2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
過激な護憲派

護憲派と呼ばれる人たちがみな、素朴に平和がええなあと思い、軍隊に反対して、暴力で闘うことを拒否して、一切の戦いに対して無抵抗であろうとしているわけではありません。

なのに、護憲派が闘う覚悟や徴兵制まで語れるということを知った時に、動揺してコメントくれてるのが平和主義者じゃなくて、改憲派の方々だったって・・ちょっと微笑んでしまいました。

改憲派にとって護憲派の考え方が素朴で崇高であればある程、安心して九条を変えようとそうでないと日本は危ないといえるのかもしれない。確かにね。改憲論で盛り上がる以前はそういう部分、あったかもしれない。

でも今は違う。保守であれ、革新であれ、護憲派と呼ばれる人たちはそれなりに危機感があるから、九条を守り抜くための知恵、人に伝えるため知恵をみんな必死で探っているの。ネット上だけじゃないよ。リアルでも活動している人たちはそうだと思う。

お玉は護憲派だけど、この4年の間少しも一つのところにとどまってはいないように思います。憲法を守る一点は今も変わらないけれど。

4年前、議論が白熱するたびに心が揺れて、自信なんてぜんぜんないのにあるようなふりをしてブログ運営をしていたのはお玉です。

優しさだけを持って、愛のある言葉だけで護憲を語りたい。声を大にして言いたい!!お玉は素朴に「平和がええの」です。でも、それをあまり許してもらえないような環境をお玉自身が望んで作ってきたブログです。

だから、今のコメント欄がうれしかったりする…・へんか?

やさしい護憲派も過激?な護憲派もみな、本気です。

平和主義者がちょっと闘う覚悟を述べたり、徴兵制のはなしをしたくらいで動揺していたら・・・・負けるぞ。

otama

お名前ない人の投稿は基本的に表に出せません。発言に責任持ってほしいからね。愛がないとお玉が感じるコメントもも駄目だよ。

なんだかこの頃たくさんの人が来てくれてるみたいです。みんなありがと。

↓どうかポチッとお願いします。      

 

    

 
Secret
(非公開コメント受付中)

>平和主義者の人たちに「怖い人たち」とか「うざい人たち」とか思われてしまうこと
 残念ながら、オスプレイ反対運動でも「滑走路沿いに風船を揚げよう」どkろか「花火を打ち上げよう」と自己を起こしかねない事を平気で言う人が後を絶たないですから、彼らが「怖い人たち」とレッテルを貼られるのも当然ですね。
 護憲を謳いながら妻に恒常的に暴力をふるったDV作家もいましたし。これらの事実が動かし難いから更新が停止しているんですか?


お行儀よく…
そもそも・・愛のない文章は認めないとお玉基準に書いてあるしねえ・・

>自分は車のトラブルという些細な理由で、「常時携帯していたナイフ」で「相手を追いかけてメッタ刺し」という外道な行為をするなんて、とても平和運動に携わる者のやることではないでしょう。

はあ。おっしゃる通りで・・
まさか、この犯罪者をお玉がかばっていると思いこんでるのだろうか??

記事違いなところにコメントしてきたものに、迷惑ですよといっても聞いてくれなくて、こういう正義振りかざしの文章を送られてくるんだよなあ・・
こんな人ばかりじゃないことも知ってる。きちんと管理人の意をくんだ上で、論じて、諭そうとしてくれる人もたくさんいるって知ってる・・

そういう人たちまでレッテル貼られて、平和主義者の人たちに「怖い人たち」とか「うざい人たち」とか思われてしまうことにこそ、お玉は危惧してるのになあ。

>もしレスをするとすれば「共産・民青同盟悪魔の辞典」で行いますので、その節はよろしく。

なんか、迷惑かけちゃうみたいで・・ごめんなさいね。


お玉おばさんへ
 彼が糾弾されるのは、犯罪を犯したという他に、「運動方針と矛盾する行為」をしたからでしょう?外に対しては「9条擁護、無防備都市宣言」とアジって置いて、自分は車のトラブルという些細な理由で、「常時携帯していたナイフ」で「相手を追いかけてメッタ刺し」という外道な行為をするなんて、とても平和運動に携わる者のやることではないでしょう。

 さて、お玉おばさんへ。
 どうやら私と同じHNを使っている方がいらっしゃられるので誤解を招いたようですが、それにしても私のレスをキンピー氏へのそれを除いて抹消とは、随分ふざけたことをしてくれましたね。抹消されたレスには貴方への感謝のコメントも入っていたのに、見事に裏切ってくれましたね。「平和主義者が少ないからレッテル貼りをされる」のではないでしょう。無防備マンのサイトと同様、批判的な意見は片っ端から抹消するから好戦的というレッテルを貼られて当然でしょう。
 >これ以上議論する気はない
 そうやって都合悪くなると逃げるのが貴方の常套手段ということを改めて認識しました。貴方が抹消した私のレスの中には井上ひさしについてのこともあったのですが、やはりDVについて触れるのはタブーだったようですね。だから護憲派は偽善者だ、ダブスタだと糾弾されるんですよ。日本には真っ当な平和運動家はいないのですか?身内の不祥事の後始末も出来ない人たちが本気で平和運動を志しているとはとても思えません。まあこのレスも承認されないでしょうが、最期にキンピーさんへ。もしレスをするとすれば「共産・民青同盟悪魔の辞典」で行いますので、その節はよろしく。
 
 


KYDさん
わ~ごめんごめん、
なんかすごく不思議だったんだよ。こんな論理展開をあなたがするかねえ??って・・・ほかの方で同じこと言った人は未承認にしたんだけど(だってあまりに記事違いだもん、意地悪な書きようだもん)
常連さん特別枠であなたのだからとコメント承認しちゃったのよ。


おっしゃる通りとにかく、平和主義者がわらわら湧いて出るような状況でないと・・
努力し拡大にコツコツ努めます~~~



改名
識別のために今後は「KYD」で行きます。

箕輪の事件はあきれた顛末ですが、ただ一人の事件をもって「平和主義者」全体が否定されるということは、平和主義者の数がまだまだ不足しているという点で憂慮すべきでしょう。

教師の性犯罪や警官の窃盗などはセンセーショナルなニュースにはなりますが、それを理由で「教師は変態である」とか「警官は泥棒である」とかまじめに主張する奴は居ません。(冗談で言う奴は居るにせよ)

しかし今回のこの事件では『週刊オブイェクト』のようなかなりまじめな考察サイトですらそのような論説を載せています。
これはつまり『平和主義者は好戦的である』という結論がたった一例の事件から導き出されるほど、『平和主義者に触れることがまれである』、ということを意味しています。

普通に考えても、日常的に『護憲平和主義者』がありふれたものであれば、一件の傷害事件でこんな騒がれ方はしないはずです。

今回の事件から護憲派の方々が導き出すべき教訓は、「そんなレッテルの貼られ方をするほど自分たちが少数派である」ということだと思います。

個人的な思想面で私は護憲平和派ではありませんが、護憲平和派の方々にがんばってもらわなければ『米国の軍事援助要請を断って自国防衛を固める』ようなオプションは使えないので、もう少し勢力を拡大してほしいところであります。

以上長文失礼いたしました。


まさかとは思いますが
えーと、2009/07/18 13:03と、2009/07/18 20:37の「KY」さんは私ではないですよ?

おそらくこの方は『週刊オブイェクト』に時たま書き込まれている方だと思います。ちなみにあちらは全角ですが、私は半角です。
なんかお玉様まで間違えていらっしゃるのではないかと思い書き込ませていただきました。
名前変えようかな。(笑)




KYさん
KYさんの設問では殺人と9条(戦争放棄)の関連について問われていたのではないのですか?
戦争放棄を謳う人間が殺人なんておかしいじゃないかと。
戦争と殺人を同じ地平でとらえているから、このような疑問がでるわけです。

私の解釈が間違ってましたかね。


そう、殺人と戦争は違うよね。

ということで、この記事違いなお話をこれ以上ここで議論する気はお玉にはないです。


殺人と戦争を同一視?
 >キンピーさん、お玉おばさん、レス有難うございます。

 まずはキンピーさんへ。
 未だに戦争行為における殺人と平時の殺人を同一視する粗雑な発想をする方がいらっしゃるのには驚きを禁じえません。反戦運動家の皆さんが何と仰ろうと、戦争は「ジュネーブ条約」など数々のルールの下で(最も遵守されることは残念ながらあまりありませんが)行われる「承認された暴力」です。その戦争化で殺人が犯罪とされるのは条約違反によるもの、つまり「戦争犯罪」です。これに対しみのお9条の会のメンバーがやったことは完全な法律違反。その点では戦争犯罪も平時下の殺人も、どちらも同一に糾弾され、裁かれる犯罪ですが、いい加減国際法に則った戦争行為化の殺人と平時下の殺人を同一視するのは止めにしていただけませんか?「戦時国際法」というルールが存在するのは厳然たる事実ですから。


KYさん
何人かの改憲派右派からコメントいただいて、知りましたけれど…

護憲派だから犯罪起こすような人はいない?とかそういうお話ですか?九条の会約8千組織の会員はすべて清廉潔白でなければウソになる言うことでしょうか?・・・・で、改憲派は戦い好きな人もいるので、構わないとか??そういう論理展開?

 その人については、やっちゃダメなことに決まっているし、許される行為ではない。きっちり法の裁きを受けるべきですよね。で、その責任は個人が取らないといけないことで、面識ないけど、同じ9条の会所属だからって、なんでお玉にコメント出せというのかなあ・・・まあ、みのうの?9条の会に迷惑かけてるし、世話人かなんかだったらしいからのいてもらうべきでしょうねえ・・とっても迷惑!!

・・・・でさあ、救う会の会員が犯罪を犯したら、「救う会」の人たちはたとえ個人のやったことであっても本部が謝罪して、コメント出すのですか?改憲派ブロガーは糾弾記事にもするの?

 過激派みたいな9条の会があってそこが誰かを恫喝したとか、そういうことがもしあれば、お玉もきっちり記事にしたいけどさ・・







やはりKYさんも殺人と戦争を同一視されてたんですね。
戦争は殺人。
どちらも糾弾されるべきものでしょう。
日本の若者を殺人者にしてはいけません。
ましてや海外に武器を持って出て行くなど。

被害にあわれた方に合掌。


みのお九条会の1人が
 「戦う護憲派」を自ら体現しちゃいましたね。しかも「無防備都市宣言」も唱えるご立派な方で・・・
 更にナイフを隠し持って、追いかけた相手を滅多刺しですか。
 お玉おばさんはどう思われますか?


今が闘いのときだね。
『戦いたくないからこそ、戦う覚悟がいる。』
まったく、そのとおり。
そしと、その覚悟がるあのなら、今、反戦のために闘わないといけないねぇ。

戦争が始まってからでは遅いよ。
今、どうしたら戦争をしないで済むかを考えないといけない。
そうもちろん、お玉さんや、ここにコメントを投稿する人は充分考えているだろうから、
無関心な人たちに考えてもらうのが大事だなあって私は思っています。
しつこいけど、今が、戦争していない今が大切。


>なのに、護憲派が闘う覚悟や徴兵制まで語れるということを知った時に、動揺してコメントくれてるのが平和主義者じゃなくて、改憲派の方々だったって・・ちょっと微笑んでしまいました。
-----

誰か動揺していましたっけ? 誰も動揺なんてしていなかったと思いますが。

具体的なコメント箇所を示して貰えませんか?

キンピーさんあたりの一億総ゲリラ戦構想なんて過激派が昔から主張していたネタで手垢に塗れたものですし、徴兵制にしてもアメリカでは平和主義者が徴兵制復活を唱えている有様ですしね。

笠井潔『国家民営化論』一億総ゲリラ戦理論の大穴
http://obiekt.seesaa.net/article/59861801.html
反戦側からの徴兵制必要論は、まだ日本では根付く事は無い
http://obiekt.seesaa.net/article/71348551.html

>平和主義者がちょっと闘う覚悟を述べたり、徴兵制のはなしをしたくらいで動揺していたら・・・・負けるぞ。
----

あれで「相手が動揺している」と思い込むようでは・・・貴方達の前途は暗いです。


まだ理解されないなぁ
『戦いたくないからこそ、戦う覚悟がいる。』

過去の戦争についての正しい知識も、ほとんどないままに洗脳されている人が多く、だからこそ、極論で割れてしまっている。
「戦う覚悟」と「本当に戦争に突入することを望む」ことは、似て非なるものなんだが、これも理解されていない。

戦争に突入したら国が滅びることが確実な北朝鮮が、なぜ、あれだけ強硬なのか?

日本が太平洋戦争で示したものは、「いかに物資が豊かなアメリカであっても、そして、アメリカが対日戦争で負けることがないと双方ともわかっているアメリカでも、本当に戦えばアメリカ国民ですら、多大な損害を免れることはできない。」こと。

「人命は地球よりも重い」という日本。
自衛隊員が数人死傷しただけで大問題となる日本。

アメリカの軍上層部は、日本の特攻を極端に恐れた。
特攻という攻撃まで繰り出してくる日本、今でいうPTSDに相当する疾患や錯乱状態になった兵士が多数出たことはもちろんだが、損害も実はアメリカ議会の許容範囲スレスレだったことが明らかになっている。
実は、アメリカも「大本営発表」を余儀なくされている。硫黄島や沖縄戦の米軍兵士の損失からすれば、オリンピック作戦が議会から中止されるのがわかりきっているからだ。
現に、ベトナム戦争は、戦術的にはほぼ勝利し、自軍兵士の何倍もの損害を与えているにも関わらず、生の映像で伝わる米軍兵士の被害に国民が耐えられず、北爆の中止からベトナム撤退=アメリカの敗北を余儀なくされている。

絶対に勝てるとわかりきった相手と戦争して、それで死傷することを望む国民がどこの世界にいるのだろうか。

北朝鮮はそれをわかっている。だから脅す。「戦えば君たちの国が確実に勝つ。でも、君たちの国は勝っても、君自身は死ぬかもしれないよ。」という脅し。

だから「戦う覚悟」を持って「戦わない政策」を行う必要がある。「戦う覚悟」とは、特攻に勇ましく出撃することや、竹槍1本で米軍に立ち向かうことではない。
その勘違いを、「北朝鮮を攻撃しろ」「武力では解決しない」双方ともにしてしまっている。国民の認識がこうだと、国内世論の納得が困難である。国内世論の理解が困難な外交は、そもそも外交カードを持つことが許されない状態なので、成功への道筋がより険しくなる。

北朝鮮政策の最大の失敗は、日本国民が、左右双方とも戦争に対する認識と見解の誤りにあるということを、もっと自覚しないといけない。外交は外務省だけでやるものではない。国民は外交の最大の武器であると同時に最大の足かせであることも、われわれは認識しておくべきである。


「覚悟」
「覚悟」で戦争に勝てるなら、太平洋戦争に日本が負けることなどなかったでしょう。
決死の覚悟の特攻兵器も米軍の物量の前では無力だったのをもう忘れてしまったのですか?

国民蜂起?何それ?竹槍でB-29に立ち向かった愚行をまた繰り返すのですか?

最近思うのですが、「護憲9条」がなんとなく戦前の「一億玉砕」にかぶって見えてきたのは気のせいでしょうか?

9条のための、平和のための覚悟、と、天皇陛下のため、お国のための特攻と、メンタリティはそんなに変わらないのでは?
いずれも人ならぬもの、人を超えた「崇高な理想」とやらにその命を捧げて殉じるという点では何一つ変わっていないのではないでしょうか?

そういえば、護憲政党の雄である共産党は戦前戦後を通じてぶれることのなかった政党でしたね。
戦前のメンタリティをよく保存しているのも、ある意味当然なのかもしれませんね。


お玉さん

>なのに、護憲派が闘う覚悟や徴兵制まで語れるということを知った時に、動揺してコメントくれてるのが平和主義者じゃなくて、改憲派の方々だったって・・ちょっと微笑んでしまいました。

お玉さん、それは、まだまだ甘いよ。
改憲論といっても千差万別であり、正規軍の保持や武力行使容認の意見は、何も戦争をしたくて唱えているとは限らないわけでね。
本当に好戦的なら、「本当に9条を実現するなら」と前置きなんてしないで、正規軍保持と武力行使容認だけを唱えていればいいし、海外派遣の目的をわざわざ「非軍事活動の護衛」なんて美名を使うこともない。

それにね、外国軍が日本領土内に攻撃をしてきたら、逃げたいと思っても逃げられないよ。だって、自分や家族を攻撃してくる兵士が目の前に迫ってきているんだから、嫌でも戦わないといけないでしょ。
「9条完全実施・非武装中立」でこれが防がれるという確証があるならいいけど、そんなもんがなかったら、これを防げる手段を講じるのが当然なんであって、それが『100%譲歩=相手国の要求を全部受け入れ、自分の要求は全部撤回』を選択するなら、それでもいいけど、でも、究極なのは「生かしてくれればそれでいい。私はあなたの奴隷になります。」ということでも受け入れる覚悟がないと、いずれは実力行使されることになる。もし、それが嫌なら『そんなもん飲めるか!来るなら来い、相手してやんぞ!』と戦う覚悟がなければならない。

どっちにしても覚悟はいるのよ。「覚悟はないけど嫌だ。どっちも嫌だ。」なんての、外交に限らず国内のことであっても通らないでしょ。
それを言っていることを、改憲派も護憲派も理解しないとねぇ。


憲法前文には普遍的な権利と法則が書かれています。
日本だけではなく、世界の。
直接的に影響されたのはパリ不戦条約、さらに底流にあるのは老子であり、仏教であり、日本の多様性の調和。
つまり人類の叡智であると。
これを認めるのであれば、この普遍的な権利と法則を守るツールとして9条以外に何があろうか。


手段の目的化
何度も書きますが、9条ってのは日本の安全保障を実現するための手段の一つです。
9条を守る為に日米安保破棄、自衛隊解体して国民が戦おう、というのは本末転倒でしかありません。
それ以前にちゃんとした防衛策を取って戦争が起こらないようにする、起きても犠牲を少なくして勝てるようにするのが本来の安全保障です。
他に方法があるのに、なんで無駄に犠牲を増やす方法を提案するのかがちょっと分かりません。
国民総武装論なんて一般人が見たらドン引きですよ?

徴兵制?デメリットの方が大きいので現状では採用する意味がありません。
先進国では廃止、もしくは廃止の方向に向かっているのが現状です。
何の為に徴兵するのかの理由も出されて無いしなぁ。


今、自分が何をなすべきか考えろ
~「北朝鮮から日本を救うためには、自らが北朝鮮軍の攻撃の的になって命を落としても構わない」というぐらい覚悟なんて微塵もないですし、北朝鮮と戦争になった時、「死んでください国のため」と言われたら、その言葉に従います気持ちなどサラサラありません。先頭に立って北朝鮮と戦うわけがありません。むしろ、あなたに先頭に立ってもらって、その隙に逃げます~

なんだこりゃ。(爆笑)
「覚悟」とか偉そうに言っていた男の本音がこれか。唖然とさせられましたな。自分が被弾する可能性が無い場合に人は好戦的なことを口にしますが、まさにこいつはその生きた見本だと言えるでしょう。「平和ボケ」とは本来はこのような人間にこそ相応しい言葉です。日頃、勇ましい事を言う人ほど、有事の際には我先に逃げ出すんですけど、こいつは図らずもそれを認めてしまった。「わたしは卑劣な小者です」と言っている奴もいるが、こいつもまさに言葉通りの小物。toriとか名乗る奴に至っては妄想劇場。仮に自衛隊がこいつの言葉に従ったら殲滅させられること必至だ。ウルトラマンや戦隊シリーズの見すぎじゃないですかね。こんな奴の言葉に従わなきゃいけない軍隊があったとしたら本当に可哀想です。
 防衛省でも自衛隊でも防衛大学校でも「軍事衝突上等!」などという跳ね上がりは実は少数派です。警戒されています。田母神みたいなのは世間知らずと同じに思われています。軍事ネタは大好きな私ですが、軍事ロマンチシズムに浸る馬鹿は大嫌いです。そういう奴が現実では一番役に立ちません。
もし、それでも「軍事衝突上等!」と言うなら、竹槍訓練でも射撃訓練でもして来るべき日に備えなさい。そしてもちろん、事あれば先頭に立って頂き、自らの主張の正しさを証明してみせることだ。戦争は「国家」の名で行うもの。もしそこで逃げるのであれば、「反国家分子」「裏切り者」として捉えられ、処刑されるか、化学兵器の実験台にされることは覚悟したほうがよろしい。とりわけ勇ましいことを言ってきた奴には執行猶予はない。まるで北朝鮮じゃないか!そうです。本気で戦争する気なら、嫌でも北朝鮮と同じになります。そのくらいでないと勝てません。軍事ロマンチシズムに浸る方々はどうもそのへんを解かっていないようですな。偏差値40の低学力の学生が「勉強しないでも東大に合格できる」と思っているのと一緒です。
 さて最後に余談になりますが、「東大合格」の言葉が出てきたので一言。軍事ロマンチシズムに浸る方々、もし自らのその素晴らしい外交に関するお考えを日本の外交政策に是非とも反映させたければ、外交官を目指しなさい。そのための第一歩は東大法学部(文科Ⅰ類)に合格すること。こんな所で妄言吐いる暇があれば、東大文Ⅰ合格のために英語の長文読解や数学の問題を1題でも多くせっせと解きましょう。そのほうが遥かに有意義です。軍事ロマンチシズムに浸る前に、自分の主張を反映させるための一番の近道は何か?をよーく考えて行動して頂きたい。役立つ参考書なら教えます。以前は受験オタクでしたから。


>平和主義者がちょっと闘う覚悟を述べたり、徴兵制のはなしをしたくらいで動揺していたら・・・・負けるぞ。

お玉おばさんは現行の自衛隊の放棄と徴兵制や占領受け入れ後のゲリラ戦を肯定されるのですか?
9条の理念という糞の役にも立たないイデオロギーのために非効率的な防衛方法をとり有事により多くの生命を犠牲にしようぜ、そういう提案なのに。

志願兵制の軍隊による防衛のほうが占領を受け入れて後のゲリラ戦、レジスタンスより犠牲は少なくてすむ筈です。

レジスタンス闘争をする覚悟、などというのは「教室に侵入したテロリストを中学生のボクが撃退する覚悟」に近いと言えましょう。現実感のない平和ボケしきった発想です。
占領当局に協力する人間としない人間が生まれ同国民が殺しあう可能性、そもそも軍事的訓練を受けていない民間人が軍人と戦う困難さ、別個に生まれるであろう各抵抗組織の連帯の困難さ、そしてなんとか勝利したとしてもその後に待ち構える占領協力者への恐るべき報復。
レジスタンス闘争の過程で何が起きるのか、“戦う覚悟”とやらを持った護憲連中が想像できているとは到底思えません。


おはようございます
今の日本という国が、目先だけの政策や対応に追われすぎている結果でしょうか。
もう一度、基本に立ち返り考え直す必要に迫られているのではないでしょうか?

「戦争をしたいか?」と聞かれたら殆どの方はNOと答えるではずでしょう。
でも、北朝鮮がや中国がとかロシアが脅威だと言い出すはずです。
では、北朝鮮、中国・ロシアと真に友好的な外交を行なっているのでしょうか?
そして、北朝鮮、中国・ロシアの脅威と言う形でアメリカを頼っていませんか?
結果、自国のためと言いながら、アメリカに協力をする形で軍備を拡大していませんか?

では、立ち返って考えると、北朝鮮や中国・ロシアとの脅威を取り除くために有効な外交をしてきたのだろうか?
恐らくNOでしょう。

では、何をするべきかは、自ずと分かる話ではないのでしょうか。


護憲運動
> 保守であれ、革新であれ、護憲派と呼ばれる人たちはそれなりに危機感があるから、九条を守り抜くための知恵、人に伝えるため知恵をみんな必死で探っているの。

9条だけに拘らず、1~8条(天皇制)や25条(生存権)も守ろう!
という戦略をとれば、「護憲」運動は大きな勢力になるのではないでしょうか。
と、これはたぶん「ないものねだり」なんでしょうね(笑)。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 たびたび書くが、ブログを始めたのが4年前、中国に反日暴動が起き、小泉首相が靖国参拝にこだわり、自民党の新憲法素案が発表された年だ。同じ年、私は多分知人の推挙な
みのお9条の会の呼びかけ人であり、無防備条例請求代表者の中井多賀宏が殺人未遂事件を犯しました。殺人未遂:トラブル相手刺し、重傷負わせ逃走 容疑の男逮捕--大阪・箕面>大阪府警箕面署は13日、大阪府箕面市桜ケ丘1、自称ミュージシャン兼会社役員、中井多賀宏...
いやいや、らしくない、自制心が吹き飛んで、おもいっきり語っちまった! お仕事が済んだ開放感も手伝って。 お仕事しながら、ちらちらとの...
 裁判員制度の非人道性、憲法違反性についての驚くべき情報が入りました。法曹時報61巻4号に、裁判員辞退申し立てをした者に対する法務省の姿勢が明らかになり、「国家権力の存在を否定するかまで踏み込んだ思想†...
 NHKの「追跡 A to Z」をラジカセで聴きながら,意図的な番組づくりに気が付いた.取材に応じた「武蔵野銀行」は赤字額が少ない「健全経営」の銀行である.逆に言えば,融資が厳しいから,武蔵野銀行をメインバンクとしている埼玉県の企業は苦しめられることが多いと
1、2ヶ月ぶりにデパートに行ってみると平日にしては人が多い。時ならぬセールか! と思っていると、ワゴンには、ずばり「景気回復応援袋...
09年5月30日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞P4政治面{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・スポーツ予算・UR都市機構とは何・其の2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・スポーツ予算・UR都市機構とは何・其の3 {/arrow_r/}(ここからお入...
久しぶりの更新。城内実さんの5月17日のブログで「最後にこれまで静かだった郵政利権問題で今週大きな動きがありそうである。このことだけ一言申し上げておく。」とあったので、何があるんだろう、これかな、と思いながら過ごしていたら、Upするタイミングを逃していまい
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。