2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
マガジン9条 田村理さんのお話

へいわ活動は宗教とは違うからいろんな考え方の人が入れなければいけないと思います。憲法九条を守る活動はとくに幅が広くて、思想的にも運動論的にも・・考え方がぜんぜん違う人がたくさんいるので、かなり難しいな。

・・・ とか思っていたらマガジン九条で田村理先生が厳しいことおっしゃってる・・

>十文字さんのご意見お待ちしてます~~

マガジン9条 「この人に聞きたい」 田村理さん

「僕が批判する護憲派とは「9条の条文が変わらなければいいから、自衛隊や日米安保などと9条の矛盾をどうするかは当面議論しない」という考えの人たち、「中身はどうでもいいから改正しないために大同団結しましょう」と主張する人たちのことです。」

お玉的には議論するのが大事と言ってきてるけど、本音のところで「とりあえず、九条守りたい人はみんな団結して・・」とも書いてきてるように思いますからねえ。 

「9条に限ったことではないのですが、憲法論議でありがちなのは「条文ではこう書かれている」とか「こういう条文にすべき」というレベルの話で終わってしまうことです。肝心なのは「憲法の条文で定められているとおりに国家=権力を動かせるかどうか」「国家=権力に条文どおりに行動させるにはどうしたらよいか」です。憲法は「使ってなんぼ」なわけで、僕たちが道具としてどれだけ使えるかが重要なんです。  9条も同じこと。本来ならば、護憲派のほうから、9条の理念と自衛隊が海外に派遣されている矛盾をどうやって解消するのか、自衛隊や日米安保を将来どうするのかといったことについて問題提起をすべきです。ところが、現状(自衛隊や日米安保)を全て肯定しながら、とにかく「素晴らしき9条は変えてはいけない」と言う。こうなると、9条はまるで拝礼の対象です。「教育勅語」がそうであったように。何かを拝み、すがりたい気持ちは分かります。でも、9条を拝んだら国家=権力が日本を平和にしてくれるのでしょうか?」

ちょっとだけ反論・・結構お玉の周りの平和主義者は自衛隊派兵や日米安保のことを勉強して闘ってるんだよね・・・でもすべての人にそういう意識を持ってもらうことはとっても難しいの。お玉自身ブログ言論でやってることと、現実の社会での運動にはずれを感じてしまうの。いかに伝えるかということがとっても大事なんだけど、みんなそこで悩んでいるんだもの・・

 他国からの武力による攻撃を武力で防ぐことが自衛権なのだから、憲法9条が「戦力を持たない」と言っている以上、自衛権を持つことも、自衛のための戦争も認められない。国際法上、主権国家である日本に自衛権があることは間違いありません。だから、他の国が日本に「反撃するな」などいうことはできません。でもそのことと、9条が国家=権力に自衛目的であれば戦争を行なう権限を授けているかどうかは別問題です。9条ってそれほど「非常識」。だから価値があるのです。 
 僕が9条改正も現実主義的護憲論も支持しない理由は、「戦争のない世界」という青臭い理想をどうしても捨てられないということに尽きます。とても非常識なことはしっかり自覚しています。それでも、自衛のための戦力を持ったまま「戦争はやめましょう」と言っても説得力があるとは思えません。だから、自衛隊は憲法違反だから縮小する努力をコツコツとやっていく、戦争をなくすためにもっともっとタフな外交能力を身につける、これしかないと思うのです。もちろん、9条の目指す日本は、万が一他国から攻められても抵抗しない国家なのですから、国民の命が犠牲になることも覚悟しなければなりません。

これを(赤字のことろ)さらっいえる人はすごいなと思います。覚悟しなければならない、だからこそ外交能力を身につけなければいけないんですよね。命がかかってるんだから。

  「それでは不安だ」「だから軍隊を持とう」というのが主権者国民の意思ならば、9条を改正して、どのような権限を国家=権力に授けるかをしっかり憲法に定めればいい。それもまた立憲主義のあるべき姿です。  一市民として僕は改正に反対します。でも、そんなことは取るに足らないことです。「国家=権力に必要な権限を授け、それ以外のことはさせない制限を課すことのできる能力をもった国民」を創出することの方がずっとずっと大切だと考えます。  そして、今その能力を示すべきなのは護憲派の方々です。

なんか、ものすごくはっぱかけられている気分・・・・護憲派の中にもいろんな意見が出そうなお話ですね。

国家は僕らをまもらない―愛と自由の憲法論 (朝日新書 39)国家は僕らをまもらない―愛と自由の憲法論 (朝日新書 39)
(2007/04/13)
田村 理

商品詳細を見る

otama

憲法のお話は難しくて・・・でもこの頃憲法は(9条は)道具だとはっきり言える人、増えてきてる気がします。たしかに拝んでおくものじゃないものね。

↓どうかポチッとお願いします。      

 

    

 
Secret
(非公開コメント受付中)

>キンピーさんのゲリラ論は、市民の革命権、抵抗権と
>地続きの思想ではないのか、と想像しています。

で、その「思想」とは現実の戦争の前に全くの無力でしたと。

補給の絶たれたゲリラなんてあっと言う間に壊滅です。そして島国である日本は、容易に補給が絶たれやすい上に、安全な後背地を確保する事もままならず、一億総パルチザン闘争等というものは、単純な兵糧攻めで簡単に制圧されてしまう儚いものです。

島嶼戦で一旦着上陸された後に防御側が守りきった例は、あまり例がないですし。


俯瞰すれば
キンピーさんのゲリラ論は、市民の革命権、抵抗権と地続きの思想ではないのか、と想像しています。社会契約論をベースにしている日本国憲法がそれらを否定するとは思えない。

これに対する改憲を経た正規軍派諸兄にしても、外敵の脅威に対峙する武装という意味では熱量保存の法則が成り立っています。このやり取りが記事ずれにならない為には、田村理の提唱している「突如として熱量が中空に消えてしまいます」とする非武装派の論陣が張られていなければいけないのではないでしょうか。誰もいませんけど。


十文字さん
逆です。
一人ひとりに迫ることが大事なのです。
国家なんて遠い存在で考えるのではなく、コミュニティーと認識できるレベルで戦争というものを考えることが必要なのだと思います。
そこまで考えないからアホな言説がまかり通るのでしょう。

それと憲法9条の前途ですが、日本と朝鮮半島は、米中ロという核大国の間で、また冷戦構造の名残の中で、厳しい立場に置かれていると思います。
しかし、冷戦構造は私たちの意識の中だけに残っている、残りカスのようなものだったと認識する事態に遭遇すると思いますし、東アジアの安定化が進めば、状況は自ずと変わっていくのだろうと思っています。
なにせ主要地域で共栄の道が示されていないのは東アジアだけですから、今の日本を取り巻く状況が世界の基準ではなく、少々遅れているだけなのです。


キンピーさんへ
 え~と、てか、「名誉か生か」なんてシリアスな二択を日本国民一人ひとりに迫られる。
 そんな元凶をつくるのが憲法9条だったとするならば、そのまえにとっとと憲法9条改正して、自衛隊を軍と認めた普通の国にしたほうが手っ取り早いって話になりませんか?

 それでも9条を保有したければ、各国が自衛の為の実力組織を保持することを完全には否定しない選択肢を認める、「穏和な平和主義」を採用するしかない気がします。

 しかし、日本以上の戦争犯罪国家であるドイツが、ソマリア沖問題に絡んで専守防衛政策を捨てるような話が出てきているし、戦前の日本の改悪コピー化した北朝鮮による、核やミサイル問題もあるしで、憲法9条の将来は多難続きといえましょう。


>そうなるのであれば所詮その程度の「国民」なのですから、
>家畜は家畜なりの暮らしをすれば良いんじゃないでしょうか。

なんでしょうね、この「上から目線」は。

奴隷の平和なんて要らないし、パルチザン闘争で国土が焦土と化すのもご免です。

だから正規軍による決戦で敵侵攻軍を撃破するのが、もっとも犠牲が少なくて済むのですよ。


十文字さん
付け足し。

公共の福祉ですかw
伊藤真氏はそれと同時に非暴力の抵抗運動の可能性に言及していますが、私は非暴力でもパルチザンでも表面上の問題にすぎず、どちらを選択するかは状況によって変わると考えます。
この両者の根っこは「服従しない」ということで繋がっていますが、それが無くなったら終わりです。
そうなるのであれば所詮その程度の「国民」なのですから、家畜は家畜なりの暮らしをすれば良いんじゃないでしょうか。
「鎖と隷属の対価であがなわれるほど、命は尊く、平和は甘美なんですぅ!」


キンピーさんへ
>占領時において素通りさせるわけですから、ほとんど
>戦闘は行われません。
>侵略者が日本国内に展開した後で、レジスタンス活動
>をするわけですから、市場も存在したままですし、
>日本が戦場ですから、おもいっきりホームでの活動です。

レジスタンス抵抗を始めた時点で戦闘が始まり、占領地域は戦場と化します。イラク戦争におけるバクダッド陥落後を思い出してください。バクダッド到達前にイラク軍主力は撃破され、バクダッド占領前後は殆ど戦闘は行われずにすんなりと進駐できました。

しかしその後暫くしてから、ゲリラ抵抗運動が始まっています。ここまではキンピーさんの想定に近いです。しかしこの抵抗運動が何をもたらしたか、理解されていますか。

アメリカ軍のみを狙うに留まらず、アメリカ軍に協力するイラク人も狙われ、それどころか無差別な市民へのテロ攻撃も行われ、挙句の果てには塩素ガスを使用した毒ガステロまで発生し、多数の民間人犠牲者が出ています。また占領軍であるアメリカ軍は掃討戦の過程で怪しいものは全て敵と見做し、多くの誤射や誤爆を生んで大勢の犠牲を出しています。

キンピーさんの主張するゲリラ戦は、確実に民衆に出血を強いるものです。民衆の中に潜むのがゲリラです。当然、民衆は戦闘に巻き込まれます。

そのような社会で、真っ当な経済活動が出来ますか? ベトナムやアフガン、チェチェンの経済活動はどうなりましたか? もし日本が同じ状況に陥れば、日本の経済力は失われてしまうでしょう。そして国連に食糧援助を受けなければならなくなり、経済大国としての地位を完全に失うでしょう。

>いったい如何なる理由で、長期に渡り日本を海上封鎖し、
>人民を虐殺することが可能なのか。

全面核戦争で皆殺しにされる可能性は否定しないのに、海上封鎖で餓死者が出る可能性は受け入れられないのですか?

キンピーさんは戦争に関してちょっと想定がおかしいのではないでしょうか。相手が手加減してくれるとでも思っているのですか?

ロシア軍がチェチェンで何をしたか、御存知ありませんか。首都グロズヌイは文字通り焼き払われました。戦略爆撃機と弾道ミサイルによる無差別爆撃、燃料気化弾頭ロケットによる人員殺傷、更には民間人の誘拐まで正規軍が行いました。テロリストの検挙と称し、拷問に掛け、場合によっては家族もろとも皆殺しです。

これが占領軍による対パルチザン掃討戦です。それに対して戦う覚悟が、キンピーさんには見当たりません。

>まるで世界中が北斗の拳の世界になったような世界観。

ソマリアなんか正にそんな状況ですよ。

>戦いたくない人たちの言説を聞いていると、そのうち
>ラオウや火星人の来襲説も飛び出すかも知れません。

レジスタンス闘争では敵の爆撃機や潜水艦に対して全く無力である、という説明がどうしてラオウや火星人になるのですか?

キンピーさん、爆撃機や潜水艦は現実に存在しているのですよ?


十文字さん

占領時において素通りさせるわけですから、ほとんど戦闘は行われません。
侵略者が日本国内に展開した後で、レジスタンス活動をするわけですから、市場も存在したままですし、日本が戦場ですから、おもいっきりホームでの活動です。
だいいち、いったい如何なる理由で、長期に渡り日本を海上封鎖し、人民を虐殺することが可能なのか。
まるで世界中が北斗の拳の世界になったような世界観。
戦いたくない人たちの言説を聞いていると、そのうちラオウや火星人の来襲説も飛び出すかも知れません。


記事違いですので、横レスは、ちょっとコメントを制限して、お玉が承認していないものもいくつかあります。


キンピーさんへ
 う~ん、こういう議論をしようよと煽ったのはワタシですが、拝見するかぎり、キンピーさんのゲリラ戦へのディテールが甘いような…。
「兵器や物資の安定供給を約束してくれる支援国家」の所在について問うJSFさんの突っ込みに、「相手が運んできます。」というご返答は……(汗)。
 もし、キンピーさんの言うとおりでしたら、硫黄島の攻防(1945年2月16日 - 1945年3月26日)で日本軍は米軍に勝てていた筈ですよねぇ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

 もし、もっとディテールを詰めた日本のゲリラ戦を想定されるのであるならば、こちらをどうぞ、
http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%94%E5%88%86%E5%BE%8C%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E9%BE%8D/dp/4877284443
 ただし、この小説での日本のゲリラ兵は、核武装(=相互確証破壊実行能力)まで保有していて、憲法9条の精神に甚だしく乖離しているんですけどねぇ。

 さらに、憲法学上でも問題があります。
 以下は長谷部恭男教授の『憲法と平和を問いなおす』からの抜粋ですが、ワタシはこれに完全同意しております。
http://kiyosakari.blog105.fc2.com/blog-entry-15.html

”(P164)第二の選択肢として、憲法第九条のために政府が軍隊を保持することは許されないが、外国の軍隊が侵攻してきた場合に人民が、群民蜂起やパルチザン戦というかたちで武力抗争をすることは憲法の禁ずるところではないという立場がある。第7章で見たようにルソーは『ポーランド政府論』で、この立場を提唱した。
 この立場は、人民が武装する権利を前提とすることになるであるであろう。憲法による制約の対象となるのは政府の権限及び活動に限られているという考え方からすればこの立場も一応は筋が通っているといえる。しかし、もし九条に関する支配的見解の背後に、「際限なき地獄」である戦争を何としても回避すべきだとの考え方が控えているのだとすると、戦闘員と非戦闘員との区別を限りなく不明確にする「際限なき地獄」の典型であるパルチザン戦争を想定するこの立場は、実力による防衛を完全に否定する絶対平和主義の前提となる戦争感およびそこから導かれる理念と正面から衝突する疑いがある。
 そもそも、日本人の大部分が戦争は「際限なき地獄」にほかならないと考えているのだとすれば、そうした民衆がパルチザン戦に突入したときに起こる状況の凄惨さは、筆舌に尽くしえないであろう。”

 ちなみに蛇足ですが、絶対平和主義者の伊藤真氏はこの長谷部憲法学の見解をチャッカリ引用して、
「内在的制約として許されないはずだからです。人権一般と同様に公共の福祉による制限を受けるということです。 」
http://www.magazine9.jp/juku/061/061.php
などとおっしゃられているのですが、”憲法は権力を縛るものである”という主張をされ、いつもは個人が社会システムから制約を受けることを毛嫌いするお方も、憲法九条が絡むと、「公共の福祉」なる言葉を使い、見事な逆立ちを見せてしまうところもまた、”憲法九条のチカラ”と言えなくは無いでしょうか?

 ただその、”憲法九条のチカラ”が、世界の現実に通用するか否かは、疑問符を付けざるを得ないというのが、正直な個人的感想なのですが……。


キンピーさん
>1、地元住民?日本が戦場です。

ゲバラ理論の1については私も得られているとの前提で話をしています。

>2、相手正規軍は一億人ってわけじゃないでしょう。
>他のことは共産党にお任せ。山村工作部隊の実績があります。
>それに、元自衛官や、警察官も。

キンピーさん、それではゲバラ理論2への反論になっていません。

「逃亡,休養,訓練,再編成などを安全に行う後背地(聖域)」

これはソ連のアフガン侵攻で言えばパキスタンの存在に相当します。ムジャヒディンはパキスタンで編成訓練を行い、アフガンへと再浸透しています。ソ連はパキスタンへの直接攻撃を行えず、ゲリラ策源地は絶対安全領域でした。

しかし島国である日本では安全な後背地が確保できません。既に述べたとおり、海上封鎖されればお終いです。

キンピーさんに聞きます。どうやってレジスタンス闘争に必要な「安全な後背地」を確保するのですか? 何処に確保するのですか?

それと正規軍は一億人じゃないと言って居られるようですが、ゲリラ戦における平均交換比率は100対1です。

これは正規軍兵士を1人殺すのにゲリラ側は100人の犠牲が必要になるということを意味します。

簡単に言えばゲリラ兵力1億名に対し、正規軍は100万名で事足ります。現実には日本の人口の殆ど全てを戦闘兵力として数えるのは無理ですから、正規軍が必要な兵力数はもっと下がります。更に言えばゲリラ戦力を皆殺しにする必要も無いので、必要兵力はもっと少なくなります。

>3、相手が運んできます。

相手の兵器、物資を奪うという戦法ですね。

必ず破綻します。

物資の鹵獲、回収というのは思ったより大変な作業です。時間も掛かり、反撃してくる敵によって包囲殲滅されやすいです。

だからゲリラ戦のセオリーは「敵の補給物資を焼き払う」までで、物資の奪取は自殺行為とされています。

>スリランカは内戦です。

それを言ったらベトナム戦争も内戦ですし、朝鮮戦争も内戦ですね。

>島国まで物資を運び、前線まで補給路を確保しなければな
>らない、侵略者とは全く違いす。

キンピーさん理論では自衛隊解体、一億総ゲリラ戦ですので、侵略者の海上補給ルートを全く妨害できません。そして港から前線への物資輸送は、内戦における政府軍側の物資輸送と条件は殆ど代わりません。

>貴方自身から郷土を守る意思が感じられませんが、

郷土を愛するが故、自国を長期間焼かれてしまうゲリラ戦を否定し、正規軍による短期決戦での勝利を主張します。こちらの方が被害は遥かに少なくて済むのです。

>以後コメントする価値があるか否かに応じてお返事します。

お好きなように。これまでのやり取りを見る限り、貴方は共産主義者なのに、チェ・ゲバラを理解してもいない様子が分かります。

ゲリラ戦をまるで理解していない人間がゲリラ戦を主張するのは、実に滑稽な話です。


JSFさん
1、地元住民?日本が戦場です。
2、相手正規軍は一億人ってわけじゃないでしょう。他のことは共産党にお任せ。山村工作部隊の実績があります。それに、元自衛官や、警察官も。
3、相手が運んできます。

スリランカは内戦です。
島国まで物資を運び、前線まで補給路を確保しなければならない、侵略者とは全く違います。

貴方自身から郷土を守る意思が感じられませんが、以後コメントする価値があるか否かに応じてお返事します。


というかキンピーさん、「正規軍の敵が攻めて来て、日本はレジスタンスで抵抗する」という話ですよね?

私は最初からそれを話しているんですけど。

どうも貴方の認識はおかしくないですか?


>キンピーさん

いえ、私は国家間の戦争ではなくゲリラ戦を前提に話をしています。

参考資料はチェ・ゲバラの「ゲリラ戦争」です。ゲリラ戦の大家、革命の闘士、伝説のゲバラが書いたゲリラ戦のバイブルです。

最高の革命ゲリラ戦士ゲバラ自身が書いたバイブルであるにも関わらず「ゲリラ戦では最終的勝利は得られない」とはっきり明記されており、ゲリラやテロのままでは埒が明かず、「最終的な勝利は常に正規軍によってのみ達成され得る」と述べられています。実際、ベトナム戦争では北ベトナム軍という革命側の正規軍が居ました。べトコンは補助戦力であり、使い捨てられました。

またゲバラの「ゲリラ戦争」より長期ゲリラ戦に必要な三要素は以下の通りです。

1.地元住民の積極的な支持と献身的協力
2.逃亡,休養,訓練,再編成などを安全に行う後背地(聖域)
3.兵器や物資の安定供給を約束してくれる支援国家

1は何とかするとして、島国である日本は2の条件が得られにくいのです。また3の条件が無いゲリラ戦は敗北率が非常に高く、最近でもスリランカのLTTEが政府軍に倒されました。LTTEは自爆テロの始祖であり、史上最強のテロ集団とも言われていましたが、プラバカン議長は戦死し、支配領域を全て失って抵抗運動は終わっています。

日本も島国、スリランカも島国なのです。


JSFさん
国家間の戦争じゃ貴方の仰ってるとおりです。
でも私が言ったのは国家間の戦争じゃー無いんですよ。


JSFさま。連続投稿は管理上、ちょっとつらいです・・

どこからかはわかりませんが、相当な数の方が見にいらしているようです。あしたはものすごい議論になりそうな気もしますが・・(記事違いな議論になるのは管理人として本意ではありません。)

でも、軍事の専門家だからゲリラ戦に憤るのは当然だろうと、知り合いにも言われました・・・・お玉も記事の中で煽るような言い方してますよね。いろんな護憲派考え方に柔軟に対応したいというのがお玉の願いなので・・・ごめんなさいね。
でも、あなたほどの方が、お玉ごときのブログでそこまで教えに来て下さるとは思いませんでした。ありがとう。

それと・・いつぞやは、徴兵制問題などで、かばっていただいたこともありましたね。こんなところでかなり場違いですけれど、あのときは、ありがとうございました。





ゲリラ戦に入った時点で日本経済はお終い
要するに日本本土がベトナムやアフガン、チェチェンのようなゲリラ戦の舞台になったら、日本の経済力ってもう終わりなんですね。

これまでの歴史上、ゲリラ戦争で大国を追い返すには10年以上の歳月が掛かっている訳です。しかも大国の兵士1万人を殺すのと引き換えに自国民100万人を犠牲にして、です。

10年間国土を焼かれ続け民衆が殺され続けるのと、2年間海上封鎖を食らうのと、果たしてどっちが経済力にダメージがいくと思いますか?

明らかに前者なんですよ。経済うんぬん持ち出すなら、まず真っ先にレジスタンス闘争の方こそ真っ先に否定されなければなりません。


本ブログの国民総武装論者の方々はゲリラ戦を齧ったことはあるんでしょうかね。

聖域も外部からの援助もないゲリラは絶対に勝てない。占領を受け入れてからからどうやって聖域を確保するんでしょうね。陸続きの友好国とかないのに。
そしてベトナムにしても中国にしてもWW2のレジスタンスにしても最終的には正規軍的なモノが登場してケリを付けています。正規軍がどんなに嫌でも最終的には正規軍を用意せねばならんのです。

そして繰り返しになるのですがそのレジスタンス闘争とやらでどのような惨劇が起きるのかわかってらっしゃるのでしょうか。国民の支持は集められるのでしょうか。
「俺はやる覚悟あるぜ!」だけじゃねえ…。


>やりちゃんさん
>世界経済が日本の孤立を1年間も放置できる状況って、
>単なる軍ヲタの妄想なのではないのですか。

まるで右翼が「日本が核武装したって世界経済の悪影響があるから経済制裁なんかされる筈が無い!」と主張するのとソックリですね。

楽観過ぎて、まるで覚悟が足りないのではないですか?

キンピーさんは敵占領軍と泥沼のゲリラ戦を行えって主張しているのでしたよね? ベトナムやアフガンはそのゲリラ戦争の最中に経済なんてメタボロですよ。

つまりどっちみち日本国の経済活動なんてお終いなんです。キンピーさんのように本土での地上戦を選択しても、海上封鎖を受けても。

戦争になっても経済活動を維持したいなら、ゲリラ戦などやってはならないし、海上封鎖もされてはならない。

結局は強力な正規軍で戦え、という話なんです。


ゲリラ大穴論の救いがたい大穴
>JSFさんへ

世界経済が日本の孤立を1年間も放置できる状況って、単なる軍ヲタの妄想なのではないのですか。閉鎖直前のは円相場幾らですか?ドル対ユーロは?ライボーは何%?原油や金の価格は?ドーハ・ラウンドはどれだけ進展してるの?停滞したまま?米政権は民主党?共和党?英国は労働党のまま?安保理の見解は?軍事情報だけ細かく予測しても意味ないのでは?


キンピーさん
>なんで丸腰で平和に暮らしている人々に近代兵器在庫処分ショーみたいことになるんですかね。
----

なんでもなにも、それが普通なんですよ。

ソ連なんかはアフガニスタンに2000発のスカッド・ミサイルを叩き込んでいきましたし、チェチェン紛争では最新鋭兵器の試射場みたいな感じでしたね。新型の燃料気化弾頭ロケットが各種、投入されています。

>奥深くまで「イラッサーイ!」と言っているのに。

いらっしゃいと待ち構えている所にノコノコと出掛ける馬鹿は居ないです。

日本を降伏に追い込むなら上陸して本土決戦する必要すらない事は、太平洋戦争で示されました。

もし降伏があと数ヶ月遅れていたら、日本本土は餓死者を出していたでしょう。B-29爆撃機による空中投下機雷での港湾封鎖作戦「オペレーション・スターベーション(飢餓作戦)」の効果です。

レジスタンス闘争では何の抵抗も出来ないで負けるしょうね、日本という島国の防衛戦では。


薩摩長州@武装せる護憲派さん
>侵略者へのレジスタンスは最後の一兵たりとも祖国の土を踏むことを許さない完全殲滅戦の絶対戦争だ。
----

完全殲滅の絶対戦争などいう言葉を、レジスタンス闘争如きに使わないで欲しい。

完全殲滅の絶対戦争などとは、核兵器を用いた敵国民丸ごと殺戮するような行為に対して、ようやく初めて用いられるものです。

或いは潜水艦と機雷で敵国民を餓死に追い込むやり方ならば、大量破壊兵器を用いずとも、通常の戦争よりも遥かに多くの人を死に追い込む事が可能です。

そして核兵器相手にも潜水艦相手にもレジスタンス闘争は無意味です。

日本のような島国は、補給が絶たれやすく、絶たれた時点で抵抗運動の継続は絶望的です。


JSFさん
なんで丸腰で平和に暮らしている人々に近代兵器在庫処分ショーみたいことになるんですかね。
奥深くまで「イラッサーイ!」と言っているのに。

服従はしませんが。


一億総ゲリラ戦理論の大穴
キンピーさん
>小火器の備蓄さえ役所にあれば、侵略者を内部深く
>まで誘い込み、レジスタンス闘争ができます。生き
>たまま脱出させない。

実は似たような議論を数年前にmixiでやりましてね。相手は元中核派闘士のアッテンボロー氏です。最終的に彼は私の「ゲリラ戦には限界があり、国家防衛に正規軍の大型兵器は必要」という説明に納得してくれましたよ。

簡単に説明しますと、そんなにレジスタンス運動が凄いんでしたら、私が侵攻側なら日本を占領しません。潜水艦と機雷で海運を遮断すれば、1年以内に日本列島から餓死者が出始めるでしょう。他は都市部への戦略爆撃と弾道ミサイル攻撃ですね。反撃を何も気にせず幾らでも市民を殺せます。

もうお気づきでしょうが、レジスタンス運動では潜水艦にも爆撃機にも弾道ミサイルにも対処できません。

国家の戦争の目的とは必ずしも敵国の占領にある訳ではないのです。例えば『全面核戦争』は相手を絶滅させる戦争であり、敵国を占領する必要がありません。相手を滅ぼし、自分が生き残れば勝ちです。そのような形態の戦争に対し、レジスタンス抵抗運動など何の意味も持ちません。

もし自衛隊を解体し、全てレジスタンスで一億総ゲリラ戦を挑む場合、敵の大型兵器に全く対処が出来ず、海上通商路を遮断された時点で日本の命運は尽きます。

笠井潔『国家民営化論』一億総ゲリラ戦理論の大穴
http://obiekt.seesaa.net/article/59861801.html


そもそも
>全くの合憲です。

国家による交戦じゃないから9条に反しない、だからよし、ってねえ…。9条守るかわりに国民生活破壊してどうすんだよと。


じゃあ最後に
終わりと言ってるので、私も薩摩長州さんに関してはこれで終わりにします。

薩摩長州@武装せる護憲派さん>
イラク戦でも実戦が初めての兵士はたくさんいました。
実戦経験が無い事はたいした問題じゃありません。そもそもその為に訓練してるわけですが。

傭兵>
規律で処刑があるなら、普通は戦って死ぬ方を選ぶでしょうに。
彼らが戦う理由は様々ですが、誇りの為、そこでしか生きられない為、趣味等があります。
信用第一の職ですから、実績のある傭兵は裏切る可能性は低いです。
というかそもそも傭兵の話はキンピーさんが何故か出してきただけの話で、本来関係ないのでここまで。

優先順位>
数万人と数十人、片方しか救えないならどっち選ぶ?
私が言ってるのはそういう事です。
両方救えるに越した事はありませんが、そういう問題が発生する可能性があるという事です。
だから軍隊が民衆を救わない、のではなく、救いたくても救えない場合もある、という意味です。

戦争>
民衆を戦わせるのは被害を増やすだけで全く意味がありませんし、そこまでやるための準備として国民全員の思想統一、手軽に扱える武器の配備、定期的な訓練、有事の際の速やかな組織構築が必要となります。
ようするに国民総軍隊論であって、机上の空論にしか過ぎません。
これが日本で出来るとは到底思えません。

侵略されたら>
9条は当然破棄されますね。白旗揚げればそうなります。
フレンドリーでなければ抵抗する?フレンドリーなら属国で構わないわけですか?

自衛隊>
丸投げではなく、専門的なことは専門家に任せるべきという事です。
素人がでしゃばっても邪魔になるだけ。
職場が修羅場ってる時に幼児が配属されても邪魔にしかならんでしょ。幼児が増えればそれだけ負担も増えていきます。
自衛隊以外の人間が協力出来る事は、有事の際に自衛隊を多少なりとも動きやすくする事。ガイドラインを整え、ケースバイケースに対応出来るようにする事。

なんか護憲派の人は手段が目的化してるように見えます。
9条は日本の安全保障を実現するための手段の一つに過ぎません。
9条を守る事ありきで考えるからこんな国民総武装論が出てくるんだろうなぁ。
それで9条を守ったとしても、9条自体は形骸化してるでしょうな。

これ以上議論を続ける場合は、一言書けば私のブログで記事にします。


ま、大目に見るけど
果てしなく別次元へ突入しつつあるので、ブログお持ちの方はご自身のところへお持ち帰りを・・


表にでるかでないか
ならば、そんなにすばらしい”武徳”をみにつけたスイス傭兵に「国防」とやらを一括外注したらいい。目の前で人の頭をスイカ割のように撃ち飛ばした経験のない自衛隊は即実戦でつかいものにならんよ。

そもそも、帝国主義軍隊が処刑をもって、規律を律せねばならないのは、軍の壮強さにあるのではなく、徴兵制や金でつられた寄せ集めが、いくら武器の使い方に習熟し、訓練をかさねても、前線で直接に互いに顔が見える距離で命をやりとりする場面で、バックギアにシフトがはいるようでは勝負にならないから、進むも死、退くも死の”死を担保にした軍規”が必要なのだ。死なないためのスキルの高さだけでは超えられないものが多いことが生の戦争、ゲームやってんじゃないんだから。ただそれだけのはなし。”ちゃんとした傭兵”とはどんな傭兵?
”彼らには闘う理由がある”って金以外になにがあるのかな?

現実問題というなら、人民をまもること意外になんら上位に置かれるものはないだろう。ブルジョアイデオローグがたれ流す嘘ですら、「軍は国民の生命財産を守るためにある」とかいっているではないか。ネッドさんは正直者だ。私はそんな正直者のネッドさんが大好きだ、愛でいっぱいだ。「軍は国民の生命財産を守ります」という大見出しのあと、虫眼鏡で見ないと読めないような小さな文字で、”ただし、状況によっては重要施設の防衛、皇居、軍の拠点施設、原発等の防衛が最優先であり、その場合、国民の皆様の生命財産はおまもりできなきことがございますが国のためということでご了承くださいませ。”と書かれた政府公報がくばられたとしよう、”しょうがないよね”と納得する国民がどれだけいるかな?そもそも、ネッドさんの国民を犠牲にしても守るべき”国、国家”ってなんなんだい? 土地かい? ネッド邸か、都庁?国会議事堂?、原発?それともテンノーヘイカーか?

そう、国家VS国家を想定した「近代戦」では通用しないかもしれない。だが、国家VS国家の枠組みをこえた民衆という現代戦では非常に有効だ。古くは、ナポレオンのフランス国民戦争、そのナポレオンを撃退したスペインの一斉武装蜂起、グエンザップ将軍のひきいたベトナム解放闘争、フランツファノンひきいたアルジェリアの民族解放闘争いくらでもでてくる、ご存じなければ「革共同の内戦論」でもおよみになるがいい。そもそも、ネッドさんは私が提示した「戦争と革命の基本問題」に目も通していないね。軍事は兵器のスペックを語ることでもなく、火力の足し算引き算で優劣をおしはかることでもない。

”戦争は敵戦闘力を無力化し、戦闘意志を粉砕し、己の意志を掟として強制することだ”。国家VS国家は物取り条件闘争だから首都や、戦略拠点を攻略された時点で講和へと収束するが、侵略者へのレジスタンスは最後の一兵たりとも祖国の土を踏むことを許さない完全殲滅戦の絶対戦争だ。
攻撃と防御の非対称性ってわかるかな?もうちょっとリアルな戦争の科学を学ばんといかんね。まずは孫子の兵法かクラウゼヴィッツの「戦争論」あたりをお読みになるがいい(ちょっと”くわくわ風、ごめんね、えらそうで)。あたためてリンクをあげておく。

ナポレオン 近代戦の性格について
http://kangun.blog123.fc2.com/blog-entry-149.html
ニッコロ・マキアヴェリ 「戦争と革命の基本問題」「戦争と民衆」
http://kangun.blog123.fc2.com/blog-entry-151.html

はなはだ、机上の空論のようにみえて、いままさに”喝”をいれんとす、お玉さまのお姿が目にうかぶようだが、
一気に現実論に引きもどすなら、憲法9条を断固としてかえない覚悟は、民衆がみずからの手で自分らをまもることの覚悟でなければならない。と、どうじに、伊勢氏がいうように、軍を「出前」しない国際協力の道を必死に模索すること。マジで侵略されたら、人的被害をさけ、とりあえずさっさと白旗あげて降参すればいい、国民が死なずにすむなら首都を制圧されたってかまわない、その結果がもし、敗戦後日本で手を出せばチョコレートくれたアメちゃんみたいに、侵略者がフレンドリーならそれでもいいじゃん。だがあいにくそうでなかったならば、具体的現実として、侵略者が、政治的、経済的、軍事的に抑圧、搾取、収奪、暴虐の限りをつくすのであれば民衆はそれに抗すればいい、愛するものを守るため、自分を守るため闘えばいい。そこでは、”覚悟”などと気張らずとも、デフォで、息子を殺された親父は同じ境遇のものと団結して息子の仇をとるだろう。それに同情、同調するものは彼らを物心両面から支援するようになる。世界中の抑圧されし民がみんなしていることだ。もち、そのときは自衛隊がいるなら大事なお友達だ。

自衛隊に丸投げおまかせを決め込んでいるお花畑な改憲派にはわからないだろうが。ことはきわめて現実的にたてられるべきでだ。オオカミ少年は帝国主義者とその意に忠誠を誓ってやまぬ不当なエピゴーネンたちにほかならない。キンピーさんの”貴方は他人に守ってもらいたいがために、9条が邪魔だと言ってるだけです。”という言葉は、まさに言が肯綮に中る。胆に銘じておくとしよう。民衆が自らを、愛するものを、大切なものを守る気概にあふれ、自ら進んで武装し、かつて、その恐ろしさにヒトラーがよけて通ったスイスのようになるもよし。一家に銃一丁なんてけちなことはいわない、一家に一台PAC3もまたよきことかな(これはネタ)。

さあ、はたして長くて、愛のたりないこの話が、お玉企画に適合するか。たいへんきわどいところではある。きりがないから、ほんとにほんとに、これにて、おはり。 没になっても悔い無し。


怖っ!
>薩摩長州さん
怖っ!ぶち怖っ!ばり怖っ!めっさ怖っ!
バルチザンってどういうものか理解されてないご様子。
バルチザンとはぶっちゃけテロリストの自称でしかありません。
はっきり言って国民総バルチザンとかなったら「支配側」は
国際法に基づき国民皆殺しを許されます。
中国や朝鮮の人が「国民全てが日帝支配に抵抗したとよく言われますが
もしそれが本当なら南京大虐殺は国際法からみれば
正式な軍事行動扱いであり、中国人、朝鮮人を一人残らず
絶滅させたとしてもそれは「正しい行い」となります。
中国と南北朝鮮の方々はそれを理解されてないようですが。
ひょっとしたらノムタンは理解してたのかもしれません。
なんせ「韓国の不利益になるなら国際法など無意味」とまで
言い切りましたからね、あの人。


>やりちゃん
>理解できないのは相手の書き方が悪いと勝手に決め付けるのは~分業化社会への盲従と~

 いや、やはりあなたに文章力がないと思いますよ。わたしも読んでいてところどころしか理解できない。高度分業化社会に否定的(らしい)としても、手作りの品(この場合はあなたの文章)がゾンザイな作りでいいということにはならないと思います。専従者より質が劣るのはよしとしても、壊れているとか使えない、では困ります。


>規範やモラル、日本人のすがた→憲法→諸法規になりますね。

 じゃ、民意が「この憲法、おかしくね」となったら、変えたらいいじゃないですか。むしろ変えられる仕組みが常に機能していないとおかしなことになる。


 記事の田村理氏も云ってますね。


>もちろん、9条の目指す日本は、万が一他国から攻められても抵抗しない国家なのですから、国民の命が犠牲になることも覚悟しなければなりません。
 「それでは不安だ」「だから軍隊を持とう」というのが主権者国民の意思ならば、9条を改正して、どのような権限を国家=権力に授けるかをしっかり憲法に定めればいい。それもまた立憲主義のあるべき姿です。

 そのとおり! だから私は9条に反対します。そして民主主義の実現を望みます。
 もちろん田村氏が1市民として希望する日本像を述べることには賛成します。むしろもっと云え。
 またキンピー氏らも、民衆蜂起による国防論をより強く主張すべきでしょう。護憲派が民衆の武装を前提としている、と考えるなら、それを国民一般に周知し選択させるべきです。

 最悪なのはこうした情報を秘匿したまま、国民に選択させないことです。それは民主主義の否定、民衆放棄ですね。


ピコピコパコパコスコスコギンギン
>わくわくさんへ

やりちゃんに敬称は不要ですってばよ。

憲法は規範の表出です。順番でいうと、規範やモラル、日本人のすがた→憲法→諸法規になりますね。田村理は、憲法をわくわくさんの言う足枷(道具)に使って権力にアプローチすることにより平和主義を実現する、規範やモラル、日本人のすがたを改変する、と言っています。あべこべですね。

規範やモラルで自らを律するのが人間の尊さである筈なのに、武装放棄という物理的に戦争が不可能な状況を作り出すことが平和「主義」なのだという。志が低すぎます。けだものと変わりないじゃない。

少し前までは、望まない妊娠イコール堕胎という風潮がありました。今では「でき婚」などと言って新しい生命を歓迎する。日々の営みの中で編まれる日本人のすがたが、よい方へ向かっている。憲法に表出されるかどうかはわからないけれども、それは確かにそこにある。平成21年における国体の精華です。別に誰かが道具を使ってどうこうしたわけじゃない。自然とそうなった。平和主義もわくわくさんや、ネッドさんや、みんなみんなで編んでいくものでしょう。世間知らずの学者が権力に干渉して作るものじゃない。

田村理はビートたけしの「俺は絶対テクニシャン」でも聴いてりゃいい。「う~ん、ビニール本」とか言ってりゃいい。


9条を守るために戦え、とは
薩摩長州@パルチザンさん>
>傭兵は信用第一かもしれないが、死んでお金を受け取れなくなるような闘いはしない。ところが、戦争というのは”敵戦闘力の殲滅、味方戦闘力の保持”つまり「殺し合い」なので、御身大切な兵はあてにはならん。

ちゃんとした傭兵ならその心配はありません。
規律に背けば処刑ですし、彼らには戦う理由があります。
スイス傭兵なんか全滅するまで戦った事があるので、今もバチカンで雇われてます。

>庶民を見捨てて重要施設を守り、国を守って庶民を守らない、ネッド一家は皆殺しになっても、国が残れば満足かもしれないが、圧倒的多数の国民は、そんな”軍隊”はノーサンキュウですわ、というだろう。おもいっきり脱力である。

現実問題として「優先順位」というものがあります。例えば原発守るか数百人の民衆を守るか、どっちかしか助けられないのであれば、より優先順位の高い方を取ります。
これは軍隊だろうが民間が戦うのであろうが同じ問題は出ます。
少なくとも軍隊は好き好んで民衆を守らない、という事は無いんで。

>戦争は、”敵の戦闘意志=抵抗する精神”を粉砕しつくしたとき勝利するものであって、首都が制圧されようと、矢玉がつきようと、戦闘意志が健全であれば、一時の戦略的撤退(毛沢東の大長征)もあるし、スキ・クワ・スコップから石、なんでも武器にして戦闘継続は可能。日本人一人一人が本当に心の底から”鬼畜米英”精神で武装していたなら、もう4~50年はレジスタンス運動継続で勝ってたかも。でも、だまされて、嫌々やってた戦争だからそうはならなかった。

近代戦ではそれは通用しません。
目標となる拠点を落として政治的に解決して終わり。
相手が共産主義国の場合は虐殺されて終わり。
抵抗したところでテロリスト扱いで、民間人の被害が増えるだけです。

>国民総武装による巨大な大地の反乱の恐ろしさをネッドさんはご存じないらしい。

国民総武装って・・・
各家庭に銃でも配る気ですか?
具体的にどの国でそういう事が起こったか挙げてくれませんか?

>軍にお任せの代行主義に劣化した「国民」はこうした闘いをつうじてピッカピカに光り輝く国民へと生まれ変わる。

戦前に逆戻りの思想な気が・・・


護憲派が好戦的に見えてしょうがないんですが・・・少数派だと思いたい。


佐久間良子ハアハア、中村玉緒萌え
>ネッドさんへ

あなたは書き込みしていて楽しいですか。理解できないのは相手の書き方が悪いと勝手に決め付けるのはよくない態度だと思いますよ。読解力の不足を疑ってもみないところは、分業化社会への盲従と通ずるところがあるのかもしれない。

〇簡潔
×完結

高度分業化社会は万物の商品化と対をなしています。カット野菜や簡易フーゾクは、あなたに野菜を切ってくれる人、優しい行為をしてくれる人を、ある意味奪いつつある。「いや、これは間に合わせだから」と思っていても、いつの間にかそれが常態化して、二度と抜け出せなくなってしまうかもしれない。通貨と信頼で成り立つ社会システムに全依存しているところへ、ある日突然メトロン星人や日本共産党が現れて、それを粉々に破壊してしまったらどうするのですか。私は人間には譲れない一線というものがある、と考えています。キンピーさんもそうなのではないでしょうか。

「人間の條件」や「戦争と人間」が人の心を動かすのは、徴兵制があったからです。原作者が実際に戦争に行ったからです。私たちは五味川純平や、野間宏や、水木しげるの目を通じて戦争を記憶しています。「火垂るの墓」や「ガラスのうさぎ」だけでは足りないものがあります。平和への希求を分業化したいですか。


気概?覚悟?レジスタンス闘争?軍は守ってくれないから命を賭けて自分で戦う?

何か護憲派のイメージが変わってしまいました。小市民的な、ささやかな幸せを大事にするという点では共通認識が持てるかな、とか無邪気に考えていた私が愚かだったということなのか…。

>右からは「売国奴」、左からは「資本主義の犬」などと面罵されてしまいますよ。

私はそれで構いません。

実際軍事的安全保障は正規軍(≒自衛隊)に委ねるのが最も効率的だと思うのですが…。

9条の理想ためにやれ国民皆兵だレジスタンス闘争だなんて要するに「9条イデオロギーのために戦って死ね」ってことじゃないですか。
9条よりわが身が大事で何が悪い、と言いたい。



しかしレジスタンス闘争への幻想もひどいもんだ…。


どうもよく分からない。
やりちゃんさん>
>私は、極限にまで発達した分業化社会を向こう見ずに盲信していると、メトロン星人に狙われちゃうよ、と言うことを言っている訳で、分業自体を否定しているのではありません。非武装論と軍隊にお任せ論は等しくお花畑だ、という視点はとても重要です。カット野菜とか、本番行為禁止のフーゾクとか、人類の飽くことなき森羅万象の商品化はどこまで突き進むのか。なぜ挑むのか。

やりちゃんさんが何を言いたいのかがいまいち分かりません。
皆が国を守るという意識を持つべきだ、という話ならばそもそも9条に関係の無い話だし。
もっと完結に要点を言ってくれませんか?

徴兵制>
規範で徴兵制を語っても意味がありません。
徴兵制とは純然たるシステムであり、メリットデメリットで語るべきものです。

一応キンピーさんの案を実現する方法はあります。
それは自衛隊を名目上だけでも民間軍事会社にする事。
政府と専属契約を結んだ、という事にしておけば憲法の縛りも無い軍隊の出来上がりです。
まあ問題が多いので現実的ではありませんが。
そもそもそこまでして9条を守る事に何の意味があるのやら。


恐るべしは”一斉武装蜂起”
傭兵は信用第一かもしれないが、死んでお金を受け取れなくなるような闘いはしない。ところが、戦争というのは”敵戦闘力の殲滅、味方戦闘力の保持”つまり「殺し合い」なので、御身大切な兵はあてにはならん。

庶民を見捨てて重要施設を守り、国を守って庶民を守らない、ネッド一家は皆殺しになっても、国が残れば満足かもしれないが、圧倒的多数の国民は、そんな”軍隊”はノーサンキュウですわ、というだろう。おもいっきり脱力である。

戦争は、”敵の戦闘意志=抵抗する精神”を粉砕しつくしたとき勝利するものであって、首都が制圧されようと、矢玉がつきようと、戦闘意志が健全であれば、一時の戦略的撤退(毛沢東の大長征)もあるし、スキ・クワ・スコップから石、なんでも武器にして戦闘継続は可能。日本人一人一人が本当に心の底から”鬼畜米英”精神で武装していたなら、もう4~50年はレジスタンス運動継続で勝ってたかも。でも、だまされて、嫌々やってた戦争だからそうはならなかった。

国民総武装による巨大な大地の反乱の恐ろしさをネッドさんはご存じないらしい。それは徴兵制などと強制されるものではなく、国民の自発的意志によるものであるが故に、時に激しく、時に緩やかに、粘り強い強靱な戦闘意志としてたちあらわれる。飲み水には毒が、道をあるけば落とし穴、空からは煉瓦が降ってくる、夜道を歩けば後ろから刺される。100万の軍隊も毎日一人殲滅すればいい、年月を重ね、毎日誰かが殺られるという恐怖に軍の士気は地に落ち、とめどない恐怖に支配された軍は瓦解するだろ。銃をもつもの、戦士の生活をささえるもの、情報を集めるもの、国民のだれもが能力にみあった広範な闘いのネットワークへの参加がそれを可能にする。

軍にお任せの代行主義に劣化した「国民」はこうした闘いをつうじてピッカピカに光り輝く国民へと生まれ変わる。

参考に自ブログから「戦争と革命の基本問題」より「戦争と民衆」をあげさせていただきます。
http://kangun.blog123.fc2.com/?q=%B7%AF%BC%E7%CF%C0


記事違いなのでこれでおはりにします。ごめんチャイm(_ _)m


憲法はツールでいいよ
やりちゃんさん、「規範を表出した」というなら、なおさらツールでいい。いったん定めた規範でも、それがかえって足かせになるのなら、改定してもいい。

憲法の条文が何を意味するのか
その条文は何のために定めているのか
その憲法のベースとなる目標・目的は何なのか。

こうしたことが、憲法よりも大切なことなんじゃないかと思いますね。

私は、リアルでは常に、9条護憲派に対してこう言っています。
『9条に疑問の目を持つことは大切だ。9条は経典ではない、綻びもあるだろう、欠点もあるだろう。でも、それに気づくことは、その欠点や綻びを修正あるいはカバーするきっかけになるんだから、かえって9条実現に近づく。第一、疑問の目を持って議論するのは、9条に対する最大の宣伝にもなるじゃないか。』ということです。

もっとも怖いのは「理想的ではあるが、現実的ではない」ことで9条への熱が冷めることです。一般庶民にとって9条が嘲笑する存在になってしまったら、9条の実現などもはやありません。理想を推し進める余り無理な主張を繰り広げると、今度は「9条教」みたいな宗教に陥ってしまう。

議論を通じて「理想は9条だが、現実をみて一歩後退する。でも、あくまでも目標は9条だ。」というのもアリです。
改憲したからといって、9条を論じてはいけないことはありませんし、「9条に戻そう」運動が起こることも、改定後の条項を批判するのも、大いにやればいいと思います。

私のような改憲論にしてみれば、護憲の側が憲法をツールとして使いこなし、9条に疑問や課題を提示してクリアする姿勢を持っている方が、よほど「改憲しにくいな」と思うんですがね・・・。


規範の表出たる憲法を「道具」だなんて言わせない
>ネッドさんへ

キンピーさんがよく言っていることですが、相手の投稿の本質を読み間違えた振りをしてまで「反論の為の反論」を続ける必要はありませんよ。

私は、極限にまで発達した分業化社会を向こう見ずに盲信していると、メトロン星人に狙われちゃうよ、と言うことを言っている訳で、分業自体を否定しているのではありません。非武装論と軍隊にお任せ論は等しくお花畑だ、という視点はとても重要です。カット野菜とか、本番行為禁止のフーゾクとか、人類の飽くことなき森羅万象の商品化はどこまで突き進むのか。なぜ挑むのか。

>徴兵制は現状ではデメリットが多すぎて意味がありません

メリット、デメリットを勘案した観測は精神論に優位する、というのも無邪気な信仰じゃないですか。しかもその内容は国防論だというのに。キンピーさんは、保守思想の重要キーワードである「規範」の尊さを説いているというのに、それに対して損得論をぶつけてくるだなんて、右からは「売国奴」、左からは「資本主義の犬」などと面罵されてしまいますよ。


徴兵制
連投になってしまいますが・・・

やりちゃんさん>
人は1人では生きられません。
皆が集まって組織や国家を形成しています。
ようするにそれぞれ役割分担を決めてるわけです。
ここで必要なのは、それぞれの役割をよりやりやすくするためのルール。
9条は既に前提から崩壊してるので、現状から変えなければこの先対応できません。
身体的な面で自衛隊に入れない人もいます。そういう人たちに「銃を持って戦え」と言うのは酷でしょう。
そういう人たちの出来る事は「自衛隊を軍隊として認め、ちゃんとした法整備を整える」事です。
9条というは国家の安全保障体制の指針です。
安全が守れないならば、変えるべきです。

あと徴兵制は現状ではデメリットが多すぎて意味がありません。


精神論
キンピーさん>
>だからもヘチマもないんです。
>傭兵は最後まで戦ってくれません。
>職業軍人も役人気質をオモックソ持っていますから、場合によっては庶民より組織を守ろうとします。

傭兵は信用第一なので金を払ってるうちは最後まで戦います。
というかなんで傭兵という話が?
軍隊は国を守らなければなりません。
庶民を見捨てても重要施設を守るという事はあるでしょう。
しかし、庶民を守ったが故に国を守れなかったのでは本末転倒です。
これは軍隊関係無しの話なので意味がありません。

>無茶もカト茶も無いんです。
>庶民は逃げるところが無いんです。
>そういうのが一番強いんですよ。
>北朝鮮どころか米軍相手でも追い払えますよ。

精神論では勝てません。
そんなもので勝てるなら日本は昔勝ってたでしょうね。

>貴方は他人に守ってもらいたいがために、9条が邪魔だと言ってるだけです。
>そんな去勢された「国民」が多数になった時点で既に精神的に滅んでます。
>そして劣化した「国民」など、遅かれ早かれ歴史から消え去るだけです。

極論であり、詭弁ですよそれ。
犯罪に対して警察はいらない、民間でなんとかしよう、という理屈ですから。


メトロン星人に聞いてみよう
>ネッドさん、キンピーさん

話が核心に迫ってきましたね。

>他人に守ってもらいたいがために、9条が邪魔

通貨を媒介にする高度に分業化された社会システムが発達して、私たちは名前も顔も知らない人々の力を借りて暮らすようになりました。老人の介護に手が足りない、若者に職がない、という社会問題に直面した時に、人々は「社会が悪い」「政府がなんとかしろ」と声を上げることで解決しようとしています。やりちゃん用語では、これを「為替手形型救済欲求」と呼んでいます。為替手形とは、振り出した人と支払う人が違うというちょっと珍しい手形です。両者に債権債務の関係がある場合に用いられます。手形の決済には、通貨や金融機関、統一ルールといった包括的な為替システムが必要とされ、当然のことながら、それらは信頼のおけるものでなければなりません。

システムをどんどん肥大化させるのもよいのですが、一方で物々交換や人工返しのようなシンプルな決済手段を見直すことも必要なのではないか、というのが最近のやりちゃんのテーマです。顔の見えない社会を盲信し過ぎることなく、地縁血縁というものを、もっと選択肢に含めるべきじゃないのかな、という気がします。これは極めて保守的な考え方かと思っていたら、「左翼の星」キンピーさんから、郷土・人を自らの手で守る、という言葉が出てきたのは驚きです。やられたな、という感じです。ネッドさんはゲリラ組織のようなものを想像しているので戸惑ってしまうのかもしれませんが、キンピーさんの思想を、やりちゃんが以前から主張している徴兵制度の復活に活かせば、俄然現実味を帯びるのではないでしょうか。

「自分には関係ないからそんなこと言えるのだろう」という年齢に私がなってしまう前に実現して欲しいものです。


ネッドさん
だからもヘチマもないんです。
傭兵は最後まで戦ってくれません。
職業軍人も役人気質をオモックソ持っていますから、場合によっては庶民より組織を守ろうとします。

無茶もカト茶も無いんです。
庶民は逃げるところが無いんです。
そういうのが一番強いんですよ。
北朝鮮どころか米軍相手でも追い払えますよ。

貴方は他人に守ってもらいたいがために、9条が邪魔だと言ってるだけです。
そんな去勢された「国民」が多数になった時点で既に精神的に滅んでます。
そして劣化した「国民」など、遅かれ早かれ歴史から消え去るだけです。


本気だったのか・・・
キンピーさん>
あのですね(汗
>郷土・人。愛するものを守る気概が無かったら、不服従の精神が無かったら、平和憲法も軍も意味がありません。
>兵隊だって、民衆が気概を持っているから、代わりに行って生死を賭けた戦いが出来るのです。

だからと言って9条を守る為に軍隊をなくして民間人を戦わせるという意見はかなり無茶だと思います。
愛するものを守る気概があるなら、現実的な手段を考えますよ。
少なくとも自衛隊解体や日米安保破棄という意見では、愛するものを守る事はできません。

しかし田村氏の意見を記事にして、お玉さんは何を伝えたいのか。いまいち理解できません。
こんな極論持ってきても改正派が増えるだけだと思うんですがねぇ。


 田村さんの言ってることは、お玉おばさんにとっては受け入れられないことだと思うんだけど。
 彼は自衛隊を廃止するか、もしくは憲法を変えて自衛隊の存在を明記しろといってるわけで。
 お玉おばさんは、自衛隊の存在はとりあえずうやむやでいこうという立場ですよね? 多くの人を結集させるための大人の知恵で、良い悪いとやぼは言わんけど、田村さんとは相容れないでしょう。
 何のために田村さんの文章を紹介したのですか?




シンペイさん
人間の規範を「盗むなかれ」「殺すなかれ」とするのであれば、やはり憲法9条は究極的に正しいのです。
「盗むなかれ」「殺すなかれ」を規範としないのであれば、人類は滅びるしかない。
しかし戦争や犯罪が有ったとしても、曲がりなりにも人類は繁栄してきた。
核の脅威に怯えながらも。
これは人間の規範が人類の歴史に累々とある証左です。


改憲か護憲かで、論ずる以前に、この憲法で何故ゆえに改憲をしづらくしているか?
議会での採決と国民投票という二重のチェック機能にしているかを十分に考えるべきだと思うのです。

視点をかえると、小手先というか拡大解釈の「限界に到達をしてしまった」という事なのでしょうか。

その地点で、一歩踏み越えてしまうか否かを問われているのが、この「9条の問題」だと思います。
今の状況が不満?で、一歩踏み越えようとしているのであるならば、踏み越えた後の「拡大解釈の最終到達点が何処なのか」を考えると自ずと答えは見えてくるのではないのでしょうか?

もし、改憲をしたとしても最終到達点というか改憲後の拡大解釈の限界点が、9条をないがしろにされるものであるならば、私は反対をします。

北朝鮮の核実験問題でおたまさんが、「大馬鹿です 」と書いてあったのを見て実に上手なな怒り方をしているなぁ~と思ってみていました。

「北朝鮮が核を持っている」だから「日本も核を持つべきだ」.....もし、日本も核を持ったとしましょう。(現実には諸外国から日本たたきが始まるでしょうが)

「北朝鮮か核兵器を日本に向けて発射をした場合」対抗策として「日本も核で応戦をするのか」と考えた場合、世界で唯一の被爆国である日本は「核では絶対に応戦はしない」と私は思いたいのです。

それが日本人の矜持ではないかと最近ふと考えます。

ならば、核兵器ははじめから必要はありません(笑

まとまりのないコメントですが、昨日と今日の記事を読んでいての実感です。
「田村氏もそこの部分を言いたいのでは」と感じました。


キンピーさん
>憲法九条は究極的において正しい

それは「共産主義は究極的において正しい」と言っているような物。
確かに間違い無く全人類の理想と呼びうるものです。
しかし例えば共産主義が「優越感や欲望を全て捨てさる事で達成可能な理想」
なのと同じで人がヒトである限りその理想には
残念ながら到達し得ないでしょう。
周囲がどれほど「話し合いましょう、国際ルールを守りましょう」と言っても
北朝鮮が聞き入れ無いのと同じです


あのですね(汗
郷土・人。愛するものを守る気概が無かったら、不服従の精神が無かったら、平和憲法も軍も意味がありません。
兵隊だって、民衆が気概を持っているから、代わりに行って生死を賭けた戦いが出来るのです。

しかし、しかしですよ。
憲法9条は究極において正しいと思うのです。
現実の問題に対応するために軍を使おうという人も、必要悪という観点から主張されているのでしょう。
やはり9条は究極的に正しい。

*薩摩長州さん
いえいえ(汗
ところでマル査って??査問のことですかねぇ(苦笑


軍事オタクから一言
今は正規軍の装備が強化されていますから、個人が運べる装備で戦うレジスタンス形式で正規軍と戦闘をするのはかなり難しい、と言うかほとんど不可能です。

ベトナムのころはまだゲリラ戦法で正規軍を翻弄できたのですが、最近の戦車は装甲が飛躍的に丈夫になり、エンジンの力が強くなって素早くなっていますので、バズーカのようなものでこれを狙うのはほとんど自殺行為とまで言われています。実際イラクではRPG-7(ロシア製のバズーカみたいなもの)のことを「自殺兵器」と呼んでいるとか。
(装甲の弱いところにうまく当たらなければ意味が無いうえに、発射時の噴煙が大きくて見つかりやすく、射手はほとんどの場合反撃で殺されてしまうので)

攻撃機などは誘導爆弾のおかげで地上から目視できないほどの高空からピンポイントで爆弾を落としてきますから、気付くとき=爆弾命中なわけで、太平洋戦争のB-29よりさらに対応不能です。

ベトナム空爆時は穴を掘ってこれに対抗していましたが、今ならイラクで有名になったバンカーバスター爆弾をぶち込まれて穴蔵ごとぺしゃんこです。(ガザではこれでかなりのトンネルが破壊されたのだとか)

純粋に軍事面から見れば、非効率的なゲリラ戦より、大規模な非暴力不服従運動のほうが侵略軍の補給線を締め付けるという意味でよほど効果的でしょう。

もちろん非暴力デモの先頭に立った人は射殺されるかもしれませんが、人民蜂起を砲爆撃で殲滅されるよりはるかに死傷者は少ないと思います。

もちろん敵上陸部隊を自衛隊が海上で沈めてしまえばゲリラ戦も決死のデモもしなくていいわけで、私のような人間は憲法よりもそちらを期待してしまうのですけれどね。


うーん
薩摩長州@武装せる愛国者さん>
ネタなのか本気なのか。
田村氏の言ってる事は完全に非武装論ですから、攻められたら抵抗してはならない、という事です。
キンピーさんの意見と貴方の意見もそうですが、田村氏の意見にも反するし、机上の空論でしかないわけです。
しかしこれが護憲派に対する高度な皮肉なのか、それとも本気で言ってるのか判別しにくい・・・
一応本気で言ってるという前提で突っ込んだわけではありますが。

やりちゃん>
確かにそう考えると護憲派に対する高度な皮肉としてはアリなんですが・・・
キンピーさんの過去の発言を見ると本気で言ってる気もするので難しいです。


お呼ばれされました~
私は田村さんのこと、評価しておりますよ。

まず、お玉さまが赤字で抜き出された部分は、「田村さんの私的一意見」にすぎません。(マガジン9条のコメント欄にはそこに喜びを感じて、嬉々と投稿している人が多いですが…)
http://www.magazine9.jp/minna/maru_188.php

しかし憲法学者としての田村さんが最も主張し求めていることは、「国民が憲法を使いこなすこと・国民が憲法について議論をすること」です。
だからマガ9編集部の、「護憲派にとって国民投票はリスクばかりで、やる意味がないという考えです。 」と国民投票を忌避する護憲派の意見の紹介に対して、
”そのとおりですね。でも、そういう「決着」のあり方は護憲派のあり方と対応するのではないでしょうか。何しろ現在は、護憲派から9条の理念を実現するための積極的な提言をできるような状況には全くないですよね。自衛隊や日米安保をどうするのかといった具体的な議論も提言も護憲派側が放棄しているのですから、国民投票で改憲案が否定されても、現状維持や解釈改憲が進んでしまうのは仕方がないことです。だからこそ、それは「戦争の放棄」ではなく「立憲主義の放棄」だと批判せざるを得ないのです。”
という、大変キビシイことをおっしゃっているわけです。

だから田村さんは、たとえ核武装論や先制攻撃論が議論に上がったとしても、その論を議論の場で対峙する姿勢を選択されるでしょう。
もちろん、キンピーさんがおっしゃる「レジスタンス闘争論」も、憲法9条を貫徹させようとするならば、当然議論の場に出てくるのは当たり前の話(これを「群民蜂起論」といい、故丸山真男教授も主張したことであり、もちろん国家が軍隊を持っておらず、市民が兵器を持って侵略者と戦うことは、憲法9条に合憲といえます)で、そういうことも議論していかなければなりません。
くりかえしますが、要するに田村さんの真の主張とは、
「憲法について、国民はどんどん議論しなはれ~!!」
という事です。

反対にNGなのは、
「これらの論は威勢はいいのですが、世界の中での日本の地位を貶める結果になることは明白です。戦争の記憶がまだ完全に払拭されているとは言い難いアジアにおいて、またもや日本が軍事国家への道を歩み始めたか、という疑念を持たれることは、絶対に避けなければならないと思うのです。」
といって、核武装論や先制攻撃論を論議することすらもさせない、脅しをかけるような主張です。

こういう姿勢は、「まっとうに議論する」という民主主義的基本姿勢からかけ離れているし、第一、こんな脅しは「北朝鮮の暴挙」に比べれば、屁のツッパリにもならないようなKYな屁理屈としか思えません。

P.S
『マガジン9条』の「北朝鮮核実験問題」に関するコラムの内容が、あんまりにもあんまりだったので、来週はキツいツッコミ投稿をすると思います。没にされるかもしれませんが…。


道具より愛撫
非武装論とは、戦おうと思っても物理的に戦えない状態にしてしまおうという発想です。そのような志の低い代物を、少なくとも平和「主義」と呼ぶことは誰にもできないでしょう。

>なんか、ものすごくはっぱかけられている気分

単なる放屁ですよ。眉くらいひそめてはいかがですか。日本人が文民統制や専守防衛について積み重ねてきた論議、お玉さんが一生懸命に迷ったり悩んだりしてきたことに対して、「ん?今なんかした?」くらいの重みすらもない。

>ネッドさんへ

日本国憲法には、社会契約論の考え方が色濃く反映されていますね。そんな中にあって、政府が暴力装置の独占所有を放棄するのなら、市民めいめいが私兵集団を組織することが肯定されなければ、整合性が保てないじゃないの、ということをキンピーさんは示唆しているのではないでしょうか。これでいくと日本共産党が山村工作隊を復活させることも「合憲」です。非武装論のはらむ危うさを暗示する極めて高級な思考実験ですね。


グローバルスタンダード
いや、無理はない。侵略者を引きづり込んで、自軍にもっとも有利な時間空間をを選んで、敵戦闘力を殲滅する。 人民の海のなかで、敵は誰が敵だか味方だかわからない。70万円のM60E3重機関銃で武装した敵戦闘力を、ただ同然の落とし穴に落として殲滅、重機関銃ゲット!

世界中でこうして民族解放闘争は闘われてきた。いわば、グローバルスタンダードだ。そんなのはなっから無理とのたまう自衛隊代行主義者に国防を口にする資格はない。国は国民だれもが国の中にあって守るものだ。国境を越えてはならないことはいうまでもない。それをしたら侵略だ。

それにしても、キンピーさんは突き抜けてござる。マル査もさもありなん。

遅ればせながら、拙者の雑文をお褒めくださり恐縮でござる。それとお玉さまお返事いただきありがとうございました。m(_ _)m


キンピーさん>
>小火器の備蓄さえ役所にあれば、侵略者を内部深くまで誘い込み、レジスタンス闘争ができます。生きたまま脱出させない。
>全くの合憲です。
>改憲派+護憲派愛郷主義者で、戦う意思の強い十分な戦力が確保できていますから、今すぐ日米安保破棄と自衛隊解体で9条完全実施でも問題ありません。

凄まじく無理があります。
レジスタンスと言いますが、一般市民毎殺されても文句言えない戦法ですよそれ。
そもそも小火器程度で軍隊がどうにかなるわけがないでしょうに・・・
違憲でなければ何をやっても良いというわけではありませんし、戦時国際法違反になる可能性も高いです。

日米安保破棄によるデメリットと自衛隊解体による混乱についての視点も欠けてます。


仰ってることは共産党と同じと考えて良いでしょう。
それも一つの道です。
しかし田村さんの視点で抜け落ちているのは、侵略に対抗する手段が外交(危機レベルを下げる)と国権の発動たる戦争(違憲)しかないということでしょう。
しかし国権の発動でなければ武力行使であっても違憲ではありません。
小火器の備蓄さえ役所にあれば、侵略者を内部深くまで誘い込み、レジスタンス闘争ができます。生きたまま脱出させない。
全くの合憲です。
改憲派+護憲派愛郷主義者で、戦う意思の強い十分な戦力が確保できていますから、今すぐ日米安保破棄と自衛隊解体で9条完全実施でも問題ありません。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日未明、ローザのおじさんが亡くなった。早朝からあわただし一日にして、ようやく今しがた通夜を終えて帰宅したところだ。96歳での大往生だ...
「日本を守るのに右も左もない」に「中国のエネルギー戦略(東南アジアでの資源争奪戦)」と言う記事を書いておられる。 これを読んで、現在の中国が如何にアグレッシブに世界中の隙間(アメリカの手の及ばないところ)から資源獲得に狂奔しているかが分かった。  特にミ...
橋田信介 1942年8月22日生まれ。 2004年5月27日、イラク戦争取材中にバグダッド付近マハムディヤでアメリカ軍の検問の直後に殺害される。享年61歳。 小川功太郎 NHKでディレクターを勤めた後、2003年7月退社、フリーとなる。以後、戦場取材のベテラン記者である伯父・橋...
 「ゴミ売りを潰そうね」と君が言ったから五月二八日はゴミ売り記念日(笑)  ははは,さすがに昨晩は ネットゴキ による 妨害活動 (いわゆる「F5アタック」と呼ばれる,更新を瞬時に繰り返すことで,相手方の Webページやブログの呼び出しを事実上ストップさせてしま
アクセスに深く感謝いたします。 「男女 Danjo Dance cover by xBextahx」 by ビッキーchanの映像紹介付きです! さて補正! バラマキと言われている補正! どこにばらまいているのか? ? 霞ヶ関 ? 特定業界   (エコというのはえこひいきのこと!) この記...
一度でも大震災に有った原発施設は大変危険です。 耐震も法律を守る事のみでしか考えていないと言われています。 本ブログは柏崎刈羽原発の即時廃炉を要求します。 こちらの活動も応援しています。 ~ おやすみなさい、柏崎刈羽原発 ~ <柏崎刈羽原発>試運転中の7...
マガジン9条のインタビューは初期は特にイライラさせられる内容も多くて、あまり積極的に見ていなかったのですが、お玉さんの所経由で知っ...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。