2017/03
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
田母神さんの本を横目で見つつ・・・

 お玉が伊勢崎さんを好きなのは・・・・悩みながらもいま、九条を変えないと活動してくださっている彼が、彼の語る言葉のすべてが、リアルな紛争地帯の様子を知った上での行動であり、そして書籍であり・・・・現場を知っている人だからこそ、語れる言葉をもっているから・・・信じれると思った。伝えたいと思った。 

お玉は、改憲派であっても、紛争地域の様子を知り、身を危険に置いていたことのある人の語る九条を変えたほうがいいのでは?という問いかけについては評価をしたいと思うのね。

 時々話題に出てくる時の人田母神さんは、出世コースにはいたのかもしれないけれど・・・・海外での危険任務の経験はあったのかな?今のところ略歴からは見当たらない・・もしも自分は行ってないのに、部下やほかの自衛官にだけ「勇ましいこと」を勧めているんだとすれば、この人も机上の空論なんだよね・・・

 伊勢崎さんは今も自衛隊関連の学校へ紛争地域のことを教えに行っていると聞いています。国際感覚を肌で知っている人間が語る国際貢献や紛争解決のお話と、そうではないただただ、マスコミ面白がって担ぎ出した田母神さんの語る核武装論も含めた危ないお話の本と・・どっちが真実味があるかねえ・・

と近所の書店でさえ平積みで置いている田母神さんの本を横目にしつつ・・・

ここ数日の「以外な」展開のコメント欄を眺めつつ・・・・・

お休み中なので、これで今日はおしまい。

自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論
(2008/03)
伊勢崎 賢治

商品詳細を見る

お玉経由でアマゾンでこの本買った人多いんだよね~~ちょっとうれしいな。あ、高文研さんの本も・・編集部Mさま見てる?うふ。。

日本の国際協力に武力はどこまで必要か日本の国際協力に武力はどこまで必要か
(2008/04)
伊勢崎 賢治

商品詳細を見る

あ、ちょっと気になったんだけれど、議論をね、管理人に配慮して「これで終わります」って書かれてたらね、あとの人は、言いたいことがあっても空気読んで書いてね。そこからまた持論展開するんだったらよそでしてね・・・・・そうでないと延々と続いちゃうでしょう?思いやりを持って書いてくれないなら表に出してあげられないぞ

↓どうかポチッとお願いします。      

 

    

 
Secret
(非公開コメント受付中)

強行姿勢が対立を強める
 タモガミと支持者の悪い点は、戦争が武力行使だけだと思っていることです。以前見ていた○ックイン・ジャ●ナルで田岡さんが言っていた事を思い出すなら、経済制裁は戦争の前段階だという事です。
 私が日本を攻撃できる程の影響力ある立場なら、武力など一切使用しません。何でもいいから口実を探して日本を経済封鎖に追い込みます。金のかかる武力行使などやらなくても、自給率半分以下の日本ならもっと楽に潰せます。戦争は武力だけではありません。戦前はこれをさせたから、日本は占領されたのですよ。
 日本の再軍国化は武力を伴わない攻撃の理由となりますし、核武装など論外です。ですが、たとえ自衛隊が違憲といえど即時撤廃は無理です(理由は割愛)。世界の情勢に合わせて減らす以外ありません。現状維持が現在(この瞬間!)の選択肢です。(近い将来まではわかりません!!)
 北の方で何やらやっていますが、いつもの事です。対立を作り出し軍備をさせる商売が世の中にはあるのです。それより、何故その国が次から次へと金のかかる事をやれるのか、何故このタイミングなのか、不思議ではありませんか?(笑)
 愛善ハワーの言った事をよくよく思いだしてみましょう。


こんにちは
私には、どうしても理解が出来ないことがあります。

最近の、北朝鮮の騒ぎを見ていて不思議でなりません。

前に、右翼のグループとしてもいいと思うのですが、「一水会」という会で、元共同通信社に勤務なされていた青木理氏が講演をしております。その模様を機関紙で見つけたことがあります。(私は会員ではありません)

その中で蓮池氏の事も書かれておりますが、どう考えても今の北朝鮮との危険な関係は、政策の失敗としか思えません。政策の失敗を認めたくなく強攻策を行なうのあるならば、政策を改めることで回避が出来るのではないでしょうか?

憲法9条を守るのには、まず今までの政策を見直して取り掛からないと、9条自体がなし崩しになってしまいませんか?

講演参考資料

http://udonenogure.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-614c.html


伊勢崎さんも佐藤正久さんも、田母神さんも、「気持ちは同じ」なんだよ。立場が異なるから「やることが異なる」という話。

伊勢崎さんは、武装解除に赴いて、紛争を本当に止め、最終的な紛争解決を実現していく立場から。

佐藤正久さんは、いつ武力攻撃を受けるかわからない地域での活動を、他の国の軍と共同で行っている立場から。

田母神さんは、命がけでイラクで活動している部下を、国内の様々な声や防衛省内局の「政治的なご都合主義」から守ってあげる立場から。

田母神さんの核武装論は、国益重視の外交と純軍事でいえば正解なんだよ。これを「危ない」とか「核抑止力は幻想だ」というような言葉でかき消すのは、北朝鮮が核実験を行い、ミサイル発射を行った理由に目を向けない、つまり、かえって外交を危うくするだけで、国際紛争の解決に向けて進むことはありえない。

伊勢崎さんの「国際貢献は憲法9条で」という見解の裏には、伊勢崎さん自身が軍事の必要性への理解を持っているという、リアリスト(現実主義者)のベースがあるわけ。だから、説得力のある非軍事貢献論を展開できるんだよ。

田母神さんの核武装論やクラスター爆弾反対の論は正しいが、核武装も先制攻撃もしたくない。クラスター爆弾も廃止すべきだ。こうした矛盾をどう実現していくのか。

これが、本当に「9条実現」のために必要な認識だということ。本当に戦争をなくしていきたい人というのは、こういう認識を持って考え、実行している。だから、護憲改憲、自衛隊派遣賛成反対、いずれも「持論に反対の人からも理解される」論を展開できている。

実際、田母神さんは、テレビでは堂々と「軍人は戦争は嫌なんです。自分の目の前で部下が死ぬことがわかっているから。そんなことを望む上司がどこにいますか。」と述べているのを、あまり知らないかもね。


説得力なら
現場知ってるなら説得力がある、というのならイラクに行った佐藤正久議員を信用します。
自衛隊として海外派遣を経験し、憲法の欠点と法整備の不備、そして国民の不覚悟を指摘しています。

タモさんは言いたい事は分かるんだけど、やり方を間違えてますし、歴史認識も大分間違ってました。
今は何をやってるのか知りませんが、支持はできませんね。


ヒゲの隊長
佐藤正久参議と田母神元空幕長は、陸自と空自の違いはあれど共に元自衛官と云うことで、もちろん親交もあり、かなり近い考えの持ち主のようです。
共に同郷(福島県)出身だと云うこともあるかもしれませんね。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

護憲派のブログでも、コメント欄・トラックバックが非承認制のブログとなると殆ど見かけないのですが、そんな数少ない非承認制のブログ「超...
いつも思うのですが人件費を削減するのなら、 いつも不安定且つ安い給料で働いてくれている非正規の方々より より安定且つ高給な正規の社員の方々から先にお願いするのが筋だと思います。 色々障害が多いのかも知れませんが良心に基づいて経営されているのなら出来 ない事...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。