2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
総括

みんなありがと。

コメント欄をフルオープンして、お玉はほとんど日中PCを確認できない、しない状況の中、炎上しなかったのは、今回のお玉の言動に賛同していないにもかかわらず、やさしく接してくださったみんなのおかげだと思います。

迷惑かけちゃったね・・ごめんね・・

総括はしなきゃと思ってる。それがお玉ブログを見放さないでいてくれる人への誠意だと感じてる・

ただ、文章にすればその部分しか読解されない、伝わらない。しかもそれが正しくすべての人に伝えられるとは到底思えない。お玉は、今までもそう思うから、記事はなるべく短くしか書かない。自分の記事への言い訳はなるべくしない。そういう運営方針で続けてきました。

さあ、今から書くことが総括になるかどうか・・・

まずは国籍法についてのお玉の立場について・・

過去の記事を貼り付けておきます。

 

お玉ブログより 

2008 11.19 今一番大事なもの・・無国籍に置かれている子供の人権 

なんでこんなに法案を通すのを急いでいるのか・・

それは今年の6月4日にあった最高裁の判決があったからですよね。

フィリピン人の母と日本人の父との間に生まれた子どもたちが日本国籍を求めた裁判で、最高裁は六月四日、両親の結婚を国籍取得の要件とした国籍法の規定は「法の下の平等」を定めた憲法に違反するとし、原告全員に日本国籍を認めました。この時のこども達のうれしそうな顔・・お玉良く覚えているよ。

国籍法の規定が憲法に違反すると認められた・だから法律を改正する必要があった・・

現在の国籍法では日本人女性と外国人男性の間に生まれた子どもはは無条件で日本国籍となるけれど、日本人男性と外国人女性の間に生まれた子どもは結婚しているか、出産前に認知していなければ日本国籍は認められない・・・

無国籍になってしまう子どもの人権を一番に考えるから憲法違反と認められた今回、急いで法案を通そうとしている。ここまでの流れをお玉は当然と思ってます。

で、右派の方々が危惧している偽装国籍問題をどうすればいいのか・・・

罰則のことDNA鑑定のこと・・この二点についてならば今後も審議する機会が持てるように意識ある議員さんが働きかけを続けていくべきでしょう。

でもその二点のみを問題にして今この法案を絶対に通させないとする考え方には賛同出来ないな。何が一番大事か・・・それは今、目の前で無国籍状態で苦しんでいるこども達の人権です。

子どもの国籍を考える会

それと、一生懸命日本の事を考えて発言している右派の方とは全く別に存在する、単に煽って書き込んでいるネットウヨクな書き込みの多さに・・・根底にある差別意識や排除意識を感じずにはいられなかった・・

だからやっぱり河野太郎さんのことはお玉はかばっちゃうものね・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で、次の日に書いたのがこれです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お玉ブログ 2008.11.20 国籍法 

昨日も書いたけれど、法の目をかいくぐる偽装国籍問題に対してはあとから法を整備したり検討したりすることが十分可能だと思われます

差別意識、選民意識のつよいコメントが出だしてますが・・・危機感を煽ったり、特定のアジア諸国の名前だけを挙げて、そこの国の人全てを誹謗するような主張や議論の進め方及び記事の書き方では、ネット上のごく限られた人たちを満足させて、扇動することは可能かも知れないけれど、一般国民はついていけない・・・・

ネット上のそれも例えば人気ブログランキングだけを見ていれば、その意見がまさしく正論のように見えるかも知れないけれど、そんなことはないよ。これは右派だけではなく左派にも言えることでしょう・・・ネットで盛り上がっている多数派意見が必ずしも正しくはないのです。

偽装国籍に関わる他国の人たちへの批判をここで展開するならば、これまで国籍法のお陰で、父親としての責任を放り出し逃げていた、無自覚だった日本人男性についてもキチンと批判してご覧なさいよ。

そういうことを全て横に置いてでも、いま一番大事なのは、無国籍状態で日本で暮らす多くの、そうとっても多くのこども達の人権なのです。

最高裁が違憲だとした判決に従うべきだとお玉は思う。

日頃はお玉と意見が合わないことも多いKYさんのコメントが全てを語ってくれてるよ

KYさんのコメント

偽装日本人って・・・そもそも偽装認知してくれる日本人がいるのなら、現行法でも結婚偽装で入国しちゃうだけの話ではないかと。

どちらかと言えば不法滞在者を雇用する側のほうをきちっと摘発すべきだと思うのですけれどね。子供はまあ、「日本人のDNA」が有ろうが無かろうが、日本で日本人として教育すればそれはもう日本人でいいのではないでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そしてコメント欄を見て、その上で、またその翌日書いた記事がこれです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お玉ブログ 2008.11.21 国籍法の議論 

今回の国籍法の件でお玉は一度もこども達が「可哀想」だから・・という表現はしていないよね。

法整備の必要性と緊急性が合わさった問題で、まず人権が大事だな・・と思えたから賛成と言ってる。偽装国籍問題を軽視するつもりはないし、例えば、フランスの国籍法ほどどんな民族にも平等な国籍取得のシステムに変換させるというならば、確かに今のネットでの騒ぎくらい一般の国民も感心を示すと思うのね・・

ちなみに・・フランスの極右政党の人たちって・・日本の「人種差別的国籍法」(お玉がいったのではないぞ)に憧れているってどこかで読んだことがあるけれど・・・・・

島国で移民受け入れに柔軟性のない日本だから、偽装国籍問題で深刻になる方々がいることはそれなりに理解出来るけれど・・

今回、うちのコメント欄を見ていても分かるように、右よりな方に反対派が多いとはいえ、そうでない方々も大勢いて、お玉の記事を読むよりもコメント欄をしっかり読んでくださる方が、よほど問題の根底にあるものが見える気がします・・・ 

 さて・・お玉自身はある時からよそのブログを名指し批判することをやめておりますので、軽くしか触れませんが、確かに問題発言だと感じる人気上位ブログもありました。だけれど、その一度の記事を大きく取上げて、攻撃的に叩く姿勢を示す左派系有名ブログにも同じような不快感を持ち・・・・

 人間が心の底にもつ差別意識、攻撃性がネット社会では文章表現方法によって、いかようにでも相手に伝わってしまう・・・・ネットの中では同じ思想意識で固い絆や連帯感を感じたり、真逆な思想のために敵視し、攻撃しようと思う心を持ったり・・こういう事がとても簡単に起きてしまう・・・・・

だから扇動することは簡単。右派であれ左派であれ簡単。だけど、それがリアルな運動にはなかなか結びつかない悲しさを、皆さん結構経験されているんじゃないかな?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国籍法の過去記事はここまでです・・さて・・・

お玉は、これからの一生をかけて護憲運動に関わっていくと思います。

一番最後の黒字の部分、一年近くたっても全く気持ちは変わらない。正直にいえば・・お玉にとってネットは九条を守る運動の為にある「ツール」です。

お玉自身はこれからも、いかなる選挙であれ、自民党も公明党も民主党も選択しないだろうとおもう。でも憲法を(9条を)守りたいと思うすべてのどんな思想の人でも否定しない。それを決めたのはもう、4年も前のことですが・・・・

 今後、城内さんが一転、平和主義を返上し、東アジアの恒久平和や他国との友好関係を述べるのをやめて、よその右翼系議員同様に安易に、九条を変えるとブログで言い出したならば、(いやそれ以上に、議会で改憲を言い出したならば・)そして、それでも彼を支持すると保守系ブロガーが言い出せば・・・・・ネット上などではなく、リアルに本気で闘う・・・・それだけのこと。

それともう一つ・・今回の選挙でそうとは知らずに、護憲派の自民党議員を失ってしまった・・・叩けばいいということではない。それを今実感している。

人気ブログランキングへ   

 ↑↓ ぽちっとクリック!!よろしくお願いします。

 にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Secret
(非公開コメント受付中)

新宿フォークゲリラ
>わくわくさん

ハハハ…。

コメント数が20を超えると読む人がいなくなるそうなので、ココを都市伝説の解放区にしてしまおう!!


どうせ都市伝説にするなら

お玉さんはドSで、実は闇の組織の大幹部である。

これぐらい決めつけないと、おもしろくない。


浅田彰とか糸井重里とか
>KYDさんへ

せっかく面白い考察を頂いたので、私も左翼をカタカナで「サヨク」と表記することについて一言。これは'80年代前半に「優しいサヨクのための嬉遊曲」という島田雅彦が著した小説により流行したものです。バブル前夜、経済が隆盛し、いわゆるサブカルチャーが爛熟し、反体制、革命志向の切実性がすっかり影を潜め、左派系の若者が「俺達って左翼というよりサヨクって感じ?」と自嘲を込めて使っていたのが「サヨク」の正しいニュアンスの筈です。

物を知らないネットウヨクが「サヨク」を単なる侮蔑表現として用いていますが、これはおかしな話です。「サヨク」という表現が用いられる時、その根底には反体制、革命志向へのリスペクトがあることになるからです。


効果てきめん
いがみ合う二人の罵倒合戦を止めるには二つの方法があります。

1. 二人を殴りとばす
2. 二人を笑いとばす

原田知世の都市伝説はおそらくここに書き込んでいた方々のやる気(議論する気力)を大幅に減退させたと思います。彼らは笑われたのです。

ということで、意図したとおりの結果(誰もそれ以上罵倒を書き込まない)が得られたということで、それはそれで良かったのではないでしょうか?(笑)


因幡晃のデビュー曲
お名前をあえて再掲することは致しませんが、当ブログにドス黒いものを吐き出すこと、すなわち排泄行為、カタルシスの追求をなさっている方がおられたので、原田知世の話は都市伝説だし、ここにはそういう趣味の方はいないんじゃないの?生理より論理でいこうよ、と書いた訳です。

KYDさんの書き込みも、ドス黒いものを分析なさっていて、私には興味深かったです。


たのむから・・
ヤリちゃん、KYDさん~~

コメと題名も一定の品位は保っておくれ…
みんなドン引きして
誰も書き込めないいじゃないの~~~

・・でも・・それって、過去あまたあった、お玉がSだとか実はおじさんだとか玄人市民活動団体幹部だとか某所で言われてるという都市伝説に匹敵・・か???




ええっ、原田知世≒スカトロって都市伝説なんですか?
お玉様のブログは攻撃性が低いのが売りなのですから、そのままでいていただけたらと思います。

相手を論破さえすれば遺恨が残ろうとも構わない、という大陸の価値観は中国のように一度論破した相手には二度と会うことが無い広大な土地でしか成立しないものです。

もっともネットの進化で世界全体が狭くなってきてしまって、議論の遺恨がそこらに満ちてきたように私は思います。

議論して論破しようという動機はそもそも好き嫌いの感情から生じるものです。でも議論に生きている人にとっては論理が全てですから、論理的ではない自分自身の感情には気づかない、他人から指摘されても認めない、自分が正義だと叫び続けるその姿に周りはどん引き、というのがありがちな日本の風景のように思います。

空気を読む、母性的な包み込むような文化社会に父権的な基本ドグマのみに従いその他の全てを切り捨てる新自由主義を持ち込んだってうまくいくわけなどないはずだったのに・・・いつのまにか『サヨク』と呼ばれていたリベラル系のゆるーい紐帯がちぎれてそれぞれのカルトを奉じるセクトに分裂しつつある、新自由主義というドグマの代わりにエコとかフェミニズムとか国連とかの新しいご神体を抱えたプチカルトが『我こそが真のサヨクなり!』と叫びだしている・・・これが私が今のネットサヨク世界を見て感じている感想です。
まぁ新自由主義の毒は『サヨク』にもたっぷりと回った、ということだと思います。

しかしネットの世界の言論が実際の世論と乖離しているのはご存じの通りです。ネット上の勢いだけから見れば自民党がこんなに大敗するはずも無かったのですから。
いくら原理主義的サヨクが吠え上がったところで、<一般人>の支持を得ることは決して出来ないでしょう。お玉様のような旧世代の、そして根源的なる<緩い紐帯>を維持するものがいずれは世界を変えるのだと、私は思います。

乱筆乱文失礼いたしました。


原田知世がスカトロマニアだというのは都市伝説
>たんぽぽさんへ

どうもどうも、はじめまして。

憎悪や怨念、ルサンチマンは左翼諸氏諸兄の根源的なエネルギーとされていますね。解り易い例が保坂展人。内申書の不利な記載を巡る訴訟闘争が彼の一生を決定付けました。彼のブログって確かに情報量は凄まじいけれど、あれを読んでスカッと晴れやかな気持ちになったことがありません。我が家では彼のような人間にならぬよう娘を公文教室へ通わせています(保坂は公文の批判本を出版しました)。

保坂と仲のよい辛淑玉によれば、ネットウヨクもまたルサンチマンの権化なのだと言います。不破哲三風に言えば「僕は違うな」です。ネットウヨクはカタルシスを得るために日々活動に勤しんでいるのではないでしょうか。

そして、たんぽぽさん。あなたにはルサンチマンとカタルシス、その両方を感じます。モウ、欲張りさんなんだから…。

ここは政治系ブログなので生理ではなく論理を基調とした投稿をお願いできないものでしょうかね。あなたには無理なのかな?


何があったのか知りませんけど・・記事違いにうちでもめないでね。


改竄
あたしが眞鍋さんにシンパシィを感じてるのは「自分の考えを改竄された」と感じたときに「違います」と訴えたとこなんだよな。

だからそこに「大人げない」との意見をお持ちのわくわくさんに一言申し上げた。

こころの改竄をされるのはたまらない。




たんぽぽさん

>こちらにもお越しの「ごん」さんが、つぎのコメントで
>「虎口」さんたちと、おなじことを言っているので、
>これらの人たちは、「ごん」さんのお知り合いなのかもしれないですね。

全然知りません。

ですが、

「違法アップロードはお止めなさい」

これと「おなじこと」を言わない人がたんぽぽさんのお知り合いにはいらっしゃるのですか?



お玉おばさんさま

>似たようなことをほかの人たちも書かれてますけど・・ぜんぜんわかんないけれど、

んん...?
「虎口」さんは、お玉おばさんの知らないかただったんですか...?

ほかにも、「makerere」さんとか、「ガイヤルド」さんとか、
下のエントリのコメント欄に出てくるけれど、
あいさつもなくコメントしていて、おなじことを言うし、
みんなお玉おばさんのお知り合いなのかと、誤解していましたよ。

こちらにもお越しの「ごん」さんが、つぎのコメントで
「虎口」さんたちと、おなじことを言っているので、
これらの人たちは、「ごん」さんのお知り合いなのかもしれないですね。
http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20090811/1249954088#c1250347290



やりちゃんさま、はじめまして。
「たんぽぽ」ともうします。

わたしと、喜八さんとのあいだにあった(ある)「憎悪や怨念」は、
たとえば、つぎのエントリをごらんください。
http://taraxacum.seesaa.net/article/125310976.html
http://taraxacum.seesaa.net/article/127006719.html

「憎悪や怨念」のことついて、ご意見やご質問がありましたら、
わたしのブログにお越しくださるのがいいと思います。
こちらのお玉おばさんのブログとは、話題がちがいますからね。


「親がわからない無国籍状態」ならば、特例として手続きを踏んだ上で認めるというならば、支持できなくもないけどね、最高裁判決は、私は半分支持・半分反対ってところかな。

国籍の問題は、すごくナーバスな問題なんであって、下手をすれば他国の主権侵害につながる話になるわけだから、目の前のことに同情するあまり、性急な批判はやめるべきだと思うよ。

あと、城内さんに限らず、のことだが。
『平和主義を返上』というのが、単に「自衛隊の海外派遣=平和主義を返上」であったり、『東アジアの恒久平和や他国との友好関係を述べるのをやめて』というのが、たとえば軍事的緊張関係への批判に対するものや、国境・領土問題などであったり、『議会で改憲を言い出した』というのが、その経緯や内容をネグっているものでないことを祈るばかり。

複雑に絡み合った糸をほぐすような、「代替」になるような展開ならば、と思うんだが。


やりちゃん様へ
いえ、たんぽぽさんと私(喜八)のあいだには「憎悪や怨念」などありません。


城内氏が護憲派だと思っているから
こんな間違いがあるんでは?


>虎口さん

似たようなことをほかの人たちも書かれてますけど・・ぜんぜんわかんないけれど、よそブログの問題を持ち込まれても、また、その件についてここで言い訳されたりしても、お玉は迷惑…それはやめてね。よそでのもめごとまで、お玉関わりたくない。

これ以降。。愛がないといういつものお玉独自の判断で承認するかどうかを決めていきます。
長文と連投は特にやめてね。削除されたり、お返事しないことへのご不満であれば自身のブログでお書きの上TBくださいますように・・・


お玉サーガ
わくわくさんvs青松さん

とか、

たんぽぽさんvs喜八さん

とか、

このブログ外宇宙からの憎悪や怨念が渦巻いていますねっ。スタートレック:TNGというよりもスタートレック:DS9みたいな…。


たんぽぽよ
自分のことは棚に上げて、お玉さんに粘着するのは見苦しい限りだ。貴方は他人のブログの魚拓を採取しまくっておきながら、自分のブログは魚拓拒否しているそうだね。その明らかなダブスタと、自分が犯した著作権違反について、「これらに言及がないんだけど、どう思っているのかな...?」

嵩にかかって人を質問責めにしたり、謝罪を求める前に、まず貴方自身の説明責任を果たしなさい。


言いたいことは判りますが・・・
「子どもの国籍を考える会」の主張も全てを読みきれていませんが・・・現行の血統主義から出生地主義に・・・というところでしょうか。

血統主義に基づいた従来の国籍法もあながち不条理とは言えないでしょう。
日本国籍女性から生まれた子どもは、他の証明がなくとも日本国籍者の子どもと言えますが、他国籍女性の場合は日本国籍の男性の子である証明が必要。 通常の結婚による出産ならば問題は無いでしょう。
離婚した場合でも同じで、他の方面でも話題にあがる待婚規程があります。

未婚状態でも認知訴訟による救済が可能です。 証明するためのDNA鑑定などの費用がハードルとならない手立てが必要だとは思いますが・・・

ちなみに出生地主義で有名な米国では永住権の取得を目的に、これを悪用するものの増加によって女性の(おもに妊婦)入国自体を制限する方向です。

不法入国・滞在が多い状態で出生地主義を取るのは問題が多いです。
同じ理由で、今回の国籍法改正も多くの問題を生みます。

救済方法があるにも関わらず、他の問題を生み出す出生地主義への転換などの主張には疑問を感じざるを得ないですね。

人権保護法案にしても、使いにくいにしても他の救済策があるにも関わらず、「使いやすくしろ!」をすっ飛ばして、他の多くの問題を生み出しかねない方法をゴリ押しするのは本当にこれらの問題を考えているのか? と首を傾げたくなります。
それこそ、All or Nothing になってますし・・・


>お玉自身はこれからも、いかなる選挙であれ、自民党も公明党も民主党も選択しないだろうとおもう。でも憲法を(9条を)守りたいと思うすべてのどんな思想の人でも否定しない。それを決めたのはもう、4年も前のことですが・・・・

私はお玉さんのブログを見始めたのはごくごく最近で、お玉さんのことはあまり、(というか全然)知らないのですがコメントさせていただきます。
 今回の記事は国籍法についてのお玉さん自身の考えと城内さんの考えは異なっているように読めましたが、お玉さんはそれを批判しない、護憲である人の思想は問わないという姿勢あるいは名指しでは批判しないという姿勢だと理解してもよろしいでしょうか?


現在のアジア、とりわけ中国等人権を無視する国を容認することは恒久的平和には結びつかないと思います。

我々は人権無視を認めないという意味で、他国に対抗しうる手段は保持するべきだと思いますが、いかがでしょうか。

国籍の問題については、DNA鑑定制度等が確約されない限り、認めるべきではないと思います。一度情に流されるように認めてしまえば、悪用の危険があるためです。治安の悪化が懸念される状況を見過ごすことは出来ません。


お玉おばさんさま

わたしがお尋ねしたのは、眞鍋かをりさんのポスターのことと、
城内実氏が「自らの判断が間違っていた時、
正直にそれを認め」たのは、具体的にどんなことか、です。
(これらに言及がないんだけど、どう思っているのかな...?)

国籍法については、単にあなたの考えを書くのではなく、
ご自分の立場と、城内氏を温かく見守ることが、
どのようにして矛盾なく結びつくかを、述べるところだと思います。


>一番最後の黒字の部分、一年近くたっても全く気持ちは変わらない。

その太い黒字で書いている「よそのブログ」とは、
今回の場合は、こちらへTBを送ってきたエントリになるのかな?

これらは、根拠を挙げて、異論反論を述べているだけで、
差別意識や攻撃性のあらわれではないと思います。
差別意識に反対するからこそ、城内氏を温かく見守ることに対して
異議もうしたてをするのだと思います。

わたしが見たところ、TBを送ったかたは、ほとんどが、
正当な批判を、「差別意識や攻撃性のあらわれ」などと受け取る、
話し合いのできない狭量な人ではないようです。
彼らもお待ちしているでしょうし、お玉おばさんも
安心してお返事をさしあげてだいじょうぶと思いますよ。


後から来るもの
>ネット上などではなく、リアルに本気で闘う・・・・それだけのこと。

この言葉が聞きたかった、です。

ありがとう。

それと、この前お玉さんのことを「卑怯」と言ったの、謝ります。

ごめんなさい。

「リアルに本気で闘う」

あたしにはこの覚悟はない。だからいろんなとこでやたらとおたおたしてる。いつになったら腹を決められるんだろうか。


あ、お玉さんの「愛」がでたらめだ、というのは取り消す気はないです。でも、そもそも理路整然とした「愛」なんてのはないわけで、

こんなあたしでもいつかわかる日が来るんでしょう。

お玉さんの「愛」。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「お玉おばさん」のコメント欄で、どういうわけか、 あの「セクハラ揉み消し男」の「ごん」氏も出て来ました。 例によって、スライムのように、わたしに絡んでくれましたよ。
「お玉おばさん」さまが、城内実氏を「温かく見守る」という宣言。 とうぜんながら、「あの城内を好意的に見るなんて、 いったいなにがあったんだ!?」と、大騒ぎになりました。 http://potthi.blog107.fc2.com/blog-entry-782.html http://potthi.blog107.fc2.com/blog...
一部で話題の城内実衆院議員に関する件で、また「愛がない」とかなんとかいう言葉が聞こえてくるが、それが自分に対する愛を相手に求めてい...
9月のある日… 暑い夏はライダーの敵…といったのも床の間…束の間…  すっかり秋めいてまいりました…冗談です…いかがお過ごしでしょうか…  あいかわらず、つれづれに生きている…ゆっくりと死を迎えに行ってる…死ぬまで生きる予定なので、明日かもしれないし
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
にほんブログ村
プロフィール
Author:お玉おばさん
お玉なブログを展開する、とんでも博愛主義者。愛は海より広くそして深くありたい!と願っていたが、叶わないときは暴れる傾向にあり。昨年某国営放送局のやくざな討論番組に出たせいで、年恰好がバレちゃって・・・・・・ま、お玉に会ってみたいと思ってくださる読者の方は、お玉がいろいろな形でかかわるイベント、コンサートの会場へGO!

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
フリーエリア
お玉にメール
フリーエリア
最新記事
お玉のtwitter
期間限定にて公開中・
お玉が思う迷惑コメント

基本的に愛が感じられないコメントはダメ、 (臨時追記)人が知恵熱だといってるのにばんばん記事違いなコメントをこれでもかと送ってくる愛のないものは、完璧にお玉基準的アウト。お玉基準がわからない人は、文句があればよそで愚痴いってOK !基準に対しての文句は受け付けません~~~ここはお玉のテリトリーだもん。なのでよろしく。/p>

  記事違いなコメント

馬鹿な文章のコメント

長文(1000字以上)コメント

連投コメント は表に出ません。

でも、お玉が愛を感じたら記事違い、長文、連投、暴言でも表に出すことはある・・ようは、愛です・・愛!また、TBも同じような基準で判断させて頂きます

マガジン9条読んでね~♪
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。