2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
世襲だからダメなんじゃなくて・・

 たとえば、親が素晴らしい名医で患者さんたちから厚い信頼を受けていたとしても、必ずしも子供も名医になれるとは限りません。小さなときから親の医者としての姿を見ているわけだから、何も知らない人よりは、「学べる環境にあったとしても」それだけで名医になれるわけではないんだよねえ・・

 時々そこを勘違いして同じ様にお医者になって、後継ぎになるケースがあるけれど、子供がヤブなお医者だった場合、患者さんたちはすぐに気がついて、その医院から離れていくんだよね・・だって自分たちの命がかかってるんだもん。

てなことを、この記事読んで思ってしまった。

朝日新聞より

「努力してます」世襲の閣僚一斉反論 制限の動きに

 世襲制がダメだと本気で自民党内の人が感じた理由って何だろう・・・これほど貧困や格差を言われているときに「下々が…」と発言しちゃう総理大臣が出てきたり、「あなたとは違うんです」と逆切れ引退記者会見をしてしまう総理大臣・・・突然周りの迷惑顧みずやめてしまった総理大臣・・・・

とず~~っと続いてたからなあ・

 世襲だから悪いんじゃないよ・・二世なお医者の中には親を超える名医だってたくさんいると思うもの・・・政治の世界だってそうだと思うもの・・・・いけないのはパパの地盤を「票が取れるから」「もったいないから」と安易に受け継いじゃう子供と子供に渡してやろうと子どもの能力をわからないで世襲させてしてしまうパパ、ママ政治家さんの存在・・・

otama↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ                          

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

>小泉さんの19万票に対して8千票しか集められない状態で出馬することが民主主義ではありません。

話になりませんね。そりゃ、どんな「民主主義」なんでしょう?
そんな非常識を平気で「正しい」と強弁されても困ってしまいます。
それとも、民主主義を単純な「多数決」制度と矮小化理解でもされているのでしょうか?

それって、「少数意見には価値がない」と言ってるのと同じであり、少数意見が多数意見となるための機会を奪っても当然だという暴論です。

で、その人が立候補したから、8千人もの方が、その意志表明を公にできる機会が生まれたのです。そうして、次回の選挙では、もっと支持を広げられるかもしれない。そうした機会を奪っていいはずがない。

選挙とは、それぞれがAlternativeな政策を提示し、国民がそれらから選択をする機会です。その選択肢を提示するハードルが高すぎれば、新しい風は入り込めず、国民に十分な選択肢を提供できなくなり、結果、議会制民主主義は健全に機能しなくなる。


う~ん
自分は民主主義というものは。。。

 多数派は、出来る範囲で少数意見を尊重する努力をする。少数派は少しでも支持を広げる努力をする。

この両輪だと思います。

「多数派が、力でねじ伏せ」「少数派が、支持を増やす努力もせずに、自分達は正しい!公平に扱え!と騒いでいる」状態が続けば、先は見えます。

何だか悲しいですね。


Looperさん
Looperさんは、ご自身が何を言っているのか、それをご自身で理解していますか?
Looperさんは、結果的に「草の根運動」を思い切り否定しているんですよ。

私は別に供託金制度にこだわっているわけじゃないですよ。極端な話、無料だっていい。
しかし、国会議員なり地方自治体の首長や議員っていうのが、どういう立場、どういう身分、どういう権限を得ることになるのか、それをご存じでしょうか?
そして、選挙において候補者というのは、その権限を握ろうとしているということを意味していることも踏まえていらっしゃいますか?

少数意見の人が選挙で支持を訴えることは、私は反対はしませんよ。ただ、「就こうとする立場や身分、権限に見合った努力とリスクを背負え」という、ごくごく当たり前のことを述べているにすぎません。

第一、選挙活動というのは、選挙の公示日からスタートするのではありません。
現職ならば現職中の行動が、落選ならば次回選挙までの1日1日の行動が、候補者にとっての選挙活動なのです。
公示日前までに、少なくとも法定得票を得られるまでに支持を集めること、そのために、日頃から「草の根運動」をしてるんじゃないですか?

民主主義とは、何の努力もなく、何のリスクも背負わずに、国民の権利利益、生命財産を左右しかねない地位に就ける仕組みではありません。
小泉さんの19万票に対して8千票しか集められない状態で出馬することが民主主義ではありません。
当選の見込みがまったくないというのは、自分の発言が人々に受け入れられないだけの理由があるのです。選挙に出馬して訴える前に、まずはその理由をきちんと認識して、人々から支持を集められるように自己研鑽するべきなのであって、こんな状態で選挙に出馬することが良識ではありませんし、そういう人のために供託金制度をなくすことが人権保障ではありません。


>お金もなく、当選の見込みのない人が立候補しては何故いけないのです?

お金という資源は無制限ではないからでは?
まあ、選挙の公的資金(ポスター掲示板設置等)も自費でやれというなら話は別ですが。

>当選の見込みが全くない人でも、お金があれば何度も立候補していますよね。羽柴秀吉さんのようにね。で、それは公平なのですか?

それは、その選挙にかかるお金を自分で負担してもよいという覚悟がある人が言うセリフです。
少なくてもその人は、かかったお金のいくらかは「得票を集められない」という理由で没収されているのですから。


それに、権利というのは無制限じゃないことを理解していますか?
居住の自由や職業選択の自由はだれでも保障されていますが、お金の問題でできないことは多々ありますよ。


被選挙権
>そして、私は「供託金を集められない、法定得票数に達する見込みもないような人望で当選するのでしょうか?するはずがないですよね? 」と発言しているはずです。

だから?
お金もなく、当選の見込みのない人が立候補しては何故いけないのです?

当選の見込みが全くない人でも、お金があれば何度も立候補していますよね。羽柴秀吉さんのようにね。で、それは公平なのですか?

被選挙権という権利が、お金のあるなし、当選見込みのあるなしで左右されて良い権利であるはずがありません。

最初は少数意見であったものが、多数意見なることは普通にありますし、その少数意見の尊重は、民主主義が機能するための基本です。少数者である内は選挙で支持を訴える事が出来ないなどというのは、民主主義的であろうはずがありません。


委託金ですが、それだけのお金を集められないで、当然する得票を集められるのでしょうか?

100万だって、1000人から1000円ずつ集めればよいのですよね。1000人に1000円の借り入れ(当選すれば全額返却)すらできない支持で、当選するとは到底思えません。(そもそも1000人程度では当選できないことが多いですが)。逆にそういう草の根の動きがあってよいと思います。
その意味で、委託金制度は金額の面では検討の余地はあれど、選挙という場の意味を考えたら、そんなにおかしくないと思います。

また、世襲に関しては皆さんとそんなに変わりません。医者の息子は医者になっていけないわけないし、スポーツ選手の子供がスポーツ選手になって悪いわけありません。子供のときから他の人より環境的に恵まれているのは事実ですが、それを理由に排除する必要などないと思います。

第一、二世議員だろうが、組合がいくら押そうが、有権者は誰が誰に投票したかわからないのだから、有権者に選ばれなければ落選しますし、落選した際に誰が裏切ったかなどわからないのですから。

>主権在民すら廃止した方が人類のためだという感情を抱いているので。

私は、それは民主主義のリスクだと思いますが、それを差し引いても民主主義よりましな制度はないと思っています。
有権者の認識が常に正しいとは限りませんが、他の国家運営よりは間違いが少ないはずです。

長々と失礼しました。


組合員A様
あなたに指摘していただかなくても、私は供託金制度ぐらい知っています。

そして、私は「供託金を集められない、法定得票数に達する見込みもないような人望で当選するのでしょうか?するはずがないですよね? 」と発言しているはずです。
「自分は当選に必要な有権者からの支持を集められそうにない」という状態ならば、謙虚になって「選挙に出馬しない」という理性を持て、ということです。

供託金制度が憲法違反だという説も、私は知っていますが、私は何も憲法論を述べているのではありません。法的正当性は横に置くとして、供託金制度は、道義的にみた場合、「供託金も集められないような人望なら、選挙に出ない」という理性的な感情を、候補者も有権者も抱けるようになってからの方が適切です。

ちなみに、諸外国で私の論を否定するケースもあるかもしれませんが、そんな事例は、私は徹底無視です。「小泉旋風」や「青島知事誕生」のような有権者の認識ならば、主権在民すら廃止した方が人類のためだという感情を抱いているので。


供託金制度は絶対おかしい
>わくわく44さん
供託金制度を少し調べられたらいかがでしょうか? 

ウィキペディアで読みましたが、日本の供託金額は突出して高いですよ。しかも供託金などない国も多いのです。フランスなど2万円の供託金ですら被選挙権を侵すとの理由で廃止された国もあります。
日本でも「財産又は収入によって差別してはならない」の憲法条項に違反するため違憲だとの指摘もあります。
また供託金がなかったり、低かったりしても選挙のトラブルなどは特段起きてはいないようです。
したがって供託金制度を擁護する根拠にはなり得ません。

ましてや「勝負に負けるつもりで参加するのは失礼」などというのは個人の勝手な考え方です。
そんな情緒論を憲法は認めていません。


供託金制度は厳しい方がよい
供託金制度、確かに厳しいですね。
でも、考えてみてください。供託金は法定得票数に達したら返還されるんですよ。したがって、供託金が仮に1000万円でも、法定得票数に達したら、借入で対応したとしても、候補者の負担はせいぜい金利程度です。(利息制限法ギリギリの金利でも50万円を超えることはまずない。)

供託金を集められない、法定得票数に達する見込みもないような人望で当選するのでしょうか?するはずがないですよね?
いくら「参加することに意義がある」というスポーツの大会でも、「事前準備を怠らず、最高の状態で試合に臨む」のが対戦相手への礼儀であり、礼儀を果たすからこそ「意義のある参加」ができるわけで、「負けてもいい」「準備なんてなくてもいい」という気持ちで試合に臨むのは、決して「意義のある参加」でもないし、それ以前に対戦相手に対して失礼、大会参加者全員を侮辱しているのと同じです。
ましてや、国民の生命財産、権利利益にかかわる首長や議員の選挙なんですから、有権者の支持を得るように努力し、当選を期するのが当然なのであって、「落選してもいいや」という気持ちならば、出馬してはいけません。
それこそ「国民の権利利益、生命財産の大前提・根幹部分に多大な影響を及ぼす職務に従事するための『選挙』を馬鹿にするのか?君は『政治』を馬鹿にするのか?」ということになるだけです。


私も他のブログさんでやりあいましたね。私の持論は「世襲の禁止は憲法違反」というものです。

「憲法をないがしろにしている自民党に言われたくない」との反論もあるようですが、同じ「憲法をないがしろにする」ことをやっちゃいけません。

供託金の撤廃、もしくは軽減も考えましたが、それだと収拾がつかなくなる恐れも…。
ただ「被選挙権」という権利を重視するなら、世襲禁止より門戸開放のほうが憲法の理念にのっとっていますよ。


親の身分は子の賢愚とは関係ない。それを有権者が押さえていればいい話。世襲の禁止は有権者を冒涜するもの。
「供託金制度の撤廃」の方が遥かに有意義。


世襲は
投票する国民にも問題があるのですよね。
そして供託金制度をはじめ選挙にお金がかかり過ぎるために、後ろ盾のない人間はそもそも立候補自体難しいという。


ごめん、追加
肝心なことを言い忘れていた・・・。

イギリスでは、親子の同一選挙区からの出馬が禁止されているけど、議員の子が議員になることまでは禁止していない。
つまり、「国会議員としての能力があるならば、親が国会議員であろうとなかろうと、選挙民は選んでくれる。でも、同一選挙区だと、地盤・看板・鞄を受け継ぐだけの可能性があるから、それは防ごう」というのが確保されていますね。

そういうスタンスならば、私は国会議員の子が国会議員になるのは、別に悪いとは思いません。

ちなみに、民主党の菅直人さんのご子息と、共産党の穀田恵二さんのご子息も国政選挙に出馬しましたよ。(落選したけど。)


地盤をつぐから違和感があるだけでしょうね
政治家の子供が、政治に興味を持つのは当たり前のことです。
「親の引退後に、子供が跡を継ぐ」という構造がイビツなだけで、河野さんのところみたいに、親子で同時に立候補するなら許していいのでないかな、と思います。そして、そのほうが、子供さんを早く世に出せるという点でも、利点があると思います。


付け加えると
お玉さんの発言に付け加えると、『国会議員は選挙で選ばれる、「選挙民」にも責任はある。』という一言ですね。

あとは全面的に同意です。



世襲禁止より、
門戸を広くしてほしいなあと思います。
金も地盤もかばんも無くても、強いリーダーシップとか、思いやりと、賢い知恵のある人がたくさん立候補できたら良いんじゃないかなと思う次第です。






この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久しぶりの更新です。 引越しのドタバタのなかで更新する時間がなかったというよりも、どちらかというと意欲がなかったのですが、とりあ...
 自民党と民主党の中で、「議員世襲」がにわかに「争点」になっているようだ。お互いに、金権疑惑問題は、避けて通りたいものだから周辺の...
今日は、これだけですが・・・ いろいろな意味で けっこう重要な核心部分かも?     いつも、ご訪問&応援をありがとうございます! ...
 すみません.低気圧の通過でひどい下痢風邪になったのと,肩こりがひどくて,15時すぎまでごろごろと寝ていました.(トイレとの往復で完全に睡眠不足.かみなりきらい)  一つだけ愚痴を言わせてもらうと,もうすぐ日本基督教団の教区総会がある.もう6年以上も西東京...
09年4月25日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・関西朝日の4P政治面{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・腹が立ってしかたがない{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・テレビのテロップ集{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・埼玉・財団法人物語{/...
良い参考になる記事を見かけましたのでこちらでも紹介します。 中国のこれらの地域に対する行いを強く批難します。 エベレストを汚す中国:野口 健(アルピニスト) Voice2009年4月25日(土) チベット(西蔵)   2007年07月11日 | 外交 チベットと中国の領土   20...
夜をこめて鳥のそら音は謀るとも               世に逢坂の関は許さじ    小倉百人一首の中の清少納言の歌です。    鶏...
昨日は 大変失礼いたしました。 本日もアクセスに深く感謝いたしております。 ? さて フリチン芸能人問題の日に ソマリア沖の海外違法派兵問題が 衆議院を力ずくで自公が通した。 のに あほなTVのニュースは この問題を軽くスルーしてしまった。 自分で自分の
最新記事の一覧・・・4月分はコチラ。3月分は、コチラ。 *印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。   昨日、SMAPの草彅剛くん(34)が、公然わいせつ罪で逮捕 されたというニュースは、かなりショックだった。(-\"-) excite関連コチラ ...
井戸端の話の花が咲く裏手すたりすたりと巨悪が通る自衛隊のイラク派兵を憲法9条違反とした名古屋高裁の画期的な判決から4月17日で一周年になったという。今日届いた「平和新聞」4月25日号にその特集があった。その一周年記念集会で報告をした弁護士の内藤功氏が「海賊対...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。