2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
定額給付金

え~小沢さんの秘書の話・・・やっちゃいけないことで捕まったんだし、お玉は陰謀論唱える気なんてないよ。別に、はっきりいって、民主党は応援してないお玉ですし・・・はい。小沢さんのことも何度も不信感持って書いてきてるんだよね・・それでもなにもこの時期でなくとも・・と愚痴が出るのだ。大事なこと、み~~んなニュースから消えちゃうでしょ? 
ちょっとおかしいなあと思うのは、今回の不祥事について自民党議員さんたちにコメント求めてるけど、みんなちょっとうれしそうに小沢さんのことを批判してるんだけれど・・だ~~れも(お玉の知る限り)責任とって党首を辞任すべきだっていわない・・・・みんなひょっとして「うちの党だって危ない」からいえないのかなあ・・・

鳩山さんや管さんが「国策だ!」とマスコミの前で言うのもどうかなあとも思うんだけどね.

瀬戸智子さん所のぞいたらさすが、いいこと言ってらっしゃる~そうだよね民主党自体が徹底的にこの問題を解明して、自民党にも働きかけて不正行為を正していこうとする姿勢を国民に見せてほしいよね。

定額給付金は、神戸では路上生活者にも本人確認をして渡してくれるみたいです・・・ちょっとホッとしました。でも昨年この給付金の話が初めて上がった時には住所不定者への対応にはドン引きだったものね・

 あの時政府が受けたいろんな批判は曲がりなりにも役に立ってるんじゃなあい?それでも自治体によって対応がまちまちで同じ状況で「もらえる人」と「もらえない人」が出てくる可能性は今も消えない・・これに関する相談窓口は今後もできるだろうけど、所詮お役所仕事だろうから・・ネットカフェの住所でもかまわないと言ってくれる地域があるかと思えば、ダメな地域もあって・・・・本当に給付金が欲しい人たちほど、混乱するだろうなあ・・・・

otamaいつもいつも、お玉を応援してくれてありがとう!!そしてポチしてくれて、ありがとう! ↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ                          

 

 



 
Secret
(非公開コメント受付中)

ハリケーンジョー様
銀行に限らず、民間と政府では、そもそも性質が異なるので、「まったく同じ」ということはないですから。(汗)
ただ、わかりやすく説明するために、最も近い概念で例え話をして、「こういう仕組みだから、財務省や税調に騙されないでね」ということが言いたかったわけです。

>企業会計で言うなら現金を得るために貸方に負債が発生することと貸方に収益を計上することには大きな差がありますが国家の財政という問題になるとこの差がまったく無視できるのはなぜでしょう?教えてください。

まず、国債償還の95%以上が日本国内という状態は、「日本国民は、債権者であると同時に連帯保証人である」といえるかと思います。ということは、政府に返済能力がなくなった場合、「国民が、国民から借りた借金を肩代わりして国民に返す」ということになります。
次に、「集める方法が異なるだけ」ということは、「税で集めようが国債で集めようが、30兆円を国民から調達することに変わりない」ということであり、これは『国債で集めた30兆円は、税で集めようと思えば集めることができる』というわけです。

>銀行の場合、借入利息<貸付利息となることで利益を得ていますが日本の国家としての収益力というのはそれほど信頼の置けるものなのでしょうか?

前述と重複しますが、内国債で30兆円集めることができるというのは、国民の財力からすれば、30兆円増税が可能であることを意味しています。
また、現在の日本の国債価格が101~105となっているということは、政府の信用力が高いことを意味しているのです。
さらに、GDPデフレーターが数年連続でマイナスということは、名目GDPに比べて実際の貨幣価値が高いことを意味しているので、「貨幣発行権を持っている政府」にしてみれば、「デフレの分だけ貨幣を発行する余裕がある」ことも意味しています。

そして、極めつけが、GDPが12%以上のマイナス成長と言われながらも、昨年よりもかなりの円高です。
日本経済を最も低く評価しているのが、実は日本国政府と日本国民である、という皮肉な状態であることに気づけば、世界の金融もリードできるだけのパワーを持っていることがわかるかと思います。(現に、アメリカの金融機関を救済しているのは日本企業ですからね)


>わくわく44様
>「税で集めるか、国債で集めるか」という『違い』があるのみであって、「日本国民からカネを集めている」ことに違いはなく、日本国民から集めている以上、赤字ではないのです。

企業会計で言うなら現金を得るために貸方に負債が発生することと貸方に収益を計上することには大きな差がありますが国家の財政という問題になるとこの差がまったく無視できるのはなぜでしょう?教えてください。

>これを言うと、「国債は金利をつけて返済しなきゃいけないじゃないか」という人もいますが、『銀行に預金すれば、利息がついて元本が成長するじゃないか』という反論ができるのです。

反論になってますか?銀行の場合、
借入利息<貸付利息となることで利益を得ていますが日本の国家としての収益力というのはそれほど信頼の置けるものなのでしょうか?


そら、うれしい
一知半解さん

1万2000円を「もらいたくない」なんて思う人はいないでしょう。ボロクソに言った私も、もらえるとなれば、経済効果に資するかどうかなど関係なく「ありがたくいただきます」。(笑)

>「今回の“海外発”の不況とは状況が違うので、同列には論じられないと思う」(中堅証券会社のアナリスト)

この定額給付金の経済効果に関しては「意見」ですから、それを批判するつもりはありませんが、このアナリストは私は信用できませんね。
日本のGDPのマイナス成長は、欧米諸国よりも下げ幅が大きいのです。
サブプライムの影響を最も受けていないはずの日本が、GDPを最も下げてしまって、円安にシフトしていることを見れば、海外の影響がないわけではないですが、内需が不況の原因として見ないとダメでしょうね。

ちなみに、記事違いになって申し訳ないですが、「政府の動き」を見る上で重要なことなので、あえて触れておきます。

日本が財政赤字というのは「嘘」です。
財務省や政府与党は、増税の口実を作りたいために、野党や学者は政府の無駄遣いをなくすために、あえて「財政は赤字である」と言っているのです。
これを言うと、「国地方と財投合わせて1000兆円の借金があるじゃないか」と言われますが、日本の国債は95%以上が国内で賄われている、つまり、内国債なのです。
「税で集めるか、国債で集めるか」という『違い』があるのみであって、「日本国民からカネを集めている」ことに違いはなく、日本国民から集めている以上、赤字ではないのです。

これを言うと、「国債は金利をつけて返済しなきゃいけないじゃないか」という人もいますが、『銀行に預金すれば、利息がついて元本が成長するじゃないか』という反論ができるのです。
というのは、銀行からすれば、預金は「預金者からの借金」なのです。それを使って投融資を行い、金利を付加して返済してもらいつつ、預金者に対して利息をつけて返済しているわけで、政府が国債を発行して行政を遂行しているのと、構造は同じなんですね。

仮に「借金だ」としても、企業会計に模したバランスシートを作れば、負債超過額は250兆円程度と言われています。そして、日本は世界最大の対外債権国家であることも考慮しなければなりません。
なので、巷で言われているほどの深刻な状態ではないのです。


貰う段階になれば結構好評みたい…
一応、こんな記事↓見つけましたので、リンク貼っておきます。
参考にどぞ。

・意外に経済効果あり? 「定額給付金期待論」が急浮上中
http://diamond.jp/series/analysis/10070/

(地域振興券との違いについて書かれた部分を抜粋引用↓)

「定額給付金と比較されがちな地域振興券については、支給が行なわれた当時、日本は“国内発”の不況のさなかにあった。金融機関の不良債権処理が進まないまま、カネだけバラまいても効果が出ないのは当然。今回の“海外発”の不況とは状況が違うので、同列には論じられないと思う」(中堅証券会社のアナリスト)


目に見えない施策
皆様のやりとりを読ませていただきました。
結局、定額給付金の弱点は、効果が統計に顕われっこない、と言う一点に尽きるのでないでしょうか。
別にお金に色が付いているわけでもなく、一方、人間が1年間生きていくためには、今回の給付金の百倍以上のお金を使うわけで、その中へ埋もれてしまうのです。これでは、購買欲を刺激できたのか、測りようもないですよね。
一方、従来型の公共投資は、目の前で使われるので判りやすいでしょう。

結局私も、給付金の分を春の個人国債を買うのに充ててしまいました。
将来の問題、とかいう前に、
日々の営みの中に、まさに埋もれてしまったということ。
不況になろうがどうしようが、私達は日常生活の中で、大規模な経済活動をしているのですから。不況だからと力んで消費することが、本当に我々自身のためなのか、考え直しましょうよ。
「欲しいものを買うな、必要なものだけを買え」……私の座右の銘です。


一知半解様
こういう問題は、かなり難しいので、どこまで納得していただけるかが難しいのですが・・・。

>むしろ短期間で効果を挙げるのは、定額給付金のほうでしょう。
>ゼネコン投資型は、どうしても川上から川下へ流れるタイムラグが発生するけど、定額給付金はそれがありませんから。

一知半解さんの、このコメントは「条件付き」ですね。つまり『給付された金額が一斉に、かつ全額、短期間で「循環型の経済主体が提供する商品の購入による消費」がなされる』ことができれば、仰るように、そちらが正しいです。
しかし、消費はミクロ経済の需給バランスや選好理論などの話になってくるので、仮に社会主義的計画経済であっても、かなり難しいと思います。
ゼネコン投資型公共事業だと、人件費の支給はもちろん、資材の購入や設備投資も同時に行われるので、これは確実に現金のフローが発生します。
なので、短期の経済成長を期するならば、こちらの選択が確実かつ無難だ、ということになります。

>>消費減退の原因は「将来不安」だからです。
>ただ、それだからといって、カンフル剤的な政策を完全否定する必要はないとも思うのですが…。

「否定」というよりも「意味がない」という方が言葉として適切ですね。
将来不安が解消されなければ、よほど切羽詰まったニーズがない限りは、人間の感情として「貯蓄」に回ることが多くなります。言い換えれば「カンフル剤にもならない」ということです。
ただし、これも、たとえば給付金の金額が給料1か月分だとか、そこまでの大金になれば、ある程度のカンフル剤の効果は期待できます。となると、1人あたり平均20万円、合計25兆円という定額給付金の支給ということになりますが、これはさすがに政府紙幣発行か、無利子無期限相続税免除国債との引き換えでの日銀券発行じゃないと、やれるものではありません。

>たとえ麻生内閣の迷走ぶりがあったとしても、私は「定額給付金に対するマスコミの姿勢が正しい」なんて到底思えませんね。

麻生さんの迷走は「やるの?やらないの?どっち?」というレベルでの迷走で、しかも第二次補正予算の枠内での提出、つまりは「他の重要な政策を巻き込んでの迷走」ですからね。これはさすがに一方的に、問答無用で非難されても弁護する余地を見出すことは、残念ながら不可能です。


わくわく44さんへ
わくわくさんのご指摘は、大体頷けるのですがちょっとだけ異論があります。

>本当に短期間で1%成長というなら、それこそ、現段階では「従来のゼネコン投資型公共事業」以外に道はないです。

これは違うのでは?
むしろ短期間で効果を挙げるのは、定額給付金のほうでしょう。
ゼネコン投資型は、どうしても川上から川下へ流れるタイムラグが発生するけど、定額給付金はそれがありませんから。

>消費減退の原因は「将来不安」だからです。

確かにこれが解決されないと根本的な解決に至らないとは思います。
ただ、それだからといって、カンフル剤的な政策を完全否定する必要はないとも思うのですが…。

たとえ麻生内閣の迷走ぶりがあったとしても、私は「定額給付金に対するマスコミの姿勢が正しい」なんて到底思えませんね。


一知半解様
>そういう形の批判はどんなものでしょう?

『定額給付金の経済効果は、オリンピックのそれを凌ぐとも言われているのですよ。』
『経済学者のリチャード・クー氏も評価している。それに実施された台湾では好評だったそうですし。』
に対する反論なんですが、台湾は日本みたいに「単に発行する」のではなく、需要が最も高まる時期に、「使用期限付き」での有価証券を給付、つまり「嫌でも使わないといけない」という状態にした上でのことなので、効果があったのです。

>私は経済にうといのでわかりませんが、2兆円の原資で、「短期間」に名目GDPの1%以上経済効果を挙げられる施策なんて他にあるんですか?
>ただ、全てが長期的な対策ばかりだというのも拙くないですか?
>即効性がある対策だって組み合わせるべきだと思うのですけど。

日本の場合は、短期間で成長を期するという考えがこそが、適切ではありません。
なぜなら、消費減退の原因は「将来不安」だからです。

もちろん、目先のお金を必要とする人もいますが、逆に預貯金がいくらあっても、失職や倒産などの不安感があれば、給付してもらった1万2千円を「使ってくれない」ということになります。
従って、「定額給付金に使わずに、雇用の維持やセーフティネットに使え」ということになるのです。

本当に短期間で1%成長というなら、それこそ、現段階では「従来のゼネコン投資型公共事業」以外に道はないです。

>どうして夜の街などに使うと経済効果ないのでしょう(貯金ならわかるけど)?
>消費されれば、「その分」経済効果が生ずるとしか思えないのですが。

経済効果を生むというのは、ひとつの消費や投資が、次の消費や投資をもたらすことを意味します。夜の街への消費は「ただ使っただけ」であって、大型ゼネコン公共事業と同じなんです。

>今回の景気対策は、定額給付金が目玉かもしれないけど、それだけが対策じゃないでしょう。なのに、そればかり批判され、麻生内閣が何にもやってないように論じられている。マスコミのやり方はおかしいと思いませんか?

いえ、今回のマスコミの姿勢は「正しい」です。昨年の時点で定額給付金を撤回すれば、遅くとも12月には全会一致で成立し、景気対策を打てていたのです。
ところが、定額給付金にこだわったばかりに、そして「埋蔵金」で墓穴を掘りまくったために、ここまで延び延びになったのです。これは完全に自民と公明が悪く、弁護する余地は微塵もありません。

>それと、麻生内閣が発足してそれほど経っていない短期間のうちに、これだけ批判しておいて、長期的な施策を求めるのは少々酷でしょう。
>アメリカのマスコミですら、最初の期間(3ヶ月でしたっけ?)は様子を見るそうじゃないですか。

決定的に違うのは、アメリカは大統領が変わったら、連邦政府の局長や部長以上は、ほぼ全員交代なんです。日本は内閣が代わっても、閣僚が交代するだけであとはほとんど変わりません。なので、「スピード」「継続性」という意味では、アメリカは「たった3か月」ですが、日本「3か月も」なのです。

そして、日本は、アメリカのようにどこから手をつけていいのかわからないほどの状況ではなく、どこが問題でどうすべきかが、だいたい見えているのです。
もし、首相が麻生さんではなく与謝野さんであったら、もっと的確に、もっと早くやれたでしょうね。


一知半解さん

少額でも現金がもらえるのはうれしいもの。周りでもこの政策に反対する人は多いけど、もらったらパッと使おうという人もたくさんいる。私もその一人。友人に呼びかけて「定額給付金旅行」を計画しています。

名の知れた経済学者でも賛成する人は少数ですが存在するのも事実です。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/172/


まさん、わくわく44さんへ
>まさん

>「メディア」に冒されて自覚してない国民に具体的な方策を持たずに自覚を求められてもそれは矛盾していて到底ムリなのでは。

確かにそりゃそうだ(笑)。
私もどうしたらいいかわからない…というのが率直なところです。

>具体的にはどれほどの効果でしょうか?

経済効果については、北大の永田先生が仰られていることを写しただけなんですよ(汗)。申し訳ないですが、私は経済は素人なのです。

それはさておき、まさんのように、考えた上で反対するのならわかるのですが、ムードに流されて判断している人があまりに多すぎるような気がしてなりませんねぇ。


>わくわく44さん

タイプミス気にしてませんのでお気遣い無く(自分自身でもたまに打ち間違えますし)。

>まったく違います。(汗)

なるほど。確かにこの問題の経過を見れば、わくわくさんの言われるとおりでしょう。

言い訳になってしまいますが、麻生内閣が「人気を取ろうとして」給付金をばら撒こうとしているという根拠のない批判が頭にあったので、人気取りするためにやろうとしているわけじゃないだろうという意味で書いたつもりでした。

>でも、これだと名目GDPの1%にもなりません。

そういう形の批判はどんなものでしょう?
私は経済にうといのでわかりませんが、2兆円の原資で、「短期間」に名目GDPの1%以上経済効果を挙げられる施策なんて他にあるんですか?

>もちろん、夜の街や風俗などに使ったり、あるいは貯金なんてされたら「経済効果ゼロ」です。

これもわからない。
どうして夜の街などに使うと経済効果ないのでしょう(貯金ならわかるけど)?
消費されれば、「その分」経済効果が生ずるとしか思えないのですが。

>定額給付金で予想されるのは、「地域振興券」です。これの結末と同じか、それ以下になるんじゃないかなって思いますね。

私の予想では、少なくとも地域振興券以下にはならないと思います。

そもそも今回は「全国民が対象」ですし、それほど生活苦にあえいでいない人たちは、この程度の金はあぶく銭のようにパッと使うでしょう。

それに、高速道路休日千円のサービスと組み合わせれば相乗効果だって見込める。
確実に地方に金が落ちると思いますよ(私も組み合わせて家族旅行でもしたいと計画中)。

>しかし、同じ2兆円でも、使い方によっては、即効性はないものの、2~3年後の経済復活の効果が見込めることがあります。

もちろんそうでしょう。
ただ、全てが長期的な対策ばかりだというのも拙くないですか?
即効性がある対策だって組み合わせるべきだと思うのですけど。

今回の景気対策は、定額給付金が目玉かもしれないけど、それだけが対策じゃないでしょう。なのに、そればかり批判され、麻生内閣が何にもやってないように論じられている。マスコミのやり方はおかしいと思いませんか?

それと、麻生内閣が発足してそれほど経っていない短期間のうちに、これだけ批判しておいて、長期的な施策を求めるのは少々酷でしょう。

アメリカのマスコミですら、最初の期間(3ヶ月でしたっけ?)は様子を見るそうじゃないですか。

余りにもせっかち過ぎる。
性急に成果を求めといて、長期的な施策がない…とか批難するのは余りにも身勝手というものではないでしょうか?


ごめんなさい
先ほどの「一致半壊」さんは、「一知半解」さんの間違いでした。みなさん、特に一知半解さん、ごめんなさい。


一致半壊さん
>どうしてここまで不人気な「定額給付金」を断行したのでしょう?
>単なる人気取りなら、ここまでこだわることはしないですよ。麻生首相は、経済効果があるとの信念があるからこそ、不人気でも法案を通したのではないですか?

まったく違います。(汗)
政府も自民党も、本音では定額給付金なんて反対なんです。しかし、公明党が自民党との政権協力を行う最低条件として要求したものですから、「嫌だけど、やるしかないか」という、実に消極的な、麻生首相やる気ゼロの政策ですよ。(だから、いろんな反論が出てきたら、地方自治体に丸投げしたんですよ。めんどくさいから。)

公明党の当初の要求は「定額減税」でした。しかし、これだと課税最低所得に届かない収入の人には、一切の恩恵がなくなると猛烈に批判されて、潰されかかったところ、「減税がダメなら、カネをあげればいい」という逆転の発想で「給付金」にしたんです。

で、なぜ総額2兆円かといえば、当初の定額減税の枠が2兆円だから。それだけしか理由はありません。
支給額1人1万2000円、65歳以上の高齢者と18歳以下は2万円というのは、単に計算した結果なんですが、単純に割れば苦し紛れがミエミエになるので、よくわからん根拠で色つけしたというだけの話です。
なので、そもそも経済効果なんて誰も考えていません。

ちなみに、2兆円の定額給付で実現する「経済効果」は、リチャード・クーさんは新自由主義なので別の計算をすると思いますが、ケインジアンであれば、「全額健全な使途で消費されれば」という条件で、「5兆円」と試算します。でも、これだと名目GDPの1%にもなりません。
もちろん、夜の街や風俗などに使ったり、あるいは貯金なんてされたら「経済効果ゼロ」です。

それでも「若干の経済効果はあるじゃないか」と反論されそうですが、定額給付金で予想されるのは、「地域振興券」です。これの結末と同じか、それ以下になるんじゃないかなって思いますね。

しかし、同じ2兆円でも、使い方によっては、即効性はないものの、2~3年後の経済復活の効果が見込めることがあります。

年末年始は派遣切りが問題となりましたが、今後は正社員のリストラが加速されます。平成11年度まで遡っての失業給付総額は2兆6633億円ですが、これに医療福祉増加抑制2200億円を控除しても、8833億円の費用に対して雇用保険収入の見込みを含めれば、雇用保険を払っていない派遣社員の失業者への失業給付もできます。
こちらの方が、後々の経済効果のためになると思うんですけどね・・・。


失業給付対象を雇用保険料を払っていない派遣社員にも例外的に適用するとして


一知半解さんへ
>それは各自が自覚するしかないのでは

「メディア」に冒されて自覚してない国民に具体的な方策を持たずに自覚を求められてもそれは矛盾していて到底ムリなのでは。

定額給付金を批判する国民のことを「メディア脳」として何も考えていないと批判するのは構造的には辺見庸氏の主張と同じような気がしますが、決定的に違うのは「メディ脳」だとして国民の意識しか非難しないではなく、辺見庸氏の場合は「鵺のようなファシズム」を醸成しているのが権力者とそれに追従するマスコミ、それに気がついてない国民という構図で徹底的に権力を持っている人間を指弾している点です。
そもそもマスコミの意義とはどこにあるのかの認識が違いすぎる。たぶん憲法観の違いから出ているのではと思います。

ただ、
>卵が先か、鶏が先かという問題に似ていますが、我々が変らない限り、これからも政治屋(ポリティシャン)が蔓延るのは間違いないでしょう。

については大いに賛同できます。自覚的に考えることが大切だということで。

>定額給付金の経済効果は、オリンピックのそれを凌ぐとも言われているのですよ。

具体的にはどれほどの効果でしょうか?
以前実施された同じような政策に地域振興券がありますが、これはいかほどの効果があったのでしょうか、定額給付金を考える上でいい参考例になると思います。

台湾での給付金は旧正月という時期的な効果もあったのですが、一発勝負で終わりそうだという、いわゆる対処療法的で効果が持続しないという批判もあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E6%8C%AF%E8%88%88%E5%88%B8

さらに、3年後に消費税を上げるという考えが政府・自民党にありますが、給付金というマキ餌に食いついたら消費税という針で釣り上げられたということにならなければいいのですが。

経済政策は、いろいろありますが結局は底辺の人たちを犠牲にした政策ではなく、バランスのとれた内容にすべきと考えます。そういう意味では外国の例をそのまま採用せよというのではありませんが、例えばドイツの太陽光発電での取り組みやアルゼンチンの例などを参考にすれば、地域振興券に似た定額給付金という馬鹿げた政策などは決して考え出されないものと思います。

以下のサイトはその一例です。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090105/181859/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090306/188301/
http://www.murc.jp/report_pdf/20090119_153544_0148487.pdf

また、辺見庸氏についての評価ですが、こういった主観に満ちた論評もあるというのは否定しませんがなるべく自身の氏の本を読んでから自分の頭で非難すべきでしょう。それが自覚的に考える第一歩だと思います。


まさんへ
>「メディア脳」に冒された国民を一番好ましく思っているのは政権政党ではなかろうかと思います。

果たしてそうでしょうか?
それだったら、どうしてここまで不人気な「定額給付金」を断行したのでしょう?
単なる人気取りなら、ここまでこだわることはしないですよ。麻生首相は、経済効果があるとの信念があるからこそ、不人気でも法案を通したのではないですか?

メディア脳に侵された人間がいなければ、つまり、麻生政権の意図を自分で考える人間が多ければ多いほど、定額給付金への理解者が増えるはずで、その方が政権運営にとっても好ましいはずですから。その方が政権運営に苦労しないですむはずです。

ところが実態はといえばどうか?
「全く経済効果がない」などと断言する人間、それを鵜呑みにする人間があまりにも多くて、一種の社会通念までになっている。

定額給付金の経済効果は、オリンピックのそれを凌ぐとも言われているのですよ。
経済学者のリチャード・クー氏も評価している。それに実施された台湾では好評だったそうですし。

そうした事をあまり報道しないマスコミと、それをそのまま信じている「メディア脳」たち。
あまりにも無責任すぎやしませんか?

>ではどうすれば己の醜い姿を客観的に見ることができるのでしょうか?

それは各自が自覚するしかないのでは(私も客観的に見ているわけではなく、主観で見てそう思っているだけです)。

普段政治屋(ポリティシャン)を自分の利権誘導にしか使わないでいて、政治家(ステーツマン)たれと要求するのは虫が良すぎるでしょう。国民のレベルに合わない政治家は排除されるのが当然では?

そうした状況を、なすがまま許す原因になっているのが「メディア脳」に侵された人たちでしょう。そうした自分を置いといて、マスコミに流されるまま、政治に愛想が尽きた、とか、裏切られた、とか、政治家が悪い、とか、一体何ゴタク並べてんでしょうか?

卵が先か、鶏が先かという問題に似ていますが、我々が変らない限り、これからも政治屋(ポリティシャン)が蔓延るのは間違いないでしょう。

本来ならそうした状況に警鐘を鳴らすのが、辺見氏をはじめとするマスコミの役割のはず。
それなのに、メディア脳を煽ってどうするんじゃ!といいたくなります。

なお、まさんがコメント中に言及された辺見庸氏について、シビアですが的確な批評をしている優れたブログがあるので以下、紹介しておきます。
「辺見氏はこうした見方もされているのだ」という参考までにどうぞ。

・新聞記者の孤独感
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/9bfd472649801dc329e21bb59eb9aab8
・人倫なき言論人 その①
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/ca1b1b4ef8325a7f084e76a72e424803
・人倫なき言論人 その②
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/b85802e528fed31c5e55230297dac10c


一知半解さん、

「メディア脳」に冒された国民を一番好ましく思っているのは政権政党ではなかろうかと思います。メディアの第一義的使命は権力者の不正を監視することだと思いますが、面白可笑しく政治劇を伝える陰で憲法や人権が蹂躙されるような事態が着々と進むことに危惧を覚えます。辺見庸はこのようなマスコミを「クソ蠅」と揶揄しましたが、気がついたときは取り返しのつかない時代になることだけは避けたいです。

>つまり、その国の政治が悪いのは、その国の国民のせいであって、自業自得なのだということを。結局のところ、政治は、その国の国民のレベルを反映しているのです。鏡に映ったおのれを罵倒しているだけなのです。

仮にそうだとします。ではどうすれば己の醜い姿を客観的に見ることができるのでしょうか?ぜひその処方箋を教えていただきたい。

こういう主張は一億総ざんげ論と同じ考え方だと思います。つまり責任の所在を曖昧にする主張そのもの。悪政を遂行した張本人達にとって非常にうれしい主張ですね。

定額給付金については、マンガがお好きな麻生さんや自分らの議席が増えることしか頭にない公明党らが考えそうなことで、まさにマンガっぽい政策。ヤブ医者の行う対処療法と同じ、つまり痛みが起こったときその原因を究明せず痛み止め注射をして「治った」というようなものでしょう。こんな政策が経済対策だとはとても思えません。


メディア脳
お玉さん、こんばんは。

私も定額給付金に関連して記事を書いたので、久々にコメントいたします。

私の愛読しているブログに「カムイスペースワークスブログ」というブログがありますが、それを書いている北大の永田先生が最近の記事のなかで、次のような問いかけ↓を書いています。

1.定額給付金なんて景気対策には何の役にもたたない。只の税金の無駄遣いだ。その1/200の金額でもいいから、産科医療の充実等、有意義な政策に回すべきだ。

2.定額給付金なんて、要するに選挙対策でお金をばら撒いているだけだ。有権者はそんなものに騙されない。


両方とも、まあ、その通りだよな、と思ったあなたは、メディア脳の可能性が高いです。

その答えを知りたい人は、下記のアドレス先をご覧ください。

・メディア脳
http://myhome.cururu.jp/camuispaceworks/blog/list/dc2009-03-08

ちなみに私も上記の記事をネタに拙記事をアップしたので、手前味噌ながらリンク↓貼っておきます。よろしくお願いします。

・メディア脳に侵されるな!
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/blog-entry-192.html


 親戚とかの所住所にできたらいいけど、公園が住所?の人は残念ながらいきわたらないそうですね。
 二重受け取り防ぐため仕方ないらしいです。
 後、なんかの理由で住所地にいられない、近づけない人も給付されてもうけとれないそうです。
 


まあ貧困対策でなく景気刺激だそうですけど。

なんにつかおうかな~。使って貢献できるんだもの。


反論
今回の小沢秘書逮捕は、政治団体からの寄付を、政治団体だと思って、小沢代表個人の資金管理団体に記載した。だけど、検察は、政治団体ではなくて、西松建設だと知っていただろうから虚偽記載だと言っている。では、西松建設からの献金は違法か?と言うと、政党支部で記載すれば合法なのです。
現時点では、それだけの問題なのです。
検察は、秘書が違法性を知っている証拠があるから逮捕した、とリークしていますが、小沢秘書は認識を否認しています。
逆に、自民党側の献金を受けていた人たちは、検察がダミーとする政治団体の住所を西松建設の住所で記載している。
これこそ違法性の認識と言う点では決定的な証拠だ、と私は思ってしまいます。
公正な捜査であるならば、明らかに違法性を認識している自民党側は何故放置しているのでしょうか?
また、金額の大小も、自民党側全体がのほうが多いのではないでしょうか?
小沢代表秘書が正しいと考えている方に記載するのは当たり前だと思います。
これで、検察が正当性を言うのであれば、贈収賄で起訴するしか正当性は無いと思います。
でも、職務権限の無い野党党首を贈収賄で起訴できるのでしょうか?
この国の権力側が本当に腐りきっているのか、どうか?
国民は監視する必要もあります。
また、コイズミ改革以来、酷い、マスゴミの汚染度調査も出来ると思っています。
マスゴミは国民が誤解をするような説明をしていませんか?
本当に政権交代が必要だと日々感じています。
日本の社会が壊れていく一方です。
今のところ、マスゴミ汚染度NO1は産経新聞とみのもんたの番組でしょうか?



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

給付金5日から順次支給 関連法、衆院再可決され成立(朝日新聞) - goo ニュースについて.  世の中には算数もできない人が多いようである.一人あたり 12000円(18歳以下と65歳以上には8,000円を加算する)を国税 (但し,国債つまり借金である!) で支払うとなると,国...
おとなが、子供に話しかけた。 おとな 「大きくなったら何になりたい?」 昭和の子供 「大きくなったら・・・ ゴジラかウルトラマンになりたい!!」 おとなは微笑み再び話しかける。 おとな 「おとなになったらどんな人になりたい?」 昭和の子供 「おとなにな...
 ショック~。PCがご機嫌が悪くなって、途中まで書いてあった記事 が保存できず。消すことになってしまったですぅ。(ノ_-。) <こういう時間がない時に限って、コレだよ。(-\"-)> 本当は小沢会見のことをメインに書く予定だったのだけど。それは ちょっとヨコ...
こういう政府、国会です。私は不安です。 きちんと受け取って貯蓄しておきます。 しかし、貯蓄先は選ぶつもりです。 郵便局やその他、融資先・使い方が不健全そうに思える金融機関にはお願いしません。  
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。