2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
エロスジェネ「資本主義に、愛はあるのか?」

政治を冠に挙げてはいますが、さすがに選挙前は似たようなネタばっかしで、飽きちゃう…

政治ばっかり書くのはいや~

つまんない~~

ということで~~~

これの宣伝・・・・・お札に書かれてる写真って・・・よく見るとあの人やこの人・・なんですよね。う~~ん、アートだ・・・・マツタケおじさんはなんでこの表紙の写真を自分のブログにアップしなかったんでしょうねえ・・ふ・ふ・ふ・・まじめだ・・

 お玉は、増山麗奈さんとのお約束なので・・一番大きな写真でアップしておきましょう!!

ロスジェネ 第3号―超左翼マガジンロスジェネ 第3号―超左翼マガジン
(2009/07)
不明

商品詳細を見る

 

表紙はかなり色っぽいですけど、増山麗奈さんがおっしゃる通り、中身はとってもまじめです。

私たちのギリギリの尊厳は”ネタ”でも”商品”でもない。

ド真面目に若者たちの結婚・恋愛・エロに向き合おう。

追い詰められた半径30センチの絶望から、資本主義の呪縛から抜けて、新しいドアをあけよう。

それが今回の「エ」ロスジェネのテーマです

(3号冒頭 エロスジェネ宣言より)

若者に仕事がなくて、お金がなくて、貧困で・・・でも愛までなくさないで、がんばってほしい!人は愛がなくても生きていけるかもしれないけれど・・でもね、愛は生きているという実感を感じさせてくれる大事なものだとお玉は思う。

エロス(性愛)はプシュケ(精神愛」)と出会って「喜び」という名の子供が生まれる・・

人気ブログランキングへ   

 ↑↓ ぽちっとよろしくお願いします。

 にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

中になにが書いてあるか気になります。

エロスて???

人への優しいまなざしのあるエロス?なら豊かになりそうな?


私を束ねないで
みなさま いまの嫁さんとつきあい出してから、「私を束ねないで」(新川和江)なんてことばが「ああ、なるほどね、そういうことだったのね」と身に沁みて感じられます。(いま読み返したのですが、痺れます。涙が出てきます。中学校の国語の教材として出会ったのが最初でした。とてもいいタイミングであったと思います。)                              ぶっさん


わくわくさん

何を仰いますやら、大有りです。
人の妻とネンゴロになって、また陰湿な嫉妬によってさらなる性的エネルギーの再生産に勤しむブルジョアどもと、婦女子を共有して性を解放しようとするプロレアリアートとは全くちがいます。

婦女子からは両勢力とも「1回死んで来い」と言われることにおいてのみ、同じかもしれません。


エロスジェネを読んでみたい。
 やっちゃいましたね、かもがわさん。どの程度中身が直球なのか、読んでみたくなりました。

 元始から、女性は太陽でしたし、これからもずっとそうでしょう。もとのことばの「太陽」というたとえで、女性は男性に従属するものではなく、「みずから輝く」ものだ、ということを言いたかったわけね・・・と、ことばの上だけではなく、しっかりわかったのは、やっぱり恋愛してからでした・・・ということで、エロスの縁語は「輝き」「まぶしさ」かな? 

 僕ももっといいエロスを求めてがんばりますわ(笑)。


知っているんだから
 精神愛を得るまでには、たくさんの経験が必要でしょうね。増山さんのように不倫に懲りることもあるでしょうし、本とかで疑似体験して追体験することで馬鹿なことをしない人もいるでしょう。

 エロスが精神愛にあって、喜びが生まれるというのは普通のことですね。

 多くの人が照れて精神愛を語りたがりませんがね。ははは。

 だから、今回のエロスジェネも買いますよ。期待してますよ。増山さん。楽しみだ^^


小沢(一郎ではない)、ビートルズ、キヨシロー
小沢昭一氏の名著を読んでもわかるように良質のエロは良質のコミュニケーションなのです。
そしてエロはまた単一の価値観にくくられるものでもありません。
can't buy me love!
60年代のまっさらな叫びは、カネのしがらみをエロいパワーで笑い飛ばすことによって新たな方法論を身につけた。
すばらしい表紙です。

「お互いが」キモチEのは、良いことであります。


あの・・・増山さん・・・投稿の時間は、お天道様がまだお空にいる時間のような気が・・・・・。(汗)

あと、キンピーさん。
保守主義だろうが左翼だろうが、この世界にはそんなイデオロギーは、どうでもようござんすよ。
匍匐前進あるのみ!(謎)


増山さん
はじめまして。
もう少し言うと「表面上奇麗事、裏でドロドロ」というヤツです。
そういうのって精神衛生上よろしくないエロスではないかと考えているしだいで。
中にははみ出したドロドロを隠そうとして、知られてしまった人間をパージしたり。
エロスにパワハラも絡んで、さぁ大変。
その恨みは次にどんなどす黒いものを吐き出すのか。
こんなことなら最初から「エロでごめんね!テヘ(^0-)」とかやってる方が可愛げ気があるというもの。

顔見知りばかりだと禁欲的にならざるをえない。
確かにそうかもしれませんが、その禁欲の顛末が中世カトリック教会の少年(弱者)へのレイ プであるなら、そんな社会も真っ平ゴメンです。

やっぱり人間を解放するか、エロスを解放するしかないんじゃないでしょうか。


性的に同じ人とやり続ける事=禁欲的だとは思わない増山麗奈です。私も不倫は懲りたほうなんで。でも一人とよりよいエロスを楽しむ、子どもを慈しむ、いのちに触れる、土に触れる。そんなことがいいエロスだと思うのです。
貧困な世の中は気持ち悪い。
もっと気持ちイイ世界に行きたいと思っているのですが日々修行であります。お玉さまご紹介ありがとうございます。


コミュニティ
コミュニティを閉じたもの、構成メンバーが入れ替わることがまれなもの、としてとらえると、性的解放は面倒ごとを引き起こしがちです。

おらが村のあの家のかーちゃんが隣のとーちゃんとヤってる、なんてことになれば、たとえその二組の夫婦の全員の合意があっても面倒ごとになるのは目に見えています。

これがコミュニティをもっと開放的な、構成員が入れ替わるものだと考えると性的解放はそれほどの問題を起こしません。知らない人が不倫をしていたところで問題にできようはずもないのですから。

ある集団が性的なものに対して開放的かそうでないかは、その団体の構成員が入れ替わりやすく匿名性が高いか、コミュニケーションが密で構成員が固定的かどうかに依存しているように思います。

たとえどれだけ政治的に進歩的な左翼団体であろうとも、構成員どうしが知り合いであまり入れ替わらないのなら、やはり禁欲的にならざるを得ないのではないでしょうか?


保守主義がエロスを語ると禁欲的なものになりがちですが、左翼がエロスを語ると解放に向かいますね。
たぶん人間に対するスタンスがにじみ出ているのだと思います。

っで、私が知っている左翼団体は、表面上禁欲的です。
これってどう評価してよいものやら(苦笑



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボク(A)は、中学校の友達3人(B君、Cさん、Dさん)とー、 近所のペットショップへ職場体験に行ったぁー。 朝の清掃で散々こき使われた...
 超左翼マガジン「ロスジェネ」の第3号は、増山麗奈さんの責任編集号ということで、「エ」の字を加えた「エロスジェネ」です。直接メールでの案内をいただき、注文して読んでみました。性の商品化時代を生き抜いて、幸せな人生のために必要な「性」を回復することの...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。