です。まさにこの言葉どおり、悪いことは悪い。それでいいんじゃないですかね?


もしかすると、真剣に話す場をとりあげられているからかもしれませんね。

 戦争をしたい人たちにとって、戦争をしたくないと言う人たちがたくさんになっては困るのであって、相手は鬼畜だと思う人が増えることが望みなわけであって。

 仲良くなっては困る人がいるわけだ。戦争は、言い争いを好まない人たちが無関心になったときに起こるのだろう。本当に言い争いを嫌うなら、真剣に言い争いの理由を見つけて、仲良くするように仕向けなければならないんだろうなー。やっぱ難しい。戦争を止めるのは。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 昨日大分県杵築市が、1か月程度の短期間を目途にキャノンや東芝から無法な『派遣切り』された『非正規』労働者の一時期受け皿となると進み出られたことは、明日をも知れぬ労働者にとっては、一つの希望であった。  これに続いて、大分市や佐賀市でも受入れの用意があ...
12月14日の記者会見で,イラク人のムンタダール・ザイディ記者がブッシュに靴を投げつけた.これがオンラインゲームになっている.ぜひ...
東京外為市場・15時=89円前半、日銀利下げでもドル安/円高地合い変わらず(トムソンロイター) - goo ニュースより  報道でも知られているように,今日日銀が金利を 0.1%へ利下げした.それと同時に来週から大手都市銀行でも普通預金金利を 0.04%へ下げることを発表し...
08年12月19日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・民主党始まって以来の強行採決?{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・色々な話題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです...
今日はまずこれから行きましょう。 緒形拳さんの遺作 しっかり見ました。 亡くなった日にここで追悼いたしましたが もう一度お悔やみを述べさせていただきます。 安らかにお休みください。 ?[parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjExNGJgszSyPTNEuL0mAX9yKfbFcDz2y1jBzbrES1...
17日付朝日に湯浅誠氏の文章が載った。大佛次郎論壇賞を受賞して「政治の監視、市民の責任」これは歴史的な文章である。gooブログ検索で「湯浅誠」と叩いてみて欲しい。もう何10人ものブロガーが、立場の違いそうないろいろなブロガーが、一様にこの文章は素晴らしいと絶...
最近こんな報道がありましたね。 日中韓が通貨スワップ協定の規模拡充で最終調整、危機対応で地域内連携強化 | Reuters http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK022602220081211 >複数の政府関係者によると、13日に福岡県太宰府市で開催される日中韓首脳会...
08年12月18日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・アメリカがらみの新聞記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・二つの物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老...
小沢代表「スペイン坂デビュー」 FMで雇用問題語る(朝日新聞) - goo ニュースについて.  ついに小沢一郎が自らのプライバシーについて開かした.彼の息子自体が派遣労働者なので,国民の皆さんの傷みは一人の父親として分かる,とラジオで明言したのだ.この発言に
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。