2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
左派に嫌われても構わないの・・

忙しくて・・今確認したら一部コメントが表に出てなかったね・・ごめんなさい。

お玉は左の人たちにとっても厳しい・・右の人たちにはほんの少しでも共感できる部分があると、この頃それをとても大きな喜びと感じているの・・おかしいでしょう?
お玉が左の人たちにお行儀や文章の書きようを突っ込むのは、左の人たちへの期待が大きいから・・

もっと、語りかけることができるはず、広く考え方を伝えることができるはず、同じことを話すならより伝わる文章を書いてほしい・・・・

お玉は今、たぶん今までの人生の中で、一番心も体もとっても忙しくて、実はリアルにとても大事なことがあって、なかなかブログと向き合えてないかもしれない・・・・
もう一か月も前から忙しいからみんなにコメント欄を託そうと思っていたけれど、お玉がいなくても、こうやって盛り上がっている今の現状が、お玉にはどうしても「荒れている」とか「右派に占領されている」とか思えないんだけれど・・左派の人の多くにはそう見えてるんだよね・・・・ たぶん・・・

大事なことはより多くの人に伝わること・・・・そうでなければ、左派が右派と議論する意味を、今のお玉には見いだせない。

先日ダメもとで・・・お玉は湯浅誠さんにうちの九条の会のイベントに来てほしいってメールしたんだけれど、このとき彼に言ったことば・・・

私は湯浅さんのおっしゃっている
「日本の左翼は欠点を見つけるのはうまいけれども共通点を見つけるのが苦手」
という言葉を重く受け止めています。
右派にも左派にも同じように問題意識を持ってもらわねば、
憲法問題も労働問題も解決しない・・
労働問題はやっと右派左派いずれもが共通理解が持てる、
スタートラインに立ったと感じております・


憲法や労働問題だけじゃあなくて・・本当はね、平和についてもそう思っているの。
右派の心を揺さぶれないのならば、議論をすればするほどに、左派の意見が追い詰められていくような気がしてならないの・・

左派に嫌われるのは構わない。右派がほんの少しでも耳を傾けようとしてくれるなら、今のお玉はそれでいいの。

あ、また報告しますが、湯浅さん、12月にお玉たちの地元で講演会してくれることになりました。右派コメンターの方々の参加大歓迎!!です。

以前、某雑誌に載ってたけれど、視点は優しくて、でもとっても理論的で・・・・宗教家でも左翼活動家でもない彼の運動の新鮮さが多くの人たちを引きつけて、賛同を得たように・・・・・お玉は平和活動もそういう風に広げたい・・

otamaいつもいつも、お玉を応援してくれてありがとう!!そしてポチしてくれて、ありがとう! ↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ                          

 


 
Secret
(非公開コメント受付中)

コギトエルゴスムさん
>ただ、特定の人の長すぎるコメントの多用は、他の参加者の意気を阻喪させ、サイトの鮮度を落とします。
>コメントを多数回したい場合は、長短のバランスを考えて投稿してほしいものです。
>PC の画面に収まり切らない長文は、「時偶」にしてください。


だから、それをお望みならば、あなたたちが、私に示されたことを理解して実行することです。そうすれば、仮に、私が長文を展開したいと思ってコメントしても、あなたが不快になるようなコメントにはなりませんから。

>エントリーより長いコメントや、お説教が多すぎる・・・。 
>我慢にも限度があります。

原因を作った側であるコギトさんが「我慢にも限度がある」と思考するのは、日本語で「私は傲慢である」と告白したのと同じです。
つまり、私に向けて何かを言うのではなく、私から指摘されたことをコギトさんが反省して改めることが必要です。

これ以上、言うことはありませんし、私のコメントには反論の余地が微塵もないのは、客観的に証明しておりますので。コギトさんへのコメントは終了です。以後、私を怒らせないように、反論しないで反省し、今後は思考と感情を改めてください。以上。


わくわくさん

こちらからは十分指摘させていただきましたので終わりにします。


お説教サイトはゴメンダ!
わくわくさん>あなたたちが、私に示されたことを理解して実行すれば、私の投稿はコギトさんが期待するようなものにならざるを得ません

わくわくさんの投稿が、私の期待するようなものになろうがなるまいが、どちらでも構いません。私は元々、『他の人の考えを変えられる』とは思っていませんから。
ただ、特定の人の長すぎるコメントの多用は、他の参加者の意気を阻喪させ、サイトの鮮度を落とします。

コメントを多数回したい場合は、長短のバランスを考えて投稿してほしいものです。
PC の画面に収まり切らない長文は、「時偶」にしてください。

エントリーより長いコメントや、お説教が多すぎる・・・。 
我慢にも限度があります。


キンピーさん
>イラク戦争の問題ではその一部ついても問題視されていましたが、それについて責任ある言葉は聞かれませんでした。

この文章はNGです。
その理由は、1.「その一部」とは具体的に何かが不明。2.「責任ある言葉」とは何かが不明。という2つです。
これを明確にしないと、キンピーさんのその発言こそが、責任ある言葉とは言えない、となりますよ。

>またソマリアでは、日本が協力するであろう国をアメリカとその連合と考えると、アメリカの作戦次第では違憲になる可能性がます。

発言があまりにもアバウトすぎです。

アメリカの作戦次第では違憲になる可能性とは、いったい何を指しているのですか?
そしてそれは、海上自衛隊とどのように関わるのか、そしてそれを海上自衛隊が行いうる法的根拠なり政府決定は何なのか、それを示さなければ、「憲法違反の理由」自身が不明確なので、当然のことながら、「違憲」と断言することはおろか、「可能性がます」ということすら正当性を持ちえません。

>しかしどのような立場にせよ、国民は発言に対して過剰な責めを負うべきではないとの立場から、無責任な発言であろうと、発言の場は確保されるべきだと考えます。

「過剰な責めを負うべきではない」ことと「無責任な発言の場が確保される」ことは、まったく別の話です。

また、「無責任な発言のすべてが否定されるものではない」ということを、私は話しています。
『その発言が個人的な希望ならば、それがあくまでも希望であることを明記する。』
遺伝子情報のほとんどが解明されていない現在にあって、「共に生きる遺伝子があるのは確実だ」などというのがNGだ、ということであって、「よくわからんが、そんな遺伝子があるような気がする」というような文言であればOKなのです。


無責任はいかんよ、無責任は
確かに自由な発言は大事でしょうが自分の発言に責任を持つのは
人として当然では?

あとコギトさま、もう一度お願い致しますが私の質問に返答して頂けませんか?
前にも書いた通りコギトさまの発言が本当なら
私の思想と思考の立ち位置が根本から変わってしまいかねないので。


わくわくさん
イラク戦争の問題ではその一部ついても問題視されていましたが、それについて責任ある言葉は聞かれませんでした。

またソマリアでは、日本が協力するであろう国をアメリカとその連合と考えると、アメリカの作戦次第では違憲になる可能性がます。

しかしどのような立場にせよ、国民は発言に対して過剰な責めを負うべきではないとの立場から、無責任な発言であろうと、発言の場は確保されるべきだと考えます。


わかってないなぁ
Looperさん

私の発言を理解してから反論してくれ。はっきり言って、反論になってない。
『その発言が事実なのか、事実であればどういう根拠に基づくものなのかを示す。』
『その発言が推測であるなら、その推測に至った経緯は何なのかを示す。』
『その発言が個人的な希望ならば、それがあくまでも希望であることを明記する。』

「わくわくって、お茶目さんなのかもね。なんか、そんな気がする。」っていうのは、「私はそんな気がしただけで、わくわくがお茶目さんだと断言するつもりはない」ということがわかるので、これはOK。
「わくわくって、本当はお茶目なんだよ。根拠はないけど、お茶目なはずだ。」というのがNG。

私の話はその程度の話。


コギトエルゴスムさん

『自分の理想や希望にそぐわないことのみでの反論や非難、批判をしてはいけません。 』
『持説の誤りや不十分が、客観的に示され、そして、それを覆すことが事実に反するものであるときは、持説の方を撤回し、修正する「感情」と「思考」を抱く』
『批判精神の発揮も、自分が責任をとれる範囲でなければならないと同時に、その範囲を広げたいのであれば、自己研鑽を積み重ねることが大切です。』

あなたたちが、私に示されたことを理解して実行すれば、私の投稿はコギトさんが期待するようなものにならざるを得ません。


キンピーさん

>たとえばイラク派兵では航空自衛隊のバグダッドへの空輸活動を違憲とされましたが、

はい、これが「間違い」です。
弁護士の中に、それをわかっていて、なぜか「間違い」を押し通そうとする人もいますが、「一部違憲」というのが正しいのです。
その「一部」とは、「戦闘要員を派遣した」という部分についてです。国連決議に基づく空輸に関してまで憲法違反とはされておりません。

>ソマリア沖の問題も他国の軍と連携があるのであれば、違憲になる可能性が極めて高い

憲法で禁じているのは、戦争、武力の行使、武力による威嚇です。つまり「軍を派遣すること」が禁止されているのではなく、「何をするのか」が禁止事項となっています。

つまり、護衛艦のソマリア沖の派遣が憲法に抵触するならば、「日本は何もするな」という論調にならないと、すべての発言が不当かつ不正になるのであって、「巡視船を送るべきで、護衛艦はダメ」というのは、不当かつ不正な思考であり意見なのです。
ちなみに、警察が海外で拳銃を発砲して地域を占領すれば、国際法的には「武力行使による軍事占領」となります。


わくわくさん
たとえばイラク派兵では航空自衛隊のバグダッドへの空輸活動を違憲とされましたが、これは国会でも多くの護憲派ブログでも指摘されていたことです。
イラク派兵を賛成する人や政府の言説は、憲法に対して無責任で、法治国家としてあるまじき言葉の数々でしたが、それでも発言の機会は与えられなければいけません。

ソマリア沖の問題も他国の軍と連携があるのであれば、違憲になる可能性が極めて高いのですが、それでもイラク派兵の時と同じく派遣賛成派の意見は、表明する機会があたえられるべきだと思います。

それと責任の事ですが、、、これはもう殺伐としてくるので止めましょう。


再び、歯に衣着せず言わせて貰えば
[2009/04/21 10:51] わくわく44 さん>私の投稿姿勢をどうこう言う前に、「わくわくが怖くて投稿できない」人の方が反省すべきです・・

『わくわくが怖くて投稿できない人』って、私(コギト)を指しているのですか?
私なら、ワクワクさんのこと別に怖くなんかありません。ただ、わくわくさんは文章が長すぎて読み返すのが大変なのです。
たまの投稿で長くなるのは仕方ないと思いますが、投稿回数が多くてしかも長い文章が多いと、内容によっては、読む人は大変苦しいのです。しかしコメントするには前後のつながりは大切ですから読まないわけには行きません。 そして、せっかく時間をかけて読んでコメントしても、「撤回しろだ」の「反省しろ」だのイチイチ説教されたら、「わくわくさん、あなたはここの管理人さん?」と、言いたくなる人が増えるのも当然です。
それに長すぎる文章ばかりだと、後で見直すのも大変だし、誰が誰に何を言っているのかがハッキリしなくなって、サイト全体の活力が失われてしまいます。

資格も無いのに、なんだかんだと私も説教垂れてしまいました。スミマセン。


Looperさん、ありがとう
右派がどうだ、左派がどうだということが、とても非生産的だということがわかりました。もう、こういうのはやめます。
これまでのように、どうしたら、世界が平和になるかを考えようと思います。
では、ごきげんよう、Looperさん。


わくわくさん
発言にそのような説明責任を求める必要はないでしょう。むろん、理解できない発言に質問して真意を質すのは当然許されるでしょうが、だからといって説明できない発言は許されないというのは、あまりにも制限しすぎじゃないですか?

例えば、
「わくわくさんって、実はお茶目な人なんじゃないかな~?」っていう発言に、その理由は?説明できないなら撤回しろ!って要求するのはどうなんでしょうね?

「うーん、なんとなくそう思う」
でも、いいんじゃないの?それが、特に他者を貶める内容で無ければね。

言葉では上手く表現できないけど、こんな風に感じる、というのも、私は一つの価値のある情報だと思うし、それを議論の場に提示する事が著しく不当だとは思えません。

あと、わくわくさんなら、そうした感想レベルからでも、本人もクリアに出来ていないその奥に潜む本質的なものを抜き出してあげる手助けをこそ、してあげるべきなんじゃないかな~?


カークさん
> よくわからないんだけど、もう少し解説してください。

今も分かりませんか?
ちなみに、他のほとんどの方は分かっていると思いますよ。

>あなた方って、私と誰?

無論KYさんです。

>態度が問題なの、考え方ではなくて?

うーん、両方かな?主張の中身ではないです。

「左翼系の方々はXXでしょう」
「XXなのが右翼の皆さんでは?」

「左翼」と「右翼」を置き換えれば、両者の文体はそっくりですよね。
で、これの何が問題か、まだわかりませんか?

>ところでここは殺伐としているのかい?

素朴な感想にまで、ドドっと頭ごなしの否定コメが入るようでは、「殺伐」という表現がぴったりじゃないでしょうか?

はっきり言って、相手に伝わる表現の下手さ加減は、私も含めて左右なんて関係ありません。で、自分たちは左の主張を広げたいのだから、左にもっと表現法を磨こうぜというのはもちろん大事な視点。でも、右派とか左派とかの枠を超えた対話を重視したいなら、どっちも区別せずに、自分たちの民度を一緒に磨いていこうぜ!と言わないと対話は成熟していかない。って思うんだが、どうでしょうかね?


お玉さんへ
どこまで伝わったかは分かりませんが、これでこの件は最後にします。

お願いしたかったことは、要するに、
愛のあるコメントを求めるなら、コメンターにも平等に愛の感じるような扱いをしてあげてください。
愛のない攻撃に晒されている人がいたら、管理人として少しは守ってあげてください。
という事です。

なお、私には、気持ち悪いのでそんなことはしないでください。

あと、他の方への返信はもうしばらく行います。


キンピーさん
キンピーさんは、誤解されているようです。

例えば「自衛隊の海外派遣は憲法違反である」ということについて、「憲法に○○と規定されているから」というのは、根拠を示している責任を持った発言ということになります。

ただし、憲法は、文理解釈だけでなく、妥当性が問われるわけですが、この場合は「憲法というのは、妥当性も問われるので、文理解釈のみではいけない」ということを明記した上で、判例なり学説を示して「いや、憲法違反ではない、ということが言える」とすればいいのです。

つまり、発言が押さえている範囲とレベルに応じて、それ相応の根拠が示されることが必須となります。

では、根拠は必ず示さなければならないのか、といえば、それもまたNOです。
根拠がないのでしたら、「誤ってるかもしれないが」「根拠がないので推測にすぎないが」「希望としては」という前提を入れて、かつ、反対側への批判や非難をせず、反論を受け入れる謙虚さを示せば問題はありません。

つまり、「責任ある言論」というのは、自らの発言内容に応じて背負うべき責任によって異なる、ということであって、立ち位置によって変化するものではありません。
具体的に言えば、「正当性を帯びるだけの責任を果たせ」「責任を果たせないなら、他人を批判したり非難するな」ということだけです。
そして、それはリアル世界でも同じことです。


わくわくさん

それは立ち位置によって無責任が言葉の意味が180度違ってきます。

ここは護憲、特に9条について話題になるブログですからこういうケースはどうでしょう。
「憲法があるのに自衛隊を海外に派遣するのは間違っている」という言葉。
お花畑と揶揄される言葉ですが、立ち位置によっては根拠のある全く正しい言葉です。
しかし現実に憲法をすり合わせようとする立場からすると、根拠のない言葉となるでしょう。

本来なら現憲法に対峙するのは新しい理念を明確にした、新しい原則でなくてはならないのですが、現実に憲法をすり合わせる立場であっても、発言や自発的な活動は最大限保障されるべきだと考えます。


キンピーさん
無責任な言論とは、具体的に言えば、「発言の根拠となるものを示さない言論」ということになろうかと思います。
その発言が事実なのか、事実であればどういう根拠に基づくものなのかを示す。
その発言が推測であるなら、その推測に至った経緯は何なのかを示す。
その発言が個人的な希望ならば、それがあくまでも希望であることを明記する。

そして、発言したからには、その反論や批判に正当性があるならば、それを甘受するのも「責任ある態度」になろうかと思います。

ただし、反論や批判、非難をするときは、それが誤りだとか、あるいは他の方法の方が適正であることを、具体的かつ明確な根拠を明記した上で行うことは必要です。

反論は、対象となる発言の価値を落とすことがありますから、発言に際してより慎重な姿勢が必要となります。

批判や非難に至っては、その対象者そのものの信用を毀損する効果をもたらします。なので、その批判が適切かどうかを判断することができるように、具体的かつ明確な根拠の明示は必須となります。根拠の明示がない批判や非難は、「虚偽の事実に基づく不当な発言」でしかないことを踏まえておくべきでしょう。

そして、これは勘違いしやすいのですが、悪意があろうがなかろうが、客観的な根拠がないにも関わらず、個人的な希望や理想のみに基づくものを、断定口調で発言するのは、最もいけない行為です。他人の発言を非難や批判についても同じ。自分の理想や希望にそぐわないことのみでの反論や非難、批判をしてはいけません。

そして、これは、直接「発言」の際のことではありませんが、持説の誤りや不十分が、客観的に示され、そして、それを覆すことが事実に反するものであるときは、持説の方を撤回し、修正する「感情」と「思考」を抱くのが、言論の自由が保証されている社会で生きているわれわれの責務です。
この感情と思考が抱かないのは、反省しないのと同じです。反省がない人間は、同じ過ちを繰り返すことになります。

こういうことを書けば、「気軽に投稿できない」と反発を招くかも知れません。
しかし、不特定多数が閲覧できる場とは、望まなくても「公共性」を伴います。公共の場における「権利と義務」「自由と責任」は、リアルでわきまえている方ならばおわかりだと思いますが、ネット空間も、それと何ら違うところはない、ということです。

政府や与党、大企業や財界などの巨大な「力」への批判は、自身はもとより、国民の権利や自由を守るためには必要なことです。なので批判精神は持たなければならないし、貫かなければならない。
しかし、その批判精神の発揮も、自分が責任をとれる範囲でなければならないと同時に、その範囲を広げたいのであれば、自己研鑽を積み重ねることが大切です。

われわれが生きている社会は、そんなに甘いものではないのですよ。
それをわかっていない、身勝手極まりないブロガーがあまりにも多すぎるので、ネット規制に対して、私は本来は「反対」ですが、「賛成」せざるを得ないのです。


極端ですね
言論弾圧とか、殺伐としてるとか、なんか極端な物言いに思えますよね。議論は白熱したっていいけど、考え方が違えども仲良くできたりはしないのか?
そういう人間性が、左右の壁を超えるんだと思いますけどね。
互いに配慮すれば、多少の制限はやむをえないでしょう?なんでも自由にできるわけないですよ。お玉さんも人間だし長所も欠点もあって当然、それは他のすべての人にも言えること。人に求めすぎるといさかいの元じゃないのかな。どうやって共存できるか考える方がよいとは思うんだけど、みなさんの思いまでは左右できませんからね。


わくわくさん

>「気軽に投稿する」というのは、「嘘をついてもいい」のでもなければ、「無責任な言論でもOK」でもありません。

嘘の流布はいけませんが、無責任な言論がダメというのはいかがなものでしょうか。
無責任の基準も定かではありません。
極度に勇ましい意見は無責任だと思う人もいますし「お花畑」が無責任に思う人もいます。
しかしソクラテス的対話によって常識が虚構だったり、取るに足らない言説が真理に近づくこともあるわけです。

ソクラテスのいう「無知の知」は、裏を返していえば「知の無知」でもある。私たちは自分が何を知っているのか、ほんとうには知っていないのだ(M.フーコー)。


Looperさん
よくわからないんだけど、もう少し解説してください。

>私には、あなた方の態度が瓜二つに見えるのですが、気のせいでしょうか?

あなた方って、私と誰?
態度が問題なの、考え方ではなくて?

>でも、お玉さんにはカークさんだけが問題あるように見えるんだよね。

???
お玉さんの言われることはよくわかっているつもり。
右翼の皆さんにも平和について説得力のある話が出来ればいいのだが、なかなか見つからないねぇ。それが問題なのか?

ところでここは殺伐としているのかい?
議論に熱が入っているのではないのかい?



Looperさん
長々と話すと、本当に長々となりますので、ひとことだけ。

「気軽に投稿する」というのは、「嘘をついてもいい」のでもなければ、「無責任な言論でもOK」でもありません。

真贋に自信がなければ、それを示すこと。誤った情報や知識に基づくものでも、「誤っているかもしれないが」という姿勢でいる方に、私が厳しく接することはありません。
断定口調で発言するなら、根拠を明確に示すこと。ただし、それが誤りであるときは、厳しい態度で臨まれます。

私の投稿姿勢をどうこう言う前に、「わくわくが怖くて投稿できない」人の方が反省すべきです。
リアルでNGであるものは、ネット空間でもNGです。


Looperさん
>怖くて表明できなくなってきている
>もっと、穏やかに話せませんか?
>ここが殺伐とした場所になってきているのは、あなた方や他の皆さんの議論態度の問題でもあると思いますよ


人のことは見えるのに自分のことは見えない・・それは、そうなんだとは思うのだけれど。

>それを放置し続けているだけじゃなく、時には同じ上から目線で後ろから鉄砲を撃っちゃう管理人の責任

言い訳はしないと思ったのだけれど・
怖くていろいろ書けないと思っているのだけれど、そして、もっと穏やかに話してほしいのだけれど・・

ここ二カ月ほど(いえ、実はもっとですけれど)忙しいから記事もかけずコメント欄をほとんどすべてのコメントに開放してきたのは事実です。(しょっちゅう表に出せてないのは申し訳ないけれどわくわくさんのお怒りコメントですね・・ごめん。)で、携帯から確認した時にどうしても目についてしまうのが仲間内のコメントのほうだったことも事実で・・ネットから一歩遠ざかったことで距離を持って読むと、気になってしまうことがいっぱいあったのね。KYさんのいう突っ込みどころ満載なコメントが多くなっていたのは左派のほうだと感じたことも事実です・・で、時間のないまま、左派であなたのような人にたいして思いやりなく記事を書いたこと、差別的に扱ったと思われたことであなたのいう危機的状況に陥ったのかもしれない。でも私には今そういう状況と思えてないのね・・
でも、あなたのような頭のいい人に「上から目線だと」思われてしまうような私ですので、今後ここがどうなってしまうのか、ちょっと自分でも読めてません。

どんなブログ運営であらねばならないか・・今後のことはすこしゆっくり考えてみます。









これって
コギトエルゴスムさん>
>「現在のここでの論調は同じことの繰り返しで、他の多くの右翼ブログで見られるものと変わりありません。ワザワザお玉さんが場所を提供する価値が本当にあるのでしょうか? 若いママさん達に夢と希望が与えられる内容でしょうか?」

これって右翼排除して左翼ブログにしろって言ってるようなもんだと思いますが・・・
ナチュラルに言論弾圧しろって言ってるのが怖い。


瓜二つ
KYさん、
>左翼系の方々のコメントが突っ込みどころ満載だからでしょう。

カークさん、
>早々とあきらめて、自分の安全だけを求めることに変わっているのが、右翼の皆さんではなかろうか?

私には、あなた方の態度が瓜二つに見えるのですが、気のせいでしょうか?

でも、お玉さんにはカークさんだけが問題あるように見えるんだよね。


わくわくさん、十文字さん、
あなた方はまともな方達であると認識していますが、それでも、個人的な感想に対して、そのような上からの否定だけを投げるのはどうなんでしょうね?

それとも、コギトさんが投げたご意見・感想は、なんら意味のないゴミだとでも?

私は、今このブログは危機的な状況になっていると思っています。それは、コギトさんが出したような素朴なご意見に対して、あなた方がしたような上からの攻撃的なコメントが多数寄せられる現状となっている。だから、素朴な、素直なご意見は怖くて表明できなくなってきている。もっと、穏やかに話せませんか?

このように、ここが殺伐とした場所になってきているのは、あなた方や他の皆さんの議論態度の問題でもあると思いますよ。そして、それを放置し続けているだけじゃなく、時には同じ上から目線で後ろから鉄砲を撃っちゃう管理人の責任もね。


誰も平和を願っているんだ
でも、早々とあきらめて、自分の安全だけを求めることに変わっているのが、右翼の皆さんではなかろうか?
でも、そこには矛盾がたくさんあって、安全を守るといいながら、それが「軍事」だけだったりする。あるいは米国一辺倒だったりする。または、暴力によって、テロと戦うというけど、その暴力が、多くのテロを生み出すことということから目をそらしている。
自分は暴力を受けることはイヤだが、それが自分と関係の無い国の国民だったら仕方が無いと思っている。
たとえば、米国が核兵器を持っていることには目をそらして、北朝鮮が核兵器を持とうとしていることには目くじらを立ててる。私は、米国に対しても強く反論すべきだと思っている。
右翼の人は、、日本は核兵器を持つべきだと思っている。
武器があれば、軍隊があれば安全だという妄想がある。
私は左翼の人たちの言うことが良く理解できるので、左翼に近いのだろうか?
でも、そういうことはどうでもいいことだ。私は平和の真理を追究しているつもりだ。お玉さんのこの場所は、私の違う考えに満ちていて、非常に刺激的でいいと思う。左翼の方とは会話がなぜか少ない。






コギトエルゴスムさん並びに、護憲派の皆様に
>若いママさん達に夢と希望が与えられる内容でしょうか?

夢と希望は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るものです。
故に、憲法9条の実質的運用も然りです。
要するに、自らが『対話力』を熟成し、それによって「異なる価値観を持つ他者」を納得させ、信頼を勝ち得ていくしかないのです。
つまり、「他の多くの右翼ブログで見られる」投稿は、むしろ自らを熟達させるためのハードルとして、重宝すべきではないでしょうか?
9条の精神に適った、『真の対話力』を確立する為には、「右翼コメント」を超克する論理的説得力が必要だと思います。
そして日本人の大半が、『真の対話力』を持つ事ができれば、日本は丸腰でも大丈夫だと私は思います。


!^^!
>若いママさん達に夢と希望が与えられる内容でしょうか?

きゃあ!笑
すごいところ突きますね。
こういうこと言われるとズキっとくる人もいたりして・・・^^
昔はお玉さんも「かわいい女の子相手だと思ってコメント書いてきてね!」って言ってましたよね。それが今では「嫌われてもいい!」なんていうんだから、随分成長したのかも知れないなあ。大人かもなあ。(はぁ)
ひとつには、みんなが安心して希望を描ける場所、が求められていることは間違いないと思います。人間、誰でも夢を失いたくないから。ただ、自分たちだけでまどろんでいては駄目だ、と思ったときに、態度が変わると思うんですね。本気で現実を相手にしようと思うわけで。言ってみれば、親元で楽しく過ごす時間が過ぎて、外での仕事や家事育児に翻弄されるようになった人が何に重要性を感じるか、ということでしょうか。少しばかり人に嫌われようが、生き抜いていくことが必要だと、そのための力を持とうと。「ジリツ」していくんですね、人は。さあ、自分の足で立って、歩み始めたとき、行く手には何が待っているのか、これからのお楽しみです。か? ^^


コギトエルゴスム様
>歯に衣着せずに言わせて貰います!「・・・」

これは、コギト様が思っていることはわかりますが、その親戚の方は、そう思っていらっしゃるのですか?
もし、思っていらっしゃらないのでしたら、単に大きなお世話になるだけです。

>現在のここでの論調は同じことの繰り返しで、他の多くの右翼ブログで見られるものと変わりありません。

「それはできる。その根拠は○○だ。」というものがないままに、持説を押し通すような姿勢ならば、同じことが起こるのは当たり前です。
いくら「戦争は悲惨だ」とか「多くの人が困っている」といっても、不可能なものが可能になるわけではないのです。
言論には責任が伴います。いくら平和だ、反戦だ、みんな幸せに、って思っていようとも、こうした不特定多数が閲覧できる場で、それを指摘されたら、持説に責任が取れない以上は、誤りを認めて発言を撤回するのが「公共の場」での最低限の責任じゃないでしょうか?

>若いママさん達に夢と希望が与えられる内容でしょうか?

根拠を示された状態で「それは誤り」と指摘されたら、それに素直に納得されて、持説を改めてください。
「若いママさん達に夢と希望が与えられる内容」は、『嘘や虚偽』でもなければ『根拠のない、実現不可能な幻想に惑わされるもの』でもないはずです。


Looperさんも堪忍袋の緒が切れたのでしょうね。
[2009/04/18 17:39] の Looperさんのコメントを読んで、共感。

私事ですが、去年の暮れ、九州で法事がありました。別れ際、4人の幼子を育て中の親戚の若いママが「前に読むよう言っていたブログの名前をもう一度教えて。少しだけでも勉強したいので」と、メモ用紙を私に差し出しました。以前の私の話を憶えていてくれたのが嬉しくて「お玉さんと村野瀬さん」の正式ブログ名を書いてあげながら、私はつい「昔はお玉さんのコメント欄は楽しかったけど最近は長過ぎて余り面白くなくなっちゃったんだ。」と言ってしまいました。前はあんなに熱心に読むよう力説していたのに・・、紹介を躊躇する自分を発見したのはショックでした。
そして同時に思ったことは、4人の幼子を抱えるママさんが果たして今のコメント欄を読み通すことが出来るだろうかという心配でした。私でさえ、最近は、理解するのに2時間もかかる場合があります。 又、苦労して読んでも読了感は砂漠のようです。
それでも一応コメントは殆ど毎回書いています、が、送るのが嫌になり多くは自己没です。

歯に衣着せずに言わせて貰います!
「現在のここでの論調は同じことの繰り返しで、他の多くの右翼ブログで見られるものと変わりありません。ワザワザお玉さんが場所を提供する価値が本当にあるのでしょうか? 若いママさん達に夢と希望が与えられる内容でしょうか?」


「左翼」のかたがたへ
右翼系のコメントが多数になってしまっているのは、左翼系の方々のコメントが突っ込みどころ満載だからでしょう。

とはいえ、MDに賛成するのは簡単です。なにせその有効性は政府が認定しているのですから、有効性を証明する実験結果などはいくらでも出てきます。
しかもMDは防衛手段で、攻撃には使えないものなのですから、「専守防衛」にシンパシーを持つ人間でもアレルギーなく受け入れられてしまうのです。

しかしMDは防衛予算から出ているものですから、軍縮を目指す方々にしてみれば目障りなものでしょう。
(実際にはMD予算に食われて一般装備が減っているので、間接的に軍縮に寄与しているとも言えるのですが)

だから左翼の方々がMDに心情的に反対なのは理解できます。しかしながら心情的に反対というだけでは左翼思想にはじめから共感していない人間は説得できません。そして現在の日本ではそういう思想にシンパシーを感じる人間はすでに少数派なのです。

おそらく、お玉様の考えておられるのは、そういう左翼思想に共感しないMD賛成派≒軍拡賛成派をどう切り崩すか、左翼の方々に何かこれというものを用意してほしい、ということではないでしょうか?

これまでのコメント欄を拝見するに、左翼の方々のご主張は

・ダメなものはダメ、絶対
 →じゃあどうするの?

・MDは無駄だからダメ
 →研究・実験は無駄じゃないでしょ? 小さなことからコツコツと。出来たところから配備しているのに何が問題なの?

・とにかく平和!対話!
 →だからどうやって?!

とまあ、左翼平和主義の思想に共感していない人間には理解すら困難な有様です。これで平和主義の退潮した日本国民の共感を得ることが可能でしょうか? 私はそうは思いません。

MDに対する対案が示される必要は無いでしょう。グランドデザインのようなものが示されればそれでOKであると思います。しかし「とにかく対話!平和!」では、案とすら見なされないでしょう。願望だけで世界平和が来るのなら、数千年も前に人間は恒久平和を実現していることでしょうから。



Looperさん
国会では政府が議案提出して、議長の下、与野党で審議が行われますが、国会運営が野党に配慮しないものであれば、それは民主的とはいえませんね。

ブログでは政府と議長が管理人の役目です。
反対意見に配慮するのは当然でしょう。
少々暴言が過ぎても見逃したりね。
そんな配慮をしなければ左右問わず、議論の無いブログになり、ブログとして存在する価値はありません。

まぁ、これを不公平と感じたとしても、もっと大きな不公平と闘おうという人がこんな事でカリカリしている場合じゃありませんよ。


 お玉基準ですが、おおむね公平でしょう。とくに、左に厳しいとも思えません。
 感情的になっても構わないなどという人もいますが、ちょっと冷静になれば解決する事もいくつかあるようにと思います。
 


無茶してるよね
ケンシロウさんがお玉さんに感じることは、はたから見ればそうとれるかな、と思う。ただ、本人さんの心のうちを窺うと果たしてどうだかな、ってところですね。
>政治とはこういうものでなければならない
政治がかくあるべきだというのは個人個人の意見・持論になるよね。だから、多くの人の本音を大事にしようと思えば自分の主張はひとまず置いておくのもひとつのやり方でしょう。自分と同じ意見を求めるのでなく、異なる考え方を取り入れるのはとても難しいことだと思う。お玉さんはそこで奮闘しているんじゃないかな。世間的に右と左というのはカテゴライズされているから、一応左であるはずのお玉ブログで右を厚遇するのは一種の叛乱、乱心ですね。そこまでして自分の立ち位置を相対化しようとするんだから、そりゃ応援していた側は面食らうよね。あれ、こっち側にいたんじゃないの?みたいに。ま、こんなこと書いててもくだらないからやめましょう。要は、現実的にカテゴリ分けされているものを互いに引き寄せることが可能かどうか、また意味があるのかどうか、っていうことかな。書くんじゃなかったかも。


お玉さん自身もともと政治とはこういうものでなければならないという自分自身の意見が全く見られないね。お玉さんをみていると、自分の意見はほとんど言わずただ流れに乗るだけの人間にしか見えない。


一知半解さん
お玉さんファンのあなたは、見守ってあげてくださいな。

>そもそもお玉基準というのは、「右派・左派」の区別じゃなく、「相手とまじめに議論する姿勢を持っているか・いないか」という区別じゃないのかな?
>私はそう解釈していますけど。

私もそう解釈してましたよ。これまではね。でも、どうもそうではなさそうだと判断しました。

エントリーやコメントで左派の問題に言及するのも、注文を付けるのも一向に構わない。松竹さんもしてるし、私だってしている。

また、個別に問題のあるコメント、コメンターに注文を付けるのも管理人として当然でしょう。

でも、右派か左派かなんて事で、コメンターの扱いを変えるようじゃだめです。それが目に余ると感じたから、公平に扱わないと、不公平に扱われたと感じた人は去っていくよと忠告したのです。
そしたら、「それでいいと思っている」との返事がこの記事です。

それなら私は認められないから去るしかないね、という事ですよ。

それで良いという方は、どうぞ応援してあげてください。別に賛同者を求めている訳じゃありませんので。


私は自分が右か左かすら判断できないのでなんとも言えませんが

まぁここには色々な種類の人がいると思いますよ。一部の人とは話す気になりますが、絶対話通じ無いだろうなって人もいます。


お玉さんお久しぶりです。

「こういう人が出てきちゃうところがすごいよね・・左派って・・・」
ていうのが自分の感想です。
カネジさんが出てきた時と同じ衝撃です。

右派系の人気ブログでこんなこと言ったら大変な事になっちゃいますよね。(あまり人気のないブログではたまーにお見かけしますが・・)
この考え方は「無党派」と呼ばれる層に訴えるものがあると思います。
あとは、支持してくれる左派がどのくらい残るか!?ですけど・・裏切り者になるか、支持拡大の核になるか・・注目に値します、このブログを読み続けていてよかった・・

と言っても、あいかわらずお玉さんとは意見はかみ合わない事が多いのですが・・・

次は右派が進化する番ですね。


>やってますよ。
>だから根拠を出したり、根拠を求めたり、同意できる部分は同意してます。

へー、やってたんですか?
すみません。それは気がつきませんでした。

で、ネッドさんのやり方で何の問題もないのでしたら、他の左派の皆さんのコメントも何の問題も無いと思いますけどね。


同じですね
 お久しぶりです。ちゃんと読んではいるんですけど、自分のところで忙しくて。
 この記事のタイトルを見たとき、ドキッとしたんです。大胆だなあって。でも、同じようなことは、私も体験します。
 ときどき、古くからの友人には言われるんです。「あなたのブログは、右派には優しいのに、左派にはきびしい。真剣に努力している左派に嫌われるぞ」って。
 私は、「嫌われても構わない」というタイトルはたてられないけれど、お玉さんの気持ちはわかるんです。私のブログの目標は、左翼が国民多数の支持を得るためには、自分をどう変えなければならないかということです。だから、左翼のあり方に対する提言が多くなりがちで、それがカチンと来るんですね。その同じ気持ちを、お玉さんらしくあらわしたのが、このタイトルだと思いました。
 私の場合、お玉さんのように挑発的なやり方をして、それでも許容されるほど、心が広くないと思われているので、言葉の使い方にもそれなりに気をつけてるつもりですけど、まだまだです。お玉さんの場合、ただ自分が書く文章のことだけでなく、コメントの管理という特有の問題も抱えているので、大変でしょうね。
 でも、気持ちは同じです。がんばってください。


お友達サロンじゃないでしょう。
政治系ブログなら、本来投稿に制限をかけずいったん表に出し、その後不適切なコメントを削除するのが一番公正を保てると思いますが…。

ただ、お玉さんほどの人気ブログになると、運用上、コメントを事前承認制にしておかないとどうしても荒れてしまうので仕方のない措置だと思います。
(一日中、パソコンに張り付いてコメント欄を監視・管理するのは大変でしょうし…)

そもそもお玉基準というのは、「右派・左派」の区別じゃなく、「相手とまじめに議論する姿勢を持っているか・いないか」という区別じゃないのかな?
私はそう解釈していますけど。

お玉さんが、こんなエントリを上げる背景には、そうとう左派からクレームが着ているからだと推測します。

私も自ブログ上で、意見を同じくする側の人から、コメント欄の運営でなじられたことがありますが、同じ意見だからって中身の伴わない「罵倒するだけのコメント」ばかり投稿されるのはお断りです。そんな応援はかえって迷惑でしかない。
(しかし、思想を同じくする側から、なじられるというのは嫌なものですね。)

>Looperさん

>左派のいない、右派サロンで良いんだって宣言しちゃってんだからね。

Looperさんから見れば、現在のコメント欄はそのように見えるかもしれないけれど、右派サロン化しているのは「お玉基準」でたまたまそうなっただけで、彼女が、右派のお友達サロンにしようとして、意図的にそうしたわけではないと思いますよ。

>私は、左にだけそういう事を要求して態度を変えるような所はゴメンです。っていうか、左とか右とかで接する態度を変えるような所なら、ご遠慮申し上げます。

そんなことはないでしょう。
お玉さんが少なくとも左にだけそういう事を要求しているとは、私には思えません。


ダメだこりゃ
Looperさん>
>って、左派のいない、右派サロンで良いんだって宣言しちゃってんだからね。

どこをどう見ればそういう事になるやら。
私には左の人にはもっと頑張って欲しい、と言ってるように見えますがね。

>そう取ったんなら、「左の人でも共感できるような話し合い」をあなたはまず始める努力をしてみたら?

やってますよ。
だから根拠を出したり、根拠を求めたり、同意できる部分は同意してます。
共感するかどうかはまあ相手次第ですが。

>私は、左にだけそういう事を要求して態度を変えるような所はゴメンです。っていうか、左とか右とかで接する態度を変えるような所なら、ご遠慮申し上げます。

ではさようなら。

まあ結局右だの左だの大まか過ぎる括り方でしかないわけで、あまり意味はありませんけどね。
多数の人が左と認識すれば左、右だと認識すれば右って事でしょう。


ネッドさん、
>右派と語り合いたいだけのサロンにしたければそのスタンスでいいという言うのは侮辱に等しいと思いますが?

ダメ出ししてんだから当たり前でしょう。
で、本人も、
>左派に嫌われるのは構わない。右派がほんの少しでも耳を傾けようとしてくれるなら、今のお玉はそれでいいの。

って、左派のいない、右派サロンで良いんだって宣言しちゃってんだからね。

>お玉さんは左の人にもっと「右の人でも共感できるような話し合い」をして欲しいという事を言いたいんだと思います。私はそう取りました。

そう取ったんなら、「左の人でも共感できるような話し合い」をあなたはまず始める努力をしてみたら?

私は、左にだけそういう事を要求して態度を変えるような所はゴメンです。っていうか、左とか右とかで接する態度を変えるような所なら、ご遠慮申し上げます。


各国の労働者の結集に成功した第二インターナショナルが、ナショナリズムによって崩壊します。
湯浅氏のやっていることが簡単なことでないことは承知していますが、反戦とか非戦とかいうものは、もう一つ困難だということです。

しかしそれから続くリンク先とモハメド・アリや村上春樹氏や反戦運動に関わる人々はネイションというものが作り物であることを知っている人たちです。
知らなくても、なんとなくぼんやり疑惑の眼差しで見ている人たちです。

たとえば北朝鮮でいうと、戦後のすり込みで考えれば「日本人は単一民族である」となりますが、戦前のすり込みでは「朝鮮民族も日本人だ」となります。
国民国家なんてものを言い出すと、目からウロコでしょう。
これらはさも太古の昔から累々と伝統文化が育まれたような話を創造します。

左翼は理屈で知ってますが、左翼でなくともマイノリティと呼ばれる人たちは、国民国家から疎外されてますので、幻想であることに気付きやすい。
それが戦前の日本におけるキリシタンであり、アメリカにおける黒人イスラム教徒のモハメド・アリです。
また保守政治家の中でも、民衆から出てきた政治家、戦争を経験して支配者達の欺瞞を見てきた政治家は基本的に反戦でしょう。
しかし二世三世のように選民意識をもった政治家(人間)は基本的に勇ましいw
そして美しい話が大好きです。

お玉さんにもう一つ反戦の大先輩方の活動を紹介しておきましょう。
http://kinpy.livedoor.biz/archives/18320966.html


同感だ。
右派も左派もないね。
同じ人間だ。
それがわかるまで、ずいぶんかかるけど……。
同じように卑劣で、同じように崇高で、同じように踏みつぶされている。

……、と、おれも思うぜ。
おばさん。



右派とか左派とか
Looperさん>
>まー、お玉さんが自分のブログを右派とだけ語り合うサロンにしたいのなら、そのスタンスのままで良いと思うけどね。

それはかなり失礼な良い様では?
お玉さんは

>お玉は左の人たちにとっても厳しい・・右の人たちにはほんの少しでも共感できる部分があると、この頃それをとても大きな喜びと感じているの・・おかしいでしょう?
>お玉が左の人たちにお行儀や文章の書きようを突っ込むのは、左の人たちへの期待が大きいから・・

この文章から見るに「右の人に共感できる部分があると嬉しく感じる。左にはもっと頑張って欲しい」という事しか見受けられませんが。
右派と語り合いたいだけのサロンにしたければそのスタンスでいいという言うのは侮辱に等しいと思いますが?
お玉さんは左の人にもっと「右の人でも共感できるような話し合い」をして欲しいという事を言いたいんだと思います。私はそう取りました。


 お玉おばさん
 全然政治と関係ないんですが、私の好きなほのぼの絵日記ブログです。
 お暇なときにでもどうぞ。

http://ameblo.jp/3shimai/
http://carmine-appice.cocolog-nifty.com/blog/


右派だけのサロン
まー、お玉さんが自分のブログを右派とだけ語り合うサロンにしたいのなら、そのスタンスのままで良いと思うけどね。

公平な扱いをされなければ、自然とそこからは去っていくだろうからね。


「要は人間だ」鈴木邦男
「右翼や左翼じゃない。要は人間だ」

「結局は、思想ではなく人間。何を語るかではなくて、何をやるか。そんな簡単なことがわかるのに40年もかかって」

鈴木邦男さん(民族派団体「一水会」最高顧問)の言葉です。
(「AERA」2009年04月13日号「現代の肖像 鈴木邦男」)


はい、自分は不公平です。それでいいんです。って開き直られてもね~

少なくとも、そうだったら中途半端な仕切りはしない方がいいんじゃないの?

そうした問題は右派・左派なんて関係あるか?自分はどっちかに甘いなんてことはしたくないな。議論相手として平等に扱いたいね。

>もっと、語りかけることができるはず、広く考え方を伝えることができるはず、同じことを話すならより伝わる文章を書いてほしい・・・・

で、その言い方、やり方では、逆に左派には伝わらんのじゃないか?と思うけどね。


戦争回避の難しさについては「第二インターナショナル」を参照

そして反戦主義者であった者の転落の可能性
http://kinpy.livedoor.biz/archives/26634040.html
それでも反戦を貫く人
http://kinpy.livedoor.biz/archives/25960641.html
反戦のチャンプ
http://www.geocities.jp/takao_sumii/america0509b.htm

最近のネタで教訓となるのは村上春樹氏です。

民族国家というものをどう捉えるかでしょう。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

な~んとなくだらだらとお仕事がいそがしいのにくわえて、気分体調ともに冴えなくて更新をサボっていたらもう師走の12月になっていた。せ...
アクセスに 感謝いたします! 仕事が忙しくって UPできません。 木・金と泊まり込みで 土曜の夜に帰宅です。 日曜は久しぶりにお・や・す・み! 寝まくりましょう! ? ということで 4月10日頃の 神宮外苑のしだれ桜をUP! え? 土曜に最近元気で バ
「派遣・労働者支援センター」の学習会に行ってきた。このセンターは岡山市の労組の団体や弁護士事務所、生健会などが2月に立ち上げた団体。今回の学習会では、法律事務所から「生活保護申請から生活再建に向けて」の具体例を話してくれたし、生健会からは「相談活動の留...
 本当は久しぶりに入手した 「朝日ジャーナル」 の紹介をしたかったんだけど,体調がイマイチなので,久しぶりに にゃ~2 さまの話.(+_+)☆\ばき!(--;)  左前脚にできた生傷はまだ癒えていませんでした.触ったり,たまたま持っていた消毒用エタノール (+イソプロ...
昨日(4月17日)、『週刊金曜日』PRESENTS スペシャル版 in LOFT/PLUS ONE「検察の暴走を許すな!」を見てきました。青木理さん(ジャーナリスト) 、石坂啓さん(『週刊金曜日』編集委員) 、神林広恵さん(ジャーナリスト、元『噂の眞相』デスク) 、佐高信さん(『週刊
昨日こちらの写真展を見に行ってきました。 コンゴ周辺での500万人以上の人が亡くなられているという紛争の写真展です。 小規模の展示なので遠くから行くほどのものではないと思うのですが 近くにお住まいの方是非行って何かを感じてみて下さい。 写真展  コンゴ民主共
09年4月17日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・不正列島{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・明と暗{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・国外編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
地球の気候当面は「寒冷化」 日経新聞2009年2月2日 地球の平均気温の上昇が頭打ちとなり、専門家の間で気候は当分寒冷化に向かうとの見方が強まってきた。 地球温暖化の主因とされる二酸化炭素(CO2)の排出は増え続け長期的には温暖化が続きそうだが、自然の変動が気温を...
国会議員のツテ誇る 郵便不正容疑、白山会に絡む3人(朝日新聞) - goo ニュースについて  くだらん! 実にくだらん! 郵便割引制度を悪用していた容疑者3人である,白山会の前身「凛(りん)の会」の会長だった倉沢邦夫容疑者・それを引き継いだ白山会会長の守田義国
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。