2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
竹内行夫最高裁判事に何で×をつけるのか

最高裁の裁判官が司法試験にとおらなくてもなることができるって、にわかに信じられませんでした。最近いろんなところで話題になっている竹内行夫最高裁判事にばってんを!という運動を目にして初めて知りました・・

人気ブログランキングへ   

 ↑↓ ぽちっとクリック!!よろしくお願いします。

 にほんブログ村

みなさんおっしゃる様に、それって、運転免許を持たないで、トラックを運転するとか、ジャンボ機操縦するとか・・そういうことに匹敵する気がしてきた・・・が一番ピタッと来るのは、医師免許持たずに難しい外科手術をこなすこと・でしょうか?

でも日本の法律はこれを認めてました・・

第四十一条 (最高裁判所の裁判官の任命資格)
最高裁判所の裁判官は、識見の高い、法律の素養のある年齢四十年以上の者の中からこれを任命し、そのうち少くとも十人は、十年以上第一号及び第二号に掲げる職の一若しくは二に在つた者又は左の各号に掲げる職の一若しくは二以上に在つてその年数を通算して二十年以上になる者でなければならない。
一 高等裁判所長官
二 判事
三 簡易裁判所判事
四 検察官
五 弁護士
六 別に法律で定める大学の法律学の教授又は准教授
②五年以上前項第一号及び第二号に掲げる職の一若しくは二に在つた者又は十年以上同項第一号から第六号までに掲げる職の一若しくは二以上に在つた者が判事補、裁判所調査官、最高裁判所事務総長、裁判所事務官、司法研修所教官、裁判所職員総合研修所教官、法務省の事務次官、法務事務官又は法務教官の職に在つたときは、その在職は、同項の規定の適用については、これを同項第三号から第六号までに掲げる職の在職とみなす。
③前二項の規定の適用については、第一項第三号乃至第五号及び前項に掲げる職に在つた年数は、司法修習生の修習を終えた後の年数に限り、これを当該職に在つた年数とする。
④三年以上第一項第六号の大学の法律学の教授又は准教授の職に在つた者が簡易裁判所判事、検察官又は弁護士の職に就いた場合においては、その簡易裁判所判事、検察官(副検事を除く。)又は弁護士の職に在つた年数については、前項の規定は、これを適用しない

―――――――――――――――――――――――――――

というわけで~~~14人中の10人が上記のような人であれば残りは免許いらないんだって…ふ~~ん・・

で、そのかわりに、過去の様々な実績を買われて最高裁判事になるのね・

竹内さんについてはお玉も言いたいことはいろいろあるけど、素朴に不思議なところだけを書かせていただくと、なんで、急にこの人が最高裁の判事になれたんだろうなあってことです・・・

竹内さんの実績って・・

たとえばイラク派兵に反対していたレバノン大使の天木直人さんを首にしたこととか・・・

イラクの人質事件で自己責任だといってマスコミあおったこととか・・

何よりも、語弊を承知で書かせていただければ、外務省内でイラク派兵を決定した張本人・・なのですね・・・

よりによってなんでこんな人に最高裁判事をさせるかねえ・・・

その後ろに何としてでもイラク派兵させようという意図を感じる。

かなり驚いた!!偏って政府批判をする人も偏って政府びいきな人も最高裁判事にふさわしくない・と思うンですけれど・・

あのね、お玉は自衛隊の国際貢献問題は今後かなり話し合わないといけないと思うけれど、それと、これとはお話が別です。

ということで、お玉は竹内行夫最高判事に×をつけることを支持します・・・・

詳しくはこちらをご覧ください↓

最高裁判官をあなたがチェック!!国民審査で竹内行夫にバッテンを!!

ちなみに・この運動、公職選挙法に触れませんので、お玉も心おきなく書かせていただきました・・・

人気ブログランキングへ   

 ↑↓ ぽちっとクリック!!よろしくお願いします。

 にほんブログ村

 

 

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

気に入らないので全員×
今日、家の近くのポスター掲示板を眺めたら、自民と民主と共産党の立候補三人のポスターが貼られていただけ。寂しい限りでした。 テレビも、不自然に、ノリピー夫婦のことばかりで、選挙戦の模様はほんの一瞬だけしか流れません。 05年の郵政選挙の時とはエライ違いです。マスコミは最後の手段で、選挙があることを忘れさせようとしているとしか思えません。
勿論、「国民審査のお知らせ」など、掲示板には一切ありません。 浜村拓夫さんのおっしゃるように「裁判官の選択方式ですが、×を付けて罷免する方式から、○を付けて信任する方式に変えた方がいいかも」に賛成です。そうなれば、もっと懸命に広報するでしょうから。
私の個人的検討の結果、竹内も悪いが、竹崎はもっと悪い。その他も憲法擁護の意志は無く、最高裁裁判官としての基本的な資質を有していないので全員×。
一般市民を裁判所に強制連行した竹崎など、最高裁の裁判官も経ずに最高裁裁判長に任命されるという非常識な人事である。違憲と分り切っている裁判員制度を推進してきた犯罪人が最高裁の裁判長であって善い訳はない。 
つらつら思うに、最初、裁判員制度に反対だった最高裁が途中から賛成に変わった理由は、「国民審査廃止」とのバータだったのではないか? 最高裁は国民が目覚めた時、罷免される恐れのある国民審査をなんとかしたいと考えていたに違いない。 それに応えて自民党の新憲法草案は、「国民審査の廃止」を謳っている。「裁判員制度」も現憲法違反ということが分っているので、新憲法草案では裁判員制度を明記し合憲にしている。
(参照)↓
【裁判官国民審査見直しへ (東京新聞) 
自民党は十八日、形骸(けいがい)化が指摘されている最高裁判所裁判官の国民審査 ... 同党は今月中に新憲法草案をまとめるが、現憲法の「衆院選の際に国民審査に付す」旨の具体的内容を削除し、「法律の定めるところにより、国民の審査を受けなければならない」 www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/2005/1019-7.html】

【「国民に憲法擁護義務」 自民党新憲法起草委員会各小委員会要綱
・・・[司法に関する小委員会・要綱]  
1. 司法権の独立
(1) 最高裁判所裁判官の現行の国民審査制度(79条2項)
① 最高裁判所裁判官の国民審査制度は、改める。
* 最高裁判所裁判官の適格性審査については、国民審査制度を抜本的に改革する、弾劾裁判所の機能強化を図るなどの意見と、国会、特に参議院において任命・承認を行うという意見があった。司法権独立に対する配慮や民主的基盤の確保という点から検討が必要である・・・・www1.parkcity.ne.jp/shimayan/Jimin-Kaikenyohkoh.html】


わりと取っつきやすい材料として
こんなのもあります。

http://miso.txt-nifty.com/shinsa/

これまで、基本的に全員にバツをつけていた私ですが、上記サイトを基準にチェックしたら、3人生き残りました(笑)

やはりバツをつけるにしても思考停止はいかんということでしょうかね。


少なくとも・・・
気に食わない判決を出したという感情論だけで罷免しようではなく
http://esquire.air-nifty.com/blog/supremecourt2009.html
にあるような判決内容とそこから各裁判官の判事像を考察して判断しようとしているところが少ないのが気になります。

判決文を丁寧に読むのは大変な労力ですが、参考にするならば上記のような考察意見を多く読んで、各自で判断して欲しいです。


国民審査で初めての罷免!?
総選挙の報道は、衆議院の方ばかりがクローズアップされて、最高裁の国民審査の方は情報が少ないと思います。
日本は三権分立でやっている国という建前なのに、最高裁の国民審査はなんか衆議院選挙のオマケ的な扱いになってると思います。(笑)
国民が司法を監視して、信任の意思を示す数少ないチャンスですから、もっと注目しないといけないですね。

日本の裁判制度には、重大な欠陥があるように思われます。
それは、裁判官が冤罪(えんざい)を肯定しているという状況です。
(冤罪とは「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉。つまり「濡れ衣(ぬれぎぬ)」)

冤罪で有名になった足利事件で、検察と警察は菅家利和さん釈放後、相次いで謝罪しましたが、裁判所は謝罪していません。
菅家さんは記者会見などで「裁判官にも謝ってもらいたい」と語っています。

最高裁が冤罪を認めていないのなら、つまり冤罪を否定しているのなら、検察と同様に謝罪するはずです。
しかし、謝罪しないということは、冤罪もやむなし=冤罪を肯定しているのです。

こんな最高裁が、憲法の番人であるというのであれば、日本は法治国家とは言えません。
裁判所がデタラメなので、三権分立の考え方は日本ではまともに機能していませんね。
=どこの政党が政権を担おうとも、司法が腐っている現状では、国が良くなる訳がないと。

最高裁の国民審査は、言うまでもなく全員×です。(・∀・)

裁判官の選択方式ですが、×を付けて罷免する方式から、○を付けて信任する方式に変えた方がいいかも。
=○が過半数を超えなければ罷免する。


私の母にも
国民審査は判らないので、いつも白紙で出すと母。
私、判らない時は全員×の方が正解だよ。
そうなのかいと母。
今度の選挙も全員×なんだねと母。
そうだよ、それが正解だよと私。
判らなかったら全員×が正解なのが悲しい現状。
でも、判らなかったら全員×が常識になると司法も変わるかもね。


私のことだと思いますが・・・
>合衆国連邦判事の弁護士資格について、誤解しているかたがいらっしゃいますが、現在も過去もlaw schoolを卒業していない判事は一人もおりません(笑)。

実際にlaw schoolを卒業していない判事が存在していないのは事実です。

米国における最高裁判事の選任に関する規定において、Law Schoolを卒業していることを求めては居ないことを申し上げただけですが・・・Law Schoolを卒業していても、日本の司法試験にあたるの米国のBar Examに合格しているか否かは不明ですし、明文規定としてそれを求めてはいません。
州によってはLLM(Law School卒業による学位)のみで弁護士活動ができるところもあるようですので・・・。

過去の日本の最高裁判事の全員を確認した訳ではありませんが「法律に明るいこと」が条件にありますから、人選時に法学部卒というのは考慮されているのでは無いかと思います。
そういう意味でも同じようなものでしょう? という意味です。


全員×でいいのでは?
>竹内氏のほかに櫻井龍子氏も

>この合憲判断をした判事が「涌井」「那須」両判事です。

そうなんですか。わたしはここを読んで

「阿修羅」
http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/994.html
竹崎、竹内、近藤、那須氏の4人だけ(もう暗記していました。)に×をつけようと思っていたのですが、

やはりこの人が言うように

きくちゆみのブログとポッドキャスト
http://kikuchiyumi.blogspot.com/

全員×をつけるほうがいいのでしょうか。
(引用)
今回審査を受ける9名の裁判官は全員、小泉、安倍、福田、麻生内閣総理大臣が任名した裁判官たちです。

もし政権交代が実現したとしても、最高裁判事が旧自公政権時代のままというのは大問題なのではないでしょうか?
この際、思い切って全員交代してもらうのがよいのではないかと思っています
(引用おわり)




アメリカとはまったく違う制度です
お玉おばさん様
初めてコメントさせて戴きます。
このたびの最高裁判事の国民審査ですが、国民の参政権について、大変重要な判断となります。
先進諸外国では考えられないことですが、この国では「一票の格差」が5倍以上存在するのに最高裁は「合憲」との判断を示しております。
この合憲判断をした判事が「涌井」「那須」両判事です。
(合憲)判決文を何回読んでもこの二人の主張は、私には理解できません。
「法の下の平等」に賛同戴けるのであれば、少なくともこの両判事には「バツ」とのご主張を戴けますようお願いします。
また、合衆国連邦判事の弁護士資格について、誤解しているかたがいらっしゃいますが、現在も過去もlaw schoolを卒業していない判事は一人もおりません(笑)。


珍しいですね
いつもは個人の事を書くと削除されていた、お玉さんが個人それも最高裁判事の案件について、読者に与える影響の大きさを御存知なのに私見を述べられるとは。
庶民の私などには知りえない事実等を御存知なのでしょうね。
素直に驚きました。


>櫻井龍子氏も法曹資格がありません。
とのことですが、経歴を見れば判りますが、この人は労働法の専門家ですね。

大阪大学や九州大学で法学の教授もされています。

どちらかと言うと労働法の整備をしてきた人ですね。
最高裁では時折、該当する法律の立法趣旨についての判断も必要となりますので適任といえば適任でしょう。

彼らが判事として下した判決の内容を吟味すらせずに、天木氏の著書の内容だけで竹内氏が判事としての資格が無いなどと言っているようでは、この信任投票が単なる人気投票となってしまします。

それこそ法槽資格も不要になってしまいます。


竹内行夫
どんなに資格があろうと彼には判事を担うだけの資質はありません。

問答無用でです。


竹内さんだけではなく……
最高裁判事では、竹内氏のほかに櫻井龍子氏も法曹資格がありません。ただ、行政官時代に最高裁判事としての資質を疑わしめるような実績はないみたいですね。
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/sakurai.html
個人的には裁判員制度に反対なので、経理局長、事務総長時代を通して裁判員制度を推進してきた竹凬長官に×をつけたいですね。


自衛隊のイラク派兵は、憲法に違反している事がわかっているのに、それを無視して強行させたと言う事実だけでも、最高裁判事には不適任と言うより、まともだったら考えられない人事であったと思います。
竹内行夫を最高裁判事に採用すると言うことは、
まるで最高裁判所は、法の番人ではなく、法を犯して時の政府に貢献した者に対する褒賞人事の、受け皿として作られたかのような人事であると思います。


別に擁護するつもりは無いですが
ある程度は簡単に調べられることですが・・・

この制度自体は、最高裁の判事は主に
法律の運用・解釈において最終判断を下すことになるため、多様な立場の法律専門家の見解を反映するためです。現在の裁判員制度と趣旨は同じ。

ちなみに、
>なんで、急にこの人が最高裁の判事になれたんだろうなあってことです・・・
と言っていますが、竹内氏の経歴としては、京大法学部卒で外務省でも一、二の国際法の専門家で条約局長も歴任しています。
ですので、まったくの素人ではありません。

これまでの最高裁判事の出身を確認すると、判事や検察官・弁護士の法槽界とは別に、行政官(所謂、官僚ですね)、外交官、大学教授(法学)がそれぞれ一名づつが任命されています。
特に外交官からの任命は、国際法や国際情勢を考える必要がある場合もありますから、まったく不要という訳でもないでしょう。

ちなみに、竹内氏が就任以前は、適任者がおらず外交官出身者は3年ほど空席だった模様。

お玉さんの例えで言えば、ジャンボ機の設計をするのに操縦免許は必要ではありません。 
病院の経営・運営する者が必ずしも医師免許を持つ医者である必要が無いのと同じです。

法律(法学)に明るければOKということだと考えます。
同じく米国の最高裁判官にも資格規程は無かったはずで、日本だけが特別な訳ではありません。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 今度の総選挙では、最高裁判所判事の国民審査も行われます。今回は全部で15名のうち、長官を含む9名が審査の対象になります。氏名・経歴などは「最高裁判事も交代させよう」をごらんくださ...
 私は一度も投票日に投票所で投票したことがない。投票日に不思議なことに投票所に行くことができない仕事が入り、過去であれば不在者投票、現在であれば期日前投票で投票しているからである。近年期日前投票には初日行くことにしており、選挙運動の大騒ぎをかなり覚めた...
9/30の選挙において、毎回ある最高裁裁判官の投票ですが、態度を決めました。いつもは全員×をしていたのですが、基本的にはそれでも意味があるのでしょうが、本人にとっては、×の割合が多ければ多いほうが、「意思がはっきり感じられて」堪えるだろうと推測し、「選んで...
今回、最高裁判官国民審査をされる裁判官のなかのひとり、「竹内行夫」氏は、外務行政
  今日 21日に麻生さんも「年貢の納め時」と言うか、本人が「逃げ疲れた」というか.......とうとう解散をするようだ。 逃げ疲れて、「私は逃げない」と言い出したのかわわからないが解散をするようだ。もっとも殆ど任期満了で解散の意味をなさないことも確かなのだが。ま...
  8月4日に 「気弱な地上げ屋」さん が、ブログの中で 「一票の格差」 について説明をしてくださっていた。 その中で、升永英俊弁護士のコラムの紹介もしてくださっていた。 この升永英俊弁護士は、 青色発光ダイオード訴訟の原告側代理人で名を馳せているのだが、カルト...
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。