2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ロスジェネ編集長の浅尾大輔さん

憲法記念日の日は兵庫県の憲法集会に行きました。
この集会は九条の会とは違って、共産党さんの系列の集会なんだけれど、毎年、別の会場で行われている社民党系列の憲法集会とエール交換をしていて、実行委員長さんが今年も挨拶に来てました。来年こそは、この二つの大きな集会を一つにまとめて、そこに九条の会も入ってやりたいです。

さて・・・・浅尾大輔さんのお話。
語り口がね、なんだか牧師さんみたいに穏やかにゆっくりとお話しするの。市民活動家のイメージからは程遠い雰囲気を醸してました・・しかも冒頭「マタイによる福音書」なんぞを引用したりして・・

「若者たち、労働現場から日本国憲法をつかむ」と題して、表現の自由(21条)団体交渉権(28条)生存権(25条)を通じて首都圏ユニオンでの組合員のたたかいのお話をしていただきました。その中で労働条件の劣悪さからそれを組合を通して訴え、戦おうとしても最終的に示談のような形で口外しないことを念書させた上でお金が支払われる形の解決が多くて、これがネックになり、なかなか労働者が団結できにくくなっている実態を教えてもらいました。

ずっとそうやって押さえつけられてきた若い人たちが、自分たちを本気で守るために立ち上がり始めているそんな心強さもお話を聞いて感じることができて・・良かった。 彼が吉野源三郎さんの「君たちはどう生きるか」のことを取り上げて下さってるのも、お若いのにすごいなあ・・って思ったよ。

さて、この講演会に際して、ちょっと気になったこと・・・
あのね、お玉から見たら浅尾大輔さんっていうのは、「ロスジェネ」編集長としても顔がとっても大きいと思うのね。じっさい、チラシの段階では肩書にそう書いてあったと思ったのだけれど・・
それが、当日配られた資料の中にはロスジェネの編集長だってことは載ってないのね・・彼のお話の中では少しふれてたけれど・・なんでかなあ…大事なことだと思うのね。

ホールの外でのサイン会では浅尾大輔さん、ロスジェネの二号にサインしていたのに・・・・
 

otamaこの頃おさぼり気味のお玉なのに、読んでくれてありがと。↓お読み頂けましたら、どうかポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ                          

 

 



 
Secret
(非公開コメント受付中)

Re: お礼
> ご参加いただき、ありがとうございました。

コメントありがとうございます。

> 浅尾さんのプロフィールについては、チラシだけではなく、集会当日配布した「プログラム」にも明記しており、したがって、「ロスジェネ編集長」などと書かれてております。

当日は会場での紹介と資料にばかり目が行ってしまって・・
本当ですね、プログラムには書いてありました。確認してなくてごめんなさい。

> 別の会場で行われているのが「社民党系列の憲法集会」なのかどうかは、私にはわかりませんが、「エール交換」で挨拶された方は「社民党」の方ではなく、「新社会党」の方です。

これも素人の思い込みで・すみません。

そういえば、二年前の憲法集会のときにも記事にさせていただきました・・・
http://otama.livedoor.biz/archives/50736896.html
これからもがんばってください。




お礼
ご参加いただき、ありがとうございました。
浅尾さんのプロフィールについては、チラシだけではなく、集会当日配布した「プログラム」にも明記しており、したがって、「ロスジェネ編集長」などと書かれてております。

別の会場で行われているのが「社民党系列の憲法集会」なのかどうかは、私にはわかりませんが、「エール交換」で挨拶された方は「社民党」の方ではなく、「新社会党」の方です。


>・なんでかなあ…

機関紙にはロスジェネの宣伝も載せないという偏狭ぶりです。
こんな偏狭っぷりでは、幅広い連帯などとても無理で、護憲運動や本当に変化を望んでいる人の足を引っ張りかねません。
浅尾本人は党派などに拘らないと思いますが、上はそうではありませんから、いつ組織から放り出されるのか、注視されております。

>この二つの大きな集会を一つにまとめて、そこに九条の会も入って
それよりも九条の会をさらに大きくして、彼らには末席を用意してやるだけで良いんじゃないですか?
そういう運動じゃないと、彼らに振り回されることになりますよ。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

09年5月7日 木曜日 二つの国家 今日は新聞の休刊日。 TV番組の中から感じた事を書いてみる。            日本の政界は国家という視点から全く違った政界で、国家より政党、そして政界内の話や政治手法の話が優先しているのが日本の政界。 民主党を引き合い
再び夢見る平等と正義、平和/高橋哲哉 2009年の新年を迎え、日本メディアは国内ニュースでは解雇された非正規労働者の困窮した状況を、国外ニュースではイスラエル軍のガザ空襲を集中的に報道した。現在、日本の労働者の3人に1人を占めている非正規労働者の不安と困
ナショナリズムの両面性/高橋哲哉 2カ月前にこのコラム(11月18日付「フリーター世代の戦争待望論」)で、両極化する日本で非正規雇用労働者として貧困と排除に苦しんでいる若年層の間で、赤木智弘という若者の「戦争が希望」という議論が、一定の共感を得ていると紹介...
 GWも昨日で終わりという人が多いのでは?(・・)mew,too <仕事場、行きたくねぇ~。^^;>  GW中も、アクセス&応援クリックして下さった方々、有難う ございます。m(__)m <例年に比べて、あまりアクセス数や順位が落ちなかった ですぅ。(・・)>  さあ、こ...
どっちもどっちだと思います。 軍備を増強していけば必ず起こることです。 日本だけはこの流れに乗らないことを願います。 中国漁船、黄海で米軍調査船妨害 「危険行為」と米が批判 共同通信2009年5月6日
ゴールデンウィークももう終わりですねぇ。皆さんどんな過ごし方されたのでしょうか? 私といえば、お金もないし、人混みはいやということ...
鋭い風刺にいつも感心させられる橋本勝さん。私は密かに「ゲンダイのドーミエ」と呼んでいます。  今日は「持てば持つほど欲しくなる 強...
09年5月6日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞二面記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝日新聞国際編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・見たくない、聞きたくない話{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
アクセス 深く感謝いたします。 さてさて 連休も本日で カレンダー通りの場合は終了! 明日から 衆院では補正審議開始! 時限付きバラマキに隠れて 大いなる古狸議員の道路予算が復活したり 赤字国債大連発の 後世負担最低補正予算案が 消費税前提で始まる! ...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。