2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
みんなで一致点を見いだせる議論

ソマリアに自衛隊派遣が決まって護衛艦が出向しましたね・・
ひょっとしたら自衛隊員が初めて海外で人を殺めてしまうかもしれない・・・友人と話していて、そう言われた時・・・日本国内だけじゃない・そんな国際的にも大きな出来事が起こるとどれほどの人が自覚しているんだろうか・・と思いました・・

お玉のところでみんながたくさん語ってくれた話です。でもここで語った人の誰一人、ソマリアに行くわけではなくて・・・・人を殺めるわけでもなくて・・賛成派も反対派もどこかリアルじゃあなくて・

先日、地元の九条の会の中でこのソマリア問題で大議論になっているという話をお聞きしました。九条の会の中にもと船員さんがいて、この派兵は日本の船舶を守るために必要だという考え方なのですね。派兵反対派の方はどうしたら説得できるんだろう?って悩まれてましたが・・・

 このごろ、お玉のところの議論を見ていておもうのは、踏まえるべきは今回のこの派兵の仕方について、どう思うのか?ではないのかなあ??ということですよね。麻生内閣のもと、法に触れるかもしれないなどと公の場で行ってしまう首相のもと、自衛官がたとえば発砲して「海賊」を殺してしまった時に・・・・きちんと守ってあげられるだけのものも持たずに派兵するような形でいいのかどうか・・・

反対派は「なんでも」「いかなる形でも」海外派遣は反対なのか、譲歩、工夫によって折り合えるところがあるのか・・そういう視点で賛成派と議論できたら、もっと意義ある中身になるかなあ・・などと思いました。

その船員さんのお話を直接は聞けてないのですが、九条を護りたいと願う人の中にだっていろんな意見があって、みんな悩んでいるんだということがとっても良く分かるお話でしょう?

この頃お玉がちっとも記事更新しないからか?うち経由で遊びに行って盛り上がっている松竹さん所の記事に、首長九条の会の保守派の方々のお話が載ってましたけれど・・

保守・中道は9条を選ぶ・1 より

 「9条が改正されると、米国によって戦争に引きずり込まれる可能性がある。それを、何としても阻止しないといけない。われわれは首長として、住民の安全安心を守るために命を懸けて仕事をしてきた。会の結成はその延長線上にある」

 (保守系の方が会をつくったのは意外だとの問いに)「そうした声は招致しているが、保守かどうかは関係ない。信念や戦争体験を含め、生きてきた時代背景に共通点が多いとは言えるだろう」

 「自民党から敵とみなされても構わない。(結成の)アピール文には「政党政派にとらわれず」と盛り込んだ。共産党系とは一線を画す考えだ」

九条の会の活動を通してね、何が何でも反対とか、何が何でも賛成とかそういうことじゃなくて、一致点を見いだせないかを探ることができるって、お玉は信じてるの。


otamaいつもいつも、お玉を応援してくれてありがとう!!そしてポチしてくれて、ありがとう! ↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ                          

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

ならば
>誤りを放置しておくのは、誤りを容認するのと同じです。従って、その指摘は不適切です。

ならば、あなたの誤りを放置しておくわけにはいきません。あなたのほうこそ不適切です、


>「ま」さんの誤りを正すために

一言断っておきますが、私は自分の主張が「誤り」だとはまったく思っていませんよ。歴史を断片的に切り貼りした見方はよろしくない。

サンフランシスコ条約は、占領軍の主力である駐日米軍を存続し、対日支配を永続化することを企図していたため、ポツダム宣言にかわる「合法的」な枠組みを必要としたが、日本政府も、米軍の占領継続を望んでいたのは間違いのない事実だが、同時に結ばれた日米安保がどういう性格のものでどういう結果を残してきているのかはそれから60年近い年月をみればわかるだろう。

その延長線上に「年次改革要望書」なる極めて一方的な要望を押しつけてきて、唯々諾々と応じているというのが現実だろう。


ダンテさん
>だったら
>最初から記事違いの返答など
>しなければいいのですよ。

「ま」さんの誤りを正すためにコメントした、と言いませんでしたか?
誤りを放置しておくのは、誤りを容認するのと同じです。従って、その指摘は不適切です。


>まさか、わくわくさんとあろうお方が押しつけ憲法だなんていうはずはありませんよね。

100%押し付けとも言えないが、まったく押し付けでもないとも言えません。『「見る角度」から答えが異なる』とだけ申しておきますが、完全に記事違いになるので、今後は返答しませんので、一切の反論はやめてください。


だったら
最初から記事違いの返答など
しなければいいのですよ。

まさか、わくわくさんとあろうお方が
押しつけ憲法だなんていうはずはありませんよね。


返答が掲載される前に投稿したので、こうなってしまったのです(*_*)

ゴメンね。


記事違いなので、と、言っているのに
熊毛太郎さん、ダンテさん。
年次改革要望書などについて触れたのは、「ま」さんの誤りを訂正したにすぎないので、最終回答と申したはずです。

なので、このエントリーで論じるつもりはありませんので、ご承知ください。


講和条約が
日米両国で調整されたなら、
なおさら押しつけ憲法ではなかったということですね。



わくわくさん。横レスすみません。

具体性のない指摘でした。改めて書きます。

>「年次改革要望書」に至っては、もはや「圧力」ですらない。

関岡英之著「拒否できない日本」によると「年次改革要望書」とは

「アメリカが日本に外圧を加えるための新しい武器としてクリントン政権が考え出したもの」で個別産業分野としては農業、自動車、建築材料、流通、エネルギー、金融、投資、弁護士業、医療、医薬、情報通信など、分野横断的なテーマとしては規制緩和や行政改革、審議会行政、情報公開、独占禁止法と公正取引委員会、入札制度や業界慣行、そして民事訴訟制度などが網羅されまさに日本の産業、経済、行政から司法に至るまですべてを対象にさまざまな要求を列記」(P52~53)

という内容になっています。

これらのものがどの程度影響を与えたのかはこの本に譲るとして、戦後から今までのアメリカ態度を考えると、今の経済的窮地を脱するために一蓮托生であるということで、より強圧を加えてくるのは明らかだと考えます。

忠犬ポチ公は郵政民営化でそれに応えましたが、民営化後の食い合いの中にさっそくメリルリンチあたりの名前が見え隠れしています。
麻生がオバマの招待にいそいそと出かけましたが何を約束してきたのでしょうか。米軍再編でも米国の言うがまま、グァムの将校・兵隊用の立派すぎる宿舎まで日本の負担とか、釈然としないのは私一人ではなかろうと思いますよ。


カンタンにお答えします
熊毛太郎様

記事違いになる「余談」なのですから、これ以上のご質問は控えてください。
なお、以下の説明は、ネットで検索してもわかることですので、これを最終回答とさせていただきます。

サンフランシスコ平和条約に関しては、外務省に文書が残っていますので、そちらをご参照ください。

郵政民営化は、小泉純一郎氏は、約30年前から提唱していました。橋本内閣の厚相時代に、本会議の答弁で「民主党が郵政民営化法案を提出したら、というご質問ですが、私は賛成します」と、閣僚でありながら答弁しました。
大店法改正は「ライフ」の清水社長が有名ですね。旧大店法は商店街の反対が、出店を断念するほどの参入障壁になっていました。
つまり、年次改革要望書の項目は、日本人自身が「元々やりたい」とか「元々懸案事項である」ものが多く、別にアメリカがどうとか、あまり関係ありません。


わくわくさん
>この「ま」さんのコメントは、実は「不正解」。

この根拠をお示しください。


>反対派は「なんでも」「いかなる形でも」海外派遣は反対なのか、譲歩、工夫によって折り合えるところがあるのか・

ただ単に優先順位の第一は何かが違うんじゃないですかね。
とりあえず人の命を奪う行為は何であれ反対って人も世の中にはいます。そういう人と「殺してでも罪の無い人が略奪されている現状をなんとかすべき」という人(銃持った警官が人殺す事や正当防衛での殺人等と同様に許される殺人と見る人)がお互いの価値観に沿った意見ぶつけても進展しません

>自衛官がたとえば発砲して「海賊」を殺してしまった時に・・・・きちんと守ってあげられるだけのものも持たずに

これは誰の何を守るのでしょう?文脈からは判断し辛いです。さすがに海賊殺したからといってその自衛官を非難するのはお門違いですし


基礎がわかれば一致する案件
いろいろと国際法を勘違いしている方が多いが、列挙していったらキリがないので、ひとつ大きなものを言えば、「海上保安庁と海上自衛隊では違う」という点も誤り。

海上自衛隊の護衛艦が機銃を発射することと、海上保安庁の巡視船が機銃を発射することは、国際法からすれば「同じ」です。
陸上自衛隊が自動小銃で相手国の領域内に攻撃するのと、警察が拳銃で相手国の領域内に攻撃するのも、国際法からすれば「同じ」です。

つまり、行為の主体が問題なのではなく、行為そのものが問題なのであって、「やることが同じ」なら、どちらでも一緒ということになります。

ただ、正規戦闘員による攻撃ではない場合、戦時国際法では保護されませんから、むしろ、警察や海上保安庁の方が「万一のとき」は危険だということを踏まえておくのがよいでしょう。

これがわかっていれば、「護衛艦の派遣に賛成反対」について、護衛艦の性能諸元ではなく、所属や身分で問題にすることは、ナンセンスなのであって、「ソマリアの海賊対策に何をするのか」ということと、「このために、何を使うのが適切なのか」ということ、この2つしか、本来は議論するものがないことがわかります。


お玉さん、申し訳ないが、余談として、少し記事違い。(長々とするつもりはありませんので)

『押し付けだから反対であれば当然サンフランシスコ講和条約もそれに連なる日米安保も、米軍再編も、年次改革要望書も反対でなければならないはず。』

この「ま」さんのコメントは、実は「不正解」。

サンフランシスコ講和条約は「押し付け」どころか、アメリカは、敗戦国の日本と調整して原案を作成し、賠償などの対策も日米共同で「日本に不利にならないように」便宜を図ったことが、外交文書に記録されています。

「年次改革要望書」に至っては、もはや「圧力」ですらない。なぜなら、EU諸国の文書も、中身はほぼアメリカと一緒であるばかりでなく、郵政民営化を「年次改革要望書」に書いたのは、単に『長年、郵政民営化を唱えていた小泉純一郎氏が、内閣総理大臣になったから』というだけ。別にアメリカにしてみれば、別に郵政民営化など国益にならない。

それどころか、あろうことか、日本側が「外国からも要請がきているから」という「口実」を欲しいがために「お願い」しているものすらある。まぁ、これはアメリカも同じで「お互い様」なのだが。

余談でした。ごめんなさい。


日本は戦争を起こせるか?
「9条が無ければ日本は侵略戦争を行う」

こんなことを言っている人間とは、左右を問わず一致点を見出すことはできないのではないかと思います。

だいたい、世界の政治・経済・軍事状況を見て、どこに日本が『侵略』できる国があるのかと聞きたい。

一度9条を無いものとして、日本が戦争を行った場合日本がどうなるのかを考えてみて欲しい(希望的観測とか、人が死ぬとか不幸になるではなく、日本国の世界における立場や状態等)。

・侵略戦争(論外なのですが、出来ると思っている人がいるので)
・防衛戦争
・海外派兵(PKO・PKF等)
・防衛戦争と偽った侵略戦争
・アメリカの巻添え戦争
等々色々ありますが、それぞれを日本が行ったときに、日本の未来がどうなるのかを冷静に考えていった先に、9条や自衛隊の有り様が見えてくるのではないでしょうか?

しかし、戦争をするという前提での議論はできないんですよね、この国では。お玉さんやってみませんか?


右派と左派の一致点。
「道徳」と「賢明さ」と、どちらを大切だと考えるか?「イデオロギー」と「現実」と、どちらを注意深く観察するかが大切。

これは宮台真司だったと思うけれど、右派も左派も、もちろんいろいろな人がいるけれど、こういうことを常に心に持っていればお互いに罵倒しあうような議論にはならないんじゃないかなと思いますけどね;


ダイスさん
>「日本だけが特別に悪かったわけではない」、せめてこの程度の主張が米国相手に堂々とできるならば、米国の戦争に対して、何らかの影響を与える事ができるでしょう。

自分の悪行を棚に上げて相手の悪行をあれこれ言い連なっても誰が耳を傾けるのでしょうか。こういう底の浅い子供の喧嘩みたいな主張が世界に説得力を持つはずもない。まさに「耳クソ鼻クソ論」の類い。
日本がやってきた侵略戦争を反省することを「自虐的」だと非難する右翼が多いけど(あなたがそうだと断定はしないが)歴史を教訓的にみることを放棄することは未来に対する責任の放棄につながる罪。

>米国の軍事力が世界平和の重要要素との判断に立って…

世界で起こっている戦争の見方が180度違うのでいくら論争しても平行線に終わることは間違いないから突っ込まないけど、少なくとも今の戦争原因のほとんどが米国がらみでるのは否定できない事実。その陰で犠牲になっているのは誰かを考えないで米国の蛮行に加担する限り、日本がまた同じ過ちを繰り返すことは容易に想像できます。簡単に騙されことを反省しない人間がまた騙されるのだけは間違いない。


「反対」することが目的じゃないと思いますけど
ダイスさん>

>だって、憲法9条が無くとも、戦争に反対するでしょ。
>ちゃんと戦争に反対できる人間には、憲法9条は不要なんですよ。9条が無くなって困るのは、「国や自衛隊・自衛官を高みから一方的に罵倒する事を楽しみにしている」連中。

どうしてでしょうか。
平和主義者は日本の独裁者じゃありませんよ。
政府が戦争しようとしている時に、自分はそれに反対だと言ってもそれが止められますか? 無理ですよ。
どんな国でも、そんな権限を国民一人一人に与えている国はないし、戦争をするにあたって国民投票をしてからなんて国もまあないでしょう。

憲法9条が有効と考えているほとんどの人は、「戦争に反対する」のが目的ではなく、「日本に侵略戦争をさせない」ことを目的としていると思いますよ。少なくとも私はそうです。

憲法9条がなかったら、いくら自分が声を張り上げたところで、政府がそういう戦争をしようとした時に止めることなどできはしませんよ。

国民が、政府が国民の人権を侵害しようとしたら「ちゃんと反対」できるなら、憲法の基本的人権にかかわる条文が無くても大丈夫とダイスさんは考えますか?
その考え方を他の話にも広げて行けば、結局政府が勝手なことをしようとしたら「反対できる人間」ばかりなら、憲法なんて不要ということになる。
でも実際には、憲法がなかったら、国民が反対の声を上げたって、次の選挙まで政府にそれを止めさせる手段は何も無いでしょ。

私はそういう国の在り方が国民を幸せにするとは、とても思えないのですが。


>「米国の戦争に巻き込まれたいための9条」は、嘘だと判断しています。

すみません、これは本当におっしゃりたいことがわかりません。
巻き込まれたいなら9条なんて邪魔以外のなにものでもないのですから、「嘘」なのは当然のことです。そもそも誰がこのようなことを言っているのでしょうか。


>護憲では、せいぜい「えー、憲法9条作ったのはあんたらじゃん」と子供の言い訳をするのが関の山。

子供の言い訳どころか、それが唯一の手段だと思いますけどね。
仮に憲法を改めたら、どうやってアメリカの行動に影響を与えられるというのでしょう。私はその「子供の言い訳」すら失われる結果にしかならない、即ち、あとはアメリカの言うがままの道しか残されていないと考えています。

では。




ダイスさん
そうでしたか。

>ちゃんと戦争に反対できる人間には、憲法9条は不要なんですよ。

逆説的に言えば、ちゃんと戦争に反対できない人には、憲法9条が必要ということでしょうか。
確かにそうかも知れません。


米国様は変えてほしそうですね。
>「悪の日本の勝利した米国は正義」を懸命に応援しているのが護憲派

米国が作った憲法を変えない事が「懸命に応援している」という理論の根拠ですか?
誰が作ったものであろうと、60年以上変えてないという事は国民が追認している証左ですよね。


>まさん
 私は、憲法成立の経緯などは問題にしていません。

 「悪い日本に勝利した米国は正義」という価値観を応援している事を問題視しているのです。
 ここで言う「応援している」とは、「悪い日本」という宣伝に加担する事です。

 「日本だけが特別に悪かったわけではない」、せめてこの程度の主張が米国相手に堂々とできるならば、米国の戦争に対して、何らかの影響を与える事ができるでしょう。
 例えば、
米「I国は、悪いやつだ、やっつけろ!」
日「昔、そう言って日本を焼け野原にしたけど、同盟国になった日本を見てどうよ。本当に悪いやつだったと思う? 何か誤解があるのかも知れないから、あんまり無茶しない方が良いんじゃない。」
こういうストーリーはいかが?
 実際の戦争判断はもっと複雑だろうけれど、米国の世論に訴えるならば、こういうレベルのほうが理解され易いでしょ。
 でも、こういう方法をとろうとするなら、「悪い日本」の宣伝に加担する勢力の存在は、はなはだ都合が悪い(戦争したい連中が「日本が悪かったと日本人自身が認めている」と反論してくる)。あと、同盟国としえの義務を果たしていると米国政府じゃなくて米国民に知らしめる宣伝も必要(その意味でも、PKOとか海賊対策とかには、積極的に「軍」を出すべき、そして大々的に宣伝すべし)。

 米国の軍事力が世界平和の重要要素との判断に立って、「では、いかにして米国の行動に影響を与えるか」と考えたとき、護憲では、せいぜい「えー、憲法9条作ったのはあんたらじゃん」と子供の言い訳をするのが関の山。


>キンピーさん
 すみません。
 明確にキンピーさん宛ては、前半のみ。

 後半は、まぁ護憲&反米を売りにしている人間へのボヤキ。
 でも、ボヤキにしかならないけれど、本気で護憲派が米国の戦争を応援していると考えています。私が、絶対に「現在の護憲派」と協調できない理由ですね。


引きずり込まれたいのはだ~れだ
>「米国によって戦争に引きずり込まれる可能性がある」
>「米国の戦争に巻き込まれたいための9条」

って意味が違うんだよね。
「引きずり込まれる可能性」はベトナム戦争における韓国と日本の対応を見ればよくわかる。が、米国左派のノーム・チョムスキーに言わせるとあまり意味がないと手厳しい。

>「悪の日本に勝利した米国は正義」を懸命に応援しているのが護憲派ですから。

戦後一時期、共産党の徳田球一あたりがそんなことを言ってたなぁ。でも今じゃ共産党も言っていないじゃないのか。問題は憲法押し付け論だと思うが、憲法の内容を自分の頭で考えることが肝要なのであって、押し付けだから反対であれば当然サンフランシスコ講和条約もそれに連なる日米安保も、米軍再編も、年次改革要望書も反対でなければならないはず。そういう矛盾に言及する改憲派はあまり見かけないですね。


きわめて簡単
>派兵反対派の方はどうしたら説得できるんだろう?って悩まれてましたが・・・

代案を出せば良いだけの話。
護衛艦派遣以外で現実的なプランを日程込みで出せば誰もが納得する。
・・・誰もそのような、例えば海上保安庁派遣を含む等の某かのプランを出せてないのが現実です。

検索された方は知っていると思いますが、昨年の末に日本はイエメンへ巡視船の供与(当然沿岸系部隊育成の更なる支援も)を行う旨を発表していますし、既に昨年くらいからソマリア沖周辺国の沿岸警備隊育成への支援も行っています。

既に政府がいくつも手を打っているのに対し、護衛艦派遣反対の人はそれが無かったかのように政府を罵倒し、最初は海自派遣反対とか言っておいて、後になって取ってつけたように「海自の人の身の安全が」など言い出す人も居る始末。

現場の人から見れは「自分達の政治思想の為に他人の命を弄ぶ、さすが人殺しの左翼、俺たちが明日殺されるとしてもなんとも思って無いんだろう。」とでも感じる事でしょう。
今回は国連、IMO、国際社会が、誤解しようが無い形で対応を発表及び実施していると言う厳然たる現実があるため、その思いは殊更でしょう。

海自を送るにしても、無駄を承知で海外派兵にならないプランも存在しますし、海保派遣も現地活動開始は多少遅れるプランですが私程度の阿呆でも考え付くのに、日夜人権だ平和だといっている人達がまともな案が出せないならお話になりません。

あと、海保派遣を考える時に絶対に犯してならないタブーが「日本での海保の仕事を丸ごと海自に肩代わりさせる」と言うプラン。
これは九条を守る軍隊反対で平和活動する人なら一発で気づく、自衛隊の海外派遣以上のやっちゃいけない危険行為。
日本での海賊対応や不審船対応に特化するなら抜け道があるので、その辺や巡視船艇の特性をうまく考えて海保を引き抜けば手は思いつくのですけどね。


ダイスさん

後段がほとんど理解不能なのですが、ダイスさんの判断に私の真意を従わせよと仰せですか?


いつもはROM
 ROM専門ですが、ランキング下がってますね。でも、まったりと更新で良いと思います。
 僕は、どっちかというち右側なんですが、お玉さんのように、きちんとコメント欄があって、そのコメントに対応されている姿は、左派にも話せる人がいるんだなと思います。
中道左派って感じなんでしょうか。
がんばってくださいね。


平和主義者には9条は不要
>キンピーさん
 キンピーさんには、憲法9条は不要ですね。
 だって、憲法9条が無くとも、戦争に反対するでしょ。
 ちゃんと戦争に反対できる人間には、憲法9条は不要なんですよ。9条が無くなって困るのは、「国や自衛隊・自衛官を高みから一方的に罵倒する事を楽しみにしている」連中。

 「米国の戦争に巻き込まれたいための9条」は、嘘だと判断しています。 米国の戦争正当化の根底理論である「悪の日本に勝利した米国は正義」を懸命に応援しているのが護憲派ですから。
 護憲派の大東亜戦争観の大勢が、当時の日本の事情を認めるものにでも変わる事があれば、判断を変更するかもしれませんが、現状では、護憲派こそ「米国の戦争を最も応援している勢力」です。

 こう判断される状況があることに、護憲派自身から、何らかの批判は出ないのかなぁ?


欧米は武力で解決できると思っているふしがある。
まず、大問題は、自衛隊員が人殺しをする危険があるって事です。海賊を殺してしまうという危険もあるけど、海賊でない漁民を誤って撃ち殺してしまう可能性もあるってことです。こういうことさえ、国会で少しも議論されていないことに唖然としますね。もう、自衛隊は出て行ってしまったので、何も無い様に、無事に帰ってくることを願うのみです。それでいつ海賊問題は解決するのでしょう?自衛隊はいつ帰って来れるのでしょう?見通しも無いままに派遣して、どうするつもりなんでしょうか?税金はいくらかかるのでしょう?
いや、それにしても、海賊問題はもう20年も続いているそうです。その間に、世界は何もできなかったようです。最初、漁師だった人が海賊の真似事をし始めて、今では、本物の海賊になり、脅し取った身代金でカラシニコフやら、ロケットランチャーやらを買い込んで、また海賊をやるという風に商売になってきた。今では海賊は1000人ぐらいになっていると聞きました。たとえば、これから先、解決を急ぐあまり、米軍などがソマリア本土を爆撃することは無いのでしょうか?あるいは、今は海賊ですが、欧米に反感を持ついろいろな部族が海賊を応援するなどということは無いのでしょうか?
ここ10年、世界はソマリアの和平に失敗しています。それは米国などが武力に頼りすぎたためなのではと私は感じています。私の心配が杞憂で終わることを願っています。


>「米国によって戦争に引きずり込まれる可能性がある」

9条の会の方は「可能性」と控え目に仰ってますが、私も今のところ9条を守らねばと思うのはこの部分と「戦争しない」という理念は正しいと考えるからです。
しかし「武器を持たない」「日本は海外に派兵しない」とこが日本の平和・世界の平和(紛争が無くなる)につながるというものは結果と原因を転倒させた幻想です。
こんな幻想が主張できるのは、日米安保条約(従属的な中身)によって、実質属国(保護国・付庸国)であるからに他なりません。
だからといって仮に日米安保条約が無くなって、日本が軍隊を持つ必要があったとしても、私はこの非戦の理念を変えようとする動きに反対します。
今後の問題として「9条を守る(9条の会は別として)」という運動をもっと実態のある運動にしていくには、まずは日本の外交が紛争の火種となるような、人権侵害や貧富の問題や民主主義の発展にどのように関与し役立っているのか点検し、必要であれば政府に方針転換を迫ることも大事なのではないでしょうか。
できれば政党単位ではなく、さまざまなネットワークを駆使した形で。

ソマリアについてはアメリカの戦争に組み込まれるというより、単純に他に専門職の組織があるからです。


いいですねえ~☆



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アムネスティ日本支部より以下の案内をいただきましたので、ここに転載いたします。転送・転載歓迎とのことです。 <転送・転載歓迎> ***...
09年3月24日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ブログを始めて二年半ほどになります。 併し、歳と共に継続することに体力がついてこず、診察を受ける診療科目も一つ二つと増えて老いを痛感するようになりました。 明日から10日ほど体力が回復するまでブログ
おお! すごい!と思わずうなった(?)、日刊ベリタに載る記事「ワシントンを買い占めていた金融業界 なんと50億ドル、3000人のロビイスト...
09年3月23日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・地方選{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・血液からたどる人類の歩み{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・二つの空港{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループの...
                        ↑ 我が家の、もう1匹の猫。  布団を上げたこたつの上のムートンでぐっすり眠った翌朝...
『WHOなど世界が批判』 世界のエイズウイルス(HIV)感染者の67%がアフリカ大陸に集中し、特にサハラ以南のアフリカは、世界で最もエイズに苦しんでいる地域で、07年の世界全体の新たな感染者の35%、エイズに起因する死者数の38%が、アフリカ南部に集中してい...
日本はこのようなことに加担しようとしている。 中東での日本の評判はまた下がりそうです。 海賊対策でイエメン漁民が悲鳴=海軍から威嚇射撃も-サウジ紙 時事通信2009年3月22日
 goo の「ニュース畑」で「死んでも生き返ると信じている子供がいる」なんて馬鹿げた話が出てたけど,あれは明らかに悪質のマンガやテレビや映画の影響ですよ.私がホラーもののマンガを毛嫌いするのはそういう所でしてね.生き物が一度死んだら,よみがえるはずがない....
そのうち、現地の人から反感を持たれて、総スカンを食うのではないだろうか。 軍事力は問題を複雑にする、税金を無駄にするだけだね。 ○                  ○                   ○ 海賊対策でイエメン漁民が悲鳴=海軍から...
09年3月22日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・日米失言合戦{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞記事より{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアル
                 ↑  養鶏所直営、卵かけご飯専門食堂の定食 ¥300也。  朝の9時からお客が詰めかけて疲れたぁ...
 もう使い続けて十年選手の,エプソンの GT-7000U がついにお亡くなりになりました(泣)  ということで,今日予定していた少女マンガの評論はまた後日…….(^_^;)  明日,礼拝のあとにでも,デオデオかヤマダ電機にでも寄って,1万円以下の決算セール品があったら買...
3月14日、広島呉港からソマリア沖に自衛隊が「派兵」されて行きました。日本の某首相はこのために首相になったんだとでも言うように嬉々として「兵隊を送る言葉」を述べ、家族は「ただ、ただ無事に帰ってきて欲しい」と見送ります。首相の方は「海行かば」を歌いたいかの...
09年3月21日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞よもやま噺{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・国際問題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・テレビ番組・政治物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループ...
ミサイル、早急に対処方針=北朝鮮発射なら迎撃含め検討-浜田防衛相   浜田靖一防衛相は19日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルとみられる「人工衛星」を発射した場合の対応について、「各省庁からの意見も含めて官房長官の下で整理をした上で決める。 そう時間をかけよう
 二人の子供の受験が一段落したらしく,柊あおいさんが「you」というレディースコミックへ帰って来ました.本当はこの6号,「3月15日号」なので既に市場にはないのですけど,お許しを.(^_^;)いま出てるのは7号です  昔,日本テレビで「ロンパールーム」という幼...
09年3月20日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・かけ声ばかりで{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・公共事業とは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・テレビ政治資金物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループ...
社内A氏が、AIGについて書け、AIGについて書けと何度も、言うので、よっぽどボーナスが腹に据えかねているのだと思うのですが、私は、あまり感想はありません。怒りのエントリが一般的なので、異質なエントリをRSS登録先から二つリンクしておきます。 「とんだ茶番劇、...
09年3月19日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・春闘・アレルギー、老人ホーム{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・政治の細切れと地方の知事さん{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属
定額給付金かたり詐欺 全国初、大阪で高齢女性が被害(朝日新聞) - goo ニュースについて.  もともと「定額給付金」というのは財源がはっきりしていない,つまり今年度予算が成立していない状態で見切り発車してしまった2兆円ほどの政治的なばらまき政策である.つま
直前になりますが,今度の日曜,福岡で平和と貧困問題をテーマに,二つの集会が開かれます.時間が重なりますので,ぜひどちらかご参加を. 応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 終わらせようイラク占領! 自衛隊の海外派兵とパトリオット・ミサイル配備反対福岡県集会 (続...
ソマリア沖自衛隊派遣に強く抗議します。 ソマリア沖自衛隊派遣に反対します 2009年02月06日 ● ソマリア人の怒りと悲しみ ・日本の評判 2007年10月23日 ・日本の国際的な軍事貢献の少なさを心配している人へ 2008年10月22日
ご来訪 深く感謝いたします。 そして 「晴天とら日和」のとら様 いつもご紹介ありがとうございます。 さて 冒頭から訂正とおわびを。 昨日の ボケじゃあないぞ!今そこにある危篤?・・・自民のこと のエントリィで 衆院で五輪誘致決議が通ったと 読売の記事を...
09年3月18日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞の見出しと銭湯検定問題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・民主と自民{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・真の指導者とは{/arrow_r/}(...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。