2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
私たちは平和を手離さない

 宮本百合子さんのエッセイはある時、ネット検索をしていて偶然に見つけました。その心に響く文体と現在に照らしても遜色なく伝わる内容に驚いて、それ以来、時々読んでいます。彼女の文章にリアリティーを感じるのはやはりずっと「闘う人」だったからだとお玉は思う・

 私たちは平和を手離さない  宮本百合子

人間の社会には、その事実なり、その言葉なりをねじまげたり、もてあそんだりすると、結果として不幸がもたらされる以外に、どんないいこともない事柄がある。愛がその一つである。正義もそういう本質をもっている。それから平和が。
 ポツダム宣言が受諾されて日本の人の声々のなかに、戦争を悲惨とし、平和と自立とを愛するひびきがきかれるようになってから三度目の八月十五日が来ようとしている。
 わたしたちは日本で特にいちじるしい戦争挑発の雰囲気の中でこの八月十五日をむかえるのである。くりかえし改めて、日本のすべての誠実な人々は、戦争そのものはもとよりのこと、戦争挑発のすべての言動を絶対に好んでいないし、それを拒否していることを明瞭にする日として。
 八月十五日は、まだ日本で平和の確保された日としてあらわれていない。平和を守るためには、具体的に平和を破壊しつつある根づよいファシズムの作用の一つ一つと、わたしども一人一人が正直にたたかって行かなければならないことを、自分にもひとにも確認する日としてあらわれているのである。
 平和という言葉は、真に民主的に自立した日本の、まじめで勤勉な男女人民の平和建設を意味してあつかわれるべきである。
 平和のために、という字に乗ってあらわれる暴力や分解作業、勤労する人民の生活条件の切り下げなどを、わたしたちは、はっきり、真の平和のために必要なことと区別して理解しなければならないと思う。
 不幸にも日本の男女は、これまでただの一度も、しんからファシズムに反対して自立たちの力で守りとおした平和というものの、高鳴るような歓喜とほこりとを経験していない。それだからといって、いや応なく戦争にかり立てられた過去の日本のわたしたちの犠牲は軽少ですんだとでもいうのだろうか。
 平和のためという言葉が、日本語では独占資本の跳梁という意味だったり、世界平和の砦ということがファシズムの走り小僧という意味であってはならない。民主日本ということが、隷属日本であってはならないように。
 日本の母性よ、ひろがれ。
 世界の母の一人となるまでつよく成長せよ。
 母性がすべての女性のうちにあるならば、その生み育てる本性にしたがって、女性の声はおのずから平和をこわす力に対する心よりの抗議以外にありようはない。ファシズムによって最も悲劇的な被害をこうむったのは婦人と子供である。その損害の一番少なかったアメリカにおいてさえも。
 戦争挑発に反対し、ファシズムに抗議する日本女性のこんなに自然な願いを、わたしたちはなぜいつまでも内証ごとのように扱っているのだろう。ほんとうに不可解なことだと思う。わたしたちの正当な主張にあたって何かおそれなければならないことでもあるというのだろうか。
 わたしたちにとって恐れるべきことがあるとすれば、それはアメリカはじめ世界いたるところにファシズムに反対するおびただしい人々とその集団があり、真心から戦争挑発に対してたたかっているという事実を知らないでいることである。あるいは、現世紀の人類的な正義であるそれらの運動の意味と実力とを過小評価することである。〔一九四八年八月〕

otamaいつもいつも、お玉を応援してくれてありがとう!!そしてポチしてくれて、ありがとう! ↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ                          

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

百合子さんの文章は研究のため、たくさん読みました。ルーパーさんの理解でよいと思います。

 ファシズムの現実的な特徴で有名なところを、まず、無差別に人を殺すことです。独裁者の気に入らない人間をところかまわずに殺すことです。

 そのようなファシズムにならないようにしようというのは、現在のアメリカであれ、ロシアであれ、中国であれ、賛成できるのではないかと思っています。もっといえば、アルカイダであれ、金正日でさえぎりぎり賛成できるのではないでしょうか。

 ファシズムの狂信性は半端ないものだと思います。表現で言えば、次から次へと目に付くものをつぎからつぎへと拳銃で撃ち殺してよいという考えかたです。
 
 ファシズム的な傾向を人間はもちがちですが、なんとかしてそういう無差別殺人が跳梁跋扈する時代から脱却したいですね。


デマとは失礼な
Looperさん

仮に私の発言が誤りであったとしても、それを「デマ」とはあまりに失礼じゃないんですか?
そういう態度が戦争を誘発するということも踏まえておいてもらいたいと思いますね。

中華人民共和国の建国は1949年ですが、1948年は国共内戦が行われています。

>この頃までの共産党は、連合国軍を「解放軍」と規定(後に否定)していて、むしろ最初は「親米」だった。

これは1947年2月1日の「2.1スト」に対するマッカーサーの中止命令以後、表だって米国批判こそしなかったが、「解放軍」「親米」という状態ではなくなります。
一方、ソ連に対する称賛ぶりは、国会の議事録にも残っていますね。

共産党が反米に傾いていったのは、レッドパージではなく、コミンフォルムで「平和路線」が批判を受けてからせす。レッドパージや朝鮮戦争の勃発により、その動きが本格的になり、武装闘争も行われるようになりましたが、きっかけは1950年1月です。

>>ここでいうファシズムとはアメリカとその同盟国、そしてGHQ影響下にある現政権のことを指しています。
>いやはや、わくわくさん流独自解釈の極みですね。
>どう読んだらそんな解釈が出来るのか、私には理解不能です。

国会の議事録を参考にしてください。
年代に関しては私は若干の誤りがありましたが、1949年以降の共産党議員の国会における発言から予測可能です。
なお、「ファシズム」を直接アメリカやGHQに向けて発言したかどうかまでは確認しておりません。

それと、何度も言っておりますが、私は宮本百合子さんを悪人とは思っていません。行動が極端に制限された中での、精一杯の善意の思考ですから、「気持ち」をくみ取ることはできます。
ただし、宮本百合子さんが、宮本顕治さんの妻であったことや共産党との関係があったことから、その「思想の中身」を勘案する必要はある、というだけの話です。


シンペイさん
個人の感想を云々するのは止めとしますが、私の考察を述べますので参考としていただければ幸いです。(長くてゴメン)

まず、日本共産党が米国をファシズムと規定・表現したことは、結党以来一度もないと思いますし、少なくとも私は知りません。GHQは、夫の顕治も含めて共産党員政治犯を解放し、共産党を合法化し、戦前から共産党も主張していた政治の民主化、財閥解体、農地改革などの民主的改革を推し進めました。また、僅か3年前に終わった戦争は、日独伊のファシズム勢力に対し、ヨーロッパの共産党も重要な役割を果たした反ファッショ統一戦線の勝利という分析をしていて、米国は反ファシズム勢力という認識でした。そして、日本共産党自身も日本のファシズムと戦ってきた。つまり、反ファッショという点では、米国は日本共産党にとっては仲間だったのです。GHQのことを当時「解放軍」と呼んでいたのもそのためです。(すぐに裏切られることになりますが・・・)
だから、今でも世界を代表する民主主義国と評価している米国を、あの当時にファシズムと呼ぶ事はあり得ないと考えております。

では、「世界平和の砦ということがファシズムの走り小僧という意味であってはならない」とはどういう意味か?

これは、日本でもドイツでも、結局ファシズムが「独立と平和を守れ」といったスローガンで始まった事、それが今後もあってはならないという一般的な警告を示したものであり、特定の国や勢力を指しているとは私には読めません。

冒頭の文章、
>人間の社会には、その事実なり、その言葉なりをねじまげたり、もてあそんだりすると、結果として不幸がもたらされる以外に、どんないいこともない事柄がある。愛がその一つである。正義もそういう本質をもっている。それから平和が。
でも、「平和」という言葉が、結果として不幸だけをもたらす事があると言ってる。

>わたしたちは日本で特にいちじるしい戦争挑発の雰囲気の中でこの八月十五日をむかえるのである。

これは、朝鮮戦争の雰囲気が高まってきている事から、開戦の雰囲気への警戒を述べたもの。(後に現実に)

>平和のためという言葉が、日本語では独占資本の跳梁という意味だったり、
これは、一応財閥解体はしたが、再び横暴な資本主義が生まれることへの警戒。

>世界平和の砦ということがファシズムの走り小僧という意味であってはならない。
これは、過去のファシズムが「平和」の言葉を利用して台頭してきたという教訓から、今後同様の事が起きないようにという警戒。これは、後に全体主義としてソ連や北朝鮮で現実に。

>民主日本ということが、隷属日本であってはならないように。
これは、変質してきたGHQの政策への警戒。これも、日米安保のサンフランシスコ体制として後に現実のものとなる。

というように、いろいろな「平和」という言葉を使って行われる、様々な「不幸」に対する警戒を列挙し、日本の母親達に対して、それを警戒し、世界の母親達と連帯して立ち上がれと呼びかける内容である、と読みました。

このように、警戒すべしとする事例には、もちろんGHQの占領政策や日本型資本主義も含まれますが、「ファシズム」と表現しているのは、特段アメリカという事ではなく、「平和」という言葉で行われようとする全ての全体主義的傾向への一般的警戒であると、私には読めます。

以上、参考になれば幸いです。


反省
デマかはともかく、調べが足りない上での間違った内容の発言を
してしまいお玉さんやほかの方々にご迷惑をお掛けしました。

ただ、looperさんの発言もちと思い込みがあるよう見受けられます。
時期を考えると「ファシスト」「帝国主義者」という言葉は
靴屋の息子の手下(あるいは本人)が大好きでよく使った言葉ですから。
それに「世界平和の砦ということがファシズムの走り小僧という意味であってはならない」
という発言からはっきりアメリカと自由主義(と自称する)国家群を
ファシズムと規定していると見ていいのではないでしょうか。
わたしがこの文章で一番嫌なのが「ファシズム」とやらを
この世全ての悪の源のごとく書き、ファシズムさえ倒せばこの世は万事おっけーめでたしめでたしになるよ、と
いわんばかりの責任転嫁(あるいは責任の押し付け)と
感じる事なのです。
少なくとも私はそう感じ、この文章に強い嫌悪を感じます。


デマは迷惑
シンペイさん、
ご理解いただきありがとうございます。わくわくさんのデマに乗せられちゃいましたね。

ちえんさん、
そのとおりですね。中華人民共和国の建国は1949年ですからね。

>そして、1948年当時の共産党のスタンスは「親ソ・親中共」で「反米」「アメリカ帝国主義打倒」、GHQ影響下の現政権打倒・親ソ政権樹立ですから

この頃までの共産党は、連合国軍を「解放軍」と規定(後に否定)していて、むしろ最初は「親米」だった。しかし、GHQが徐々に労働運動を弾圧し始めめ、また、「米軍撤退、日本の完全独立」という当然の要求を掲げ、占領下の総選挙で共産党が35議席を獲得したことが、中華人民共和国の建国と重なったことで、GHQは日本を「反共の砦」とするように方針を大転換した。これが1949年。

そうしたなかで、共産党がはっきりと反米に傾いていったのは、戦略を変えた米国が、下山事件のような謀略事件をでっち上げ、レッドパージを行い、また、共産党自身も中国やソ連から武装闘争方針を押しつけられて党分裂などをしたからで、これは1949-50年以降となる。

デマは、それを信じてしまう人が出てしまう事を考えると、実に迷惑です。

>ここでいうファシズムとはアメリカとその同盟国、そしてGHQ影響下にある現政権のことを指しています。

いやはや、わくわくさん流独自解釈の極みですね。
どう読んだらそんな解釈が出来るのか、私には理解不能です。
あの文章のどこが「反米」なのか?私にはさっぱり分からん。


シンペイさん、1948年時にはまだ、国民党政権でしたが・・・


謝罪
>looperさん
それは失礼致しました
調べが足りなかったようです
申し訳ありませんでした

>ととらさん
>ほんとにそう思ってる?
ですよ
ユダヤ人にとってあの場所は二千年ぶりに取り戻した「故郷」です。
「かつて自分のご先祖様が住んでたところに入り込んだこそ泥」
というのがユダヤの方々にとっての「真実」です
無礼な侵入者から聖書によって決められた「蜜の流れる地」たる父祖の地を再びこの手に。
それは彼らにとって決して譲れぬものなのでしょう。
かつて十字軍なる外道どもが「男も女も、老人も子供も赤子も殺した
 生ある全てを殺し、形ある全てを破壊し踝までも血に浸しこれを誇った。
聖なる神、ヤハウェの命じたとおりであった」
なる所業を行ったように。


党首の妻?
>共産党党首の妻という公的な立場の存在、その発言ともなれば

どこが?独立した作家個人の文学だぞ(失笑)
百合子は17歳から天才少女として文壇に登場し、顕治と再婚する前から有名な作家だった事もご存じない?
で、文学作品の評価は、その内容で評価すべきで、誰と結婚しようが、どこの政党に属そうが、そんなのは文学作品の評価に何の関係もない。

いわさきちひろが共産党員であったことや、夫の松本善明氏が共産党の国会議員・幹部であったことで、彼女の絵の評価が変わるのか?
ピカソが生涯共産党員であり続けたことで、彼の絵の評価が変わるのか?
変わるわけがない。

というか、そういう類のケチの付け方をする感覚が信じられん。

あと、「党首の妻」とか、事実誤認の事平気で書いてるが、宮本顕治が党の顔である書記長に就任したのは百合子の死後で、彼女が「党首の妻」だったことは一瞬たりとも無い。


気づかず遅くなりました。
シンペイさん、まずは「今の世の中」を見て考えませんか?
今、ガザでヤられていることが

>心の底からの平和と幸せのために戦争をしてしまいます。今のイスラエルなどそうでしょう。
誰一人戦争など望んでいない、ただぎりぎり譲れない本当に大切な物の為に引き金を引く、そんな状況です。

ですか?
ほんとにそう思ってる?
四方八方に見境なく炸裂するバクダン落とすことが?
……もうちょっとリアルな現実を見て考えてほしいです。

>では共産党は現実を見据えて行動してるのですか?
っていうか何か行動してますか、あそこ

それは共産党の人に聞いてください(笑)。
でも今かなり目立ってると思いますけどね、あそこ。


お玉さん、今年もよろしくです。
私は世界に平和を広めたい。
60年経っても、
平和を手放さないと言わなくてはならないことが、人の思考がまったく進歩していないことの証明かな、いや逆行しそうなんでしょうか。
世界に憲法9条を広めよう。それこそが日本の進む道です。



記事ちがいに・・
むきになってる人がいるけれど
それ、明らかに記事違いなので、表に出さないよ。
ほか、自身でコメントに「愛がない」と言ってる人も・・


平和
確かに現在に照らしても遜色なく伝わる内容ですね。

>勤労する人民の生活条件の切り下げなどを、わたしたちは、はっきり、真の平和のために必要なことと区別して理解しなければならないと思う。

平和とは戦争のない状態のみならず、人が人として生きていける状態が確保されていることを含みます。

そのため、平和の反対は戦争状態ではなく非平和です。たとえ戦争がなくても食べ物や安全な水にアクセスすることができずに生命が脅かされるならばその状態は平和ではありません。

この平和概念は60年代にヨハン・ガルトゥングによって理論化されました。宮本さんはそれ以前に平和には戦争がない状態だけでなく反貧困も含まれると理解していたのですね。むしろ平和とは何か肌で感じていたと言うべきなのかもしれません。

ちなみにUNDP(国連開発計画)によれば清潔な水を供給するのに必要な追加資金は70億ドルこれに対して、2004年の世界の軍事支出は、約9500億ドルだそうです。

世界の軍事費の1%を削減すれば世界中の人が安全な水にアクセスすることができます。そして世界の軍事費の75%を占めるのが先進国です。


それって・・・・・
>60年前に書かれたものなのに
失礼ながら賢者の言葉への感想というよりは、アレだ
旧約聖書を読み、「イスカリオテのユダ」や「ソドムの街を振り返りしロトの妻」
への感情に近いです
先程は同情的な事を書きましたが、共産党党首の妻という
公的な立場の存在、その発言ともなれば
北朝鮮への帰還事業と同じく知らなかったでは済まされないのではないかと思います
まあ悪口言う気はありませんが肯定的感情は残念ながらありません、ということで


それは確かに
事実を知らず聞かされてるタテマエだけを信じての発言、であれば
確かに責めるのは酷かもしれませんね。
しかしここまででっかい事言っておいて後ろではスターリンと
毛沢東がせっせと万人単位で人殺し続けてるってのに気づかないのも
哀れというか滑稽というか

>ととらさん
では共産党は現実を見据えて行動してるのですか?
っていうか何か行動してますか、あそこ


お玉さまへ
>60年前に書かれたものなのに、現代の右派の若者を怒らせてしまうほど、
>やはり才能あふれる方なのだとお玉は思うんだよね。

怒らせてはいけないと思います。
膝を打たせるのです。


宮本さんを少し弁護
シンペイ様

>後年「中国の核はきれいな核」とかいった組織ですよね?

原水爆禁止運動を分裂させる原因となったのは、ともに故人ですが、岩間正男元議員と、不破議長の実兄・上田耕一郎元議員です。特に岩間さんは国会で発言してしまって、議事録に残っています。

>つまり理想を追求するあまり現実を無視してる人という事ですね

宮本さんのころは、日本の共産党員の大部分がソ連や中国の「本当の姿」を知らないんです。
当時、ソ連も中国も、社会党員や共産党員ですら、国内旅行に制限がかなりかけられていました。現在の北朝鮮を旅行するようなものだと思っていただければ結構です。(特に中国は国交がなかったですからね。)

かつて、ソ連の招きで、「シベリヤ抑留」での捕虜の待遇などを日本の国会議員を招いて説明したことがありました。日本からは超党派で国会議員がソ連に行ったことがありました。
もちろん、ソ連の狙いは「シベリヤ抑留での日本人捕虜は、人道的な待遇を受けていた」という偽りの宣伝をするためだったので、「暖があり清潔できれいな収容所」を案内され、「栄養が豊富で量も多い食事」が日本の国会議員団に提供されたのですが、社会党の戸叶里子議員が一口食べたとたん、「こんなにまずいものを食べていたのですか。」と漏らし、その後は箸をつけなかったそうです。

それぐらい、社会主義諸国の情報は徹底的に隠された上に、海外向けにはプロパガンダをガンガン流されたわけです。

なので、宮本百合子さんを批評するときは、善意の気持ちで、そのあたりを考慮した方がいいかなって思います。


今の日本のこの状況は
「(自分たちの)利益を追求するあまり現実を無知してる人」達のオカゲなんですけどね、シンペイさん。


女性の中にも
失礼ながら、女性の中にも思考停止の方がいます。

母性を平和にではなく、男性についていくことだけが美徳といった感じ。
先の戦争は皇戦であり、いまだに謝り続ける事はないのだ。
おとなしくついていけば、世界から評価される日本になる一翼を担える・・・というような。
女性が強くなったから世の中が乱れたとか・・・困ったものです。


知りませんでした
それは存じませんでした
共産党っつったらアレでしょ?
後年「中国の核はきれいな核」とかいった組織ですよね?
まあ母性はともかくファシズムって言葉が大好きみたいなので
共産党っぽいなぁとは思ってましたがマジモンで共産党ですか。
つまり理想を追求するあまり現実を無視してる人という事ですね
まあ、この方の言葉が真理にして事実である、と言える位には
なりたいと思うのは確かです、人として


そうですよ、わくわくさんのおっしゃる通り、宮本顕治さんの奥さまでした。

右派のシンペイさんが何も知らずにその気に障っちゃったらしい評価ができるなら、ある意味お目が高い!かも・・

渡辺諄一が究極の恋愛小説と絶賛した二人の文通を本にした「十二年の手紙」も読む人によっては単なる獄中からの政治がらみの往復書簡にしか見えないかもしれないもの・・

60年前に書かれたものなのに、現代の右派の若者を怒らせてしまうほど、やはり才能あふれる方なのだとお玉は思うんだよね。


宮本百合子さんですよね?
ご存じならばお詫びいたしますが、この方は故宮本顕治元共産党議長の妻で、ガチガチのコミュニストです。
そして、1948年当時の共産党のスタンスは「親ソ・親中共」で「反米」「アメリカ帝国主義打倒」、GHQ影響下の現政権打倒・親ソ政権樹立ですから、ここでいうファシズムとはアメリカとその同盟国、そしてGHQ影響下にある現政権のことを指しています。

もちろん、宮本百合子さん自身は、「それが戦争のない、平和でみんなが幸せになる日本への道だ」と信じており、善意で述べていることには違いないので、「プロパガンダ」ではありません。

ですから、「気持ち」を尊重することに異存はなく、文章にリアリティもあるのですが、残念ながら、宮本さんは「視野が狭い、考えが浅い」という評価を免れることはできないと思います。

もっとも、1948年当時は、日本国民の海外渡航は原則禁止であるのみならず、GHQの「プレスコード」がありましたから、正確な情報が入ってこない状態でありました。
なので、「視野が狭く、考えが浅い」こそそのものは、宮本百合子さんの責任ではないんですけどね・・・。


何この上から目線
失礼ながら「わたしって可哀相」な匂いがプンプンします。
苦しみを味わってないのならそれはとても幸せなことではありませんか
「具体的に平和を破壊しつつある根強いファシズム」ってなによ
時に人は心の底からの平和と幸せのために戦争をしてしまいます。
今のイスラエルなどそうでしょう。
誰一人戦争など望んでいない、ただぎりぎり譲れない本当に大切な物の為に
引き金を引く、そんな状況です。
少なくとも戦争による利が一片欠片たりとも存在しない、そんな世界になってから
この言葉は語られるべきでしょう
「自立」?
少なくとも有事の際自国の領土と民を自力で守れない国は「自立している」とは
みなされません。
ニートが一人前の自立を自称しているようなものです。
残念なことですが義も理も道理も無視して他国を侵略する外道な国家は
間違いなく存在します。
かつて中国を侵略した日本のような。
少なくとも火事の火が燃え広がってきた時のための消火栓は自前で
用意するべきだと思います。

極論するならば「最も戦争を嫌い平和を愛する者こそが
 地上で最後まで最強の武力を有するべき」とすら思っています。
お玉さんには失礼かもしれませんが、この方のこの言葉は「高らかな理想」を
謳い上げてはいても現実をあまりに無視した共産主義のような空虚さを感じます
少なくとも「重み」とか「説得力」は欠片たりとも感じる事が出来ません



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 今晩は。伊東です。 今日の記事で「2008年扱い」の記事は全部終わります。 2009年も始まっているというのに、いつまでも2008年の事ばかり書いているわけには行きませんからね。という事で「社会人野球」「共産党」「そのほか諸々」と分けて、記事を書かせていただきま...
最近、読んでいる山本七平の本の中で「なるほど」と思った処を今日は紹介して行きます。 読んでいる本というのは、こちら↓ 日本人と組織 (...
64年前の今日2月21日、フランスで起こり、今もフランスの国家的・国民的記憶として語り継がれている「事件」について書きます。 第一章:...
今日からちょうど67年前の1941年12月15日は、フランスでガブリエル・ペリという人が殺された日です。彼への追悼の意を込めて、圧政と闘った彼...
もらうとかもらわないとか、本当にくだらない話。 「さもしい」とか「人間の矜持の問題」とか言ってみたり、「自身で判断する」と言ってみ...
08年12月8日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 少し体調が戻ってきましたので、今年初めてのブログの書き込みを致します。 高齢故、今年は休み休みに成るかも分かりませんが、皆様宜しくお願いいたします。 1・定額給付金と橋下提案{/arrow_r/}(ここからお
攻撃止んだ3時間、ガザ市民ら買い出し・負傷者搬送(朝日新聞) - goo ニュースについて  今日は 美爾依さんのブログ から,幾つかの画像をお借りして,イスラエルの暴挙に抗議したい.まず,上のバナーは http://www.deviantart.com/deviation/80081967/ に掲載されたバ...
ブログを更新しようと思うときに、いつもいつも戸惑いを感じてしまうのは、書き出しです。書きたい内容は定まっているのに、どんな具合では...
  1月10日(土)イスラエルのガザへの空爆と地上軍侵攻に対する抗議の緊急集会とデモが 大阪で予定されているそうです。以下各方面より編集して転載です。 ------------------------------------------------------------------------ 「 許すな! イスラエルのガ...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。