2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
議論だけでなく対話が大事


「NHK 戦争と平和の150年」を見ました。
後半お玉の思いに近い話がたくさんあったよ・・


韓国の人が、韓国国内で戦争被害国としての展示だけでなく、韓国がベトナムでたくさんの人々を殺してきた事実ともきちんと向き合うために、戦争記念館にいっしょに展示すべきだと運動をしている人がいました。

なぜ自分たちが受けた恐怖を、人が受けている恐怖に重ね合わせることができないのか。たくさん展示されている、自分たちが爆撃を受けた恐怖を見ながら、なぜガザ地区で今爆撃を受けている人たちにその恐怖を重ねられないのか・・

中国でもアメリカでも韓国でも・・そして日本でも・・・自国が悲惨な目にあったという記録は記念館となって残るけれど、自分たちが人を傷つけた事実には目をつぶる・・お玉も思ってた、被害国としての展示と加害国としての展示は同じ重さで同じ場所に展示すべきじゃないのかって・・

基本は人を信じることだとお玉は思ってる。
ここはとってもお花畑・・
人を信じることでつらくなることもあるけれど、信じているから、
それはお玉と同じ思考の人だけでなく、反対の意見を持つ人のことも・・信じてみたいと思う。

世界中にはいろんな脅威や不安はあるし、騙されてつらい目にあってる国や地域ももちろんあるよね。たとえばチベットとか、・・そうだよね。


あのね、信じることと同時に人は時として信じられないこともやるんだよってきちんと伝えたい。それは少し勇気がいるけど、信じられない部分を認めつつ、でも最後はみな平和を願っているんだと信じたい。

だから「議論」だけではなく「対話」が大事だと、今お玉は強烈に感じている。 

otamaいつもいつも、お玉を応援してくれてありがとう!!そしてポチしてくれて、ありがとう! ↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ                          

 



 
Secret
(非公開コメント受付中)

>「交渉」とは「譲歩・妥協」なしには決してまとまらないものだと思いますが、北朝鮮との最大懸案である拉致にしても核にしても、交渉の余地なんてあるんでしょうか?

他にどうしろと。交渉打ち切って軍事侵攻でもしますか?彼らを交渉相手として認知しアメとムチでもって問題の解決を目指すという以外にどのような方策があるというのですか。交渉によらず問題を解決するというその魔法の杖を一振りしてみてくださいな。

>例えば「100人拉致したかも知れないけど、20人ということで手を打とう」というようにお互いが少しずつ歩み寄って譲歩・妥協するんでしょうか? 残りの拉致被害者は見捨てて見殺しにするんですか?

発想が貧困ですね。制裁のムチを発動するか、援助のアメを与えるか取り上げるか、そういうのも交渉でしょう?圧力をかけろという人々がよく取り上げる経済制裁もあくまで交渉のカードにすぎないし。

あと一般論として外交というのは「いかにうまく妥協するか」という世界ではありませんか?日本は要求をストレートで呑ませる強力なカードを持っているんですか?

>戦争も辞さない覚悟で圧力をどんどんエスカレートさせるしかなく、そして最後通告をいつ突きつけるか、という決断が残っているだけだと思います。

戦争も辞さない!?私はまっぴらごめんですよ。で、最後通告ってことは侵攻(笑)とか核攻撃(笑)とかするんですか?

>安倍元首相が「拉致には絶対妥協の余地はない」と言いましたが、それだと交渉決裂は目に見えてます。

ああ、要するに「妥協しない俺カコイイ」というロマンに浸れれば拉致被害者なぞかえってこなくてもいいと。冷たいなあ。 

>なのに田中菌は、そんな良いこと言いましたか?

少なくともあなたにはいい薬では。

それと「菌」は誤字で正確には「均」で読みは「ひとし」です。


Venomさんへ
Venomさん
皆様が真剣に「対話」をされているところで、不謹慎かもしれませんが、田中均さんの言葉を出したので少し書かせていただきます。北朝鮮のミサイル実験はそのタイミングに、なぜ、今?という疑問を持つことがあります。これは、マイナーですが、左右にかかわらず、ひっかりを持つかたはいます。
(例えば、つげまさじブログ ttp://tsuge-m.jugem.jp/?day=20090217 頭h抜いています)こう考え出すと、誰とどう交渉するのが妥当なのかもわからなくなってきてしまいます。
田中均氏が三極委員会に参加していると書きましたが、三極委員会は、デイビッド・ロックフェラー氏がオランダ王室にビルダーバーグ会議への日本の参加を打診し断られたため、1973年にデイビッド・ロックフェラー氏、ズビグネフ・ブレジンスキー氏らの働きにより発足しました(日本経済新聞 2008年1月21日記事)。三極委員会出席者は、田中直毅氏(郵政民営化委員長、金融審会長)緒方貞子氏(首相特使としてアフガニスタン戦略についてホルブルック特使と会談)など現在も重要な仕事をしているように見受けられます。田中均氏は弱腰外交というより、もっとコアな部分に関わっているように思えてしまうのです。


お玉さん
>韓国がベトナムでたくさんの人々を殺してきた事実ともきちんと向き合うために、戦争記念館にいっしょに展示すべきだと運動をしている人

そういう人たちは、理想主義者なんかじゃないでしょうね。私も確認してませんが、韓国軍や韓国内の保守派を攻撃したい、韓国内の左派や北朝鮮のシンパじゃないでしょうか?そんな連中の言うことを真に受けるなんて、甘すぎる。まあ、日本人として韓国内のそういう議論が面白いのは事実ですが。

このわたさん
>“交渉”か。なんか「対話」っていうと弱腰イメージになってしまうし、「対話」か「圧力」かの択一をごり押しする人らにも有効ですね。

えっ、それが「いいこと」なんですか? 「交渉」とは「譲歩・妥協」なしには決してまとまらないものだと思いますが、北朝鮮との最大懸案である拉致にしても核にしても、交渉の余地なんてあるんでしょうか?

例えば「100人拉致したかも知れないけど、20人ということで手を打とう」というようにお互いが少しずつ歩み寄って譲歩・妥協するんでしょうか? 残りの拉致被害者は見捨てて見殺しにするんですか?

安倍元首相が「拉致には絶対妥協の余地はない」と言いましたが、それだと交渉決裂は目に見えてます。 被害者を一人も見捨てないという立場に立つ以上、「被害者を返さなきゃ制裁するぞ」と、戦争も辞さない覚悟で圧力をどんどんエスカレートさせるしかなく、そして最後通告をいつ突きつけるか、という決断が残っているだけだと思います。

なのに田中菌は、そんな良いこと言いましたか?


船長救出
【[米貨物船の海賊事件、特殊部隊が人質救出…オバマ大統領命令]

米国防総省は12日、ソマリア沖で米貨物船「マースク・アラバマ号」が海賊に襲撃され、米国人のリチャード・フィリップス船長(53)が人質となった事件で、同船長を無事救出したと発表した。
米海軍特殊部隊が、海賊と船長が乗っていた救命ボートを急襲し、海賊4人のうち3人を殺害、1人を拘束した。・・・・
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090413-OYT1T00141.htm】。

私の意見は岡部いさく氏に似ています(この人は好きではありませんが)

【第22回「ソマリア沖海賊は退治できるか」(2009/04/10)
<各国海軍の連携プレーには不安いっぱい>
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/okabe.cfm?i=20090406ci000ci&p=1


コギトさん
失礼とは存じますが、以前貴方が
「性能のよくない北朝鮮のミサイルが失敗して日本に落ちてきた時・政府は
 どう対応するのかな?」
において発言された『日本は「先制攻撃するぞ」って年がら年中言ってるよね』
について何時の発言か、誰の発言かソースを教えて欲しいとお願いしたのですが
聞かせてくださらなかったのでもう一度聞きます
当然「年がら年中」という表現をされたからには一人や二人、
一度や二度ではないんですよね?
しつこいと思われるでしょうがこれは私としても重大な事です。
これが本当であれば私の思考と思想の立ち位置も大きく揺らぎます。
故にお聞きします。
『日本は「先制攻撃するぞ」って年がら年中言ってるよね』
誰が何時どのような状況で言ったんですか?
是非に聞かせて頂きたい


コギトエルゴスムさん
>前は金さえ出せばロンドンでエージェントが差配してくれ人命も保証されていたのに、今では被害者も加害者も殺し殺されるという命の危機に瀕しています。

これは、「身代金目的の襲撃を、このまま継続せよ」と言っているに等しい。
特効薬がない以上、硬軟合せて「海賊を行わないようにする」ことと「海賊の襲撃に対処する」ことを同時並行で行う難しさはありますが、「軍事か非軍事か」という二者択一の話は短絡的すぎます。

>日本の海自護衛艦は一日も早く帰国して海保にバトンタッチしたほうが良いみたいですね。

試行錯誤の段階で、あまり鬼の首をとったようなことを述べるのが、自衛隊派遣反対論の欠点です。
ちなみに、国際法的には、自衛隊か海上保安庁かは問題になりません。問題になるのは、任務と行動です。


伊勢崎さんの敗北宣言に関して
伊勢崎さん>『極端なことを言うと、私たちの国に原油が入ってこなくなり、電気が止まろうが、それでも私たちは、軍事行動で国益を求めない、そう誓ったはずです。』 と、 KYさん([2009/04/08 13:28])が引用してらっしゃいましたが、私も以前に「ソマリアへ自衛隊 めちゃくちゃ違憲」(http://www.youtube.com/watch?v=siOuDEmLN_s&feature=related)の中で、伊勢崎さんが「石油が手に入らなくても」と、おっしゃっているのを見てました。

お玉サイトでの「ソマリアの地図」(http://potthi.blog107.fc2.com/blog-category-21.html#entry570)で、私が書いた[2009/01/29 17:14] ようにソマリアと原油は決定的関係は無いのに、なぜ伊勢崎さんともあろう人が誤解しているのか疑問です(松竹さんにでも聞こうかな)。

そして、9条の投稿欄での伊勢崎さんは「小泉さんが現れて、アフガニスタンとイラクの対テロ戦争というあやふやな「世界益」への派遣になったのですが、その声は逆に小さくなっていきました。そして、今回のソマリア沖派遣、もろ「国益」です。戦後最大の違憲派兵に対して、反対意見は最小。「自分の国さえ良ければ」という「一国平和主義」に護憲派自身が陥ってしまっているのではないでしょうか」と書いてます。

この小泉参戦の時も、護憲派は頑張って反対していました。
教育基本法改悪の時も多くの人が国会前に連日、つめかけていました。
「一国平和主義」という言葉は護憲派には一番遠い言葉です。伊勢崎さんは護憲派を誤解しています。反対意見が最小ではなく、反対意見を伝えるメディア、発表する場が日本国内に完全に無くなってしまったということなのです。

そんな訳?で、結局、伊勢崎さんや護憲派が心配したとおり、ソマリアに各国の軍艦が集結しても海賊事件は減らず、却ってソマリアの海賊がアデン湾から追い出される形となり、被害海域がいたずらに広がって収集が付かなくなってきたように思えます。
前は金さえ出せばロンドンでエージェントが差配してくれ人命も保証されていたのに、今では被害者も加害者も殺し殺されるという命の危機に瀕しています。
マースク・アラバマ号事件(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090410-00000120-san-int)も、急行した米駆逐艦の前には『船長を人質にした海賊4人の乗る救命ボート』、この非対称性では軍艦はうかつに手を出せず、かといって「身代金での解決」では米国の面子が立たないので、解決に苦慮する状況なっています。( 船長のその後→[人質の米コンテナ船船長、脱出に失敗 ソマリア沖] http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090411-00000518-san-int

日本の海自護衛艦は一日も早く帰国して海保にバトンタッチしたほうが良いみたいですね。(私は海保も海自も派遣する必要なしと考えていますが)。
 
大体、出て行ってから法律を作ること自体がオカシイのに、メディアは一切批判しませんでした。


すれ違っていてもね
>「共に生きる」ことができたとしても、やはり何も出来ないこともあるのです。つらいことですが。

KYさんとこういう会話を続けることでなにかが進展することはないかも知れないですね。共に生きるってどんな関係なんでしょうね。気持ちや生活を同じくすることか。それとも、離れていても愛情を交わすことか。何もできないとは?相手を幸せにすることができない、不幸を眺めながら手をこまねくしかない、ということかな。
 知ることで、人は心を動かされますよね。それが、人を行動へと駆り立てる原動力にもなります。あるいは、気分を沈ませ意欲を失わせる原因になるかも知れない。ですが、前にも言っています。なにをするかを決めていくのは自分自身です。自分が決めなければ何も始まりません。動きたくない、じっと静かなところにいたい、そう決めるのも自分です。それで満足なら、そうすればいい。私は、そういう人のことを否定的に見ることはありません。ただ、決めるのはあなたですよということははっきりさせたい。自分が不満であるならば、自分から行動をして欲しい。その結果として成果を得ても、失望を得ても、それはその人の経験ですし、そこから更に先に向かうのもその人の人生です。身近にいる人ならば、私はそれを見ています。たまには声を掛けます。なにかできることがあればするかも知れません。相手に大きな助けを提供できなくとも、気にかけていることはそれだけで関係性を含んでいます。私はそれを、人の素朴な共存の形として認めています。それで、ある意味充分ではありませんか?


対話がいるのかもしれませんよね。
「天使の赤紙」をお勧めします。被害者でもあり加害者でもあり・・・・。いったい何が加害者・被害者なのか・・・。狂気とは?

唯一いえるのはこのような悲惨な人生をみんなに歩んで欲しくないとう思いではないかと思えます。

さあその展示からどのような印象が人々に伝わるのか興味です。


衆愚代表が読んでほしい本
対話の可能性について希望をもたれているお玉さまに、このような本は如何でしょうか?

http://d.hatena.ne.jp/gordias/20070623/1182610967

P.S
マガジン9条への読者投稿、ひさびさにボツ食らっちまいました…OTZ
しかしあの内容でしたら、ブチきれられることは間違いなしだったのでしょう、あの御仁には…。
そういう御仁がいるからこそ、対話は難しい(苦笑)。


知ること
>何もできないなんてことはない

人が何か出来ること以上に知ることができると思います。当然知っていながら何もできないこともあるでしょう。「共に生きる」ことができるのは、限られた人でしかありません。
そして、「共に生きる」ことができたとしても、やはり何も出来ないこともあるのです。つらいことですが。


>知ることは「成長するに欠かせないこと」なのです

成長とは変化のうち、プラスの成分のことだと思います。しかし知ることで起こることにはプラスもあればマイナスもある、知らなければ成長しないかもしれないけれど、悪い方向にも変化しないかもしれません。

「よいこと」をするのは難しい、同じように「よい知識」を選び出すのもまた難しい。そして一旦ついてしまったバイアスはなかなか取ることが出来ない。ネットの検索のようなもので、自分の意見に合うものだけをつまんで自説を固着することも可能なのです。

良い知識を選んで教えるのは昔は教師や親の役目でした。今はどうなのでしょう? ネットという魔法の杖を得て人は「賢く」なったのでしょうか?


KYさんへ
>何もできないことを知って、それでも知って良かったと言えるのでしょうか?

何もできないと誰が決めるのだろうか。
それは、傲慢さの裏返しです。人と人が出会ってともに生きようとするとき、何もできないなんてことはないんです。知ることは始まりであって、それを起点にしなければ永遠に他者との接点はない。
>何かすべき、という善意につけこんで
何をすべきかを決めるのは自分自身ですよね。その判断力が不十分なうちは、失敗もするし後悔もあるでしょう。ですが、その経験なしで一人前の分別を持った大人にはなれないのではないですか?他者への善意がそのままで実りを結ぶことは、世の中でそうはないでしょう。「よいことをするのは難しい」のです。それは、他者があくまでも自分とは違う存在だからですね。自分が好きなものを提供しても、相手が満足するとは限らない。その面倒な他者たちと共存する知恵が、私たちには必要です。だから、知ることは「よいこと」なのではなく「成長するに欠かせないこと」なのですよ。


>田中均さん

いいこという人だなあ。

“交渉”か。なんか「対話」っていうと弱腰イメージになってしまうし、「対話」か「圧力」かの択一をごり押しする人らにも有効ですね。


敗北?
>コウト様

世界を見て聞いて知ることが本当に良いことなのか、私にはわかりません。
知って、そして何もできないことを知って、それでも知って良かったと言えるのでしょうか?

何かできる、何かすべき、という善意につけこんで怪しげなものを売りつける人たちを沢山見てきた私の戯言です。


ところでお玉さんおすすめの伊勢崎賢治さんが「敗北宣言」とのこと。
http://www.magazine9.jp/other/isezaki/

『私は護憲派として「敗北宣言」をしようと考えています。つまり、9条は日本人にもったいない。ただそれだけのことだったのだと。』

まあ、

『極端なことを言うと、私たちの国に原油が入ってこなくなり、電気が止まろうが、それでも私たちは、軍事行動で国益を求めない、そう誓ったはずです。』

・・・ってことだから、仕方ないか。
「憲法」という理想に殉じて死ぬほど高潔ではなかった、ということなんだろうから。
でもそんなことするのは本当に「良いこと」なんだろうか?

さてはて


mewさんとKYさん
右上方にありますがな。
「あなたに食べさせたい・・・」
http://kokoro6.exblog.jp/
立派な写真が多くて重いけど・・・^^;

さてKYさん。
思うところはたくさんありますが、ここは抑えて2、3の点について述べます。
>かえってあまり関わりを持たず閉鎖的な国家であるからこそ、他民族への憎悪や差別が少なくて済んでいるのではないかと思います。

それはそうですね。ですが、そのままでよいかどうかは再考の余地があると思います。こう言うと何ですが、箱入り娘のお嬢様は外の世界に疎いがゆえに、自分のテリトリーが守られるうちはおおらかでいらっしゃいます。果たして私たちがそれと同じであると仮定するとき、外界を本当の意味で認めないまま一生を終えるのが最も望ましいと考えますか?
 また、開かれた社会というものが、障壁も格差もない社会であるというのも少し疑問です。どんな社会でも問題は生じるし、それは外部に対して好意的か否かで決まるわけではないはずです。KYさんのおっしゃることは一種の「未知のものへの恐れ」なのではないかと感じます。相手は人間なのだし、美化することも軽蔑することもなく長所短所併せ持つものとして受け入れればよいのではないですか?それが、社会に生きる人間の責務ではないでしょか。社会を閉鎖系として捉える必要はないと思っています。


すみませんが・・・
こんにちは~。

mewも、今回のNHKの特集は、いくつものシーンで、自分の心を再確認させられるところがありました。
<思わず、けんぽうのおはなしの9条の部分も読み返してしまったですぅ。>

ところで、PCを変えて、例のお料理のブログのURLが
わからなくなってしまったです。
もう一度、教えて頂くか、リンクを作って下さいませ~。m(__)m


(補足)ポロっと同意とだけ書いてしまったので。お玉さんのエントリを見て、私は某国では無く、ブロガーどうしの関係を思い浮かべ、思わず同意とコメントしました。
某国に対しては、サンデープロジェクトで元外務審議官の田中均さんが、「対話」ではなく「交渉」をしているのだと話してましたね。(田中均さんって去年、一昨年の三極委員会に参加しているみたいですね。今年も参加するのかなあ。)


対話の不可能性
日本は外の世界との関わりを避け、無用な軋轢は避けて生きてきた。それが戦後日本のありようならば、そのままそれを続けていって何が悪いのでしょう?

そもそも外の世界と格差がある、軋轢がある、それが普通なのであって、「開かれた」世界、何も障壁も格差も無い国家などというものは存在しません。

社会というのは、その社会の構成員とそうでないものを区別して扱うことからまず始まるのです。日本人は人工的な領域を切り取った自覚がないから、「開かれた国家」のような幻想にかぶれやすいのですが、そんなものはありません。

かえってあまり関わりを持たず閉鎖的な国家であるからこそ、他民族への憎悪や差別が少なくて済んでいるのではないかと思います。それが証拠に情報化社会になり、韓国中国の情報が増えるにつれてかの国を嫌う層が増えているではありませんか。

「好き」という感情は簡単に「嫌い」に裏返るのです。どちらかだけ、良い感情だけということはあり得ません。

関わり合いにならなければ、そういう憎悪も持たなくて済む。閉じているからこそ、公平で中立で居られるのです。

そもそも対話するには、互いの実力を認め、互いに脅迫も懐柔もできないという前提が必要です。
日本の防衛力は「対話の前提」になるほど十分に整備されているでしょうか?
そうでないならこれまで通り、何も無かったかのように閉じているしかないのではないでしょうか?


たいわ(ん)
対話ですかぃ。
いつもながら疲れてるモードなので乱暴に書きます、ごめんなさいよ。
遠くの人の哀しみを想像できないってのは、やっぱり人は身近な関係しか大事にできないからじゃないかな?恋人だって会えなければ醒めてきちゃうこともあるでしょ。親しさってのは、距離も関係するんですよ。それは、精神的な近さでも同じですよね。同じような苦しみを負った人間なら、言葉が違えども共感できる、とかあると思います。つまり何が言いたいかって言うと、遠くの人を遠いままにしておく手はないということだったり。滅茶苦茶言うと、北朝鮮の人を日本が難民として受け入れたら、状況は変わりますよね。すぐそばにやってくるんですよ。気にせざるを得なくなるでしょ。
逆に言えば、日本の人たちはもっと外に出て行かなきゃダメなんです。内にこもっているから外の世界と打ち解けられないし。出ていかなきゃ、居心地いいからでしょうね。それが問題だと思いますよ。さて、まだ寝られないじゃん。泣けてくるね。


とりあえず
ミサイル発射されたそうです。
特に何事もなく。
とりあえず、一安心です。よかった。よかった。


民放にもNHKのように番組をつくって欲しいですね


同意。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日は、ほとんどの新聞が1面で『北朝鮮 6ヵ国協議離脱を表明』を報じていた(と思う。全部の新聞読んだ訳ではないから)。  ニュース...
マイバッグの死角 万引対策に苦慮 (河北新報) - goo ニュースについて.  「森田健作から「飛翔体」が発射された模様です」 [parts:eNozsDJkhAMmJjMTAyZTA1NGJgszSyPTNEuL0qrQNDM/dz9vEwO1jBzbrES1tGJbQ7Wi1BxbA7Xk/Jz8IkNbg4rkZCNTUyjfCMhPtTBPtExjggNDIyqZCHUfExOy2...
警察庁の交通事故発生状況(PDFファイル)によると、2008年の交通事故死者数は5,155人(前年比-589人、-10.3%)。54年ぶりに5千人台となった前年からさらに下回った。というニュースをたまたま見て数日前に書いた「自殺者11年3万人超え」という現実がいかに異常こと...
09年4月8日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・海外編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・子供たち{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・社会編・臓器移植・マスターズ・精液盗難{/arrow_r/}(ここからお
菊池誠大阪大学物理学教授?の8000字に近い膨大な量の、変遷する矛盾に満ち満ちたコメントを収録。 有名ブログkikulog管理人のHNきくち氏は、果たして阪大教授である菊池誠と同一人物なのだろうか。? きくちさんに対しては其の余りの論理性のなさや品性の問題
 たまたまイオンの安売りコーナーでこんなものを見つけた(笑) 南利明がべたべたの名古屋弁でやっていたテレビのCMをふと思い出してしまった.  オリエンタルの場合,商圏が中部地方と関東地方と関西地方に偏在しているので,たまにレトルトとかカレールーを見つける...
※画像についての解説 朝日新聞記者がまたやってしまいました。 朝日新聞、意味不明の連続書き込みで2ちゃんねるの運営を妨害 - Technobahn http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200903311708 asahi.com(朝日新聞社):本社編集局員、差別表現をネットに...
この馬鹿が 戦前回避 ***********「読売新聞」***********自民・坂本組織本部長「日本も核保有、国連脱退」  自民党の7日の役員連絡会で坂本剛二組織本部長が北朝鮮のミサイル発射に対し、日本も核保有すべきだと述べた。 AD2.init({site:\'POLITICS\', area:\'P.REC...
厚労省があらたに派遣会社向けにリーフを作った。派遣会社の事業所の皆様へ~派遣契約の中途解除に伴い派遣労働者を安易に解雇しないでください~派遣先の事業所の皆様へ~派遣契約の安易な中途解除をしないでください~派遣会社も派遣先もこの「お上の文章」をよく熟読し...
09年4月7日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・イタリア地震・ロケット・国連{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・自民と民主{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。
これからブログをはじめていきます。 よろしくお願いします。
そして、こういう愚かな声が上がってくる。 また繰り返すのだろうか。 敵地攻撃の検討を求める声 北ミサイル発射で自民部会 4月6日配信 産経新聞 ・・・・・・・・  山本一太参院議員は「日本の敵地攻撃能力は、自衛権(の範囲内)であれば憲法に違反しない。 能力、要...
4月6日 大田区桜坂の桜です。 暗くて焦点が笑点になっていますが 一応「桜坂」ということで! Sakurazaka (桜坂)[parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLIE+f/NSUgGy3rFAmGDA2xS4P1czEhKQSANznD6I=] でも 今年の桜はピンクが淡いように思うが・・・。 @@@@@...
いやぁ、ほんとyoutubeって、いいですねぇ~(水野晴男風)。 なんていっても、昔劇場に行かなければ見れなかった公演とかがUPされていて見...
09年4月6日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞の見出しと各社の社説{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝日のミサイル問題の記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・JNN世論調査と庶民をバカにした法案{/arrow_r/}(ここからお入り下さい...
 上の写真 (ほぼ実物大) の mp3 プレーヤーを某パソコン専門店で買ってきました.最後の1個.どういう訳か,携帯電話のカメラも有機ELディスプレィに写っています(笑)  メーカーの Webサイトにアクセスしてみたら2年前の型で,BIOS も最新,つまり製造修了品でした....
これは突然閉鎖された『科学教』にコメントする為に昨日書いたものですが、こちらに投稿します。 poohさん。 反省いただく為に、一日待つ事にしましたが少しは冷静になれましたか。? 御自分のブログなのですから、pooh さんがブログ環境の維持に努力しないと、私一人努
ちょっとはしゃぎすぎ! アソウ官邸も自民党も。世論調査で支持率が上向いていきたから?  そんなに調子に乗ってると、今にズッコケルよ。...
今回の北朝鮮「飛翔体」発射実験は、軍事関係者には、すばらしいことだったようだね。 北の脅威を示せたし、MDの性能も披露する必要が無かった。 彼らにとって、唯一の失敗は、間違った情報を流してしまったことだ。 それにしてもだ、私の疑問は、北は何のために「...
今日はいい天気に恵まれたので、川越水上公園に花見がてら、インラインスケートしてきました。 姪っ子から息子にお下がりのインラインスケー...
はい、お待ちかねのコメント集、第3弾です。 今回も愚樵さんのとこから、 こちら「内山節と内田樹」のコメント欄にて http://gushou.blog51.fc2.com/blog-entry-223.html <え、誰も待ってないって?そんなこと言ってないで、さあさあ寄ってらっしゃい見てらっしゃいだ
09年4月5日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・ミサイル誤発射新聞編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ミサイル発射テレビ編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。...
今朝のサンデーモーニングで、伊勢崎賢治さんが、ソマリアへ海賊対策に出動した自衛隊の事について、 「これは憲法違反です。イラクに出動したのよりももっと重大な憲法違反です。」と言っておられた。 日本船が海賊に襲われるからと言っているけれど、 これからはそうい...
題名: 私の理解を超えた 北朝鮮の領土、領空、領海を一切侵すことのない範囲での動きなのに、これに対して「報復」宣言ですか。 実は、日...
日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか (Non select)(2005/01)イザヤ・ベンダサン商品詳細を見る 前回【その1】・【その2】のつ...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。