2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
母子家庭の90%は生活は苦しいのに・・

人気ブログランキングへ

母子家庭の85%は生活は苦しいのに・・

厚生労働省はちゃんと仕事をしているようです。障害者や母子家庭がどのくらい一般家庭よりも生活が苦しいかちゃんと調べて統計まで取ってます。

平成18年度 母子家庭の母の就業支援施策の実施状況より

現在の暮らしについて、総合的にみてどのように感じているかをみると、「大変苦しい」(57.6%)と「やや苦しい」(28.4%)をあわせると85.9%、「普通」が12.9%である。

 一般世帯や高齢者世帯と比べ、苦しいと感じている者の比率が高い(厚生労働省大臣官房統計情報部「国民生活基礎調査」(平成16年) 図表1-1-5 )。


ファイル


 母子家庭の1世帯当たり平均所得金額は、224万6千円であり、世帯人員1人当たり平均所得金額は86万8千円である。

 一般世帯の1世帯当たり平均所得金額579万7千円、世帯人員1人当たり平均所得金額203万4千円、高齢者世帯の1世帯当たり平均所得金額290万9千円、世帯人員1人当たり平均所得金額184万6千円に比べ低い水準にとどまっている(厚生労働省大臣官房統計情報部「国民生活基礎調査」(平成16年) 図表1-1-3 )。

bosikatei



お玉はワーキングプアの本を読んで、テレビの特番を見て今朝の朝日新聞を読んだ。たったそれだけでも、現在日本の母子家庭は大変な状況に立たされているが分かりました。

ましてや厚生労働省さん、母子家庭はこんなに大変だときっちり認めておきながら、「保護を受けている世帯の方の生活支出の方が、保護を受けずに働いている母子家庭の生活費支出よりも高いから」を理由に非保護世帯なみに所得を揃える目的で「母子加算廃止」の方針を決めますか?

あのさあ、年収500万円の人が480万円の人にあわせて20万円の補助を打ち切った話ではないのよね。一般の母子家庭自体がワーキングプア(働いても働いても生活が楽にならない状態)の家庭が多いというのに、なんで、生活保護基準を下回る一般の母子家庭と比較して低い所得の方に合わせないといけないんだろう??

もっともっと、お金をケチったり、税金をふんだくれる場所はいくらでもあるんじゃあないかい??先日の障害者自立支援法もそうだけど、自立支援といいつつ、どんどん弱者が自立した一般的な生活水準を過ごせない状況に追い込んでいる。これっておかしいよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 この記事はお玉が二年前、母子加算廃止のちょっと前に書いたものです。

 こんな部分を削らずともふんだくれる部分、というか、削れる部分がありましたね。こんなの民主党でなくても、自民党若手議員でなくとも気がつけます。

朝日新聞より

アニメの殿堂「不要」 自民無駄遣い撲滅チーム

 この麻生総理が作りたかったらしい国立メディア施設に117億円・・・・廃止になった母子加算が200億円?でしたっけ??

・・・2年前85%は苦しいとお玉は調べて書きました。同じ資料の19年度版(20年度版がなぜか見当たらない)では5%上がり、90%の母子家庭が生活が苦しいと答えています厚生労働省はほんとうに、ちゃんと仕事してるんだよね・・

厚生労働省 

平成19年度 母子家庭の母の就業支援施策の実施状況 より

母子家庭をめぐる状況

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

>どうにかして欠けているスキルを補充してやらなくてはならないんだ

ある意味「生活不適合症候群」というしょうがいを病気として認めていけばどうなのか。

あくまで極論ですがね。


ただ、アスペルガーだって、昔はしょうがいとは扱われていなかったため、公的な支援のもとでのリハビリや投薬治療がされてこなかった。そのため「ただのわがままな困ったチャン」レベルで考えられていて、そのまま大人になって苦労した人もいるらしい(というか間違いなくいる。というか私が実は軽いアスベルガーだったらしい。幸い成長とともに軽快したが←今でも完治はしていない。当然当時はただの切れやすい困った子供という評価。今になって機会があってそういう活動をしている人と話をして知った)
しかし今はアスペルガーの治療に公的支援があるし、しょうがいと認められている。この差は大きい。
自分では自制の利かない衝動からの行動。あれが今なら「しょうがいだから対応、治療する」となるのだが、私はただのこまったちゃんで放置され、自分自身も自分の行動や衝動に悩んでいた時期がある。

もしかしてら、KYさんのいう貧困をなくす一つの対策は「生活不適合症候群」というしょうがいを認めることかもしれないと、戯言かもしれないが感じました。
本人も(表向きは別として)、実はきちんとできない自分にいらだっているのかもしれませんし。


KYさん
机上の空論なのか、リアル世界での経験に基づく話なのか・・のその違いがとてもよく出ている議論だと思います。お話してくれてありがと。


故あって
実はうちで一人「路上生活者」になってしまった知り合いを保護しているのですが、なんて言うかその、生活をちゃんとする能力が無いんです。

で、こういう生活力に欠けた人間を立ち直らせるとなると、とりあえず生活保護とかそういう金の支援をしてくれる役所はいっぱいあるのですが・・・

そもそもこいつには「ちゃんとした生活を営む」能力が欠けてるんです。
で、そういう基本的能力って奴になると、「親の育て方が悪かった」とか「本人のやる気が無い」とか、そういう話になってしまうんですね。

DVだのアル中だのパチンカスだのってのも要はこの「基本的生活スキル」が無いわけで、ただ「駄目人間」とレッテルを貼ってもどうにもならない、「根性をたたき直し」てもそもそもスキルが無いのだから、どうにかして欠けているスキルを補充してやらなくてはならないんだ、ということを身をもって知ることになったわけなんです。

で、そういうのをやってくれる組織なり何なりがあればいいなあ、と思っていたところで「貧困ライン」の話になってついああいうことを書いてしまったのです。

うちの浮浪者ももうとんでもなく駄目人間だから・・・まあぼちぼちやってはいるんですが、再教育なんて大変なこと政府でやってくれねーかなー本当に。(笑)


KYさん。
別の見方もできると思います。
節約や効率をきちんと考えられるから、貧困という境遇に陥りにくいともいえるのではないでしょうか?

仕事をしていく上での姿勢や取り組み、社会に出るまでの心構え、仕事を探すときのスタンツ。

そういうものがきちんとできている人は、貧困に陥りにくいし脱出しやすい。逆にそれができない人は貧困に陥りやすいし脱出しにくい。(あくまで確率や可能性の問題ですが)

これは仕事でも当てはまりますよね。
余裕がない仕事をしている人と、そうじゃない人は、仕事の難易度や量じゃなく、効率が違うことが多々ある。

そういう意味からも、すべてを貧困のせいにするのはいかがなものかと思います。
仕事もそうですが、大抵のことは、もって生まれた能力や境遇ではなく、結果的に「意識の差」が最終的な差になることは多々あるのですから。

そういうことも踏まえたうえで、保護も考える必要があるのではないでしょうか。

同じ年収でも、同じ家族構成でも、同じ社会環境でも、年間貯蓄がぜんぜん違うことが多々あるし、かといって貯蓄の多いほうがつつましく生活しているわけでもないことも多々あるのですから。

KYさんの事例も、見方を変えれば
「貧困は貧困になる金の使い方しかできないから貧困である」
ともいえますしね。


KYさん

>日々の暮らしの追われる追い込まれた人間の乏しい情報収集能力でみた「最も安価な生活」と、余裕があって暮らしている人間の有り余る情報収集能力からみた「最も安価な生活」ではかなり格差があるものです。

私のコメントを実行するのは、「政党や政治家、市民運動など」です。本当に生活保護を受けている方々が個別にやるわけではありません。

また、こうした「攻撃的な展開」を行う上で、ある意味の団体行動・NPO法人組織化などが行われることも想定できます。

なので、そのコメントについては『そう、悲観的にならなくてもいい』というのが反論になるかと思います。


余裕
日々の暮らしの追われる追い込まれた人間の乏しい情報収集能力でみた「最も安価な生活」と、余裕があって暮らしている人間の有り余る情報収集能力からみた「最も安価な生活」ではかなり格差があるものです。
(少なくとも私の知る限りの経験ではそうでした)

余裕の無い人の生活を細かく検証していけば必ず無駄が出てくるものです。「無駄を省く」という行為もまた余裕がなければできないものだからです。

公的機関の調査能力はさらに上なわけで、彼らの手にかかれば、食い詰めて追い詰められた人間には考えも及ばないような素敵な節約プランが提示されることでしょうし、そのプランに従った給付の切り下げが行われるでしょう。

まぁ、そういう節約術を親身になってカウンセリングしてくれるというなら、給付も減って暮らしも楽になって一石二鳥なのでしょうけどね。


私も、わくわく44さんに同意です。

この手の話だと
「年収○○万で余裕がない」とか「××にいくら支出がある」とかの、苦しい自慢(言い方は悪いが)をしている気がします。

具体的に
「人間的な最低限の生活はどれくらいか」
「それに必要なものはこれだけ」
という試算をきちんとして、その土壌に相手を引きずり出さないと、結局「足りないわけないだろ」という論理につぶされてしまいます。

また、それをすることで、何をすれば境遇が違っても平等に支援できるかもわかってくるはずです。
市民団体のいうことがすべて正しいわけでもないはずです。もっと安く同じものが供給されていたり、世間から見ても贅沢なものが試算に含まれている可能性もあります。

だから、まずどの側面から見ても検証可能なまでの資料をこちら自ら提示し、その上で論議の土壌を作らないと、結局「減らしたい側の力のある論理」に勝てないと思います。

逆に、新聞などで報道する(そして支援拡大派もよく持ち出す)「こんなにかわいそうな家族がいます」だけじゃ、余計な詮索をされるだけで、支援に近づくことはないのではないでしょうか?


あゆさんへ
 あゆさん
 今日あしたにいいふうに変わる、なんてことは言えませんが、僕も名もなく力もない一人ですが、ない知恵をしぼって、いいふうに変わるように、考え続けます。
                                                 ぶっさん


六月様
>基準がないから妥当かという判断を捨てて「廃止」と出来るので、むしろ政府自身が基準をもっていないこともおかしいのではないか、というのが私の意見です。

そのご意見はもっともですが、残念ながら、そこが市民運動の「うまくないなぁ」と思うところなんです。

相手は、「削減したい、廃止したい」と思っている人が作る基準やガイドラインが、われわれの希望するものに近付くわけがないですよ。

だから、こちらから声を出して、エビデンスを作るのです。「これだけの生活を営むためには、これだけのカネがいるんだ!」というようにね。

肝心なのは、私たちが必要と考える数字がなぜ違うのか、担当省庁に説明させることなんです。
覆すのもエビデンスが必要です。こちらの要求をグロスで出してしまったら、それこそ「保護を受けている世帯の方の生活支出の方が、保護を受けずに働いている母子家庭の生活費支出よりも高いから」とされてしまう。
だからこそ「○○にいくら、△△にいくら、だから合計いくら」というようにする。こういう提示の仕方をすれば、「○○にそんなにカネかかるのか?いや、そもそも○○は必要なのか?」という議論が行われます。そういう議論に持ち込んだら、こちらの勝ちです。

>これは老齢加算を廃止された時に(老齢加算とは関係なしに)、この金額程度が「最低限の生活じゃないか?」という案を生存権裁判の原告側が出していたのを見ました。なかなか出廻っていないようですが、一応出ています。

重複しますが、その「数字」を、もっと細かく出して、ひとつひとつに反論させるやり方に引きずりこむのが、戦術として適切かと思います。

だから、攻撃あるのみ、なんですよ。


ふと思う
法の基の平等なら母子だけでなく父子にも手当が必要では?

収入により対象者を決めれば


母子家庭じゃないけど苦しいです(苦笑)月10数万の勤労収入で年収200万ないとかも・・・

母子家庭だったら救済があるのに・・・。
とある人のぼやきでした。


わくわく44さま
>「こんなんじゃ、やっていけない」ということをいくら説明しても、「いくらならやれるか」を言わないことには

これは老齢加算を廃止された時に(老齢加算とは関係なしに)、この金額程度が「最低限の生活じゃないか?」という案を生存権裁判の原告側が出していたのを見ました。なかなか出廻っていないようですが、一応出ています。

それと、政府は1960年代に「日本から貧困は無くなった」という理由で、貧困調査を行っていません。(はっきりと何年と言えないのは手元に本が見当たらなくて・・・。たしか60年代でした)
現在、貧困調査を行わないのは、「貧困はない」と判断しているということです。
(調べていないのに「貧困はない」と判断している、と言い換えてもいいのかも)
それ以前は年収がこれ以下なら貧困だ、というラインを政府自身が持っていました。
だから、生保を受給していない世帯より、生保世帯が多く貰っているから「整合性を持たせる為に」諸加算廃止、とするのは、今はその判断基準を手放しているからできるのであって。
そういう基準を持っていたなら、例えばどちらも低いからどちらにももう少しなんとかしなくては、という事になる。

基準がないから妥当かという判断を捨てて「廃止」と出来るので、むしろ政府自身が基準をもっていないこともおかしいのではないか、というのが私の意見です。




ただ、こういう試算の際に大事なこと。

こういう計算の場合、普通支払うものが免除されていることも計算に入れるべきじゃないかな。

それに、母子家庭だろうが父子家庭だろうが、両親ともいたとしても、本来保護は家庭収入で決めるべきで、境遇で決めるべきじゃないと思うのだが。

年収300万の母子家庭と、年収300万の共働き家庭の受けられる保護が違うのはおかしいと思う。(というより、この場合共働き家庭のほうが、人数が多い分支出は多い。)


省庁間の予算配分
確かに母子加算の問題は厚労省や自治体の福祉の問題だし,アニメの殿堂は文科省の問題です.

問題はミュウタントさんの言われるように,予算の額があまりにも似ているということなんですよ.だって,結果的に予算を配分するのは財務省なんですから.

官僚の経験者が自ら名乗り出ないので私はあえて書いてるだけど,実際文系の事務官って,頭の中だけでモーソーしている連中が多いんですよ.私たちゲンバの技術屋は大迷惑です.

例えば足利事件にしても,東京の高等検察庁に一台しかなかった「DNA 鑑定」の機械を全国都道府県にまき散らす予算が欲しくて,「科学的な DNA 鑑定」という嘘っぱちの「水戸黄門の印篭」=遺伝子工学という「科学」を持ち出したに過ぎません.事務官たちはバカだから,それだけで騙されるんですよ.愛のない連中だ.

(長くなったからお玉さんの心にしまっておいていいけどね)


冗談です。
自立ならみんなみんな無人島かどっかで暮らせば?誰にも甘えず頼らず世話にならず迷惑もかけない。すべて自己責任で自分だけで解決します。税金なんてありません。

窮極の自立・自己責任的生活。




母子家庭云々?というより弱っているところを補い合える助け合い精神ないとうちは壊れちゃうとおもうんですが・・・。


漫画アニメの殿堂の予算額とと母子加算減額した額がほぼ一緒。この国の自公政権は人の命よりも、アニメ漫画が大事なようだ。


野党に期待したいこと
母子家庭以外の生活保護にも言えることだけど、「支給金額の算定根拠」を明示して、「最低限、これだけは必要」というラインを明確に出すことが、大多数の国民を納得させられる方法かなと思うよ。

サンプル調査の母集団の数を「非難」したところで、「じゃ、いくらならいいの?」という逆質問をされたときに、こちらが答えられないでは、さすがに攻めあぐねる。

「こんなんじゃ、やっていけない」ということをいくら説明しても、「いくらならやれるか」を言わないことには、「保護を受けている世帯の方の生活支出の方が、保護を受けずに働いている母子家庭の生活費支出よりも高い」と言われてしまうと、やはり攻め口を失う。

やはり、ここは「攻める」ことに注力した方がいいと思う。
これは議員だけでは難しい作業だから、支援者なり協力者なりが調査してみればいいと思う。官僚よりも、支援者や協力者の方が、絶対数が多いのは確実なんだから、より精密なものができると思う。

攻撃は最大の防御なり


野党四党・母子加算復活法案提出
 お玉さん みなさま
 四野党(民主・社民・国民新・共産)が、今月四日に、生活保護の母子加算を復活させる法案を共同で提出したそうです。(ネット上では「母子加算・野党」で各報道機関のニュース記事をすぐ探せますよ。)

 野党共闘、いい感じです。
 
 それと、父子家庭のことでは(母子家庭ばっかりずるい、という茶々入れがときどき聞こえるので、そりゃ筋が違うだろ、ということで言わしてもらいます)、小渕少子化担当相は、父子家庭への公的支援に前向きです。「母子家庭であっても父子家庭であっても、苦労しながら低収入で仕事・子育てをしていることは変わらない。時代の変化を踏まえ検討していかなければならない」と答弁したとのことです(5月25日、参院予算委員会、山下参院議員への答弁、『しんぶん赤旗』による)。きちんと現状を踏まえてこういう答弁をしてもらうと、いい方向に進みそうで、嬉しい。ただ、その後、厚労相が水をさすような答弁をしたとか・・・(山下参院議員のHPによる)。

 長文、失礼しました。



母子家庭のお母さんは大変。
昨日、たけしのTVタックルで母子家庭の苦境を取り上げていましたが、コメンテーターのはげ元記者のおっさんは母子家庭の悲惨さを理解できないでいるようでしたね。
母子家庭のお母さんは、一つどころか二つも三つも仕事を掛け持ちして働いている人もいる。そんなお母さんに必要なのは職業訓練ではなくて、給付金でしょう。そして、すぐに気になったのが、母さんは子供たちと過ごす時間がないのだろうなということです。小さな子供達に愛を注ぐ時間がない。もっといろんなことが話題になってたけど、具体的には思い出せないけど、自民党の女性議員さんは、実感がわかないようでしたね。


母子加算廃止とアニメの殿堂は直接関係無いと思いますが・・・
ポケモンセンターやサンリオピューロランド、ディズニーランド等のキャラクターテーマパークが受けている状況を見るに、アニメの殿堂ってのはそこまで悪いアイデアではありませんよ。

まあ確かに今は余裕が無いので、こういった施設を作るのに反対する人が多数なのは否めません。
しかしカテゴリーが全く違う物を並べて批判するのは、やり方としては間違ってると思います。
同じカテゴリーの中で、無駄なものと必要なものを並べて批判する方が良いかと。


「母子家庭への愛」がない
私のもと妻は上級公務員なので別格ですけど,やはり幾ら収入が高くても,子育てだけは悩みが尽きぬものでして.男の子二人を抱えて,離婚届を出したあとでもなぜか手紙や電話で何かと相談したり,私が息子たちを風呂に入れたりしてみたりとサポートをすることが続いていたりします.キャリアウーマンの子供というのも,ある意味悲惨です.次男なんかは中学から男子校のせいか,女性恐怖症があるような感じがします.

でも,私たちの場合と違って,全くの専業主婦が資格も身分もなしに世間に放り出されたら,そりゃ大変です.しかもこの不況,養育費も慰謝料も出せない「情けない」男ばかりだから,お金で解決なんてまず不可能だ.

母子手当を削ってまで「ゴルゴ13の殿堂」を作りたかったアッソーって,やっぱさいとうたかおあたりとつるんでいたりしてね.マンガが描けなくてガンの治療費が足りない里中満智子もそういえばアッソーにすがってたな.70代になっても「王家の紋章」描いてる姉妹もいるんだけどねぇ.



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『正社員が没落する -「貧困スパイラル」を止めろ!』 (堤 未果・湯浅 誠、角川oneテーマ新書、2009年3月) 【要旨】 『反貧困』...
■ 「悲しいニュース」を止められなかった「対策」  悲しいニュースが後を絶ちません。  広島市で生活保護を受けていた41歳の男性が、自宅のマンションで3人の子どもたちと心中したという記事が、先日の新聞にありました。一緒に亡くなった子どもたちは、まだ保育園...
 雨の中,通訳のバイトから帰って来たら (目が不自由だから,傘と白杖を両手に持つと,注射器などの荷物は当然リュックとなる),郵便受けにベスト電器からのDMが.エプソンのスキャナを買い換えたせいで「ポイントが貯まってるから」扇風機でも買い換えようかなと思っ
今のようなオープンタイプのブログをやっていると、いろいろなご意見を頂戴します。 唸らされるコメントは勿論ですが、非公開コメントにも「...
09年6月9日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞P4政治・政策編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・気になる記事3題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。